記事ID135921のサムネイル画像

【室内用から屋外用まで】人気ハンモックおすすめランキング10選

ゆらゆら揺れるハンモックは、地面に寝転がるのとは違った気持ちよさを得られます。ハンモックは屋外用だけではなく、室内で使用できるものもありバリエーションが豊富です。今回はさまざまな種類のハンモックから、おすすめのものをランキング形式でご紹介します。

アウトドアだけでなく室内でも大活躍のハンモック

ハンモックは屋外で使用するものというイメージが強いかもしれませんが、最近は屋内で使用できるものもたくさんあります。ハンモックの魅力は、包まれているような安心感と、地面から高いところに寝転がる、ワクワク感や開放感にあります。

 

一度使うと子どもだけではなく、大人もその魅力のとりこになるでしょう。お子さまの遊び場、キャンプでの寝床、屋外での荷物置き場などさまざまな用途に利用できるところもハンモックのいいところ。

 

ハンモックは利用するシーンや用途により、最適なものが異なります。設置方法も昔ながらの木に括り付けるタイプだけでなく、どこでも使用できる自立式のものもあります。そこで今回は、使用するシーンにピッタリなハンモックの選び方と、おすすめのハンモックをランキング形式でご紹介します。

ハンモックの選び方

ハンモックにはさまざまな種類があります。そこでハンモック選びのポイントをご紹介しましょう。これからハンモックを購入する方は、参考にしてみてくださいね。

使用する人数で選ぶ

ハンモックは1人で使用することもあれば、数人で使用することもあります。安全に使用するためには、使用人数を考慮して最適なサイズや耐荷重のものを選ぶことが大切です。

サイズ

ハンモックのサイズは、大きく分けてファミリー・ダブル・シングルの3種類があります。ファミリーサイズは、2人以上で使用できるもので、家族みんなで使用したいときにおすすめです。「大は小を兼ねる」ので、どのサイズがいいか迷ったときは、ファミリーサイズがおすすめです。

 

ただしファミリーサイズは広い設置スペースが必要となるので、室内で使用する場合は注意が必要です。ダブルサイズは2人まで使用可能なもので、一般的なサイズとなります。

 

シングルサイズは1人で使用するタイプです。室内で使用する場合で設置スペースが狭い場合はこのサイズがおすすめです。耐荷重にはばらつきがありますので、しっかり確認してから購入するようにしてください。

耐荷重

ハンモックには、耐荷重が設定されています。同じサイズでも商品により耐荷重が異なります。安全に使用できるよう、しっかり確認してから購入しましょう。シングルタイプは耐荷重の小さいものが多く、体重の重い方は注意が必要です。

 

大人数で使用できるものの中には、300㎏前後まで耐えられるものも。お子さまが使用する場合はとくに、耐荷重の大きいものが安心ですね。

設置方法で選ぶ

使用する場所により、可能な設置方法が異なります。例えば室内であれば、括り付けるタイプを使用することは難しい場合が多いでしょう。使用する場所をイメージし、最適なものを選択することが大切です。

自立式

自立式ハンモックは、スタンドがついており括り付ける木や柱などがなくても設置できるタイプです。屋外・室内問わずどこでも手軽に使用できるところが魅力です。ただ、屋外で使用する場合荷物が増えるところがデメリットかもしれません。

 

木や柱がある場所でも、つりかけ式のハンモックの場合取り付けたときに傷がつかないよう配慮する必要があります。自立式のハンモックの場合は、そういった配慮もいらず気軽に設置できますね。

 

屋内で使用する場合は、設置スペースを考慮して選ぶことが大切です。またスタンドを木製にしたりクロス部分の柄や色にこだわったりすると、インテリアとしても役立ちますね。

吊り掛け式

吊り掛け式のハンモックは、高さや角度を自由に変えられるところが魅力です。またハンモック特有の浮遊感などを存分に味わえるところも吊り掛け式の魅力です。しかし屋内で使用する場合は天井などに金具を取り付ける必要があり、手間がかかります。

 

屋外で使用する場合は、木と木の間に取り付けるとよいので手間はかかりませんが、木を傷つけないよう配慮する必要があります。しかし自立式よりも持ち運びに便利なところがメリットです。

 

屋外で使用する方や、ハンモックの良さを存分に味わいたい方には吊り掛け式がおすすめです。

用途で選ぶ

ハンモックには、座って使用するチェアタイプと、寝転がって使うベッドタイプがあります。使用する場所やシーンなどにより、使い勝手の良いほうを選びましょう。

チェアタイプ

室内で使用する方におすすめなのがハンモックチェアです。幅が狭く足を出して腰掛けるタイプは、スペースが狭くても設置することができます。素材やデザインが豊富で、インテリアとしても役立ちそう。

 

籠のようなデザインのものやブランコのようなデザインのものなどバリエーションが豊富です。室内の他の家具とのバランスや用途、設置場所などを考慮し、最適なものを選んでくださいね。

 

お子さまがいるご家庭は、お子さまの遊び場所としても活躍しそう。お子さまが使用する場合は、落下事故などに注意し安全に使用できるよう配慮してください。

ベッドタイプ

ベッドタイプのハンモックは、足を伸ばして寝転がれるタイプのものをいいます。中にはちょっと休憩だけではなく、屋外で本格的な寝床として使用できるものも。お好みの寝心地のものを選んでくださいね。

 

ベッドタイプのハンモックは、ネットタイプとクロスタイプがあります。ネットタイプは、通気性がよく夏場の使用におすすめです。ただしボタンなどがネットに引っかかってしまうことも。安全に使用できるよう注意する必要があります。

 

クロスタイプのハンモックは、素材やサイズ、デザインのバリエーションが豊富です。選ぶ素材により、寝心地や肌触りが異なります。また屋外で使用するのか、屋内で使用するのかによっても最適な素材は異なりますので、使用するシーンを考慮しつつ選ぶことが大切です。

素材で選ぶ

ハンモックの素材は、主にコットン・パラシュートシルク・ハマクテックの3種類が使われています。素材により寝心地や耐久性が異なりますので、用途や場所を考慮し、最適なものを選びましょう。

コットン

肌触りを重視したいという方は、コットン素材がおすすめです。吸湿性や耐久性に優れており、季節問わず快適に使用することができるでしょう。ただし乾きにくいので、屋外で使用する際は天気に気を配る必要があります。

 

デザインのバリエーションが豊富でおしゃれなものが多く、室内で使用するとお部屋に彩を与えてくれます。コットン素材の中には、オーガニックコットンを使用したものも。

 

オーガニックコットンとは、農薬などを使わずに育てたコットンを、化学薬品などを使わず加工したものです。お肌が弱い方やお子さまが使用する場合は、オーガニックコットンがおすすめです。

パラシュートシルク

パラシュートシルクとは、パラシュートに使用されている素材です。とっても軽量で、コンパクトに折りたたむことができるというメリットがあります。そのため持ち運びにも便利です。

 

その名の通り、シルクのようななめらかさと、通気性の良さも魅力です。夏場も快適に使用できそうですね。もちろん耐久性も十分にあります。アウトドアで使用したい方に特におすすめです。

ハマクテック

屋外で長時間つるしっぱなしにしておきたい場合は、ハマクテックのハンモックがおすすめです。化学繊維なので、紫外線に強く耐水性にも優れています。雨や太陽にさらされても劣化しにくいでしょう。

 

また速乾性にも優れているので、雨にあたってもすぐに乾きます。キャンプなど宿泊を伴うときは特に、ハマクテックのハンモックが最適です。

おすすめハンモック10選

第10位

HENNESY

エキスペディションA-sym ZIP

価格:27,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンモック泊に最適

キャンプの際、「ハンモックでそのまま夜を明かしたい」と考える方もいるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのがこのハンモックです。ロープを木と木に結び付けるだけで簡単に設置することができます。

一人のキャンプはとにかく荷物を減らしたいものですが、このハンモックならテントがいらないので、大幅に荷物を減らせそうですね。蚊帳や雨除けタープがついているので、冬や荒れた天気の日以外なら快適に過ごせるでしょう。

硬い地面に寝転がらずに済むので、マットレスに寝ているような快適さを味わえます。 木が無い場所ではトレッキングポールを使い、ビィビィサックとして使用できます。傾斜のある場所や岩場など、テントを張る場所が確保できないときも役立ちそうですね。

設置方式吊り掛け式耐荷重約113kg
第9位

Toyment

チャイルド ハンモックチェア

価格:7,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さなお子様でも安心して使える

お子さまの遊び場として、ハンモックを設置したいと考えている方もいるかもしれませんね。しかし一般的なハンモックは、地面からある程度の高さとなるため、「子どもが落下するかもしれない」と心配にあることも。

そんなときにおすすめなのがこのハンモックです。対象年齢は3歳以上。お子さまの体がすっぽりと包まれるサイズなので、普通のハンモックよりは落下の心配が少なくて済むでしょう。

素材はコットン100%でお肌にも優しいところも魅力です。また中に座るだけではなく、ぶら下がったりよじ登ったりと、お子さまの自由な発想で遊ぶことも可能です。 地面からの高さも低いので、万が一落下しても大きなけがは防ぐことができそうですね。

設置方式吊り掛け式耐荷重60kg
第8位

Unigear

ハンモック パラシュート

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

余裕のあるサイズと耐荷重

このハンモックは、大きなサイズと耐荷重の大きさが最大の魅力です。大人二人がゆったりと寝ころべるほどの広々サイズで、きょうだいの多い家庭やファミリーで使用したいときに特におすすめです。

素材はパラシュートに使用されているものが使われており、大きなサイズながらコンパクトで軽量。持ち運びに便利なところも人気の秘密です。通気性がよく、夏場でも快適に使用することができますよ。

ただ、生地が薄いのでファスナー付きの洋服などを着ているときは要注意。引っかかると生地が裂けてしまうことがあります。口コミを見ると、快適に使用できた、持ち運びやすいといったものが多くみられました。

設置方式吊り掛け式耐荷重350kg
第7位

Lixada

軽量ハンモック パラシュートコンパクト

価格:2,760円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファミリーにおすすめ

このハンモックは、パラシュートにも使用されている生地でできており、大きなサイズなのに軽量なところがポイントです。お子さまと一緒にアウトドアを楽しみたい方におすすめです。収納袋もついており、持ち運びに便利です。


カラーが明るくポップなところも魅力的。ハンモックの幅が300cmと広いので、左右の布を真ん中まで持ってきて閉じ、トンネルのようにして遊ぶこともできます。なおハンモックベルトは別売りとなっています。


子どもはハンモックの上ではしゃいで動き回ることも多いでしょう。幅が狭いと落ちてしまうことも。でも幅が広いと落ちにくく安全ですね。口コミを見ると、耐荷重が大きいので親子で遊んでも安心という声がありました。

設置方式吊り掛け式耐荷重180kg
第6位

ゆらふわモック

1台3役 ゆらふわモックマルチ

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンモック以外の用途にも使える

このハンモックは、ハンモック以外の用途にも使用できるところが人気です。これ1台で、普通のハンモック、ハンモックチェア、ハンガーラックと3役をこなしてくれます。ハンモックを使用しないときにも使い道があるのはうれしいですね。


なおハンモックとして使用するときはネットを装着し、チェアとして使用するときは布を使用します。耐荷重は何と330㎏。安定感は抜群です。組み立ても簡単なので、女性でも気軽に使うことができそうです。


専用の収納袋もついているので、持ち運びも便利です。アウトドアで使用したい方にもおすすめです。カラーバリエーションが豊富なので、お部屋の雰囲気に合わせてお選びいただけます。インテリアにも最適です。

設置方式自立式耐荷重330kg
第5位

Sifflus

自立式3WAYポータブルハンモック

価格:19,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリアにピッタリ

このハンモックは、これ1台でベッド型ハンモック、チェアハンモック、ハンガーラックと3役をこなしてくれる優れものです。しかもフレームが木目調なので、どんなお部屋にもなじんでくれるでしょう。

インテリアとしてお部屋の雰囲気をおしゃれに演出してくれそうですね。フレームの床に接する部分はゴムで保護されており、室内で使用したときに床を傷つけるのを防いでくれますし、滑り止めにもなります。 組み立ては簡単にできるので、女性でも気軽に使用できそうですね。口コミを見ると耐久性を評価する声が多くみられました。またハンガーラックとしても大きさは十分で、布団を干すのに使用しているという方もいました。

設置方式自立式耐荷重100kg以下
第4位

キャプテンスタッグ

ハンモック 蚊帳付 ホリデイ モスキート

価格:2,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

虫嫌いさんも安心

アウトドアでハンモックを使用する際、気になるのが虫刺されではないでしょうか。特に虫が嫌いな方は気になるところでしょう。そんなときにはこのハンモックがおすすめです。このハンモックには、蚊帳がついており虫を寄せ付けません。

 

キャンプ場は虫が多いものです。そんな場所でもこの蚊帳付きのハンモックなら安心してくつろぐことができますね。なお、設置の仕方を変えることで、蚊帳なしの普通のハンモックとしても使用することができます。

 

材質は軽くて汚れに強いポリエステルを使用。重さはわずか500gと持ち運びにも便利です。シングルサイズで耐荷重もそれほど大きくないので、大人1人での使用をおすすめします。

設置方式吊り掛け式耐荷重80kg
第3位

コールマン

パラシュートハンモック スカイ

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格で軽量

このハンモックは、パラシュートに使用されている生地を採用しており、軽量で通気性もよいのが魅力。その重さはわずか800gと、持ち運びにも便利です。またカラーリングがポップなところもポイントです。

 

サイズは約200×250cmと、大きくゆったりしたサイズ。大人2人でもゆったり使用することができるでしょう。すっぽりとくるまれる感覚が、よりリラックスさせてくれます。カラビナにはさびにくいステンレスを採用。屋外でも安心して使うことができますね。

 

ハンモックスタンドが別売りされているので、必要に応じて使用するとさらに活躍の幅が広がります。アウトドアでハンモックを使用する機会が多い方におすすめです。口コミを見ると、肌触りの良さを評価する声がありました。

設置方式吊り掛け式耐荷重約180kg
第2位

VIVERE

ハンモック 自立式

価格:20,393円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性に優れ屋内外問わず使える

アメリカで人気を博したハンモックです。伸縮性の良さと優れた耐久性は、独自の編み込み製法によるもの。クロスはコットン100%で、肌触りがよく吸湿性も抜群。季節問わず気持ちよく使用することができるでしょう。

 

幅160×長さ240cmのダブルサイズで、大人2人で使用してもゆったりくつろぐことができます。スタンドは安定感のあるスチール製。組み立ても工具なしで簡単にできるので、女性の使用も安心です。

 

専用の収納ケースもついているので、アウトドアでの使用もできます。生地のカラーバリエーションが豊富なので、お部屋のインテリアやお好みに合わせて選べるところもうれしいですね。

設置方式自立式耐荷重約200kg
第1位

La Siesta

ハンモックダブル

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い安全基準で安心して使える

このハンモックは、ドイツの人気ハンモックメーカー、LA SIESTAのものです。このメーカーのハンモックの魅力は、高い安全性とおしゃれなデザインにあります。クロスにはコットンを使用。優しい肌触りで使い心地も抜群です。

 

おしゃれなデザインで、インテリアとしても重宝しそう。お子さまの遊び場所として、大人のくつろぎ場所としてなど、いろいろなシーンで活躍しそうですね。コットン素材なので、屋外で使用する場合は雨の降っていない日の使用にとどめ、長時間つるしっぱなしにすることは避けましょう。

 

使った方の感想を見ると、涼しくて寝心地がよい、大きくて安定感があるので子どもが使用しても落下しにくく安心、強度がある、大き目サイズでゆったり使えるなどの内容がありました。お家の中で使用したい方に特におすすめです。

設置方式吊り掛け式耐荷重160kg

ハンモックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4959926の画像

    La Siesta

  • 2
    アイテムID:4959838の画像

    VIVERE

  • 3
    アイテムID:4959858の画像

    コールマン

  • 4
    アイテムID:4959870の画像

    キャプテンスタッグ

  • 5
    アイテムID:4959816の画像

    Sifflus

  • 6
    アイテムID:4959875の画像

    ゆらふわモック

  • 7
    アイテムID:4959912の画像

    Lixada

  • 8
    アイテムID:4959938の画像

    Unigear

  • 9
    アイテムID:4959972の画像

    Toyment

  • 10
    アイテムID:4959988の画像

    HENNESY

  • 商品名
  • ハンモックダブル
  • ハンモック 自立式
  • パラシュートハンモック スカイ
  • ハンモック 蚊帳付 ホリデイ モスキート
  • 自立式3WAYポータブルハンモック
  • 1台3役 ゆらふわモックマルチ
  • 軽量ハンモック パラシュートコンパクト
  • ハンモック パラシュート
  • チャイルド ハンモックチェア
  • エキスペディションA-sym ZIP
  • 特徴
  • 高い安全基準で安心して使える
  • 耐久性に優れ屋内外問わず使える
  • お手頃価格で軽量
  • 虫嫌いさんも安心
  • インテリアにピッタリ
  • ハンモック以外の用途にも使える
  • ファミリーにおすすめ
  • 余裕のあるサイズと耐荷重
  • 小さなお子様でも安心して使える
  • ハンモック泊に最適
  • 価格
  • 13800円(税込)
  • 20393円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2970円(税込)
  • 19980円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 2760円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 7800円(税込)
  • 27000円(税込)
  • 設置方式
  • 吊り掛け式
  • 自立式
  • 吊り掛け式
  • 吊り掛け式
  • 自立式
  • 自立式
  • 吊り掛け式
  • 吊り掛け式
  • 吊り掛け式
  • 吊り掛け式
  • 耐荷重
  • 160kg
  • 約200kg
  • 約180kg
  • 80kg
  • 100kg以下
  • 330kg
  • 180kg
  • 350kg
  • 60kg
  • 約113kg

まとめ

ハンモックはアウトドアだけではなく、さまざまなシーンで活躍します。ゆったりリラックスした時間を過ごしたいときに、お子さまのお楽しみアイテムになど、日常を少しぜいたくにしてくれるアイテムとして、ぜひハンモックを利用してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ