記事ID135913のサムネイル画像

【丸洗いしても大丈夫】おすすめ電気毛布の人気ランキング15選

布団を温めて快適な睡眠環境を整えてくれる「電気毛布」。最近はキャンプや車中泊をするのがブームになっていますが、寒さは大敵ですよね。この記事では、パナソニックやニトリなどメーカーやおすすめの電気毛布や最適な選び方をご紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

さまざまな使い方ができる電気毛布

電気毛布は、スイッチ一つで簡単に寝具や体を温めることができる暖房器具です。敷布団の上に敷いて使うイメージが強い電気毛布ですが、現在では掛け毛布やブランケットサイズの電気毛布など、さまざまな種類が販売されています。
 
掛けるタイプの電気毛布は、普段使用している毛布の代わりとして使うことで、より体を温めることが可能です。ブランケットサイズの電気毛布であれば、オフィスでのひざ掛けとして使用したり、リビングでテレビを見ながら使用したりすることができます。
 
電気毛布を購入するときは、使用する場所や使い道に合わせて選ぶことが大切です。また、洗濯のしやすさ素材の種類なども考えながら選ぶといいでしょう。この記事では、最適な電気毛布の選び方や、おすすめの電気毛布10選をご紹介していきます。

電気毛布の選び方

電気毛布を購入するときは、使用するシチュエーションや使いやすさを考慮すると選びやすくなります。まずは、電気毛布をどのように選べばいいのか、具体的な方法を見ていきましょう。

種類で選ぶ

電気毛布の種類を大きく分けると、敷き毛布掛け毛布敷き・掛け兼用毛布の3タイプがあります。種類によって電気毛布の使い方も変わってくるので、自分がどのように使用したいのかを考えてみましょう。

敷き毛布

敷き毛布は、敷き布団やベッドマットレスの上に敷く使い方が一般的です。敷き毛布は電気カーペットのように温めながら使うイメージがありますが、体を直接温めるというよりは、布団を温めることで間接的に体を温めていく暖房器具になります。
 
就寝30分前にスイッチを入れておくと、温かい布団の中で眠ることができるのでおすすめです。布団が冷えていると寝付くまでに時間がかかってしまうことがありますが、電気毛布があれば「寒さで眠れない」ということが少なくなるでしょう。
 
また、敷き毛布は値段の安いものが多いため、ストーブやファンヒーターなどに比べて気軽に購入することができます。使わないときは小さく畳んで収納することができるので、部屋のスペースをとってしまう心配もありません。

掛け毛布

掛け毛布には、就寝時に使用する電気毛布と、膝掛けや羽織りとして使用できるブランケットサイズの電気毛布があります。就寝時に使用する掛け毛布は、普段使っている毛布のように体にかけて使用することが可能です。
 
就寝時に使用する掛け毛布は、敷き毛布よりも大きめに作られていることが多いので、すっぽりと体を包むことができます。肩やお腹なども暖めることができるので、お腹が冷えやすい人などには向いているといえるでしょう。
 
ブランケットサイズの電気毛布は場所を選ばずに使えるので、リビングでテレビを見るときや、作業をするときにとても便利です。また、ブランケットサイズはオフィスでも使いやすいサイズ感なので、夏場にクーラーの冷え対策として使用するのもおすすめ。

敷き・掛け兼用毛布

敷き・掛け兼用の電気毛布は、体の上にかけることも下に敷くこともできるので、色々な使い方をしたい人におすすめです。ソファーや足元に敷いて使用することもできるので、日中も大活躍してくれますよ。

素材で選ぶ

電気毛布の素材の多くは、アクリル・ポリエステル綿でできています。人によって好みの質感や肌質に合う素材は変わってくるので、自分にぴったり合うものを選びましょう。

アクリル・ポリエステル

アクリル ・ポリエステル素材の電気毛布は、耐久性が高くシワになりにくいことが特徴。 また、防ダニや防カビ、抗菌などの加工を施せるため、電気毛布を清潔に保つことが可能です。綿素材と比べて価格が安いため、買い替えがしやすいというメリットもあります。

綿

吸湿性・保湿性の高い綿素材の電気毛布。天然素材で作られているため、肌触りが柔らかく、肌に優しいという特徴があります。肌が敏感な人やアトピー体質の人は、綿素材の電気毛布がおすすめ。綿は静電気が起こりにくい素材なので、冬場の使用でも安心です。

サイズで選ぶ

電気毛布を選ぶ際は、使用する場所に適したサイズの電気毛布を購入する必要があります。どんなサイズ感がちょうどいいのか、使用する場所をイメージしながらサイズを決めていきましょう。

使用している寝具のサイズに合わせる

就寝時に使用する場合は、シングルサイズ・ダブルサイズなど、寝具のサイズに合った電気毛布を選びましょう。シングルサイズでも、掛け・敷き兼用毛布はサイズが大きめに作られていることが多いので、敷き毛布よりもゆったり使うことができますよ。

オフィスやリビングで使うならブランケットサイズ

寝具としてではなく、日中に使用する場合はブランケットサイズを選ぶといいでしょう。特にオフィスでの使用となると、サイズが大きすぎると使いづらくなります。ブランケットサイズであれば、膝掛けとして使用したときも床につくことがないので最適ですよ。

 

また、ブランケットサイズの電気毛布は、椅子に敷いたり羽織りとしても活用することができます。冬だけではなく、夏場もクーラーによって体が冷えやすいので、オフィスに一つ置いておくと便利です。

機能で選ぶ

電気毛布の中には、温度調節機能やダニ退治機能、タイマー機能などが備わっているものがあります。快適に使用するためにも、便利な機能がついた電気毛布を選びましょう。

温度調節機能

寒さに合わせて、好みの温度に調節することができる温度調節機能。体をすぐに温めたいときは強、じんわりと温まりたいときは弱にするなど、電気毛布を最適な温度で使用することが可能です。

 

5段階の温度調節ができる電気毛布や、弱〜強まで無段階で自由に温度調節ができる電気毛布など、さまざまな種類が販売されています。メーカーによって仕様が変わってくるので、自分が使いやすいタイプのものを選びましょう。

タイマー機能

就寝時に使用する場合に便利なのが、タイマー機能がついた電気毛布です。 タイマー付き電気毛布を使用すると、眠りにつくタイミングで自動で電源が切れるように設定ができます。暑さで寝苦しくなることなく、快適な温度で眠れるのでおすすめです。

 

1時間・2時間経つと自動で切れるタイマーや、切り忘れ防止機能が付いた電気毛布などが販売されています。「電気毛布を使いたいけど、低温やけどや火事が心配…」という人は、タイマー機能付きの電気毛布を選んでみてはいかがでしょうか。

室温センサー機能

室温センサー機能がついた電気毛布は、部屋の温度を検知し、自動で最適な温かさに調節してくれます。部屋の温度が高いときは電気毛布の温度を下げてくれるので、電気代の節約にもつながりますよ。
 

ダニ退治機能

アレルギーが気になる人には、ダニ退治機能がついた電気毛布がおすすめ。ダニは天日干しや洗濯をしても死滅させることができないといわれていますが、実はダニには50度以上の熱に弱いという弱点があるのです。

 

ダニ退治機能が付いた電気毛布のほとんどは、温度が50度以上になる機能が付いており、30分ほど置いておくと、ほとんどのダニを死滅させることができます。ダニ退治機能を定期的に使うことで、電気毛布を清潔に保つことができますよ。

使い勝手の良さで選ぶ

電気毛布を購入するときは、お手入れのしやすさ、日常使いのしやすさ、使うシチュエーションに合うものを選ぶということが大切です。使い勝手のいい電気毛布を選んで、生活を快適にしましょう。

丸洗いできる電気毛布

水につけると壊れそうなイメージがある電気毛布ですが、実は洗えるタイプの電気毛布も多く販売されています。特に便利なのが、洗濯機で丸洗いができる電気毛布です。通常の洗濯と同じように、洗い〜脱水までの工程を行うことができます。

 

電気毛布によっては手洗いのみOKのものもありますが、手洗いは時間がかかりますし、なにより面倒に感じてしまいますよね。面倒に感じて一切洗わなくなるよりは、お手入れのしやすい丸洗いできる電気毛布を選ぶと良いでしょう。

キャンプやアウトドアで使うならUSBタイプがおすすめ

屋外で使用するときに便利なのが、USB電源の電気毛布です。特に、コンセントを使うことができないキャンプ場で使用する場合は重宝します。夜になると、夏でもテントの中は寒いもの。寝袋だけでは寒くて眠れないということもありますよね。

 

USB電源であれば、モバイルバッテリーや車のシガーソケット、パソコンなどに繋いで使用することが可能です。寒いテントの中でも温まることができるので、アウトドア好きの方は一枚持っておくと便利ですよ。

 

便利なポケット付き電気毛布

ブランケットサイズの電気毛布の中には、小物が収納できるポケット付きのものがあります。スマートフォンやちょっとした小物などを収納することができるので、オフィスやリビングで使用するときに便利ですよ。

 

USBタイプの電気毛布の場合は外への持ち運びができるので、お花見やスポーツ観戦などに使うこともあるでしょう。ポケット付き電気毛布であれば、屋外での使用の際、電気毛布用の充電バッテリーを収納できるのでおすすめです。

メーカーで選ぶ

電気毛布を販売している会社は数多くありますが、信用できるメーカーから購入したいのではないでしょうか。ここでは、電気毛布を販売しているおすすめのメーカーを紹介していきます。

ニトリの電気毛布

コスパの良い家具屋さんといえば、その名前があがるニトリ。ニトリは家具関係を販売しているイメージが強い方もいるかもしれませんが、大型のニトリに行けば生活に必要なものは全て揃うといっても過言ではありません。

 

電気毛布もそのひとつです。ニトリが布団の製造にも力を入れており、NクールやNウォームといった商品を展開しています。Nクールは主に夏用の布団なので、ここで紹介するのはNウォームです。

 

Nウォームは、吸湿発熱素材を使った布団です。体が発する水分を吸収して発熱するのが温かさの秘密です。また、その熱を逃がさないように蓄熱わたを用いているため、温かさが持続します。こだわりの素材で作られた電気毛布で寝てみたくなりますね。

パナソニックの電気毛布

大手家電メーカーのパナソニックから、電気毛布が販売されていることをご存じない方も多いのではないでしょうか。家電に強いメーカーなだけあって、販売されている電気毛布には全て室温センサーが搭載されています。

 

また、商品によっては8段階の温度調節機能も搭載しているため、気温や体調・気分に合わせて細かく温度調節が可能なことも特徴です。さすがパナソニックですね。

 

しかし、力を入れているのは性能だけではありません。布団の素材もこだわっており、綿100%の商品や天然由来のキトサンを使った電気毛布を販売しています。品質・性能どちらも申し分のない電気毛布でしょう。

コイズミの電気毛布

こちらもパナソニックと同様に家電に力を入れているメーカーです。掛け敷き兼用の電気毛布ひざ掛け足元用の電気マットと幅広く展開されているのが特徴です。

 

洗濯が可能なものやタイマー機能付きの商品が多いことも特徴ですが、中には電磁波カットを売りにした商品も販売しています。電子レンジやストーブほどではないとはいえ、健康に影響を与え得る電磁波が気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

素材や機能へのこだわりだけではなく、ユーザーのニーズをしっかり捉えた商品を販売しているという点がコイズミの特徴といえるでしょう。

USB電源電気毛布の人気ランキング5選

まずはUSBタイプの電気毛布のおすすめ商品を5つご紹介します。デスクワークや勉強中などに使える商品なので、ぜひ参考にしてくださいね。

第5位

Sennic

Sennic 電気ブランケット

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこでも充電できるブランケット

電源がUSBタイプで、どこにでも持ち運びができる電気毛布です。コードレス・コード式のどちらでも使用することができます。モバイルバッテリー、パソコン、車、ソケットなど、どこにでも繋ぐことができるため、外で充電がなくなったときでも安心です。

 

シンプルな作りと、安心の日本製であることも人気の理由の一つ。

スポーツ観戦やアウトドアなどでも使用することができるので、お出かけ好きの方は一枚持っておくと便利ですよ。

種類ブランケット素材ポリエステル100%
サイズ縦45×横80cm機能・仕様手洗いOK/吸湿発熱素材/USB式
第4位

山善(YAMAZEN)

USB 2WAY ブランケット 肩掛け/ひざ掛け

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2WAYタイプの電気毛布

ブランケットとして膝掛けとして用いるだけではなく、ボタンが付いているのでケープとして肩掛けにも使えるのがこの商品の特徴です。USB電源で軽量なうえ、USBケーブルは1.8mの長さがあるため、動きが制限されるようなことが少ないのもおすすめできるポイントとなっています。

 

ボア仕様で肌触りもよく、内部の発熱シートを取り出せば手洗いも可能なので、やさしい肌触りを長持ちさせることができます。レビューによると、手洗いが可能な点飛行機などで使用しやすいといった点で高評価を得ていました。

 

一方で、発熱シート部分が小さく、全体を暖めるほどの熱は出ないという点がこの商品の欠点となっています。ただし、肩掛けとして使ったときに肩甲骨が温まるのが気持ちいいといった意見もありましたので、熱すぎるのも嫌だという方にはこちらの商品がおすすめです。

種類ブランケット・ケープ素材ポリエステル100%
サイズ縦60×横85cm機能・仕様布のみ手洗い可/USB式
第3位

OBEST

USB充電式 シングル ブランケット

価格:6,198円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

着て温まれるブランケット

この商品の特徴は着て温まることができる点です。ボタンや腕を通す穴がついているため、ブランケットやケープとしてだけでなく、ジャケットとして着ることができるのが他の商品との違いといえるでしょう。

 

温度は三段階あり、ボタンひとつで簡単に操作が可能です。発熱にはグラフェンヒーターを用いているので、温まるまでの時間が短いこともこの商品をおすすめするポイントです。自宅やオフィスだけでなく、キャンプや車中泊でも使える商品です。

種類ブランケット素材内部羽毛
サイズ120cm x80cm機能・仕様手洗い可能/USB式
第2位

クロノスショップ

遠赤93% ひざ掛け/USB ブランケット 

価格:9,180円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遠赤外線で体の芯から温まる。

この商品の特徴は豊富なデザインです。可愛らしい柄で体だけでなく心も温まる気がしてきます。デスクや棚などの障害物が多い部屋だと、エアコンやヒーターの風は行きわたりづらく、デスクの下などは寒さを感じることもあるでしょう。

 

この商品は、豆電球ほどの電力で暖をとれるというのが売りの商品です。さらに遠赤外線の効果で、体を素早く温めて冷めにくくするというのもこの商品の特徴です。遠赤外線には、血液をさらさらにする効果や代謝がよくなる効果があるとされています。遠赤外線の効果を期待される方にはおすすめの商品です。

種類ブランケット素材ナイロンタイプ;表裏生地:スウェード・ポリエステル100% 他;綿100% 中素材:ゆらぎ反射素材
サイズ100cm×70cm機能・仕様USB式
第1位

ACATIM

USBブランケット チェック柄

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高温度は42度。人肌ほどのぬくもりがちょうどいいブランケットです。

最大温度は42度で、人肌程度に温めてくれるブランケットです。電気毛布を購入する際、熱すぎてしまうのが苦手という方が多いと聞きました。そこでおすすめなのがこの電気毛布です。

 

42度は、お風呂でたとえると少し熱いと感じるかもしれませんが、衣類の上からじんわりと温めてくれると考えると丁度いいくらいの温度といえます。長時間の使用でも不快にならない温度なのが特徴です。

 

また、サイズも89×61cmとコンパクトなので、持ち運びにも適しているといえます。それでも足先からおなか辺りまでは温めることが可能なので、デスクワークや勉強をする際におすすめの電気毛布です。

種類ブランケット素材ポリエステル、その他
サイズ<本体>890×610mm <ヒーターユニット>195×230mm <ケーブルの長さ>61cm機能・仕様USB式

USB電源電気毛布のおすすめ商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5093651の画像

    ACATIM

  • 2
    アイテムID:5093619の画像

    クロノスショップ

  • 3
    アイテムID:5093609の画像

    OBEST

  • 4
    アイテムID:5093590の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 5
    アイテムID:4965090の画像

    Sennic

  • 商品名
  • USBブランケット チェック柄
  • 遠赤93% ひざ掛け/USB ブランケット 
  • USB充電式 シングル ブランケット
  • USB 2WAY ブランケット 肩掛け/ひざ掛け
  • Sennic 電気ブランケット
  • 特徴
  • 最高温度は42度。人肌ほどのぬくもりがちょうどいいブランケットです。
  • 遠赤外線で体の芯から温まる。
  • 着て温まれるブランケット
  • 2WAYタイプの電気毛布
  • どこでも充電できるブランケット
  • 価格
  • 1580円(税込)
  • 9180円(税込)
  • 6198円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 種類
  • ブランケット
  • ブランケット
  • ブランケット
  • ブランケット・ケープ
  • ブランケット
  • 素材
  • ポリエステル、その他
  • ナイロンタイプ;表裏生地:スウェード・ポリエステル100% 他;綿100% 中素材:ゆらぎ反射素材
  • 内部羽毛
  • ポリエステル100%
  • ポリエステル100%
  • サイズ
  • <本体>890×610mm <ヒーターユニット>195×230mm <ケーブルの長さ>61cm
  • 100cm×70cm
  • 120cm x80cm
  • 縦60×横85cm
  • 縦45×横80cm
  • 機能・仕様
  • USB式
  • USB式
  • 手洗い可能/USB式
  • 布のみ手洗い可/USB式
  • 手洗いOK/吸湿発熱素材/USB式

電気毛布の人気ランキング10選

ここからは、おすすめの電気毛布10選をランキング形式でご紹介していきます。自分の肌に合う素材や、使いやすい機能付きの電気毛布を見つけてみてくださいね。

第10位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマ 敷き毛布

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダニ退治も丸洗いもOK

こちらはダニ退治機能や無段階調節機能が付いた、敷くタイプの電気毛布です。最高50度まで温度を上げることができるので、布団や毛布についたダニを死滅させることができます。コネクターを外して丸洗いすることもできるので、電気毛布を清潔に保つことが可能です。

 

また、室温センサーもついているので、部屋が暖かいときは電気毛布の温度を下げるなど、自動で快適な温度に調節してくれます。室温センサーがついていると、就寝時でも快適な温度で眠ることができますし、電気代の節約にもなりますよ。

 

サイズは140×80cmなので、女性やお子さんにぴったりのサイズ感です。肩から足までしっかりと温まることができます。体の大きい方や寝相があまり良くない方は、大サイズの190×130cmを選ぶと良いですよ。

種類敷き毛布素材ポリエステル100%
サイズ縦140×横約80機能・仕様ダニ対策/室温センサー/丸洗いOK
第9位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 敷き毛布

価格:8,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抗菌防臭加工がされている電気毛布

大手電機メーカーのパナソニックから販売されている電気毛布。天然由来「キトサン」を採用しており、電気毛布の表面には抗菌防臭加工が施されています。ダニによるアレルギー症状が気になる方や、布団の臭いが気になる方におすすめです。

 

また、8段階の温度調節機能がついているので、細かな温度調節をすることができます。室温センサーもついており、室温が約5℃下がると、設定されている温度から約1℃アップする仕組みです。快適な睡眠環境で眠ることができますし、電気代の節約にも繋がります。

種類敷き毛布素材表側/ポリエステル70%、アクリル30%、裏側/ポリエステル100%
サイズ縦140×横80cm機能・仕様ダニ対策/室温センサー/頭寒足熱/丸洗いOK/抗菌防臭
第8位

KOIZUMI

KOIZUMI 掛け・敷き兼用毛布

価格:16,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リサ・ラーソンのマイキー柄がかわいい電気毛布

こちらは、リサ・ラーソンの「マイキー」柄の電気毛布です。電気毛布はシンプルなデザインで落ち着いた色が多いですが、実はこんなにかわいい柄も販売されています。おしゃれな北欧デザインなので、部屋のアクセントになりそうですね。

 

素材はポリエステルですが、肌触りの気持ちいいフランネル生地になっています。敷き・掛け兼用毛布なので、床に敷いてもブランケットとして使用してもOKです。機能も充実しているので、電気毛布を長く使用したい人におすすめ

 

種類敷き・掛け兼用毛布素材ポリエステル100%(毛羽部分)
サイズ縦188×横130cm機能・仕様ダニ対策/室温センサー/丸洗いOK
第7位

Running Home

車用 電気毛布

価格:2,839円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冬のドライブも電気毛布があれば快適

車内で電気毛布を使いたい方には「車用電気毛布」がおすすめです。コンセントタイプの電気毛布だと、コンセントがない車の中では使用することができませんよね。ですが、こちらの電気毛布は電源をシガーソケットに差し込むことで、車内でも使用することができるのです。

 

車内で電気毛布が使えると、冬の寒い時期や、車内で仮眠をとるときなどにとても便利ですよ。また、暖房の風が苦手な人や「車内で自分一人だけが寒く感じている」という状況のときにも活躍してくれます。

 

体をすっぽりと包み込める大きさなので、男性の方でも体全体を温めることが可能です。

高耐久性素材を使用しているので、車に置きっぱなしにしても問題ありません。車内に一枚あると、寒がりさんを乗せたときに喜ばれるのではないでしょうか。

種類ブランケット素材ポリエステル・ABS
サイズ約幅100×全長145cm機能・仕様シガーソケット電源
第6位

コウデン

広電(KODEN) 敷き毛布

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綿100%で肌に優しい

肌がデリケートな人や、肌触りを重視する人におすすめなのが、綿100%の電気毛布。綿はポリエステルなどの合成繊維に比べて手触りが柔らかく、肌トラブルが起こりにくい素材です。

 

こちらの電気毛布は綿素材であるにも関わらず、金額が安く、丸洗いができるという特徴があります。また、ダニ退治や頭寒足熱配線、節電・省エネ機能などもついているので、使い勝手のいい商品といえるでしょう。

 

種類敷き毛布素材綿100%(毛羽部分)
サイズ縦130×横80cm機能・仕様ダニ対策/節電/頭寒足熱/丸洗いOK
第5位

ニトリ Yahoo!店

電気掛敷き毛布(Nウォーム q-o)

価格:7,990円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニトリの掛け敷き兼用電気毛布

掛け布団としても敷き布団としても使用できる、ニトリの電気毛布です。ダニ退治機能手洗いも可能という機能性の高さに加えて、室温センサーも搭載されています。

 

ニトリのNウォームは、吸湿発熱素材で作られており、体から発した水分を熱に変えてくれます。肌に触れた部分から徐々に温まっていきます。そんなNウォームの電気毛布なので温かさは抜群でしょう。

 

ニトリの商品なので、保障がしっかりしていることもポイントです。この商品には一年間の保障が付いています。

種類掛け敷き兼用タイプ素材ポリエステル・レーヨン
サイズ幅188×奥行130×高さ3cm機能・仕様ダニ対策/室温センサー/手洗いOK/吸湿発熱
第4位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 掛け・敷き兼用電気毛布

価格:16,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふわふわで肌触りが気持ちいい

マイクロファイバー素材で、ふわふわの肌触りが人気の電気毛布。リバーシブルタイプなので、2種類の柄を楽しむことができます。掛け・敷き兼用でさまざまな使い方をすることが可能です。

 

電気毛布によっては毛玉ができやすく、生地の痛みやすいものもありますが、こちらの電気毛布は毛玉ができにくいという特徴があります。毛玉のない綺麗な状態を保てるので、長く使用することができますよ。

 

また、室温センサーや光るダイヤル、ダニ退治など、機能も充実。値段は少し高めですが、質の良い電気毛布であれば何年も使用することができるので、結果的に良い買い物となるのではないでしょうか。

種類掛け・敷き兼用毛布サイズ縦188×横137cm
素材ポリエステル100%機能・仕様ダニ対策/室温センサー/頭寒足熱/丸洗いOK
第3位

小泉成器

コイズミ 敷き・掛け兼用毛布

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快眠タイマー付き電気毛布

寝始めと寝起きのタイミングで体を温め、睡眠中はオフになる機能が付いている電気毛布です。電気毛布をつけっぱなしにすると、朝起きたときに体調が悪くなってしまうことがありますが、自動でオフになる機能が付いていれば安心です。

 

快眠タイマーが付いている電気毛布であれば、電源を消し忘れることがないので、火事や低温やけどの心配がなくなります。「電気毛布は電源を切ったか不安になるから使えない」という方でも安心して使うことができますよ。

種類敷き・掛け兼用毛布素材アクリル30%・ポリエステル70%(毛羽部分)
サイズ縦188×横130cm機能・仕様ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK/快眠タイマー
第2位

小泉成器

コイズミ 敷き毛布

価格:4,969円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランネル調で肌触り抜群

フランネル調の柔らかい素材で、肌触りが抜群に気持ちいい電気毛布です。電気毛布を敷いて寝たときに、メーカーによっては配線が体に当たって寝心地が悪いものがありますが、こちらの電気毛布は上にシーツなどをかぶせる必要がないほど寝心地が良いですよ。

 

機能も充実しており、頭寒足熱配線やダニ退治、室温センサー機能などがついています。肌触りだけでなく、機能の充実性も人気の理由といえるでしょう。見た目もシンプルで高級感があるので、どんな年代の人にでも合いそうな電気毛布です。

種類敷き毛布サイズ縦140×横80cm
素材表裏面ポリエステル100%/発熱布ポリエステル100%機能・仕様ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK
第1位

Sugiyama

【水洗いOK】 敷き毛布

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな仕様で使いやすい日本製の電気毛布

こちらの商品は、ダニ退治や室温センサー、頭寒足熱などのさまざまな機能が付いた敷き毛布です。機能が充実している電気毛布とは思えないほど安い価格設定になっています。また、安心の日本製であることも人気の理由の一つです。

 

コントローラーはシンプルな作りで使いやすく、オンにするとバックライトがつくので、消し忘れる心配が少ないですよ。電気毛布を初めて購入する方や「機能がたくさんついていると使いづらい」という方におすすめです。

種類敷き毛布素材ポリエステル70%、アクリル30%
サイズ縦140×横80cm機能・仕様ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK

電気毛布のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4958367の画像

    Sugiyama

  • 2
    アイテムID:4965056の画像

    小泉成器

  • 3
    アイテムID:4965906の画像

    小泉成器

  • 4
    アイテムID:4965003の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 5
    アイテムID:5093680の画像

    ニトリ Yahoo!店

  • 6
    アイテムID:4965508の画像

    コウデン

  • 7
    アイテムID:4965079の画像

    Running Home

  • 8
    アイテムID:4965519の画像

    KOIZUMI

  • 9
    アイテムID:4965568の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 10
    アイテムID:4965580の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • 【水洗いOK】 敷き毛布
  • コイズミ 敷き毛布
  • コイズミ 敷き・掛け兼用毛布
  • パナソニック 掛け・敷き兼用電気毛布
  • 電気掛敷き毛布(Nウォーム q-o)
  • 広電(KODEN) 敷き毛布
  • 車用 電気毛布
  • KOIZUMI 掛け・敷き兼用毛布
  • パナソニック 敷き毛布
  • アイリスオーヤマ 敷き毛布
  • 特徴
  • シンプルな仕様で使いやすい日本製の電気毛布
  • フランネル調で肌触り抜群
  • 快眠タイマー付き電気毛布
  • ふわふわで肌触りが気持ちいい
  • ニトリの掛け敷き兼用電気毛布
  • 綿100%で肌に優しい
  • 冬のドライブも電気毛布があれば快適
  • リサ・ラーソンのマイキー柄がかわいい電気毛布
  • 抗菌防臭加工がされている電気毛布
  • ダニ退治も丸洗いもOK
  • 価格
  • 2200円(税込)
  • 4969円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 16780円(税込)
  • 7990円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2839円(税込)
  • 16380円(税込)
  • 8400円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 種類
  • 敷き毛布
  • 敷き毛布
  • 敷き・掛け兼用毛布
  • 掛け・敷き兼用毛布
  • 掛け敷き兼用タイプ
  • 敷き毛布
  • ブランケット
  • 敷き・掛け兼用毛布
  • 敷き毛布
  • 敷き毛布
  • 素材
  • ポリエステル70%、アクリル30%
  • 表裏面ポリエステル100%/発熱布ポリエステル100%
  • アクリル30%・ポリエステル70%(毛羽部分)
  • ポリエステル100%
  • ポリエステル・レーヨン
  • 綿100%(毛羽部分)
  • ポリエステル・ABS
  • ポリエステル100%(毛羽部分)
  • 表側/ポリエステル70%、アクリル30%、裏側/ポリエステル100%
  • ポリエステル100%
  • サイズ
  • 縦140×横80cm
  • 縦140×横80cm
  • 縦188×横130cm
  • 縦188×横137cm
  • 幅188×奥行130×高さ3cm
  • 縦130×横80cm
  • 約幅100×全長145cm
  • 縦188×横130cm
  • 縦140×横80cm
  • 縦140×横約80
  • 機能・仕様
  • ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK
  • ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK
  • ダニ退治、室温センサー、頭寒足熱、丸洗いOK/快眠タイマー
  • ダニ対策/室温センサー/頭寒足熱/丸洗いOK
  • ダニ対策/室温センサー/手洗いOK/吸湿発熱
  • ダニ対策/節電/頭寒足熱/丸洗いOK
  • シガーソケット電源
  • ダニ対策/室温センサー/丸洗いOK
  • ダニ対策/室温センサー/頭寒足熱/丸洗いOK/抗菌防臭
  • ダニ対策/室温センサー/丸洗いOK

まとめ

電気毛布を選ぶ際は「自分が1番重要視しているものは何か」を考えることが大切です。素材の良さ、機能の充実性、肌触りなど、求めるものは人それぞれ違うことでしょう。「どれがいいのか迷う…」という方は、これまでご紹介してきた電気毛布を参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ