記事ID135919のサムネイル画像

【歩きの相棒】トレッキングシューズのおすすめ人気ランキング10選

キャンプや登山といったアウトドアには欠かせないのがトレッキングシューズですよね。自然とのふれあいを求め、アウトドアに目覚める方が多い反面、汚れやすい靴を選ぶのに悩む方が多くいます。今回は、おすすめのトレッキングシューズを人気ランキング形式でご紹介します。

日用から登山用まで幅広いラインナップのトレッキングシューズ

日常使いやフェスなどのイベントからキャンプや登山などのアウトドアにまで対応できるのがトレッキングシューズです。形状としては、足首まで保護されており、防水性の高いものが多いです。

 

山道を歩く際には、石や砂利道などが多く足首をひねったりと怪我につながりやすかったところを足首まで保護しクッション性の高いトレッキングシューズを用いることで怪我の予防にもつながります。また砂や石が靴の中に入るのを防ぐ快適性にもつながります。

 

アウトドア初心者や初めてトレッキングシューズを選ぶ方にとっては、フィッティングを高めるサイズはもちろん、疲れにくいものを選ぶ必要があります。難しいトレッキングシューズの選び方とおすすめを人気ランキング形式でご紹介しますのでご覧ください。

トレッキングシューズの選び方

デザイン性はもちろんのこと、特徴的なシューズの形状やとても重要なフィット感、防水性能や靴底の硬さなどを見ながら選んでいきましょう。

シューズの形状で選ぶ

トレッキングシューズといえば、足首を保護するものがメジャーでしたが、その形状にも様々なタイプが出ています。好みに応じて選んでいきましょう。

ローカット

トレッキングシューズの中でも1番スニーカーに近い形状で、くるぶしが出る程度の高さがローカットです。スニーカーをよく履いている方にとっては、近い形状から違和感なく履くことができ、馴染みやすいでしょう。

 

最適なシーンでは平坦な道や起伏の少ない道で、舗装されてない道や本格的な登山を目的とする場合には足首を捻ることが多く、初心者向きではありません。グリップ力の強いソールを使用することが多いため、初心者には使用シーンが限られるでしょう。

 

アウトドアメインでなければ、日常でも使いやすく道路などでは強いグリップ力が活かされ歩きやすさが向上するメリットがあります。

ミドルカット

初心者から上級者までにおすすめなのがミドルカットです。形状として、くるぶしが隠れる高さまで包み込んでくれるため、足首をほどよくホールドしながらも可動域を広く保てる点があります。そのため、動きやすさと足首の固定感のバランス感覚が優れています。

 

平地はもちろんのこと、登山でも有用でマルチに対応できるシューズでしょう。登山やアウトドアなどの荒れた地面を歩くのに慣れていない方にはデビュー用として選びやすいタイプです。

 

比較的ソール(靴底)が柔らかめなため、柔らかいスニーカーをよく履いている方にも最初は馴染みやすく普段履きにも使いやすいでしょう。

ハイカット

本格的な山道や登山道など山に登ることを目的とする場合には一番役立つのがハイカットです。テントなどの荷物を担いでの登山や不安定な傾斜や岩場などでも、がっちりと足首をホールドしてくれるため、安定性に優れています。

 

また硬いソールを採用していることが多いため、尖った石や岩で足裏にダメージを負うこともありません。トレッキングシューズを履いたことがない方には、しばらくは馴染みづらく違和感を覚えることも多いでしょう。

 

ただし、アウトドアに出かけることが多く専用のシューズとして用いたい場合には、ぜひハイカットにチャレンジし慣れていってもらいたいトレッキングシューズです。

歩きやすさで選ぶ

坂道や足場の悪い道を歩くことを想定すると、通常のシューズ以上に歩きやすさや山ならではの性能が必要になってきます。それぞれ見ていきましょう。

軽量性

トレッキングシューズでは、本格的な装備があるものの方が登山などのアウトドアには向いています。ただし、気軽に山を登りたい、たまにキャンプに行く程度であれば、初心者でも慣れた方でも軽量性の高いトレッキングシューズは1足は持っておきたいところ。

 

特にハイカットの重量のあるトレッキングシューズと比較すると、明らかな重さの違いを感じ、低山のハイキングや子供連れのキャンプなどであれば、重装備よりも手軽さの方が重視されるでしょう。

 

また、軽量のタイプであれば、アウトドアでも日常的にも使うことができるため、汎用性が高いメリットもあります。

ソール

大きく分けてソールは2種類となり、柔らかいソールと硬いソールです。それぞれ目的に応じて強みを持っており、どちらが良い悪いといったものではありません。柔らかいソールでは、平地や起伏の少ない道で歩きやすくなります。

 

反面、硬いソールは岩場や雪のついた斜面、重たい荷物を背負って歩く際に安定感が強く疲労感を軽減してくれます。またソールが摩耗しても交換可能なモデルが多いメリットがあります。

 

また、ソールには溝の形状や深さでも差別化されており、溝が深いほど地面に対するグリップ力が高まり、溝が浅いとフラットな場所での設置面積が広くなる分滑りにくさを発揮します。ソールひとつとっても様々な特徴があり、目的に合わせて選ぶ必要があります。

アッパー

アッパーは、つま先からかかと、そして足首部分を包む全体を指し、アッパーの素材ごとで向き不向きが分かれます。多くは分厚いレザーが使われることが多く、堅牢性や耐久性に優れていましたが、手入れの手間や通気性に難がありました。

 

近年では、化学繊維やレザーを配合したハイブリッドタイプなどアッパーにも種類が増えています。化学繊維ではメッシュや合成樹脂を使ったものがあります。メッシュでは、軽さや柔軟性、通気性に特化しており、その分耐久性が低く、天気のいい平地に強みがあります。

 

合成樹脂配合の化学繊維では耐久性が高くはないものの、軽量性と防水性が高く比較的マルチに活躍できる素材です。そしてハイブリッドは堅牢性や耐久性も確保しながら柔軟性や軽さも見出すなど万能タイプといえます。

機能性で選ぶ

山の天候は変わりやすく、高温多湿なところが多いです。環境に対応できる機能性を持ったトレッキングシューズを選んでいきたいところです。

防水

なんといってもアウトドアでは急な雨に見舞われることが多く、また地面がぬかるんでいたり、キャンプでは水がかかることなどもあるでしょう。靴の中が濡れてしまったあの不快感は我慢できるものではありません。

 

また臭いや雑菌の繁殖の元にもなります。そこで防水性のあるトレッキングシューズであれば、気にすることなくアウトドアを楽しむことができます。水を弾くだけでなく、汚れにも耐性があるため、ちょっとしたメンテナンスでも綺麗なまま履き続けることができます。

 

土や泥汚れは時間が経ち乾くと意外と落ちにくく、またシューズの素材を傷める原因にもつながります。これからトレッキングシューズを導入する方は、防水機能があるものを積極的に選んでいきたいところです。

ゴアテックス

素材のひとつであるゴアテックスですが、その機能性の高さに人気が高まっています。具体的には、防水性と透湿性の一見矛盾する機能を両立させたものです。トレッキングシューズの外側では、防水を担いながら、内部に溜まった湿気を放出するようになっています。

 

ゴアテックスでは、多くが3層構造を用いています。外側の層は防水、肌に近い層では水蒸気を逃し、さらに中間層では無数の小さな穴によって内側の湿気は、水蒸気として逃し外部の水分は通さない構造となっています。

 

また、無数の小さな穴は水分だけでなく、肌に風を感じさせないごく小さな空気のみ通し、防風機能として成立させています。ゴアテックスを用いているとその機能性の高さが魅力的でありながら、価格が高くなりやすいため、予算に応じて選んでいきましょう。

トレッキングシューズの人気ランキング10選

第10位

HIFEOS

登山靴 トレッキングシューズ

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

深溝アウトソールによる高いグリップ力を発揮

こちらは、深溝のアウトソールを採用したグリップ力の高いトレッキングシューズです。アウトソールは滑り止めも加工されており、グリップ力が高く安定した走行を可能とします。またインナーソールには、ナイロンボードを使用しており、

 

衝撃吸収性が向上し、歩行時のサポート性をましています。アッパー素材には集めの合革を採用しており、歩行中のシューズ内部へのダメージを抑えるとともにところどころにメッシュ生地を使うことで、通気性も確保しています。

 

また防水性能も確保しているため、通気性もありながら水の侵入を防いでくれます。また、幅広な足を持った日本人向けに幅広足形の形状となります。機能性の高さから日常的な使用はもちろん、キャンプや登山などのアウトドアにも使うことができます。

タイプローカットアッパー素材アンチ絨/メッシュ
防水あり
第9位

LSGEGO

通気性 トレッキングシューズ

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量&柔軟性の高いマルチトレッキングシューズ

こちらは、見た目とは裏腹な軽量性と柔らかさを兼ね備えたトレッキングシューズです。アッパー素材でのメッシュ部分の割合が大きく、通気性、透湿性に優れており、オールシーズン使うことができる機能性を持っています。

 

防水性はないものの、合皮部分は撥水性があります。インソールには、足裏を立体的に支える3Dインソールを採用し、アウトソールは深溝でグリップ力を高めています。アウトドアから日常まで汎用性の高いソールとなっています。

 

つま先部分には衝突防止設計があり、硬い岩や石にぶつけてもノーダメージです。コスパが高いことで初心者や、登山やキャンプなどのアウトドアに参加するかわからないが、シューズを導入するか悩んでいる方にはとてもおすすめです。

タイプハイカットアッパー素材合皮/メッシュ
防水なし
第8位

NAUVENO

ハイカットスエード トレッキングシューズ

価格:3,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウインターシーズン向けトレッキングシューズ

こちらは、ハイカットのマイクロファイバースエードのトレッキングシューズです。防水性があり、保温性も高いため、冬場での使用に最適です。

 

つま先とかかとにゲルクッションが入っており、衝撃吸収に役立ちます。アウトソールには、複合型の素材を用いながらもゴム特有の衝撃吸収性や滑り止めなど機能的な面があります。

 

アッパー素材にマイクロファイバーの化学繊維が使われていることで柔軟性と軽量性が両立されており、荷物が増えやすい冬場でも軽い足取りをキープしてくれるのは嬉しいポイントです。

タイプハイカットアッパー素材メッシュ/マイクロファイバーレザー
防水あり
第7位

Clorts

衝撃吸収 トレッキングシューズ

価格:4,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナノテクノロジーによる防水と通気

こちらは、ナノテクノロジー技術を使って防水性と通気性を確保したトレッキングシューズです。アッパー素材にはスエードとメッシュ生地を使っており、ナノテクノロジーによる高密度ななの繊維によって保護膜が作られます。

 

そこで、外からの水分を通さず内側の水蒸気を外へ排出する仕組みが働くようになっています。蒸れやすい夏場でも機能的に湿度調整が行われ不快感を軽減してくれます。インソールには抗菌・通気・疲労軽減に重きを置いています。

 

アウトソールには複雑な溝の構成で中心部に捻挫防止システムを搭載し、歪みや滑り止めに配慮した設計を行なっています。普段使いにはもちろん、アウトドアや登山、旅行などでも役立つ機能的なトレッキングシューズとなっています。

タイプハイカットアッパー素材スエード/メッシュ
防水あり
第6位

MERRELL

ゴアテックス トレッキングシューズ

価格:11,911円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレッキングから普段履きまで対応するマルチモデル

こちらは、ゴアテックス素材を使用したトレッキングシューズです。なんといっても防水性と透湿性を兼ね備えたゴアテックスの機能性はトレッキングでも普段履きでも四季のある日本ではとても重宝される機能です。

 

抗菌テクノロジーを用いることで、臭いの発生を防ぎます。独自の技術で着地時にカップ状にかかとを包み込むことで衝撃を吸収し、歩行を安定させます。アウトソールには優れた耐久性とグリップ力で平地から斜面など様々なシーンで役立つ設計になっています。

タイプローカットアッパー素材合皮
防水あり
第5位

new balance

ハイキング トレッキングシューズ

価格:5,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段履きにも最適なトレッキングシューズ

こちらは、メッシュ生地をメインに使ったトレッキングシューズです。ローカットのため、初めてのトレッキングシューズでも違和感なく履くことができ、また普段履きにも最適なモデルです。

 

メッシュ生地を多く採用しているため、通気性がよく夏場などの蒸れやすい時期でも機能的に活躍してくれます。

 

カジュアルなデザインからどんな服装でも合わせやすく、アウトドア以外でもフェスやランニングなど幅広く対応できます。

タイプローカットアッパー素材メッシュ
防水なし
第4位

コロンビア(Columbia)

オムニテック トレッキングシューズ

価格:17,496円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水透湿に優れたオムニテック採用の本格仕様トレッキングシューズ

こちらは、防水透湿に優れたオムニテックを採用したトレッキングシューズです。またグリップ性に優れたヴィブラムXS Trekも使用しており、本格的な登山にまで対応できる高性能タイプです。

 

長時間の歩行でも平紐を用いることで、ほどけにくくなっています。アーチ状の曲線のあるインソールは取り外し可能でシューズ内を乾燥させたりとメンテナンスのしやすさにも定評があります。

 

アッパー素材には、ポリエステル製のメッシュとスエードを使っており、厚みを持たせていることでホールド感とフィット感のバランスがよく足首をしっかり固定してくれることで疲れにくさがあり、山の歩行でも快適さを維持してくれます。

タイプハイカットアッパー素材メッシュ/スエード
防水あり
第3位

Wise Sheep

本革 トレッキングシューズ

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア機能満載なスニーカーとしても使えるシューズ

こちらは、アッパー素材にレザーを使用したトレッキングシューズです。スエードとなっているため、トレッキングシューズでも日用のスニーカーとしても使うことができます。ローカットなため、履き慣れない方にとってもすぐに馴染むでしょう。

 

もちろんトレッキングシューズとしての機能も豊富で防水はないものの撥水性が高く、水がかかった程度では浸水しません。また爪先には耐衝撃用のガードがついており、しっかりと保護してくれます。

 

アウトソールには、硬度の高いラバーで、グリップ力も高く摩耗にも強くなっています。

タイプローカットアッパー素材牛革
防水なし
第2位

RDGO

防滑 トレッキングシューズ

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

合皮&スエードミックス使用のミドルカットトレッキングシューズ

こちらは、合皮とスエードのミックス素材のトレッキングシューズです。足首周りに柔らかな記事を使うことで履き慣れない方にとっても馴染みやすく、クッション性があるため、足首が疲れにくくなっています。

 

爪先とかかとには保護設計を用いており、アウトソールには防滑、耐摩耗性、クッション性とアウトドアにとっての重要度を高めた機能を盛り込んでいます。雨の日でも滑りにくく、地面の状況に左右されません。

 

男女兼用のため、カップルや夫婦でペアや色違いにしたりと2人でアウトドアなどを楽しみやすい点も嬉しいポイントです。

タイプハイカットアッパー素材合皮
防水あり
第1位

Caravan

3E トレッキングシューズ

価格:15,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人の足に最適なフィッティングの高機能シューズ

こちらは、日本人の幅広な足にティッティングしやすい3E(幅のサイズ)のトレッキングシューズです。アッパー素材には合皮を用いており、シューズの一部にゴアテックスも採用しているため、防水性も透湿性も高いクオリティを発揮してくれます。

 

何より登山やアウトドアに慣れない初心者にとって、高めのハイカットで足首をしっかり防護し、かつフィッティングの高いデザインから馴染みやすくデビューシューズに最適なトレッキングシューズです。悩んだらまずこれ、といえるほど使いやすいでしょう。

 

おしゃれなデザインでチノパンやカーゴパンツにも合わせやすく、ストリートファッションに使いやすいため、たまにしかアウトドアに行かない方にも普段使いにおすすめでき、特に冬場では寒さに強いハイカットがその恩恵を最大限与えてくれることでしょう。

タイプハイカットアッパー素材合皮
防水あり

トレッキングシューズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4957236の画像

    Caravan

  • 2
    アイテムID:4957290の画像

    RDGO

  • 3
    アイテムID:4957286の画像

    Wise Sheep

  • 4
    アイテムID:4957230の画像

    コロンビア(Columbia)

  • 5
    アイテムID:4957220の画像

    new balance

  • 6
    アイテムID:4957173の画像

    MERRELL

  • 7
    アイテムID:4957159の画像

    Clorts

  • 8
    アイテムID:4957149の画像

    NAUVENO

  • 9
    アイテムID:4956836の画像

    LSGEGO

  • 10
    アイテムID:4956833の画像

    HIFEOS

  • 商品名
  • 3E トレッキングシューズ
  • 防滑 トレッキングシューズ
  • 本革 トレッキングシューズ
  • オムニテック トレッキングシューズ
  • ハイキング トレッキングシューズ
  • ゴアテックス トレッキングシューズ
  • 衝撃吸収 トレッキングシューズ
  • ハイカットスエード トレッキングシューズ
  • 通気性 トレッキングシューズ
  • 登山靴 トレッキングシューズ
  • 特徴
  • 日本人の足に最適なフィッティングの高機能シューズ
  • 合皮&スエードミックス使用のミドルカットトレッキングシューズ
  • アウトドア機能満載なスニーカーとしても使えるシューズ
  • 防水透湿に優れたオムニテック採用の本格仕様トレッキングシューズ
  • 普段履きにも最適なトレッキングシューズ
  • トレッキングから普段履きまで対応するマルチモデル
  • ナノテクノロジーによる防水と通気
  • ウインターシーズン向けトレッキングシューズ
  • 軽量&柔軟性の高いマルチトレッキングシューズ
  • 深溝アウトソールによる高いグリップ力を発揮
  • 価格
  • 15060円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 17496円(税込)
  • 5600円(税込)
  • 11911円(税込)
  • 4499円(税込)
  • 3490円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 5999円(税込)
  • タイプ
  • ハイカット
  • ハイカット
  • ローカット
  • ハイカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ハイカット
  • ハイカット
  • ハイカット
  • ローカット
  • アッパー素材
  • 合皮
  • 合皮
  • 牛革
  • メッシュ/スエード
  • メッシュ
  • 合皮
  • スエード/メッシュ
  • メッシュ/マイクロファイバーレザー
  • 合皮/メッシュ
  • アンチ絨/メッシュ
  • 防水
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり

まとめ

おすすめのトレッキングシューズを人気ランキング形式でご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ちょっとアウトドアに興味がある方もがっつり登山をしたい方にも機能性豊富なトレッキングシューズはとてもおすすめです。1足あれば、今まで以上に自然に囲まれるアウトドアで快適に楽しめるようになりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ