泡立て器の人気おすすめランキング20選【電動・手動】

記事ID135636のサムネイル画像

お菓子作りで欠かせないの泡立て器。他にもたくさんの使い道がある便利なキッチン用品です。素材やサイズなどの種類もたくさんあるので、どれを選べば良いかわからないという方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気泡立て器をご紹介致します。

泡立て器のメリット

泡立て器は生クリームを泡立てたり、生地を混ぜ合わせたりする調理器具です。タイプも一般的な手動タイプや手や腕の負担を軽くしてくれる電動タイプなどがあります。また、素材も衛生的に保てるステンレスからお米も研げるプラスチック製、お子様でも使いやすいシリコン製もあっておすすめです。

 

泡立て器の形状は数本のワイヤーが重なり合っているイメージですが、軽い力で攪拌できてお手入れもしやすいワイヤーが重なり合っていない珍しいシェイプもあります。大きさも一般的な20cm台のサイズのものから、ドレッシングや調味料を混ぜ合わせるミニ泡立て器もあって使い分けができて便利。

 

しかし、泡立て器の種類だけでも100均のものから無印のメーカーをはじめさまざまなアイテムがあり、どれがどの調理に合っているのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は泡立て器の選び方からおすすめ商品、泡立て器の使い方のコツもご紹介していますので、ぜひ、参考にしてみてください。

泡立て器の選び方

泡立て器を選ぶ際、電動か手動やワイヤーの種類、素材、形状、サイズ、重さ、持ち手の種類、お手入れのしやすさ、おしゃれなデザイン、購入場所などに注目して探せます。そこで、それぞれの項目についてご説明します。

「電動」か「手動」かで選ぶ

泡立て器を選ぶ際、電動か手動の大きく2つに分かれます。電動の泡立て器を使うと、泡立つまでに時間がかかるものを短時間で済ませられます。また、手動の泡立て器と比べると、泡立てる作業によって起こる手首や腕の疲れも軽減できておすすめです。

 

また、電動の泡立て器はスティック状もあり、ブレンダーなどのヘッドを交換できるアイテムもあります。泡立て器以外にも調理で必要な方は、さまざまなヘッドがセットになったアイテムも便利でしょう。

 

そして、手動の泡立て器は電動のものと比べると泡立てるのに時間を要しますが、泡立て具合などを細かくチェックしながら使えるのがメリット。泡立て器を選ぶ際はワイヤーの数や形状、素材などさまざまな種類があるので、調理に合った腕に負担の少ないものを選んでください。

ワイヤーで選ぶ

泡立て器を選ぶ際、ワイヤーの本数や太く丈夫なもの、固定されたものなどから探せます。それぞれどのような調理に適しているのかを知りながら、無駄な泡立て時間も短縮できる泡立て器を見つけてみてください。

「細く本数の多いもの」は素早い泡立てに最適

泡立て器を選ぶ上で最も重要なポイントは、ワイヤーの種類や状態です。素早く泡立てるのには、ワイヤーの本数が多いものがおすすめです。ワイヤーの本数が多いほど、泡立てる対象に触れる面積が大きくなるので、泡立て時間を短縮できます。

 

また、ワイヤーの本数に加えて、ワイヤーの間隔が均一であるかどうかもチェックしましょう。均一に混ぜて、仕上がりをなめらかにするためには本数だけでなく間隔の確認も必須です。

 

そして、ボウルを傷つけないよう先端が丸いものを選ぶこともポイントです。特に、ステンレス製のボウルを使う場合には泡立て器のワイヤーによって細かい傷がついてしまうことが多く、それによって黒いカスのようなものも生じる可能性もあります。清潔さを保つためにも、先端の形も意識して選びましょう。

「太く頑丈なもの」は硬めな食材の攪拌向き

太くて丈夫な泡立て器は、硬めの食材を攪拌するのにおすすめです。丈夫な泡立て器はステンレス製が多く、錆びない上に耐熱性もあり、耐久性にも優れています。硬い食材を混ぜるのに最適ですが、柔らかい食材にも向いています。

 

耐久性もあり、錆びにくいステンレス製の泡立て器は、1本あるとさまざまな食材に使えて便利です。

ドレッシング・ソース作りにはワイヤーが「固定されたもの」を

ドレッシングやソース作りには、ワイヤーが固定された泡立て器がおすすめです。手動の泡立て器にはミニサイズがあるので、少量のドレッシングやソースを作るのに最適です。また、電動の泡立て器の場合は、ハンドミキサータイプの泡立て器もあるのでそちらも便利です。

 

そして、コーヒーなどに乗せるホイップを作るのにも、ミニサイズの固定された泡立て器やはハンドミキサーがあると活躍します。泡立て器は、食材や使い方に合わせて、数種類揃えておくと使い分けができます。

素材で選ぶ

泡立て器の素材も、機能に大きく影響するポイントです。泡立て器の素材としてはステンレス、シリコン、プラスチックの3種類が挙げられます。

硬いものには「ステンレス」

泡立て器の素材の定番であるステンレスですが、特徴としてはさびない上に耐熱性を持ち、さらには耐久性に優れているため、硬い生地のものでも混ぜやすいのが特徴です。もちろん柔らかい生地のものにも向いています。ステンレス製のものは一本持っておきたいですね。

ボウルを傷つけない「シリコン」

シリコン製の泡立て器はボウル傷付ける心配もなく、軽いものが多いので小さいお子様にも使いやすいものになっています。また耐熱性のものが多いので、使用用途も広くて使い勝手が良いです。生クリームを泡立てたり、ドレッシングを作るなど柔らかい生地には向いています。

個性的な形の「プラスチック」

プラスチック製もシリコン製同様、軽くてボウルを傷つけない特徴があります。また、安価なものが多く、形もかわいらしかったりと、とてもユニークな商品が多くあります。お子様と一緒にお菓子を作る際には作業を楽しくしてくれるでしょう。

「形状」で選ぶ

泡立て器の形状には料理にも使える基本型やスピードが特徴のコイル型、疲れにくい回転型の大きく3つの種類があります。それぞれのタイプのメリットやデメリットを知ることで、料理やお菓子作りなどの目的に合って使いやすい泡立て器を選べるでしょう。

料理にも使うなら「基本型」

基本型の泡立て器はワイヤーが根元で束ねられていて、先端が丸くなっている形状が特徴です。最も一般的な形で、一度は目にしたり使ったりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

この基本型の泡立て器はワイヤーの数や太さ、素材などが違うものがあり、さまざまな料理にも使えて多岐に渡って活躍するシーンが多いのも魅力です。電動の泡立て器を購入するには活躍の場がないという方も、手動の基本型を1本持っていると一般的なお菓子作りや料理などに使えて便利です。

スピード重視なら「コイル型」

コイル型の泡立て器は、先端の形状がコイル状になっているのが特徴です。基本型の泡立て器よりも空気を多く取り込みながら泡立てられるので、きめ細かい泡を作れます。1回で泡立てられる量は少ないですが、基本型よりも泡立つ時間が早いため、「スピード泡立て器」とも呼ばれます。

 

このコイル型泡立て器は料理やお菓子作りではなく、コーヒーなどに入れるホイップを作る際に便利です。急な来客などでも、さっと泡立てて本格的なウインナーコーヒーでおもてなししても喜ばれるでしょう。

疲れにくい「回転型」

回転型の泡立て器は、腕に負担をかけることが少なく泡立てられる形状です。使い方は本体をボウルやフライパンに真っ直ぐ上から押し付けて、力を入れることで回転するので腕に負担をかけずに泡立てられます。

 

とても便利な泡立て器なので、長時間泡立てる必要がある時も腕に負担がかからないので人気を集めています。回転型には、電動タイプのハンドミキサーのように使えるアイテムもあります。長い時間、泡立て器を使う機会が多い方におすすめの形状です。

サイズや重さで選ぶ

作るお菓子の種類や量などで使うべき泡立て器の大きさ等が変わってきます。生クリームを泡立てたりスポンジ生地を作るときは、大きめの泡立て器とボウルを用意します。大きく豪快に動かすことで、早く泡立てることができます。また逆に、少量のドレッシング等を作る際には小さいものが役立ちます。
 
重さに関しては素材によって左右されます。ステンレス製はどうしても重くなってしまいますので、ステンレスでなくてもよいものはシリコン製やプラスチック製などを使って負担を軽減しましょう。
 
また、柄の部分の形も製品によって違いがあるときがあります。円柱型のものや、少し平べったくなっているものがあります。そのため、泡立て器を選ぶ際はサイズや重さなど、ご自身の手にしっくりくるものを選ぶとよいでしょう。

持ち手で選ぶ

泡立て器の持ち手には、手動と電動で違いがあります。手動の泡立て器の持ち手は真っ直ぐな棒状が多く、素材はステンレスやシリコン、プラスチックなどがあります。また、握りやすいように凹凸のあるものもあって便利です。

 

電動の泡立て器は、手でバッグの持ち手のようにしっかり握れるタイプとハンドミキサーのようなスティック状の部分を手で握って使うタイプなどがあります。持ち手タイプは電気の振動があってもしっかり握れるので、滑る心配が少ないのが特徴です。ハンドミキサーは筒状の部分を握るため、濡れた手などで持つと滑る可能性もあるのがデメリット。

 

どの泡立て器も、手にフィットして攪拌中に滑りにくいものを選ぶと良いでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

泡立て器は食材に直接触れるものなので、いつも清潔に保てるものが理想です。しかし、泡立て器はとても汚れやすい上に、汚れを落としやすいのも事実。そのため、お手入れのしやすさも、泡立て器を選ぶ際のポイントです。

 

「素材で選ぶ」の項目でもご説明しましたが、ステンレス製の泡立て器は煮沸消毒も可能なものも多いのが特徴です。また、食洗機にも対応しているアイテムもあるため、簡単にお手入れができます。泡立て器はワイヤーの1本1本に汚れが付着しやすいので、洗浄しやすい製品を選ぶのがおすすめです。

おしゃれなデザインのものを選ぶ

一般的な泡立て器は、先端が丸いのが特徴です。しかし、泡立て器の中には、先端が待ち針のようワイヤーの1本1本の先端に丸いパーツが付いたアイテムもあります。ちょっ変わったこの泡立て器は見た目のスタイリッシュさだけでなく、攪拌能力が良いもの魅力です。

 

また、一般的な泡立て器は先端部分に汚れが付くと、手洗いする際は汚れが落としにくいのがデメリットです。ですが、この変わった泡立て器の形状だと、先端の汚れも落としやすく、収納しやすいのもおすすめ。デメリットは、ステンレスのボウルを使うと泡立てる際の音が響くことです。

購入場所で選ぶ

泡立て器は100均やニトリ、無印良品などでも購入できます。100均では手動の泡立て器を手ごろな価格で手に入れられます。ニトリではスモールサイズの100円台のものからステンレス製やシリコン製の手動の泡立て器まで、また、電動の泡立て器は2,000円台で見つけられます。

 

無印良品では、シンプルなデザインのステンレス製の手動泡立て器が小(250円)と大(550円)から選べます。一人暮らしや引っ越しの多いご家庭では、手ごろで購入できるメーカーもチェックしておくと便利でしょう。

【電動】泡立て器の人気おすすめランキング10選

1位

dretec(ドリテック)

ハンドミキサー

細いワイヤーで後片付けも簡単

ドリテックのハンドミキサーは約740gと軽量で、ワイヤーが一般の電動泡立て器と比べてより空気を含ませながらふんわりと泡立てられます。通常の太いワイヤーよりも洗浄がしやすいので、清潔に保てておすすめです。

 

また、加点速度も1~5(低速~高速)に切り替えられるため、きめ細かい泡から生地や卵など食材い合わせて使えます。そして、ビーター2本とコードを収納できるケースも付いて、スッキリと片付けられて便利です。

速度切り替え 5段階 重量 960g
電源コード 約1.7m 消費電力 約70W
型番 HM-706IVDI

口コミを紹介

以前の物に比べて使用途中で立てて置けるのがいい。羽根の部分が洗い易くていい。コードも収納できていい。軽くていい。良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナソニック(Panasonic)

ハンドミキサー

3段階切り替えと持ちやすいデザインが魅力

パナソニックのハンドミキサーは低速~高速の3段階切り替えが付いていて、食材のほぐしから泡立てまで使えるのでお菓子作りに適しています。1.9mと長めのコードも付属して、コンセントから少し離れた場所でも使えて便利です。

 

また、ビーターとコードがすっぽりと入る収納ケースもあるので、コンパクトに片づけられます。お菓子作りをよくする方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

速度切り替え 3段階 重量 1100g
電源コード 1.9m 消費電力 80W
型番 MK-H4-W

口コミを紹介

ハンドミキサーは初めて買いましたが、スピードは三段階あり、音は静かな方だと思います。また、本体が自立することと、コードやビーターが収納できるのはとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Bonsenkitchen

ハンドブレンダー ハイパワー

9段階切り替えで調理に合わせて攪拌できる

Bonsenkitchenのハンドブレンダーは、1台でつぶす、混ぜる、刻む、泡立てるの4役を果たしてくれます。ヘッドを交換するだけで、生クリームや卵、スープ、離乳食など幅広い調理で活躍して便利です。

 

また、9段階のスピード調節ができる上に、握りやすい形状と細身で軽量なので女性でも亜簡単に使えます。そして、専用の収納ホルダー付きで、石膏ボードやコンクリート、ベニヤ板などの壁面や柱に固定して収納できておすすめです。

速度切り替え 9段階 重量 1590g(パッケージの重さ)
電源コード 約75cm 消費電力 600W
型番 HB8003

口コミを紹介

子ども達がクリスマスのケーキを手作りしたいというので、購入しました。泡立て器を使いましたが、とてもしっかり泡立つので、なめらかですごく膨らんだ美味しいスポンジケーキができ、子ども達も大喜びでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Vsadey

ハンドミキサー

ハイパワーでメレンゲから粘りのある生地まで対応

Vsadeyのハンドミキサーは250Wのハイパワーでスピーディーに仕上がり、ビーターもワンタッチで取り外せます。低速~高速までの5段階モード付きで、メレンゲからケーキ生地まで生地や目的に合わせて使えて便利です。

 

また、ビーターとニーダーの2種類が付属していて、ビーターは生クリームや卵などの泡立て、ニーダーは粘りの強い食材用に使えます。そして、ビーターはワンタッチで取り外せるので、本体を立てて置くだけでスリムに保管できておすすめです。

速度切り替え 5段階 重量 約980g(ビーター含む)
電源コード 1.8M 消費電力 250W
型番 HM-1025

口コミを紹介

ともかくハイパワー。いちばん低速で、以前使っていたハンドミキサーの最速くらいのパワーがあります。私は、大量の卵白の泡立てをするのでとても助かります。家庭用のものでは諦めていた卵白10個分の泡立てもできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ハンドミキサー

用途に合わせて使い分けられる5段階切り替え

アイリスオーヤマのハンドミキサーは5段階のスピード調整ができるため、用途に合わせて使い分けができます。料理中でも本体をそのまま立てて置けるので、少し手を離したい時に便利です。

 

また、ビーターと電源コードが入る収納ケースも付いているので、スッキリと片付けられます。そして、250Wのハイパワーで、生クリームの泡立てやメレンゲ作りもスピーディーにできておすすめです。

速度切り替え 5段階 重量 1200g
電源コード 約1.7m 消費電力 250W
型番 PMK-H01-W

口コミを紹介

最弱でも食材が飛び散りそうなパワー。気温20℃、玉子2つ分の卵白なら3分かからずメレンゲできた。連続運転時間が短いけれど間欠運転で解決。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

貝印(Kai Corporation)

電動ハンドミキサー

お菓子作りの泡立て作業に便利

貝印(Kai Corporation)の電動ミキサーは5段階のスピード調節ができるため、ケーキやクッキー、生クリームなどの泡立てができてお菓子作りに最適です。食材に合わせて細かく攪拌スピードを調節できて、本体を立てるだけて置けるので作業中の一時置きもできます。

 

また、ハンドル上部のボタンを押すとビーターを簡単に取り外せるので、後片付けもスムーズにできておすすめです。泡立てだけに使う電動の泡立て器をお探しの方は、チェックしてはいかがでしょうか。

速度切り替え 5段階 重量 約730g
電源コード 約1.7m 消費電力 100 W
型番 DL0501

口コミを紹介

娘がケーキ作りの際にハンドミキサーを使いたがるので購入しました。とても早くホイップができて助かります。ただ、子供はミキサーの部分をはめ込むのが難しいようで、少しコツが要ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

dretec(ドリテック)

ハンドミキサー

軽量で細いワイヤーのビーターでいつも清潔

dretec(ドリテック)のハンドミキサーはワイヤー部分が細いので、生クリームの泡立てやケーキ作りに最適です。5段階の調節ができるため、低速の場合は手で攪拌するようなゆっくりとしたスピードで飛び散りの心配もありません。

 

また、740gと軽量タイプのハンドミキサーは手が疲れにくく、女性でも取り扱いやすくておすすめです。そして、細いワイヤーのビーターは泡立てに適している上に、汚れも落としやすくて後片付けのストレスも軽減できます。

速度切り替え 5段階 重量 740g
電源コード 約1.7m 消費電力 65 W
型番 HM-703PK

口コミを紹介

音も普通だしホイップが簡単。スイッチでピーターも外れるし安いし良い所ばかり。肉とかパン生地とか重い物じゃない用ならぜひ、おすすめ。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Cuisinart (クイジナート)

スリム&ライト マルチハンドブレンダー

1台で5役を果たしてくれるマルチなアイテム

クイジナートのマルチハンドブレンダーは1台でつぶす、刻む、切る、混ぜる、泡立てることができるマルチなブレンダーです。専用カップも付いているブレンダーなので、少量の泡立ての際はボウルを用意する手間も省けます。

 

また、ハンドル部分にはスイッチが付いていて、オンオフを簡単にできて便利です。料理の時短を考えている方は、一度、クイジナートのマルチハンドブレンダーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

速度切り替え 3段階 重量 780g
電源コード 125cm 消費電力 200W
型番 HB-500BKJ

口コミを紹介

ハンドブレンダー、フードプロセッサー、泡立て器デビューの私には優れもの過ぎて言うことなしです。部品の取り外しが楽で洗いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Cuisinart (クイジナート)

スマートパワー ハンドミキサー

トップクラスの連続使用時間と使い分けできる2種類のヘッド

クイジナーのスマートパワー ハンドミキサーは5段階の調節ができ、ツヤのある仕上がりからマカロン生地などの攪拌まで幅広く使えます。トップクラスの連続使用時間が可能なので、泡立てはプロのような仕上がりです。

 

また、本体一体型の専用ハードケースが付属していて、ビーターやヘラなどを1カ所に収納できておすすめ。そして、混ぜるためのビーターと泡立てるためのバルーンウィスク、ヘラが付いているので、商品が届いたらすぐにお菓子作りを始められます。

速度切り替え 5段階 重量 約1100g
電源コード 約1.5m 消費電力 160 W
型番 HM-050SJ

口コミを紹介

驚くほどパワフルになり、パワフルすぎて、一番早い速度にはまだしていません。音はやはり少し大きいのですが、その分、短時間で目指すものができるので、よしとします。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

DEKOprojp

ハンドミキサー

2種類のビーターと5段階調節で食材に合わせて攪拌

DEKOPROのハンドミキサーは2種類のビーターと5段階調節ができるため、食材に合わせて攪拌ができておすすめです。ターボモードも付いているので、粘りのある生地も簡単に混ぜ合わせられて便利。

 

また、ビーターなどを収納できるケースが付いているので、使わない時はほこりやごみが入らず清潔に保管できます。そして、女性でも扱いやすい約850gの計量サイズなので、攪拌での手の疲れも軽減できます。

速度切り替え 5段階 重量 約850g
電源コード 消費電力 150 W
型番 LH-928

口コミを紹介

使いやすいですし、洗いやすいです。家庭用としてはパワーも十分かなと思います。他の商品と色々悩みましたが、届いてすぐケーキを作ってみたら、本当に使いやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【電動】泡立て器の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5714668の画像

    dretec(ドリテック)

  • 2
    アイテムID:5714671の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 3
    アイテムID:5714674の画像

    Bonsenkitchen

  • 4
    アイテムID:5714677の画像

    Vsadey

  • 5
    アイテムID:5714680の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 6
    アイテムID:5714683の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 7
    アイテムID:5714686の画像

    dretec(ドリテック)

  • 8
    アイテムID:5714689の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • 9
    アイテムID:5714692の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • 10
    アイテムID:5714695の画像

    DEKOprojp

  • 商品名
  • ハンドミキサー
  • ハンドミキサー
  • ハンドブレンダー ハイパワー
  • ハンドミキサー
  • ハンドミキサー
  • 電動ハンドミキサー
  • ハンドミキサー
  • スリム&ライト マルチハンドブレンダー
  • スマートパワー ハンドミキサー
  • ハンドミキサー
  • 特徴
  • 細いワイヤーで後片付けも簡単
  • 3段階切り替えと持ちやすいデザインが魅力
  • 9段階切り替えで調理に合わせて攪拌できる
  • ハイパワーでメレンゲから粘りのある生地まで対応
  • 用途に合わせて使い分けられる5段階切り替え
  • お菓子作りの泡立て作業に便利
  • 軽量で細いワイヤーのビーターでいつも清潔
  • 1台で5役を果たしてくれるマルチなアイテム
  • トップクラスの連続使用時間と使い分けできる2種類のヘッド
  • 2種類のビーターと5段階調節で食材に合わせて攪拌
  • 価格
  • 1980円(税込)
  • 4545円(税込)
  • 4899円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 2671円(税込)
  • 1418円(税込)
  • 2078円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2899円(税込)
  • 速度切り替え
  • 5段階
  • 3段階
  • 9段階
  • 5段階
  • 5段階
  • 5段階
  • 5段階
  • 3段階
  • 5段階
  • 5段階
  • 重量
  • 960g
  • 1100g
  • 1590g(パッケージの重さ)
  • 約980g(ビーター含む)
  • 1200g
  • 約730g
  • 740g
  • 780g
  • 約1100g
  • 約850g
  • 電源コード
  • 約1.7m
  • 1.9m
  • 約75cm
  • 1.8M
  • 約1.7m
  • 約1.7m
  • 約1.7m
  • 125cm
  • 約1.5m
  • 消費電力
  • 約70W
  • 80W
  • 600W
  • 250W
  • 250W
  • 100 W
  • 65 W
  • 200W
  • 160 W
  • 150 W
  • 型番
  • HM-706IVDI
  • MK-H4-W
  • HB8003
  • HM-1025
  • PMK-H01-W
  • DL0501
  • HM-703PK
  • HB-500BKJ
  • HM-050SJ
  • LH-928

【手動】泡立て器の人気おすすめランキング10選

1位

OXO(オクソー)

泡だて器 バルーンウィスク (大)

大小10本のワイヤーで効率良く攪拌できる

OXOの泡だて器 バルーンウィスク (大)は、溶き卵や泡立てに便利なバルーンウィスクシェイプです。グリップ部分も滑りにくくて握りやすいデザインで、安心して調理ができておすすめ。

 

また、丈夫なステンレス製の泡立て器は大小のワイヤーが10本と多いため、効率良く攪拌ができて便利です。そして、お菓子作りやお好み焼きの生地にも使える泡立て器は、味噌作りや鍋でも使えます。

サイズ 29×7×7cm 重量 103g
素材 グリップ/熱可塑性エラストマー(サントプレーンR) ポリプロピレン ABS樹脂 ヘッド/ステンレス 原産国 中国

口コミを紹介

届いたときは思ってた以上に小さく大の方が良かったかもと思いましたが、実際使ってみるとグリップが握りやすいので混ぜやすく小で良かったです。引っ掛けるところがあればなお良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ヨシカワ(Yoshikawa)

栗原はるみ ミニ泡立て

ドレッシングやソース作りに最適

栗原はるみさんのミニ泡立で器は、ドレッシングやソース作りに最適なサイズです。泡立て部分と柄の部分もステンレス製なので、汚れやすい泡立て器も丸洗いによっていつも清潔に保てます。

 

また、フック掛けできるリングも付いているので、キッチンの壁などにかけられて便利です。そして、ドレッシングなど以外にも、少量のお菓子作りにも活躍して1本あると便利なスモールサイズをチェックしてみてください。

サイズ 全長19.8cm、全幅3.6cm 重量
素材 ステンレス (SUS304) 原産国 日本

口コミを紹介

大満足です。水が入ることはありません。手洗いで大丈夫だと確認してからは、食洗機に掛けています。それでも大丈夫です。衛生的に使えるのが何より一番うれしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

パール金属(PEARL METAL)

EEスイーツ ステンレス製 泡立て

しっかりとした作りで清潔に保てる泡立て器

パール金属の EEスイーツ ステンレス製 泡立てはプロ仕様で、家庭でのケーキ作りに便利なアイテムです。卵やクリームを泡立てたり、材料を混ぜたりするのに最適な泡立て器はしっかりしているので1本は持っていると活躍します。

 

また、安価な泡立て器だとワイヤー部分が変形する場合もありますが、パール金属の泡立て器はワイヤー部分もしっかりしているのでコスパも良くておすすめです。そして、女性でも扱いやすいスリムな持ち手で、壁などに掛けられるフックも付いて便利。

サイズ 約幅50×全長225mm 重量 約70g
素材 ステンレス鋼 原産国

口コミを紹介

思ったよりも小さかったですが、丈夫で使いやすいです。やはり100均のものとは違いますね

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

貝印(Kai Corporation)

ウィスク SELECT100

スタイリッシュで洗いやすい形状

貝印 KAIのウィスク SELECT100はワイヤーの先端が重なり合っていないため、底あたりが良い上に効率良く攪拌できます。押しつぶしながらの混ぜ合わせもできるので、ポテトサラダやコロッケの調理にも最適です。

 

また、通常の泡立て器より先端部分に汚れを洗浄しやすい形状で、清潔に保管できておすすめ。そして、デザインもスタイリッシュなので、料理好きな方へのちょっとした贈り物にもピッタリです。

サイズ 165×47×47mm 重量 78g
素材 金属部/ステンレススチール、ハンドル内部品/ポリプロピレン(耐熱温度110度) 原産国 中国

口コミを紹介

かなり重めの生地でもすいすいかき混ぜられるので、ポテサラなんか、これ1本でOKです。
味噌マドラーが無くてもこれでいけます。ポタージュ系も含めて、混ぜ物全般、便利、便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ナガオ(Nagao)

燕三条 泡立て器 ミニ 2本セット

容器の大きさに合わせて使い分けられる

ナガオの燕三条 泡立て器 ミニ2本セットはパイプ材を使用してるため高い質感で、卵やドレッシング、お菓子作り、少量を混ぜるなどに適しています。容器の大きさなどに合わせて使い分けられるミニ2本セットの泡立て器は、ステンレス製なのに緩い磁性を帯びているのも特徴です。

 

また、日本の高度な技術が詰まったナガオの泡立て器は、持ち手もしならず力を入れて食材を攪拌できます。そして、菜箸では混ざりきらない卵やドレッシングも、ナガオの泡立て器を使えば便利に混ぜ和せられておすすめです。

サイズ 大 194x20mm / 中 138x15mm 重量
素材 18-8ステンレス 原産国 日本/燕市

口コミを紹介

これの長い方で味噌すくって,「下村企販 板前さんの みそこし 名人」に入れて溶いてる。使い方として正しいのか知らないけど,ダマにならずイイ感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

パール金属(PEARL METAL)

米もとげる泡立

ステンレスボウルなどを傷つけないナイロン製

パール金属の泡立て器はビーター部分がナイロン製なので、お米も傷つけずにとげて便利です。ステンレスボウルで使っても嫌な音も出ない上に、傷つける心配もありません。

 

また、太めのハンドルの泡立て器は、しっかり握って攪拌できておすすめです。しかし、ステンレス製ではないため、熱い鍋の中などでは使えないので注意してください。

サイズ 約全長280×外径80mm 重量 500g
素材 泡立て部/ナイロン(耐熱温度180度)、柄・接続リング/ABS樹脂(耐熱温度90度) 原産国 日本

口コミを紹介

かき混ぜるときの音がよくて必要以上にかき混ぜちゃうときがあります。
いたって普通のかき混ぜ機です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

貝印(Kai Corporation)

ドレッシングマドラー

卓上用にあると便利なサイズ

貝印 KAIのドレッシングマドラーは、卓上でドレッシングや調味料を手早く混ぜられるアイテムです。電動の泡立て器や大きい泡立て器は少量の食材を混ぜるのには不向きですが、小さめの泡立て器が1本あるとちょっとした混ぜ合わせの際に活躍します。

 

また、ミニサイズの泡立て器は、朝食やお弁当用の卵焼きやオムレツなど1人用を作る時の攪拌にも便利です。

サイズ 21.5×3.7×3.7cm 重量 22g
素材 18-8ステンレススチール 原産国 日本

口コミを紹介

ドレッシングに限らず、合わせ調味料、タレ作り、ソース作り、ディップ作り、水溶き片栗粉や粉末スープ、少量なら溶き卵、味噌や酒かすや練りからしをのばす、などなどこれまで箸やスプーンを使っていらっとしたこともありますが、一気に解消されました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

寿菓工精器

シルバー泡立 #8

シンプルなデザインでプロ仕様

寿菓工精器のシルバー泡立 #8はステンレス製でワイヤーの数も程よく、家庭用で使う泡だて器としては最適なサイズです。お菓子作りにもピッタリな泡立て器はシンプルなデザインで、持ち手もワイヤー状ではないので持ちやすくておすすめ。

 

テレビなどでプロの方が料理教室で使用されているとの口コミもあり、持ちやすい上に軽くて丈夫なのが魅力です。また、力を入れてすり合わせることもできる泡立て器は、安心して使えるアイテムです。

サイズ 全長270×泡立部外径71mm 重量 85g
素材 ステンレス・ナイロン樹脂 原産国 日本

口コミを紹介

お菓子を作るのに使っていますが、ちょうどよい長さ、大きさで、使いやすく期待通りでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

柳宗理(Yanagi Sori)

泡立て器

茶筅のような泡立て器で効率的に攪拌

柳宗理の泡立て器はステンレス製で耐久性があり、飽きの来ないデザインなので長く愛用できます。ステンレス製の泡立て器は錆びにくいので、いつも清潔に保てておすすめです。

 

また、工業デザイナーのパイオニア的存在の柳宗理の調理器具はデザイン性はもちろん、機能性でも高い評価があります。そして、茶筅をイメージできるデザインの泡立て器は効率的に泡立てができ、道具としての繊細さも感じられるアイテムです。

サイズ 30.0(H)×8.0(W)×8.0(D)cm 重量 100g
素材 18-8ステンレス 原産国 日本

口コミを紹介

柄がしっかりしているので混ぜるのが苦になりません。大きさもちょうど良かったです。混ぜていて疲れるせいもあるとは思いますが少し重めに感じました。ただし、重みのおかげもあってリズムよく混ぜられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ナガオ(Nagao)

燕三条 泡立て

通常の泡立て器の倍の線材を使用

ナガオの燕三条 泡立ては24本の線材で、プロ仕様の造りが特徴です。通常の倍の線材を使った泡立て器は、素早くきめ細かい泡立てを実現できます。また、線材の根元はすべて溶接で埋め込まれているため、洗浄中に取っ手部分の水濡れを防げておすすめです。

 

そして、手洗い以外にも食洗機や乾燥機も使えるので、後片付けも楽にできます。攪拌する際に食材と触れる面積が倍の泡立て器は、お菓子作りや調理を楽しくしてくれるアイテムです。

サイズ 305xφ約70mm 重量 118g
素材 18-8ステンレス 原産国 日本/燕市

口コミを紹介

線が多くジェノワーズも生クリームもあっという間に泡立て完了します。電動よりも早く仕上がります。ただ、線が多いので混ぜる際の抵抗が大きく、腕が疲れやすい人にはあまりオススメできません。

出典:https://www.amazon.co.jp

【手動】泡立て器の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5714700の画像

    OXO(オクソー)

  • 2
    アイテムID:5714703の画像

    ヨシカワ(Yoshikawa)

  • 3
    アイテムID:5714706の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 4
    アイテムID:5714709の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 5
    アイテムID:5714712の画像

    ナガオ(Nagao)

  • 6
    アイテムID:5714715の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 7
    アイテムID:5714718の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 8
    アイテムID:5714721の画像

    寿菓工精器

  • 9
    アイテムID:5714724の画像

    柳宗理(Yanagi Sori)

  • 10
    アイテムID:5714727の画像

    ナガオ(Nagao)

  • 商品名
  • 泡だて器 バルーンウィスク (大)
  • 栗原はるみ ミニ泡立て
  • EEスイーツ ステンレス製 泡立て
  • ウィスク SELECT100
  • 燕三条 泡立て器 ミニ 2本セット
  • 米もとげる泡立
  • ドレッシングマドラー
  • シルバー泡立 #8
  • 泡立て器
  • 燕三条 泡立て
  • 特徴
  • 大小10本のワイヤーで効率良く攪拌できる
  • ドレッシングやソース作りに最適
  • しっかりとした作りで清潔に保てる泡立て器
  • スタイリッシュで洗いやすい形状
  • 容器の大きさに合わせて使い分けられる
  • ステンレスボウルなどを傷つけないナイロン製
  • 卓上用にあると便利なサイズ
  • シンプルなデザインでプロ仕様
  • 茶筅のような泡立て器で効率的に攪拌
  • 通常の泡立て器の倍の線材を使用
  • 価格
  • 1402円(税込)
  • 660円(税込)
  • 293円(税込)
  • 646円(税込)
  • 550円(税込)
  • 277円(税込)
  • 330円(税込)
  • 999円(税込)
  • 1409円(税込)
  • 1320円(税込)
  • サイズ
  • 29×7×7cm
  • 全長19.8cm、全幅3.6cm
  • 約幅50×全長225mm
  • 165×47×47mm
  • 大 194x20mm / 中 138x15mm
  • 約全長280×外径80mm
  • 21.5×3.7×3.7cm
  • 全長270×泡立部外径71mm
  • 30.0(H)×8.0(W)×8.0(D)cm
  • 305xφ約70mm
  • 重量
  • 103g
  • 約70g
  • 78g
  • 500g
  • 22g
  • 85g
  • 100g
  • 118g
  • 素材
  • グリップ/熱可塑性エラストマー(サントプレーンR) ポリプロピレン ABS樹脂 ヘッド/ステンレス
  • ステンレス (SUS304)
  • ステンレス鋼
  • 金属部/ステンレススチール、ハンドル内部品/ポリプロピレン(耐熱温度110度)
  • 18-8ステンレス
  • 泡立て部/ナイロン(耐熱温度180度)、柄・接続リング/ABS樹脂(耐熱温度90度)
  • 18-8ステンレススチール
  • ステンレス・ナイロン樹脂
  • 18-8ステンレス
  • 18-8ステンレス
  • 原産国
  • 中国
  • 日本
  • 中国
  • 日本/燕市
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本/燕市

泡立て器の売れ筋ランキングをチェック

参考までに泡立て器の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

泡立て器の使い方のコツ

スポンジ生地や生クリームを泡立てる際に必要な泡立て器ですが、泡立てるのはとにかく大変ですよね。手や腕が痛くなったりもしますし、かといって泡立てが足りないと失敗の原因にもなってしまいます。そこで、ここでは泡立て器を使う際のコツをご紹介していきます。少しでも負担が軽減できるように身に付けておきましょう。

持ち方

泡立て器はしっかり握りこんでしまうと腕が疲れやすくなってしまいますし、生地がまんべんなく泡立たない原因にもなってしまいます。根本付近を軽く持ちつつ、泡立て器がぶれないくらいの強さで持ちましょう。

動かし方

泡立て器は、生地によって動かし方が異なります。例えば、バタークッキーなど硬い生地を泡立てる場合は、ボウル全体を使ってグルグルと動かすと早く泡立てることができます。逆に生クリームやスポンジ生地など柔らかい生地の場合には左右に素早く動かして泡立てます。

 

これら以外にもお菓子作りに役立つちょっとしたポイントがあるので、ご紹介しておきます。

 

先ほど左右に動かすことをコツとしてあげましたが、この中にもポイントがあります。右に動かす時、もしくは左に動かす時、どちらにより力を入れるかを自分の中で決めておくことです。左右どちらでもいいのですが、人によってどちらがやりやすいかが違うので、これを決めておくと泡立てる効率が上がりますし、ずっと力を入れなくていいので疲れづらくなります。

 

また、泡立て器は構造上、とても洗いづらい形になっていますが、お菓子やドレッシングを作った後、うまく洗い切れておらず油が残ってしまうことや、洗剤がすすぎ切れていないことがたまにあります。そうすると生地を泡立てる際に、それらが原因でうまく泡が作られないことがあるので、使った後にしっかり洗うことも失敗しないするコツになるので覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どこの家庭にも一つはある泡立て器ですが、使い方や素材などを見ていくととても深いものですよね。作業のしやすさを左右するとても重要な器具ですので、ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの一品を手にしてみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年11月最新版】成城石井の人気おすすめランキング75選

【2021年11月最新版】成城石井の人気おすすめランキング75選

その他食品
人気のラチェットレンチのランキング10選【DIYでもおすすめ】

人気のラチェットレンチのランキング10選【DIYでもおすすめ】

工具
【2021年最新】ハンドミキサーのおすすめランキング10選

【2021年最新】ハンドミキサーのおすすめランキング10選

調理・生活家電
【鮮度をキープ】おしゃれで人気バターケースおすすめランキング10選

【鮮度をキープ】おしゃれで人気バターケースおすすめランキング10選

キッチン用品
麻雀牌の人気おすすめランキング15選【自宅で楽しめる】

麻雀牌の人気おすすめランキング15選【自宅で楽しめる】

趣味
【おしゃれに快適】キッチンツールのおすすめ人気商品ランキング10選

【おしゃれに快適】キッチンツールのおすすめ人気商品ランキング10選

キッチン用品