記事ID135943のサムネイル画像

【快適に使う】猫用トイレのおすすめ人気商品ランキング10選

近年、猫を飼われいている方が多いですが、きちんとトイレの掃除を行っていますか。きちんとトイレを掃除してあげないと、排泄をしなくなることもあるので、清潔に保ち飼い猫に合ったトイレを選んであげましょう。そこで今回は、おすすめの猫用トイレをご紹介します。

飼い猫に合った猫用トイレを用意してあげましょう。

猫にとってトイレとは、排泄などを行う大切な場所でもあります。様々な形状のものが販売されていて、使いやすさにこだわったタイプから、性格などを配慮して、ゆっくりと排泄を行えるタイプのものもあります。それぞれ色々な商品があるので、機能性などもチェックしましょう。

また、猫は綺麗な場所を好む習性があります。なので、トイレを掃除しないままにしてしまうと、排泄をしなくなって病気になることがあります。なので、しっかりと掃除を行い、毎日快適に使用できるように、トイレの掃除アイテムも用意しておきましょう。

そこで今回は、おすすめの猫用トイレをご紹介します。初めて購入される方のためにも、選び方もご紹介するので、是非参考にしてみてください。トイレ以外にも、スロープなど飼い猫の年齢や体調に合わせた便利グッズも販売されているので、使いやすさにもこだわりましょう。

猫用トイレの選び方

形状で選ぶ

猫用トイレといいっても、様々な形状のもが販売されています。それぞれメリット・デメリットがあるので、把握した上で体調や、性格に応じたタイプのものを設置してあげましょう。

ドーム型を選ぶ

ドームタイプの猫用トイレは、カバーが付いるタイプになります。このタイプであれば、猫砂の飛び散りを防ぐことができるので、お掃除も比較的楽に行えます。また、外から見えにくくなることで、警戒心が強い猫にも安心です。

 

さらに、現在では上から入れるタイプや、スライドタイプの猫用トイレもあります。上から入ることで、砂の飛び散りがほとんどなく、猫も全く見えないまま排泄が行えるので、より快適に使用できます。

 

ただし、上から入るタイプのものは、猫砂のみで使用するので、定期的なお手入れが必要になるので注意しましょう。ドームタイプは、デザイン性に優れたものも多いので、リビングに置くことも可能です。見た目にも配慮でき、おしゃれなものをお探しの方にもおすすめです。

システム型を選ぶ

システムトイレとは、一番多く使用されているタイプで、トイレシートを設置する引き出しが付いているのがポイントです。このタイプであれば、トイレシートの後片付けの頻度が、他のタイプと比べて少なく済むので、お手入れに手間がかからないメリットがあります。

 

というのも、スノコの下に水分が流れていく仕組みになっているので、いつでも綺麗な状態を保つことができます。なので、長時間の留守や、多頭飼いであれば、このタイプが一番最適でしょう。 

 

ただし、1週間交換しなくて良いと書かれているシートなどを使用しても、飼い猫の頭数や排泄の回数によって交換頻度は異なるので、一日又は二日に1回は必ずシートを交換してあげましょう。

オープン型を選ぶ

オープン型の猫用トイレは、蓋が一切付いていないタイプになっています。そのため、子猫から成猫まで使えるといったメリットがあります。ただし、子猫には専用の小さめのものが販売されているので、できる限り最初は子猫専用のもので慣らしてあげましょう。

 

また、老猫や関節炎を患っている猫など、足が弱い猫にも使え、体への負担を最小限に抑えることができます。なので、足や体に負担がないものをお探しの方は、このタイプのものがおすすめです。

 

蓋が一切付いていないことで、掃除が行いやすいメリットがあります。さらに、排泄後に便の調子が一目見て分かります。といっても、仕切りがほとんどないので、砂が飛び散りやすくなっています。なので、トイレの周りを囲ったり、砂取りマットを敷いたりして使用しましょう。

自動型を選ぶ

通常の猫用トイレは、飼い主さんが掃除を行う必要があります。しかし、自動型の猫用トイレであれば、機械が全て掃除してくれるので、かなりお手入れが楽になります。また、ハンドルを倒す半自動型などもあり、かなり便利になっています。

 

このタイプであれば、シートなどを引いても長く使用できるので、コストも抑えることができます。ただし、比較的サイズが大きいので、設置スペースがあるのか必ずチェックしておきましょう。

 

また、飼い猫が慣れないと設置している意味がありません。なので、警戒心が強い猫は、使ってくれないことが多いので、通常タイプのものがおすすめです。

飼い猫のサイズで選ぶ

子猫の場合は、トイレに慣れさせるためにも、小さめのものを用意してあげましょう。ただし、ある程度大きくなってきた際は、成猫用などを用意し、窮屈にならないようにしましょう。

子猫用を選ぶ

自分で排泄をするようになった子猫には、子猫に適した小さいサイズのものを選んであげると良いでしょう。コンパクトで入りやすい小さな猫用トイレであれば、排泄も行いやすくなります。また、トイレトレーニングを行う際も、コンパクトなものだと、見やすく安心できます。

 

いきなり大きなトイレを与えてしまうと、警戒心を持ってしまう子もいるので、性格に合わせてサイズを調整してあげましょう。さらに、小さめのサイズであれば、ケージにも設置しやすいといったメリットがあります。

 

子猫は特に体調を崩しやすい傾向にあるので、蓋などが一切ないタイプのトイレを設置してあげると、すぐに体調の変化を確認してあげることができます。ただし、ある程度大きくなってきたら、大人用の猫用トイレを用意してあげましょう。

成猫用を選ぶ

ある程度大きくなってきたら、成猫用として一般的に販売されているタイプの商品を設置してあげましょう。お手入れが楽なので、ずっと子猫用を使用されている方も多いですが、サイズが小さくて窮屈です。

 

また、スムーズな排泄が行えなくなるので、きちんと新しい大きめのトイレを用意しましょう。比較的商品のラインナップも良いので、選択肢も広く選びやすいでしょう。ただし、少し小さめに作られているのものあるので、しっかりと全体的なサイズを確認しておきましょう。

 

多頭飼いや大型種の猫を飼っている場合は、海外製のものがおすすめです。海外製の猫用トイレは、日本製に比べて大きめに作られているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

機能性で選ぶ

利便性に優れたものであれば、使いやすく排泄もスムーズに行えるでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

猫用トイレは、毎日のように掃除してあげる必要があるので、手間を省くためにもお手入れがしやすいものを選びましょう。自動型のトイレであれば、あまり気にすることはありません。

 

ですが、通常のものを使っている場合は、便をした際などきちんと取ってあげる必要があります。また、トイレシートも定期的に交換する必要があります。なので、パーツが少ないものや、分解しやすいものなどであれば、丸洗いもサッとでき、綺麗に保つことができます。

 

といっても、利便性にこだわりすぎて、飼い猫に合っていないものを選んでしまっては、意味がありません。しっかりと飼い猫に合ったものを探し、次に使いやすさにもこだわってみてはいかがでしょうか。

出入りのしやすさで選ぶ

スムーズに使うためにも、猫用トイレの入り口にも注目してみましょう。蓋などの障害がないものであれば、入りやすく排泄もしやすくなります。逆に、オープンすぎると警戒してしまう場合は、中が比較的見えにくくなっているものを用意してあげましょう。

 

猫が十分に出入りでき、入口がしっかりと入れるサイズなのかも確認する必要があります。また、足が悪い子や、老猫であれば入り口高さもこだわってあげましょう。あまり段差が高いものは、体に負担がかかります。

 

なので、スロープを用意してあげたり、滑り止めを敷いてあげることをおすすめします。

掃除グッズを選ぶ

便利なグッズが多く販売されています。ただし、必ずペット用と記載があるものを使用しましょう。

シート・砂を選ぶ

シートは臭いが特に出やすいため、しっかりと消臭効果があるものを選びましょう。また、色が付いているタイプのものよりも、白いシートの方がおすすめです。シートが白いと、尿の変化が分かりやすいので、すぐに体の異常を発見することができます。

 

また、猫砂には色々なタイプのものが販売されています。ただし、砂ぼこりが立ちやすいものから、おからなどであれば食べてしまうこともあるので、チップタイプや紙タイプがおすすめです。

スコップ・消臭アイテムを選ぶ

トイレを掃除する際は、スコップが必要になります。便のみを取れるように穴が開いていたり、砂を交換するときもサッと取ることができます。また、多くの猫用トイレに付属品として付いていることが多いので、確認しておくと良いでしょう。

 

猫用トイレは、排泄後に臭うことがあります。掃除してもまだ臭うようなら、専用の消臭スプレーや、ペット用芳香剤を用意しておくといいでしょう。

 

ただし、人間用は猫にとって有害になる成分が含まれていることがあるので、必ずペット用を用意しましょう。また、砂に撒くタイプ消臭アイテムは、誤飲しなように注意しましょう。

猫用トイレのおすすめランキング10選

第10位

ネイチャーズミラクル

猫用トイレ

価格:35,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

清潔感があり、タイマー機能なども備わっています。

猫が排泄を行ってから、約20分後に自動的に排泄物を取り除き、排泄物コンテナに投入します。 排泄物コンテナは、活性炭フィルターと共に、排泄物の臭いを閉じ込めるので、臭いが広がりません。

 

タイマーが備わり、就寝中は作動しないようにできます。また、本体は抗菌素材でバクテリアの発生を抑え、掃除グシとスコップはノンスティック加工になっていたりと、利便性にも優れています。

 

組み立ても簡単で、機能が充実し使いやすいといったロコミが挙がっていました。この猫用トイレには、必ず鉱物系の猫砂を使用しましょう。

サイズ68×41×24cm タイプ自動型
適応体重-付属品スコップ
第9位

ボンビアルコン

猫用トイレ 701216

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

限られたスペースでも、しっかりと設置できます。

おしゃれなデザインで、お部屋にしっかりとマッチします。また、二重構造で、猫砂の飛び散りをブロックし、綺麗さを保ちます。専用のスコップが付くので、付属品を揃える必要もありません。

 

深めになっているので、成猫でもスムーズに使えます。窮屈さもなく、ゆとりがあるので快適です。さらに、コンパクトサイズなので、あまり設置場所を取りません。

 

インテリアを邪魔せず、コンパクトなので限られた場所にも設置できるといったロコミが挙がっていました。ただし、大型種には少し小さいので、多頭飼いには不向きです。

サイズ40.3×30×20cm タイプシステム型
適応体重-付属品スコップ
第8位

pidan

猫用トイレ PDYY001WH

価格:14,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外まで砂を運ばず、プライバシーの保護もできます。

スノーハウスのような環境で、猫のプライベートを保護することができます。周りを気にせず使えるので、どんな性格の猫でも快適です。猫が外へ出てくる時に長いメッシュ廊下を通過することで、猫の足に付着した砂が落ちやすい設計になっています。

 

人間工学に基づく専用スコップや大きいトレーで、お掃除がしやすいです。この猫用トイレは、繰り返し水洗いができ、環境にも優しく配慮されています。

 

デザイン性が高く、猫砂が散らばりにくいといったロコミが挙がっていました。ただし、少し大きめのサイズになっているので、しっかりと設置スペースを確保しておきましょう。

サイズ54×52×50cmタイプドーム型
適応体重7kg付属品スコップ
第7位

Automated Pet Care

猫用トイレ 0S-JI7T-IUDF-A176

価格:105,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作がしやすく、あらゆる機能が満載です。

人気のキャットロボットがさらに進化して、日本上陸を果たした商品になります。操作パネルが正面横に位置しているので、操作しやすく便利です。さらに、入口の縦幅が46㎝と大幅に広っていることで、出入りが快適に行えます。


夜間には、LEDランプが点灯する新機能が搭載され、スムーズに使用できます。2.3kg未満の体重では、センサーが正常に反応せずドームが自動で回転せず、安心設計となっています。

 

多頭飼いなので、この猫用トイレにしてからかなり使い勝手が良いといったロコミが挙がっていました。分解も行えるので、ドーム部分は水洗いが可能です。

 

サイズ62.0×68.0×74.0cm タイプ自動型
適応体重2.3kg以上付属品-
第6位

アイリスオーヤマ

猫用トイレ

価格:3,227円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消臭剤などを入れるスペースもあり、いつでも清潔に使えます。

長いスノコ通路が肉球に挟まった猫砂を落とし、外への散らかりを防いでくれます。さらに、フルカバータイプで砂かきの飛び散りを防ぎ、警戒心が強い猫にも安心して使用できます。周りから見えないので、ゆっくりと排泄が行えます。

 

カバー部分が大きく開閉するので、カバーを外すことなくお手入れも楽に行えます。本体とカバーは取り外しができ、猫砂の交換も簡単です。落ち着いたデザインで、どんなテイストのお部屋にも合います。

 

お掃除がほとんど必要なく、中もゆとりがあるといったロコミが挙がっていました。フルカバータイプで臭いが広がりにくく、抗菌効果のある銀イオンを配合しています。また、カバーには専用脱臭剤を入れるスペースが備わっています。

サイズ49.5×51×43cm タイプドーム型
適応体重-付属品スコップ
第5位

花王

猫用トイレ

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子猫用の猫用トイレで、トイレを慣れさせることもできます。

針葉樹の力で脱臭・抗菌します。1週間取り替えなしでも臭わないので、お手入れの手間も省けます。さらに、子猫用でトイレトレーニングにも最適です。

 

専用トレーに針葉樹のチップとマットをセットで使用することで、効果を最大限に発揮します。トレーは子猫が出入りしやすく、ケージに収まるコンパクトサイズにしています。

 

子猫用に便利で、排泄も上手にしてくれるといったロコミが挙がっていました。猫砂は極小の粒にしていることで、子猫でも砂かきしやすく、便と尿の臭いをしっかり閉じ込めてくれます。気になるアンモニア臭も抑える機能を発揮します。

サイズ40×30×14cm タイプオープン型
適応体重3.5kg付属品スコップ・猫砂・シート
第4位

リッチェル

猫用トイレ F60

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさにこだわり、大きなサイズの猫でも安心です。

猫が出入りしやすいく、プラスチック製なので、水洗いすることも可能です。また、猫砂が散乱しにくい深型トイレで、多頭飼いから大型種まで、様々なサイズの猫にお使いいただけます。

 

さらに、目安ライン付きなので、砂の適量が分かりやすく便利でおすすめです。固まる猫砂用となっているので、専用のものを使用しましょう。

 

丈夫な作りになっていて、かなり洗いやすいといったロコミが挙がっていました。スッポリと入れるサイズなので、快適に排泄が行えます。こまめに洗えるので、お手入れの手間も省けます。

サイズ60×44×21cm タイプオープン型
適応体重-付属品スコップ
第3位

花王

猫用トイレ

価格:3,487円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品が充実し、抗菌効果も得られます。

愛猫と飼い主との生活空間に調和したデザインと、思いやり設計になっています。脱臭・抗菌のチップとシートで、1週間取り替えなしでも臭わず快適に使用できます。囲まれた方が落ち着くドーム型で、様々な猫に対応しています。

 

さらに、チップの飛び散りや臭いを防ぎ、飼い主さんにも優しくなっています。付属品も充実していて、針葉樹のチカラで脱臭・抗菌できる猫砂と、抗菌・中和・吸着の3つの脱臭成分を配合したシートが付きます。

 

シンプルながら、機能性が高いといったロコミが挙がっていました。臭いを抑えるだけなく、抗菌もできるので、毎日綺麗な状態を保つことができます。

サイズ40×55×43cm タイプドーム型
適応体重-付属品スコップ・シート・猫砂
第2位

ユニチャーム

猫用トイレ 4520699626504

価格:3,610円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消臭効果を発揮し、臭いを元から抑えます。

閉め切ったお部屋でも臭わず、しっかりと消臭効果を発揮します。また、この猫用トイレは、1週間消臭しお手入れの手間がかなり省けます。

 

蓋はオープンできるので、飼い猫に合わせてお使いいただけます。シンプルなデザインなので、お部屋に馴染みやすく、圧迫感を与えません。

 

掃除が行いやすく、一番使いやすいといったロコミが挙がっていました。砂も飛び散らず、粉立ちしにくいサンド構造にしていることで、快適に使用できます。 

サイズ40.5×54×43cm タイプスライドドーム型
適応体重8kg付属品スコップ・猫砂・シート
第1位

アイリスオーヤマ

猫用トイレ PUNT-530

価格:2,775円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上からは入ることで、砂の飛び散りを解消します。

縦型デザインと飛び散り防止凹凸蓋で、猫砂の飛び散りを解決することが可能です。また、猫の足に付着した砂が落ちやすように、蓋の溝で猫砂をキャッチする仕組みになっています。

 

さらに、床に傷がつきにくいゴム足付きで、床を傷つけてしまう心配もありません。適度な上下運動もでき、スムーズな排泄が行えます。

 

砂がたくさん入り、警戒心がある猫でも使えるといったロコミが挙がっていました。 臭いも広がりにくいので、リビングなどにも設置していただけます。

 

サイズ41×53×37cmタイプドーム型
適応体重約8kg以下 付属品スコップ

猫用トイレのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4957078の画像

    アイリスオーヤマ

  • 2
    アイテムID:4957081の画像

    ユニチャーム

  • 3
    アイテムID:4957086の画像

    花王

  • 4
    アイテムID:4957088の画像

    リッチェル

  • 5
    アイテムID:4957102の画像

    花王

  • 6
    アイテムID:4957112の画像

    アイリスオーヤマ

  • 7
    アイテムID:4957120の画像

    Automated Pet Care

  • 8
    アイテムID:4957134の画像

    pidan

  • 9
    アイテムID:4957145の画像

    ボンビアルコン

  • 10
    アイテムID:4957153の画像

    ネイチャーズミラクル

  • 商品名
  • 猫用トイレ PUNT-530
  • 猫用トイレ 4520699626504
  • 猫用トイレ
  • 猫用トイレ F60
  • 猫用トイレ
  • 猫用トイレ
  • 猫用トイレ 0S-JI7T-IUDF-A176
  • 猫用トイレ PDYY001WH
  • 猫用トイレ 701216
  • 猫用トイレ
  • 特徴
  • 上からは入ることで、砂の飛び散りを解消します。
  • 消臭効果を発揮し、臭いを元から抑えます。
  • 付属品が充実し、抗菌効果も得られます。
  • 使いやすさにこだわり、大きなサイズの猫でも安心です。
  • 子猫用の猫用トイレで、トイレを慣れさせることもできます。
  • 消臭剤などを入れるスペースもあり、いつでも清潔に使えます。
  • 操作がしやすく、あらゆる機能が満載です。
  • 外まで砂を運ばず、プライバシーの保護もできます。
  • 限られたスペースでも、しっかりと設置できます。
  • 清潔感があり、タイマー機能なども備わっています。
  • 価格
  • 2775円(税込)
  • 3610円(税込)
  • 3487円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 3227円(税込)
  • 105840円(税込)
  • 14999円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 35640円(税込)
  • サイズ
  • 41×53×37cm
  • 40.5×54×43cm
  • 40×55×43cm
  • 60×44×21cm
  • 40×30×14cm
  • 49.5×51×43cm
  • 62.0×68.0×74.0cm
  • 54×52×50cm
  • 40.3×30×20cm
  • 68×41×24cm
  • タイプ
  • ドーム型
  • スライドドーム型
  • ドーム型
  • オープン型
  • オープン型
  • ドーム型
  • 自動型
  • ドーム型
  • システム型
  • 自動型
  • 適応体重
  • 約8kg以下
  • 8kg
  • -
  • -
  • 3.5kg
  • -
  • 2.3kg以上
  • 7kg
  • -
  • -
  • 付属品
  • スコップ
  • スコップ・猫砂・シート
  • スコップ・シート・猫砂
  • スコップ
  • スコップ・猫砂・シート
  • スコップ
  • -
  • スコップ
  • スコップ
  • スコップ

まとめ

今回は、おすすめの猫用トイレをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。色々な商品があったので、迷った方も多かったと思います。性格や成長に合わせて適切なものを選んであげることで、使いやすく快適です。飼い猫のためにも、しっかりと考えて選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ