記事ID135593のサムネイル画像

仕事の日も休みの日も!キックボードのおすすめ人気ランキング7選

自転車や電車で移動するような距離でもないけど歩いたら距離が少しある場所に職場がある人や休日は子供と一緒に散歩したいと思う人など色々な方がいらっしゃることでしょう。大丈夫です!海外では主流の通勤手段、キックボードのおすすめ人気ランキングをご紹介します!

キックボードって法律上ではどんな扱いになる?

約10年前ほどから一時流行され、多くの方が移動手段に使用されたのではないでしょうか。または、レジャーの際に遊びとして使っていましたよね。実際に私も遊びで使っておりました。そこで、キックボード(もしくはキックスケーター)は法律上ではどんな扱いをするのか知っていきましょう。キックボードは、法律上で道路交通法に定められております。そこで、さらに細かく説明させていただきます。

 

  1. 道交法上では自転車など軽車両の分類に該当するわけではありません。また、人や動物の力で牽引しないので、自転車以外の「軽車両」でもない。
  2. 道交法上では、ローラー・スケートと同じ扱いになると考える。
  3.  ローラー・スケートと同じであれば、道交法76条4項3号の「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。」が適用される。
  4. 道交法76条4項3号に違反すると5万円以下の罰金に処せられる。
 

このように、法律で定められています。なので現状、交通量が多く自動車がひんぴんに行き交う道路においてキックボードを乗ってはいけないということになります。

キックボードで通勤は大丈夫?

上記でも説明したように、道交法76条4項3号に従っていただければ問題ありません。しかし、「通勤にキックボードで?」「少し恥ずかしいな」と思われる方もいらっしゃいますよね。そんなことありません!!現代のキックボードはデザインもおしゃれ機能性も抜群です。海外では、年齢問わず多くの方がキックボードを移動手段として利用されております。

 


しかし、勤務先でキックボードでの通勤を了承してくれるかが問題ですね。しっかりと勤務先に通勤しても良いか聞くことにしましょう。もし通勤が可能であれば、徒歩に掛かる距離もキックボードなら倍以上に時間を短縮できることができます。しかし、自転車に比べタイヤが小さく漕ぐのに労力が必要です。時間にすると自転車よりキックボードは1.5倍かかるといわれております。

 

ですので、どのぐらいの距離を移動したいのかを計算しましょう。キックボードだけで移動できそうな距離か、キックボードと公共交通機関を使う移動なのかを考えましょう。

キックボードの選び方ポイント3つ

キックボードはまだまだ子供の遊び道具と思われがちですよね。現代では、大人用のキックボードもありますし、子供から大人まで対応しているものまで種類は豊富にあります。種類が豊富で何をどのように選んだらいいかわからないですよね。

そこで、キックボードの選び方のポイント3つを紹介します。1つめのポイントは持ち運びやすさ。2つ目は安全性。3つ目はタイヤの種類と3つのポイントがありますので詳しく説明させていただきます。ぜひご参考ください。

ポイント①:持ち運びやすさを重視

キックボードの良さは、何と言ってもその手軽さ持ち運びやすさですね。ですが、大きさやデザインや種類も豊富で2.5㎏〜8㎏くらいなものまで幅広いです。目安として、3kg前後であれば力のない女性でも手軽に持ち運びできる重さになります。

持ち運びやすさを重視すると、なるべく軽いものを選び、折りたたみできるかがポイントです。しかし、折りたたみではないタイプのキックボードもありますので購入する際は注意してください。

物によっては、肩がけストラップが付いているものもあれば専用のバッグを別売りしている商品もありますのでさらに持ち運びには抜群ですね。

ポイント②:安全性を確認

選ぶポイントの2つめとして安全性です。何と言っても安全性はしっかりと確認しましょう。そこで、キックボードの安全性について説明させていただきます。安全性を確認するにはブレーキの有無ですね。ブレーキが搭載されていないキックボーもありますので注意しましょう。次に、ブレーキがどのように搭載されているかです。大きく分けて3つに分けられます。

 

  • 前輪だけに搭載されていて自転車のようなハンドブレーキタイプ
  • 後輪だけに搭載されていいて後輪を踏むようにかけるフェンダータイプ
  • 前後輪両方に搭載されているタイプ

 

ハンドブレーキタイプはスピードが出ている状態でブレーキをかけると転倒してしまう恐れがあります。なので、後輪だけに搭載されているフェンダータイプかさらに安全性が高まる、前後輪搭載されているタイプを選んだ方が安全ですね。選ぶポイントでブレーキの有無など安全性はとても重要になりますので、しっかりと確認した上で自分にあったキックボードを選びましょう。

また耐荷重がどのくらいあるかは必ず確認しましょう。子供用キックボードは約80kgくらいまで対応しているものがありますが、大人用であればほとんどが100kg前後の耐荷重になります。ぱっと目は同じでも耐荷重が違う場合があるので注意して確認しましょう。なので100㎏のもであれば、子どもから大人まで使用できるのでおすすめします。

ポイント③:タイヤの種類で選ぶ

3つ目のポイントはタイヤの種類で選ぶになります。タイヤの選び方によって走り具合も走行中の安定性も変わってきますので、タイヤについても知っていきましょう。まずは、タイヤの大きさです。タイヤの大きさは大きければ大きいほど安定性が高まります。

 

しかし、タイヤが大きくなればなるほど重量が重くなります。大きいもので14インチのものありして、大人用のキックボードの主流は5インチ6インチになっておりとても人気があります。このおようにタイヤには大きさや硬さにも種類があるのですが、次に紹介するのはタイヤの硬さです!

硬いタイヤ

ひと蹴りで大きく進むので楽に走ることができます。しかし、段差や衝撃には弱く音や振動が気になるという方もいます。

エアタイヤ

衝撃や段差に強く安心して走ることができます。しかし、力が吸収される分、硬いタイヤに比べるとひと蹴りで進む幅が小さくなるデメリットがあります。

キックボードのおすすめ人気ランキングベスト3

おすすめ人気ランキングベスト3をご紹介します。キックボードの選びからポイントを踏まえて自分に合ったものと出会えるといいですね。ぜひ参考にしてみてください。

3位:マイクロスクータージャパン マイクロ・スプライト・スタンダード

マイクロスクータージャパン マイクロ・スプライト・スタンダード

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインがかわいい

初めてのキックボードの方にもってこいのモデルになっております。対象年齢は7歳から大人までと幅広いため長く乗ることができます。スムーズな走行でき、クールなデザインでおしゃれですね。カラーもピンクとブルーの2色あるので好みのカラーを選ぶことができます。また、2年間のメーカー保証もありますので安心できますね。

適応年齢7才~耐荷重100kg
ホイール前輪120mm,後輪100mm,重量2.7キロ
デッキ長さ 34.5cmデック幅 10cm
本体素材アルミニウム,スタンド付き、ハンドル調整可能、折りたたみ可能、2年間のメーカー保証付き

2位:ジェイディ ジャパン JDRAZORMS-205R

ジェイディ ジャパン JDRAZORMS-205R

価格:8,420円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シックにダーティに!!

デザインがシンプルで大人の方でもオシャレに乗れますよね。また、ブレーキが前後輪に搭載されているので安全性も高いです。前輪LEDは走行時にキラキラと光りとてもきれいに輝きます。折りたたみも可能でコンパクトに収納できるし持ち運びにも抜群別売りではありますが、専用バックもありますのでさらに持ち運びやすいです。

適応年齢6才~耐荷重90kg
ホイール前輪5インチLED、後輪4インチ本体サイズ約L660xW340xH860mm(組立時)
約L670xW110xH215mm(折畳時)重量約2.8kg

1位:ジェイディ ジャパン JDRAZORMS-105R

ジェイディ ジャパン JDRAZORMS-105R

価格:5,830円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプル IS THE ベスト

なんといってもリーズナブルな価格です。シンプルなデザインで年齢問わず人気の商品でございます。前輪が5インチと大きく安定した走行が可能になっております。

 

また、折りたたみ式になっていますのでコンパクトで収納にも困らないし持ち運びにも抜群別売りでショルダーストラップや専用バッグもありますのでチェックしてみてください

適応年齢6才~耐荷重90㎏まで
ホイールサイズ前輪5インチ、後輪4インチ本体サイズ約L660xW340xH860mm(組立時)
約L635xW100xH210mm(折畳時)重量約2.8kg
主な製造国中国

その他のおすすめキックボード4選

おすすめ人気ランキングベスト3を紹介させていただきましたが、他にもデザイン性や機能性に優れたキックボードも多くあります。その他にもおすすめの商品を4選させていただきます。

Buggycross バギークロスヴォルケーノ

Buggycross バギークロスヴォルケーノ

価格:18,368円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

進化系バギータイプ

世界的に有名な自転車タイヤメーカーKENDA社製で、2016年新型モデルでオンロードタイヤ標準装備。子供から大人まで楽しめる新感覚キックスクーターバギークロス自転車のようにハンドブレーキでなお前後のブレーキがかかるため安全性も高い。エアタイヤのため街中から大自然の中まで安定した走行が可能になっております。

適応年齢6才~耐荷重100kg
本体重量8kg全長120cm
部品仕様フレーム/スチール、ブレーキ/アルミ、リム/アルミタイヤ12インチ

SUNPIE キックボードキックスクーター

SUNPIE キックボードキックスクーター

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前輪後輪にブレーキ搭載

車輪が大きいため少々の段差にも負けず、砂利道でも走行可能です。ハンドブレーキとフェンダータイプのブレーキのため安全性も高いサスペンションが前後に入っていて乗り心地も抜群。折りたたみも可能のため収納にも困らず、スリングベルト付きの為持ち運びやすい。さらに折りたたみも簡単でサッとコンパクトにできます。

子供(身長120cmくらい)~大人まで本体サイズ(CM)約(長さ)94×(幅)14×(高さ)77/94/102
   (折り畳み時)高さ約32cm×長さ約86cm×幅約14cm重量5.6kg
耐荷重100kgホイール直径20CM

Sunpie 電動キックボードキックスクーター

Sunpie 電動キックボードキックスクーター

価格:35,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペック電動キックスクーター

最高時速24キロ電動キックスクーターです。LCD液晶モニタが搭載されておりバッテリー残量、速度、走行時間を表示され分りやすい。LEDライトにバックライト機能があり暗がりでも安心して使用できます。ハンドル操作も簡単で楽しく走行できます。電子ブレーキシステムが搭載され、なおフットブレーキもあり安心ですね。

適用身長130cm〜195cm本体サイズ(CM)約(長さ)72×(幅)14×(高さ)120cm
(折り畳み時)高さ約22cm×長さ約120cm×幅約23cm耐荷重120kg
重量8.5㎏ホイール5.5インチ
3段変速ギア1速(時速7-10km)/2速(時速14〜19km)/3速(時速19〜24km)走行距離約25-35Km※道路状況にも変動有り
1年

グラフィス 折りたたみキックボード

グラフィス 折りたたみキックボード

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能でカラーもおしゃれに

ホイールが大きいためちょっとした段差やでこぼこした道でも問題なく走行可能です。コンパクトに折りたためるので収納に場所を取らず問題ありません。また、ストラップ付きなので持ち運びにも抜群です。 ブラックオレンジとカラーのためお大人の方でもおしゃれに走行できます別色もありますのでぜひチェックしてみてください。

適応年齢10才~本体サイズ(mm)約H910/960/1010(3段階調整)×W910×L340
タイヤサイズ(mm)約205体重制限75kg以下
重量約4.3kg

キックボードの売れ筋ランキングをチェック

参考までにキックボードの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回、キックキックボードについて詳しく説明させていただきました。

 

法律上の面通勤に対して選び方のポイントからおすすめ商品の紹介を参考にしてみてください。おすすめ商品を紹介させていただきましたが他にもおしゃれで機能に優れたキックボードはありますので是非チェックを。

 

そして、ご自分にあったキックボードに出逢えると良いですね。キックボードでの楽しく快適な生活送れますように。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ