記事ID135891のサムネイル画像

    【自由と冒険】おすすめのオープンワールドゲーム人気ランキング10選

    皆さんは、オープンワールドゲームというジャンルをご存知でしょうか。従来のジャンルとは異なりあらゆるフィールドやステージがシームレスに繋がっているゲームの総称です。今回はその自由が魅力のオープンワールドゲームを10選、ランキング形式でご紹介します。

    広大なフィールドを駆け巡るオープンワールド

    オープンワールドはまさにゲームハードの技術進化を象徴するジャンルです。従来の3Dゲームでキャラクターが行動できる範囲は、障害物や見えない壁によって制限されており、見えている範囲のごく一部でしかありませんでした。

     

    こうした事情のため、それぞれの小さなマップ同士の境目に到達したところでロードを挟んでつなげることで、製薬の中でできるだけ広大なフィールドや世界観を表現していました。しかし、技術の進化によりこの制約が取り払われたことで、本当のオープンワールドが完成しつつあります。

     

    現在のオープンワールドのシステムは、キャラクターの移動ごとに周辺のデータをロードし続けることでマップの切り替えやロード画面での待機をなくし、常に移動し続けることができるようになっています。

    オープンワールドゲームの選び方

    オープンワールドゲームの種類は膨大で、ただ広いだけなく世界観やシステムが大きく異なります。そんなオープンワールドゲームの選び方をご紹介します。

    ゲームハードから選ぶ

    最近ではゲームハードやゲーミングPCの認知度増加により、選べるゲームハードが増えています。自分に合ったゲームハードでオ楽しめるープンワールドゲームを選びましょう。

    PlayStation4のゲームソフトから選ぶ

    PlayStationはソニーが1994年12月3日に初代を発表し、そののち2、ポータブル、go、3、そして最新作4というように、その人気から世界中で愛されているゲームハードの一つです。

     

    家庭用ゲーム機の最高峰として発表され、圧倒的高画質、早い読み込み速度、PSstoreの無料ゲームやダウンロードコンテンツも含めたラインナップの豊富さが特徴で、インディーズゲームを遊べたり、動画や音楽などのコンテンツも楽しむことができます。

     

    4からはボタンひとつでゲームプレイのSNSにシェアや、オンライン世界中のプレイヤーとプレイしたりというような、ネットワークによるグローバル思考であることがうかがえます。動画配信の影響力が大きくなっている昨今では優れた機能です。

     

    Nintendo Switchのゲームソフトから選ぶ

    任天堂はゲームのみの事業で世界を代表する企業です。ファミリーコンピュータからハードの開発を本格的にはじめ、DSシリーズ、3DSシリーズ、そして最新ハードNintendo Switchへと進化を遂げました。

     

    任天堂は携帯ハードの開発に重きを置いている傾向にあり、テレビCMなどでは携帯ゲーム機を持ち寄って友達や家族と一緒に遊ぶという描写が多いです。もちろんオンライン機能も充実しており、ひとりでもみんなでも楽しむことができます。

     

    6.2インチという絶妙なサイズの本体画面は、持ち運びにも据え置きにも使えます。腰を据えてじっくり楽しみたいときはHDMI端子にてモニターにつなぐことも可能です。家でも外でも、いつでもどこでも楽しむことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

    ゲーミングPCで遊べるゲームソフトから選ぶ

    ゲーミングPCはゲームを本格的に楽しむために作られたPCで、その圧倒的なスペックは読み込み速度、画質ともに最高峰で、数値でみるとスペックは一番高いと言えます。デスクトップ型はもちろんノートPC型も普及しており、いずれもストレスなく遊ぶことができます。

     

    ゲーミングPCの最大のメリットは、MOD導入などでアレンジがしやすいということです。オープンワールドゲームは一人で遊ぶことが多いので特にこの恩恵を大きく受けることになり、その自由度は格段に増します。

     

    デメリットとしてはその価格と知識が必要な点です。パーツ購入で自分で組み立てる知識がない場合、本体価格が10万円以上になることは覚悟しなければなりません。購入後もPCの知識が必要な場面が多く、普段からPCを触ることのない方は購入を見送ったほうが良いでしょう。

    対象年齢から選ぶ

    オープンワールドに限らず、ほとんどのゲームはCERO(コンピュータエンターテイメントレーティング機構)による適正年齢の検査を受けます。これにより大体のゲーム内描写を判断することができます。

    CERO「A」から「D」のゲームから選ぶ

    CERO「A」から「D」のゲームソフトは「対象年齢」を示しているため、対象外の年齢でも購入は可能で、遊ぶことに問題はありません。しかし、あまりに年齢が離れていると教育上良くない描写を目にしてしまう可能性があります。

     

    CERO「A」は審査において最上位にあるレートで、「全年齢対象」であることを示しています。帯色は黒色に白地の文字です。暴力表現はほぼ皆無で、あったとしてもデフォルメされています。また、軽度であっても性的な描写はありません。

     

    英字が進むにつれて表現が過激になっていき、CERO「D」になると性的描写や過激な暴力的で反社会的なシーンを含むことがあります。販売側に規制はなくオンラインストアでも普通に売られていますが、中学生未満の子供に買い与える場合はやめたほうが良いでしょう。

    CERO「Z」のゲームから選ぶ

    法律により身分証を提示しなければならないように、購入自体に年齢制限があるレートです。 主な内容は、身体の欠損や過度な暴力描写などのゴア表現残酷描写で、修正によってぎりぎり流通できる、というレベルのものも存在します。


    ゴア表現以外にもはっきりとした性描写などがあるゲームもあり、ゲームソフト以外で「18禁」とされるものと同じ扱いになります。他のレートとは異なり対象年齢外は「禁止」なので、購入も遊戯も軽犯罪に当たる可能性があります。 

    オープンワールドゲームの中でも特に海外で発表されたゲームは、ゴア表現の観点から「Z」指定されるものが多い傾向にあり、ゴア表現に抵抗がある方は購入を控えることをおすすめします。

    ゲームソフトの形式から選ぶ

    近年はオンラインショップの普及により、従来のパッケージに加えてダウンロード版としてインターネット経由で購入することができます。

    パッケージ版から選ぶ

    パッケージ版は実店舗やネット通販による配送で入手できる、ゲームのデータがROMに入っているスタイルです。プラスチック製のケースにゲームソフトが入っているスタイルがホトンで、近年では取扱説明書はほとんど電子化され、webページ上でみるスタイルになっています。

     

    パッケージ版はデータのほとんどがゲームソフト内に存在しているため、本体の容量を気にする必要がありません。容量不足で泣く泣くゲームのデータを消さなくてはならないということはほとんどんないです。

     

    またパッケージ版は形として残るので、コレクションとしてあえてこちらを購入するゲーマー多いです。さらに中古ゲームショップやフリマアプリで売ることもできるので、モノとして残る煩わしさを感じない方はこちらの購入をおすすめします。

    ダウンロード版から選ぶ

    ダウンロード版は、PlayStaitionStore、Nintedoeショップ、STEAMなどのオンラインストアからゲームデータを直接ダウンロードするスタイルです。

     

    ダウンロード版は一定のネットワーク環境とダウンロードとインストールの時間がかかることがありますが、店舗に行く時間や配送にかかる時間を考えればそれほど気になりません。クレジットカードを登録していればプリペイドカードを買う必要もないので、総合的な時間はパッケージ版より早いです。

     

    デメリットとしてゲームデータの取り扱いに困ることがあります。うっかりデータを消してしまったり、ゲームハードの容量が足りなくなってしまったりしてしまうことがあります。データは中古で売れないため、とにかく早くプレイしたい、売る気はないという方におすすめです。

    おすすめのオープンワールドゲームランキング10選

    第10位

    ロックスター・ゲームス

    レッド・デッド・リデンプション2

    価格:3,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    西部劇の舞台で

    製作に8年かかっており、PlayStation4では唯一のディスク2枚組でそのインストールサイズは100GB近くある、という異例の作品です。タイトルに「2」とありますが物語は独立しており、単品で遊ぶことができます。

     

    舞台は1998年のアメリカで、西部開拓時代が終わった後、鉄道と馬が走る時代です。カウボーイハットにリボルバーをひっさげたギャングが主人公で、悪人を始末するなどして生活しています。

     

    このゲームはリアリティへの追求がすさまじくオープンワールドのながらどこに行っても美しい景色が広がっています。ストーリーに分岐があり、プレイヤーの選択次第で変わるセリフが50万桁もあるそうです。

    ハードPS4CEROZ
    第9位

    ロックスター・ゲームス

    グランド・セフト・オートV

    価格:2,998円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    なんでもありのアングラ生活

    ゲーマーならだれもが知っている「グランドセフトオート」シリーズの最新作です。今作はメインストーリーに加えてオンライン要素も充実しており、オンライン上で見知らぬ誰かと協力したり対戦したりすることができます。

     

    アメリカの都会と田舎が隣り合わせの離島で、アサルトライフル、ロケットランチャー、車、バイク、戦闘機、ゴルフ、テニス、潜水艦となんでもありのアングラ生活を楽しむことができます。

     

    かなり過激なゲームで、CERO「Z」の中でもゴア表現や暴言が目立つ作品です。生半可な気持ちではなく、悪人として自由に生活したいプレイヤーにはおすすめの一作です。リビングでプレイする方は注意しましょう。

     

     

    ハードPS4CEROZ
    第8位

    ソニー・コンピュータエンタテインメント

    inFAMOUS Second Son

    価格:3,572円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    スタイリッシュなオープンワールド

    「inFAMOUS」シリーズの3作目です。主人公は平凡な青年でしたが、ある出来事がきっかけで、超能力を手にしてしまい、様々な出来事が重なって政府からの逃亡生活を送ることとなります。

     

    本作は大きく2つのルートがあり、超能力を正しいことのために使うか悪事に使うか、という選択をすることができ、それらのはプレイヤーの選択によって蓄積されていきます。

     

    本作はアクションに力を入れており、オープンワールドでありながらキャラクターをスタイリッシュに操作することができます。オープンワールド特有のボリュームについていけない人でも、ただキャラクターを操作するだけ楽しめるのでおすすめです。

     

    ハードPS4CEROZ
    第7位

    ライズオブトゥームレイダー

    価格:0円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    女性冒険家のサバイバル

    女性冒険家「ララクロフト」が冒険の果てにたどり着いた雪山から物語は始まります。PS4では「トゥームレイダー」に次ぐ二作目ですが、実はシリーズ作品としては長い歴史があり、まだゲームにやっとポリゴン表現が定着した時代から続いています。

     

    オープンワールドゲームの中でも「謎解き」要素が強い作品です。遺跡や壁画、生活痕などから推理し、弓やロープを駆使して謎を解いて先に進んだりとレジャーをしたりといった、ただアクションするだけのゲームとは一味違います。

     

    「スクウェア・エニックス」からの発売ということで、この手のオープンワールドワールドゲームとしては珍しい日本製です。しかし、ゲーム内容にはグロテスクな場面があり、思わず目をそらしたくなるような描写が多いですが、そのたびにララ・クロフトの強靭さに驚かされるのはもはやシリーズ恒例となっています。

    ハードPS4CEROZ
    第6位

    任天堂

    スーパーマリオ オデッセイ - Switch

    価格:4,500円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マリオシリーズ初のオープンワールド

    世界に誇る任天堂のキャラクター「マリオ」がニュードンクの街を走り回る、オープンワールドゲームです。横スクロール、カート、コマンド、ボードというようにマリオシリーズは様々なジャンルの作品がありますが、アクション性の高いオープンワールドは初となります。

     

    ニュードンクシテの高低差や入り組んだ街並みを活かした仕掛けがだくさんあり、マリオゲームでは初めての七頭身のキャラクターが存在するなど、現実の世界にマリオがやってきた、という描写が多いです。

     

    マリオはもちろん、ピーチ姫やクッパ、キノピオなどの定番キャラクターももちろん登場し、任天堂ファンでもオープンワールドファンでも楽しめる内容になっています。

    ハードスイッチCEROB
    第5位

    フロム・ソフトウェア

    DARK SOULS REMASTERED - Switch

    価格:3,828円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    「死にゲー」ジャンルの元祖

    「ソウルシリーズ」と呼ばれる作品群のひとつ、「ダークソウル」シリーズの1作品目です。PS3タイトルとして発売されていた本作は、その続編の3が好調であったこともあり、調整を加えてリマスター版として発売。PS4とスイッチでプレイ可能となりました。

     

    「ソウルシリーズ」はゲーマーたちから「死にゲー」と呼ばれており、ボスキャラクターは持ちろん、モブキャラクターでさえ苦労すような難易度設定で、死ぬこと前提のシステムになっています。

     

    オープンワールドではありますがフィールドごとに明確な区切りがあるため、通常のアクションゲームの様にマップごとに楽しむことができる構造になっています。オンラインでは協力はもちろん他人の世界に侵入し、妨害することも可能です。

    ハードPS4/スイッチCEROD
    第4位

    任天堂

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch

    価格:5,890円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ゼルダシリーズの完成形

    2017年の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」では世界最多の賞を受賞した、任天堂の名作「ゼルダ」シリーズのオープンワールドゲームです。任天堂が発表したゲームの中で最も評価されているゲームと言っても過言ではないほどのタイトルです。

     

    従来の「ゼルダ」シリーズに比べてやれることがとにかく多いことが特徴です。山や木を登ったり、馬に乗って草原を走り回ったり、空を滑空することもできます。狩りや料理など生活感がある行動もでき、より没入感を感じることができるでしょう。

     

    シリーズものとはいえストーリーは独立しており、キャラクターが共通なだけなので本作だけでも十分に楽しむことができます。任天堂作品なのでアクションもそれほど難しくはなく謎解きなどでも楽しむことができるので、誰で楽しむことができます。

    ハードスイッチCEROB
    第3位

    ベセスダ・ソフトワークス

    The Elder Scrolls V: Skyrim

    価格:4,867円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    圧倒的自由度のファンタジー

    「The Elder Scrolls 」の最新作です。オープンワールドゲームの人気拡大に一躍買ったゲームで、この「スカイリム」は、自由度に重きを置いたオープンワールドゲームです。まさに自分をキャラクターに投影し、第二の自分として世界観を楽しむことができます。

     

    オープンワールドゲームは基本的にメインストーリーをこなしつつ、サブストーリーややりこみ要素を攻略していくものがほとんどですが、本作はそういった最低限の縛りすらなく、行きたいところに行き、戦いたいときに戦い、逃げたいときに逃げることができます。

     

    戦士や魔法使いといった基本的なものから、人狼や吸血鬼など特徴的なスタイルもあり、スキルも充実しています。まさに、自分だけのキャラクターで自分だけの世界を楽しむことができるオープンワールドゲームです。

     

    ハードPS4/SwitchCEROZ
    第2位

    スパイク・チュンソフト

    ウィッチャー3

    価格:4,899円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    剣と魔術と怪物

    「ウィッチャー」シリーズは初め、PSゲームでもオープンワールドでもありませんでした。技術の進化とクリエイターたちの努力の甲斐あって本作では、発売前段階で160以上のアワードを受賞するという、前代未聞の偉業を成し遂げており、発売前からの話題性は随一の作品です。

     

    ゲーム内容もアワード受賞を納得するクオリティです。主人公のゲラルトはウィッチャーという怪物狩りを生業にしています。人斬りと怪物斬りの二つの剣と、ウィッチャーの能力「印」を用いた魔法で怪物や悪人を排除します。

     

    大型ダウンロードコンテンツとして、二つのストーリーと一つのフィールドが販売されています。ダウンロードコンテンツを含めた新エディションや「モンスターハンターワールド」とのコラボなど、発売から数年たっても損の人気は衰えていません。

    ハードPS4CEROZ
    第1位

    ベセスダ・ソフトワークス

    Fallout4

    価格:2,301円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    人と怪物が暮らす荒廃した

    核戦争によって荒廃した世界にて冷凍保存から溶けた主人公が、息子を探すために銃を手に取り生き抜くオープンワールドゲームです。オープンワールドながらFPS、TPSの要素が色濃く反映されています。

     

    前作「Fallout3」でオープンワールド界隈で確固たる地位を築き、待望の続編である本作は販売初日で1200万本を売り上げる大ヒットを記録しました。荒廃した世界には人、放射能によって凶暴化したモンスターやクリーチャー、そして昔から生き抜く自立機械など、個性的な敵がプレイヤーの行く手を阻みます。

     

    サブクエストや収集コレクション要素、さらには建築要素などとにかく面白い要素がてんこ盛りで、オープンワールドゲームの中でも特に長時間遊べるゲームであり、やめ時が分からなくなる中毒性があります。

    ハードPS4CEROZ

    オープンワールドゲームのおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:4955164の画像

      ベセスダ・ソフトワークス

    • 2
      アイテムID:4955191の画像

      スパイク・チュンソフト

    • 3
      アイテムID:4955212の画像

      ベセスダ・ソフトワークス

    • 4
      アイテムID:4955323の画像

      任天堂

    • 5
      アイテムID:4955321の画像

      フロム・ソフトウェア

    • 6
      アイテムID:4955324の画像

      任天堂

    • 7
      アイテムID:4955319の画像

    • 8
      アイテムID:4955320の画像

      ソニー・コンピュータエンタテインメント

    • 9
      アイテムID:4955197の画像

      ロックスター・ゲームス

    • 10
      アイテムID:4955159の画像

      ロックスター・ゲームス

    • 商品名
    • Fallout4
    • ウィッチャー3
    • The Elder Scrolls V: Skyrim
    • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch
    • DARK SOULS REMASTERED - Switch
    • スーパーマリオ オデッセイ - Switch
    • ライズオブトゥームレイダー
    • inFAMOUS Second Son
    • グランド・セフト・オートV
    • レッド・デッド・リデンプション2
    • 特徴
    • 人と怪物が暮らす荒廃した
    • 剣と魔術と怪物
    • 圧倒的自由度のファンタジー
    • ゼルダシリーズの完成形
    • 「死にゲー」ジャンルの元祖
    • マリオシリーズ初のオープンワールド
    • 女性冒険家のサバイバル
    • スタイリッシュなオープンワールド
    • なんでもありのアングラ生活
    • 西部劇の舞台で
    • 価格
    • 2301円(税込)
    • 4899円(税込)
    • 4867円(税込)
    • 5890円(税込)
    • 3828円(税込)
    • 4500円(税込)
    • 円(税込)
    • 3572円(税込)
    • 2998円(税込)
    • 3800円(税込)
    • ハード
    • PS4
    • PS4
    • PS4/Switch
    • スイッチ
    • PS4/スイッチ
    • スイッチ
    • PS4
    • PS4
    • PS4
    • PS4
    • CERO
    • Z
    • Z
    • Z
    • B
    • D
    • B
    • Z
    • Z
    • Z
    • Z

    まとめ

    いかがでしたか。オープンワールドゲームは広大なフィールドだけでなく、それぞれに個性があって魅力的ですね。ぜひ今回のランキングを参考に、お気に入りのオープンワールドゲームを探してみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ