記事ID135813のサムネイル画像

【瞬間装着で痛くない】ピアッサーおすすめ人気ランキング10選

自分でピアスの穴を開けることができるピアッサーは便利なおすすめアイテムです。しかしピアッサーにはたくさんの種類があり選ぶのに悩みます。そこでピアッサーの選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめましたので、自分にピッタリなピアッサーを見つけてください。

痛くない瞬間ピアッサーでピアスのおしゃれを楽しもう

ピアスの穴は皮膚科か自分で開けるかの2種類の方法があります。皮膚科で開ける場合は診察費用がかかり、病院にいく手間もかかります。一方自分で開ける場合は、ピアッサーという機械を使うかニードルという針を使います。自分で開ければ、好きなときに好きな場所に開けることができるので、手軽にピアスにチャレンジすることができます。

 

ピアッサーとはホッチキスのようにピアスを開ける部位を挟んで、瞬間でピアスを装着するものです。ピアッサー自体にファーストピアス(穴を開けた後最初につけるピアス)が装着されているので、簡単で痛みも少なくおすすめです。ニードルを使った場合は、穴が綺麗ですが、自分の手で針を刺す必要があるので、耳に針を刺す恐怖心を克服する必要があります。

 

そこで今回は、誰でも簡単にファーストピアスができる、おすすめのピアッサーをランキング形式でご紹介します。ぜひ、簡単に使えて痛くないピアッサーを見つけてください。

 

 

【痛くない?】ピアスは病院でも開けられる?

ネット上では、病院でピアスを開ければ痛くないという噂が流れているようです。結論からいうと、痛みはあります。痛みの大小はさまざまですが、自身で開けても医療機関で開けても、方法や処置は変わりません。

 

しかし、医療機関で開けるメリットも存在しています。それは、まっすぐに穴を開けられること。素人にあけてもらうよりも、看護師さんに開けてもらった方がキレイに開けられるという点です。

 

また、医療機関であれば術後のケアも適切におこなってくれます。一方、デメリットはというと、施術金額がセルフの倍近くなってしまうことがあるという点です。ピアッサーを両耳1つずつ用意して3000円程度ですが、病院によっては倍以上の費用がかかってしまうということを覚えておきましょう。

瞬間ピアッサーの選び方

ピアッサー選びで重要なのは、付属ピアスの材質と太さ、ポストの長さです。ピアッサーで装着するピアスはファーストピアスなのでデザインよりも安全性を一番に考えて選ぶのがおすすめです。安全なピアッサーの選び方をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

材質で選ぶ

ピアッサーに付属しているピアスはファーストピアスといい、ピアスの穴が完全にできあがるまで装着し続けるピアスです。ピアスの穴ができあがるには6週間ほどの時間がかかるので、アレルギーが起こりにくくサビにくい材質がおすすめです。安心して使える材質をご紹介しますのでご覧ください。

純チタンピアス付きはアレルギーが起こりにくい

ピアッサーに付属しているファーストピアスが純チタンもしくはチタン合金のものは、金属アレルギーになりにくいのでおすすめです。純チタンはチタン100%でできているもので、チタン合金は他の金属を混ぜて純チタンよりも強度を上げた金属です。

 

純チタンもチタン合金も、金属アレルギーには非常になりにくくファーストピアスとして使うことのできる材質です。2つの違いは硬さですが、純チタンでも鉄よりは硬いので、ピアスに使う分には全く問題ない硬さです。もちろんチタン合金でも問題ありません。

 

純チタンやチタンを使ったファーストピアスが付属しているピアッサーは多く、クリスタルの飾りがついたものもあるので、デザイン的にも満足できるものが見つかりやすくおすすめです。

医療用にも使われ安心なサージカルステンレスのピアス付き

サージカルステンレスのピアスが付いたピアッサーは金属アレルギーがおきにくく、サビにくいので、おすすめです。サージカルステンレスとは医療用に使われるステンレスのことで、手術用のメスや、骨折した骨を固定するプレートなどに使われています。また、時計やネックレス、指輪などの肌に直接触れるアクセサリーにも使われています。

 

サージカルステンレスはサビがでにくいのも特徴です。長期間はずすことのできないファーストピアスが、お風呂やプールで濡れてサビがでることを気にしなくていいのでおすすめの材質です。また、サージカルステンレスは非常に硬いので、ピアスに傷がつくことを気にせずに生活をおくることができ精神的にもストレスが少なくおすすめです。

金のピアスがつけたいなら24金が付属したピアッサーがおすすめ

金属の王様とも言える金のファーストピアスがつけたいなら、24金のピアスが付属しているピアッサーがおすすめです。金やプラチナなど高価な金属はアレルギーがおきにくくサビにくい材質ですが、金の場合は他の金属が入っていない金100%の24金がおすすめです。

 

18金のピアスも多く販売されていますが、ファーストピアスとしては24金がおすすめです。18金は硬く耐久性がありますが、金に銀と銅を混ぜて作られています。銅は金属アレルギーが起きることがある材質なので、安心して使えるのは24金のピアスです。

 

ただし、18金は全ての人にアレルギーが起きる材質ではないので、ファーストピアスには他の素材を使い、穴が完全にできあがってから18金のピアスに変えればアレルギーは起きにくいのでおすすめです。

太さで選ぶ

ピアッサーに付属しているファーストピアスにはさまざまな太さのものがあります。ピアスを簡単につけるために、なるべく痛くない太さのものを選ぶのがおすすめです。

ピアスの穴が安定しやすい16Gが一番のおすすめ

ピアスの穴の大きさはG(ゲージ)という単位で表されます。ファーストピアスをつけるピアッサーに一番よく使われている太さが16Gです。16Gはよく開けられる穴の大きさの中では中間クラスになり、穴の大きさが小さ過ぎないので穴がふさがりにくく、太過ぎないので痛みも少なく安定したピアスの穴を作ることができおすすめです。

 

16Gは耳タブだけではなく、軟骨やボディピアスへピアスをつけるときにもよく使われるサイズで、汎用性の高いピアスの太さといえます。初めてピアッサーでピアスの穴を開ける方は、とりあえずこの太さのファーストピアスが付属しているピアッサーを選ぶのが間違いないのでおすすめです。

18Gや19Gは開けるときの痛みが少ない

ピアスの太さの単位であるG(ゲージ)は数字が大きいほど細く、小さいほど太くなります。18Gや19Gの太さはもっとも細いサイズになり、ピアッサーで使われている場合は極細ピアッサーと呼ばれます。

 

このサイズの特徴はピアッサーで穴を開けるときの痛みが少ないことで、ほとんど痛みを感じずに穴を開けることができます。しかし、穴が小さいのでふさがりやすく、穴の安定性が弱いデメリットもあります。また、できあがった穴が小さいため、16Gや14Gなどのピアスが入らないのもデメリットです。

 

小さな穴に無理やり太いピアスを入れると、ピアスの穴の内側を傷つけるのでおすすめしません。いろんな種類のピアスをつけたい方は16Gのピアスが付属しているピアッサーを選びましょう。

ボディピアスにおすすめは14G

耳のピアスとして一番おすすめなのは16Gですが、ボディピアスにおすすめなのは14Gです。16Gは約1.2mmで14Gは約1.6mmなのでその差は0.4mmですが、体感する太さは大きな違いがあります。へそや乳首などの皮膚が厚くて強い部分へのピアスは太い14Gがおすすめです。

 

ボディには太いサイズがおすすめですが、耳たぶに太いサイズのピアッサーを使うと痛みが強いのでおすすめできません。また、ピアッサーに付属しているファーストピアスは先端が針状に尖っていないタイプが多いので、耳たぶを押す潰すように穴を開けます。14Gなどの太いサイズだと耳たぶに負担がかかりよくありません

ポストの長さで選ぶ

ポストの長さには6mmと8mmがあります。ピアッサーで装着するファーストピアスにあったポストの長さをご紹介します。

8mmはファーストピアスに最適な長さ

ピアッサーに付属のファーストピアスのポストとしてよく使われるのが8mmのポストです。日本人の耳たぶは欧米人と比べて厚いので、8mmの長いポストがちょうどよくおすすめです。

 

また、ファーストピアスをすると耳たぶが腫れて厚みを増します。もし、ポストの長さがピッタリだと耳たぶを圧迫して炎症をおこしたり、ピアスが耳たぶに食い込んだりします。ポストの長さは余裕をもって、少しゆとりがある8mmを選ぶのをおすすめします。

 

自分の耳たぶの厚みを正確に知りたい方はノギスで測ってください。測ったサイズとピッタリ同じポストを選ぶのではなく、2mmほど長いものを選ぶのがポイントです。

 

 

耳たぶが薄い人は6mmを選ぶ

6mmサイズのポストもよく使われる長さです。6mmが向いているのは耳たぶが薄い人や、子どもなどですが、日本では子どもにピアスをする方は少ないので、耳たぶが薄い方向きのポストの長さと考えるのがおすすめです。

 

注意することは、自分の耳たぶの厚さが6mmでも6mmのポストを選ばないことです。必ず2mm程度の余裕を持つことが耳の安全のために必要なことになります。つまり、6mmのポストを使うなら4mmまでの耳たぶの厚さまでになります。

 

もし、自分の耳の厚さがわからない場合は、長めの8mmサイズを選んで置くのがおすすめです。長いポストなら薄い耳たぶでも厚い耳たぶでも対応できます

デザインで選ぶ

ピアスである以上デザインは重要事項です。瞬間ピアッサーで装着するファーストピアスは、1か月以上つけておく必要があります。未熟な状態で外してしまうと、ピアスホールの安定にさらに時間がかかってしまいます。

 

1か月以上つけておくということを考慮して、デザインを選ぶようにしましょう。といってもファーストピアスのデザインはほとんど変わり映えしません。商品によっては、誕生石を模した色つきの石にバリエーションがあるだけです。

 

仕事やアルバイトなど、ピアスの着用が推奨されていない場所につけていくことを想定する場合は、透明の樹脂タイプをおすすめします。透明なので目立ちにくいというメリットはありますが、注意しなくてはならない点もあります。

 

透明ピアスは、樹脂という材質の都合上とても柔らかいピアスです。ピアスに傷が付きやすく、細かな傷からピアスホールに雑菌が入ってしまう恐れがあります。基本的に透明の樹脂ピアスは使い捨てです。化膿してしまう場合もあるので、細心の注意を払ってください。

瞬間ピアッサーの人気ランキング10選

第10位

ジェーピーエス

セイフティピアッサー 16G 医療用

価格:898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

医療用ステンレスと16Gのポストでしっかり装着

医療用ステンレスのピアスと樹脂製の本体が特徴のピアッサーです。付属しているピアスは金属アレルギーがでにくい医療用ステンレスなので安心して使えます。ポストは長さ8mmで太さ16Gという一番使いやすいタイプのものです。

 

本体が樹脂製なので触り心地が柔らかく、装着するときに握り心地がいいのでおすすめです。また、ピアスには誕生石の色にちなんだ12色の石がついています。自分の誕生月に合わせて石を選べるのでおすすめです。

 

例えば石は、4月はダイヤモンドの透明カラー、9月はサファイアのブルーカラーなどと選ぶことができます。誰かにピアスのことをきかれたときに話のネタにもなります。ファーストピアスでもおしゃれを楽しみましょう

ピアス材質医療用ステンレスポスト長さ8mm
ポスト太さ16G

口コミをご紹介

セルフでのピアッシングにはこれが良いです。
ピアスが針状になっていますので、軟膏を塗って使用すると滑りが良くなり楽に刺さります。
耳の上の方に使いましたが、痛みも無く簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

ピナック

1α イヤーピアッサー

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得な両耳用ピアッサー

珍しい両耳用のピアッサーです。一台で両耳を開けられるので2台ピアッサーを購入する必要がなく便利でおすすめです。ピアスの材質は医療用サージカルステンレスなので、金属アレルギーの心配もありません。

 

ポストの長さは誰でも使いやすい長めの8mmです。太さは極細の19Gを使っています。細いほど開けたときの痛みが少ないので、両耳に楽にファーストピアスをつけることができます。

 

石つきのものは、石の周りにベゼルという淵がついています。ベゼルがついていると服などに引っかかることがなく安心してピアスをつけていられます。両耳にピアスをつける方や、片耳に2箇所つけたい方などにおすすめのピアッサーです。

ピアス材質サージカルステンレスポスト長さ8mm
ポスト太さ19G

口コミをご紹介

はじめカセットの装着が上手くいかず焦りましたが、落ち着いてやったら装着できました。
マーキングのペンも付いていたので助かりました。
狙いを定めるのが自分でやるには難しかったですが、何とか無事に開けることが出来ました。
痛みもなく一瞬で開き、ピアッサーが耳から外れにくいという事もなかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

ピーエスインターナショナル

セイフティーピアッサー 純チタン

価格:1,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純チタン製で金属アレルギーになりにくい

ステンレスを純チタン処理して金属アレルギーが起こりにくくしたピアッサーです。純チタンとチタン合金は非常に金属アレルギーになりにくい材質です。ステンレスと純チタンはどちらも金属アレルギーになりにくいので、長期間つけるファーストピアスとして非常に安全なピアスとなりおすすめです。

 

ポストの長さは8mmなので日本人太めの耳たぶには丁度いいサイズです。太さは16Gで一番一般的な太さなので細すぎず太すぎずに使えておすすめです。シルバーのポストに3mmのボールがついたデザインは万人向けで、長期間つけるファーストピアスとしておすすめのものです。

 

最初につけるピアス用のピアッサーとしてこれを選べば、ストレスなくピアスを装着できます。ピアスホールを確実に完成させるためにおすすめにピアッサーです。確実にピアスの穴を作って自由なピアスのファッションを楽しみましょう。

 

ピアス材質純チタン処理ステンレスポスト長さ8mm
ポスト太さ16G

口コミをご紹介

なかなか勇気が出ず開けるまでに時間がかかりましたが、一気に押し込んで綺麗に貫通させることができました。針が貫通する痛みは特になく、開けたあとにじわじわと熱を持った鈍い痛みが広がっていく感じでした。別に消毒用のジェルも購入しアフターケアを行なっています。説明書にもケアの仕方が載っているので参考にさせていただきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

ジェーピーエス

セイフティピアッサー 軟骨用

価格:978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポストが太めの軟骨専用のピアッサー

軟骨に使えるポストの太さ14Gのピアッサーです。軟骨は硬いので太めのポストでないと穴が開きません。このピアッサーならトラガスやヘリックスなどの耳の軟骨でもピアスを装着することができおすすめです。

 

耳の軟骨は耳たぶと違い硬いので、ピアッサーで穴を開けるときに痛みが伴います。ポストも太くなるのでさらに痛みがあります。慣れている方ならニードル(針)の方が簡単に穴が開きます

 

しかしニードルは慣れが必用なので、初めて軟骨にピアスをする方はこのピアッサーを使うのがおすすめです。なるべく痛みを抑えて楽に軟骨ピアスをしましょう。ピアスの材質は医療用のサージカルステンレスを採用しているので、金属アレルギーも出にくく安心して使えます。

ピアス材質サージカルステンレスポスト長さ8mm
ポスト太さ16G

口コミをご紹介

こちらの商品を使うなら
軟骨はピアッサーで開け慣れてる人に
頼むのが一番いいなと実感しました 。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

ワンダーワークス

医療用ピアッサー ティピア

価格:996円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳にしっかり固定できるピアッサー

金属アレルギーが出にくいチタン製のファーストピアスが付属したピアッサーです。チタン製ピアスのポストは細めの18Gなのでつけたときの痛みが少なくおすすめです。ポストの長さも長めの8mmなので日本人の耳の厚さに最適です。

 

誤作動防止システムがついているのも安心できるポイントです。青色のスライダーで本体を開き耳たぶにしっかりと固定しないと、ピアス装着用のピンクのスライダーが動きません。この機能により、初めてピアッサーを使う方でも安心して使うことができます。

 

アメジストやエメラルド、ルビーなど12色あるスワロフスキーのカラーストーンがおしゃれ度をアップするポイントです。自分の好みの色を選んで装着することができます。ファーストピアスでもおしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

ピアス材質チタンポスト長さ8mm
ポスト太さ18G

口コミをご紹介

ボク自身に金属アレルギーなどは有りませんが、ケガをした時によく化膿してしまう体質です。ですがどうしてもピアスに憧れていて我慢できずにコチラの商品でピアスを開けました。
刺す場所を固定できて、思い通りの場所に開けれるのでとても良かったです。ピアス自体もシンプルでとても可愛いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

トライディア ジュエリー

ピアッサー ぷりぴあ 医療用樹脂製

価格:978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

医者が考案した安全なピアッサー

お医者さんが考案した耳に安全なピアッサーです。付属しているのは樹脂製のファーストピアスで、真ん中に穴が開いています。その穴に市販されているピアスを入れることで、ピアスホールが完成する前でも、自分の気に入ったピアスをすることができます。

 

ぷりぴあに付属のピアスは樹脂なので金属アレルギーの心配がありません。さらに、半透明なので目立ちません。人に気づかれずにピアスの穴を作りたい方にもおすすめです。

 

また、ピアスの取り付けは2段階になっています。まず青色のスライダーで耳にピアッサーを固定し、その後、赤色のスライダーで耳に穴を開けます。ピアッサーが耳に固定されていないと赤色のスライダーが動かない仕組みなので、正確な位置に安全にファーストピアスを装着することができおすすめです。

ピアス材質樹脂ポスト長さ
ポスト太さ16G

口コミをご紹介

ファーストピアスが透明でまともなピアッサーはおそらくこちらしか出回っておりません。
そのため大変重宝しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

JINTOP

ピアスイヤリングガン

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2個セットでこの価格はコスパよし

海外製のガンタイプピアッサーです。日本で一般的に販売されているバネの力を使ったピアッサーとは違い、自分でピンを押して耳たぶに穴を開けてピアスを装着するタイプのピアッサーです。2個セットで価格も安く、ピアスの穴あけに慣れた方におすすめのピアッサーです。

 

ピアッサーに付属しているピアスの材質はSUS316ステンレスです。このステンレスはサビにくい素材になっているのでお風呂にも安心して入れます。ピアスに装着されているジュエルはホワイト(クリアーの石)とパール、ブラックジルコンの3種類で、上品なデザインです。

 

自分で耳に穴を開ける力をコントロールするので、慣れていないと耳たぶを貫通しない場合があります。バネ式のピアッサーを使ったことがあり、穴を開けるときの力加減がわかっている方におすすめのピアッサーです。バネ式と比べると価格が安いのでピアッサーの費用を節約したい方にもおすすめです。

 

 

ピアス材質SUS316ステンレスポスト長さ
ポスト太さ

口コミをご紹介

耳たぶの厚さ、普通~厚めです☆*゚
パッと見、簡単に出来てそうで、痛かったり上手く開かなかったりするのかな?と思いましたが大丈夫でした♡
開ける前に氷で耳たぶを挟んで、麻痺させて開けました(*^^*)

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ヒーロー

瞬間ピアッサー

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

18Gの極細ポストで痛くない

1/100秒で瞬間にピアス装着ができるピアッサーです。耳たぶを挟んでレバーをぐっと押すだけで瞬間に耳たぶに穴が開き、ファーストピアスが装着されます。痛みはほとんどなく、チクッとする程度なので、痛くないピアッサーをお探しの方におすすめです。

 

ピアスの材質は医療用サージカルステンレスで、金属アレルギーがある方でも安心して使うことができます。ポストは8mmの長さで、18Gの極細タイプです。デザインは全14種類でゴールドとシルバーは丸型のジュエルがつき、ルビーなどの石タイプはスワロフスキークリスタルのジュエルがつきます。

 

簡単に装着ができて、痛みも少なく初めてピアッサーを使う方におすすめです。デザインバリエーションも豊富でアクアマリンやルビーなど好みの石を選ぶことができます。何個か購入して、2つや3つ耳につけるとおしゃれ度がアップするのでおすすめです。

ピアス材質サージカルステンレスポスト長さ8mm
ポスト太さ18G

口コミをご紹介

これが初めてのピアッサーでしたが痛みもほとんどなく一瞬でぱちんと空きました。少し狙いが付けにくいのが唯一の欠点ではないでしょうか。空ける際には誰かに手伝って貰った方がいいかもしれないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ジェーピーエス

セイフティーピアッサー 医療用樹脂製

価格:900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金属アレルギーの心配がない樹脂ピアス付属

樹脂のピアスを使ったピアッサーです。金属アレルギーのでにくい金属は純チタンやサージカルステンレス、金などです。樹脂のピアスは金属ではないので金属アレルギーがでません

 

純チタンなどの金属ピアスとくらべると硬さが落ちます。柔らかくなると装着するときの痛みは少し強くなりますが、金属アレルギーの心配がないので安心して使えておすすめです。また、樹脂ピアスは透明なのでほとんど目立たず、人に気がつかれずにピアスをしたい方にもおすすめです。

 

ポストの長さは8mmで日本人の耳たぶなどに丁度いい長さです。太さは14Gと太めなので、耳たぶの他にボディピアス用のピアッサーとして使うこともできます。軟骨用としては、樹脂は柔らかく使えないので、体の柔かい部分への使用をおすすめします。

ピアス材質樹脂ポスト長さ8mm
ポスト太さ14G

口コミをご紹介

今までロブはピアッサーやニードルで開けたことがあるのですが、軟骨は痛いと聞いていたので数年迷ってこの度ようやくこちらを購入して開けました。
店頭ではあまり見かけないクリアタイプであること、一般的なピアッサーより安価なこと、驚くほど痛みがなかったのが良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ナック

ピナック2

価格:669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

瞬間1/100秒装着で痛みがない

バネを使った発射方式を使い、1/100秒でピアスの取り付けが可能なピアッサーです。付属のファーストピアスは医療用にも使われるサージカルステンレスを使用しています。サージカルステンレスはメスなどの手術用具に使われ、金属アレルギーがでにくく安全でおすすめです。

 

一瞬で穴が開き、ファーストピアスが装着されます。痛みはほとんど感じませんがピアスを取り付けた後に多少痛みがでることがあります。ピアスに装着される石の種類も多く、ルビーやサファイヤ、トパーズなどの色をしたカラフルなものがついているので、ピアスのおしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

 

ポストの長さはファーストピアスに一番おすすめの8mmで、太さは極細の19Gです。太さが細いほど開けるときの痛みが少なくなります。痛くないピアッサーをお探しの方におすすめです。

ピアス材質サージカルステンレスポスト長さ8mm
ポスト太さ19G

口コミをご紹介

私がピアスを初めてしたのは約30年前。友人とどうしたら痛くないか…考えて氷で冷やしたり色々試した覚えがあります。
かれこれ時間が経過し、ピアスも一つだけ付けられるのみになり…またピアスしたいなぁと購入しました。痛み…殆ど感じなく一人で簡単に出来ました。昔はもっと固かったような…。
軽くパチンッ、と本当に簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

瞬間ピアッサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4955838の画像

    ナック

  • 2
    アイテムID:4955842の画像

    ジェーピーエス

  • 3
    アイテムID:4955858の画像

    ヒーロー

  • 4
    アイテムID:4955876の画像

    JINTOP

  • 5
    アイテムID:4955888の画像

    トライディア ジュエリー

  • 6
    アイテムID:4955891の画像

    ワンダーワークス

  • 7
    アイテムID:4957044の画像

    ジェーピーエス

  • 8
    アイテムID:4957047の画像

    ピーエスインターナショナル

  • 9
    アイテムID:4957051の画像

    ピナック

  • 10
    アイテムID:4957356の画像

    ジェーピーエス

  • 商品名
  • ピナック2
  • セイフティーピアッサー 医療用樹脂製
  • 瞬間ピアッサー
  • ピアスイヤリングガン
  • ピアッサー ぷりぴあ 医療用樹脂製
  • 医療用ピアッサー ティピア
  • セイフティピアッサー 軟骨用
  • セイフティーピアッサー 純チタン
  • 1α イヤーピアッサー
  • セイフティピアッサー 16G 医療用
  • 特徴
  • 瞬間1/100秒装着で痛みがない
  • 金属アレルギーの心配がない樹脂ピアス付属
  • 18Gの極細ポストで痛くない
  • 2個セットでこの価格はコスパよし
  • 医者が考案した安全なピアッサー
  • 耳にしっかり固定できるピアッサー
  • ポストが太めの軟骨専用のピアッサー
  • 純チタン製で金属アレルギーになりにくい
  • お得な両耳用ピアッサー
  • 医療用ステンレスと16Gのポストでしっかり装着
  • 価格
  • 669円(税込)
  • 900円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 978円(税込)
  • 996円(税込)
  • 978円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 898円(税込)
  • ピアス材質
  • サージカルステンレス
  • 樹脂
  • サージカルステンレス
  • SUS316ステンレス
  • 樹脂
  • チタン
  • サージカルステンレス
  • 純チタン処理ステンレス
  • サージカルステンレス
  • 医療用ステンレス
  • ポスト長さ
  • 8mm
  • 8mm
  • 8mm
  • 8mm
  • 8mm
  • 8mm
  • 8mm
  • 8mm
  • ポスト太さ
  • 19G
  • 14G
  • 18G
  • 16G
  • 18G
  • 16G
  • 16G
  • 19G
  • 16G

【コツを伝授!】瞬間ピアッサーの使い方

瞬間ピアッサーの使い方は非常に簡単です。ピアスを開けたい場所にセットしてトリガーを押すだけです。詳しい使い方に関しては、商品によって異なる場合があります。必ず説明書を読んでから使用してください。

 

ここでは、ピアッサーを自分で使う場合のコツと使用後のケアなどについてご説明します。

瞬間ピアッサーを使うときのコツ

まずは、必要なものを用意しましょう。ピアスを開けるときに必要なものは、ピアッサー・消毒液・ペン(アイライナーなど)・鏡・保冷剤(氷など)です。

 

用意ができたら、手と耳を消毒しましょう。ピアスホールに雑菌が入ってしまうと膿んだり腫れたりと、良いことがありません。必ず消毒してからおこなってください。

 

穴を開ける位置に印をつけます。鏡を見ながらペンでマーキングしてください。このとき、左右の耳に開ける場合は位置がズレていないか確認しましょう。ここまでが準備です。

 

いよいよピアスを開けていきます。ピアスを開けるとき、ブレないように肘を固定します。テーブルなどに肘を置き、極力動かないように固定してください。

 

次に重要なのが、耳たぶに対して垂直にセットすること。耳たぶの先端がすこしカールしている人は、先端に従って垂直になるようにしてください。斜めになっていると、ピアスの長さが足りず、途中で止まってしまうという失敗の原因につながります。

 

最後に、怖がらずにトリガーを押しましょう。瞬間ピアッサーなら、一瞬で穴を開けてくれます。怖がる必要はないので、安心しましょう。

開けた後のケアも重要

瞬間ピアッサー使用後は出血します。消毒をして処置してください。その後、ピアスが気になって触りたくなると思いますが、極力ピアスには触らないようにしましょう。

 

一週間ほど経ち、出血がなくなったからといって安心してはいけません。消毒などのケアを続けてください。一か月ほど経過を観察し、ピアスを外したときに穴がへこんでいれば、ピアスホールの完成です。

おすすめのピアッサーでおしゃれを楽しもう

これまでピアッサーのおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ピアスを自分で装着するのは勇気がいるので、安全で確実に痛くなく装着できるものを選ぶのがおすすめです。ピアスの穴をあけた耳たぶは傷口と同じ状態なので、金属アレルギーがおきにくい材質のピアスを選ぶのもポイントです。安全性とデザインを兼ね備えた素敵なファーストピアスが装着できるピアッサーを選んでおしゃれを楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ