記事ID135631のサムネイル画像

衝撃から守る!ipad mini4 ケースのおすすめ人気ランキング7選

お仕事で使う方や、自宅でゲームや映画を楽しむためにipad mini4をお持ちの方いらっしゃいますよね。落とさないか不安、ケースの種類がたくさんあって選べないという方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気ipad mini4 ケースをご紹介致します!

ipad mini4とは

 

ipad mini4はアップルが開発しているタブレット型コンピューターで、タブレット端末としてメジャーなipadを小型化したminiシリーズの中でも最新型で非常に高性能な人気モデルです。6.1mmという非常に薄型でありながら、7.9インチの画面は解像度が高く非常に綺麗です。重さも約298gと軽量ですが大型のipadにも劣らないスペックで、2つのアプリを同時に表示できるモードを搭載していて便利です。

 

カメラも800万画素と高性能なので、写真を撮るという目的でも十分にその性能を発揮してくれます。単純にゲームや音楽を楽しむだけでなくビジネスの場面でも大いに活用できるスペックで、あまり高性能な作業を必要としない方には普段使い用のコンピューターとしても十分な性能となっています。

本当にケースは必要?

使わない時には鞄の中などにしまっておくipad miniはケースが必要ないと思われるかも知れませんが、普段使いする上ではケースは必ずと言って良いほど必要なものです。ケースが無いとちょっとした高さから落下した衝撃でも画面が割れてしまう事があり、操作に支障が出てしまいます。

 

過失による故障は保障の対象外となるため程度にもよりますが、アップルによるとipad mini4の場合は基本的には3万円以上の修理代金が必要になります。保障サービスに加入していても4千円は少なくとも必要になりますので、コストを考えるとケースを付けておいた方が良いのは間違いないでしょう。

ipad mini2・3のケースも使える?

ipad miniシリーズは画面が7.9インチで統一なので、一見同じケースを使えるように思えます。実際に初代から3までは同じサイズなのでケースは同じものを使うことができましたが、ipad mini4は過去のシリーズに比べて薄いだけでなく縦が3mmほど大きいので同じケースは使用不可能になっているので注意してください。

 

ただし、元から少し余裕のあるピッタリとフィットしないタイプならばものによっては使用可能な場合もあります。もし旧型のケースを持っている場合はサイズを確認してみましょう。

ipad mini4 ケースの選び方

ここからはipad mini4のケースを選ぶ時のポイントについて紹介します。人によって重要視したいポイントは様々ですが、今回は特に重要な4つのポイントについて紹介しますので、商品を購入する前にはこれらの点をチェックしてみて下さい。

ポイント①:素材によって機能が違う

ケースは素材によっては手触りだけでなく機能も異なります。多いのはシリコンのタイプで、柔らかく保護性能も高いです。また、色や外見のバリエーションも豊富なので自分好みのケースが見つかりやすいというのも嬉しい特徴です。衝撃に強いタイプでは強化プラスチックなどのハードケースも存在します。



少し大人っぽいデザインのものが好みなら、レザーや本革のケースがおすすめです。手触りが良く使いやすいだけでなく、内側は保護性能の高い素材になっているものもあるので耐久性にも優れています。革は丈夫なので長持ちですし、加工によっては汚れが目立つというデメリットもケアできて魅力的です。

ポイント②:お仕事で使うには機能性を

オフィスなど、仕事場で使う場合には機能性を重視してケースを選びましょう。中でもおすすめなのはキーボードが付属しているタイプで、スタンドにもなるケースはどこでも使いやすいので非常に便利です。カバーの開閉でスリープモードのオンオフが可能な商品も、いちいち電源を操作する手間が省けるので忙しいビジネスマンには魅力的です。

 

営業などの仕事で頻繁に持ち歩くという方は鞄に入れても重くならない軽量タイプのケースが良いでしょう。中にはカードや名刺が収納可能なポケットが付いている商品もあるので、ちょっとしたものをセットで持ち歩きたい場合にはそうしたタイプもおすすめです。

ポイント③:アウトドアには耐衝撃性を

ipad mini4のカメラは800万画素と非常に高性能なので屋外で写真を撮るのにも非常に便利です。そうしたアウトドアシーンでよく使用するという方は万が一外で落としてしまっても大丈夫なように耐衝撃性に優れたものを選ぶと良いでしょう。水場によく行く方には防水性が高いものがおすすめですが、取り扱いには十分注意しましょう。

 

登山などで持ったままずっと歩くという場合には手がふさがらないショルダータイプがおすすめです。本体が軽いので肩から下げていてもあまり負担にならず、両手をフリーにして持ち歩けるうえにすぐ使用できるので写真を撮りたい時に活躍します。

ポイント④:自宅でゆったり使うにはスタンドタイプ

自宅などでゲームや動画・映画をゆっくり楽しみたいという方にはカバー部分がそのままスタンドになるタイプがオススメです。見やすい角度で固定しておけるので、何か作業をしながら見るという時にも便利ですね。

 

特に三つ折りになっているタイプなど、高さを調整できるものは用途によって角度を変えられるので便利です。ゲームをするときは低い角度で操作しやすく、動画を見るときは高い角度にするとテレビのような感覚で使えるので、目的に応じて工夫しましょう。

ipad mini4 ケースのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるipad mini4 ケースの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。特徴とや口コミの内容と共にご紹介しますので、ぜひ商品選びのご参考にしてみてください。

3位:iPad mini 4 カバー&キーボード Bookey smart

iPad mini 4 カバー&キーボード Bookey smart

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄くて便利なキーボードタイプ

保護カバーがそのままキーボードとして扱えるタイプのケースです。背面を折りたたむことで立てかけて使えることもでき、キーボードとあわせてパソコンのように使うことが出来ます。キーボードは薄くて静音設計で使いやすく、角度の調節は出来ませんが、本体への取り付けは粘着テープで簡単にくっつくので、使いやすいケースです。ipad mini4へのタイピングを楽にしたいという方にはおすすめの商品です。

商品重量272g商品サイズ25.1x16.1x2.7cm

2位:Spigen iPad Mini 4 ケース タフ・アーマー

Spigen iPad Mini 4 ケース タフ・アーマー

価格:3,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアクッションで高い耐衝撃性

米軍の軍事規格を取得するほどの頑丈さが魅力の、耐衝撃性に優れた保護ケースです。ケース内部の四隅にはエアクッションとなる空間があるので落下した際の衝撃に強く、フレームが画面より高く設計されているので画面が下になっても液晶へのダメージを避けられます。背面にはスタンド用の支柱も付属しているので立てかけても使える機能性の高さも魅力で、メタリックな外見もipad miniの未来的なデザインにマッチしています。

商品重量181g商品サイズ1.5x0.8x1cm

1位:JEDirect iPadmini4ケースレザー三つ折スタンド

JEDirect iPadmini4ケースレザー三つ折スタンド

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて丈夫な多機能モデル

軽量と薄さを両立しながら丈夫な合皮レザーの保護ケースです。放熱されやすい独自のデザインで熱のこもりに強く、オートスリープ機能も搭載しているのでバッテリーも節約可能です。専用ケースなのでカメラ穴を始めとするデザインがケースを付けたままでも操作しやすいようになっていて、立てかけて使うスタンド状態にもなります。マグネットで自動で吸着するので本体がケースから外れにくく、安心な保護ケースになっています。
 
商品重量113g商品サイズ20.4x13.7x1.2cm

その他のおすすめipad mini4 ケース4選

ここからはランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめて紹介いたします。いずれも特徴ある商品ですので、是非とも商品選びの参考にしてみて下さい。

HAIKAU iPadmini4 ワイヤレスキーボード内蔵

HAIKAU iPadmini4 ワイヤレスキーボード内蔵

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボード内蔵のレザーケース

USBで充電して使えるキーボードを内蔵したタイプのレザーケースです。薄型のキーボードではなく、しっかりとした押し感のあるタイプなのでパソコンの操作に慣れている方におすすめと言えるでしょう。

 

4~5時間の充電で100時間の使用が可能なので毎日充電する必要もありません。立てかけて使えるスタンド機能もあるので、これさえあればどこでもタイピングが可能です。使わない時はベルトで固定して閉じておけるので、画面を保護する能力も高い保護ケースになっています。

商品重量286g商品サイズ20.6x14.5x2.6cm

IQ IPad mini 4ケース軟らかいシリコンゴム素材

IQ IPad mini 4ケース軟らかいシリコンゴム素材

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぴったりフィットのシリコンゴム製

柔らかなシリコンゴムを使った保護ケースで、その特性で本体への傷にも強いタイプになっています。ゴムなので装着しやすく、それでいて本体にピッタリとフィットする構造なので持ちやすいケースです。

 

セットしたままでも使いやすい背面カバー設計で、表面も液晶部分以外をしっかりカバーします。カラーリングが非常に豊富なので自分の好みに合わせたものを選べるという点が嬉しい商品になっています。

商品重量150g商品サイズ14x1.5x21cm

Palmo for All iPad mini

Palmo for All iPad mini

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手持ちに特化したデザイン

ipadを片手で持つ時にしっかりとホールドできるよう設計されたデザインのカバーです。片手で持つには少し大きいipadも背面のバンドに手を通して使うことで滑りにくく、操作していて落としてしまうことを防げるようになっています。

 

純性のカバーとも併用できるようデザインはされていますが、どちらかというと大きなカバーを付けたくないけれど本体を持ちやすくしたい、保護したいという方向けの商品と言えるでしょう。

商品重量63.5g商品サイズ20.4x14.2x2.1cm

ショルダースタイルレザーケース for iPad mini

ショルダースタイルレザーケース for iPad mini

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肩掛けできるレザーケース

外側はレザー素材、内側にはフェルトを使用した保護ケースで、最大の特徴は肩からかけて持ち運べるようになっている点です。ケースをつけたまま操作が可能なので、鞄に入れずに保護性と取り出しやすさを両立しています。

 

カバー部分はベルトで留められるので持ち歩きやすく、スタンドや収納ポケットと言った基本的な機能もしっかりとそなわっていて、肩掛けのベルトは取り外し可能なのでマルチに使える保護ケースです。

商品重量209g商品サイズ23.5x14.5x2cm

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はipad mini4のケースについて紹介しました。ここで紹介した商品はいずれも特徴ある商品でおすすめなので、商品選びの際には参考にしてみて下さい。高性能で便利なipad mini4ですが、ケースをつけずに使っていて落としてしまうと高額な修理代がかかってしまったり、データ破損の原因にもなっていしまいます。選び方で紹介したポイントを参考に自分の使い方に合ったケースを見つけて使ってみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ