記事ID135916のサムネイル画像

【ケアして長持ち】おすすめの靴クリーム人気ランキング10選

靴クリームは、大切な靴を長持ちさせる重要なアイテムです。しかし一口に靴クリームといっても、その種類は膨大で、どれを選べばいいのかわかりませんよね。今回は、そんな靴クリームの種類や選び方を目的別にまとめ、おすすめの商品を紹介いたします。

革靴には靴クリームが必要不可欠

革靴は、ビジネスマンの必須アイテムです。毎日履き続ける革靴は、もともとは生きている動物の皮を加工して作られた靴のため、油分や水分が失われると劣化してしまうことをご存知でしょうか。

 

油分や水分を失い、乾燥した革靴は、色があせ、傷みが広がり、ボロボロとひび割れていきます。せっかくの革靴がこれでは台無しです。また、靴の汚さは、その人の全体としての印象を悪くしてしまいます。

 

靴クリームは、そんな革靴に潤いを与える重要なアイテムです。革靴をしっかりとケアし、美しく、長く履き続けるためにも、靴クリームの種類や性能を理解し、目的に合った靴クリームを考えていきましょう。

靴クリームの選び方

靴クリームには、原料や効果が違う、さまざまな種類のものが存在します。また、無色のものや色つきのものなど、色による違いもさまざまです。それぞれの特徴を理解し、必要な靴クリームを理解しましょう。

クリームのタイプで選ぶ

靴クリームは大きく分けて、「乳化性クリーム」「油性クリーム」「液状クリーム」、そしてクリームとは異なりますが、「ワックス」のタイプに分類されます。

乳化性クリーム

乳化性クリームは、靴クリームの中で最も重要なタイプのクリームです。なぜなら、革を保湿する効果を持つのは、このタイプだけだからです。つまり、最低でも一つはこのタイプのクリームを持っていないといけません。

 

もちろん保湿だけでなく、使用することにより多少の光沢感も出すことができます。光沢が控えめであるため、ナチュラルな仕上がりを求める方は、このタイプのクリームのみでケアすることが可能です。

 

また、通常の乳化性クリームよりも水の割合が多い「デリケートクリーム」は、革の保湿に特化したタイプであり、光沢を出す効果がかなり薄いため、とにかく光沢を抑えたい方におすすめのクリームとなっています。

油性クリーム

油性クリームは、革の表面に光沢を出すことを目的とした靴クリームです。乳化性クリームと違って革を保湿する効果はないので、単体での使用はおすすめできません。乳化性クリームと併用して使用することで、より艶が出て見栄えが良くなる効果があります。

 

使用すると、主成分のロウが革の表面をコーティングしたような状態になるため、靴に光沢が生まれます。革靴のケアに必須のクリームではないのですが、乳化性クリームよりも艶が出るため、強い光沢を求める方にはおすすめのクリームです。

 

ちなみに乳化性クリームに比べ、革の通気性を損なうリスクがあり、やや上級者むけのクリームとなっています。初心者の方は、つま先やかかとなど、芯が入っている曲がらない部分だけに使用することをおすすめします。

液状クリーム

液状クリームは、ワックスと水分が液状乳化したタイプのクリームです。塗った後に乾かすだけで、革の保護とツヤ出しを行うことができるため、時間が無い時や緊急時におすすめのクリームとなっています。

 

ワックスが保護膜として靴を覆うため、光沢の持続性が高く、使用後はカラ拭きだけでもある程度長持ちします。ただし、成分に有機溶剤を含まないため、汚れや古いワックスを落とす効果は持っていません。

 

また、このタイプのクリームは、普段使いには適していないという意見もあります。保護膜として靴を覆うワックスが、革の呼吸を妨げてしまうためです。帰宅後はクリーナーで保護膜を落とし、再度ケアをし直すことをおすすめします。

 

 

 

 

ワックス

ワックスは、油性クリームと同様、光沢を出すために使用するアイテムです。こちらも革を保湿する効果は無いので、単体での使用は避けましょう。主成分も油性クリームと同じで、ロウと油でできていますが、その割合が異なります。

 

油性クリームは油の割合が多いためクリーム状ですが、ワックスはロウの割合が多いため、固形状であることが特徴です。使う時は水で伸ばしながら塗る必要があるため、油性クリームよりも一手間かかります。

 

面倒に感じるかもしれませんが、油性クリームでは出せない、鏡のようなツヤを出すことができます。いわゆる「鏡面磨き」と呼ばれる磨き方で、少しコツは必要ですが、強い光沢感を求める方にはおすすめのアイテムとなっています。

色で選ぶ

靴をケアするための靴クリームですが、実は色にも種類があります。「無色」のタイプと、「色つき」のタイプに分けられます。

無色タイプ

無色のクリームは、透明であるため、どんな色の靴にも使用できるというメリットがあります。万能であるため、初心者の方にとっても手が出しやすいタイプです。補色が必要無い新品の革靴にも使用することができます。

 

革に栄養を与えることはもちろん、ツヤ出し効果もあるため、良い状態を保ちながら、乾燥による色アセを防ぐこともできる、使い勝手の良いクリームです。靴本来の色合いを濃くしないというメリットも持っています。

 

ただし補色をすることが絶対にできないため、靴についてしまったキズを隠すことができないというデメリットがあります。キズを隠したい場合は、その靴の色に合わせた、後述の色つきタイプを使用しましょう。

 

 

色つきタイプ

色つきの靴クリームは、色落ちした靴の補色や、靴についてしまったキズを隠す時、もしくは、あえて色ムラを出して靴に雰囲気を出したい時に、おすすめのタイプとなっています。ただし、元の靴の色を変えるほどの着色力はありません。

 

カラーバリエーションが豊富なため、その時の目的に合わせた色を選択する必要があります。色落ちを無くしたい場合や、キズを隠したい場合は、元の靴の色より少し明るめの色を選ぶと効果的です。

 

逆に、靴に色ムラを出したい方は、元の靴よりも濃い目の色を選ぶことをおすすめします。ただ濃いだけでなく、なるべく同系統の色味の濃いタイプを選択し、何度も塗り重ねることで、お好みの濃さに調節していきましょう。

ブランドで選ぶ

靴クリームは本当に種類が膨大なため、迷った時は有名ブランドから選ぶというのも一つの方法です。今回は、特に大手の2社をご紹介いたします。

M.MOWBRAY(メルトン・モゥブレィ)

M.MOWBRAY(メルトン・モゥブレィ)は、ヨーロッパ随一のシュークリームブランド「MELTONIAN(メルトニアン)」の系譜を受け継ぐとされているブランドです。大手の革靴ブランドや靴修理のプロの方も使用しています。

 

信頼度の高さはもちろん、「リッチデリケートクリーム」をはじめ、あらゆるレザーに使える製品が展開されていることが特徴で、世界中の靴愛好家の方々から、絶大な支持を獲得しています。

 

機械での大量生産が主流である現代では珍しく、靴クリームの製造方法は、熟練の職人によるハンドメイド製法を採用しており、欧州の靴クリーム作りの伝統と品質、こだわりが、現代にまで受け継がれています。

SAPHIR(サフィール)

SAPHIR(サフィール)は、フランスのAvel(アベル)社によって1920年に誕生したブランドです。Avel社は、レザー製品をはじめ、ファニチャーやアンティークなどのケア用品を幅広く製造・販売しています。


そのAvel社独自の製法で生み出されたSAPHIRは、伝統的な製法により、1925年のパリ万国博覧会で金賞を受賞したりと、一流シューケアブランドとして認知され、名門ブランドとして永く愛され続けています。

 

数々の革靴トップブランドのシューケアアイテムをOEM供給しているほか、よりプロフェッショナル向けのハイグレードラインであるSAPHIR Noir(サフィールノワール)など、ユニークな品揃えも展開しています。

靴クリームの人気ランキング10選

第10位

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)

アニリンカーフクリーム 2027

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細な製品にも使用可能

第十位は、靴クリームを代表するブランド「エム・モゥブレィ」から販売されている、アニリンカーフクリームです。繊細な皮革靴にも使用可能なクリームで、潤いと栄養はもちろん、透明感のある自然な光沢を得ることが出来ます。

 

無色のため、靴の色を問わず使用することができ、新品の靴などにもおすすめの商品となっています。ただし、「石油のような匂いが気になる」といったレビューも少々あるため、風通しのいい環境での使用をおすすめいたします。

 

乳化性のクリームでありながら、成分にロウが含まれているため、多少のツヤ出し効果と、防水効果もかねそろえています。靴以外の革製品にも安心しようしている、万能のクリームとなっています。

クリームタイプ乳化性色タイプ無色
第9位

SaphirNoir

ミラーグロス

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時短で鏡面磨き

第九位は、シューケアの高級ブランド「サフィール」より販売されている、色つきタイプの靴用ワックスです。カラーバリエーションは、ブラック、ダークブラウン、ニュートラル、バーガンディの4種類となっています。

 

より早く、強く、光らせるために開発された鏡面磨き用ワックスで、カルナバワックスやモンタンワックスをはじめとした、高級天然ワックスがふんだんに使用されています。鏡面化専用ワックスのため、保革や栄養効果はありません。

 

厳選した天然ワックスの適切な配合、適切な融合により、鏡面磨きにおける時間の短縮を可能にした商品です。とにかく早く鏡面磨きができる点が評価が高く、レビューでも喜びの声が相次いでいます。

 

クリームタイプワックス色タイプ色つき
第8位

SAPHIR(サフィール)

ビーズワックスポリッシュ

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピカピカに仕上げられる

第八位は、シューケアの高級ブランド「サフィール」より販売されている、色つきタイプの靴用ワックスです。カラーバリエーションは、ブラックやブラウンを中心とした、シックなラインナップとなっています。

 

成分は、高級カルナバワックスを含むビーズワックスベースで、靴に深みのある上質な光沢と、優れた保革効果を与えることができます。強い光沢感を得られる点や、ベタつきの少なさを評価するレビューが見受けられました。

 

ワックスタイプは「鏡面磨き」をする必要があるため、使用には少々コツがいる商品となっていますが、慣れればエナメルのような輝きを得ることが可能です。とにかくピカピカに仕上げたい方におすすめの靴クリームとなっています。

クリームタイプワックス色タイプ色つき
第7位

SAPHIR(サフィール)

ビーズワックスファインクリーム

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツヤも出せる乳化性クリーム

第七位は、シューケアの高級ブランド「サフィール」より販売されている、色つきタイプの乳化性クリームです。カラーバリエーションがかなり豊富で、レビューでも喜びの声が上がっています。

 

クリームの成分には、保革効果に優れたビーズワックスベースに、アーモンドオイルが配合されています。サフィール独自の蜜ロウの香りも特徴的で、この匂いが好きで他社製品から乗り換えたといったレビューもありました。

 

乳化性クリームでありながら、比較的ツヤ出し効果も持っており、その点を評価するレビュー投稿も目立ちます。革への栄養を与えつつ、ある程度のツヤ出しも求める方に、おすすめの靴クリームとなっています。

クリームタイプ乳化性色タイプ色つき
第6位

SaphirNoir(サフィールノワール)

クレム1925

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高級靴クリーム

第六位は、シューケアの高級ブランド「サフィール」より販売されている、色つきタイプの油性クリームです。カラーバリエーションは、ブラック、ブラウン、グレーを中心とした、シックなラインナップとなっています。

 

厳選した高級蜜ロウやカルナバワックス、シアバターなどで構成された最高級靴クリームで、靴に美しい光沢と補色、栄養と保革効果を与えることができます。靴クリームの中では高い価格帯ですが、それに見合う性能と評判です。

 

好みが分かれますが、独自の匂いも特徴的で、「蜂蜜のような甘い香り」といったレビューもありました。油性タイプならではのツヤも評価が高く、長く愛されている靴クリームとなっています。

 

 

クリームタイプ油性色タイプ色つき
第5位

columbus(コロンブス)

シュークリーム

価格:561円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さらっとした仕上がり感

第五位は、日本の老舗靴クリームメーカー、「コロンブス」より販売されている、乳化性で色つきタイプの靴クリームです。さらっとした仕上がり感が特徴で、カラーバリエーションも豊富に展開されています。

 

乳化性タイプ特有のさらっとした仕上がり感のため、磨いた後の光沢感はあまり強くはありません。強い光沢を求める方は、追加で油性のタイプや、ワックスを使用しての鏡面磨きが必要です。

 

「少量でも十分に効果を発揮できるため、使いきれるかが心配。」という声がレビューで複数上がるほど、高い評判を獲得しています。輝きの持続力も高いため、メンテナンスの回数が少なくて済むというのも嬉しいポイントです。

 

 

クリームタイプ乳化性色タイプ色つき
第4位

ミンクオイル

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動物性のミンクオイル

第四位は、日本の老舗靴クリームメーカー、「コロンブス」より販売されている、オイル仕上げの革専用クリームです。動物性のミンクオイルが皮革によく馴染み、革製品の柔らかさと滑らかさを保つ効果があります。

 

リーズナブルな靴クリームの中でも特に低価格ですが、品質には全く問題なく、安定して使用できるクリームです。靴以外の革製品にも使用することが可能で、さまざまな革製品が蘇ったというレビューの投稿が目立ちました。

 

しっかりとツヤを出しながら、ベタつきが少ないという点でも評価が高いです。無色のタイプですが、皮革の種類によってはシミや色落ちするものもあるため、目立たない部分で試してから使用することをおすすめします。

クリームタイプ油性色タイプ無色
第3位

Columbus(コロンブス)

KNIGHT LIQUID

価格:737円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時短でしっかりケア

第三位は、日本の老舗靴クリームメーカー、「コロンブス」より販売されている、液状タイプの色つき靴クリームです。革靴のツヤ出しと保護をすることができます。また、先端がスポンジになっているため、手を汚さずに手入れができることが特徴です。

 

使い方も簡単で、キッチンペーパー等で靴の汚れを落とした後に、こちらの商品を塗るだけとなっています。「使い方が簡単。」「短時間で身だしなみを整えることができる。」といったレビュー投稿が目立ちました。

 

容器が透明なため、残量が分かりやすい親切設計となっています。カラーの種類も豊富で、現在は9パターンが展開されています。リーズナブルな値段も嬉しいポイントです。手軽さを求める方に、特におすすめの商品となっています。

クリームタイプ液状色タイプ色つき
第2位

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)

シュークリームジャー20258

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道の靴クリーム

第二位は、靴クリームを代表するブランド「エム・モゥブレィ」の、色つきタイプの靴クリームです。幅広いカラーバリエーションが展開されています。優れた浸透性が特徴で、潤いと栄養をしっかりと与えることで、靴を長持ちさせる高品質の商品となっています。

 

重厚感のある光沢と、シルキータッチななめらかさと伸び、しっかりとした補色力といった使用感のよさも特徴で、プロや愛好家の方々に高く支持されています。職人の手作業ではありますが、ビンの一つ一つが厳しくチェックされている点もポイントが高いです。

 

レビューでは、伸びの良さを評価する投稿が目立ちました。また、高い評価でありながら値段がリーズナブルである点も、嬉しいポイントですね。乳化性のため、これだけでもお手入れが可能です。

クリームタイプ乳化性色タイプ色つき
第1位

M.MOWBRAY

デリケートクリーム 2026

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

革に栄養を

第一位は、靴クリームを代表するブランド「エム・モゥブレィ」のデリケートクリームです。ゼリー状のソフトタイプの皮革製品用栄養クリームで、伸びも良く皮革製品にしっかりと浸透し、皮革の潤いと柔軟性を保ちます

 

ベタつかない自然な仕上がりは、素材の持ち味を引き出すため、ソフトレザーに最適です。皮革に深く浸透することで、ひび割れから皮革製品を守り、長持ちさせます。無色のため、どんな色の皮革製品にも使うことが可能です。

 

革靴のほかに、幅広い革製品に使用できる点も評価が高く、レビューでもそのような投稿が数多く見られました。Amazonの売れ筋ランキングでも第一位を獲得している、人気商品となっています。

クリームタイプ乳化性色タイプ無色

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4962204の画像

    M.MOWBRAY

  • 2
    アイテムID:4962220の画像

    M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)

  • 3
    アイテムID:4962227の画像

    Columbus(コロンブス)

  • 4
    アイテムID:4962922の画像

  • 5
    アイテムID:4962926の画像

    columbus(コロンブス)

  • 6
    アイテムID:4963043の画像

    SaphirNoir(サフィールノワール)

  • 7
    アイテムID:4963067の画像

    SAPHIR(サフィール)

  • 8
    アイテムID:4963109の画像

    SAPHIR(サフィール)

  • 9
    アイテムID:4963120の画像

    SaphirNoir

  • 10
    アイテムID:4963251の画像

    M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)

  • 商品名
  • デリケートクリーム 2026
  • シュークリームジャー20258
  • KNIGHT LIQUID
  • ミンクオイル
  • シュークリーム
  • クレム1925
  • ビーズワックスファインクリーム
  • ビーズワックスポリッシュ
  • ミラーグロス
  • アニリンカーフクリーム 2027
  • 特徴
  • 革に栄養を
  • 王道の靴クリーム
  • 時短でしっかりケア
  • 動物性のミンクオイル
  • さらっとした仕上がり感
  • 最高級靴クリーム
  • ツヤも出せる乳化性クリーム
  • ピカピカに仕上げられる
  • 時短で鏡面磨き
  • 繊細な製品にも使用可能
  • 価格
  • 1080円(税込)
  • 972円(税込)
  • 737円(税込)
  • 648円(税込)
  • 561円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 972円(税込)
  • 756円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 1080円(税込)
  • クリームタイプ
  • 乳化性
  • 乳化性
  • 液状
  • 油性
  • 乳化性
  • 油性
  • 乳化性
  • ワックス
  • ワックス
  • 乳化性
  • 色タイプ
  • 無色
  • 色つき
  • 色つき
  • 無色
  • 色つき
  • 色つき
  • 色つき
  • 色つき
  • 色つき
  • 無色

まとめ

さて、今回は靴クリームの選び方やおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。自分の目的に合わせた靴クリームを選んで、あなたの大切な靴を、長く、美しくケアしていきましょう。綺麗な靴を履くことで、あなたの印象がさらに良くなるかもしれませんよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ