記事ID135562のサムネイル画像

衝撃から守る!ビデオカメラケースのおすすめ人気ランキング7選

精密機械のビデオカメラをそのまま持ち歩くと、落として壊れてしまう可能性がありますよね。ビデオカメラケースでビデオカメラを衝撃から守ったり、取り出しやすくすることができます!それでは、悩める皆さんのためにおすすめ人気ビデオカメラケースをご紹介致します!

ビデオカメラケースとは

ビデオカメラケースとは、文字通り「ビデオカメラを持ち運ぶためのケース」です。ビデオカメラは精密機械にとって大敵な衝撃・揺れ・埃は大敵から大切なビデオカメラを保護する役割を果たします。

収容能力、形状、デザインなど様々な違いがあります。目的や好みで使い分けることをお薦めします。

ビデオカメラケースのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるビデオカメラケースの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:HAKUBAムービーケースビデオカメラ用プラスシェル

HAKUBAムービーケースビデオカメラ用プラスシェル

価格:1,236円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とっさの時に慌てなくて済む!ビデオカメラを取り出しやすいビデオケース

運動会で我が子の活躍を撮影しようとしても、多くの子供が一度に登場すると自分の子供を一瞬見失った経験を持つ方もいるでしょう。

 

この「HAKUBAムービーケースビデオカメラ用プラスシェル」はビデオカメラを素早く取り出し易いように、リングに指を掛けるだけで開閉出来る構造です。

 

開口部が大きく開き、ショルダーベルトを使えば、肩から下げた状態ですぐに取り出して撮影出来ます。

 

また内部は仕切り付きで、小物を整理し易くなっています。

内寸法W165×H80×D80mm外寸法W180×H95×D95mm
重量約120g本体色4色
材質ポリエステル

2位:エレコムビデオカメラケースショルダーベルト付

エレコムビデオカメラケースショルダーベルト付

価格:1,147円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

適度な収容サイズで身軽に動けるビデオカメラケース

ビデオカメラには付属品がいくつも必要ですよね? しかし、色々収容しようとして大きすぎる鞄を買ってしまい、重さや大きさで動きが取りにくい経験をした方も少なくありません。


特に一瞬の動きを撮影するには「身軽さ」が大事です。この「エレコムビデオカメラケースショルダーベルト付」は本体とケーブル類、予備電池を入れて丁度いい大きさです。  


SDカードを入れる事もでき、素材もしっかりしています。また内部の仕切で小物が整理し易くなっています。

 
収容寸法幅175×奥行85×高さ90mm商品重量 99.8g
本体色5色材質
裏地ポリエステル

1位:HAKUBAムービーポーチプラスシェルスリムフィット

HAKUBAムービーポーチプラスシェルスリムフィット

価格:819円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要最低限の荷物を持ち運びたい方に丁度いいビデオカメラケース

運動会など予め日程決まっているイベントでは、前日からビデオカメラをフル充電しておく方も多いですよね?

 

フル充電しておけば、撮影時間があまり長くなければビデオカメラ本体とメモリカードといった必要最低限の荷物だけで間に合います。

 

この「HAKUBAムービーポーチプラスシェルスリムフィット」は重量が90gと軽く、内部はカメラ本体のみを入れて使うには丁度いい大きさです。中仕切りがあり内部も整理し易くなっています。しっかりした縫製、クッション性もあり安心して持ち運ぶことが出来ます。

内寸法W165×H80×D80mm外寸法W180×H90×D90mm
重量約95g材質ポリエステル
本体色3色

その他のおすすめビデオカメラケース4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。


これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

HAKUBAビデオカメラケースプラスシェル

HAKUBAビデオカメラケースプラスシェル

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可動式の中仕切りで中身をしっかりガードできるビデオカメラケース

ビデオカメラのような精密機械は衝撃や揺れに弱いもの。ビデオカメラを鞄に入れたまま動き回ったり、うっかり落とした経験のある方もいるでしょう。

 

この「HAKUBAビデオカメラケースプラスシェル」は内部の柔らかい生地と可動式の中仕切りで衝撃や揺れから守ってくれます。可動式なので、レンズ周りに仕切りを移動させるのもお薦めの使い方です。開閉がしやすいジッパーで出し入れがし易いしのも特徴です。 

内寸法W165×H80×D80mm外寸法W180×H95×D95mm
重量約120g本体色4色
材質ポリエステル

HAKUBAムービーポーチプラスシェルスリムフィット

HAKUBAムービーポーチプラスシェルスリムフィット

価格:759円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セカンドバッグとして重宝する、ポーチタイプのビデオカメラケース

ビデオ撮影で付属品を含めて一式を持ち歩く方もいるでしょう。しかし、1つの鞄に何もかも詰め込んでしまうと探している物がすぐに取り出せないことも考えられます。

 

この「HAKUBAムービーポーチプラスシェルスリムフィット」は小さめのサイズですが、レンズ・予備電池・メモリーカードなどの付属品を入れる「セカンドバッグ」として重宝します。


クッション性もあり、縫製もしっかりしています。またマジックテープ付きの仕切りで機能面が充実しています。

内寸法W130×H70×D70mm外寸法W145×H80×D80mm
重量約70g本体色3色
材質ポリエステル

JVCケンウッドEverioエブリオロゴ付ビデオカメラ用バッグ

JVCケンウッドEverioエブリオロゴ付ビデオカメラ用バッグ

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たすき掛けできるベルトでアクティブに撮影できるビデオカメラケース

ショルダーバッグを肩からかけていると、撮影などで動きが激しくなってきた場合、ずれ落ちてくることがありますよね?

 

この「JVCケンウッドEverioエブリオロゴ付ビデオカメラ用バッグ」のベルトは長さ調整が可能で135㎝まで伸ばすことができます。たすき掛けにしておけば、落下の危険を減らすことができます。


シンプルなデザインで持ち運びが便利です。 また外ポケットには予備バッテリーが3個入ります。チャックが2本あり左右両方から楽に開閉できます。

重量141gサイズ21.4x13.2x9.6cm
本体色

SANWASUPPLYビデオカメラケース

SANWASUPPLYビデオカメラケース

価格:1,010円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すっきりしたデザインにこだわりたい方におすすめの縦型収納のビデオカメラケース

見た目にコンパクトな縦型収納タイプのビデオカメラケースです。 縦型の鞄は横型と違い横幅がない分、腕から腰の周りにかけてのフィット感があります。

 

「縦型は収納が小さいのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、この「SANWASUPPLYビデオカメラケース」のサイドポケットには予備バッテリーが3つ入ります。 

 

クッション性もあり、  本体についているベルトで肩・首の両方から下げて使うことができます。蓋の開閉がし易く、取り出しも楽なのも特徴です。 

サイズ28.5x12.8x11.6cm;重量168g
本体色

ビデオカメラケースの売れ筋ランキングをチェック

参考までにビデオカメラケースの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事では、大切なビデオカメラを衝撃などから守るビデオカメラケースについてご紹介しました。撮影を滞りなくするには事前準備が欠かせません。

 

本体、予備電池、SDカード、コードなどの付属品などが必要ですが、それらをまとめて持ち運ぶか、分けて運ぶか悩むこともあります。しかしビデオカメラケースは様々なタイプが販売されていますので、好みに合った商品を探して下さい。

 

今回の記事を読んでビデオカメラケース選びの助けになれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ