記事ID135687のサムネイル画像

【快適な睡眠】人気の布団マットレスおすすめランキング10選

布団マットレスは快適な睡眠を得るためには欠かせないアイテムです。しかし、数多くのメーカーから様々な商品が販売されており、布団マットレスの素材や種類も豊富で迷ってしまいます。そこで今回はおすすめの布団マットレスをランキング形式でご紹介していきます。

質の良い睡眠に欠かせない布団マットレス

快適な睡眠はお肌の調子や体調を整えるのに欠かせません。しかし、自分に合わない布団マットレスを使ってしまうと、快適な睡眠を得られず肩こりや腰痛などの原因にもなってしまいます。人間は1日の約3分の1を寝て過ごしているので寝具はとても大切になります。


ただ、布団マットレスは多くのメーカーから販売されており、スプリングや高反発、低反発ウレタンなど種類もたくさんあって、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。


そこで今回は、人気のおすすめ布団マットレスを口コミやレビューを参考にランキング形式でご紹介していきます。ぜひ自分に合った布団マットレスを選ぶ際に参考にして下さい。

布団マットレスの選び方

布団マットレスの中身

布団マットレスの中身は寝心地を左右するので、選ぶ際に最も重要なポイントです。中身ごとの特徴を押さえておきましょう。

ボンネルコイル

ボンネルコイルとは、らせん状に巻かれたコイルスプリングのことで、ボンネルコイルマットレスはボンネルコイルを連結させたマットレスです。特徴としては、適度に硬く、強い弾力がある布団マットレスになります。


適度な硬さがあるので、身体を面で支えてくれるため、寝たときに非常に安定感があります。また、コイルなので通気性がよく夏でも快適に過ごせます。ただし、コイルを連結させているため、ちょっと揺れやすい、という点がデメリットです。

 

ちょっとした揺れが気にならず柔らかめの布団マットレスが苦手な方におすすめできる布団マットレスです。

ポケットコイル

ポケットコイルとは、コイルを一つずつ小さな袋に入れたものです。コイルの入った小さな袋(ポケット)をマットレスに敷き詰めているので、ポケットコイルマットレスと呼びます。


ポケットコイル一つ一つが小さいので、身体を点で支えてくれ、寝たときに身体にかかる圧を分散してくれるので、朝起きたときに特定の箇所だけ痛くなる、といったことを防いでくれます。コイルなので通気性もよく、寝返りをうってもあまり揺れず、身体にしっかりフィットしてくれます。


ただし、体重が重い方は身体が沈みやすくなるので注意してください。硬い布団マットレスが苦手な方や朝起きた時に肩や背中、腰が痛くなる方におすすめの布団マットレスです。

低反発

低反発の布団マットレスは、衝撃吸収効果のある特殊なウレタンで作られている布団マットレスです。特徴としては、体重や温度に反応して、身体を包み込むようにウレタンの形がゆっくりと変化する点です。


身体を圧迫しないため、寝返りの回数が減り、睡眠の質が良くなる傾向にあります。ただし、気温によって硬さが変化するので、夏場や暖房の温度が高い場合は、柔らかくなりすぎることもあります。


ウレタン素材なので通気性はよくないので、汗をかきやすい方は向いていないでしょう。柔らかいベッドが好きな方や寝る時間が長い方におすすめの布団マットレスです。

高反発

高反発の布団マットレスは、ウレタンと樹脂の2種類の素材があります。ウレタンの高反発マットレスの特徴は、低反発のように身体が沈みこむことがなく、適度な硬さで理想的な寝ているときの姿勢を保ってくれます。ただし、ウレタンなので通気性はよくありません。


樹脂の高反発布団マットレスは、樹脂が網目状になっており圧を分散してくれる上に、適度な硬さで寝返りを補助してくれます。通気性もよく、手間がかかりますが、布団マットレス自体も洗うことができます。


高反発の布団マットレスは、硬めの布団マットレスが好きな方寝返りをよくする方、体重が軽めの方におすすめできる商品です。

側生地もチェック

布団マットレスは中身の素材だけでなく、表面の身体に接する部分の素材も重要です。素材ごとの特徴を押さえた上で選んでいきましょう。

ポリエステル

ポリエステルの側生地は、シワになりにくかったり洗った場合も乾きやすいという特徴があります。ただし、吸水性や吸湿性が悪いのでムレやすいという難点もあります。


寝ている際にあまり汗をかかない方や、シワが目立たないものがよい、といった方におすすめの布団マットレスの側生地です。布団マットレスの中身が通気性がよすぎて冬場寒さを感じる場合は、側生地がポリエステルだと、寒さが軽減されていいかもしれません。

綿(コットン)

綿(コットン)の側生地は、吸水性が良く肌触りもよいのが特徴です。ただし、綿(コットン)なのでシワになりやすく、洗った際に乾きにくいのが難点です。


また、長期間使っていると綿(コットン)なので、徐々に潰れて硬くなってきてしまうこともあります。品質もピンキリで、良い綿(コットン)の側生地はカシミヤのようなふわっとした肌触りのものもあります。


汗をかきやすい方綿(コットン)の肌触りが好きな方におすすめの布団マットレスの側生地です。少しくらい高くても質の良いものを選ぶのがおすすめです。

その他の素材

布団マットレスの側生地は、上記の2種類が代表的ですが、他にも様々な素材が使われています。天然素材なら、麻(リネン)や絹(シルク)があり、化学繊維だとレーヨンやテンセルといった素材があります。


どの素材も一長一短ありますが、選ぶポイントとしては「通気性」と「保温性」を重視して選んでいただくと、よりよい寝心地の布団マットレスを選ぶことができます。


吸水性や吸湿性は、ポリエステル以外の素材は基本どれも良いものが多いですが、肌触りは素材ごとにかなり異なるので、口コミや評判をよくチェックして自分に合いそうなものを選んでみてください。

サイズも要確認

布団マットレスは家電やインテリアの中でもかなり大きいものなので、選ぶときはサイズもとても重要です。自宅やベッドフレームに合ったサイズのものを選びましょう。

床かベッド

布団マットレスを使う場合は、ベッドフレームの上に置くか、床にじかに置いて使う二つのパターンが多いのではないでしょうか。


ベッドフレームに布団マットレスを置く場合は、ベッドフレームの大きさを事前にしっかり測っておくことが大切です。ベッドフレームによっては布団マットレスの高さも制限されることがあるので、縦横の幅だけでなく高さもチェックしておきましょう。


床にじかに置く場合は、高さを気にしなくていいので、自宅に布団マットレスを置くスペースがあるかだけチェックしておきましょう。ただし、敷きっぱなしにしておくと、どれだけ通気性のよい布団マットレスでもカビてくる恐れがあるので、定期的に立てて湿気を抜いてください。

厚み

布団マットレスは同じ素材でも厚みによって、素材の特性や肌触りなどが大きく変わってきます。特にウレタン素材の場合は、厚みによって反発力が変わってくるので、口コミや評判をしっかりチェックして選ぶことが大切です。


また、あまりに薄い布団マットレスだと、寝たときに床やベッドフレームの硬さを感じてしまうこともあります。そうなると寝心地に大きく影響してしまうので、ウレタンや樹脂素材のものの場合は少し厚みのあるものの方がおすすめです。

人気の布団マットレスおすすめランキング10選

第10位

東京西川

点で支える健康マットレス

価格:17,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

凹凸構造が特徴的な高反発布団マットレス

東京西川 点で支える健康マットレスは、やや硬めのウレタンフォームを使った高反発タイプで、側生地はポリエステルですが、ハニカムメッシュ構造でなめらかな肌触りが特徴の布団マットレスです。


レビューを参考にすると、体を包み込みながら吸い付くような独特な感覚でとてもよく眠れたようです。肩こり、腰痛から開放されたというレビューもたくさんありました。


凹凸構造のウレタンフォームなので、様々な寝姿勢に対応できる布団マットレスです。寝返りをよくうつ方や硬めの布団マットレスが好みの方におすすめの商品です。

素材高反発ウレタン厚さ厚め
第9位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

エアリー マットレス

価格:14,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアロキューブが特徴の高反発布団マットレス

アイリスオーヤマのエアリー マットレスは、三つ折りの高反発布団マットレスです。エアロキューブという特殊な樹脂素材が強力な反発力を生み出しており、身体の一部だけが沈むことがなく腰や背中への負担を軽減してくれます。商品体積の約95%が空気で作られているので、まるで雲に浮いているような自然な寝姿勢を提供してくれます。


レビューを参考にすると、同程度の厚みのウレタンマットレスよりも寝返りが楽にでき、よく眠れるようになりました。厚さも5センチだと薄いかと思いましたが、床にじかにひいても問題なかったようです。


通気性もよく、自宅で簡単に洗うこともできるので、衛生面が気になる方軽くて扱いやすい高反発布団マットレスをお探しの方におすすめの布団マットレスです。

素材高反発樹脂厚さ薄い
第8位

タンスのゲン

高反発マットレス

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹炭消臭効果もある男の布団マットレス

タンスのゲンの布団マットレスは、密度30D高反発ウレタンフォーム220Nを使用した高反発の布団マットレスです。消臭効果のある竹炭を配合しているウレタンフォームなので、湿気がこもり臭いがつきやすいウレタンフォームでも、臭いがつきにくく快適な睡眠をもたらしてくれます。


レビューを参考にすると、適度な硬さで寝心地はかなりよいようです。しかし、三つ折りのため、折れ部分に5センチほどの開きがでてしまうので、そこが少し気になるようでした。


厚さも10センチとかなりの厚みがあり、床にじかにひいても問題ありません。硬めの高反発布団マットレスが好みの方、寝ているときに体臭が気になる方におすすめの布団マットレスです。

素材高反発ウレタン厚さ厚め
第7位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

MTRF-S

価格:2,485円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2000円台の格安布団マットレス

アイリスオーヤマの布団マットレスMTRF-Sは、適度な硬さのウレタンフォームを使った三つ折りタイプの商品です。布団の下に引いてボリュームアップさせて寝心地をアップさせる、といった使用方法もできます。


レビューを参考にすると、軽い割りにしっかりしていてよく眠れます。値段が2000円台と安くてこの感じならコスパがいいと思います、といったように、値段の割りに良い使い心地を感じている方が多いようです。


この布団マットレスは、どちらかというと低反発ウレタンフォームの布団マットレスになるので、柔らかめのマットレスが好きな方、身体が沈みこむのが好きな方におすすめの商品です。

素材低反発ウレタン厚さ厚め
第6位

Sweetnight

布団マットレス

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジェルを使った特殊な布団マットレス

Sweetnightの布団マットレスは、ジェルメモリーフォームという特殊な素材を使用しています。身体の沈みこみを均等に持ち上げて、全身のバランスの良い寝姿勢をもたらして、快適な睡眠を提供してくれます。ジェルにより、身体の熱も分散してくれるので、適度に放熱して睡眠に快適な体温に調整してくれます。


レビューを参考にすると、体全体をバランス良く支えて、生理中の腰の痛みをある程度改善されて、寝起きの気分がいい腰痛の方には優しい布団マットレスだと思う、といったように、腰が痛くなる方にはぴったりのようです。


値段も一万円を切ってくるので、初めて布団マットレスを購入する方にも購入しやすい商品です。初めて布団マットレスを購入する方、腰痛がある方、布団マットレスを置くスペースが少ない方におすすめできる商品です。

素材ジェル厚さ薄い
第5位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

布団マットレス

価格:7,779円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

465個のポケットコイルを使った布団マットレス

アイリスプラザの布団マットレスは、465個のポケットコイルを使用しているので、圧を分散して快適な寝心地をもたらしてくれます。ポケットコイルにありがちな、布団マットレスの型崩れを防ぐために、サイド部分は太めのコイルを使用しているので長期間使っても型崩れすることがありません。


レビューを参考にすると、寝返りをすると少しだけコイルの軋む音はしますが、気になるレベルではありませんでした。ただ、コイルの上にクッション性が無いので寝方によっては直にスプリングの感触が分かるかもしれませんといったように、高級な商品と比較するとやや性能が落ちるかもしれません。


ポケットコイルの布団マットレスは、二万円以上するものも多い中、こちらの商品は一万円を切ってくるので、初めてポケットコイルの商品を買う方、ウレタンの布団マットレスが合わない方におすすめの商品です。

素材ポケットコイル厚さ厚め
第4位

GOKUMINⓇ

布団マットレス

価格:6,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自開発の高反発が特徴の布団マットレス

GOKUMIN(極眠)の布団マットレスは、独自開発の高反発オリジナルウレタンを使用しており、過度の身体の沈みこみを防ぎ、朝起きた時に背中や肩、腰が痛くなるのを防いでくれます。側生地はレーヨンを使っているので肌触りも抜群です。


レビューを参考にすると、横になると、まるで吸い込まれて行く感じで、「ずっと寝ていたい!」「起きるのが嫌だ。」と、感じてしまい、腰の痛みなんて忘れてしまいました、とのこと。また、持ち運びに便利なバッグも付いているので、旅行や出張の際にも便利です。


価格も7000円台ととてもお求め安く、初めて布団マットレスを購入する方でも買いやすいでしょう。12ヶ月メーカー保証もついています。普段の布団やマットレスではなかなか疲れがとれないという方におすすめの布団マットレスです。

素材高反発ウレタン厚さ薄い
第3位

ABOMATE

布団マットレス

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリジナル高反発素材を使用した布団マットレス

ABOMATEの布団マットレスは、オリジナル高反発素材を使用した高反発布団マットレスです。抗菌・防臭・低ホルムアルデヒド加工を施されているので、衛生面でも安心して使えます。1年間品質保証で30日間使用済みでも返品可能といった保証も付いています。


レビューを参考にすると、身体全体の沈み込み方が絶妙で、寝返りも打ちやすく感じました。腰が沈みすぎて痛む症状も、こちらを使用するようになってから起きていない、とのこと。カバーも洗えるのも嬉しいポイント。


今使っているベッドや敷き布団、マットレスでは首、腰、肩や背中が痛くなるといった方や朝起きた時に疲れがとれていない方にぜひ使っていただきたい布団マットレスです。

素材高反発ウレタン厚さ薄い
第2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

MTRA-S

価格:4,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みがあってボリューミーな布団マットレス

アイリスオーヤマの布団マットレスMTRA-Sは、かためのウレタンフォームを使用した、身体の沈み込みが少ないタイプの布団マットレスです。厚さも6センチとボリュームがありますが、三つ折りにできるので収納もしやすくとても利便性の高いのが特徴です。


レビューを参考にすると、この製品は持った時に軽量で移動においても使いやすい。硬めが好きなので硬めを選択したが、正解であったというように、硬めの布団マットレスが好きな方に満足していただけるような硬さです。


価格も5000円以下で非常に購入しやすいので、とりあえず布団マットレスを試してみたい、といった方におすすめです。側生地もポリエチレンで洗いやすく乾きやすいのでお手入れも簡単でおすすめです。

素材高反発ウレタン厚さ厚め
第1位

MyeFoam

布団マットレス

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無重力睡眠を提供してくれる布団マットレス

MyeFoamの布団マットレスは、優れたクッション性と復元性を兼ね揃えている高密度高反発ウレタンフォームを使用しているので、寝返りもうちやすく、朝起きたとき快適な目覚めを提供してくれます。


レビューを参考にすると、布団の上に敷き、使用し始めて1週間程で朝の痛みがなくなりました、というように、薄い布団マットレスなので布団や現在使っているマットレスの上にのせて使っても十分な効果を感じられます。


丸めて収納することができるのもおすすめできるポイントで、専用のバッグがついているのでほこりなども心配せずに使わないときは保管できます。私もいろいろな布団マットレスを試してこの商品にたどり着いたので、布団マットレスで頭を悩ませていたらぜひお試しいただきたい商品です。

素材高反発ウレタン厚さ薄い

布団マットレスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4947998の画像

    MyeFoam

  • 2
    アイテムID:4947995の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:4947990の画像

    ABOMATE

  • 4
    アイテムID:4947986の画像

    GOKUMINⓇ

  • 5
    アイテムID:4947984の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 6
    アイテムID:4947983の画像

    Sweetnight

  • 7
    アイテムID:4947982の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 8
    アイテムID:4947979の画像

    タンスのゲン

  • 9
    アイテムID:4947974の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 10
    アイテムID:4947944の画像

    東京西川

  • 商品名
  • 布団マットレス
  • MTRA-S
  • 布団マットレス
  • 布団マットレス
  • 布団マットレス
  • 布団マットレス
  • MTRF-S
  • 高反発マットレス
  • エアリー マットレス
  • 点で支える健康マットレス
  • 特徴
  • 無重力睡眠を提供してくれる布団マットレス
  • 厚みがあってボリューミーな布団マットレス
  • オリジナル高反発素材を使用した布団マットレス
  • 独自開発の高反発が特徴の布団マットレス
  • 465個のポケットコイルを使った布団マットレス
  • ジェルを使った特殊な布団マットレス
  • 2000円台の格安布団マットレス
  • 竹炭消臭効果もある男の布団マットレス
  • エアロキューブが特徴の高反発布団マットレス
  • 凹凸構造が特徴的な高反発布団マットレス
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 4620円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 6780円(税込)
  • 7779円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 2485円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 14000円(税込)
  • 17995円(税込)
  • 素材
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • ポケットコイル
  • ジェル
  • 低反発ウレタン
  • 高反発ウレタン
  • 高反発樹脂
  • 高反発ウレタン
  • 厚さ
  • 薄い
  • 厚め
  • 薄い
  • 薄い
  • 厚め
  • 薄い
  • 厚め
  • 厚め
  • 薄い
  • 厚め

まとめ

ここまで布団マットレスのおすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。布団マットレスといっても、硬め柔らかめ、マットレスの素材など様々なものがあります。快適な睡眠を得るためにも、布団マットレスにもこだわり、より質の高い睡眠を目指してみてはいかがでしょうか。良い睡眠は健康だけでなく、日常のパフォーマンスもあげてくれるでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ