記事ID135811のサムネイル画像

【多機能で便利で】ピンチハンガーのおすすめ人気ランキング10選

ピンチハンガーは複数の洗濯物をまとめて干せる便利なアイテムです。ピンチハンガーを選ぶときには外干しが多い、部屋干しが多いなど、自分のライフスタイルからピンチハンガーを選ぶのがおすすめです。便利で使いやすいピンチハンガーをご紹介します。

ライフスタイルに合ったピンチハンガーを選ぼう

複数の洗濯物をまとめて干せるピンチハンガーは、自分のライフスタイルや、ピンチハンガーに付いている便利な機能性から選ぶのがおすすめです。

 

ピンチハンガーには大きさや材質の種類が複数あり、値段だけで決めてしまうと、使う場所によってはピンチハンガーが長持ちしにくい、使いにくいといったデメリットが起こりやすくなります。

 

また、便利な機能が付いているピンチハンガーを選ぶことで、洗濯作業がより快適になり、時間短縮につながるものもあります。

ピンチハンガーの選び方

洗濯物の量で選ぶ

洗濯物の量からピンチハンガーを選ぶ場合、ピンチハンガーに付いているピンチの数や、本体のサイズから選ぶのがおすすめです。ピンチハンガーのサイズには、一人暮らし用のミニサイズのものから、大容量のピンチハンガーまで種類がそろっています。

ミニサイズを選ぶ

洗濯物の量が少ない場合、ミニサイズのピンチハンガーがおすすめです。ミニサイズのピンチハンガーには4ピンチ~20ピンチほどピンチが付いているものがあります。

 

ピンチハンガーに干すものが下着だけ、靴下だけなど決まっている場合は、ピンチが少ないものを選ぶことで収納に時間がかからず、値段も安く抑えられます。

 

ミニサイズのピンチハンガーは1,000円以下で購入できるものも多く、壊れても買い替えがしやすい使い勝手の良さから人気があります。

中サイズを選ぶ

中サイズのピンチハンガーには、ピンチが30ピンチ~40ピンチほど付いています。洗濯物の量が多くも少なくもない、タオルや下着などをまとめて干したいときにおすすめのサイズです。

 

ミニサイズよりは重さがありますが、大容量のピンチハンガーよりは軽く、コンパクトに収納しやすいことから人気のあるサイズです。

大容量を選ぶ

洗濯物の量が多い場合は、大容量のピンチハンガーがおすすめです。大容量のピンチハンガーには50個以上のピンチハンガーが付いています。一度にたくさんの洗濯物を干せるよう丈夫に作られており、特にステンレス製のものは長持ちしやすく頑丈なのが特徴です。

 

大容量のピンチハンガーはたくさん洗濯物が干せる分、干している洗濯物が多いほど、乾くのにも時間がかかります。大容量のピンチハンガーでもなるべく早く洗濯物を乾かしたいときは、ピンチ同士の間隔ができるだけ広いものを選ぶのがおすすめです。

 

ピンチの挟む強度が強く設計されているものを選ぶと、子どもの衣類など小さな洋服もピンチハンガーにかけて干せるので、子どもの衣類をまとめて干したいときにもおすすめです。

干す場所で選ぶ

洗濯物を外干しするか、部屋干しするかによってピンチハンガーを決めるときは、ピンチハンガーに使われている材質から選ぶのがおすすめです。ピンチハンガーの材質には、主にステンレス製、プラスチック製、アルミ製の種類があります。

ステンレス製を選ぶ

洗濯物の外干しが多い場合は、ステンレス製のピンチハンガーがおすすめです。ステンレス製のものはサビに強く清潔に使いやすい、経年劣化に強く、落としても破損しにくいといった特徴があります。

 

ステンレス製のピンチハンガーは丈夫にできているので、洗濯物がたくさんかけられるようピンチが多く付いているものもあります。

 

ただし、ステンレス製はプラスチック製と比較すると、値段はやや高くなります。またステンレス製は重量があるので、ピンチハンガーに洗濯物を干した状態で移動させにくいといった特徴もあり、同じ場所で洗濯物を干すときにおすすめのピンチハンガーです。

 

プラスチック製を選ぶ

洗濯物の部屋干しが多い場合は、プラスチック製のピンチハンガーがおすすめです。プラスチック製のものは重量が軽いので、家の中でピンチハンガーごと洗濯物を移動させやすい特徴があります。

 

プラスチック製のピンチハンガーはお手頃な価格で購入できる商品も多く、なるべく安い値段でピンチハンガーを購入したいときにもおすすめです。

 

プラスチック製のピンチハンガーはカラーバリエーションも多く、ピンチに色が付いているものは、色によって洗濯物の干し分けができます。

アルミ+プラスチック製を選ぶ

アルミ+プラスチック製のピンチハンガーは、アルミ製とプラスチック製、それぞれの良さを兼ね備えたピンチハンガーです。アルミ+プラスチック製のものは、骨組みの部分がアルミ、ピンチがプラスチック製になっています。

 

ステンレス製より耐久性が落ちるものの、骨組みも全てプラスチックで作られているものよりは丈夫に作られています。ステンレス製よりも軽量で持ち運びしやすく、ピンチがプラスチック製なため、洗濯物にピンチの跡が付きにくいメリットもあります。

 

ただし、ピンチハンガーを捨てるときにはそれぞれの材質に合わせて分別する必要があり、捨てるときに手間がかかります。ステンレス製のピンチハンガーより安いものが欲しいとき、なるべく軽くて丈夫なピンチハンガーを使いたいときにおすすめです。

 

 

形で選ぶ

ピンチハンガーには角形と丸形があり、洗濯物を干す場所によっては、形から選ぶとより洗濯作業がしやすくなります。

角形を選ぶ

角形のピンチハンガーは正方形、長方形などの形があります。サイズの種類も多く、大容量のピンチハンガーを使えば、外側にタオルを干して内側に下着を干せるなど、隠し干しも可能です。

 

ただし、狭い場所で角形を使うときはピンチハンガーが回しにくい、壁や体に当たりやすいといったことが起こります。狭い場所で角形のピンチハンガーを使うときは、ミニサイズ~中サイズのものを選ぶのがおすすめです。

丸形を選ぶ

丸形のピンチハンガーは体や壁に当たりにくく、ハンガーの円を回して洗濯物が干せるので、狭い場所でも洗濯物が干しやすくなっています。

 

ただし、角形のように大容量の洗濯物が干せるデザインが少なく、一度に多くの洗濯物が干せない、隠し干しがしにくいといった特徴があります。丸形で多くの洗濯物を干すときには複数のピンチハンガーを購入する必要があります。

使いやすさで選ぶ

ピンチハンガーの中には洗濯物が干しやすいよう便利な機能が付いたものがあり、機能付きのピンチハンガーを選ぶことで洗濯作業がより快適になります。

可動式フックを選ぶ

ピンチハンガーの中には、フックの角度が調整するもの、フックの部分が回転する設計のものがあります。

 

フックが可動式になっているものは、ピンチハンガーを扉や壁にかけたときにフックの角度が調整できるので、水平に洗濯物が干せます。

ドアフック付きを選ぶ

ピンチハンガーにドアフックが付いたものは、フックの部分を扉にかけて洗濯物を干せるので、室内干しが多い家庭におすすめです。

 

ハンガーの部分を扉にかけると洗濯物が斜めになってしまい上手く干せませんが、ドアフックを使うことで、扉にかけても水平に洗濯物を乾かせます。

ハンドル付きを選ぶ

ピンチハンガーの中には、ハンガーの下部分に、持ち手のハンドルが付いているものがあります。ハンドルを持つことによって、より高いところにピンチハンガーをかけられます。

 

洗濯物はできるだけ高いところに干すと乾きやすくなるので、なるべく早く洗濯物を乾かしたいときにおすすめのピンチハンガーです。また、背が高くない方でもハンドルを持つことで、ピンチハンガーが楽に掛けやすくなるメリットがあります。

時間短縮で選ぶ

ピンチハンガーのピンチに特殊な機能が付いているものや、ピンチハンガーの大きさを自由に調整できるもの、ピンチが絡みにくい設計になっているものを選ぶことで、洗濯物を干す、取り込むときの時間短縮につながります。

機能性ピンチを選ぶ

ピンチハンガーのピンチに特殊な設計がされているものは、洗濯物を引っ張るだけでピンチから一度に洗濯物を取り外せます。洗濯物が一度に外せると、洗濯物を一つずつピンチから外す必要がなくなり、洗濯物をたたむときの時間短縮になります。

 

また、洗濯回数が多く、ピンチハンガーに新しい洗濯物を干したいときにも引っ張るだけで外せるので便利です。

伸縮式を選ぶ

ピンチハンガーのハンガー部分が伸縮できるものは、干す場所のスペースに合わせて洗濯物が干しやすくなります。また、洗濯物のサイズに合わせてピンチの間隔を調整できるので、ピンチの間隔が狭すぎる、長すぎて干しにくいといった心配もありません。

 

洗濯物を取り込むときにはピンチハンガーを縮められるので、洗濯物がベランダから取り込みやすい、コンパクトにまとまって持ち運びがしやすいといった特徴があります。

 

伸縮式のピンチハンガーには、複数のハンガーが付いているので安定性があります。本体が固定されて回転しない設計になっており、洗濯物の重さによって本体が片方に傾いてしまう心配がありません。

絡み防止設計を選ぶ

ピンチハンガーを使うときによく起こるのが、ピンチハンガーを開こうとするときに、ピンチが絡まって開きにくい、無理に開こうとしてピンチが破損するなどのトラブルです。

 

それらのトラブルを防止するために、あらかじめピンチ同士がぶつからないよう設計されているピンチハンガーがあります。ピンチ同士が絡まりにくいピンチハンガーは、折りたたむ向きが山折りではなく谷折りになっています。

 

谷折りのピンチハンガーは、ピンチ同士が接触するのを防ぐことでピンチが絡まりにくくなり、洗濯物を干すときのストレスをなくせます。洗濯物を干す時間を少しでも短縮したいときにおすすめのピンチハンガーです。

ピンチハンガーのおすすめ10選

第10位

ツウィンモール

洗濯物干しプリミニハンガー

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズで、小物や下着干しに最適です。

13ピンチ付き、ミニサイズのピンチハンガーです。ピンチの位置が移動でき、洗濯物のサイズによってピンチの幅を調整できます。

 

ドアフック付きのハンガーで、ドアや鴨居にかけて室内干しできます。洗濯物を引っ張るとピンチが開くので、洗濯物を取り込むときにも時間短縮ができるピンチハンガーです。

材質プラスチック製サイズ32.5×17×27cm
重量222g
第9位

東和産業

角ハンガー 

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポリカーボネートで作られており、耐久性に優れています。

42ピンチ付きのピンチハンガーで、工業用プラスチック素材ポリカーボネートで作られています。ポリカーボネートはヘルメットや自動車部品などに使われる耐衝撃性に優れた素材です。

 

ポリカーボネートが使われているピンチハンガーはすぐ壊れにくい、洗濯物の重さでたわみにくい特徴があります。また紫外線や雨、湿度変化にも強く、屋外・屋内の両方で使用できます。

 

ハンガー部分は谷折りにたたむ設計になっているので、収納するときにピンチが絡みにくい設計になっています。

 

材質プラスチック製サイズ38×76×29cm
重量803g
第8位

ツウィンモール

洗濯物干し スライドハンガー

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内蔵フック付きで部屋干しにおすすめです。

38ピンチ付き、ドアフック付きのピンチハンガーです。ドアフックは扉や鴨居にかけられるので、室内干しもできます。ピンチ同士が絡みにくい設計で作られ、洗濯物を引っ張るとピンチが開くようになっています。

 

ハンガー部分が伸縮する設計になっており、両サイドを引き出せばワイドに使え、使用後はコンパクトなサイズに収納できるピンチハンガーです。

材質プラスチック製サイズ43~61×34×35cm
重量740g
第7位

大木製作所

洗濯物ハンガー

価格:2,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性があり、さびにくいステンレスで作られています。

12ピンチ付き、ミニサイズのピンチハンガーです。ステンレス製のため、耐久性に優れています。外干しにも最適のピンチハンガーで、さびにくく、清潔に使用できます。

 

ハンガー部分が丸形になっているので、ピンチハンガーを回しながら洗濯物が干しやすくなっています。ピンチを両吊り方式にすることで、ピンチが絡みにくい設計になっているピンチハンガーです。

材質ステンレス製サイズ26×26×31cm
重量360g
第6位

シービージャパン

洗濯物干し Kogure

価格:1,727円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

隠し干しもできる、二重フレームのハンガーです。

52ピンチ付き、大容量のピンチハンガーです。ハンガー部分はねじれやたわみに強いアルミを採用し、谷折り式になっているので、ピンチが絡みにくくなっています。

 

ピンチの取り付け部分もアルミ製で、ピンチが古くなったらワンタッチで交換できるデザインになっています。ハンガーの構造が二重フレームになっているので、フレームの内側に下着、外側にタオルなどを干すことで隠し干しができるピンチハンガーです。

 

材質アルミ、プラスチック製サイズ79×38×26cm
重量862g
第5位

LEEPWEI

ピンチハンガー

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピンチがしっかり洗濯物を挟み、絡みにくい設計になっています。

52ピンチ付きの大容量ピンチハンガーで、予備のピンチが10個付属しています。折りたたみ出来る構造になっており、ピンチの両側がリングでつながれているので、折りたたんでもピンチが絡みにくい設計になっています。

 

洗濯物が外れにくいよう、ピンチの挟む力は強くなっていますが、高い弾力性があり衣類にピンチの跡が残りにくいのが特徴です。フックは回転式になっており、ストッパー付きのため、強い風が吹いても物干し竿から外れにくなっています。

材質ステンレス製サイズ60.4×30.8×34cm
重量939g
第4位

DUOFIRE

ピンチハンガー角型

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなサイズで、使い勝手の良さから人気があります。

36ピンチ付きで、高級なソリッドステンレスを使用しています。耐久性が強く劣化しにくいので、屋外・屋内のどちらでも使用できるピンチハンガーです。大きすぎず、小さすぎないコンパクトなサイズなので、省スペースでたくさんの洗濯物が干せます。

 

ピンチの両側がリングでつながているので、たたんでもピンチが絡みにくくなっています。折りたたむと1枚の板状になるので、スペースを取らず、コンパクトに収納できるピンチハンガーです。

材質ステンレス製サイズ31.5×43.4×3.7cm
重量240g
第3位

シービージャパン

洗濯物干し 可動式フック Kogure

価格:1,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いところにもかけやすい、自立式のフックが付いています。

30ピンチ付き、室内干しにおすすめのピンチハンガーです。フックが可動式になっており、扉やカーテンレールにかけても、ハンガー部分は水平に保たれる設計になっています。

 

ハンガー、ピンチの取り付け部分はアルミで作られており、ピンチが古くなっても交換できる設計になっています。フックの骨組みが自立式になっているので、ハンガー部分を持ったまま高いところにもフックがかけやすいピンチハンガーです。

材質アルミ、プラスチック製サイズ40×36×38cm
重量480g
第2位

TK企画

ジグザグ伸縮ハンガー

価格:1,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンガーが伸縮でき、洗濯物の大きさによって調整できます。

44ピンチ付き、伸縮式のピンチハンガーです。プラスチックが使われていますが、外干しでの劣化を抑えるためにUVプロテクト剤が配合されています。ハンガー部分が自由に伸縮できるので、洗濯作業の時間を短縮させたいときにおすすめです。

 

ハンガーを最大まで伸ばせば風通しが良くなり、洗濯物が早く乾かせます。洗濯物を取り込むときには、ハンガーを縮めてコンパクトサイズで取り込めます。

 

フックが4個付いているので、洗濯物を端に干したり、左右で重さの違いがあっても、本体が水平に保たれるピンチハンガーです。フックの位置が高いので、長めの洗濯物も干しやすくなっています。

材質ステンレス、プラスチック製サイズ23~168cm×7~39cm×22cm
重量962g
第1位

ツウィンモール

洗濯物干し 横もちアルミハンガー

価格:2,069円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フックにハンドルが付き、高いところにも洗濯物が干せます。

40ピンチ付き、ハンガー部分はアルミで作られており、丈夫で清潔に使いやすいピンチハンガーです。ピンチの位置が移動でき、洗濯物のサイズによってピンチが調整できます。収納するときにはコンパクトなサイズにまとめるので、無駄なスペースを取りません。

 

ピンチ同士が絡みにくい設計になっており、洗濯物を引っ張るとピンチが開くようになっているので、洗濯物を取り込むときの時間短縮になります。

 

ドアフック付きで、室内干しにもおすすめのピンチハンガーです。扉や鴨居にドアフックをかけて水平に洗濯物が干せます。フックの左右にハンドルが付いているので、高いところでもフックの付け外しがしやすくなっています。

材質アルミ、プラスチック製サイズ78×38.5×31.5㎝
重量680g

ピンチハンガーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4956216の画像

    ツウィンモール

  • 2
    アイテムID:4956157の画像

    TK企画

  • 3
    アイテムID:4956197の画像

    シービージャパン

  • 4
    アイテムID:4956256の画像

    DUOFIRE

  • 5
    アイテムID:4956149の画像

    LEEPWEI

  • 6
    アイテムID:4956137の画像

    シービージャパン

  • 7
    アイテムID:4956251の画像

    大木製作所

  • 8
    アイテムID:4956241の画像

    ツウィンモール

  • 9
    アイテムID:4956232の画像

    東和産業

  • 10
    アイテムID:4956132の画像

    ツウィンモール

  • 商品名
  • 洗濯物干し 横もちアルミハンガー
  • ジグザグ伸縮ハンガー
  • 洗濯物干し 可動式フック Kogure
  • ピンチハンガー角型
  • ピンチハンガー
  • 洗濯物干し Kogure
  • 洗濯物ハンガー
  • 洗濯物干し スライドハンガー
  • 角ハンガー 
  • 洗濯物干しプリミニハンガー
  • 特徴
  • フックにハンドルが付き、高いところにも洗濯物が干せます。
  • ハンガーが伸縮でき、洗濯物の大きさによって調整できます。
  • 高いところにもかけやすい、自立式のフックが付いています。
  • コンパクトなサイズで、使い勝手の良さから人気があります。
  • ピンチがしっかり洗濯物を挟み、絡みにくい設計になっています。
  • 隠し干しもできる、二重フレームのハンガーです。
  • 耐久性があり、さびにくいステンレスで作られています。
  • 内蔵フック付きで部屋干しにおすすめです。
  • ポリカーボネートで作られており、耐久性に優れています。
  • コンパクトサイズで、小物や下着干しに最適です。
  • 価格
  • 2069円(税込)
  • 1365円(税込)
  • 1290円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 1727円(税込)
  • 2125円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 693円(税込)
  • 材質
  • アルミ、プラスチック製
  • ステンレス、プラスチック製
  • アルミ、プラスチック製
  • ステンレス製
  • ステンレス製
  • アルミ、プラスチック製
  • ステンレス製
  • プラスチック製
  • プラスチック製
  • プラスチック製
  • サイズ
  • 78×38.5×31.5㎝
  • 23~168cm×7~39cm×22cm
  • 40×36×38cm
  • 31.5×43.4×3.7cm
  • 60.4×30.8×34cm
  • 79×38×26cm
  • 26×26×31cm
  • 43~61×34×35cm
  • 38×76×29cm
  • 32.5×17×27cm
  • 重量
  • 680g
  • 962g
  • 480g
  • 240g
  • 939g
  • 862g
  • 360g
  • 740g
  • 803g
  • 222g

まとめ

便利で使いやすい、おすすめのピンチハンガーをご紹介しました。便利な機能付きのピンチハンガーを使えば、洗濯をより快適に済ませられます。ピンチハンガーに使われている素材やサイズ、機能は豊富にありますが、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのがおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ