記事ID135822のサムネイル画像

【家の中どこでも繋がる】おすすめのWi-Fi中継器人気ランキング10選

家の中でWi-Fiの接続状態が良くない時にはWi-Fi中継器の利用がおすすめです。失敗しない選び方のポイントや、人気のWi-Fi中継器ランキング10選をご紹介します。賢く選んで家のインターネット環境をより良いものにしましょう。

Wi-Fi中継器を使えば家全体でWi-Fiが使用可能に

家の中でWi-Fiの接続状況が良くないと感じるときはありませんか?無線LANルーターと、実際にWi-Fiに繋ぎたい機器の距離が遠いと途切れ途切れになってしまったり、繋がりにくい場合があります。

 

Wi-Fi中継器は、無線LANルーターから受信した電波をさらに遠くへ飛ばしてくれます。それにより、今まで届かなかった場所にも電波が届くようになりWi-Fiに接続できるようになるのです。適切な場所に設置すれば家の中どこでもWi-Fiが快適に繋がるようになります。

 

色々なWi-Fi中継器が販売されていますが、選ぶときにはいくつか押さえておくべきポイントがあります。今回は、選ぶときのポイントと合わせておすすめのWi-Fi中継器10選をランキング形式で紹介いたします。

Wi-Fi中継器の選び方

Wi-Fi中継器を選ぶときに押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。買ってから繋がらなかった、とならないように選び方のポイントを見ていきましょう。

デュアルバンド同時接続可能なものを選ぶ

デュアルバンドとは5GHz帯と2.4GHz帯のふたつの帯域を使用して、送受信を同時に行う接続方法です。デュアルバンド方式ならWi-Fi中継器を通しても速度の低下が起こりません。メーカーによりクロスバンド方式や、デュアルモードなどと呼ぶこともあります。

 

対してシングルバンドは5GHz帯と2.4GHz帯を交互に切り替えて使用する接続方法で、親機から電波を受信する時にも、中継器から子機へ発信する時にも同じ帯域を交互に使います。そのため処理に2倍の時間がかかり、その分速度は半分になってしまいます。

 

今のところ、シングルバンドにしか対応していないWi-Fi中継器を選ぶメリットはありません。最近販売されている中継器はデュアルバンド同時接続対応のものが多いですが、選ぶ際にはデュアルバンド同時接続が可能かどうかを確かめましょう

 

 

使っている無線LANの規格を下回らないように選ぶ

使用中の無線LANの規格を確認してみましょう。現在多く流通している規格は通信速度が速い順に「11ac」「11n」「11a」「11g」「11b」です。さらにハイスペックな「11ad」がありますが対応している製品がまだ少ないので現在は「11ac」に対応していれば十分です。

 

使用している無線LANの規格が「11ac」なのに、中継器の規格が「11n」だと無線LAN親機の「11ac」の性能が十分に発揮されません。上位規格になるほど価格は上がりますが「11ac」に対応している機器ならそれより古い規格もサポートしています。

 

現在古い無線LANルーターをお使いで、上位規格のものに買い替えを検討しているなら、中継器も「11ac」にしておけば安心です。古い規格に買い替えることはまず無いと思いますので、購入を検討している場合は「11ac」対応がおすすめです。

設置の仕方で選ぶ

Wi-Fi中継器には電源の取り方が2種類あります。設置したい場所により選ぶべきものが変わるので、どこに設置するのかを想定しながら選びましょう。

 

本体の差し込みプラグを直接コンセントに繋ぐタイプ

プラグを直接壁のコンセントに差し込むタイプは、設置場所を取らずに室内がすっきり見えるのがメリットで、本体を差し込むだけで設置できるので簡単です。廊下に設置する場合など、さらに奥行が薄いものだと通る際に引っかかったりせずに安心です。

 

最近販売されているWi-Fi中継器は壁のコンセントに直接差し込むタイプが主流ですが、延長コードを使えばどこにでも好きな箇所に設置できるので、壁に取り付ける予定のない場合でも使えます。

 

直接差し込むタイプは、使っていない差込口を本体で塞いでしまわないようにサイズを確認しておくことが大切です。あとは本体が重い場合はコンセント直差しタイプだと固定しきれず落ちてくる場合があるので、その場合は延長コードの利用を検討しましょう。

本体からケーブルでコンセントに繋ぐタイプ

本体からケーブルでコンセントに繋ぐタイプは、どこにでも設置できるのが良い点です。電波をなるべく遠くに飛ばしたい場合はケーブルを利用して高い棚の上に設置するのも効果的です。

 

コンセントを家具で塞いでしまっている場合なども、ケーブルで繋ぐタイプなら好きな位置まで引き出せるので便利です。とは言え、最近主流のコンセントタイプも延長コードを使えばどこにでも設置できます。

 

それに対して、ケーブルタイプは壁に直接取り付けることができず、設置方法が限られています。壁にコンパクトに設置したい場合は、直接差し込むコンセントタイプを選びましょう。

 

 

有線LANポートの有無で選ぶ

Wi-Fi中継機に有線LANポートが搭載されていれば、無線に対応していないパソコンやゲーム機等もWi-Fiルーターから離れた場所で使用できるようになります

 

例えば、2階建ての1階に無線LANルーター(Wi-Fiルーター)が設置してある場合。パソコンが有線でしか接続できない場合は1階でしかパソコンが使えません。ところが、2階にLANポートがついているWi-Fi中継器を設置すれば、Wi-Fi中継器とパソコンを繋いで2階でもパソコンが使用可能になります。

 

家に無線非対応のパソコンやゲーム機がある場合はLANポートの有無を確認しておくとこのような使い方もできるので参考にしてみてください。

Wi-Fi中継器の人気ランキング10選

第10位

アイ・オー・データ

Wi-Fi中継機WN-AC1167EXP

価格:4,212円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デュアルモード搭載で設定も簡単なコンパクト設計、繋がらなかった場合の返金保証付き

アンテナ内蔵のため、空いているコンセント口を塞がないコンパクト設計の中継器です。WPS対応のWi-Fiルーターなら他社製のものでも簡単に接続できます。SSIDと暗号キーも引き継ぐことができるので、スマートフォンやゲーム機の再設定は不要です。

 

本体についているLEDランプの数で接続状態を確認しながら設置場所を適切な位置に決められます。設置後は、親機と中継器のどちらに繋ぎたいか手動で変更できるため、使う部屋によって電波の強い方のSSIDに繋いで、いつでも快適に使えます。

 

アイ・オー・データは、万が一ネットワークに繋がらなかった場合の保証が充実しています。設置してみたけれど繋がらない場合は購入代金を返金するペイバック保証があります問い合わせはネットワーク商品専用の窓口があるので初心者の方でも安心です。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポートなし転送速度最大867Mbps(IEEE802.11ac)
第9位

TP-LINK

無線LAN中継器 RE450

価格:5,455円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3本の外付けアンテナで安定した高速通信が可能になるWi-Fi中継器

3本のアンテナが外付けされていて、広範囲に電波を届けます。電波の干渉を避け、安定した通信環境を作ることが可能です。有線LANポートも搭載されています。サイズが少し大きいので直接コンセントに差して邪魔になるようなら延長コードの利用をおすすめします。

 

本体についているREボタンを押すと同時に無線LANルーターのWPSボタンを押せば簡単にセットアップ出来ます。本体にはLEDがついていて、青く光れば接続状態が良好、赤く光る場合は無線LANルーターから遠いことを示しています。ランプにしたがって簡単に設置場所を決められます。

 

ハイスピードモードと呼ばれるデュアルバンド同時接続方式で、送受信に別帯域を使用して速度を落とさず中継可能です。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大1733Mbps(IEEE802.11ac)
第8位

ネットギア

EX7300 Nighthawk ×4 メッシュWi-Fiエクステンダー

価格:9,908円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

究極のスピードを体感できるハイスペック中継器

価格は少し高価ですが、家の中全体をカバーするメッシュWi-Fiを構築するハイスペック中継器です。デュアルバンド同時接続で速度を落とさないことはもちろん、ビームフォーミング機能も備えているのでピンポイントで必要な場所に電波を飛ばします。

 

設定はWPSボタンを押すだけで簡単で、スマートフォンアプリも備えています。高速通信はもちろんですが、ペアレンタルコントロールの機能もあり、スケジュール管理が可能です。

 

推奨同時接続数は12台となっており、たくさんの機器を広い家でつなぎたい人にはおすすめのWi-Fi中継器です。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大1733Mbps(IEEE802.11ac)
第7位

TP-LINK

無線LAN中継器 RE650

価格:8,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クアッドアンテナで広範囲に強力な電波を届ける高性能中継器

4本のアンテナで安定した高速通信が可能なハイスペック中継器です。沢山の機器を同時に接続しても通信速度が落ちず、ストレスを感じることなく4k動画視聴やゲームが楽しめます。広い家でWi-Fi機器をたくさん接続したい人におすすめです。

 

ビームフォーミングも搭載しているので必要な場所に集中して強力な電波を届けます。LANポートもついているので機器を有線接続することも可能です。設定はWPSボタンで簡単にでき、Wi-Fiの接続状況も本体のランプですぐに確認でき、さらにTP-Link専用のアプリ「テザー」を利用してWi-Fi設定に簡単にアクセスできます。

 

ハイスペックなだけに、本体の重量が意外とあります。コンセント直差しタイプですが重さが気になる人は延長コードの利用をおすすめします。

 

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大1733Mbps(IEEE802.11ac)
第6位

ネットギア

EX6110Wi-Fiエクステンダー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな本体でハイパワーのWi-Fi中継器

本体はとても小さくコンパクトな、直差しタイプのWi-Fi中継器です。本体についているスマートLEDランプで適切な設置場所を探せます。

 

他社ルーターとの接続もでき、デュアルバンド同時接続なので通信速度を落とさず中継が可能です。ネットギアの中継器では「Fast Laneテクノロジー」と呼ぶ機能がデュアルバンド同時接続と同じ意味になります。推奨同時接続数は2台となっているので、一人暮らしの人におすすめのWi-Fi中継器です。

 

ネットギアのアプリ「Wi-Fi Analytics」を利用すると家の中のWi-Fi強度をテストしたり、設置後のネットワークの状態や電波の監視を行えます。接続したい機器が少ない人、コストを重視する人におすすめです。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポートなし転送速度最大867Mbps(IEEE802.11ac)
第5位

NEC

Aterm PA-W1200EX

価格:5,886円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電波を届けるだけでなく多機能なハイパワーWi-Fi中継器

電波が届きにくい場所にもハイパワーに電波を飛ばして高速通信を可能にする、コンセント直差しタイプの中継器です。3階建てなら2階に中継器を設置すれば家中どこでもWi-Fi利用が可能になります。ビームフォーミングにも対応していて、スマートフォンにもピンポイントで電波を送ります。

 

デュアルバンド同時接続で複数の機器を繋いでも速度の低下が起こりません。数台繋げてさらに遠くまで電波を届ける多段設置も可能。NECの技術「μ(マイクロ)EBG構造」により、アンテナへのノイズの侵入をブロックするので、よりアンテナの受信感度が向上し、安定した通信が可能になっています。

 

WPS対応で設定は簡単。家族のWi-Fi接続を通知するお知らせ機能や、Wi-Fiの利用時間を制限できる「こども安心ネットタイマー」機能も搭載。アプリを利用して端末ごとに細かい設定が可能です。お子さんのいるご家庭におすすめです。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大867Mbps(IEEE802.11ac)
第4位

バッファロー

Wi-Fi中継機 WEX-733DHP

価格:3,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッファロー製Wi-Fiルーターと一緒に使うとさらに安定した通信が可能

転送速度が半減しないデュアルバンド接続方式採用のコンパクトタイプで、LANポートは搭載していません。

 

Smart ExRate機能を搭載しており、同じくバッファロー製のWi-Fiルーターと一緒に使うことで、さらに安定した通信を実現します。ルーターから離れた部屋でも高画質で動画視聴ができます。親機のSmart ExRateをオンにしなければならないので、親機もSmart ExRateに対応したバッファロー製のWi-Fiルーターである必要があります。

 

設置はコンセント直差しタイプで、空いているもう一方のコンセントは塞がない省スペース設計です。設定はWPSボタンを押すだけなので簡単です。親機の設定を引き継ぐのでスマートフォンのWi-Fi再設定は不要です。

 

 

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポートなし転送速度最大433Mbps(IEEE802.11ac)
第3位

バッファロー

WiFi中継機 WEX-1166DHP

価格:6,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可動式アンテナで電波の向きを最適化できる中継器

速度が半減しないデュアルバンド接続方式で、同時接続数が増えても快適なインターネット環境を実現します。コンセントに直差しも出来ますが、スタンドと2mのAC延長コードが付属しているので好きな場所に据え置きが可能です。2個口コンセントに直差ししても、空いている一方のコンセントは塞がない設計。

 

設定はWPSで簡単に行え、スマートフォンアプリでWi-Fiリモコンを起動すれば最適な設置場所を探してくれます。さらにパーソナルモード機能を搭載していて、分専用のネットワークを構築できます。同じネットワーク内にいる他人に見られたくないデータがあっても安心です

 

ビームフォーミング機能で、子機の位置を自動で判別し電波をピンポイントで届けるため、家の中で持ち歩くスマートフォンにも最適な中継器。さらに可動式アンテナを搭載しているのでより安定した電波環境を作れます。

 

 

設置方法コンセント直差し/据え置き規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大866Mbps(IEEE802.11ac)
第2位

バッファロー

Wi-Fi中継機 WEX-1166DHPS

価格:4,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子機にピンポイントで電波を届けるビームフォーミングが特徴

高速Wi-Fi規格11acにもちろん対応、デュアルバンド接続で速度も落ちないコンパクト中継器です。一般的な二個口コンセントなら、片方のコンセントを塞ぐことのない設計になっています。薄型省スペースなので狭い廊下や洗面所でも邪魔になることなく設置できます。

 

スマートフォンアプリをインストールすれば、アプリからワンタッチでWi-Fiリモコンが起動でき、親機と子機の接続状況の確認や、ベストな設置場所を教えてくれます

 

子機の位置を判別して、そこを狙って電波を届けてくれる「ビームフォーミング」に対応しています。家の中で持ち歩いて使うスマートフォンには特にビームフォーミング機能が役立ちます。速度の安定性がアップするのでより快適なインターネット環境を作ります。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大866Mbps(IEEE802.11ac)
第1位

TP-LINK

無線LAN中継器 RE200

価格:2,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デュアルバンドで高速、コスパ最強のコンパクト中継器

11ac/n/a/g/bに対応している、コンセントに直接差し込むタイプのコンパクト中継器です。家庭用のルーターには全て対応しているので、ルーターが他社製のものでも、問題なく使える中継器です。メーカー保証は業界最高水準の3年間保証付きなので安心です。

 

接続方法はルーターのWPSボタンと、中継器RE200のREボタンを2分以内に押すだけなので簡単です。本体についているLEDで接続状態を確認することができるので、最適な設置場所を探ることができます。

 

LANポートが1口あるので、無線機能のない機器を有線接続して使用が可能です。有線ルーターに接続すればブリッジモードとしても利用できます。機能とコストのバランスがよい万人におすすめの中継器です。

設置方法コンセント直差し規格11ac/n/a/g/b
LANポート1つ転送速度最大433Mbps(IEEE802.11ac)

Wi-Fi中継器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4954678の画像

    TP-LINK

  • 2
    アイテムID:4956774の画像

    バッファロー

  • 3
    アイテムID:4956847の画像

    バッファロー

  • 4
    アイテムID:4956861の画像

    バッファロー

  • 5
    アイテムID:4956870の画像

    NEC

  • 6
    アイテムID:4956880の画像

    ネットギア

  • 7
    アイテムID:4956909の画像

    TP-LINK

  • 8
    アイテムID:4956929の画像

    ネットギア

  • 9
    アイテムID:4956933の画像

    TP-LINK

  • 10
    アイテムID:4957615の画像

    アイ・オー・データ

  • 商品名
  • 無線LAN中継器 RE200
  • Wi-Fi中継機 WEX-1166DHPS
  • WiFi中継機 WEX-1166DHP
  • Wi-Fi中継機 WEX-733DHP
  • Aterm PA-W1200EX
  • EX6110Wi-Fiエクステンダー
  • 無線LAN中継器 RE650
  • EX7300 Nighthawk ×4 メッシュWi-Fiエクステンダー
  • 無線LAN中継器 RE450
  • Wi-Fi中継機WN-AC1167EXP
  • 特徴
  • デュアルバンドで高速、コスパ最強のコンパクト中継器
  • 子機にピンポイントで電波を届けるビームフォーミングが特徴
  • 可動式アンテナで電波の向きを最適化できる中継器
  • バッファロー製Wi-Fiルーターと一緒に使うとさらに安定した通信が可能
  • 電波を届けるだけでなく多機能なハイパワーWi-Fi中継器
  • コンパクトな本体でハイパワーのWi-Fi中継器
  • クアッドアンテナで広範囲に強力な電波を届ける高性能中継器
  • 究極のスピードを体感できるハイスペック中継器
  • 3本の外付けアンテナで安定した高速通信が可能になるWi-Fi中継器
  • デュアルモード搭載で設定も簡単なコンパクト設計、繋がらなかった場合の返金保証付き
  • 価格
  • 2790円(税込)
  • 4250円(税込)
  • 6239円(税込)
  • 3690円(税込)
  • 5886円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 8560円(税込)
  • 9908円(税込)
  • 5455円(税込)
  • 4212円(税込)
  • 設置方法
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し/据え置き
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • コンセント直差し
  • 規格
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • 11ac/n/a/g/b
  • LANポート
  • 1つ
  • 1つ
  • 1つ
  • なし
  • 1つ
  • なし
  • 1つ
  • 1つ
  • 1つ
  • なし
  • 転送速度
  • 最大433Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大866Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大866Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大433Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大867Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大867Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大1733Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大1733Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大1733Mbps(IEEE802.11ac)
  • 最大867Mbps(IEEE802.11ac)

まとめ

Wi-Fi中継器を選ぶ際のポイントや、人気の中継器ベスト10をご紹介いたしました。家のWi-Fiが繋がりにくい、途切れる、とお悩みの方は、中継器の導入を検討してみてはいかがでしょうか。ぜひ、選ぶ際の参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ