記事ID135612のサムネイル画像

手も釜も傷めない!米とぎボウルのおすすめ人気ランキング7選

冷たい水でお米を研ぐのは面倒で大変で嫌いという方いますよね。手が荒れてしまう上に釜も傷ついてしまいます。米とぎボウルを使えば、そのような心配はありません!それでは、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気米とぎボウルをご紹介致します!

米とぎボウルのおすすめ人気ランキングベスト3

数多く発売されている米研ぎボウルの中から、特に自信を持ってお勧めしたい商品を3つ厳選しました。主食である米を研ぐ為のボウルは毎日使う物だからこそ、使いやすさに重点を置いて選びました。それぞれの商品の便利な機能や特徴も紹介していますので、これから米研ぎボウルのご購入を検討されている方は、是非参考にして下さい。

3位:ミラくるザル・ボウル 米とぎセット

ミラくるザル・ボウル 米とぎセット

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水切りの度にザルがクルッ!水切りは片手で大丈夫

研ぎ汁を捨てる時は、ザルをセットしたままの状態でボールを傾け、ザルは水平を保ったまま、ボール内の水だけを捨てる事ができます。

 

研ぎ汁を捨てる度にザルを外す必要がありませんこれは本当に便利な機能ですね。 米研ぎスティックも付属しているので、冷たい水に手を入れる必要もありません。日本製と言うのも安心して使える嬉しいポイントです。

メーカーejapanサイズザル
ボウル(280×265×131mm)材質ポリプロピレン、ポリエチレン
原産国日本

2位:米とぎボウルザル米花

米とぎボウルザル米花

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

花形デザインがかわいくて、食卓でも活躍します

花形にデザインされたボウルは、サラダボウルのように食卓でも使用できます。ボウルの縁を大きく作っているため持ち運びが容易で、うっかり手を滑らせて落としてしまうことも防いでくれます。

 

ザルの部分は目が細かくできているので、隙間から食材が流れ出てしまう事もありません。 長さ170mmの米研ぎスティックが付属しているので、冷たい水の中に手を入ずに米を研げます。

メーカーComolife約185×150×83(高さ)mm
重量約218g約1000ml(満水時)
材質ポリプロピレン(耐熱温度120度)製造国日本

1位:パール金属ララシャインステンレス製米とぎボール

パール金属ララシャインステンレス製米とぎボール

価格:1,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底面滑り止めラバー仕立てで安定感抜群!

ステンレス製ですが、底を滑り止めラバーで仕上げていますので、抜群の安定感があります。米を研いでいる最中にボウルが滑ってしまうと言う事がありません。

 

内側にメモリが付いており、細やかな配慮で使い勝手がいいですね。 丈夫なので長く使えると言うのも嬉しいポイントです。ステンレス製ですので氷水で食材を冷やしたい時にも効率的です。

メーカーパール金属サイズ(約)外径265×高さ135mm
材質本体/ステンレス鋼原産国インド

その他のおすすめ米とぎボウル4選

ランキングベスト3ではご紹介する事ができなかった商品を、4つおすすめします。こちらでご紹介する商品もそれぞれに特徴があります。多用途で使える商品から米研ぎに特化した商品までご説明させて頂きましたので、特徴を活かして台所仕事が少しでも楽になるように参考にして下さい。それぞれサイズが異なりますので、ご購入の際はご注意下さい。

Homeland 米洗いボール

Homeland 米洗いボール

価格:390円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格もリーズナブルな多機能ボウル

シンプルながら可愛らしいデザインですので、お野菜を洗った後、そのままサラダボウルとしても使える多機能ボウルです。非常にリーズナブルなお値段で提供されています。 水切りの良さを追求し、穴の数や大きさが計算されていますが、同時に食材をこぼさないように考えられています。

 

持ちて部分は手が滑らないように配慮がされているので使いやすいです。サイズは少々小さ目で3合炊き程ですので、一人暮らしの方におすすめの商品です。

メーカーHomeland

イノマタ化学米とぎボールメジャーライスボール

イノマタ化学米とぎボールメジャーライスボール

価格:750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5~7合分のお米が研げる大きめサイズ

内側には米研ぎに便利な出っ張りが付いています。水切り穴も大きめなので米が詰まる事もありません。さらにメモリが付いているので台所で重宝します。

 

深めに作られていますので研いでいる最中に勢い余って米をこぼすと言う事もありません。フックに引っ掛ける為の穴もありますので収納も楽です。サイズは大きめで5~7号分のお米を研げます。

メーカーイノマタサイズ幅252×奥行280×高さ130mm
重量160g素材ポリプロピレン
原産国日本耐熱温度120度

和平フレイズSUIフリッシュ米とぎボール

和平フレイズSUIフリッシュ米とぎボール

価格:1,348円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめサイズなのに底が狭い形状は米研ぎに便利です

底面が小さく作られているので米が広がらずまとまります。そのため米研ぎは楽になります。穴が小さな丸い形状ですので、ソウメン等の冷麺を冷やして水切りするのにも便利です。

 

大きめサイズの多用途ボウルですので、台所で充分に活躍してくれます。ステンレス製なので丈夫なのはもちろんですが、材質の特性上氷水で物を冷やすのにも向いています。

サイズ約φ250×120mm重量約355g
素材材質ステンレス鋼
原産国中国

銀しゃり名人 米とぎ器

銀しゃり名人 米とぎ器

価格:2,673円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水に手を入れずに米が研げる。米研ぎは揺するだけ!

米を入れたザルを水の入ったボウルに入れて、ザルを揺するだけで米が研げます。とても個性的な形状なのですが、この形状こそが揺するだけで米を研げる秘密です。

 

小さな対流が米同士を触れさせて汚れを落とします。 これで1~5号程度のお米を研げます。この花のような形状は、ソウメン等を入れて食卓に出してもいいですね

メーカーサンケイ重量399g
生産国日本

まとめ

いかがでしたでしょうか?米研ぎは毎日繰り返される作業だからこそ、効率よくしたいですよね。忙しい食事の支度を便利な米とぎボウルを使う事で、少しでも快適にしたいものです。御購入の際は日頃研ぐ米の量に合ったサイズをお選び下さい。米研ぎ以外の用途に使える商品もございます。これまで米研ぎボウルの特徴をご紹介してきましたが、参考にして頂ければ幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ