記事ID135835のサムネイル画像

【3人までがちょうどいい】洗濯機7kgおすすめ人気ランキング10選

急に壊れてしまったり、寿命が近づいて買い替えに迫られたり。次はどんな洗濯機を選べばいいのか、わからなくて困っている方も多いですよね。そこで今回は、7kg洗濯機のおすすめアイテムをご紹介いたします。わかりやすい選び方もまとめているので、ぜひご参考ください。

悩ましい洗濯機選び、7kgはこんな方にピッタリ

洗濯機で1日に洗う衣類の容量は、ひとり当たり約1.5kgと言われています。計算すると、7kgの洗濯機は7kg÷1.5kg=4.666。およそ4人家族の洗濯機として、適している容量と考えられるでしょう。

 

しかし、夫婦+子供ふたりの家庭が購入する洗濯機としては、実質的に少し物足りない容量となってしまいます。まだ、子供が幼児ぐらいであれば事足りるでしょうが、どちらも小学生・中学生になってくると適量となるのは8kg~10kgぐらいと考えておくのが無難。

 

これらのことからも、7kgの洗濯機購入が適しているのは一人暮らし、新婚さんや夫婦ふたり、子供おひとりのご家庭が目安。また、子供の独立などで同居家族が3人に減少した、4人家族だけど洗濯物の量がそれほど多くない方にもおすすめといえるでしょう。

7kg洗濯機の選び方

比較的にコンパクトなサイズとなる7kg洗濯機は、スペックのシンプルなタイプが多くあります。そのため、選び方もわかりやすくてとても簡単です。洗濯方式、乾燥機能の有無、静音性、機能面の4つから、ご自身に合う洗濯機を導き出していきましょう。

洗濯方式の持つ強みで選ぶ

洗濯機の洗浄方式は、大別すると縦型とドラム型の2パターン。それぞれに得意・不得意が存在します。まずは、ご自身の求める洗濯方式がどちらなのか検討していきましょう。

洗浄力を重視するなら縦型

洗濯槽内の底面にあるパルセーターの遠心力で撹拌し、揉み洗い・こすり洗いをするのが縦型洗濯機の特徴です。たっぷりの水を使って洗い・すすぎをするから、きわだつ白さに仕上がります。

また、ドラム型に比べてリーズナブルプライスな機種が多いことも大きな魅力。乾燥は苦手ですが、洗浄力を求める方やコスパを追求したい方は縦型の7kg洗濯機を選ぶのがおすすめです。

 

ドラム型ならガンガン乾燥させたい方に

ドラムの回転力を利用して、少ない水で上から下にたたきつけるように洗うのがドラム型洗濯機の特徴です。洗浄力は縦型に劣ってしまうものの、乾燥させるなら上からも下からも風を当てることができるドラム型の勝利。

 

縦型に比べると値段は高くなってしまいますが、衣類乾燥をガンガン使いたいならドラム型の7kg洗濯機の購入が最適といえるでしょう。

 

乾燥機能の違いで選ぶ

ご自身に必要な乾燥機能を判断し間違えると、取り返しのつかない事態になってしまいます。そのため、求める乾燥方式を明確にして、7kg洗濯機を選ぶようにするのがおすすめです。

ヒートポンプ方式

洗濯機の運転時などに発生した熱や水を集めて、熱エネルギーに変換するヒートポンプを利用して乾燥させる方式です。ヒーターや水を使わないため、省エネな乾燥ができます。また、65℃~75℃の低温で乾かすため、繊維が受けるダメージも少ないです。

 

乾燥機能をフル活用したい方は、ぜひヒートポンプ方式の乾燥洗濯機を選ぶようにしましょう。ただし、残念ながら記事内にはヒートポンプ方式の7kg洗濯機がランキングしていません。

ヒーター方式

高温で乾燥させるヒーター式は、カラッとした仕上がりになります。しかし、ヒートポンプ式より繊維が傷みやすかったり、電気代が高くなってしまったりといったデメリットも。そのため、少量の衣類を乾燥させたい、あまり乾燥機能は使わないという方におすすめです。

簡易乾燥タイプ

誤解を生じやすいのが簡易乾燥タイプです。“乾燥”とついたネーミングではありますが、熱源を使わないため衣類を乾燥させる能力はほとんどありません。干す時間が短くなる程度なので、絶対乾かしたいという方は、乾燥できる7kg洗濯機を選びましょう。

静音性で選ぶ

洗濯機の運転音がうるさいと感じる理由は主に2つあります。ひとつめは、モーターがギアやベルトを介してパルセーターや洗濯槽と連結されているため。ふたつめは、インバーターがついておらず、モーターが常にフルパワーで回っているためです。

 

洗濯機に静音性を求める方は、モーターがダイレクトに洗濯槽に連結されているDD(ダイレクトドライブ)モーターや、モーターの回転を制御できるインバーターが搭載された7kg洗濯機を選ぶとよいでしょう。

 

インバーターとモーターが優秀であればあるほど、洗濯機の静音性は高まるということなのです。

機能で選ぶ

失敗のない7kg洗濯機を購入するなら、どんな機能がついているのかも重要な判断ポイントになります。ついていなければ、次回の買い替えまで我慢するハメに。どのような機能があれば毎日の洗濯が充実するのか、じっくりとイメージしてみましょう。

風呂水ポンプ

入浴後の残り湯を洗濯機に使用したい方は、風呂水ポンプ機能がついた7kg洗濯機を選びましょう。流して捨てるだけの残り湯を使えば節水にもなりますし、温水での洗いが汚れ落ちもアップさせてくれます。

 

ただし、風呂水の使用は洗いのみに使い、すすぎは水道水で行うのが大切なポイント。残り湯の微生物が気になったり、入浴剤を頻繁に使用したりするなら、風呂水ポンプではなく、温水洗浄機能つきの洗濯機がおすすめです。

ほぐし脱水

洗濯が完了した後、ふた扉を開けるとウンザリしてしまうのが、からみにからんだ状態の衣類です。1枚ずつ手でほぐしていくのは重労働。「早く干して出かけたいのに」という時もイライラしてしまいますよね。

 

そういったストレスを解消したい方は、ほぐし脱水機能つきの洗濯機がおすすめです。脱水工程の最後にパルセーターが細かく動くことによって、衣類のからまりを少なくする仕組みになっています。

温水洗浄

洗っているのに、知らず知らずのうちに蓄積してしまうのがニオイや黄ばみです。とくに白物衣類やオシャレ着などは、このような蓄積汚れが目立ってしまいます。

 

お湯で洗えば、だいぶん洗浄力も高まるのですが、お風呂の残り湯は使いたくないという方も多いでしょう。そんなときに役立つのが温水洗浄機能つきの7kg洗濯機です。

 

これは、槽内の水を熱源で温めてから使うシステム。どうしても稼働時間が長くなってしまいますが、衣類を長く大事に着ていきたい、洗浄力によりこだわりたい方にはおすすめの機能といえるでしょう。

チャイルドロック

お子様が洗濯機を触っても、ふた扉が開かないようにするための機能です。チャイルドロックを解除しないと、ふた扉を開けることができません。洗濯槽のなかに入ってしまう事故は年々多発しています。

 

だからこそ、目の離せない年齢の子供がいたり、やんちゃなお子様がいたりするご家庭におすすめ。シンプルな機能を追求した洗濯機には搭載されていない場合が多いので、子育て世代の方は必ず購入前に確認しておくようにしましょう。

メーカーで選ぶ

各家電メーカーは、独自の特色を持った7kg洗濯機を開発・製造しています。全ての機種に全ての機能がついているわけではありませんが、洗濯機選びのひとつの目安となるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

パナソニック。泡洗浄、ヒートポンプでパワフル洗濯

パナソニックの洗濯機の特徴は、洗剤を泡立てて洗う「泡洗浄」です。水に溶けるまでに時間のかかる洗剤を泡立ててしまうことで、汚れ落ちをパワーアップさせています。また、洗い効果を高める「温水泡洗浄」もあり、おしゃれ着洗いも可能です。

 

乾燥は、除湿された65℃の低温風で乾かすヒートポンプ方式。衣類の傷みを低減しながら、ふっくら乾かすことができます。乾燥途中での停止・取り出しもできるため便利です。

日立。ナイアガラビート洗浄で頑固な汚れもサッパリ

X型でうねりのある突起を持つパルセーター「ビートウィングX」で、頑固な油汚れや泥汚れをサッパリ落としてくれるのが日立の洗濯機の強みです。また、たくさんの水量ですすぐナイアガラシャワーで、洗い上がりの白さも追求できます。

 

乾燥は、ヒーターで温めた風を当てるヒーター乾燥方式と、稼働時に発生する熱を再利用したヒートリサイクル方式。手軽な操作性を追求した「白い約束」シリーズもあり、洗濯機にこだわる派もシンプル派にも親しみやすい家電メーカーです。

東芝。ウルトラファインバブルでナノサイズの白さに

東芝の洗濯機の特徴は、静音性に定評があることです。それは、洗濯槽とモーターをベルトで連結しないダイレクトドライブモーターを使っているから。また、ナノサイズで汚れを落とすウルトラファインバブル洗浄も大きな魅力です。

 

乾燥は大風量でシワを伸ばし、やわらかく仕上げるヒートポンプ方式が主流。上位モデルから最安モデルまでと、予算でお客様を選ばない幅の広さで人気のある家電メーカーです。

シャープ。穴なし洗濯層でカビ知らず

シャープは唯一、穴なし洗濯槽を採用しているメーカーです。穴がないことで洗濯槽の外側に発生した黒カビの侵入を防いだり、節水に役立てたりしています。また、穴がないことで撹拌した勢いがさらに増す「巻き上げ水流」で洗浄力もアップ。

 

乾燥は、ヒートポンプとヒーターの2種類があります。上位モデルでは、ヒートポンプとヒーターを合わせて使うハイブリッド乾燥、少量の衣類をハンガーにかけて素早く乾かすハンガー乾燥もあります。

 

プラズマクラスターも含め、斬新で創意工夫されたメーカー独自の技術に魅力を感じる方におすすめです。

7kg洗濯機おすすめランキング10選

第10位

AQUA(アクア)

ワイドガラストップ AQW-GV70G-W

価格:47,693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中身が見えて安心。静かでコスパも抜群

上開きのふた扉に強化ガラスを採用し、中身が見えて安心できる7kg洗濯機です。タテヨコに水流を起こして衣類を大きく撹拌する3Dパワフル洗浄で、しつこい汚れもキレイに落とします。

 

風呂水ポンプ・からまりを少なくするやわらか脱水・自動おそうじなど、あれば心強い機能も勢揃い。さらに、インバーター搭載だから静かなお洗濯も可能です。日本のブランドにはこだわらず、コストパフォーマンスの高さを求めている方におすすめです。

 

 

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥(風乾燥)
インバーターの有無あり機能風呂水ポンプ・ほぐし脱水・チャイルドロック・自動おそうじ
サイズ565×550×965mm
第9位

maxzen(マクスゼン)

JW70WP01WH(ホワイト)

価格:23,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわらない人へ。今、話題のジェネリック家電

ジェネリック家電とは、特許の切れた大手家電メーカーの製品から手厚く付帯された機能を省いてシンプルにしたものを言います。安さの秘密は、ジェネリック仕様で開発費がコストカットされているから。

 

そんなジェネリックの本機は、標準・ソフト・強洗・自分流・毛布の極々シンプルなコースを搭載した7kgの洗濯機。手動で16・27・37・50Lと4段階で水位を設定できるから、自分好みの感覚で節水が可能です。

 

チャイルドロックつきで、小さなお子様がいたずらしてしまっても大丈夫。スペックにこだわりのない方や、一人暮らしの方におすすめの記事内で最も安い洗濯機です。

洗濯方式縦型乾燥機能なし
インバーターの有無なし機能チャイルドロック
サイズ565×534×835mm
第8位

panasonic

キューブル NA-VG730L/R(ブラストシルバー)

価格:188,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7kg洗濯機のオシャレ番長。幅・奥行60cmで極スリム

キューブルは平行で垂直なフォルム、スタイリッシュな雰囲気がオシャレな人々の心をくすぐる7kgの乾燥機能つき全自動洗濯機です。パナソニック独自の泡洗浄で、真っ白な洗い上がりに仕上げてくれます。

 

40℃の温水で皮脂汚れをしっかり落としてくれる温水洗浄コースも搭載標準洗いできる衣類はもちろん、おしゃれ着に残りがちなイヤなニオイもしっかり落としてくれます。

 

乾燥機能はヒーター排気式で容量は3.5kg。洗濯槽掃除の手間がかからない自動お手入れ機能もあります。とにかくオシャレな7kg洗濯機が欲しい、衣類乾燥は少量で時間がかかっても大丈夫という方におすすめの機種です

洗濯方式ドラム型乾燥機能ヒーター排気式(乾燥容量3.5kg)
インバーターの有無あり機能温水・泡洗浄・自動お手入れ
サイズ639×1050×600mm
第7位

日立

白い約束 NW-R704-W (ホワイト)

価格:43,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

母親へのプレゼントに大人気。ブランド力と操作性が決め手

白物家電といえば日立、日立のモーターは優秀。「白い約束 NW-R704-W」は、昭和の時代に築き上げたブランド力とシンプルな操作性が魅力の7kg洗濯機です。シャワーをかけることによって汚れを落とすシャワー浸透洗浄、干す時間を短縮する風脱水機能つき。

 

終了後に洗濯物がからまらないほぐし脱水機能も、「本当にタオルがバラバラになっている」と口コミで好評を博しています。操作に迷わない、定番の機能が揃ったリーズナブルな価格の洗濯機が欲しい方におすすめの機種です。

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥(風脱水)
インバーターの有無機能ほぐし脱水・チャイルドロック・槽洗浄
サイズ568×540×986mm
第6位

シャープ(SHARP)

コンパクトドラム ES-S7C-WL /WR

価格:138,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦型が置けるなら大丈夫。コンパクトすぎるドラム型乾燥洗濯機

ドラム型乾燥洗濯機が欲しいけれど、スペースが足りないからとあきらめている方も多いことでしょう。本機は、幅59.6cm×奥行60.0cmあれば設置可能なコンパクトボディ。一般的なサイズの防水パンであれば、ピッタリと収まるサイズです。

 

省エネで節水もできる水位・温度・振動・重量の4つのセンサーつき。消臭やお掃除ができるプラズマクラスターコースも搭載されています。洗濯機の設置スペースが限られている方や、リーズナブルなドラム型が欲しい方におすすめの7kg洗濯機です。

洗濯方式ドラム型乾燥機能ヒーターセンサー乾燥
インバーターの有無あり機能チャイルドロック
サイズ640×600×1,039mm
第5位

SHARP(シャープ)

ステンレス穴なし槽 ES-GE7C-W(ホワイト)

価格:41,708円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

穴なし槽で黒カビにサヨナラ。1回あたり35L節水

洗濯機を使っていると、悩まされるのが黒カビの存在です。せっかく洗い上がったと思ったら、ヒラヒラした黒カビが洗濯物に張り付いていてガックリしてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

本機は、そんな黒カビの存在をシャットアウトするおすすめの7kg洗濯機。内部は穴なしのステンレス槽だから、黒カビが洗濯機内に浮かび上がってくることがありません。また、1回あたりの洗濯で35Lの節水効果も魅力のひとつ。

 

インバーター非搭載なので、運転音はそれなりにあると口コミには多いものの、全体的なコスパの良さで大人気の機種です。インバーター非搭載でOK、黒カビとさよならしたいという方はぜひどうぞ。

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥
インバーターの有無なし機能チャイルドロック・風呂水ポンプ・自動槽洗浄・ほぐし運転
サイズ565×535×898mm
第4位

東芝

グランホワイト AW-7G6 W

価格:40,340円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝で一番安い洗濯機。大手ブランドで安心

安さを追求すると、どうしても海外メーカーの洗濯機になりがち。「日本メーカーで最安の洗濯機はないかな」とお考えの方に最適の東芝製7kg洗濯機です。探せば3万円台で購入できるショップもあるほどリーズナブル。

 

少量の水で高濃度の洗剤液を作り出し、強力な水流で繊維の奥から汚れをしっかり落としてくれます。脱水時間を長くすることで短時間で乾かせる部屋干しモード搭載からみまセンサー機能つきで、洗濯完了後もラクに干すことが可能です。

 

インバーターなしの機種であるため、運転音の感じ方は個人差あり。それでも大手のブランド力と性能、金額を重視する方におすすめの人気洗濯機です。

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥(ヒーターレス風乾燥)
インバーターの有無なし機能風呂水ポンプ
サイズ563×580×987mm
第3位

東芝(TOSHIBA)

グランホワイト ZABOON AW-7D7-W

価格:63,139円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性には定評あり。ウルトラファインバブルで輝く白さに

異なる水流をつくりあげるパルセーター「ザブーンパル」が、槽内の衣類を立体的に動かしながら洗浄する7kg洗濯機です。さらに、ナノサイズの泡で汚れを吸着、洗い落とすウルトラファインバブル洗浄で、驚きの白さに仕上げてくれます。

 

口コミでは、「静音性も高くておすすめ」と大好評。自動おそうじ機能もついているから、洗濯槽の清潔キープに便利です。科学的な脅威の洗い上がりを求めている方、DDモーターの静音性を求めている方はぜひコチラの機種をどうぞ。

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥(ヒーターレス風乾燥)
インバーターの有無ー(DDモーター搭載)機能風呂水ポンプ・チャイルドロック・自動おそうじ
サイズ600×569×980mm
第2位

panasonic

泡洗浄 ホワイト NA-FA70H6-W

価格:62,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手前が低く操作面が奥に。身体がラクになる泡洗浄洗濯機

縦型洗濯機は洗い上がった後の衣類の取り出しが重たくて、足腰に負担がかかってしまうのが難点です。そんなデメリットを解決したのがコチラの7kgの機種。洗濯機本体が手前に低く、操作パネルを奥に設置することによって、身体への負担を解消しています。

 

他にも、スピーディーな泡立ちで洗い時間の効果を上げる泡洗浄、汚れのひどい衣類も真っ白にしてくれるパワフル滝洗いコースも大人気の理由。縦型をラクに扱いたい、泡洗浄でしっかり洗い上げたい方におすすめの簡易乾燥機能つき洗濯機です。

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥(送風乾燥・化繊2kg)
インバーターの有無あり機能風呂水ポンプ・自動槽洗浄・ほぐし脱水・
サイズ564×1021×573mm
第1位

日立

ビートウォッシュ BW-V70C-A(ブルー)

価格:61,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナイアガラビートで汚れスッキリ。最強に静かな7kg洗濯機

最近の洗濯機に求められているスペックは、洗浄力と静音性です。前後左右への騒音が気になりやすいマンション住まいだったり、夜間に洗濯したりする方が増えたため、このような需要が高まっているのでしょう。

 

本機は、揉み洗いやたたき洗い効果のある回転する羽・ビートウィングXと、さらに大流量のナイアガラシャワーで最高の洗浄力を実現した7kg洗濯機です。Yシャツの襟・袖汚れ、お子様の食事でついてしまった油汚れも、輝くような白さに導きます。

 

「汚れがよく落ちる」「あまりの静かさに驚く」など、高評価のレビューがぎっしり。乾燥機能はいらないけれど、洗浄力と静音性にこだわりたい方におすすめです。「やっぱり日立。」7kgの洗濯機選びに迷ったら、コチラのNO.1機種で決まりといえるでしょう。

洗濯方式縦型乾燥機能簡易乾燥(脱水乾燥・エアジェット)
インバーターの有無あり機能風呂水ポンプ・ほぐし脱水・チャイルドロック・自動おそうじ
サイズ577(530)×980×586mm

洗濯機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4952619の画像

    日立

  • 2
    アイテムID:4952620の画像

    panasonic

  • 3
    アイテムID:4952680の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 4
    アイテムID:4952678の画像

    東芝

  • 5
    アイテムID:4952618の画像

    SHARP(シャープ)

  • 6
    アイテムID:4952622の画像

    シャープ(SHARP)

  • 7
    アイテムID:4952636の画像

    日立

  • 8
    アイテムID:4952676の画像

    panasonic

  • 9
    アイテムID:4952699の画像

    maxzen(マクスゼン)

  • 10
    アイテムID:4952720の画像

    AQUA(アクア)

  • 商品名
  • ビートウォッシュ BW-V70C-A(ブルー)
  • 泡洗浄 ホワイト NA-FA70H6-W
  • グランホワイト ZABOON AW-7D7-W
  • グランホワイト AW-7G6 W
  • ステンレス穴なし槽 ES-GE7C-W(ホワイト)
  • コンパクトドラム ES-S7C-WL /WR
  • 白い約束 NW-R704-W (ホワイト)
  • キューブル NA-VG730L/R(ブラストシルバー)
  • JW70WP01WH(ホワイト)
  • ワイドガラストップ AQW-GV70G-W
  • 特徴
  • ナイアガラビートで汚れスッキリ。最強に静かな7kg洗濯機
  • 手前が低く操作面が奥に。身体がラクになる泡洗浄洗濯機
  • 静音性には定評あり。ウルトラファインバブルで輝く白さに
  • 東芝で一番安い洗濯機。大手ブランドで安心
  • 穴なし槽で黒カビにサヨナラ。1回あたり35L節水
  • 縦型が置けるなら大丈夫。コンパクトすぎるドラム型乾燥洗濯機
  • 母親へのプレゼントに大人気。ブランド力と操作性が決め手
  • 7kg洗濯機のオシャレ番長。幅・奥行60cmで極スリム
  • こだわらない人へ。今、話題のジェネリック家電
  • 中身が見えて安心。静かでコスパも抜群
  • 価格
  • 61690円(税込)
  • 62500円(税込)
  • 63139円(税込)
  • 40340円(税込)
  • 41708円(税込)
  • 138000円(税込)
  • 43100円(税込)
  • 188700円(税込)
  • 23500円(税込)
  • 47693円(税込)
  • 洗濯方式
  • 縦型
  • 縦型
  • 縦型
  • 縦型
  • 縦型
  • ドラム型
  • 縦型
  • ドラム型
  • 縦型
  • 縦型
  • 乾燥機能
  • 簡易乾燥(脱水乾燥・エアジェット)
  • 簡易乾燥(送風乾燥・化繊2kg)
  • 簡易乾燥(ヒーターレス風乾燥)
  • 簡易乾燥(ヒーターレス風乾燥)
  • 簡易乾燥
  • ヒーターセンサー乾燥
  • 簡易乾燥(風脱水)
  • ヒーター排気式(乾燥容量3.5kg)
  • なし
  • 簡易乾燥(風乾燥)
  • インバーターの有無
  • あり
  • あり
  • ー(DDモーター搭載)
  • なし
  • なし
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • 機能
  • 風呂水ポンプ・ほぐし脱水・チャイルドロック・自動おそうじ
  • 風呂水ポンプ・自動槽洗浄・ほぐし脱水・
  • 風呂水ポンプ・チャイルドロック・自動おそうじ
  • 風呂水ポンプ
  • チャイルドロック・風呂水ポンプ・自動槽洗浄・ほぐし運転
  • チャイルドロック
  • ほぐし脱水・チャイルドロック・槽洗浄
  • 温水・泡洗浄・自動お手入れ
  • チャイルドロック
  • 風呂水ポンプ・ほぐし脱水・チャイルドロック・自動おそうじ
  • サイズ
  • 577(530)×980×586mm
  • 564×1021×573mm
  • 600×569×980mm
  • 563×580×987mm
  • 565×535×898mm
  • 640×600×1,039mm
  • 568×540×986mm
  • 639×1050×600mm
  • 565×534×835mm
  • 565×550×965mm

まとめ

7kgの洗濯機は、さまざまな機能がついている上位モデルよりも、定番の機能が揃っていたり、逆にとことんシンプルだったりする機種のほうが人気のようです。あなたの大切な衣類を洗う洗濯機。本記事を参考に、お気に入りの1台に巡り会えれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ