記事ID135570のサムネイル画像

あなたに合うものが見つかる!PCケースのおすすめ人気ランキング7選

パソコン内部のパーツを埃や湿気などから守ってくれるPCケース。大きさや形などたくさんあってどれを選べば良いかわからないという方いませんか?そんな悩める皆さんのためにぴったりのものがきっと見つかる、おすすめ人気PCケースをご紹介致します!

pcケースとは

パソコン内部のパーツを誇りや湿気などから守ってくれるのがPCケースです。大きさや形が、ミドルタワーやフルタワー等があります。それとLEDで光らしていたり、冷却用ファンを7個つけれたりするケース等があります。選び方のポイントを4つ紹介します。その中で、おすすめの人気PCケースをご紹介します。

pcケースの選び方ポイント4つ

数多くあるpcケースの中から、ご自分に合ったpcケースを選ぶために、確認したいポイントを4つにまとめました。この4つを確認した上で、自分にぴったりなpcケースを探してみてください。

ポイント①:サイズを確認

PCケースのサイズ別に特徴を紹介します。

スリム型(デスクトップ型)

セカンドPCにおすすめ!価格が安くて、机の上に置いても邪魔にならない省スペースな所が優れています。ですが、それによって内部スペースが、狭い為拡張するスペースは限られていますので、排熱性能及びメンテナンス性が低いでしょう。

ミニタワー型

拡張しない初心者向け!価格が安くて机の下に置いても邪魔になりにくいサイズで、スリム型に比べて内部スペースが広いので排熱性能は高いところが優れています。それと、数が多いのでデザイン性が高いケースもあります。それからミドルタワー型に比べて内部スペースが狭いので、拡張性がやや低くメンテナンスも少ししにくいかもしれません。

ミドルタワー型

拡張性、メンテナンス性が高いので万人におすすめ!内部スペースがミニタワー型より広いので、拡張性が高くて排熱性能が高くて、メンテナンス性もしやすいところが優れています。ですが、ミニタワー型より価格が少し高く、サイズも大きい為設置場所も取るという難点があるでしょう。

フルタワー型

拡張性、メンテナンス性が高いので動画編集等の専門的な使い方におすすめ!内部スペースがとても広いので、拡張性がとても高く排熱性能が高く、メンテナンスもしやすいところが優れています。それからミドルタワー型と比べてサイズが大くて、価格が高く設置場所をかなり取るという難点があるでしょう。

ポイント②:拡張性を確認

各種カードを追加して、パソコン自体の機能を追加できます。

ビデオカード(グラフィックボード)

最新の3Dゲームや3DCADは、画面に描写するのにCPUの処理能力をかなり使ってしまいます。その為、ストレスなく動作するのには、ビデオカード(グラフィックボード)を搭載したら改善します。それと、ビデオカード(グラフィックボード)には、ハードウェアで動画をエンコード・デコードする専用機能がついているで、動画の編集も快適に作業できます。

それから、ビデオカード(グラフィックボード)は、処理性能によってカードサイズが違ってきますので、PCケースに搭載できるサイズをご確認下さい。それとマザーボードの接続スロットは、PCI、AGP、PCI-Express等に取り付けられます。

キャプチャーボード

接続することによって、ゲーム機(例 : Switch、PS4)のゲーム画面をPCに映すことができます。
さらに、ゲーム音や自分の声も入力できますので、ゲーム画面を録画したり、ライブ配信することができるでしょう。それから、マザーボードの接続スロットは、PCI、PCI-Express等に取り付けることができます。

サウンドカード

音楽、ゲームの音質が向上します。それとマザーボードの接続スロットはPCI、PCI-Express等に取り付けることができます。そして、数あるマザーボードの規格の中で一般的によく使われている代表的な規格を3つ紹介します。

ATX

サイズの規格は、305mm×244mmであり、拡張スロットが最大7つあって拡張性は一番高いですが、その分スペースは取ってしまいます。それから一番需要が多いため、種類が多くミドルタワー型、フルタワー型のPCケースに搭載すると拡張スロットを活用することができるでしょう。

MicroATX

サイズの規格は、244mm×244mmで、ATXより少し小さいですので拡張スロットが最大4つになっています。それから、搭載するならミニタワー型やミドルタワー型のPCケースにしたもその拡張スロットも無駄なく活用できるでしょう。

Mini-ITX

サイズの規格は、170mm×170mmで3つの中で最小であり、MicroATXより小さいくて、拡張スロットが最大1つあります。それからスリム型に、搭載すれば、省スペースなので置き場所に困らないパソコンを組み上げれるでしょう。

Arduino UNO Rev3

入門用IoT機器の定番として扱われるワンボードマイコンの一種です。そして各種のセンサーにデータを入力出来たり、LED液晶などの出力装置にデータを出力できるでしょう。

ポイント③:ベイを確認

ベイにはケース前面から操作できる外部ベイと、ケース内にありケース表面に露出する部分がなくケースを開けないと触ることが出来ない内部ベイ(シャドウベイ)の二つあります。それから、搭載できるドライブのサイズによって三つに分けることができるでしょう。

5.25インチドライブベイ

主にDVDやBlu-rayなどの光学ドライブや交換式HDDケースを設置に使用するので、PCケースの前面にあって5.25インチサイズのドライブを搭載できるベイ(場所)であります。それと別売のマウントキットを使ったら、内臓HDDや3.5インチFDDも設置する事ができるでしょう。

3.5インチドライブベイ

3.5インチFDD、マルチカードリーダー等と内臓HDDを設置するので、一部のスリム型以外のPCケースには、外部ベイと内部ベイが混在しています。そして別売のマウントキットを使ったら、2.5インチサイズのSSDも設置する事ができるでしょう。

2.5インチドライブベイ

2.5インチサイズのHDDやSSDを設置するので、内部ベイしかないです。

ポイント④:機能を確認

PCケースのその他の機能の紹介します。

静音性

パソコンで、ネットを見たりゲームをしたり動画を楽しむときに、気になるのがパソコン本体の騒音ですが、その原因はケース内部を冷却するためのファンの風切音やファンが起こす風によってケース内部のケーブルやケースカバーが揺れてしまう振動音があます。そして、ケースによっては吸音材としてゴム素材等が張られているケースがあったり、ファンの回転数を制御するファンコントローラーがついてるケースもあります。

冷却機能

CPUやビデオカードは、高性能になればなる程に発熱量が大きくなってしまいますが、内蔵するチップなどの電子部品は高温にたいして余り強くなく高温状態が続けば壊れてしまいます。それから、CPUやビデオカードにはファンはついていますが、外気を取り入れて熱を放出するにはケース内のエアフロー(空気の流れ)がないと熱がこもっていくだけになってしまうでしょう。
 
PCケースによってはファンが6基取り付けることができたり、ケーブルの配線ルートが、空気の流れの邪魔にならないように固定出来たりします。また、ファンの回転数を制御するファンコントローラーがついてるケースもあります。

pcケースのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるpcケースの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:SAMA左側面がフルアクリルパネル(透明)のATXマザー対応ミドルタワーPCケース

SAMA左側面がフルアクリルパネル(透明)のATXマザー対応ミドルタワーPCケース

価格:3,918円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアフローが良くアクリルサイドパネルで目を引く!

裏配線可能なので、内部がすっきり出来ます。ただ、CPU用の電源が届かなくなる可能性があるので、4ピン12Vの延長ケーブルを準備しておくと安心です。この大きさで厚みにしては、軽いほうでしょう。そして冷却ファンはケース背面に12cmファンx1を標準搭載、ケース全体で6基(フロントx2、トップx1、ボトムx2、リア(装着済み)x1)まで12cmファンを搭載可能で、かなり冷却性能は高いです。 

ケースタイプミドルタワー型商品の寸法(cm)幅20.6×高さ47.0×奥行45.0
重量(Kg)4.2対応M/B規格ATX/MicroATX/Mini-ITX
ドライブベイ5.25×2、内部3.5×2、内部2.5×2電源ATX規格、最大25.0cm奥行の製品に対応
搭載可能VGA長さ(cm)最大38.0搭載可能CPUファン高さ(cm)最大16.0
PCIスロット7I/OUSB3.0×1/USB2.0×2/Audioin/out×1
備考フルサイズのアクリルサイドパネルを搭載

2位:Thermaltake ミドルタワー型PCケース

Thermaltake ミドルタワー型PCケース

価格:4,339円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メンテナンス性が高くアクリルサイドパネルでカッコイイ!

最大6基のケースファンの取り付けに対応しています。なので、エアーフローが良いです。そしてケース上部のメッシュはマグネットで張り付いているので、取り外す事が容易で掃除し易いでしょう。それから、裏配線のスペースがあります。そしてアクリルサイドパネルなので外から見えるファンを、LED付ファンに変えるだけでも華やかになるでしょう。

ケースタイプミドルタワー型商品の寸法(cm)幅29.0×高さ54.5×奥行52.0
重量(Kg)7.14対応M/B規格ATX/MicroATX/Mini-ITX
ドライブベイ5.25×2、内部3.5/2.5×2、内部2.5×3電源ATX規格、最大22.0cm奥行の製品に対応
搭載可能VGA長さ(cm)最大31.0搭載可能CPUファン高さ(cm)最大16.0
PCIスロット7I/OUSB3.0×2/USB2.0×2/Audioin/out×1
備考フルサイズのアクリルサイドパネルを搭載

1位:ArduinoUNOR3透明アクリルエンクロージャーケース薄型コンパクト

ArduinoUNOR3透明アクリルエンクロージャーケース薄型コンパクト

価格:398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Arduino UNO R3専用透明アクリルケース

Arduinoは基盤がむき出しなのでショートを保護出来るケースです。Arduinoの小ささを損ねることのない、必要十分なサイズのケースです。組み立ての際はArduino本体をネジ止めする前に、コネクター側のアクリル板をはめておかないと後からはめられないのでご注意ください。それ以外は特に問題なく組み立てられます。組立作業にはピンセット、プラスの精密ドライバ、カッター、カッターマットがあると良いです。

商品の寸法(cm)幅7.95×高さ2.1×奥行6.45重量(g)45
対応M/B規格ArduinoUNOR3専用備考透明アクリル

その他のおすすめpcケース4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

CoolerMaster縦置き・横置き両対応スリム型ATXPCケース

CoolerMaster縦置き・横置き両対応スリム型ATXPCケース

価格:7,679円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦置き横置き両対応の小型PCケース

フロント電源仕様で高さを抑えつつ広い内部スペースを、確保した小型PCケースです。ですが、作業スペースを確保しずらいので拡張ボードを差し替えたりケーブルを差し込むのが少しやりづらいです。そして大型ビデオカードを取り付けるときは、最上段の内部3.5ベイを取り外すのとサイドパネルにファン搭載できないです。それからゲーミングPCとしても十分に使えます。それにエアフローは理にかなっていて、増設なしでも良いでしょう。

ケースタイプスリム型商品の寸法(cm)幅15×高さ36.8×奥行46.4
重量(Kg)6.0対応M/B規格ATX/MicroATX
5.25×1、3.5×1、内部3.5×4電源ATX規格、最大25.0cm奥行の製品に対応
搭載可能VGA長さ(cm)最大31.2搭載可能CPUファン高さ(cm)最大12.2
PCIスロット7I/OUSB3.0×1/USB2.0×2/Audioin/out×1
備考フロント電源仕様

CorsairCarbite100RSilentATX対応ミドルタワーPCケース

CorsairCarbite100RSilentATX対応ミドルタワーPCケース

価格:5,863円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性と冷却性を兼ね備えたミドルタワー型PCケース

静音対策として、ケース内部のノイズを吸収する吸音材の採用しています。そして拡張カードスペースが41.4cmあり大型のビデオカードを搭載でき、裏配線もできてゲーミングPCとし構成する事ができます。それと重量もこのサイズでは軽いでしょう。そして電源ユニットは、下側につけます。それとHDDが横から挿すタイプなので、SATAケーブル端子はL字型を使うとケースカバーと接触しないでしょう。

ケースタイプミドルタワー型商品の寸法(cm)幅20.0×高さ43.0×奥行47.1
重量(Kg)7.7対応M/B規格ATX/MicroATX/Mini-ITX
ドライブベイ5.25×2、内部2.5/3.5×4電源ATX規格、最大23.0cm奥行の製品に対応
搭載可能VGA長さ(cm)最大41.4搭載可能CPUファン高さ(cm)最大15.0対応
USB3.0×2/Audioin/out×1備考ケースボトムに取り外し可能なダストフィルタ搭載,裏配線に便利なケーブルホール,最大3基のファン制御に、対応したマルチファンコントローラ

FractalDesignDefineR5WhitePCケース

FractalDesignDefineR5WhitePCケース

価格:11,858円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性、冷却性に優れていてゲーミングPC等に向いています

最大8台のHDDとハイエンドビデオカードを搭載できます。なので動画編集やゲーミングPCにも向いています。それから内部スペースが広いし裏配線もできて、水冷クーラーシステムやファンを増やす事もできます。そして防音性に優れた高密度吸音素材をケース全体に付いているので静音性に、優れています。それと正面カバーが、中の部品の切り替える事で、左右どちらにも開くようにできるでしょう。

ケースタイプミドルタワー型商品の寸法(cm)幅23.2×高さ45.1×奥行52.1
重量(Kg)11.2対応M/B規格ATX/MicroATX/Mini-ITX
ドライブベイ5.25×2、内部3.5×8、2.5×2電源ATX規格、最大30.0cm奥行の製品に対応
搭載可能VGA長さ(cm)最大44.0搭載可能CPUファン高さ(cm)最大18.0対応
PCIスロット7USB3.0×2/USB2.0×2/Audioin/out×1
備考ケーブル管理が楽になるVelcroストラップ付属、優れた高密度吸音素材をケース全体に採用,最大3基のファン制御に、対応した3速ファンコントローラ

SharkoonATX/MicroATX対応ミドルタワーPCケース

SharkoonATX/MicroATX対応ミドルタワーPCケース

価格:4,838円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裏配線できて使いやすくてアクリルパネル付きPCケース

透明アクリル部分の大きさが絶妙です。それから5ベイ3.5ベイは、専用ピンで止めるだけで設置でき裏配線できます。ただケーブルの収納部が狭いので電源ユニットは、プラグイン式を使ったほうが配線がしやすいでしょう。それから冷却性は、フロントファンのみだと熱がこもるのでリアファンを自前で追加した方がいいです。

ケースタイプミドルタワー型商品の寸法(cm)幅20.0×高さ43.0×奥行44.5
重量(Kg)3.5対応M/B規格ATX/Micro-ATX
ドライブベイ5.25×3、内部3.5×3、2.5×4電源ATX規格、最大26.0cm奥行の製品に対応
搭載可能VGA長さ(cm)最大38.5搭載可能CPUファン高さ(cm)最大16.0対応
PCIスロット6I/OUSB3.0×2/USB2.0×2/Audioin/out×1
備考アクリルウィンドウサイドパネル,PCBeep用の圧電スピーカ付属

pcケースの売れ筋ランキングをチェック

参考までにpcケースの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?色々な特徴を持ったPCケースは、非常に多くあります。サイズ拡張性ベイ機能についてポイントを参考にして、ぜひ自分の使い方にあったPCケースのを探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ