記事ID135937のサムネイル画像

【楽しく節約できる】オイルポットのおすすめ人気ランキング10選

節約上手な主婦の必須アイテムとも言える、オイルポット。面倒な揚げ油の処理もオイルポットを使えば、簡単にできます。といってもオイルポットにもいろんな種類があるので迷いますね。今回は、オイルポットの選び方と人気商品をランキング形式でご紹介します。

オイルポットで上手に節約できる

お弁当のおかずやホームパーティーなどで不動人気の揚げ物料理。見栄えもしてご飯やお酒との相性も良いですね。しかし、揚げ油の後処理が面倒油の値段が高騰してる等の理由で、揚げ物料理は控えているという方も多いようです。

 

そこで今注目されているのが、オイルポットです。ろ過する網やフィルターが付いており、揚げかすを取り除いて、きれいな状態で油を保管できます。油の再利用ができるので、油の節約になり、経済的にもうれしいお助けグッズです。

 

オイルポットも多種多様あるので、どれがいいか迷いそうですね。今回は、素材容量価格などの観点からランキングを作成しました。また、使いやすいオイルポットの選び方もご紹介します。

オイルポットの選び方

オイルポットといっても、素材や形状、ろ過方法は様々です。どんなオイルポットが使いやすいのか考えてみましょう。

素材で選ぶ

オイルポットに使用されている素材は主に、ステンレス、ホーロー、フッ素・シリコン加工などが施された金属です。それぞれの特徴を見てみましょう。

ステンレス

ステンレスは、錆びにくく劣化が少ないので、オイルポットに向いている素材と言えます。他の金属やホーローに比べて、軽量である点もステンレスの良いところです。また、汚れを落としやすいので、衛生的に保管でき、長く使えそうですね。

 

ステンレスのオイルポットは基本的に、銀色なのでどんなキッチンにもマッチするでしょう。ステンレス製の揚げ物鍋をお持ちであれば、統一感がありスッキリと収納できますね。

ホーロー

オイルポットの中で人気のある素材、ホーロー。人気の理由は、丸みのあるかわいい形状カラーのバリエーションがあることです。ホーローは、金属の表面にガラス質のコーティングを施したもので、艶があり、陶器のような高級感があります。

 

ホーローの特徴として、お手入れのしやすさ臭いがつきにくい点が挙げられます。油の嫌な臭いがこびりつかないので、オイルポットに適した素材ですね。汚れても拭きとれば簡単にきれいになります。

 

ホーローのオイルポットは、他の素材よりも重量があるので、持ちやすさや容量も合わせてチェックするといいでしょう。おしゃれなオイルポットが欲しい方にはホーロー製がおすすめです。

フッ素・シリコンコートのされている金属

金属性は軽くて丈夫で使いやすいけど、油汚れを落とすのは大変、というお悩みを解決すべく、金属製のオイルポットにフッ素やシリコンがコーティングされた商品が出てきています。

 

フッ素加工されているフライパンというと、劣化が少なく耐久性に優れている印象があると思いますが、フッ素加工されているオイルポットはも耐久性耐熱性を期待できます。シリコンはフッ素ほどの耐久性はありませんが、油を浮かしお手入れしやすいのが特徴です。

 

形状で選ぶ

収納のしやすさ、油の移しやすさなどの観点でオイルポットの形状を選びましょう。

かわいいポット型

ポット型のオイルポットは、キッチンに飾っていてもおしゃれでかわいいですね。縦型のスマートなタイプを選べば、冷蔵庫に保管しやすく便利です。また、油を再利用する時、少量でも注ぎやすいので、残り油を有効活用できます。

 

ポット型には、持ち手や蓋が付いていますが、素材や大きさによっては油を入れた時に片手で持つには重く感じる場合があります。持ち手の握りやすさ、本体の重さ、蓋の密着度などを確認しておきましょう。

 

また、注ぎ口も大事なポイントです。油が垂れないように工夫された商品もあります。レビューなどを見て使いやすいオイルポットかどうかチェックするといいですね。

注ぎやすい鍋型

大量の揚げ物料理を作る時に便利な鍋型オイルポット。容量が大きいのが特徴です。使用後の油の量が多くても、ザッと流して短時間に処理できるのが魅力的ですね。鍋型オイルポットの中には、揚げ物鍋として利用できるタイプのものもあります。

ろ過の仕方で選ぶ

油を再利用するためには、ろ過してきれいな状態で油を保管しなければなりません。ろ過方法は主に3種類あります。それぞれのメリット、デメリットを見てみましょう。

網タイプ

網で汚れを濾す方法は、オイルポットの中で一番取り入れられている、ろ過方法です。オイルポットに付いている網に、油を流し、網に残ったカス等を捨てるだけという、簡単で昔ながらのやり方です。

 

網タイプのデメリットとしては、油の中には網の目を通り抜けてしまう細かい汚れがあるので、それが臭いの原因になりかねないという点です。オイルポットだけで油処理を完結させたい、とにかく手間のかからない方法で処理したいという方におすすめのろ過方法です。

フィルター・カートリッジタイプ

網で濾しただけでは物足りないという方におすすめなのが、フィルターやカートリッジを使うオイルポットです。網で取りきれなかった細かい汚れやカスを、さらに濾すことできれいな油を取り出すことができます。

 

フィルターやカートリッジタイプを使用するデメリットとしては、フィルターやカートリッジが消耗品なため、買い足す必要があるという点です。同じ油を何度も再利用したい方におすすめのろ過方法です。

パウダータイプ

細かい汚れも臭いもしっかり取り除きたい方におすすめのろ過方法は、ろ過パウダーを使用する方法です。この方法が、3種類のろ過方法の中で、一番細かい汚れを取ることができます。

 

ろ過パウダーも消耗品なので、コストがかかるという難点がありますが、きれいな油にこだわる方にはおすすめです。

容量で選ぶ

オイルポット購入の際は、容量もチェックしましょう。目安として、2人までで800mL3人以上で1200mLと言われています。しかし、揚げる物によっては厚みがあるため、目安よりも油を多めに使うかもしれません。

 

容量で迷ったら、大は小を兼ねるということで、少し容量の大きいものを選ぶといいですね。

オイルポットの人気ランキング10選

第10位

パール金属(PEARL METAL)

オーリオ

価格:960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な受け皿付き

フッ素樹脂加工でお手入れ簡単なパール金属の『オーリオ』。握りやすい持ち手なので、片手で作業できます。凸凹の付いた受け皿は、油でベタベタしがちな底とくっつかず使いやすくなっています。

 

ろ過方法は、網タイプです。網部分に取っ手が付いているのも、このオイルポットのグッドポイントですね。レビューでは、網部分に取っ手が付いていることで、網をフライパンや鍋に落とすことがなくなり、ストレスが減ったという意見もありました。

 

また、別売りの油こし紙と合わせて使うのもおすすめです。油こし紙を使えば、さらにを抽出できます。場所を取らないサイズなので一人暮らしの方にもおすすめの商品です。

素材本体・ふた・受皿/鉄(ふっ素樹脂加工)、こし網ワク部/ステンレス鋼、アミ部/18-8ステンレス鋼、取っ手・つまみ/フェノール樹脂容量1.2L
ろ過方法網タイプ
第9位

パール金属(PEARL METAL)

ジーヴォ

価格:2,165円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなオイルポット

丸いフォルムが特徴的なパール金属の『シーヴォ』。ホーローならではの艶感と、清潔感のあるホワイト一色がおしゃれですね。また、内側が白いので、油の色が分かりやすいメリットもあります。

 

酸やアルカリに強く、腐食しない点もホーロー製の良いところです。また、表面はガラス質なので、お手入れしやすくなっています。

 

レビューを見ると、見た目がかわいい、置いているだけでインテリアとして楽しめるなどの見た目満足度が高い商品であることがうかがえます。シンプルでおしゃれなオイルポットをお探しの方におすすめの商品です。

素材ホーロー容量1.1L
ろ過方法網タイプ
第8位

大一アルミニウム

ホームピッカー

価格:3,205円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飾っておきたいかわいいホーローポット

かわいいキャメル色が人気の『ホームピッカー』。このオイルポットのセールスポイントは、二重のこし網が付いていることです。二段になったステンレスメッシュが細かいカスをしっかり取り除きます。

 

オイルポットに付いている網に油こし紙を敷いて、きれいな油を抽出する方法だと、消耗品として油こし紙のコストがかかります。ホームピッカーは、他のオイルポットに比べると高価ですが、油こし紙なしでもきれいに濾せるので、長い目で見れば経済的と言えます。

 

レビューでは、部材、本体すべて日本製なので安心できる、二重のこし網だが油がすぐ落ちるので使いやすい、という意見がありました。少し高価でも日本製が良い、長く使える商品が良いという方におすすめの商品です。

素材本体:ホーロー用鋼板・こしアミ:ステンレス・こしアミ枠:アルミニウム容量1L
ろ過方法網タイプ
第7位

丸五産業

ファミリーコスロン

価格:3,177円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油の垂れない注ぎ口

すっきり美しいステンレスのオイルポット、『ファミリーコスロン』。上下に分かれる二つの容器で、上部のパルプ100%の強力フィルターでしっかり油を濾します。網で大きな油カスをキャッチし、フィルターでさらに細かい汚れを取ります。

 

油を再利用する際に、注ぎ口から油が伝って汚れるとストレスですよね。このオイルポットは、油が垂れないように工夫された注ぎ口であることも特徴的です。レビューでも、油垂れしない点が高く評価されています。

 

フィルターをつける分、高さのある縦型のオイルポットになっているので、保管場所の確保は購入前に考えておくといいでしょう。フィルターの寿命は、初回使用から1週間ほどが目安になっています。フィルターで細かいカスまでしっかり濾したい方におすすめの商品です。

素材本体/18-8ステンレススチール、ろ網/18-5ステンレススチール、おもり/18-0ステンレススチール、ろ過紙/天然パルプ100%容量上容器1L、下容器1.2L
ろ過方法フィルタータイプ
第6位

万年(Mannen)

new ecolo

価格:719円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ちやすい耐熱性ハンドル

シリコン加工で汚れを落としやすい、万年の『new ecolo』。目立たない色合いで、どんなキッチンにも溶け込むオイルポットです。継ぎ目のない一枚の材料からできているので、溝に油汚れが溜まることなく、洗いやすい形状となっています。

 

使用後の油をオイルポットに入れると、オイルポットが高熱になってしまい、持ち手まで熱くなりがちです。このオイルポットの持ち手は、耐熱性があり、持ちやすいハンドルになっています。

 

レビューでは、底面と側面が別パーツで作られているオイルポットは継ぎ目から漏れていたが、これは一体型なので漏れない、ハンドルが頑丈で滑りにくいなど、作りを評価した意見も多いですね。片手で使いやすいオイルポットです。

素材本体・フタ・中皿枠/鉄 (シリコンコート加工) 、中皿アミ/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂容量1.1L
ろ過方法網タイプ
第5位

高木金属

オイルポット

価格:1,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリアとして使えるおしゃれポット

かわいい動物のデザインが施された、高木金属のホーロー『オイルポット』。手のひらに収まるコンパクトサイズなので、収納しやすいですね。インテリアとして飾って置いても気にならないおしゃれなオイルポットです。

 

レビューでは、お茶のポットとして活用しているという意見もありました。ガラスよりも丈夫で扱いやすいホーロー製で、取っ手付きとあって、オイルポット以外の活用方法もいろいろありそうですね。

 

同じデザインの天ぷら鍋を揃えるのもいいですね。ホーローのオイルポットで2000円を切る、手ごろな価格なのも魅力的です。お手入れ簡単なホーロー製で、価格を抑えたい方におすすめの商品です。

素材ホーロー用鋼板容量 1.1L
ろ過方法網タイプ
第4位

和平フレイズ(Wahei freiz)

エブリック

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飽きないシンプルデザイン

シンプルながら使いやすいデザイン、和平フレイズの『エブリック』。汚れのこびり付きを防ぐ、フッ素加工の施された鉄製のオイルポットです。受け皿付きで、周りを汚すことなく衛生的に使えます。

 

持ち手のハンドルは、なみなみにデザインされており、握りやすいのもいいですね。同じようなオイルポットでも容量が1Lほどの商品が多いですが、エブリックは1.3Lの容量があります。少し余裕のあるサイズ感の方が使いやすいので、コンパクトな見た目でこの容量はうれしいですね。

 

レビューを見ると、受け皿付きであることと、ちょうど良い容量であることが高評価されています。オーソドックスな形で機能的にも満足度の高い商品になっています。

 

素材鉄、内外面:ふっ素樹脂加工、油こしアミ部:ステンレス鋼容量1.3L
ろ過方法網タイプ
第3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

オイルポット

価格:2,938円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

活性炭フィルター

活性炭フィルターを使用した、アイリスオーヤマの『オイルポット』。木質系活性炭カートリッジなので、臭い汚れをしっかりキャッチしてくれます。まず網で油カスを取り除き、活性炭フィルターで、さらに汚れや臭いを取る仕組みになっています。

 

二重構造の注ぎ口で余分な油が内側に戻り、液だれしない工夫が施されています。本体はフッ素加工でお手入れ簡単です。使い捨て活性炭フィルターは、約10回使用でき、使用後はそのままゴミ箱に捨てられます。

 

レビューでは、再利用の油が透き通っている、臭いが気にならないなど、しっかりろ過できる点が高く評価されています。ろ過機能の優れた商品なので、油を何度も再利用したい方におすすめの商品です。

素材ふた・ろ過ポット:スチール(フッ素樹脂加工) 取っ手:フェノール樹脂(耐熱120℃) リング:66ナイロン(耐熱200℃) こしあみ:ステンレス鋼容量900mL
ろ過方法フィルター
第2位

万年

オイルポット mini

価格:697円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷蔵庫に入れやすいコンパクトサイズ

とにかく安くでオイルポットが欲しい方におすすめ、万年の『オイルポット mini 』。1000円以下で、コンパクトで使いやすいオイルポットが手に入ります。耐久性のあるステンレス製の網が付いています。

 

持ち手は輪っかになっており、お年寄りでも持ちやすいハンドルです。また、油もれの心配がなく、手入れしやすいシンプルな一体型構造になっています。本体重量が325gと軽量なのもうれしいですね。

 

レビューを見ると、コンパクトで冷蔵庫にも収納しやすい点が評価されていますね。置き場所に困らないサイズなので、一人暮らしを始める方へのプレゼントにも最適な商品です。

素材本体・フタ・中皿枠/鉄 (シリコンコート加工) 、中皿アミ/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂容量0.8L
ろ過方法網タイプ
第1位

貝印(Kai Corporation)

オイルポット

価格:1,163円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液だれしない二重口ポット

オイルポット人気ランキング第1位は、貝印の『オイルポット』。フッ素加工の施された鉄製で370gと軽量に抑えつつ、1.2Lの程よい容量があります。網は細かいメッシュで、小さい天かすもキャッチしてくれます。

 

油がこぼれない二重構造の注ぎ口なので、再利用の際も注ぎやすく、受け皿要らずのオイルポットです。レビューでは、値段以上の価値がある、使いやすい、買ってよかったなど意見が多く、購入者満足度の高い商品であることが分かります。

 

使用者の感想を分析すると、周りを汚さずいかに簡単に油を処理できるかが、オイルポットの人気に大きく関わっていると言えるでしょう。オイルポット選びに迷ったら、油の注ぎやすいこちらの商品をおすすめします。

素材本体/鉄(フッ素樹脂塗装加工)、ハンドル/フェノール樹脂(耐熱温度150度)、こし網・こし枠/18-8ステンレス、二重口/66ナイロン(ガラス繊維)容量1.2L
ろ過方法網タイプ

オイルポットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4958333の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 2
    アイテムID:4958330の画像

    万年

  • 3
    アイテムID:4958321の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:4958307の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 5
    アイテムID:4958298の画像

    高木金属

  • 6
    アイテムID:4958290の画像

    万年(Mannen)

  • 7
    アイテムID:4958273の画像

    丸五産業

  • 8
    アイテムID:4958261の画像

    大一アルミニウム

  • 9
    アイテムID:4958256の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 10
    アイテムID:4958216の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 商品名
  • オイルポット
  • オイルポット mini
  • オイルポット
  • エブリック
  • オイルポット
  • new ecolo
  • ファミリーコスロン
  • ホームピッカー
  • ジーヴォ
  • オーリオ
  • 特徴
  • 液だれしない二重口ポット
  • 冷蔵庫に入れやすいコンパクトサイズ
  • 活性炭フィルター
  • 飽きないシンプルデザイン
  • インテリアとして使えるおしゃれポット
  • 持ちやすい耐熱性ハンドル
  • 油の垂れない注ぎ口
  • 飾っておきたいかわいいホーローポット
  • おしゃれなオイルポット
  • 便利な受け皿付き
  • 価格
  • 1163円(税込)
  • 697円(税込)
  • 2938円(税込)
  • 972円(税込)
  • 1440円(税込)
  • 719円(税込)
  • 3177円(税込)
  • 3205円(税込)
  • 2165円(税込)
  • 960円(税込)
  • 素材
  • 本体/鉄(フッ素樹脂塗装加工)、ハンドル/フェノール樹脂(耐熱温度150度)、こし網・こし枠/18-8ステンレス、二重口/66ナイロン(ガラス繊維)
  • 本体・フタ・中皿枠/鉄 (シリコンコート加工) 、中皿アミ/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂
  • ふた・ろ過ポット:スチール(フッ素樹脂加工) 取っ手:フェノール樹脂(耐熱120℃) リング:66ナイロン(耐熱200℃) こしあみ:ステンレス鋼
  • 鉄、内外面:ふっ素樹脂加工、油こしアミ部:ステンレス鋼
  • ホーロー用鋼板
  • 本体・フタ・中皿枠/鉄 (シリコンコート加工) 、中皿アミ/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂
  • 本体/18-8ステンレススチール、ろ網/18-5ステンレススチール、おもり/18-0ステンレススチール、ろ過紙/天然パルプ100%
  • 本体:ホーロー用鋼板・こしアミ:ステンレス・こしアミ枠:アルミニウム
  • ホーロー
  • 本体・ふた・受皿/鉄(ふっ素樹脂加工)、こし網ワク部/ステンレス鋼、アミ部/18-8ステンレス鋼、取っ手・つまみ/フェノール樹脂
  • 容量
  • 1.2L
  • 0.8L
  • 900mL
  • 1.3L
  • 1.1L
  • 1.1L
  • 上容器1L、下容器1.2L
  • 1L
  • 1.1L
  • 1.2L
  • ろ過方法
  • 網タイプ
  • 網タイプ
  • フィルター
  • 網タイプ
  • 網タイプ
  • 網タイプ
  • フィルタータイプ
  • 網タイプ
  • 網タイプ
  • 網タイプ

まとめ

ここまでで、オイルポットの人気ランキング10選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。油の節約になるオイルポットですが、素材や形状、ろ過方法など様々な種類がありますね。どれくらいの頻度で揚げ物料理をするか、使用する油の量、保管場所などによって使いやすいオイルポットは異なります。今回ご紹介した選び方を参考に、オイルポットで楽しく節約してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ