記事ID135524のサムネイル画像

静かなのにしっかり乾く!洗濯乾燥機のおすすめ人気ランキング9選

洗濯乾燥機には、縦式・ドラム式といった違いや、各メーカーがプッシュしている機能など、選ぶ際の基準となるものが多数あります。今回は、縦式・ドラム式のメリットとデメリットや、各メーカーの機能などを説明した上で、口コミなどから選んだおすすめの洗濯乾燥機を紹介します。

洗濯乾燥機の選び方ポイント3つ

数多くある洗濯乾燥機の中から最適な洗濯乾燥機を選ぶためには、コスト・スペック・メーカーなど考慮すべきポイントがたくさんあります。実際のおすすめランキングに行く前に、上手な選び方の基準を確認しておきましょう。
 

ポイント①:縦型orドラム式

洗濯乾燥機には、大きく分けて二種類のタイプがあります。「縦型」と「ドラム式」です。各タイプの性質の違いを理解することは、機能やコスト面などを理想的にするためには避けて通れない道です。各タイプの違いやメリット・デメリットを確認しておきましょう。

縦型洗濯乾燥機

縦型洗濯乾燥機の代表的な強みは、泥汚れなどの固形の汚れへの洗浄力と、必要スペースの少なさです。

 

固形の汚れへの強さの理由は、洗浄の方法にあります。縦型タイプは、多くの水を使い洗濯物どうしをこすり合わせて洗うため、頑固な汚れを落とすことが出来るのです。しかし、こすり合わせて洗うことは、衣類の傷みやからみのリスクが高いので注意が必要です。

 

縦型洗濯乾燥機は、上から洗濯物を投入します。置き場所の必要面積が、ドラム式よりも少なくて済みます。つまり、集合住宅などにお住みの一人暮らしの方には適しているといえます。

 

 

ドラム式洗濯乾燥機

ドラム式洗濯乾燥機のメリットは、必要な水量が少なくて済む(水道代が抑えられる)ことや、皮脂汚れに強いことが挙げられます。縦型タイプよりも、洗い方が優しいため、傷やからみを抑えられることも大きなの一つです。また、乾燥機能に優れているため、乾燥まで手早く終わらせたい人には、ドラム式の方が適しているといえます。

 

ドラム式洗濯乾燥機のデメリットとしては、縦型タイプほど強力な洗浄力がない点や、サイズ・重量が大きいのでスペース面の工面が必要な点などが挙げられます。比較的広い住居に住んでいる家族世帯に適しているといえます。

 

 

ポイント②:メーカー

洗濯乾燥機の代表的なメーカーは、パナソニック・日立・東芝・シャープの4つです。各メーカーは、独自の技術や機能を武器に消費者のニーズに寄り添う製品を販売しています。ここでは、各メーカーの代表的な技術が使われている製品を、1つずつ紹介したいと思います。

パナソニックの洗濯乾燥機

パナソニック(Panasonic)

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 11kg

価格:245,963円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パナソニックの売りは、「温水泡洗浄W」「ヒートポンプ乾燥」です。「温水泡洗浄W」は、泡をふんだんに使うことで、優しくかつ効果的に汚れを落とすことを可能にした技術です。

 

「ヒートポンプ乾燥」は、低温+除湿で極限までふんわりした仕上がりを可能にした技術です。乾燥まで手っ取り早く終わらせたいけど、衣服を傷めたくないという方にはもってこいの技術ですね。

日立の洗濯乾燥機

日立(HITACHI)

日立 全自動洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 洗濯8kg/洗濯~乾燥4.5kg 本体幅57cm 日本製 大流量ナイアガラビート洗浄 洗濯槽自動おそうじ BW-DV80C W

価格:101,648円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立の洗濯機の代表的な技術として、「ナイアガラビート洗浄」があります。「ナイアガラビート洗浄」は、洗剤の種類が粉末洗剤か液体洗剤かを検知し、それぞれに合わせた洗い方を実現してくれます。

 

さらに、「ナイアガラビート洗浄」の名前にもある通り、「ビートウィングX(回転羽根)」と大流量の「ナイアガラシャワー」が、洗いムラを抑え、きわだつ白さに洗い上げてくれます。

 

また、「温水ナイアガラビート洗浄」は、黄ばみやニオイを徹底的に抑える技術で、白い衣服にはもってこいの機能です。

東芝の洗濯乾燥機

東芝

東芝 TW-127X7L(T) グレインブラウン ZABOON [ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯12.0kg/乾燥7.0kg) 左開き ウルトラファインバブルW搭載]

価格:172,799円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝の代表的な技術として、「ウルトラファインバブル洗浄W」があります。 目に見えないレベルの泡が、衣服の繊維に入り込み、細かな汚れまでしっかりと洗い流してくれます。すすぎにもウルトラファインバブルの技術を使用しており、柔軟剤の効果も最大限に高めてくれます。 

 

また、「アクティブSDDモーター+振動吸収クッション」 という技術は、衣類の片寄りによる振動を抑えて静かな稼働を実現したため、早朝や深夜の洗濯も気兼ねなくできます。

シャープの洗濯乾燥機

シャープ(SHARP)

シャープ ドラム式 洗濯乾燥機 ヒーターセンサー乾燥 左開き(ヒンジ左) 洗濯7kg/乾燥3.5kg ホワイト系 幅640mm 奥行600mm DDインバーター搭載 ES-S7D-WL

価格:149,800円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープの強みとして、「4つのセンサー」「プラズマクラスター」が挙げられます。

 

「4つのセンサー」とは、「温度」・「水位」・「振動」・「重量」に関するセンサーのことで、乾き具合や衣類の種類・量、衣類のかたよりまでをも感知し、効果的に洗浄することを可能にしています。

 

「プラズマクラスター」はシャープが掲げる最大の技術と言っても過言ではないほど有名なものです。シャープの空気清浄機などに搭載されている機能です。洗濯乾燥機への効果としては、洗濯槽を清潔に保つことや、衣服の消臭などが挙げられます。

 

ポイント③:乾燥の仕方

洗浄機能だけでなく、乾燥機能にも複数の選択肢があります。乾燥の仕方や電気代などに違いがありますので、簡潔に確認しておきましょう。

送風式

風で衣類を乾燥させます。自然に近い形で乾燥させるので衣類に優しいですが、完全に乾く訳ではないので、終わった後も干すことになります。干す時間を短くしたいという方におすすめです。 

ヒーター式

ヒーターの熱で衣類を乾燥させます。高温で乾燥させるので、乾きがよく抗菌効果があります。しかし、湿気が出やすいので一度にたくさんの衣類を乾燥させることは難しいです。少量の衣類をよく乾かしたいという方におすすめです。

水冷除湿式

ヒーター式に湿気処理機能が加わったものです。一度にたくさんの衣類をよく乾かすことができます。しかし電気代がかかるので注意が必要です。

ヒートポンプ式

エアコンプレッサーを使って除湿を行い熱風で衣類を乾燥させます。乾燥性能が一番優れているので、しっかり乾燥させたいという方におすすめです。

洗濯乾燥機のおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数ある洗濯乾燥機の中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。 

3位:東芝 DDインバーター洗濯機 全自動 ZABOON 10kg

東芝DDインバーター洗濯機全自動ZABOON10kg

価格:87,470円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウルトラファインバルブ洗浄の威力がすごい

この洗濯機の特徴は、普通の水道水でなく”ウルトラファインバルブ”という水を使用するという点です。圧力をかけた水道水が微細な泡(=ウルトラファインバルブ)を生成、この泡の大きさが直径1μm(マイクロメートル)未満のナノサイズなのです。

 

肉眼では普通の水にしか見えないのですが、ナノサイズの泡なので、繊維の奥に浸透でき、汚れを落としやすくできるという優れものです。 白いシャツなどが多い方は、今までと白さが違うことに気づくでしょう。

商品重量47Kgサイズ107x69x64cm
容量10Kg標準使用水量119L

2位:パナソニック プチドラム ドラム式洗濯乾燥機 左開き ななめドラム

パナソニックプチドラムドラム式洗濯乾燥機左開きななめドラム

価格:95,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

集合住宅でも使える「ななめドラム洗濯乾燥機」

ななめドラム式の洗濯乾燥機は、場所を取るため、集合住宅では不向きとされていました。しかし、この洗濯乾燥機は、「プチドラム」洗濯乾燥機でコンパクトなので場所を取りません1〜3人の少人数のご家族に向いています。

 

しかも、高性能で省エネで、乾燥についての音や振動も抑えめなので、深夜に稼働しても音の心配は不要です。この洗濯乾燥機があれば、洗濯から乾燥まですべて任せることができます。

商品重量72Kgサイズ63.3x59.5x96.3cm

1位:日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 10kg

日立全自動洗濯機ビートウォッシュ10kg

価格:86,740円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音も静かで操作も簡単おすすめ洗濯機

高濃度の洗剤液を大流量のシャワーで洗濯物に浸透させ、パルセーターが生み出す水流で「もみ洗い」「たたき洗い」「押し洗い」でキレイにするのが「ビートウォッシュ」シリーズの基本的な洗浄方法です。乾燥機能を搭載したモデルのように温水などは利用できませんが、洗剤液にじっくりつけおきして皮脂汚れを落す洗濯コースが用意されているので、黄ばみの防止に役立ちます。

 

さらに、標準のすすぎでは落としきれなかった繊維奥の洗剤残りを除去するために、約1,000回転/分の遠心力で洗濯物に含まれる水分と洗剤を飛ばしたのち、たっぷりの水で洗剤を落とす「ナイアガラすすぎ」も用意されています。 使用水量は標準のすすぎよりも88L多くなりますが、洗剤の溶け残りによる肌トラブルなどが心配な方には重宝するはずです。他にも、衣類をほぐしながら脱水する機能や、洗濯容量3kgまでの洗濯物を20分で洗う時短コースなども搭載しています。

商品重量42Kgサイズ110.5x62.5x58.2cm
容量10Kg標準使用水量104L
4色

その他のおすすめ洗濯乾燥機2選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 左開き 11kg

日立ドラム式洗濯乾燥機ビッグドラム左開き11kg

価格:185,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイロンいらずの洗濯機

この洗濯機の特徴は、アイロンの役割も果たしてくれる「風アイロン」がとにかく凄いです。時速300kmの高速風を吹きかけ、アイロンがけをしたかのようなシワの無い仕上がりが可能となる洗濯機なんです。

 

また、すすぎの時の洗剤残りを抑えてくれる”ナイアガラすすぎ”機能も付いています。 毎日、家事に追われて疲れ果てている忙しい主婦の悩みや要望を叶えてくれる夢のような洗濯機です。

商品重量81Kgサイズ110x76.5x69.5cm
容量11Kg標準使用水量131L

東芝 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 10kg

東芝タテ型洗濯乾燥機ZABOON10kg

価格:118,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10キログラム洗濯物が洗えます。

商品の特徴は10キログラム洗濯物が洗えることですたくさん洗えるので大家族にお勧めです。また、毛布が分厚いのが1枚まるごと洗濯機に入って洗えるので、コインランドリーに持って行かなくても良いです。 毛布専用のコースや、スピードコースもあるので選択する時間が短縮できます。スピードコースでも結構汚れが落ちます。大きいので洗濯機が置けるかどうか心配な方もいると思いますが、マンションの洗濯機置き場にも置けるので安心です。

商品重量52Kgサイズ106x71x61.4cm
容量10Kg標準使用水量207L

洗濯乾燥機の売れ筋ランキングをチェック

参考までに、洗濯乾燥機の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

自分の家のサイズに合うものが欲しい!たくさんの機能が搭載されているものがいい!という方などにおすすめです。ぜひ参考にしてあなたにぴったりの洗濯乾燥機を見つけてみてはどうでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ