記事ID135934のサムネイル画像

【快適に絵を描こう】おすすめのペンタブレット人気ランキング10選

パソコンでイラストを描くのでしたら、ペンタブレットはほぼ必須のツールといえるでしょう。今や多くの種類が売られていますが、用途や環境によって買うべきペンタブレットは異なります。こちらの記事では、ペンタブレットの種類や選び方を解説し、おすすめのものを紹介します!

ペンタブレットがあればパソコンで快適に絵が描ける

パソコンで絵を描いている方の多くがペンタブレットを使用しているかと思われます。ペンタブレットとはパソコンで絵を描くためにマウスの代わりに使う道具で、ペンタブレットを使うことでペンで紙に絵を描くような線を描くことができます。

 

ペンタブレットはマウスで絵を描く時と違い、がたつきの無い綺麗な線をひくことができます。また、筆圧感知という機能も備わっていて、筆圧が絵に反映されるため、メリハリや動きのある絵を描くことができます。

 

今回は初心者向けのものや本格的に絵を描きたい方におすすめのものを、形状や値段、機能などに焦点を当てて10種類紹介します。ペンタブレットデビューを考えている方も、ペンタブレットを買い替える予定の方も是非参考にしてみてください。

ペンタブレットの選び方

ひとえにペンタブレットといっても沢山の種類があるため、初めはどれを買えば良いのか迷ってしまうかと思われます。ここからは、ペンタブレットの種類と選ぶ際に着目しておきたいポイントを紹介します。

ペンタブレットは大きく分けて2種類ある

ペンタブレットは「板タブレット」「液晶タブレット」の2種類に分けられます。同じペンタブレットではありますが、絵の描き方や値段に大きな違いが見られるので、まず板タブレットや液晶タブレット、どちらを買うのかから決めていきましょう。

板タブレットがペンタブレットの基本の形

マウスを使う際、マウスパッドの上でマウスを操作して画面上のマウスポインタを動かしますが、板タブレットも同じように、板状のタブレットの上で付属のペンを動かし絵を描きます。個人的な趣味で絵を描いている方の多くは板タブレットを使っているのではないでしょうか。

 

タブレットの上でペンを動かすと画面上のポインタが動くので、画面を見ながら手を動かす形になります。タブレットと画面の大きさが違うために、板タブレットで絵を描くのに慣れるのには多少時間がかかります。

 

ですが、板タブレットは液晶タブレットと比べて値段が安く、手を出しやすいという長所があります。また、板タブレットの方が沢山の種類が販売されているので、自分により合ったものを見つけることができます。

アナログに近い描き心地を望むなら液晶タブレット

一方、液晶タブレットはスマートフォンのように、液晶画面に付属のペンで直接絵を描いていきます。主にプロのイラストレーターやアニメーターが使用しているペンタブレットです。

 

液晶タブレットと板タブレットの最も大きな違いがペンと画面との距離です。液晶タブレットは液晶画面に直接絵を描くため、アナログで絵を描く感覚に近いです。絵の描きやすさでいえば液晶タブレットに軍配が上がるでしょう。

 

ただし、板タブレットは安ければ数千円で買えるのに対して、液晶タブレットは安くても数万円します。本格的に絵を描くために出費を惜しまないのなら、液晶タブレットを買うことをおすすめします。

絵を描くスペースに応じてペンタブレットを選ぼう

ペンタブレットはパソコンの前、もしくは横に置いて使います。絵を描くスペースに合わないペンタブレットを買ってしまうと手が動かし辛かったり資料を置くスペースが無くなってしまったりするので、作業スペースに置いて無理のないサイズのものを選びましょう。

スペースが十分にあるなら大きいサイズがおすすめ

板タブレットの場合、ペンタブレットとパソコンの画面の大きさに差があるほど、ペンを動かした時の感覚と画面に表示される絵にも大きな差が生じます。また、小さいペンタブレットは描画範囲も狭いので、慣れるまでは思うように線が引けないと感じるでしょう。

 

特に腕を動かして絵を描く方は、小さいペンタブレットだと手狭に感じるかと思われます。ペンが描画範囲からはみ出してしまったり、誤ってファンクションキーを押してしまうことがあります。

 

スペースに余裕があるのであれば、ペンタブレットは大きいサイズのものを選ぶことをおすすめします。サイズが大きいとペンを動かしている途中で線が途切れてしまうこともなく、ストレスが少なく済みます。

小さいサイズなら持ち運びにも便利

スペースに余裕が無いなら、無理せず小さいサイズのものを選びましょう。ペンの反応する範囲を掴んで思うように絵が描けるまでに多少時間はかかりますが、慣れれば問題なく絵が描けるようになります。

 

手首を動かして絵を描く方ならペンを大きく動かすこともないので、小さいサイズでも困ることは少ないでしょう。使用するパソコンはあまり大きくないものの方が慣れるのは早いです。

 

また、小さいサイズのペンタブレットには「持ち運びが楽」という長所があります。持ち運ぶのに邪魔にならないサイズなら、帰省先や旅行先にもペンタブレットを持っていき、絵を描くことができます。

ファンクションキー付きのペンタブレットは慣れれば便利

ペンタブレットによっては、タブレットまたはペンにファンクションキーが付いています。ファンクションキーとは、「一つ戻る」「保存」など、絵を描く際に使う機能がそれを押すだけで実行されるボタンのことを指します。

 

ファンクションキーが必須という方もいればファンクションキーが邪魔だという方もいます。ファンクションキーの有無によって絵の描きやすさも大きく変わるので、どちらが自分に合っているかよく見定めましょう。

ファンクションキー付きは操作がより円滑に

なるべく操作を円滑に済ませて絵を描くことに時間を割きたいという方なら、断然ファンクションキー付きのペンタブレットの方がより快適に使用することができるでしょう。

 

パソコンの画面上でも「一つ戻る」「保存」などの操作はできますが、ファンクションキーを使用することで手元でボタンを押すだけで操作が可能になるため、絵を描く以外の動作に手間を取らずに済みます。

 

タブレットとペンどちらにもファンクションキーが付いているものとペンのみにファンクションキーが付いているものがあり、ファンクションキーの数も製品によって様々です。配置を覚えて捌ききれる数のものを選びましょう。

ファンクションキーにこだわらないならシンプルなものを

ファンクションキーは便利な存在ではありますが、キーごとの動作を設定するのが面倒くさかったり、ファンクションキーを使うよりも画面上で操作した方がやりやすいという方もいるでしょう。

 

また、ファンクションキーを誤って押してしまったり、ファンクションキーを押さないようペンを握るため手が疲れてしまったりするという理由でファンクションキーを必要ないと思う方も多いようです。

 

カスタマイズする必要性を感じない方、タブレットにキーがあるのを邪魔だと感じる方はファンクションキーの付いていないペンタブレットをおすすめします。製品によってはファンクションキーの機能のON、OFFを切り替えられるものもあるので、その機能を活用すると良いでしょう。

付属のお絵描きソフトで選ぶ

パソコンで絵を描くために、ペンタブレットだけでなくお絵描きソフトも入手する方がほとんどです。お絵描きソフトが付属しているペンタブレットを買うことで結果的にお得に絵を描く環境が揃えられることもあるので、お絵描きソフトも同時に手に入れたいと考えている方は付属のソフトで選ぶのも一つの手です。

お絵描きソフトが付属しているものなら絵を描く環境も揃えやすい

お絵描きソフトが付属しているペンタブレットは、製品に付いているシリアルナンバーを公式サイトで入力することで無料でお絵描きソフトをインストールできるものがほとんどです。インストールも簡単に済むので、手間をかけずにペンタブレットとお絵描きソフトを揃えられます。

 

Wacomから出ているペンタブレットにはCLIP STUDIO PAINTが、XP-PENから出ているペンタブレットにはOpenCanvasが付属しているものが多いです。特にCLIP STUDIO PAINTはお絵描きソフトの中で最も人気が高いので、持っておいて損はないでしょう。

 

ペンタブレットに付属しているお絵描きソフトは単体で買うよりも割安なので、目当てのお絵描きソフトがペンタブレットに付属しているのであれば、それを決め手にペンタブレットを選ぶのも良いでしょう。

ソフトが付属していない方が安価

製品によってはお絵描きソフトが付属しているものと付属していない分割安なものが売られています。新しくお絵描きソフトを揃える必要の無い方は、ソフトが付属していないペンタブレットを選んだ方が安く済ませられます。

 

既にお気に入りのお絵描きソフトがパソコンにインストールされている方や、無料でダウンロードできるお絵描きソフトで十分という方は、ペンタブレット単体のものを選んで安く済ませるのが良いでしょう。

 

お絵描きソフトにお金をかけない分、ペンタブレットそのものや他の機器にお金をかけることもできます。また、単体でも安く買えるお絵描きソフトもあるので、お絵描きソフトの付属していないペンタブレットが気に入ったとしても、そう気にする必要はありません。

 

 

ペンタブレットを選ぶ際は慎重に

これからパソコンで絵を描き始めたいという方なら、今まではアナログで絵を描いていたのではないでしょうか。自分に合ったペンタブレットを選べば、これまで紙にペンで絵を描いていたのと同じ感覚でペンタブレットを操作することも可能です。

 

ペンタブレットを買い替えたいという方も、今使っているものと比べてどのような点をグレードアップさせたいのか、どのようなペンタブレットならスムーズに移行できるかを考えて、より使いやすいと思われるペンタブレットを選んでみてください。

ペンタブレットの人気ランキング10選

第10位

XP-PEN

ペンタブレット StarG430S B

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門用としておすすめ

ハガキより一回り大きいくらいのサイズですので、スペースが狭くても使用することのできるペンタブレットです。厚さも2mmと薄く、持ち運びにも便利です。ペンも充電、電池不要でとても手軽に使えます。

 

描画範囲が狭いので大きなパソコンで絵を描くのには向いていませんが、ノートパソコンや小さなパソコンならを十分快適に使えます。筆圧レベルも8192レベルと高いので、満足のいく線が引けるでしょう。

 

値段が2980円と、ペンタブレットの中でも最安値です。これからパソコンで絵を描こうと考えている方や学生でお金が無い方に、入門用としておすすめの製品です。

形状板タブレット製品サイズ11cm×16.4cm
描画範囲7.62 cm×10.16cm筆圧レベル8162レベル
付属ソフトOpenCanvas7
第9位

Huion

液晶ペンタブレットGT-191

価格:43,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きな液晶タブレットを安価で買いたいならこちら

こちらの製品の特徴は、大きなサイズ感です。もちろん製品サイズだけでなく描画範囲も大きく、パソコンの画面とほぼ変わりません。大きな板タブレットを使い慣れていて液晶タブレットに移行したいという方でも、抵抗なく移行することができるでしょう。

 

スタンドやグローブ、替芯など、付属品も充実しています。ファンクションキーがタブレットの下の面に付いているため、絵を描いていて邪魔になりません。また、左利きに対応しているのも嬉しい点です。

 

ペン先の沈み込みが深く、他のメーカーの液晶タブレットから移行するとなると描き慣れるまでに多少時間がかかるようです。それでもこのサイズでこの価格は魅力的なので、初めて液晶タブレットを使うという方におすすめの製品です。

形状液晶タブレット製品サイズ29.8cm×47.5cm
描画範囲23.868cm×43.488cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフト無し
第8位

ワコム

Intuos Smallワイヤレス TCTL4100WL/K0

価格:9,591円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスで場所をとらない

こちらの製品の特徴として、無料でダウンロードできるお絵かきソフトが3つから選べるという点があります。まだお絵かきソフトを持っていない方だけでなく、他のソフトを試してみたいという方にもおすすめです。

 

製品自体小さいサイズなのですが、タブレット上部のファンクションキーがへこんでおり、そこにペンを置く構造となっています。ワイヤレスにも対応しているので、作業スペースがシンプルかつコンパクトに収まります。

 

カラーリングがブラック、ピスタチオグリーン、ベリーピンクの3色から選べるというのも、ペンタブレットには珍しいので魅力的な点の一つではないでしょうか。

形状板タブレット製品サイズ16cm×20cm
描画範囲9.5cm×15.2cm筆圧レベル4096レベル
付属ソフトCorel® Painter® Essentials™ 6、Corel® AfterShot™ 3、CLIP STUDIO PAINT PROから選択可能
第7位

HUION

ペンタブ H640P

価格:4,542円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノートパソコンでの使用におすすめ

シンプルな見た目かつコンパクトサイズでありながら、筆圧レベルが8192レベルと高く、反応速度も自慢のペンタブレットです。ファンクションキーが付いていますが、機能のON、OFFの切り替えができるので、ファンクションキーが苦手な方でも使用できます。

 

ペンは充電、電池不要で絵を描きたい時にいつでも使うことができ、電池がいらない分軽いため手に負担がかかりません。ペン立ても付属しており、ペン立ての中に替え芯が収納されています。

 

描き味がつるつるとしており、紙に絵を描くような書き心地とは異なりますが、慣れれば全く問題ありません。製品サイズが小さいため、ノートパソコンや小さいパソコンで絵を描くのにおすすめです。

形状板タブレット製品サイズ14.48cm x25.48cm
描画範囲10cm×16cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフト無し
第6位

WACOM

One by Wacom Mサイズ CTL-672/K0-C

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなタブレットを求めるならこちら!

機械に強くないのでシンプルなペンタブレットが欲しい、別のタブレットを使っているけどファンクションキーを全く活用していないという方におすすめのペンタブレットです。

 

画面にファンクションキーが付いておらず、筆圧レベル筆圧レベルも極めて高いというわけではありません。また、ペンの傾き検知機能もありません。それを短所と捉える方もいれば、全く気にならない方もいるでしょう。

 

そこまでシンプルな造りだからこそ、中型サイズでお絵かきソフトも付属している上でこの値段が実現しています。カスタマイズが必要ないという方ならこちらの製品がうってつけかと思われます。

形状板タブレット製品サイズ18.9cm x 27.7cm
描画範囲13.5cm×21.6cm筆圧レベル2048レベル
付属ソフトCLIP STUIO PAINT DEBUT
第5位

ワコム

Intuos Pro Mサイズ PTH-660/K0

価格:34,642円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

板タブレットの中で最高スペック

板タブレットの中でも最高値といえるので、買うのに尻込みしてしまうような製品ですが、この値段にも理由があります。筆圧レベルは8192と最高レベルで、反応速度も他の製品と比べて優れています。

 

特筆すべきは描き心地でしょう。プラスチック素材の滑る感じが無く、紙で描いているかのような摩擦感があります。また、タブレットに貼るシートが手触りによって3種類用意されており、ワコムストアで販売されているので、より好みの描き心地を追求していけます。

 

ファンクションキーも付いており、カスタマイズの自由度も高いです。旧盤と比べてサイズはコンパクトになりながらも描画範囲は大きくなっているので、旧盤を使っている方、旧盤が気になっていた方にもおすすめです。

形状板タブレット製品サイズ21.9cm×33.8cm
描画範囲14.8cm×22.4cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフト無し
第4位

ワコム

Cintiq 16 FHD DTK1660K1D

価格:66,634円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルなWacomの液晶タブレット

Wacomのペンタブレットは質が保証されている分他のメーカーよりも値段が高く、なかなか手が出にくくあります。そんな中で、こちらの液晶タブレットはかなりリーズナブルな製品といえるでしょう。

 

安価でありながら描き心地はWacomの他のペンタブレットと遜色なく、反応速度も良く、描き味も紙に描いているようなザラザラ感があります。

 

Wacomからは製品名に「pro」と付くよりハイクオリティで高価な製品も販売されていますが、こちらの製品でも十分快適な描き心地が実現しているので、Wacom製品を買いたいけど他の製品は手が出せないという方におすすめです。

形状液晶タブレット製品サイズ28.5cm×42.2cm
描画範囲19.3cm×34.4cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフト無し
第3位

VEIKK

A15 ペンタブレット板タブ

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サービス精神旺盛なペンタブレット

ビジュアルを見てまず印象に残るのは、タブレットに付いたファンクションキーの数でしょう。12個も付いているため、より多くの操作を割り当てられます。ペンは充電、電池不要、左利きにも対応していたりと、描きやすさを追求した機能が満載です。

 

カラーリングがブルー、ゴールド、グレー、レッドの4色から選べたり、ペン先やファンクションキーの操作に反応してライトが点灯したりと、ビジュアル面でも魅力的なペンタブレットです。

 

描画範囲が広い割に厚さが9mmと薄く、持ち運びしたり膝の上で描いたりするのにも負担がかかりません。また、専用のUSBを指せば全自動でドライバがインストールされるので、ペンタブレットを初めて使う方に優しい仕様になっています。

 

 

形状板タブレット製品サイズ20cm×35.8cm
描画範囲15.24cm×25.4cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフト無し
第2位

XP-PEN

ペンタブ Deco01

価格:5,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

のびのびと描ける大きさでこの値段

サイズが大きく、描画範囲もB5ノートほどの広さがあるため、のびのびと絵を描くことができます。値段もリーズナブルなので、置くスペースさえあれば買って損はありません。特にパソコンの画面が大きい方はこちらのペンタブレットをおすすめします。

 

魅力の一つとして、ファンクションキーの多さが挙げられます。タブレットにファンクションキーが8つ付いているので、ショートカットしたい動作を多めにカスタマイズできます。ファンクションキーが必要ない方は、機能をOFFにすることも可能です。

 

セットアップが全自動でないため描き始めるまでに多少手間はかかりますが、このサイズと機能で5950円はかなりリーズナブルといって良いでしょう。替え芯単体も格安で売られているので、長く使い続けるのにもおすすめです。

形状板タブレット製品サイズ22.4cm×35.8cm
描画範囲15.8cm×25.4cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフトOpenCanvas7
第1位

XP - Pen

液晶ペンタブレット Artist15.6

価格:34,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液晶タブレットなのにリーズナブル

液晶タブレットを買うとなるとどうしても高く付いてしまい、安価な液晶タブレットはサイズの小ささがネックになります。大きなサイズの液晶タブレットを安価で手に入れたいなら、こちらの製品をおすすめします。

 

こちらの製品は反応速度に優れており、ペンの動きに対するレスポンスが極めて高いのが特徴です。また、筆圧レベルも8192レベルと高く、傾き検知機能も付いているため、描きたいような線が忠実に描けます。

 

また、タブレットの厚さが11mmと液晶タブレットにしては薄く、重量も2kgと軽いので、机の上に置くだけでなく、膝の上でも負担なく絵を描くことができます。OpenCanvas7というお絵描きソフトも無料で手に入るので、ペンタブレットデビューに最適の製品です。

形状液晶タブレット製品サイズ28cm×44.3cm
描画範囲19.359cm×34.416cm筆圧レベル8192レベル
付属ソフトOpenCanvas7

ペンタブレットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4966055の画像

    XP - Pen

  • 2
    アイテムID:4966075の画像

    XP-PEN

  • 3
    アイテムID:4969717の画像

    VEIKK

  • 4
    アイテムID:4967825の画像

    ワコム

  • 5
    アイテムID:4966062の画像

    ワコム

  • 6
    アイテムID:4966021の画像

    WACOM

  • 7
    アイテムID:4967838の画像

    HUION

  • 8
    アイテムID:4967103の画像

    ワコム

  • 9
    アイテムID:4966085の画像

    Huion

  • 10
    アイテムID:4965084の画像

    XP-PEN

  • 商品名
  • 液晶ペンタブレット Artist15.6
  • ペンタブ Deco01
  • A15 ペンタブレット板タブ
  • Cintiq 16 FHD DTK1660K1D
  • Intuos Pro Mサイズ PTH-660/K0
  • One by Wacom Mサイズ CTL-672/K0-C
  • ペンタブ H640P
  • Intuos Smallワイヤレス TCTL4100WL/K0
  • 液晶ペンタブレットGT-191
  • ペンタブレット StarG430S B
  • 特徴
  • 液晶タブレットなのにリーズナブル
  • のびのびと描ける大きさでこの値段
  • サービス精神旺盛なペンタブレット
  • リーズナブルなWacomの液晶タブレット
  • 板タブレットの中で最高スペック
  • シンプルなタブレットを求めるならこちら!
  • ノートパソコンでの使用におすすめ
  • ワイヤレスで場所をとらない
  • 大きな液晶タブレットを安価で買いたいならこちら
  • 入門用としておすすめ
  • 価格
  • 34980円(税込)
  • 5950円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 66634円(税込)
  • 34642円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 4542円(税込)
  • 9591円(税込)
  • 43999円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 形状
  • 液晶タブレット
  • 板タブレット
  • 板タブレット
  • 液晶タブレット
  • 板タブレット
  • 板タブレット
  • 板タブレット
  • 板タブレット
  • 液晶タブレット
  • 板タブレット
  • 製品サイズ
  • 28cm×44.3cm
  • 22.4cm×35.8cm
  • 20cm×35.8cm
  • 28.5cm×42.2cm
  • 21.9cm×33.8cm
  • 18.9cm x 27.7cm
  • 14.48cm x25.48cm
  • 16cm×20cm
  • 29.8cm×47.5cm
  • 11cm×16.4cm
  • 描画範囲
  • 19.359cm×34.416cm
  • 15.8cm×25.4cm
  • 15.24cm×25.4cm
  • 19.3cm×34.4cm
  • 14.8cm×22.4cm
  • 13.5cm×21.6cm
  • 10cm×16cm
  • 9.5cm×15.2cm
  • 23.868cm×43.488cm
  • 7.62 cm×10.16cm
  • 筆圧レベル
  • 8192レベル
  • 8192レベル
  • 8192レベル
  • 8192レベル
  • 8192レベル
  • 2048レベル
  • 8192レベル
  • 4096レベル
  • 8192レベル
  • 8162レベル
  • 付属ソフト
  • OpenCanvas7
  • OpenCanvas7
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • CLIP STUIO PAINT DEBUT
  • 無し
  • Corel® Painter® Essentials™ 6、Corel® AfterShot™ 3、CLIP STUDIO PAINT PROから選択可能
  • 無し
  • OpenCanvas7

まとめ

いかがでしたか。ペンタブレットは製品ごとにそれぞれ違ったアピールポイントがあるため、絵を描く環境やどのような絵を描くかで適した製品が異なります。ペンタブレットの特徴を把握してより自分に合ったものを選び、快適にパソコンで絵が描ける環境を揃えましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ