記事ID135595のサムネイル画像

【映画館のような迫力】50インチテレビのおすすめ人気ランキング7選

お家で映画や動画を見る方、ゲームをする方、もう少しサイズが大きかったらいいなぁと思ったことありませんか?価格が安かったり高かったりと種類がとても多いです。そんな50インチテレビの選び方やおすすめ人気ランキング7選を悩める皆さんにご紹介します!

よく聞く4Kってなに??

4Kテレビの4Kとは、テレビの画面を表示する際の画素数ことを指します。4KのKの文字は1000を意味し、私達の周りでは長さや重量を表するのに、とても身近な存在ですね。現在主に放送されている地上デジタル放送はハイビジョン(HD)で、およそ1440×1080画素です。対して、4Kテレビの画素数は3840×2160画素となっています。画素数は細かければ細かいほど美しい映像を表現できますから、その差は歴然ですね。

液晶テレビ?有機ELテレビ?何が違うの?

液晶テレビと、有機ELテレビの構造は大きく異なります。それぞれの違いをしっかりとチェックできるようにまとめておりますので、こちらをご覧ください。

 

液晶テレビ

 

常時点灯しますバックライトの光を液晶パネルがコントロールすることで、画面に映像を表示します。消費電力を抑えつつ、画面を明るく表現してくれるのが良いですね。しかし、常にバックライトを点灯しているため、暗い色や陰影を表現するのは苦手です。また、激しい動きに関して反応が鈍い面もありますので、ボヤけてしまったり、残像が出てしまうこともあります。

 

有機ELテレビ

LGエレクトロニクスが展開しています、有機ELパネルを搭載したテレビのことを指します。有機物を発光させて明るさと光をコントロールする技術が活用されており、色鮮やかな映像を4Kテレビよりも高く表示することができます。激しい動きにも対応可能なため重宝されていますが、やはり少々値が張ります。現状ですと、20万前後の価格が主流となっています。

50インチテレビの選び方ポイント2つ

50インチは一般的に、大型サイズに分類される目安になります。それぞれのメーカーの高い技術が感じれますので、予算に余裕がありましたら是非、こちらを選んでいただくことを、おすすめします。その際に、50インチのテレビを置くためのポイントについて、ご紹介しましょう。

ポイント①:設置場所を確認

50インチのテレビですと、大きくて131.9×83.7×17.0cm程のサイズになります。幅は広くて135cm奥行きは余裕がありましたら40cm程度あった方が良いですね。メーカーによってテレビ本体を支えるスタンドの種類が違いますので、お気に入り商品を見つけましたら一度、置く場所の寸法を計測しておきましょう。

 

そうすることで、後々サイズが合わない!と困ることもありません。どうしても設置場所を確保できない場合は、壁掛けにするという選択肢もあります。その場合ですと床から105cm程度の高さにすれば、インテリアとしてもテレビとしても、見栄えが良くなりますよ。

ポイント②:メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶとすれば、どの会社の物が良いでしょうか。それぞれのメーカーで作られている商品の特徴についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

ソニー

BRAVIA(ブラビア)というシリーズを展開しているソニーですが、その特徴は機能性にあります。Androidを搭載している機種も販売されており、ゲームやアプリをインストールして楽しむこともできます。ブラウン管時代から根強い人気があり、独自のX-realityを採用し、質の高い映像を楽しむことができます。最近では本体を薄くすることで、壁掛けテレビとしても注目されています。

パナソニック

こちらのメーカーで主流な商品が、VIERA(ビエラ)です。その特徴は、鮮やかな色を出すというところです。上下左右のどこから見ても、くっきりとした鮮やかな明るい色を感じることができます。IPSLED液晶パネルという、広い視野を想定したパネルが搭載されています。

シャープ

薄型テレビが普及する前から、率先して開発していたのがシャープです。壁掛けテレビとしても人気がありますね。シャープが展開しているAQUOS(アクオス)は、その経験から得た知識を豊富に注ぎ込まれています。色の表現が広く、リッチカラーテクノロジーという独自の技術を採用しています。臨場感のある映像を表示してくれるのを得意とし、鮮やかな原色や躍動感を感じされてくれます。

東芝

REGZA(レグザ)というシリーズを展開し、高画質な映像を生み出すレグザエンジンCEVOを採用しています。映像を美しく補正する技術が強く、速い動きの画質にもこだわっています。速い動きは何かと残像やブレを出してしまいますが、東芝の商品ですとそれらを感じることがありません。

50インチテレビのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、50インチテレビのおすすめ人気ランキングベスト3のご紹介です。口コミと合わせてご紹介しますので、ぜひご覧ください。

3位:東芝 REGZA50M510X

東芝 REGZA50M510X

価格:99,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速い動きにも対応

肌の質感を美しく表現し、機能も豊富に搭載されています。ハードディスク内蔵で、録画に困ることもありません。本体に艶めきがありますが、斜めから見ましても、光の反射や画像を薄く感ることもないのが良いですね!
 
同時に2つのチャンネルを録画可能ですので、ご家族で使用される際にもおすすめします。奥行きが17cmとあまり幅を取りませんので、設置する場所の選択肢が増えることも嬉しいですね。
 
サイズ131.9×83.7×17.0cm重量16.5Kg

2位:東芝 REGZA50Z810X

東芝 REGZA50Z810X

価格:324,749円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムシフト機能が嬉しい

タイムシフト機能が搭載されており、いつでも都合の良い時間に観ることができます。設定次第で一週間程度の番組を遡って観ることができますので、録画を忘れてしまい悲しむこともありません。テレビ自体にNetflixといったコンテンツも内蔵されておりますので、契約をすればインターネットに繋ぐだけで楽しむことができます。画質も美しく、ゲームをされる方にもおすすめの商品です。

サイズ128.8×76.7×18.9cm重量16.5kg

1位:シャープ AQUOS LC-50U45

シャープ AQUOS LC-50U45

価格:83,696円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面角度の調整可能

オンキヨー社と共同開発したスピーカーを採用しており、高音域から低音域までの臨場感に溢れた音質を感じることができます。回転式のスタンドを使用することで、左右に30度の角度調節が可能です。

 

リビングやダイニングでの使用する幅が広がりますね。子どもに大人気のYoutubeに簡単接続できる機能も搭載されており、気軽に動画を楽しむこともできます。Wi-Fiも内蔵されていますので、何かと邪魔になるケーブルで接続する必要もありません。

サイズ112.2×69.1×27.1cm重量18.5kg

その他のおすすめ50インチテレビ4選

それではランキングトップ3ではご紹介しきれなかった、中でもおすすめしたい商品を4つ、口コミと合わせてご紹介しましょう!

シャープ AQUOSLC-50W35

シャープ AQUOSLC-50W35

価格:84,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの薄さ

裏番組予約が可能で、長時間録画に対応したハードディスクを採用しています。番組をカデコリ別や人名などで簡単に検索することができ、録画したい番組探しに手間取ることがありません。Wi-Fiと無線LAN内蔵ですので、本体の薄さを活かして壁掛けテレビとして活用されるのも良いですね。
 
スマートフォンの画像や音楽、動画に至るまで幅広く楽しむことができます。テレビの使用状況をメールで配信するサービスもありますので、離れて暮らす家族にも安心です。
 
サイズ112.3x68.4x29.5cm重量20Kg

ハイセンス HJ50N3000

ハイセンス HJ50N3000

価格:57,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大迫力の重低音

中国製で、50インチテレビの中でもお安い価格設定となっています。その分斜めから見た際の画質が少々劣りますが、正面から見る分には色ムラの少ないとても美しい映像を表示してくれます。

 

初期設定はいまひとつという声もありましたので、気になるようでしたらお気に入りの設定を自分好みで探してみることをおすすめします。音質にもこだわっていますので、日本製に劣ることもありません。

サイズ112.9x71.9x25.6cm重量20Kg

三菱電機 LCD-50ML7H

三菱電機 LCD-50ML7H

価格:67,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しゃべるテレビ

番組読み上げ機能対応で、しゃべるテレビとしても注目されています。あくまで読み上げ機能で、音声入力には対応しておりませんのでご注意ください。

 

音ハッキリ機能が内蔵されており、小音量でも自動的に聴き取りやすい音域に調整してくれます。SDカードを読み込むこともできますので、デジカメで撮影した写真や動画をすぐに確認できるのが嬉しいですね。テレビ本体も20度の角度調節が可能ですので、幅広く活用できます。

サイズ117.6x73.4x35.3cm重量19.4Kg

東芝 REGZA 49C310X

東芝 REGZA 49C310X

価格:84,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しく快適に

独自の地デジビューティ搭載で、高画質に表示してくれます。番組を視聴しながら別の番組を録画することも可能ですので、どちらの番組を観ようか迷ってしまった時に嬉しいですね!みるコレという機能も内蔵されており、早送りなどをせず、見たい番組のワンシーンをすぐに視聴できます。機能や画質に優れていながらも、10万円以内に価格設定が抑えられているのも良いですね!

サイズ111.0x69.5x24.8cm重量19.4Kg

50インチテレビの売れ筋ランキングをチェック

参考までに50インチテレビの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一言にテレビと言っても、音質に特化したものから機能性に特化したものまで、様々な商品が展開されています。自分の使用したい用途に合わせて、お悩みでしたら思いきって店員さんにご相談してみるのも良いですね。その中で、あなたのお気に入りの商品が見つかりますことを、願っております。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ