記事ID135644のサムネイル画像

これを見れば間違いなし!iPhone7のおすすめガラスフィルム7選

ガラスフィルムを買う時、安すぎて後悔したり、高い物を買ったけど理想のフィルムと違った、なんて経験、ありませんか?それもその筈、フィルムは当たり外れが大きいジャンル。今回は、iPhone7のおすすめガラスフィルム7選を、解説を交えて紹介します!

ガラスフィルムとは

ガラスフィルムとは、iphoneなどの携帯端末の画面保護フィルムの中でもガラス製のものです。良くあるプラスチック製の薄い保護フィルムに比べて厚みがあるのが特徴で、その分画面の保護性能はかなり高いというメリットがあります。厚みがあっても画面が見やすいのも魅力です。

 
本体に密着するタイプのケースはやや鑑賞する場合もありますが、プラスチックのフィルムよりも厚みがあって柔らかいので貼りやすく、高額ですがその分長期的に使えます。iphoneの画面修理費用は最低でも3万円は必要になりますので、iphoneを使う時は落としても画面が割れにくいガラスフィルムがおすすめです。

ガラスフィルムの選び方ポイント4つ

それでは、ここからはそんなガラスフィルムを選ぶ時に重要なポイントを4つ紹介いたします。画面保護フィルムと言うのも同じような見た目なのでどれも同じように思えますが、実はそれぞれ特徴や傾向があります。これから紹介するポイントを商品選びの際の参考にしてみて下さい。

ポイント①:ケースの有無を確認

ひとつめのポイントはケースの有無です。iphoneには様々な専用ケースがありますが、ガラスフィルムは本体の縁までカバーする商品もあり、そうしたフィルムはケースに干渉して同時に使えない場合があります。使いたいケースがある場合には本体との干渉に注意しましょう。

大きな目安としてはフィルムのタイプがあり、2Dや2.5Dとして発売されているフィルムは本体の液晶部分のみをカバーするのでケースとの併用が可能ですが、3Dとなっているフィルムは本体の曲面になっている縁までカバーしてしまうので密着するケースは使用不可能な場合が多くなっています。自分の目的にあったフィルムなのか、事前に必ず確認するようにしましょう。

ポイント②:目的を確認

ふたつめのポイントは目的に応じてフィルムの種類を選ぶ事です。ガラスフィルムの中にはグレアとアンチグレアという種類が存在していて、グレアフィルムは透明度が高いので画面が鮮明で見やすく、画質を下げないという点が特徴です。対してアンチグレアフィルムは表面が指触りの良い加工になっていて操作性が滑らかで、光の映り込みや反射も抑えてくれるので横から画面を覗かれても見えにくくなっています。

 
どちらにも特徴があって片方が良いというのではなく、画質に拘りがある人はグレアフィルムを、外出が多いので画面が見られたくない方や操作性に拘りたいという人はアンチグレアフィルムを、という風に自分の好みに合ったフィルムを選ぶようにすると良いでしょう。

ポイント③:フィルムの厚さ・硬度を確認

続いてのポイントはフィルムの厚さと硬度です。ガラスフィルムは一般的なプラスチックに比べて厚みがあるのが特徴ですが、ものによっては画面のタッチ感度に影響があると感じる場合もあります。基本的には0.3mmくらいのものが多くなっていますが、ゲームやイラストなど細かい操作を大事にしたいという場合はそれよりも薄いフィルムを選ぶことをおすすめします。

 
また、厚さとも関係するのがフィルムの硬度です。フィルムの硬度を示す単位には「H」というものがあり、「9H」が最も高いとされています。人間の爪の硬さが2Hとされていますので、よくある8Hでも十分に画面を保護できます。手帳タイプのケースを使っている人はあまり気にする必要は無いかもしれませんが、カバンの中などで硬いものと擦れて傷が付くのが気になるという方は硬度が9Hの商品を選ぶ事をおすすめします。

ポイント④:機能を確認

最後のポイントはフィルムの機能です。フィルムには画面を保護するだけでなく様々な機能を備えた商品が増えています。電子機器からのブルーライトは目にダメージを与えますが、画面から発せられるブルーライトを軽減してくれるモデルもあります。他にも指紋の汚れが付きにくいよう加工されているタイプも発売されているので、気になるポイントに合わせて選びましょう。

 
画面だけでなく、フィルムの端面が薄くなっているので本体の曲面部分にフィットして縁まで綺麗に保護できるラウンドエッジ加工はケースをあまり付けたくないけれど本体も保護したいという方におすすめで、持ちやすさも特徴的です。重視したい機能もチェックしながらフィルムを選ぶと良いでしょう。

ガラスフィルムのおすすめ人気ランキングベスト3

それではここからは数あるガラスフィルムの中から厳選したおすすめの人気ランキングベスト3を紹介いたします。それぞれの商品の特徴と共に口コミなども紹介しますので、選び方のポイントや自分の好みと比較しながら商品選びの参考にしてみて下さい。

3位:BEGALO iPhone7ガラスフィルム全面

BEGALO iPhone7ガラスフィルム全面

価格:598円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

端がPET素材で滑らかなフィルム

画面部分はガラス素材ですが、本体の端を保護する部分には柔らかいPET素材が使われているハイブリッドなモデルです。厚みも0.25mmと極薄で、透明度と薄さの両立によって使っていても気にならないデザインになっています。

 

衝撃で割れても飛び散らない加工や気泡が入りにくい構造で使いやすく、それでいて最高高度の9Hなので耐衝撃性も十分です。 3D設計で端まで綺麗に保護できるうえに色々な要素を取り入れた、多機能なフィルムと言えるでしょう。

商品サイズ13.4x6.3x0.1cm商品重量9.07g

2位:Anker iPhone7用強化ガラス液晶保護フィルム

Anker iPhone7用強化ガラス液晶保護フィルム

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強化ガラスで耐久性バツグン

特殊な強化ガラス素材を使用していて、通常のガラスフィルムの約2倍の強度を誇る保護フィルムです。画面に貼りやすいようにホコリ除去ステッカーとアルコールペーパーも付属しているので、これだけで簡単に綺麗に貼り付けられます。

 

画面端までカバー出来る2.5Dラウンドエッジ加工と9Hの硬度を誇り、飛び散り防止の加工も施されています。 特に画面保護性能に優れているので、画面割れ対策を重視したいという方はこちらがおすすめです。

商品サイズ18.5x12.3x1.7cm商品重量90.7g

1位:Nimaso iPhone7用強化ガラス液晶保護フィルム

Nimaso iPhone7用強化ガラス液晶保護フィルム

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5層の強化ガラスで液晶を保護

日本製のガラス素材を使用しており、貼り付けやすい吸着層と飛散防止フィルム、そして防汚コートなど5層になったフィルムで多彩な機能と最高硬度9Hの保護性能を誇ります。国内の販売枚数が200万枚を突破したという人気商品で、保証期間の長さも魅力です。

 

厚さは0.26mmと極薄なので画面も綺麗に見えるクリアさが特徴で、ケースと干渉しないように本体端の部分に若干のスペースを残すデザインは専用ケースを使いたい方にも嬉しい設計になっています。

商品サイズ5.9x12.9x0.3cm商品重量118g

その他のおすすめガラスフィルム4選

ここからは人気ランキングでは紹介しきれなかった商品の中から、更におすすめの商品を4つ紹介いたします。こちらも商品の特徴や口コミなどを紹介して行きますので、選び方や他の商品と共にガラスフィルム選びの参考にしてみて下さい。

G-Color iPhone7 3D全面iphone7ガラスフィルム

G-Color iPhone7 3D全面iphone7ガラスフィルム

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面が見やすい防指紋加工

98%という高い透過率で殆ど画面を邪魔しない透明度に加えて、指紋が付きにくい加工が施されているのでとにかく画面が見えにくくなるのが困るという方におすすめのフィルムです。もちろん画面保護の強度も最高レベルで、全画面の端まで保護するラウンドエッジ加工になっています。

 

画面が見やすくなるためには気泡が入らないように張り付ける必要がありますが、自動吸着するのである程度の気泡は勝手に押し出してくれるというのもありがたい商品になっています。

商品サイズ15.2x1.3x7.6cm商品重量54.4g

PS JAPAN iPhone7ガラスフィルム

PS JAPAN iPhone7ガラスフィルム

価格:498円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりした厚みが画面を保護

国産の強化ガラスを使用したガラスフィルムで、厚さ0.33mmでありながら曲面には薄くしっかりフィットするラウンドエッジ加工なのでボタンも押しやすくなっています。

 

気泡が入りにくい構造と画面が割れても飛び散りにくい加工で安心して使えるのもポイントで、これらの基本的な機能が備わったガラスフィルムでありながらコストも他の商品に比べて抑え目なのでコストパフォーマンスにも優れている商品です。

商品サイズ17.8x8.6x0.8cm商品重量40.8g

Spigen iPhone7対応強化ガラスフィルム

Spigen iPhone7対応強化ガラスフィルム

価格:1,150円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れをはじく特殊加工

フィルムの表面にオレオフォビックという撥油コーティング加工が施されているので指紋や皮脂、化粧品が画面につきにくいようになっています。

 

ポケットやカバンの中で他のものと擦れて傷が付かない画面硬度で、保護性能も非常に高いフィルムです。薄さ0.4mmでありながらiphone7とiphone8に使える専用カットで縁までしっかりとカバーできる商品です。

商品重量22.7g

iPhone7ガラスフィルム 日本製素材旭硝子製

iPhone7ガラスフィルム 日本製素材旭硝子製

価格:899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高透過率でクリアな画面

厚さ0.24mmという極薄のガラスフィルムで、しかも99%以上の透過率なので非常にクリアで画面が見やすいのも特徴です。表面にも汚れ防止の加工が施されていますが、滑らかで操作しやすい感触も人気のポイントです。

 

全面保護タイプで、本体の中央に位置を決めて置けば自然に貼りつく自動吸着なので、簡単にピッタリと本体を保護することができるガラスフィルムです。

商品サイズ12.9x5.9cm商品重量59g

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiphone7で使用できるガラスフィルムの選び方とおすすめの人気商品を紹介して参りました。画面の修理代が必要にならないよう、必ずフィルムは使用することをおすすめします。硬度や画面の見やすさ、ブルーライト防止など重視したいポイントは人それぞれですが、自分の使いたいカバーや気になるポイントをチェックしながら、今回紹介した商品を参考に最適なガラスフィルムを探してみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ