記事ID135696のサムネイル画像

【2019年最新版】おすすめキャンプストーブ人気ランキング10選

寒い季節が近づいてくると、皆んなで肩を寄せ合って暖を取りたいですよね。特に冬場のキャンプは寒さとの戦いです。各メーカーが様々なタイプのキャンプストーブを発売していますが、種類が多くどれがおすすめか迷いますよね。今回はおすすめのキャンプストーブをご紹介します。

キャンプストーブで身も心も暖まる

最近ではキャンプブームが到来したことによって、女性の方でも泊まりのキャンプを楽しむ方が増えてきました。特に冬場のキャンプは害虫なども少ないことから非常に人気になっています。しかし、寒さも厳しいために暖房器具は必須となります。

 

ゴアテックス素材の服が登場したことによ理、保温を保ちながら蒸れない環境を作り出すという冬場のキャンプには最適な服もありますが、やはり外気の寒さを凌ぐなら、ストーブが必須アイテムになってきます。

 

一般的なストーブの電源方式はコンセントタイプですが、コンセントが不要なストーブも登場しています。キャンプブームに乗じて様々なメーカーが商品を発売しているので、今回はキャンプストーブの特徴から選び方、それを踏まえておすすめ商品をご紹介します。

【ココが重要】キャンプストーブの選び方

キャンプストーブは種類で選ぶ

偏にストーブと言っても様々な種類があり、それぞれ特徴が違います。キャンプでは「石油ストーブ」「薪ストーブ」「ガスストーブ」が使われていますが、それぞれに長所があるため、ご自身の用途に合わせる必要があります。

 

ここからは、石油ストーブ」「薪ストーブ」「ガスストーブ」の特徴を解説すると共に、使用する際の注意点についてご紹介します。操作を誤ると、命に関わるほど危険な物なので、それぞれの特徴はしっかりと理解しておきましょう。

石油ストーブ

石油ストーブの魅力は他のストーブと比較して圧倒的な火力が得られることです。火力が強いという事はその分だけ高温になるので暖まりが早く持続力もあります。広範囲を暖めることができるので、複数人のキャンプでも全員が満足して暖まることができるでしょう。

 

さらに、石油ストーブの場合はキャンプだけではなく自宅用としても使用することができるので、1年に数回のキャンプだけで購入するのは勿体ないと思っている方におすすめです。キャンプ中は鍋やヤカンを置くことができるので、簡単な調理もできます。

 

しかし、サイズがとても大きく、重量感があるため持ち運びに不便というデメリットもあります。石油を購入してきたり、メンテナンスも必要なので、キャンプの荷物が増えてしまうでしょう。

薪ストーブ

薪ストーブの最大の魅力は冬場でも汗ばむほどの暖かさを誇っていることです。ストーブの中では一番温度が高くなり、石油ストーブと比べても広範囲の空間を暖めることができます。薪の量を調節することで、室温調節も可能になります。

 

石油ストーブのように石油を準備する必要がありません。キャンプをする場所の付近に落ちている薪や木の枝などを使用するので、余計な荷物も増えません。燃料が切れてしまってもすぐに補充できる事もメリットとして挙げられます。

 

しかし、着火方式など、取り扱いが非常に難しいので、キャンプ初心者の方にはおすすめできないです。また、テント内で使用する際は一酸化炭素中毒になる危険性もあるので、換気が必要になってきます。薪ストーブについての知識がある方におすすめします。

ガスストーブ

ガスストーブの最大の魅力は軽量ながら安定した暖かさを保ってくれることです。ガスストーブはガス缶があれば簡単に使用することができるので、女性の方からも人気が高いです。薪ストーブとは違い、使用中に燃料を注ぎ足す手間もありません。

 

しかし、石油ストーブと薪ストーブと比較してしまうと火力が弱いので、大人数のキャンプには不向きです。1〜2人程度のキャンプなら暖かさを実感できるでしょう。荷物が軽量で済むこともメリットとして挙げられます。

キャンプストーブはメーカーで選ぶ

キャンプブームに乗じて様々な企業がキャンプ用品の開発に力を入れてきました。特に冬場の必需品であるストーブは毎年の様に新製品が発売されています。他社との差別化を図るために特殊な機能が搭載されたキャンプストーブもリリースされています。

 

キャンプストーブを購入される方は、メーカーの特徴を抑えておくことをおすすめします。メーカーによって使い勝手や機能、サポートなども変わってくるので、同じ価格の商品で迷った際にある程度の指標となるでしょう。

 

 

石油ストーブの王道「コロナ」

「コロナ」と言えば「石油ストーブ」というほど知名度が高く、昔から根強い人気を誇っています。コロナの石油ストーブの特徴としては圧倒的な火力です。昔ながらの重量感のあるフォルムから出る炎は、真冬のキャンプに申し分無いレベルで暖まれます。

 

しかし、ハイパワーが故に燃費が悪いのが懸念されています。数時間や1泊程度のキャンプなら問題はありませんが、1日以上の宿泊を考えている方は石油を余分に持っていく必要があり、荷物も多くなってしまいます。

青い炎が特徴的な「アラジン」

石油ストーブの老舗メーカーと言えば「アラジン」です。その完成されたデザインは80年以上モデルチェンジしていないストーブです。長年愛用しているユーザーも多く、青い炎の美しさとレトロなフォルムに惚れ込んでしまうでしょう。

 

サイズも大きく、重量もあるので、駐車場からキャンプする場所までが近い環境ならおすすめできます。安定した暖かさを求める方はアラジンのストーブがおすすめです。レトロな味わいを醸し出すストーブは存在感抜群です。

反射式なのか対流式なのかチェック

石油ストーブの中には「反射式」と「対流式」があります。反射式では部屋全体を暖めるのはもちろん、反射板による一定方向への暖房効果が非常に高いことが魅力です。反射式ストーブは部屋の角に設置することが多いので、大人数のキャンプに最適です。

 

対流式の石油ストーブは、ストーブ本体の全体に熱が放射されるのが特徴で、熱くなった空気が上昇することで対流を発生させ、効率よく空間を暖めることができます。部屋の中心に置く事が多いストーブです。

キャンプストーブは空間の広さに合わせて選ぶ

キャンプに最適なストーブの中には「石油ストーブ」「薪ストーブ」「ガスストーブ」の3種類がありました。「ガスストーブ」に関しては他のストーブと比較をして一番火力が弱いとご紹介しましたが、決して機能が衰えているわけではありません。

 

キャンプストーブを選ぶ際に重要なのは、「どのぐらいの広さで使用するのか」です。例えば初心者の方が1人でキャンプをするのに、サイズが大きくて火力がありすぎる薪ストーブを選んでしまったら、手入れだけで時間が過ぎてしまいます。

 

まずは、ストーブを使用するのは屋内か屋外か。キャンプをする人数などを明確にしてから商品を選ぶことをおすすめします。

6〜9畳ならコンパクトタイプがおすすめ

石油ストーブで暖める範囲が6〜9畳程度なら、縦横50cm程度のサイズがコンパクトなモデルをおすすめします。キャンプストーブの商品詳細欄には暖められる範囲が表記されています。タンクの容量も4L程度あれば長時間使用することもできます。

10〜15畳ならパワーの強いタイプがおすすめ

キャンプストーブの使用する場所が10〜15畳程度の広範囲なら、パワーが必要になってくるので、サイズの大きい石油ストーブがおすすめです。屋外なら薪ストーブがおすすめですが、屋内での使用を考えているなら、コロナ製品を選ぶ事をおすすめします。

 

また、20畳以上の広範囲な環境で使用したい場合は、1台ではなく2〜3台のストーブを四隅に設置した方が素早く暖まれます。商品詳細欄と使用環境を考慮して、キャンプストーブを使い熟しましょう。

【空間と心を暖める】初心者におすすめのキャンプストーブ 10選

第10位

コールマン

クイックヒーター 170-8054

価格:4,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素早く暖まるコンパクトタイプ

ハロゲンヒーターや扇風機のような見た目のキャンプストーブですが、コンパクトで軽く、持ち運びに便利なのでキャンプの時にテント内で使用するのにおすすめ出来る商品です。

 

キャンプストーブで重要視してしまうポイントとして運びやすさがありますが、コールマンクイックヒーターの重量は約400g程度。女性でも簡単に持ち運ぶ事が出来る軽量タイプです。本体サイズも約直径6×7.5cmと、やや小さめのサイズとなっています。

 

別売りのガス缶さえ確保出来れば、どこでも簡単に使用することが出来ます。小さいので、空間を暖めるというよりは手や足など、身体の各部位を暖めることを目的に使用すると良いでしょう。

燃料ガス範囲-
サイズ16×17.5cm重量400g
発熱量-連続燃焼時間8.5時間
第9位

イワタニ

カセットガスストーブ CB-CGS-PTB

価格:14,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅用としても使える万能タイプ

別売りのカセットガスを燃料として使用するので、電池も電源コードも必要ありません。そのため、どこでも持ち運びが出来るキャンプストーブです。このカセットガステープには不完全燃焼防止装置、立消え安全装置を始めとする4つの安全装置が備わっています。

 

また、エコモード運転を使用することでガス消費量を約15%省エネすることが出来ます。ガスの消費量を節約できるエコモード運転切替機能も付いています。その分、連続燃焼時間も長く使えます。燃料交換が簡単なので、手が汚れません。

 

約1分でストーブ周辺を暖めてくれます。本体の大きさは幅311×奥行208×高さ299mmと、決してコンパクトとはいえません。しかし持ち運びの際には取っ手が付いているので、片手で楽々運ぶ事が出来ます。荷物が多くなるキャンプに最適なストーブですね。

燃料ガス範囲5畳
サイズ29×31cm重量2.6kg
発熱量1.0kw連続燃焼時間3時間20分
第8位

signstek

軽量キャンプストーブ

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーベキューコンロとしても使用可能

ステンレス製ですが厚さもあり頑丈です。熱で変形することはありません。商品サイズが約13.5x18.5cm、重量が400g程度なので、大変持ち運びやすいキャンプストーブです。フィールドにある枝や枯葉などで良いので、どこでも気軽に使用することが出来ます。

 

キャンプストーブが軽くても燃料が重いと、そちらの持ち運びが大変ですよね。本体の大きさが小さいので広範囲を暖める事は出来ませんが、1人でキャンプに行く場合や、手足を暖める場合充分に暖めてくれます。

 

上に鍋ややかんを置いて調理する事も出来ます。全ての収納すると非常にコンパクトになる為、バイクに積んでも場所を取りません。また綺麗に点火すると、煙が出ないので、焚き火臭くなりません。洋服につく臭いが気になる方には嬉しい機能ですよね。

燃料薪・落ち葉範囲10畳〜
サイズ13.5×18.5cm重量370g
発熱量-連続燃焼時間-
第7位

バーゴ

ヘキサゴンウッドストーブT-415

価格:6,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃料不要の薪ストーブ

一見キャンプストーブには見えない風貌ですが、ぱたぱた折り畳める、折り畳み式のネイチャーストーブです。キャンプってストーブの他にも荷物がたくさんあるので、キャンプストーブを選ぶ際のポイントとして、折り畳んで運べるという点は重要視する方が多いです。

 

持ち運びが簡単というだけでなく、燃料には落ち葉や枝等を使用するので、燃料を現地で調達することが出来ます。それだけでまた荷物が減りますよね。収納ケースも付いているので、持ち運ぶ際に傷が付いて破損するという心配もありません。

 

重量が116gと軽くてコンパクトなので、女性でも軽々持ち運ぶことが出来ます。また、アルコールストーブの風防としても使うことが出来るという点が便利です。

燃料薪・落ち葉範囲9畳〜
サイズ10×12cm重量116g
発熱量-連続燃焼時間-
第6位

Lacyie

アウトドアヒーター

価格:9,855円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理やBBQなどにも使える多様性が武器

温度を自由に調整することが出来て、環境に優しいキャンプストーブです。点火すると、約20平方メートル程度の部屋だとすぐに暖かくなります。部屋を暖めるだけでなく、屋外で肌寒い時期のキャンプやBBQの時にも非常に役立ちます。

 

キャンプや釣り、スポーツ観戦などのアウトドアにもおすすめですし、地震、津波、竜巻、などの非常災害時の備えに用意しておくのも良いでしょう。火傷を防止するデザインになっている他、転倒や振動による自動消火機能が付いています。

 

こういった点から小さなお子様とキャンプに行く時におすすめのキャンプストーブとなっています。また、サイズも33×33×46cmと、持ち運びのしやすい大きさです。灯油の使用状況が分かるので、いつ燃料を入れたらいいのかわかりやすいです。

燃料石油範囲5〜9畳
サイズ46×33cm重量-
発熱量3000W連続燃焼時間18時間
第5位

ソト

ガスストーブST-320

価格:7,344円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさに優れた万能ガスストーブ

収納時には厚さ25mmという薄さになる、コンパクトなシングルバーナーです。バーナー部を2枚のガードで保護しているので、遮熱効果と防風効果を持っています。V字型のボディが反射板と風防の役割をしてくれます。

 

また、頑丈でパッキングもしやすいので、非常に持ち運びに便利なキャンプストーブです。本体サイズが幅15.3×奥行19.5×高さ7.7cmと大きすぎず、重量も380g程度と軽いので、女性でも簡単に持ち運ぶことが出来ます。

 

ソトGストーブ ST-320の大きな特徴は、ストーブとは思えないその見た目です。折り畳んだ後は、まさかこれがストーブになるなんて思えないような見た目になります。そんな見た目の話題で盛り上がる、ちょっとした話題作りのアイテムとしても活躍してくれます。

燃料ガス範囲5畳
サイズ7.7×15.3cm重量380g
発熱量2.1kw連続燃焼時間2.1時間
第4位

BioLite

薪ストーブCSC1001

価格:16,740円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発生させた熱でUSB充電ができる高性能モデル

以前販売されていたキャンプストーブ1と比べて、USB充電出力が50%増加しています。最新式の熱電発電機によって、火からより多くの電気を作り出します。充電ではなく燃料を調達して発電するという、キャンプに使いやすい点があります。

 

さらに、スマートLEDダッシュボードは火の強さや出力電力、ファンのスピード設定をリアルタイムでフィードバックしてくれます。折り畳み可能な丈夫なアルミニウム製の脚と、キャンプやバックパッキング、停電に向いた携帯性と耐久性が特徴的なストーブです。

 

また内部ジェットには、4つのファン速度設定があります。空気を循環させてバイオマスの燃焼を改善し、煙を出さない炎にします。4.5分という短い時間で1リットルの水を効率的に沸騰させることが出来ます。

燃料範囲-
サイズ21.1×12.7cm重量1.4kg
発熱量3W連続燃焼時間-
第3位

Linkax

アウトドア用 ウッドストーブ

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利なコンパクト設計

コンパクトに折り畳めて、持ち運びやすい便利なキャンプストーブです。燃料不要なので、飛行機や新幹線、高鉄などのセキュリティ検査も心配いりません。どこでも持って行けます。

 

ステンレス製の二重壁構造なので頑丈で、二次燃焼プロセスにより、乾燥薪や木材チップで20分間続けて燃焼出来ます。そのうえ、固体燃料あるいは固体アルコールを固体燃料プレートに入れて火をつけると、簡単に固体燃料ストーブとしてが利用出来ます。

 

折りたたんで専用ハードケースに入れると物凄く小さくなります。アルコールランプ、薪、炭や拾った小枝など、燃料源も取得しやすいものばかりです。本体の重さも約210gと軽いので、女性やお子様でも持ち上げることが出来ます。

燃料範囲5畳
サイズ20.3×10.3cm重量210g
発熱量-連続燃焼時間-
第2位

トヨトミ

対流型 石油ストーブ

価格:26,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2重タンク構造により転倒時にも安心

サイズが幅38.8×奥行38.8×高さ48.5cmとやや大きめな、ランタン調のキャンプストーブです。2重タンク構造なので、万が一転倒してしまっても油がこぼれにくく、安全です。 電子点火なので簡単に一発点火出来、ヒーター切れの心配もありません。

 

七色の光が浮かび上がる特殊コーティングのガラス円筒で、およそ40Wという白熱球相当の明るさで、非常時の照明にもなることが出来ます。ストーブとして使用しつつ、明り取りに使うとキャンプの雰囲気も出ますね。

 

ニオイの原因である未燃ガスを燃やしきり、ニオイの発生を抑えてくれます。重量が6.2kgあるのであちこに歩き回る場合には持ち運びが大変ですが、見た目がレトロな雰囲気でおしゃれなので、インテリアとして置いて自宅で使用しても良いでしょう。

燃料石油範囲木造7畳・コンクリート9畳
サイズ48.5×38.8cm重量6.2kg
発熱量40W連続燃焼時間-
第1位

Motomo

キャンプ薪ストーブ

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに優れた一級品

底の通気口から取り込まれた空気が一次燃焼をおこし、その結果暖められた空気が二重壁の間を上昇して2次燃焼をおこすという非常に効率的な燃焼構造を作り出すことに成功しました。

 

収納時にはコンパクトにまとめること可能で、重量も約370gと非常に軽いので、楽々持ち運ぶ事が出来ます。女性でもカバンに入れて持ち歩ける軽さです。燃料もフィールドにある枝や枯葉などや、固形燃料の使用も出来るのでいつでも簡単に使用することが出来ます。

 

上に別売りの網を置くと直接食材を焼く事も出来ますし、火力が強いので鍋などで調理する事も出来ます。約13.5x18.5cmと小さいので場所も取りません。2,000円以内で購入出来るキャンプストーブの中では、とても優秀です。

燃料範囲5〜9畳
サイズ18.5×13.5cm重量370kg
発熱量-連続燃焼時間-

キャンプストーブおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4951018の画像

    Motomo

  • 2
    アイテムID:4951021の画像

    トヨトミ

  • 3
    アイテムID:4951024の画像

    Linkax

  • 4
    アイテムID:4951025の画像

    BioLite

  • 5
    アイテムID:4951026の画像

    ソト

  • 6
    アイテムID:4951027の画像

    Lacyie

  • 7
    アイテムID:4951028の画像

    バーゴ

  • 8
    アイテムID:4951029の画像

    signstek

  • 9
    アイテムID:4951030の画像

    イワタニ

  • 10
    アイテムID:4951032の画像

    コールマン

  • 商品名
  • キャンプ薪ストーブ
  • 対流型 石油ストーブ
  • アウトドア用 ウッドストーブ
  • 薪ストーブCSC1001
  • ガスストーブST-320
  • アウトドアヒーター
  • ヘキサゴンウッドストーブT-415
  • 軽量キャンプストーブ
  • カセットガスストーブ CB-CGS-PTB
  • クイックヒーター 170-8054
  • 特徴
  • コストパフォーマンスに優れた一級品
  • 2重タンク構造により転倒時にも安心
  • 持ち運びに便利なコンパクト設計
  • 発生させた熱でUSB充電ができる高性能モデル
  • 使いやすさに優れた万能ガスストーブ
  • 料理やBBQなどにも使える多様性が武器
  • 燃料不要の薪ストーブ
  • バーベキューコンロとしても使用可能
  • 自宅用としても使える万能タイプ
  • 素早く暖まるコンパクトタイプ
  • 価格
  • 1499円(税込)
  • 26000円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 16740円(税込)
  • 7344円(税込)
  • 9855円(税込)
  • 6199円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 14820円(税込)
  • 4990円(税込)
  • 燃料
  • 石油
  • ガス
  • 石油
  • 薪・落ち葉
  • 薪・落ち葉
  • ガス
  • ガス
  • 範囲
  • 5〜9畳
  • 木造7畳・コンクリート9畳
  • 5畳
  • -
  • 5畳
  • 5〜9畳
  • 9畳〜
  • 10畳〜
  • 5畳
  • -
  • サイズ
  • 18.5×13.5cm
  • 48.5×38.8cm
  • 20.3×10.3cm
  • 21.1×12.7cm
  • 7.7×15.3cm
  • 46×33cm
  • 10×12cm
  • 13.5×18.5cm
  • 29×31cm
  • 16×17.5cm
  • 重量
  • 370kg
  • 6.2kg
  • 210g
  • 1.4kg
  • 380g
  • -
  • 116g
  • 370g
  • 2.6kg
  • 400g
  • 発熱量
  • -
  • 40W
  • -
  • 3W
  • 2.1kw
  • 3000W
  • -
  • -
  • 1.0kw
  • -
  • 連続燃焼時間
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 2.1時間
  • 18時間
  • -
  • -
  • 3時間20分
  • 8.5時間

まとめ

今回は、冬場に重宝されるキャンプストーブを10商品ご紹介しましたが、いかがでしたか。石油ストーブ・薪ストーブ・ガスストーブ、それぞれに特徴があることが分かって頂けたと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ