記事ID135714のサムネイル画像

【雪質や積雪量がポイント】人気の除雪機おすすめランキング10選

雪を力強く排除する頼もしい味方の除雪機。時間も体力も消耗する除雪を素早く楽に終わらせたい、というのは雪国の人にとって共通の思いでしょう。雪質や積雪量に合わせた除雪機の選び方や、除雪機のおすすめポイントと人気の除雪機をランキングでご紹介します。

手作業では味わえない家庭用の除雪機の魅力

まとまりにくい乾雪や重たい湿雪を、力強く排除してくれるのが除雪機です。雪を押し出す除雪機や、雪を遠くに飛ばす除雪機があります。庭の除雪や駐車場の除雪を出勤前に終わらせる人も多いですが、時間と体力を消耗せずに除雪できるのは、手作業では味わえないことです。

 

除雪機は、特に力のない女性やお年寄りにおすすめです。しかし、除雪機は安くても2万円以上しますし、高い除雪機は100万円以上します。後悔をしない除雪機選びは雪質や積雪量、除雪する場所や広さ、そして除雪機を使う人に合わせることがポイントです。

 

また、小型除雪機でも収納スペースの確保が必要です。使う人や環境に適した除雪機を選ぶことで、時間を消費し、体力に負担がかかる除雪も素早く終わります。朝寝坊をしながら効率よく除雪をしたい、と思っている人におすすめなのが家庭用除雪機です。

除雪機の選び方

除雪機を選ぶときに押さえておきたいポイントを解説します。除雪機のタイプや駆動方式などを、雪質や降雪量、除雪をする場所や使う人に合わせることが大切です。

駆動方式で選ぶ

除雪機の駆動方式には電動式とエンジン式があります。どちらが優れているか、ということではありません。除雪をする場所や広さ、使用する時間や使う人に合わせて選ぶことがポイントです。

電動式

電動式の除雪機は家庭用のコンセントを使用しますが、コンセントコード式と充電式に分類されます。電動式の除雪機はエンジン式よりも価格が安く、選択肢も豊富です。コンパクトで軽量なモデルも多く、力なのない女性やお年寄りにも扱いやすいのがポイントです。

 

コンセントコード式はバッテリー切れの心配がないため、除雪に要する時間を気にせずに使用できます。自分のペースで除雪ができるため、体力のない女性やお年寄りにおすすめです。しかし、コードが届く範囲でしか除雪ができないため、作業範囲が制限されます。

 

充電式は家庭用のコンセントから、バッテリーに充電をして使用します。充電後はコードレスとして使うので、コンセントと除雪機の距離に制限を受けません。しかし、バッテリー切れになると動かなくなるため、除雪をする場所の広さや除雪に要する時間が限られます。

エンジン式

エンジン式は電動式よりも馬力があり、重たい雪も力強く除雪できるのがポイントです。エンジンの重さが除雪機の重量にかかってくるため、総重量は重くなります。無鉛ガソリンを使用するため、ガス欠に備えて予備の燃料を保管しておくことも大切です。

 

ガス欠になっても燃料を補給するだけで除雪を再開でるため、家から少し離れた場所や広い場所を除雪する人、積雪量が多い地域に住んでいる人におすすめです。電動式より価格が高く、深い除雪深度に対応する除雪機には100万円を超えるものもあります。

 

重たい上に大きなサイズの除雪機も多いため、予備の燃料と併せて保管する場所を確保しなくてはいけません。エンジンの始動にコツがいるため、慣れていないとスムーズに除雪を始められないこともあります。

ハイブリッド式

ハイブリッド式は、動力にエンジンとモーターを使用しています。エンジンとモーターはそれぞれに役割分担がされており、走行にはモーターを、除雪にはエンジンの動力を使用します。動力を分担することで安定した馬力を維持し、効率のよい除雪作業をできるのがポイントです。

 

高いポテンシャルを持っているハイブリッド式除雪機ですが、価格も高いためスペックなど詳細をよく見ることが大切です。パワーを効率的に分担するハイブリッド式の除雪機は、豪雪地帯の除雪に向いています。

除雪機のタイプで選ぶ

除雪機にはブレードで雪を押し出すドーザータイプと、雪を飛ばすロータリータイプがあります。除雪の目的が異なるため、雪質や降雪量など、環境に適したタイプの除雪機を選ぶことがポイントです。

ドーザータイプ

ドーザータイプの除雪機は雪を押し出すのが目的で、小型除雪機に多いタイプです。小型の場合はパワーが小いため、降雪量が多いと除雪作業が進まなくなることもあります。豪雪地帯では使いどころが限られるため、降雪量の少ない地域の人におすすめです。

 

もし、融雪機を導入しているのであれば、積雪量に関係なく有効に使えます。ブレードで雪を押し出すドーザータイプの除雪機は、乾雪と湿雪の両方に対応が可能です。しかし、除雪深度がブレードより高いときや、量が多い湿雪の場合は前に進めなくなることもあります。

 

ブレードで雪を押し出すだけのドーザータイプは操作が簡単で、機械の操作が苦手な人にも扱いやすい除雪機です。機械に人を巻き込んで大怪我をさせるなどのリスクも減ります。とはいってもやはり機械なので、安全を意識して使うことがとても重要です。

ロータリータイプ

ロータリータイプの除雪機は雪を飛ばすのが目的です。本体の正面に付いているオーガという羽が雪を巻き込み、スノーシューターから吐き出します。ロータリー式の除雪機は進行方向の雪を飛ばしながら進むため、積雪量が多い地域の人におすすめです。

 

投雪距離は馬力と雪質に影響され、乾雪の場合は近く、湿雪の場合は遠くまで飛ばせます。しかし、湿雪の場合は雪がスノーシューターに張り付くこともあるため、北海道のような乾雪が多い地域には使いやすいですが、湿雪が多い地域の人には不便なときもあるでしょう。

 

雪を飛ばすロータリー式の除雪機は、投雪方向に人や車がいないかということにも気を使います。また、ロータリーに人を巻き込むと大怪我をするので、取り扱いには十分な注意が必要です。特に吹雪など視界の悪い日は気をつけましょう。

走行方式で選ぶ

除雪機の走行方式に採用されている、手押し式と自走式のメリットとデメリットについて解説します。使う人や積雪量に合わせて選ぶことがポイントになるため、それぞれの違いを押さえましょう。

手押し式

エンジンやモーターなどの動力を使用しないため、機械の操作が苦手な人にも扱いやすいのがポイントです。手押し式は、雪を飛ばすロータリー式に採用されています。複雑な操作が減る分、除雪作業と安全な運行に集中できるのがメリットです。

 

除雪機の速度に合わせる必要もなく、自分のペースで除雪作業ができるのも選ばれる理由です。機械の複雑な操作が苦手な人は、手押し式を検討するといいでしょう。しかし、雪質や積雪の状況によっては、手で押しながら除雪をするコツが必要なときもあります

 

積雪量が少ないときは手軽に素早く除雪ができるため、手押し式除雪機は力のない女性やお年よりに向いています。しかし、逆に積雪量が多いときは、除雪機を手で押すのが重くなり不便です。住んでいる地域の積雪量に合わせて選びましょう

自走式

エンジンやモーターで自走する除雪機は、体力の消耗が少ないため余裕のある除雪をできるのがポイントです。走行をエンジンやモーターに頼れるため、積雪が多い地域に向いています。機械の操作に慣れている人や、体力がない人にもおすすめです。

 

しかし、除雪と走行の両方を操作することになるので、機械の操作に慣れていないと円滑な除雪ができません。前進や後退、旋回や速度なども機械の速度や動作に合わせることになるので、思い通りにならないこともあります。

 

不慣れな機械の操作は事故や怪我の原因なので、説明書をしっかりと読んで理解を深めることも大切です。

その他のポイントを見る

除雪機を選ぶときは除雪機の仕様だけではなく、環境に合わせて選ぶことも大切です。環境に適さない除雪機は宝の持ち腐れとなりかねません。注目するべき環境のポイントを解説します。

雪質で選ぶ

除雪機を選ぶときは地域の雪質にも注目をしましょう。湿雪をドーザータイプで押し進めると、雪の重みで進めなくなることもあります。積雪量が少ない地域なら気になりませんが、湿雪の多い豪雪地帯では活躍の場も減ります。

 

ロータリータイプの除雪機は湿雪を遠くまで飛ばせますが、スノーシューターに雪が張り付くこともあります。その場合は除雪スプレーなどで対応するといいでしょう。

 

乾雪はドーザータイプの除雪機で手軽に処理できます。しかし、乾雪はまとまりにくいため、ブレードからこぼれる雪も多くなります。乾雪ならロータリータイプも得意ですが、投雪距離は湿雪よりも短くなります

積雪量で選ぶ

除雪機の仕様は地域の積雪量にも合わせましょう。湿雪の積雪量が多いとドーザータイプのブレードでは押しきれず、豪雪地帯では不便です。積雪量が多いと乾雪もまとまらず、ドーザータイプでも除雪に時間がかかります。

 

ロータリータイプの除雪機も、雪が深く積もった場合は、何度も前進後退を繰り返しながら除雪をすることになります。積雪用に合わないサイズの除雪機では無駄に時間がかかるため、積雪量に対して適切なサイズと馬力の除雪機を選びましょう

除雪する場所と広さで選ぶ

駐車場などコンセントがない場所では、エンジン式や充電式が便利です。しかし、場所が広くて除雪に時間がかかる場合は、充電式除雪機のバッテリーが切れることも考えられます。時間がかかる場所では、充電式よりもエンジン式が使いやすいでしょう。

 

また、除雪をする場所が広い場合は、ブレードやオーガのサイズが大きい除雪機を選ぶと効率がよくなります。逆に庭先など狭い範囲を除雪するなら、小型除雪機の方が取り回しがしやすく便利です。庭先ならコンセントコードも届くので、選択肢の幅も増えます。

人気の除雪機おすすめランキング10選

テキスト

第10位

HAIGE(ハイガー)

HG-SSG5562 & ブレードセット

価格:111,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雪質と積雪量でタイプを切り替え1台2役。別売りのスノーシューターで1台3役に。

ブラシで雪を掃く除雪機、HG-SSG5562本体と専用ブレードのセットです。ブレードの装着と脱着はレバーの操作だけで行い、工具を使用しません。ブラシとブレードで1台2役の除雪機ですが、別売りのスノーシューター(ロータリー)を用意すると1台3役になります。

 

専用のスノーシューターHG-SSG5562OP02は、Amazonでも購入が可能です。ロータリーでの除雪を考えている人は、専用スノーシューターの購入も検討するといいでしょう。

 

163cc5馬力の4サイクルエンジンを搭載し、前進4速、後退2速の自走式です。ブラシは雪を掃くのが目的のアタッチメントで、雪を遠くに飛ばす目的ではありません。積雪量や雪質に合わせてアタッチメント交換すると、効率のいい除雪ができます。

サイズ160~180×62×85~105cm重量68kg
タイプドーザー/ブラシ走行方式自走
駆動方式エンジン電源/燃料無鉛ガソリン
除雪幅62cm除雪深度
ブレード高37cm投雪距離
投雪角22°
第9位

アストロプロダクツ

クローラータイプ SB627

価格:127,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

投雪距離も長くハイパワー。広い場所の除雪に適した自走式ロータリータイプ。

SB627は196cc6.5馬力の4サイクルエンジンを搭載した、ロータリータイプの自走式除雪機です。凹凸のある路面にも対応できるクローラーを採用し、除雪に適した走行性能を発揮します。レバーを握るとオーガの回転や走行を開始し、離すと止まる安全仕様です。

 

左右のハンドル下のクラッチを握ると片側のクローラーの回転を止め、小回りが効きます。オーガの高さ調整や投雪方向は各部のレバーで簡単に操作ができる仕様です。重量もあるため、機械の操作に慣れている人におすすめの除雪機です。

サイズ140×67×106cm重量86kg
タイプロータリー走行方式自走
駆動方式エンジン電源/燃料無鉛ガソリン
除雪幅62cm除雪深度
ブレード高投雪距離10~15m
投雪角
第8位

アルファ工業

スノーエレファントDX

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重さ18kg、小型軽量でもパワフルな除雪。小柄な女性やお年寄りにおすすめ。

スノーエレファントDXはコンセントコード式の電動小型除雪機ですが、27cmの積雪に対応します。40cm以上の積雪には、前進と後退を繰り返すことで除雪が可能です。毎分2100回転のオーガが雪を巻き込み、スノーシューターから最大10mも雪を飛ばします。

 

手押し式のスノーエレファントDXに複雑な操作はありません。投雪方向も手元のレバーで簡単に変えることができ、機械が苦手な人も安心して除雪ができます。小型で軽量なスノーエレファントDXは取り回しがしやすく、特に小柄な女性やお年寄りにおすすめです。

 

スノーエレファントDXには20mの専用コードが付属しているので、除雪機が届いた日からすぐに除雪ができます。

 

サイズ90×46×100cm重量18kg
タイプロータリー走行方式手押し
駆動方式電動コンセント式電源/燃料AC100V(50~60Hz)
除雪幅45.8cm除雪深度27cm
ブレード高投雪距離10m
投雪角180°
第7位

ササキコーポレーション

オ・スーノ ER-801

価格:221,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家電感覚で使える静音設計の除雪機。ライト付きのバッテリーは、アウトドアの照明にも。

オ・スーノ ER-801は電動の自走式除雪機です。充電式なのでコンセントから離れた場所の除雪もできます。走行の操作は前進と後退をレバーで切り替え、ハンドルのレバーを握るだけです。除雪中に万が一転んでも、レバーから手が離れると停止するので心配ありません。

 

除雪に適した形状のクローラーが雪をしっかりと捉えるので、安定した走行が可能です。ライトを標準装備している静音設計のオ・スーノ ER-801なら、早朝や夜間もご近所に遠慮することなく除雪できます。

 

バッテリーと一体型のライトは取り外しが可能で、緊急時やアウトドアのコンパクトな照明器具としても使えるので便利です。バッテリーはオプションのインバーターを用意すると100Vの家電にも対応するので、アウトドアや災害時にはさらに使いやすくなります。

サイズ132×82×98cm重量65kg
タイプドーザー走行方式自走
駆動方式電動充電式電源/燃料AC100V(50~60Hz)
除雪幅80cm除雪深度
ブレード高33cm投雪距離
投雪角
第6位

工進(KOSHIN)

オスカル SR-350

価格:163,862円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低速で安全走行。簡単な操作でパワフル。機械に不慣れな人にもおすすめ。

オスカル SR-350は低速で走行するブレードタイプの小型除雪機です。走行は前進と後進のほかに、ニュートラルギアを装備しています。万が一バッテリー切れになっても、手押しで保管場所まで移動ができるので安心です。

 

振動が少ないモーター駆動は、機械の操作に慣れていない人の恐怖心を刺激しません。走行速度は前進で時速2km、後退で時速1.5kmです。前進と後退をレバーで切り替えたら、ハンドルのレバーを握るだけで走行します。ブレーキレバーも付いているのでさらに安心です。

 

急発進をしない低速走行なので、ご高齢の女性も安全に除雪ができます。バッテリーは本体と電源を直接つないで充電をすることも、バッテリーを取り外して室内で充電をすることも可能です。

サイズ128×63×91cm重量54kg
タイプドーザー走行方式自走
駆動方式電動充電式電源/燃料AC100V(50~60Hz)
除雪幅60cm除雪深度25cm
ブレード高32cm投雪距離
投雪角
第5位

BCOM

スノーホエール

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

90分の充電で30分間の除雪。投雪距離は5m、軽量な充電手押し式ロータリータイプ。

スノーホエールは充電式ロータリータイプの小型除雪機です。90分ほどの充電時間で約30分間の運用ができます。手押し式で除雪高は18cmなので、積雪量の少ない地域での使用に向いています。

 

とても軽量で投雪距離も4~5mほどあり、力のない女性やお年寄りにも扱いやすい除雪機です。取り回しがしやすい軽量な除雪機は、庭や車庫前などの除雪に使いやすいでしょう。ハンドルは折りたたみが可能なので、保管をするときはさらにコンパクトになります。

 

投雪方向の切り替えやライトの点灯や消灯は手元で操作ができ、早朝や夜間もスムーズな除雪が可能です。ハンドルの角度も調整ができるので、身長に合わせて押しやすい姿勢を保てます。

サイズ86~100×46.5×106cm重量15kg
タイプロータリー走行方式手押し
駆動方式電動充電式電源/燃料
除雪幅45cm除雪深度18cm
ブレード高投雪距離4~5m
投雪角
第4位

HAIGE(ハイガー)

HG-K8718

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エンジン式で軽量な手押しのロータリー。自由度の高いシューターは手押し式に最適。

HG-K8718は、87cc2.2馬力の4サイクルエンジンを搭載した手押し式の除雪機です。30cmまで積もった雪を46cmの幅で除雪をします。190°の水平回転と上下角を調整できるスノーシューターは、手押しで雪を飛ばしやすい最適な角度を調整器出ます。

 

ハンドルは3段階で角度を調整できるほか、折りたたむこともできるのでコンパクトに収納できます。エンジンスタートはハンドルにリコイルグリップが付いているため、立った姿勢でエンジンを始動でき、腰に負担をかけません。

 

エンジンを緊急停止するセーフティーキーがあり、安全対策もしっかりとしています。

サイズ96×47×98cm重量26kg
タイプロータリー走行方式手押し
駆動方式エンジン電源/燃料無鉛ガソリン
除雪幅46cm除雪深度30cm
ブレード高投雪距離~8m
投雪角190°
第3位

HAIGE(ハイガー)

HG-K25

価格:89,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広い場所の除雪に適した自走式ロータリータイプ。前進6速で幅広い雪質に対応。

HG-K25は排気量163cc5.5馬力の4サイクルエンジンを搭載した、自走式ロータリータイプの除雪機です。42cmの除雪深度に対応し、56cmの除雪幅で力強い除雪ができます。190°の投雪角で最大12mまで雪を飛ばすので、広い場所の除雪に最適です。

 

 

走行は前進6速、後退2速で、幅広い雪質に対応します。ハンドルの除雪クラッチレバーを握るとオーガが回転をし、離すとオーガが停止をするため、除雪をしたくない場所はそのまま走行ができます。

 

ハンドル角は2段階のリクライン調整ができるので、身長に合わせて体に負担の少ない運用が可能です。

 

サイズ140×56×100cm重量53kg
タイプロータリー走行方式自走
駆動方式エンジン電源/燃料無鉛ガソリン
除雪幅56cm除雪深度42cm
ブレード高投雪距離~12m
投雪角190°
第2位

rebel

スノーモンスター YT-660 20メートル延長コード付

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

力のない人でも効率的な除雪ができる。軽量で扱いやすい電動コンセントコード式。

YT-660はコンセントコード式の、手押しロータリータイプの除雪機です。コードが届く範囲でしか除雪はできませんが、手軽に除雪ができるので女性やお年寄りにとって強い味方となります。電動式ながら、最大30cmの除雪深度に対応するのもポイントです。

 

乾雪なら最大8mの投雪距離があるので、玄関前や車庫前などをきれいに除雪できます。軽量なので力のない人でも扱いやすく、毎年の除雪で苦労をしている人も効率的な除雪ができます。朝の慌ただしい時間を少しでも節約したい、女性やお年寄りにおすすめです。

サイズ110×49×100cm重量13.8kg
タイプロータリー走行方式手押し
駆動方式電動コンセント式電源/燃料AC100V(50~60Hz)
除雪幅46cm除雪深度30cm
ブレード高投雪距離~8m
投雪角
第1位

HAIGE(ハイガー)

HG-K1650 & 20m延長コードセット

価格:25,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

除雪機では国内最大級の1600wモーターを搭載。電動でもパワフルで頼もしい除雪が可能。

HG-K1650はコンセントコード式ロータリータイプの除雪機です。電動ですが1600wのモーターが、除雪深度33cm、除雪幅50cmでパワフルに除雪をします。除雪機のコンセントには防雪カバーがついており、天候が悪い日の除雪も安心です。

 

ハンドルにはコードの抜けを防止するケーブルフックが付いており、コンセントコードが引っ張られても抜ける心配がありません。音が静かな電動式は、早朝や深夜の除雪におすすめです。

 

圧雪した雪は苦手ですが、雪を砕くと可能です。得意な雪質は乾雪で、スコップよりも効率的な除雪ができます。20mの延長コードも付属しているので、届いた日から除雪ができます。

サイズ130×55×85cm重量16kg
タイプロータリー走行方式手押し
駆動方式電動コンセント式電源/燃料AC100V(50~60Hz)
除雪幅50cm除雪深度33cm
ブレード高投雪距離~10m
投雪角180°

除雪機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4948653の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 2
    アイテムID:4948669の画像

    rebel

  • 3
    アイテムID:4948649の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 4
    アイテムID:4948640の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 5
    アイテムID:4948631の画像

    BCOM

  • 6
    アイテムID:4948622の画像

    工進(KOSHIN)

  • 7
    アイテムID:4948611の画像

    ササキコーポレーション

  • 8
    アイテムID:4948661の画像

    アルファ工業

  • 9
    アイテムID:4948674の画像

    アストロプロダクツ

  • 10
    アイテムID:4948579の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 商品名
  • HG-K1650 & 20m延長コードセット
  • スノーモンスター YT-660 20メートル延長コード付
  • HG-K25
  • HG-K8718
  • スノーホエール
  • オスカル SR-350
  • オ・スーノ ER-801
  • スノーエレファントDX
  • クローラータイプ SB627
  • HG-SSG5562 & ブレードセット
  • 特徴
  • 除雪機では国内最大級の1600wモーターを搭載。電動でもパワフルで頼もしい除雪が可能。
  • 力のない人でも効率的な除雪ができる。軽量で扱いやすい電動コンセントコード式。
  • 広い場所の除雪に適した自走式ロータリータイプ。前進6速で幅広い雪質に対応。
  • エンジン式で軽量な手押しのロータリー。自由度の高いシューターは手押し式に最適。
  • 90分の充電で30分間の除雪。投雪距離は5m、軽量な充電手押し式ロータリータイプ。
  • 低速で安全走行。簡単な操作でパワフル。機械に不慣れな人にもおすすめ。
  • 家電感覚で使える静音設計の除雪機。ライト付きのバッテリーは、アウトドアの照明にも。
  • 重さ18kg、小型軽量でもパワフルな除雪。小柄な女性やお年寄りにおすすめ。
  • 投雪距離も長くハイパワー。広い場所の除雪に適した自走式ロータリータイプ。
  • 雪質と積雪量でタイプを切り替え1台2役。別売りのスノーシューターで1台3役に。
  • 価格
  • 25800円(税込)
  • 34800円(税込)
  • 89800円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 163862円(税込)
  • 221000円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 127440円(税込)
  • 111700円(税込)
  • サイズ
  • 130×55×85cm
  • 110×49×100cm
  • 140×56×100cm
  • 96×47×98cm
  • 86~100×46.5×106cm
  • 128×63×91cm
  • 132×82×98cm
  • 90×46×100cm
  • 140×67×106cm
  • 160~180×62×85~105cm
  • 重量
  • 16kg
  • 13.8kg
  • 53kg
  • 26kg
  • 15kg
  • 54kg
  • 65kg
  • 18kg
  • 86kg
  • 68kg
  • タイプ
  • ロータリー
  • ロータリー
  • ロータリー
  • ロータリー
  • ロータリー
  • ドーザー
  • ドーザー
  • ロータリー
  • ロータリー
  • ドーザー/ブラシ
  • 走行方式
  • 手押し
  • 手押し
  • 自走
  • 手押し
  • 手押し
  • 自走
  • 自走
  • 手押し
  • 自走
  • 自走
  • 駆動方式
  • 電動コンセント式
  • 電動コンセント式
  • エンジン
  • エンジン
  • 電動充電式
  • 電動充電式
  • 電動充電式
  • 電動コンセント式
  • エンジン
  • エンジン
  • 電源/燃料
  • AC100V(50~60Hz)
  • AC100V(50~60Hz)
  • 無鉛ガソリン
  • 無鉛ガソリン
  • AC100V(50~60Hz)
  • AC100V(50~60Hz)
  • AC100V(50~60Hz)
  • 無鉛ガソリン
  • 無鉛ガソリン
  • 除雪幅
  • 50cm
  • 46cm
  • 56cm
  • 46cm
  • 45cm
  • 60cm
  • 80cm
  • 45.8cm
  • 62cm
  • 62cm
  • 除雪深度
  • 33cm
  • 30cm
  • 42cm
  • 30cm
  • 18cm
  • 25cm
  • 27cm
  • ブレード高
  • 32cm
  • 33cm
  • 37cm
  • 投雪距離
  • ~10m
  • ~8m
  • ~12m
  • ~8m
  • 4~5m
  • 10m
  • 10~15m
  • 投雪角
  • 180°
  • 190°
  • 190°
  • 180°
  • 22°

まとめ

冬になると朝寝坊ができなくなる雪国の人にとって、雪ほど恨めしい存在はありません。除雪機で素早く除雪ができると、除雪のために早起きをする必要もなくなります。効率のいい除雪で時間を短縮できた分だけ朝もゆっくりできますし、除雪で腰を痛めることもありません。雪国の人は除雪機の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ