記事ID135755のサムネイル画像

【国内外厳選】おすすめイヤホンメーカー人気ランキング10選

テクノロジーの発達により、イヤホンが進化しています。あらゆるイヤホンのメーカーがあり、商品も無数にあります。音楽を楽しみたいと思っている方にイヤホン選びは欠かせません。今回はどのイヤホンのメーカーがおすすめなのかをランキング形式でご紹介していきます。

世界の技術を感じるイヤホンメーカー

世界中の人にとって、音楽はなくてはならない存在のはずです。勇気や元気をもらって人生が変わったという方もいるでしょう。なくてはならない存在の音楽をいつも快適に聴くにはイヤホンの存在が欠かせません。 

   

今のイヤホンは、性能、音質、機能、形状と非常に様々な種類のタイプがあります。シーンによって、機能が必要になる人もいれば、音質にこだわりを持つ人がいる。人によって、イヤホンに求める価値が違います。その価値に応えてくれるのがイヤホンメーカーです。

 

イヤホンメーカーは、それぞれ得意、特徴が異なります。そして、メーカーによって、日常に欠かせない音楽をより快適に聞くことができるかどうかが決まります。イヤホンを選ぶ時、メーカーはとても重要です。今回はそのイヤホンのメーカーの選び方をご紹介していきます。 

 

 

イヤホンメーカーの選び方

イヤホンのメーカーを選ぶにはメーカーによっての特徴があります。本日はそのポイントについて解説していきます。音楽をよりよく楽しむために、お伝えするイヤホンメーカーの選び方を参考にしてみて下さい。

SONYで選ぶ

日本のイヤホンの代表メーカーといえば、SONYと言う人は多いのではないでしょうか。世界的にもその技術は評価を得ています。お求めやすい価格から、プロ仕様のハイエンドまで幅広い商品ラインナップです。そんなSONYのイヤホンの選び方をご紹介していきます。

形状

一番の特徴は形状です。日本のブランドだけあって、日本人の耳にフィットします。密閉型のカナル型を得意とするSONY。イヤホンに対する悩みの一つが、耳から外れ落ちることがあるはずです。その悩みを日本のトップブランドSONYは解決してくれます。 

 

また、密閉型のカナルタイプの形状のものは、形状を活かした機能もあります。それがノイズキャンセリング。騒音などの音をストップし、聞きたい音に集中でき、楽しむことができます。 

 

形状はイヤホンを選ぶ上で、とても重要なポイントです。音質も大事ですが、音質を台無しにしてしまわないように、自分の耳に合った形状を見つけるのも良いイヤホンを見つけるポイントになるでしょう。

ワイヤレス

ここ数年、SONYのイヤホンの中でも人気のイヤホンがあります。それが完全ワイヤレスイヤホン。Bluetooth対応している完全ワイヤレスイヤホンは、他のブランドのものの中でも人気があります。その理由の一つがワイヤレスにも関わらず、高音質であることが挙げられます。 

 

また、ワイヤレスイヤホンのメリットとしては、有線コードの煩わしさを完全になくしたこと。デメリットとしては、データをBluetoothにて、伝送することでおこる音質の低下です。しかし、SONYのワイヤレスイヤホンは高音質のハイレゾ対応商品の最新規格にも対応し、わデメリットの改善努力をしています。

 

その努力が実り、ユーザーの方からたくさんの支持を受けているのです。ワイヤレスイヤホンを検討中の方は、SONYのワイヤレスイヤホンがおすすめと言えます。

音質

ワイヤレスイヤホンの音質の評価を受けているということは、音質の基準が高いと言えます。SONYの音質は、高温と低音の差がはっきりしているドンシャリというサウンドが多いのが特徴です。ドンシャリ系はテクノサウンドやEDMの音楽との相性が良いです。 

 

自分の音楽の趣味と相談して、イヤホンを選んでみて下さい。ただ、ドンシャリ系の音質ばかりではなく、音のバランスをとったフラット系の商品もあるので、試聴して自分の好みのイヤホンと出会って下さい。

Xperiaとの相性

SONYの商品はイヤホンだけではないのをあなたもご存知でしょう。SONYはスマートフォンも販売しています。そのため、SONYのスマートフォンXperiaとの相性がとても良いのです。ご自身がお使いのスマートフォンのメーカーもイヤホンを選ぶ時、とても重要なポイントになります。

 

また、WALKMANを使っている方もSONYのイヤホンを選ぶことをおすすめします。イヤホンを選ぶ時、どうしてもイヤホン本体ばかりに集中してしまいますが、音楽のデータを保存しているものがどこのメーカーであるかも見る必要があるでしょう。 

 

より良い音を快適に楽しむために、イヤホンとの機械の相性を考える必要があります。

ノイズキャンセリング機能

音楽が好きな方は、音質のこだわりはもちろんですが、他の音にも敏感な方は多いはずです。人の会話、または騒音といった音が気になり、自分の好きな音楽に集中できませんよね。そんな方にはノイズキャンセリング機能のイヤホンをおすすめします。

 

ノイズキャンセリング機能は、音以外の騒音をできるだけ取り入れないような設計にしてあります。そのため、自分の好きな音楽に集中することができます。SONYのイヤホンはカナル型という形状を活かし、ノイズキャンセリング機能がとても優れています。 

 

SONYは音楽業界をリードする企業です。音楽機器をたくさん開発した経験から、ノイズキャンセリング機能にも力を入れ、とても優れた製品が多く発売されています。音に集中して聞きたい方なら、SONYのノイズキャンセリング機能がついたイヤホンをおすすめします。

audio-technicaで選ぶ

audio-technicaも日本の人気メーカーの1つです。プロ仕様の音響機材を取り扱いがある、高品質の商品を製造しています。しかし、ライトユーザー向けの商品も販売しており、オーディオ分野ではソニーと肩を並べる存在です。そんなaudio-technicaのイヤホンの選び方を紹介していきます。

音質

audio-technicaの音は、中音域の抜け感とバランスの取れた低音をベースとし、高音域が爽やかに抜けるのが特徴です。また、中音域の繊細な表現もはっきりとしており、とても心地の良いサウンドです。 

  

要するに、バランスのとれた音質でクセがなく、スタンダードの響きで楽しむことができるということです。ですが、音質の偏りが出ないように、音の良さを活かすためのシリーズも展開しており、ユーザーへの配慮を受け取ることができます。 

 

迫力のある低音を聞きたい方はCKSシリーズがおすすめです。このように音の特徴によってシリーズ化されると、自分の好きな音楽との相性を見極めることができますね。

価格

audio-technicaはプロの音響教材を作っていますが、ライトユーザー向けのイヤホンは、価格がリーズナブルなのも、人気のある1つのポイントです。大手メーカーに劣らない認知度があるにも関わらず、お求めやすい価格であるのは、とても嬉しいポイントではないでしょうか。 

 

音質や形状によってのシリーズ化など、ユーザー目線に立った商品ラインナップから見ても、コストパフォーマンスの高さを感じてもらえるはずです。イヤホンも高価格のものもありますが、audio-technicaのイヤホンは価格、品質に充分納得できるおすすめメーカーです。

JVC Kenwoodで選ぶ

KEWOODとビクターの経営統合によって、誕生した日本のメーカーです。音響機器の製造、販売では高い評価を受けており、高性能な商品が多くあります。価格以上の音質を味わえる、コストパフォーマンスが高いメーカーです。そんなJVC Kenwoodのイヤホンの選び方をご紹介します。

音質

歴史のメーカーだけに、音響機器の膨大な知識とノウハウを持っています。日本の確かな技術を生かし、心地の良い音を追求するからこそ、生まれる音の良さがあります。原音探求というコンセプトの元、作り出されるリアルで美しい高音質のサウンドが特徴です。 

 

中でも、ハイレゾ対応レーベルのN_Wシリーズはハイスペックと高音質にこだわった商品ラインナップです。「ライフスタイルに合った等身大の新しい世界を提案するレーベル」というコンセプトで高品質のイヤホンを作っています。

 

日本の確かな技術を感じたい方は、JVC Kenwoodのイヤホンをおすすめします。

ランニング

JVC Kenwoodはランナー向けの防水スポーツモデルAEシリーズを作っています。走りに集中するための装着性。汗や甘えで濡れても安定を維持できる防水性。高いクオリティーを目指したJVC初の完全ワイヤレス商品もあります。 

 

フルマラソンを目指すランナーに向けてアピールしているシリーズだから、ランニングやトレーニングをする方に、おすすめできる商品もあります。

BOSEで選ぶ

音響機器において、世界トップクラスのシェアを持つアメリカ発のブランド。最大の特徴は音質の良さです。また機能も優れており、高品質なイヤホンが多く発売されています。そんなBOSEのイヤホンの選び方をご紹介していきます。

音漏れの少なさ

音質の良さに定評がありますが、それ以外の特徴もたくさんあります。その一つが音漏れの少なさです。独自構造のイヤーチップを採用し、耳へのフィット感は安定しています。また、音漏れしやすい低音も迫力維持し、鼓膜まで音を届けてくれます。

 

音質の良さと独自構造の音漏れの少なさが、より音楽を楽しむ環境を作ってくれます。BOSEの音へのこだわりを感じる一つの特徴です。

ノイズキャンセリング機能

BOSEのノイズキャンセリング機能は特に優れています。独自のアコースティックノイズキャンセリングテクノロジーによって、外部のノイズを測定し比較します。逆位相の信号を発することで周囲のノイズを効率よくカットしてくれます。 

 

騒がしい場所でも音楽に集中することができます。高性能、高品質であるため、イヤホン初心者にも満足することができるイヤホンを作っています。

防水・防塵

スポーツなどでも使用できるように、防水・防塵性能を備えたモデルもあります。汗をかいても全く問題ありません。また、防水機能が高いモデルは水洗いも可能です。清潔感を保つことができ、トレーニングをしながら、好きな音楽も楽しむことができます。 

  

防水性能にもレベルがあるので、汗の量が多い方も安心して、トレーニング中の音楽を楽しむことができるでしょう。 

 

 

ワイヤレスタイプ

BOSEのイヤホンで今人気のあるアイテムは、ワイヤレスタイプではないでしょうか。完全独立型のワイヤレスイヤホンでも耳から外れにくい安定感抜群の装着具合です。ランニングやトレーニングする人にも、BOSEのワイヤレスイヤホンはとてもおすすめと言えます。 

  

好きな音楽を騒音なく、有線ケーブルの煩わしさを感じず、トレーニングを楽しむことができます。より集中力が高まり、気分の良い時間を過ごしてもらえるのではないでしょうか。

Beats by Dr.Dreで選ぶ

今、注目されているイヤホンメーカーがBeats by Dr Dreです。ラッパー兼ヒップホッププロデューサーのドクター・ドレとインタースコープ・レコード会長ジミー・アイアヴィーンにより設立されました。そして、Appleの傘下になったことで注目度が一気に上昇。そんなBeats by Dr Dreのイヤホンの選び方についてお伝えしていきます。

音質

ヒップホップのプロデューサーだけあって、ヒップホップ系やEDMミュージックが活きるサウンドを得意とします。低音が強めに表現されたサウンドシステムで、心地良い音質を楽しむことができます。 

 

ヴォーカルの中高音が隠れるぐらい低音なのが特徴です。重低音を効かせたヒップホップやEDM聞きたい方に、とてもおすすめだと言えます。

 

 

 

機能

人間工学に基づいて設計されているイヤホン形状で、通勤・通学時に耳から外れにくくなっています。また、イヤーフックなどスポーツする時にも外れないようなモデルも発売しています。防水モデルも存在し、機能的なのもとても嬉しいポイントです。

 

また、Appleの傘下だけあって、Apple製品と相性が良いです。iphoneを使用している方はBluetooth製品のものを選んでおけば、icloudでの一括管理もできます。ワイヤレス化が進んでいて、電波の飛ばす距離もモデルによっては最大100mまで離れても大丈夫です。

 

機能も優れた製品をたくさん出しているので、高品質に満足してもらえるのではないでしょうか。

Apple製品

やはり、Apple製品との相性が良いのが1番の特徴ではないでしょうか。Appleのデザインとの相性もよく、またワイヤレスイヤホンのペアリングもスムーズですし、Apple製品ユーザーにはとても嬉しいポイントです。

 

AirpodsがApple製品として発売されていますが、他とは違うイヤホンが良いと思うなら、Beats by Dr Dreの商品がおすすめです。

 

デザイン

ファッション性とデザイン性に優れているイヤホンを多く発売しています。そのため、若者からの支持をたくさん得ています。Appleの傘下に入ってから、デザイン性が更に追求され進化を続けています。

 

メーカーのロゴも象徴的でロゴだけでもカッコ良さを感じるほどの人気っぷりです。歌手のレディー・ガガやプロバスケットボール選手のレブロン・ジェームスが参加した製品も登場していて、今勢いがあるイヤホンメーカーだと言えます。 

 

イヤホンはデザインもこだわりたいと考えている方に、とてもおすすめなブランドです。

おすすめイヤホンメーカー人気ランキング10選

第10位

オーディオテクニカ

インナーイヤーヘッドホン

価格:1,740円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの高さにビックリ

高音質再生を実現する新設計タイプのイヤホン。コンパクトでありながら、そのクリアな音質が特徴的です。メリハリのある低音を再生し、聴き心地の良い低音を再生します。耳あたりも優しい素材を使用し煩わしさを感じません。

 

さらに、安定したフィット感で音楽に集中することができます。コード表面に凸凹をつけ、摩擦を少なくすることで、衣服とのタッチノイズを軽減する配慮もされています。コード巻き取りホルダーで長さを自由に調整可能できるのも嬉しいポイントですね。選べる4サイズのイヤピースが付属していて、耳の形や大きさを気にしなくても大丈夫です。 

 

価格もお求めやすくて、コストパフォーマンスが効いたイヤホンです。

形状カナル型タイプ有線
第9位

ソニー

カナル型イヤホン

価格:1,891円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本メーカーの低価格モデル

迫力の重低音サウンドが特徴なソニーのイヤホンです。コンパクトで快適な装着間と高音質を両立するイヤーピース。ケーブルは絡みにくいように表面に溝を設けたり、日常で音楽を楽しめるような工夫がされています。 

 

外漏れを抑えれていて、音質なども含め、コストパフォーマンスがとても効いたイヤホンだと言えます。お求めやすい商品であるため、壊れた時にも精神的ダメージは低いのではないでしょうか。

形状カナル型タイプ有線
第8位

JVCケンウッド

カナル型イヤホン

価格:2,905円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポイントになるカラーがアクセントに

JVCからは米国逆輸入モデルXXシリーズです。ストリート生まれのタフなスタイルでパワフルかつクリアでキレがある重低音サウンドを再生してくれます。カーボン振動板&メタルボディ採用のハイグレードモデルです。

 

それらの特徴がありながらも、お求めやすい価格はとても嬉しいポイントです。付け心地も良く、長時間つけていても耳が痛くなりにくい装着感です。防音もしっかりしていて、遮音効果は周囲の音が気にならず、音楽に集中できます。

 

重低音がかなり強調されているため、EDM系などの曲を聴く方におすすめなイヤホンです。

形状カナル型タイプ有線
第7位

beats by dr.dre

BeatsXイヤフォン

価格:9,322円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple製品との相性抜群

Appleのw1 chipを搭載しているワイヤレスでも楽しめるイヤホンです。Appleの傘下にあるメーカーなので、Apple商品とのペアリングから接続までスムーズに行うことができます。また、Fast Fuel機能がついており、なんと5分の充電で約2時間の再生ができます。siri対応のケーブル内臓マイクで電話にも対応できます。

 

操作も簡単で、トラックの切り替えも煩わしさはありません。イヤホンのフィット感も良く、何時間装着していても疲れません。リアルでクリアなサウンドが1日中楽しめることを保証してくれるイヤホンです。

形状カナル型タイプワイヤレス
第6位

オーディオテクニカ

カナル型イヤホン

価格:11,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

EDMやクラブミュージック好きな人向け

高まる磁力で大口径ドライバーによって表現される低音が魅力的なイヤホンです。高音もしっかり伸びを感じ、圧倒的な低音の響きとのギャップを楽しむことができます。音量をあげなくても低音が綺麗にしっかり聴こえます。

 

デザインも高級感があって、音質とデザイン性によって、優越感を感じることができるのではないでしょうか。低音を得意とするイヤホンなので、EDMやクラブミュージックが好きな方におすすめです。

 

 

形状カナル型タイプ有線
第5位

JVCケンウッド

カナル型イヤホン

価格:28,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木を使用した唯一無二のイヤホン

木を振動板に用いた独自の音響テクノロジーを継承し、ハイレゾ音源の持つ高い情報量までも、楽器のような美しい響きと自然な音の広がりで臨場感豊かに再現するウッドシリーズを新たにリリースした最上位モデル。

 

全帯域における解像度を向上し、より生々しく原音と空間を鳴らし切ります。木に秘められた力と「原音探求」の思想が、音楽の表現力の新たな扉を開きます。低音の質がとても良く、クラシックだと空気を揺るがすような低音がしっかり聴こえ、臨場感を感じます。その中でも高音もちゃんと出ている

 

楽器の音も1つ1つがよく響いて、音楽を楽しめるだけでなく、いくら聴いても疲れずに聴き続けられます。高音のボーカルが透き通るように伸びるのが、まるでコンサートホールで聴いているかのような感覚で、この価格でも納得できるイヤホンです。

形状カナル型タイプ有線
第4位

BOSE

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ブラック

価格:29,160円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

周囲の騒音に遮られることなく、迫力のデジタルサウンドを楽しめるイヤホンです。周囲の音を聞き逃したくないときは、Awareモードが役に立ちます。イヤホンを外さずにボタンを押すだけで周囲の音が聞き取ることができます。 

 

音楽を止める必要もなく、一定のノイズキャンセリング効果も期待でき、機能面にも自信ありです。インイヤータイプとは思えない、ボーズが誇る迫力のサウンドが魅了します。深みのあるバランスのとれた音楽を実現してくれ、表現力豊かに細やかな音もクリアに響きます。

 

寝ている時に、朝まで付け続けても耳が痛くならないくらい優しい付け心地です。BOSEの品質の良さを存分に味わってもらえるのではないでしょうか。

 

形状インナーイヤー型タイプ有線
第3位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

価格:6,596円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能も音質も価格の納得以上の出来

スマートフォンやiphone、ウォークマンなどの音楽をワイヤレスで楽しむことができるイヤホンです。NFC搭載スマートフォンや、お財布ケータイ対応アンドロイド搭載スマートフォンなどをヘッドタッチすると電源がオンになり、Bluetooth接続が簡単にでき、音楽を聴くまでに煩わしさを感じさせません。

 

地下鉄内や高架下などではノイズキャンセリング機能がよく効き、クリアな音楽を楽しむことができます。Bluetooth接続も安定しており、端末と受信機が近くにある限り、接続が不安てになったり、切れたりすることがほとんどありません。最高のコストパフォーマンスを感じてもらえるはずです。

 

 

形状カナル型タイプ有線
第2位

BOSE

完全ワイヤレスイヤホン

価格:22,621円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスとは思えないサウンドを表現

完全ワイヤレスで、軽量でどんな動きも妨げず、外れにくいデザインのBOSEのワイヤレスイヤホンです。安定したBluetooth接続と先進のテクノロジーで、クリアでパワフルなサウンドを実現しています。

 

防滴仕様と簡単なボタン操作なので、スポーツ時にも快適に音楽を楽しむことができます。バッテリーの持ちも良く、BOSEのクオリティーを最大限に感じてもらえるおすすめのイヤホンです。

 

 

形状カナル型タイプ完全ワイヤレス
第1位

ソニー

完全ワイヤレスイヤホン

価格:20,090円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本を代表するワイヤレスイヤホン

防水防塵で雨の中でも、水中でも音楽を楽しむことができうSONYの完全ワイヤレスイヤホンです。左右のヘッドホンをつなげるリーシュコードが付いているので、安心して水中でも使用することができます。

 

4GBのメモリーを搭載しているため、ヘッドホン本体だけで約920曲の音楽を楽しめることもできます。ヘッドホンに内蔵されたマイクロホンで、環境音や人の声を取り込む機能を搭載しており。電車などでのアナウンスが聞きたい時やスポーツ中も周りの状況にきを配ることができます。

 

外音取り込み機能はオンオフが切り替えられるので、集中したい時と外の音も聴きたいたい時の使い分けができる高性能機能が付いています。接続もスムーズで音が途切れることもありません。また、動画でも音の遅延もなく、映画なども快適に楽しむことができます。とてもおすすめな商品と言えます。

 

形状カナル型タイプ完全ワイヤレス

イヤホンメーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4954976の画像

    ソニー

  • 2
    アイテムID:4954975の画像

    BOSE

  • 3
    アイテムID:4954971の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:4954969の画像

    BOSE

  • 5
    アイテムID:4954968の画像

    JVCケンウッド

  • 6
    アイテムID:4954965の画像

    オーディオテクニカ

  • 7
    アイテムID:4954964の画像

    beats by dr.dre

  • 8
    アイテムID:4954963の画像

    JVCケンウッド

  • 9
    アイテムID:4954961の画像

    ソニー

  • 10
    アイテムID:4954949の画像

    オーディオテクニカ

  • 商品名
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン
  • Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ブラック
  • カナル型イヤホン
  • カナル型イヤホン
  • BeatsXイヤフォン
  • カナル型イヤホン
  • カナル型イヤホン
  • インナーイヤーヘッドホン
  • 特徴
  • 日本を代表するワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスとは思えないサウンドを表現
  • 機能も音質も価格の納得以上の出来
  • 木を使用した唯一無二のイヤホン
  • EDMやクラブミュージック好きな人向け
  • Apple製品との相性抜群
  • ポイントになるカラーがアクセントに
  • 日本メーカーの低価格モデル
  • コストパフォーマンスの高さにビックリ
  • 価格
  • 20090円(税込)
  • 22621円(税込)
  • 6596円(税込)
  • 29160円(税込)
  • 28500円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 9322円(税込)
  • 2905円(税込)
  • 1891円(税込)
  • 1740円(税込)
  • 形状
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • インナーイヤー型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • タイプ
  • 完全ワイヤレス
  • 完全ワイヤレス
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • ワイヤレス
  • 有線
  • 有線
  • 有線

まとめ

いかがでしたでしょうか。おすすめイヤホンメーカーの選び方を詳しく説明しました。イヤホンに何を求めているのか目的を明確にすることにより、音楽を楽しめるかどうかが決まります。選び方を参考にし、あなたに合うイヤホンを見つけて下さい。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ