記事ID135700のサムネイル画像

【シンプルで魅力的】人気の脚付きマットレスおすすめランキング10選

寝具としてだけでなく、インテリアとしても活躍してくれる脚付きマットレスは、ベッドには無い魅力をたくさん備えているのです。厳選したおすすめ商品をランキング形式でご紹介するほか、自分で脚付きマットレスを選ぶ際のポイントなど、詳しくご紹介いたします。

ベッドとは違う脚付きマットレスの魅力

新生活のスタートや模様替えなどで気分一新したいとき、お部屋の雰囲気を引き締めてくれるのがベッドの存在です。お部屋の大きなスペースを占め、日々の生活にも欠かせない役割を持つベッドはインテリアの要ともいえる存在。そんなベッド選びに是非ともおすすめしたいのが脚付きマットレスです。

 

脚付きマットレスとは、その名の通りマットレスに脚を付けたもの。ベッドとして思いつくイメージと比較すると非常にシンプルなデザインですが、そのシンプルさゆえにインテリアとしてはとても使いやすく、様々なコーディネートを楽しむことができます。そのまま使うだけでもすっきりとした雰囲気を演出できるところも大きなポイントです。

 

また、その他のメリットとして、非常に安価であるという点が挙げられます。ベッドは家具としてみてもかなり大きな部類で、しっかりとしたものを購入しようとすると予想以上の出費に驚かされることがあります。

脚付きマットレスの選び方

ここからは脚付きマットレスを購入する際の、選び方のコツをご紹介していきます。探してみると思った以上に種類があって驚かされる脚付きマットレス、ポイントを押さえて満足できるものを選びましょう。

自分に合ったタイプを選ぼう

脚付きマットレスには3つのタイプがあります。寝心地や収納など、それぞれ他のタイプにはない特徴を持っており、それぞれの方向性で非常に実用的なアイテムとして作られているのです。購入後にしっかりと活用できるよう、それぞれのタイプの特徴を知っておきましょう。

一体型

一体型は、分割されていない1枚のマットレスにそのまま脚がついているタイプの脚付きマットレスです。一番の特徴はその寝心地の良さで、1枚ものならではの安定感がしっかり身体を支えてくれるため、安心してぐっすりと眠ることができるのです。他のタイプはマットレス部分が主に真ん中あたりで分割されており、ちょうど腰のあたりに違和感が出やすい構造になっているため神経質な方や腰に不安がある方には特におすすめできます。

 

欠点はサイズが大きくスペースをとる上に動かしづらい点で、お部屋に一度設置してしまうとそのスペースは完全に脚付きマットレスのスペースとして使わなければならなくなります。模様替えなどで気軽に動かすこともできないし、お部屋の広さによっては窮屈さを感じてしまう恐れもあります。概ね通常のベッドと同じ難点を抱えていると言えるでしょう。

分割型

分割型は、マットレス部分が分割されているタイプの脚付きマットレスです。主に2分割のものが多いですが、中には3分割や4分割などといったタイプもあります。分割型のメリットは何といっても家具としての使い勝手の良さで、それぞれを独立させて使用することが可能なため、ベッド以外に簡易ソファなど様々な用途で使用することができます。

 

また、分割させて扱えるため持ち運びがしやすいという点があります。お引っ越しの際など、お部屋やドアが狭くて一体型が搬入できない時でも分割型なら楽に設置ができるのです。その他にも、構造上分割されたマットレスのそれぞれに脚が付くため、赤い安定性も期待できます。

 

デメリットとしては、マットレスが分割されているため継ぎ目にあたる部分に違和感が残り寝心地に影響する点です。ただ違和感が残るだけでなく、継ぎ目の部分は実際に中材であるコイルの働きが効きにくいため、一体型と比べると疲れが残りやすいと言えます。

折り畳み式

折り畳み式は、文字通りマットレスを折りたためるように作られているタイプのことです。マットレス1枚もので寝心地が良い分扱いの難しい一体型に対し、汎用性を高めた分割型とはまた別方向のアプローチを試みています。その最大の特徴が省スペースという点です。

 

折り畳み式は分割型のようにそれぞれのマットレスを分けて使うことはできませんが、折りたたんで立てることができるため、使用時以外はほぼスペースを取らずに収納することができるのです。お部屋が狭く、ベッドを置くスペースが確保できないという人には特におすすめで、眠るとき以外はそのスペースを全く別の用途に使用することができます。

 

デメリットはやはり寝心地の点で、マットレスが分割されている以上どうしても一体型には劣ります。また、折り畳み式はスペース確保の観点から他のタイプと比較してマットレスの厚みが薄い傾向にあるため、その点も寝心地に影響してしまいます。

寝心地はコイルをチェックしよう

脚付きマットレスは、身体を支えるための中材としてコイルを使用しています。寝具である以上は絶対に欠かせない寝心地は、このコイルによって左右されるといっても過言ではありません。

ボンネルコイル

ボンネルコイルとは、コイル同士が連結している構造のコイルのことを指します。それぞれのコイルが連結した結果、1つの大きなコイルとして成立しており、面で身体を支えてくれます。比較的堅めの寝心地で、身体が沈みにくい分寝返りが打ちやすいという特徴があります。

 

その他のメリットとして、値段が安く耐久性が高いという特徴もあります。ボンネルコイルは構造上、ある程度コイルの数を少なくしても寝心地を維持しやすいため、その分コストを抑えられるのです。

 

またコイルが部分的に駄目になってしまう恐れもなく、その分長持ちします。コストパフォーマンスの高いタイプで、出費を少しでも抑えつつ長持ちさせたい方には特におすすめです。

 

またボンネルコイルの構造は衛生面でも重要な役割を果たします。後述するポケットコイルと違い、ボンネルコイルはコイル部分が空洞になっているため風通しが良いという特徴もあるのです。マットレスに熱がこもるのを好まない方や、汗かきの方はボンネルコイルを検討してみましょう。

ポケットコイル

ポケットコイルは、コイルをそれぞれ独立させた構造が特徴です。それぞれのコイルは袋に包まれており、絡んでしまうことが無いように作られています。面で身体を支えるボンネルコイルに対し、点で身体を支えるイメージになります。

 

ポケットコイルの特徴はその柔らかい寝心地です。コイルひとつひとつが独立して体を支えているため、圧力のかかりやすい所はよく沈み、そうでないところは浅めに沈むなどラインに合わせて身体を受け止めてくれます。身体が沈むため寝返りはその分打ちにくくなりますが、柔らかく体を包み込んでくれる寝心地の良さは寝つきに直結してくれます。

 

デメリットは、コイルごとにかかる圧力が変わるため、部分的に駄目になってしまいやすい点です。ボンネルコイルと比較すれば長持ちはしにくいタイプといえます。また値段も比較的高額です。予算的に問題がなく、寝心地の良さを追求したいならばポケットコイルを検討することをおすすめします。

コイルの数

どちらのタイプのコイルを選ぶか決めたら、次は使われているコイルの数にも目を向けてみましょう。コイルの数はマットレスの品質を重要な要素の一つで、とりわけポケットコイルはコイルひとつひとつが身体を支えるという構造上、一定以上の数がなければ寝心地に大きく影響するのです。

 

コイルの数は多くの商品で商品情報として謳われているため、脚付きマットレス選びの際は忘れず確認する必要があります。また、ポケットコイルの脚付きマットレスを選ぶ際はコイルの配列にも着目してみることをおすすめします。

 

ポケットコイルの配列には並行配列と交互配列の2種類があり、それぞれに寝心地や特性が異なるのです。並行配列は縦の列と横の列が揃っている配列のことで、それぞれのコイルが独立して体を支えるポケットコイルの特徴を存分に発揮してくれます。交互配列は並行配列のような隙間ができないようにコイルを敷き詰めたタイプです。

コイル以外の詰め物

脚付きマットレスの品質にコイルは非常に重要ではありますが、コイルの上にシーツを被せただけではまともに寝ることはできません。寝心地を語る上では、コイルと身体の間に入り、クッションとなる詰め物の存在も忘れてはいけないポイントです。詰め物に使われているのはウレタンやフェルト生地などが中心になります。

 

コイルと同じく、詰め物の質も脚付きマットレスの寝心地や耐久性に大きく影響します。特に耐久性に与える影響は大きく、価格の安いものなど詰め物を軽視している商品はすぐに使えなくなってしまう恐れもあるのです。脚付きマットレスは丸ごと取り換えるしか方法がないため、安く抑えようとして逆に高くついてしまうなんてことも。

 

特に注目するべきは詰め物の厚みです。当然ですが詰め物は薄ければ薄いほど駄目になりやすく、耐久性が低い商品になります。またウレタンなどの密度を確認できる場合はそちらにも目を通しておきたいところです。

意外と重要な脚の長さ

脚付きマットレスは名前の通り脚の付いたマットレスの事。それだけに、脚付きマットレス選びの際は、脚についても良く検討することが必要です。

長め

脚が長めのタイプの特徴は、脚付きマットレスの下のスペースを有意義に使えるという点です。ベッドと同じように、脚付きマットレスの下のスペースは物置などのスペースとして活用することができます。脚の長さによっては衣装ケースなども設置することができるため、インテリアだけでなく実用性の観点から見ても非常に便利だと言えるでしょう。

 

また、脚付きマットレス下に十分なスペースがあると掃除機などを使ったお掃除が非常にやりやすくなる点も見逃せません。脚付きマットレスの下はどうしても埃が溜まりやすいため、お部屋を清潔に保ちたいのであれば足の長いタイプが良いでしょう。

 

基本的にはベッド下と同様の使い方ができることもあり、一度設置すると動かしにくい一体型のタイプを購入する際は特におすすめです。

短め

脚が短めのタイプはマットレス下のスペースを活用できないという大きな弱点こそありますが、その分マットレスの上に空間を作れる点が特徴です。特に天井の低いお部屋では、上にスペースが少ないと睡眠時に窮屈さを感じてしまうことも少なくありません。脚の低いタイプを選ぶことで、お部屋の解放感を損なわずに眠ることができるのは大きな利点といえるでしょう。

 

また、脚の低いタイプの脚付きマットレスは、ベッド以外にもソファなど別のインテリアとしての用途で使いやすいという特徴もあるのです。家具としての多彩な用途は脚付きマットレスの魅力の一つですから、ベッド以外でも活用したい方なら短めの脚を検討する価値があります。特に汎用性の高い分割型との相性がとても良くおすすめです。

脚付きマットレスの人気ランキング10選

第10位

タンスのゲン

脚付きマットレス BONO

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一体型なのに、コンパクト

まず第10位でご紹介するのは、タンスのゲンの「脚付きマットレス BONO」です。硬めでしっかりとした寝心地のボンネルコイルと、15cmとちょうどいい長さの脚で扱いやすい一体型の脚付きマットレスです。ボンネルコイルも270個と十分な数で体を支えてくれます。

 

最大の特徴はセミシングルタイプという点です。シングルサイズより一回り小さいサイズの為、一体型でありながらスペースを大きく取らずに使用することができます。身体の小さい方には特におすすめです。

タイプ一体型サイズセミシングル
コイルボンネルコイル脚の長さ15cm
第9位

VEGA CORPORATION

LOWYA 脚付きマットレス

価格:9,490円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予算に余裕がなくても大丈夫

第9位でご紹介するのは、VEGA CORPORATIONの「LOWYA 脚付きマットレス」です。寝心地に違和感のない一体型タイプで、ボンネルコイルがしっかり身体を受け止めてくれます。脚が長いタイプで空きスペースが使いやすい点も見逃せません。

 

見逃せないのは価格の安さです。本格的なベッドほどではないとはいえそれなりの金額はする脚付きマットレスの中でも、この商品は非常に手を出しやすくあまり予算がない方にもおすすめです。

タイプ一体型サイズシングル
コイルボンネルコイル脚の長さ25cm
第8位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

折りたたみベッド OTB-E

価格:9,475円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り畳み式の魅力を知りたいなら

第8位でご紹介するのは、アイリスオーヤマの「折りたたみベッド OTB-E」です。数ある折り畳み式の中でも非常にシンプルに作られており、折り畳み式の特徴を実感しやすい商品になっています。

 

特徴は折り畳みという行為を安全に行うため数々の工夫を凝らしている点です。重量の重さや指はさみといった懸念点をしっかりと洗い出したうえで対処されており、日々安全に使用することができます。

タイプ折り畳み式サイズシングル
コイル無し(ウレタン)脚の長さ約20cm
第7位

ホームテイスト

脚付きマットレスベッド【-Parnet-パルネ】

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベッドとしてだけでなく、スツールにも

第7位でご紹介するのは、ホームテイストの「脚付きマットレスベッド 【-Parnet-パルネ】」です。ボンネルコイルでしっかりとした寝心地を味わえる分割型の脚付きマットレスで、お部屋への搬入がしやすいだけでなく様々な使い方が可能です。

 

脚の長さは15cmでちょっとしたスペースとして確保できます。そのうえマットレス部分と合わせても31cmと低めなため、分割型の特徴を活かしスツールとしても丁度良いサイズに収まっている点は見逃せません。

タイプ分割型サイズシングル
コイルボンネルコイル脚の長さ15cm
第6位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

折りたたみベッド OTB-CDN

価格:27,097円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動リクライニングの快適さがたまらない

第6位でご紹介するのは、アイリスオーヤマの「折りたたみベッド OTB-CDN」です。アイリスオーヤマ製の折り畳み式は基本的にコイルを使用していないのですが、この商品では352個のボンネルコイルを使用し、しっかりとした寝心地を実現しています。

 

最大の特徴は電動リクライニングで、寝ながらにして状態を持ち上げることができるのは非常に便利で快適です。介護用ベッドを探している方にもおすすめです。

タイプ折り畳み式サイズシングル
コイルボンネルコイル脚の長さ約25cm
第5位

山善(YAMAZEN)

脚付きマットレス

価格:13,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寝心地だけじゃない、設置のしやすさも魅力

5位でご紹介するのは、山善の脚付きマットレスです。ボンネルコイルとポケットコイルを両立した仕様でそれぞれの特徴のいいとこどりをしつつ、しっかりとした寝心地を与えてくれるのが最大の特徴です。脚の長さも19cmやや長めで、活用するのに丁度良いスペースを与えてくれるところもポイント。

 

特筆すべきは搬入のしやすさで、圧縮梱包により一体型とは思えないコンパクトさでお部屋まで運ぶことができます。組み立ても難しくなく、一体型を購入したいけど搬入が心配という方には特におすすめです。

タイプ一体型サイズシングル
コイルボンネルコイル,ポケットコイル脚の長さ19cm
第4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

折りたたみベッド OTB-TRN

価格:15,839円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リクライニング機能は折り畳み式ならでは

第3位でご紹介するのは、アイリスオーヤマの「折りたたみベッド OTB-TRN」です。様々な折りたたみベッドをリリースしているアイリスオーヤマ製の商品の中でも、このタイプは14段階のリクライニング機能を備えていることが最大の特徴です。少し頭の部分を持ち上げて使用したいときなど、様々なシーンで活躍してくれます。

 

また、完成品で組み立て不要なことも大きな特徴です。アイリスオーヤマの折りたたみベッドはあまり組み立てが難しいものではありませんが、重量があるため力のない人には大変で時間もかかってしまいます。このタイプならば組み立て不要ですぐに使うことができるのです。

タイプ折り畳み式サイズシングル
コイル無し(低反発ウレタン)脚の長さ約19cm
第3位

モダンデコ

脚付き マットレス【cocoa】

価格:13,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感抜群で安心タイプ

第3位でご紹介するのは、モダンデコの「脚付きマットレス 【cocoa】」です。安定感としっかり感を重視したボンネルコイルの一体型タイプで、ゆっくりと身体を預けることができます。脚の長さは15cmで、高すぎることなくスペースを確保できます。

 

使われている生地は速乾性の高いポリエステルで、カラーバリエーションが豊富な点も魅力です。シーツなどを敷かずそのまま使ってもお部屋のインテリアとして機能してくれます。

タイプ一体型サイズシングル
コイルボンネルコイル脚の長さ15cm
第2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

折りたたみソファベッド OTB-SFN

価格:20,808円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なシーンで使える多機能ソファベッド

第2位でご紹介するのは、アイリスオーヤマの「折りたたみソファベッド OTB-SFN」です。特徴はリクライニング機能がある事ですが、ベッドとして縦方向にリクライニングするだけでなく、横方向にもリクライニングするという点で他の折り畳み式とは一線を画しています。折りたたんで収納、ベッド、ソファと様々に活用できるところが見逃せません。ソファとして使用する場合は肘置きまで用意してくれます。

タイプ折り畳み式サイズシングル
コイル無し(ウレタンフォーム)脚の長さ約20cm
第1位

タンスのゲン

一体型 脚付きマットレス

価格:17,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルかつ確かな安定感

そして第1位でご紹介するのは、タンスのゲンの「一体型 脚付きマットレス」です。最大の特徴は脚付きマットレスとしての完成度の高さ。安定感のある一体型に柔らかい寝心地のポケットコイルと、初めて脚付きマットレスを購入する人にとってもとっつきやすいシンプルさが魅力です。

 

脚の長さは25cmと長いタイプでマットレス下のスペースを活用しやすく、一体型の最大の弱点であるお部屋のスペース問題もある程度解消してくれます。脚が長いと気になる安定感も申し分なく、安心して使える点も嬉しい所です。

タイプ一体型サイズシングル
コイルポケットコイル脚の長さ25cm

脚付きマットレスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4956433の画像

    タンスのゲン

  • 2
    アイテムID:4956835の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:4956845の画像

    モダンデコ

  • 4
    アイテムID:4956423の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:4953396の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 6
    アイテムID:4956841の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 7
    アイテムID:4956789の画像

    ホームテイスト

  • 8
    アイテムID:4956778の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 9
    アイテムID:4956760の画像

    VEGA CORPORATION

  • 10
    アイテムID:4956442の画像

    タンスのゲン

  • 商品名
  • 一体型 脚付きマットレス
  • 折りたたみソファベッド OTB-SFN
  • 脚付き マットレス【cocoa】
  • 折りたたみベッド OTB-TRN
  • 脚付きマットレス
  • 折りたたみベッド OTB-CDN
  • 脚付きマットレスベッド【-Parnet-パルネ】
  • 折りたたみベッド OTB-E
  • LOWYA 脚付きマットレス
  • 脚付きマットレス BONO
  • 特徴
  • シンプルかつ確かな安定感
  • 様々なシーンで使える多機能ソファベッド
  • 安定感抜群で安心タイプ
  • リクライニング機能は折り畳み式ならでは
  • 寝心地だけじゃない、設置のしやすさも魅力
  • 電動リクライニングの快適さがたまらない
  • ベッドとしてだけでなく、スツールにも
  • 折り畳み式の魅力を知りたいなら
  • 予算に余裕がなくても大丈夫
  • 一体型なのに、コンパクト
  • 価格
  • 17900円(税込)
  • 20808円(税込)
  • 13990円(税込)
  • 15839円(税込)
  • 13999円(税込)
  • 27097円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 9475円(税込)
  • 9490円(税込)
  • 10800円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • 折り畳み式
  • 一体型
  • 折り畳み式
  • 一体型
  • 折り畳み式
  • 分割型
  • 折り畳み式
  • 一体型
  • 一体型
  • サイズ
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • シングル
  • セミシングル
  • コイル
  • ポケットコイル
  • 無し(ウレタンフォーム)
  • ボンネルコイル
  • 無し(低反発ウレタン)
  • ボンネルコイル,ポケットコイル
  • ボンネルコイル
  • ボンネルコイル
  • 無し(ウレタン)
  • ボンネルコイル
  • ボンネルコイル
  • 脚の長さ
  • 25cm
  • 約20cm
  • 15cm
  • 約19cm
  • 19cm
  • 約25cm
  • 15cm
  • 約20cm
  • 25cm
  • 15cm

まとめ

ここまで脚付きマットレスのおすすめ商品をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。一言で脚付きマットレスといっても、一体型や分割型などのタイプやコイルの仕様などその種類は様々で、それによって寝心地や使い勝手も大きく変化するのです。お部屋の広さや予算とも相談し、自分に合った脚付きマットレスを是非とも探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ