記事ID135899のサムネイル画像

人気のフォトアルバムのランキング10選【思い出を残すのにおすすめ】

フォトアルバムは思い出や記念に撮影した写真を大切に保管しておく大事なアイテムですが人気があり多くの種類が販売されています。種類や綴じ方の違いによって使いやすさも大きく変わるので今回はおすすめのフォトアルバムの種類や選び方を紹介します。

フォトアルバムは大切な写真を保管するだけじゃない

フォトアルバムは写真をキレイに保存するためのアイテムですが種類によっては台紙に直接文字を書いたりできる製品も販売されており自分だけのオリジナリティ溢れるアルバムにすることもできます。

 

また写真のまま保存していると色褪せてしまったり日焼けすることもありますがフォトアルバムの中で保存することでキレイなままで保存することができるので思い出を汚すことなく鮮明に残せます。

 

写真だけをキレイに残すことも可能で自分だけの思い出のアルバムを作ることもできるフォトアルバムは現在でも人気が高いですが最近ではアナログのフォトアルバムだけでなくデジタルのフォトアルバムも人気が高くなってきています。

デジタルかアナログかから選ぶ

フォトアルバムというと少し前ならアナログのアルバムを想像する方が多いでしょうが現在ではデジタルカメラやスマートフォンの写真機能が人気になったことでデジタルのフォトアルバムも非常に人気になってきています。

 

デジタルフォトアルバムは実際の現像した写真などを使用してアルバムにするのではなくデジカメやスマホのデータをメモリやハードディスクに保存し、そのデータをテレビや専用のアプリなどを使用して見ます。

 

今回はアナログタイプのフォトアルバムを紹介しますが写真をデータとしても残したい場合はアナログタイプではなくデジタルのフォトアルバムなども視野に入れて購入すると思い出をよりしっかりと残すことが可能です。

フォトアルバムの種類から選ぶ

フォトアルバムには種類によって保存方法などが違う種類が販売されています。自分が使いやすいと感じる種類を選ぶようにしましょう。

ポケットアルバムタイプから選ぶ

ポケットアルバムタイプはフォトアルバムの中に透明のポケットが複数付いているタイプでポケットの中に写真を入れて保存するため出し入れが簡単に行える人気の種類です。サイズなども幅広い製品が多く収納数も多いので大量の写真を保存するのに最適です。

 

1段や2段~3段になっているものが主流で簡単に写真の出し入れができるため年代順などに並べたい場合も順番の入れ替えが簡単に行えます。ポケットのサイズによっては収納枚数に差が出てしまうこともあるので注意が必要です。

 

一般的なL版の他にはパノラマサイズの写真を収納できる製品も多く販売されているので自分が保存したい写真のサイズに合わせて購入することが大事なポイントです。台紙が付いているタイプとフィルムだけのタイプが販売されています。

フリー台紙タイプから選ぶ

フリー台紙タイプのフォトアルバムはポケットアルバムタイプと違いポケットが付いていないので台紙の中で好きなように写真を保存することができます。そのため斜めに張り付けたりもできます。

 

また台紙に直接文字が書ける製品も多く自分だけのフォトアルバムが作りやすいのも特徴の1つです。写真だけでなくメモやイラストなども一緒に保存することでより思い出が深く残せますが収納枚数が少なくなるので注意が必要です。

 

フリー台紙の場合は写真を保存する際に透明のカバーが付いているので写真が他の種類よりも劣化しにくいこともメリットです。そのため古い写真でも長くキレイに保存することができる人気の種類です。

フォルダータイプから選ぶ

フォルダータイプのフォトアルバムはポケットアルバムタイプの種類と似ています。アルバムの中はポケットになっていますが複数の写真をまとめて保存できるようになっている製品が多いのが特徴です。

 

そのためフォルダーごとに写真をまとめて収納できるのがメリットです。学生時代の中でも小学生・中学生・高校生などのように細かくフォルダー分けすることで目的の写真をすぐに見つけることができます。

 

ポケットアルバムタイプのように写真の出し入れが簡単になっている製品が多いのも特徴で大量の写真などをまとめて保存するのに便利なことから現在でも人気の高いタイプのフォトアルバムです。

スクラップブックタイプから選ぶ

スクラップブックタイプは他のタイプと比較しても最も自由に写真を保存することが可能な人気のタイプです。写真を思い通りに切ったりした状態でも保存することができるので自分だけのフォトアルバムが作りやすいです。

 

他の種類のようにポケットがあるわけでもなく粘着性の台紙も無いためテープを貼ったりイラストだけでなくメモ書きも一緒に残せるので写真だけを残すよりも思い出が深く鮮明に残せます。

 

スクラップブック用のシールなども販売されているので楽しみながら写真を保存できるのもメリットですがポケットや透明カバーが無いので長い期間置いておくと写真が劣化してしまいやすいことがデメリットです。

綴じ方の種類から選ぶ

フォトアルバムは綴じ方によって使い方が大きく変わります。固定型やバインダー型、ビス型やヒモ型など多くの種類がありますが固定型はアルバムのページ数を増やすことができないタイプです。

 

バインダー型やビス型、ヒモ型は自由にページ数を増やすことができるので写真が増えてもすぐに対応できる柔軟性の高さがメリットです。またヒモ型はリボンのように見せることもできるのでお洒落に見えます。

 

途中で写真を増やすかもしれないならバインダー型やビス型を購入するのが大事です。また綴じ方の種類によってはページのめくりやすさも変わってくるので自分が使いやすい綴じ方を購入するようにしましょう。

サイズや収納枚数から選ぶ

フォトアルバムを選ぶ上で重要なポイントの1つとして収納枚数はチェックしておくべきです。フリー台紙タイプの場合やクラフトブックタイプの場合は収納する写真のサイズが一定になりにくいので注意が必要です。

 

またページ数を自由に増やしたりすることが可能なのでしっかりと収納枚数をチェックしましょう。綴じ方が固定型でポケットアルバムタイプは収納枚数がしっかりと分かるので自分の持っている写真の枚数を合わせやすいです。

 

またフォトアルバムを本棚などに収納する場合はフォトアルバムのサイズにもしっかり注意しておきましょう。せっかくのアルバムも本棚に入らなければ剥き出しで保存することになるので本体のサイズもチェックしておきましょう。

人気のフォトアルバムのランキング10選

ここから人気のフォトアルバムをランキング形式で紹介します。フォトアルバムは大切な写真を保存する大切なアイテムなので自分の好きなフォトアルバムをしっかり選んでキレイに思い出に残しましょう。

第10位

デルフォニックス

PDフォトアルバム(L) 500174-123

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルなカラーが人気

こちらの商品はリフィルが別売りとなっているので購入する際には注意が必要です。非常に多くのカラーが販売されているので自分好みのお洒落なカラーを選ぶことができるのも人気の理由の1つです。

 

バインダー型なので中のリフィルの数を自由に変更が可能なので自分だけのオリジナルのフォトアルバムを作ることができるのもおすすめのポイントです。サイズが大きめなので多くの写真を収納することができます。

 

レビューでも色違いを何回も繰り返して購入しています。との声やカラフルなカラーや肌触りの良い素材が気に入ってます。との声が挙がっており非常に高い人気を得ているフォトアルバムです。

サイズ360×330×43(mm)重量
種類綴じ方の種類バインダー型
収納枚数リフィル20枚が最適透明カバー
第9位

ナカバヤシ(Nakabayashi)

背丸ポケットアルバム L判 BPL-240-2-B

価格:533円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納力が抜群

背丸製本で仕上げられているので収納した際にもキレイに見える人気のフォトアルバムです。カラーはブルーとレッドの2色が販売されておりセットとしても売られているので自分の好みで選ぶことができます。

 

3段ポケットで1枚のページにしっかりと写真が収納可能でポケットアルバムタイプなので簡単に写真の出し入れが可能なのもおすすめのポイントです。L版の写真が最大で240枚もの写真が収納可能です。

 

フリースペースも付いておりオリジナリティ溢れるフォトアルバムが作れることも魅力です。本体のサイズは本棚などにも収納しやすいサイズなのも人気の理由でお洒落な外側のデザインもおすすめです。

サイズタテ295×ヨコ220×背巾45mm重量880g
種類ポケットアルバムタイプ綴じ方の種類固定型
収納枚数240枚透明カバー
第8位

セキセイ

アルバム FU-2161

価格:744円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由度が高いスクラップブックタイプ

フォトアルバムの種類の中でもオリジナリティ溢れるアルバムが作りやすいスクラップブックタイプの商品です。自由に写真を保存でき、メモ書きや付箋などで自由に思い出の補足ができます。

 

値段がリーズナブルなこともおすすめのポイントで台紙の素材にはクラフト板紙再生紙を使用しています。本体はポケット付きで様々なものを収納することができるだけでなく高さが21cmとなっているので本棚などにも収納しやすいです。

 

リングタイプなのでアルバムがめくりやすいことも人気の理由です。シンプルなデザインで台紙に厚みもあるので自由にコラージュを作れます。風合いを大切にした人気のスクラップブックタイプのフォトアルバムです。

サイズ縦210×横220背幅13mm重量270g/m2
種類スクラップブックタイプ綴じ方の種類リングタイプ
収納枚数最大20ページ透明カバー×
第7位

ナカバヤシ

フエルアルバム ドゥファビネ Lサイズ(アH-LD-191シリーズのネット限定版)

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリー台紙タイプで自由度が高い

豊富なカラーが魅力のフォトアルバムでフリー台紙タイプとなっているので自由に写真を保存することができる人気の商品です。写真をキレイに並べて保存するだけでなく自由にデコレーションすることもできるので人気があります。

 

思い出の写真と一緒にメモ書きを貼り付けると自分だけのオリジナリティ溢れるフォトアルバムが作れます。透明カバーが付いているので写真をキレイなままで保存することができることもおすすめのポイントです。

 

綴じ方の種類はビス止めになっているので後からページ数を増やすこともできるので長く愛用することができます。背景の色はシンプルな黒色となっているので写真が際立つようになっています。

サイズタテ335xヨコ325x背巾27mm重量1390g
種類フリー台紙タイプ綴じ方の種類ビス型
収納枚数フリー透明カバー
第6位

ナカバヤシ

【大容量タイプ】フエルアルバム ドゥファビネ Lサイズ(アH-LD-191シリーズのネット限定版)

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

従来の2倍の収納力

7位でも紹介したナカバヤシ社製のフエルアルバム大容量タイプです。従来の商品と比較して2倍の収納が可能となっているので大量の写真でもキレイに収納かつ保存することができる大人気のフォトアルバムです。

 

外側はシンプルになっており中の使いやすさは従来のフエルアルバムと同じなので従来品を愛用していた方にもおすすめです。綴じ方の種類はビス型となっているので後からページを増やしたり減らしたりすることもできます。

 

もちろん透明カバーも付いているので大切な写真をキレイなままで保存することができます。台紙もアルミ箔でコーティングされているため長く愛用しても劣化しにくいので写真だけでなく本体もキレイなまま使用できます。

サイズタテ335xヨコ325x背巾40mm重量2010g
種類フリー台紙タイプ綴じ方の種類ビス型
収納枚数約240枚透明カバー
第5位

ナカバヤシ(Nakabayashi)

ポケットアルバム 1PLW-200-2-G

価格:654円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目のデザインも大人気

フォトアルバム本体に窓とリボンが付いている非常にお洒落で可愛い人気の商品です。カラーもグリーンとピンクから選ぶことが可能で1ページにL版の写真が2枚まで収納できるので見やすいことも人気の理由の1つです。

 

フォトアルバム本体の高さは21cmとなっているので本棚などにも収納がしやすくポケットアルバムタイプなので写真の出し入れも簡単に行えます。値段がリーズナブルなこともおすすめのポイントです。

 

リボンを付けたことでアルバムを立てて保存しても勝手に開くことがなく写真の収納枚数は200枚となっているので大量の写真であってもしっかりと1つのフォトアルバムの中に保存できるのでおすすめです。

サイズタテ200×ヨコ183××背巾54mm重量
種類ポケットアルバムタイプ綴じ方の種類固定型
収納枚数L版200枚透明カバー×
第4位

ナカバヤシ(Nakabayashi)

フォトグラフィリア PHL-1020-D

価格:235円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズの種類が豊富な人気のフォトアルバム

高さ21cmで本棚などにも手軽に収納ができる人気のフォトアルバムです。ポケットアルバムタイプとなっており簡単に写真が出し入れすることができることもおすすめのポイントで見返しにCDサイズのポケットが付いていることも人気の理由です。

 

そのため写真にできなかったデータなども一緒にアルバムに保管することができます。フォトアルバム本体を守る透明なスリップケースも付いていることで写真だけでなくアルバム本体もキレイなまま保存することが可能です。

 

収納力は抜群ですがデザインはシンプルで値段もリーズナブルなことも人気の理由となっており3色からカラーを選ぶことができるのもおすすめのポイントです。豊富なサイズが販売されているので自分にピッタリなサイズを選べます。

サイズタテ203×ヨコ158×背巾45mm重量300g
種類ポケットアルバムタイプ綴じ方の種類固定型
収納枚数L版200枚透明カバー×
第3位

セキセイ

ポケットアルバム XP-2101

価格:1,137円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

布素材で手触りも良い

フォトアルバムの表紙に布素材を使用しているので非常に手触りが良い人気の商品です。カラーも豊富ですが布素材なので温かみがある作りになっており中の台紙も41枚と大量にあるのでしっかりと写真を保存することができます。

 

カバーが付いていることも人気の理由の1つです。収納枚数はLサイズの写真なら246枚も可能で大きいパノラマサイズの場合でも82枚もの写真が収納できるのでどんなサイズでもしっかりとキレイなまま保存できます。

 

台紙には日付けやメモ書き、イラストなども書くことができるので自分だけのオリジナリティ溢れるフォトアルバムにすることも可能です。またブックタイプとバインダータイプの2種類が販売されているので自分の好みに合わせることができます。

サイズ縦289×横206×背幅32mm重量
種類ポケットアルバムタイプ綴じ方の種類固定型
収納枚数L版246枚透明カバー×
第2位

ナカバヤシ(Nakabayashi)

ポケットアルバム ディック・ブルーナ 1PL-158-G

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミッフィーを採用した可愛いフォトアルバム

世界的にも大人気のミッフィーがイラストされた人気のフォトアルバムでメディアポケットが付いているのでCDやインデックスプリントを収納できます。値段がリーズナブルなこともおすすめのポイントです。

 

収納枚数は多くL版の写真なら300枚パノラマ写真でも100枚の写真が収納できます。スリップケースも付いているので本体もキレイなまま使用することができます。豊富なデザインとカラーも魅力の1つで自分好みのフォトアルバムを選ぶことが可能です。

 

台紙にメモ欄が付いているので写真と一緒にメモを残すことも可能です。メモと写真を一緒に残すことで思い出が鮮明に残ります。台紙にもミッフィーがちりばめられているので写真と一緒にミッフィーにも癒されます。

サイズタテ293*ヨコ211*背巾55mm重量780g
種類ポケットアルバムタイプ綴じ方の種類固定型
収納枚数L判300枚/パノラマ判100枚透明カバー×
第1位

マークス

デコラップアルバム DCP-AL11-WH

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全ページがデコレーション可能

フリー台紙タイプのフォトアルバムで台紙は弱粘着性となっているので簡単に写真の張り直しができる人気の商品です。台紙に直接文字を書いたりすることが可能なのでオリジナリティ溢れる独自のフォトアルバムが作れます。

 

ひも綴じ型なので作業も楽に行うことが可能です。写真だけでなく切符やカード類の紙なども一緒にファイルすることで思い出をより深く残せます。別売りのリフィルを購入することでページを増やすことも可能です。

 

めくりやすく台紙を傷めることが少ない丸背製本となっていることもおすすめのポイントです。はやみやのりが不要でデコレーションが可能なので自分だけのフォトアルバムを作るのにベストな商品です。

サイズH170×W195×D8mm重量
種類デコラップアルバムタイプ綴じ方の種類ひも綴じ型
収納枚数透明カバー

フォトアルバムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4955658の画像

    マークス

  • 2
    アイテムID:4955653の画像

    ナカバヤシ(Nakabayashi)

  • 3
    アイテムID:4955650の画像

    セキセイ

  • 4
    アイテムID:4955640の画像

    ナカバヤシ(Nakabayashi)

  • 5
    アイテムID:4955633の画像

    ナカバヤシ(Nakabayashi)

  • 6
    アイテムID:4955623の画像

    ナカバヤシ

  • 7
    アイテムID:4955620の画像

    ナカバヤシ

  • 8
    アイテムID:4955611の画像

    セキセイ

  • 9
    アイテムID:4955609の画像

    ナカバヤシ(Nakabayashi)

  • 10
    アイテムID:4955607の画像

    デルフォニックス

  • 商品名
  • デコラップアルバム DCP-AL11-WH
  • ポケットアルバム ディック・ブルーナ 1PL-158-G
  • ポケットアルバム XP-2101
  • フォトグラフィリア PHL-1020-D
  • ポケットアルバム 1PLW-200-2-G
  • 【大容量タイプ】フエルアルバム ドゥファビネ Lサイズ(アH-LD-191シリーズのネット限定版)
  • フエルアルバム ドゥファビネ Lサイズ(アH-LD-191シリーズのネット限定版)
  • アルバム FU-2161
  • 背丸ポケットアルバム L判 BPL-240-2-B
  • PDフォトアルバム(L) 500174-123
  • 特徴
  • 全ページがデコレーション可能
  • ミッフィーを採用した可愛いフォトアルバム
  • 布素材で手触りも良い
  • サイズの種類が豊富な人気のフォトアルバム
  • 見た目のデザインも大人気
  • 従来の2倍の収納力
  • フリー台紙タイプで自由度が高い
  • 自由度が高いスクラップブックタイプ
  • 収納力が抜群
  • カラフルなカラーが人気
  • 価格
  • 1512円(税込)
  • 700円(税込)
  • 1137円(税込)
  • 235円(税込)
  • 654円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 744円(税込)
  • 533円(税込)
  • 2376円(税込)
  • サイズ
  • H170×W195×D8mm
  • タテ293*ヨコ211*背巾55mm
  • 縦289×横206×背幅32mm
  • タテ203×ヨコ158×背巾45mm
  • タテ200×ヨコ183××背巾54mm
  • タテ335xヨコ325x背巾40mm
  • タテ335xヨコ325x背巾27mm
  • 縦210×横220背幅13mm
  • タテ295×ヨコ220×背巾45mm
  • 360×330×43(mm)
  • 重量
  • 780g
  • 300g
  • 2010g
  • 1390g
  • 270g/m2
  • 880g
  • 種類
  • デコラップアルバムタイプ
  • ポケットアルバムタイプ
  • ポケットアルバムタイプ
  • ポケットアルバムタイプ
  • ポケットアルバムタイプ
  • フリー台紙タイプ
  • フリー台紙タイプ
  • スクラップブックタイプ
  • ポケットアルバムタイプ
  • 綴じ方の種類
  • ひも綴じ型
  • 固定型
  • 固定型
  • 固定型
  • 固定型
  • ビス型
  • ビス型
  • リングタイプ
  • 固定型
  • バインダー型
  • 収納枚数
  • L判300枚/パノラマ判100枚
  • L版246枚
  • L版200枚
  • L版200枚
  • 約240枚
  • フリー
  • 最大20ページ
  • 240枚
  • リフィル20枚が最適
  • 透明カバー
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

まとめ

フォトアルバムは最近ではスマートフォンやPCと接続するデジタルフォトアルバムも増えてきてはいますがデータではなく写真として残すことも思い出の保管としては大切です。思い出の写真を可愛く彩られたアルバムで家族や友人と見ることも楽しい思い出の1つとなるのではないでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ