記事ID135498のサムネイル画像

上司に褒められる印刷を!コピー用紙のおすすめ人気ランキング7選

コピー用紙ってどれも同じでしょ?と思っている方多いのではないでしょうか。そんなことはありません。サイズも白色度も用紙の厚さ色々なものを見て選ぶとよりクオリティの高い印刷物ができるのです!今回はコピー用紙のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介いたします!

コピー用紙の詳しいサイズの説明

印刷作業を行う際でも、コピー用紙には様々なサイズがありますよね。そのサイズを把握しておくことで、完成品の大きさのイメージが湧いてきます。作業をよりスムーズに行うためにも、コピー用紙のサイズを把握しておきましょう。

 

A4

私たちの身近で最もよく使用されいます、一般的なサイズです。A4は210×297mmで、各文書や契約書はこのサイズで作成されていることが多いですね。

 

A3

デザイン図や設計などの際に用いることの多いサイズです。297×420mmで設定を行えばA4サイズ2枚分を1枚にまとめることができます。

 

B4

257×364mmのサイズで、折り込みチラシやA3サイズでは大きすぎる資料などの印刷に用いられます。主に広告業界で使用されているサイズです。

 

コピー用紙の正しい選び方4つ

それではコピー用紙を選ぶ際にはどのような点に注目すれば良いでしょうか。印刷したものをより鮮明に見せることができれば、読み手の印象も変わってきますよね。こちらでは、正しい選び方を4つのポイントに分けて詳しくご紹介していきましょう。

ポイント①:コピー用紙の種類を知る

コピー用紙には主にそれぞれ非加工紙と加工紙に分けられ、その中でも種類が多くあります。こちらでそれぞれの特徴を詳しく解説していきますので、用途に合わせて使い分ける際にぜひご活用ください。

非加工紙

普通紙PPC用紙とも言われ、この用紙のほとんどがコピー機で使用されています。PPCは普通紙複写機と翻訳されています。上質紙化学パルプ配合率が100%の用紙のことを言います。ファックスやインクジェットプリンター、レーザープリンターなどに用いられる用紙です。表面にコーティングがされている用紙ですので印字は綺麗に表現されますが、写真の印刷にはインクがにじみやすいという弱点があります。再生紙上質紙に比べて用紙自体の白さには劣りますが、環境に配慮した用紙になっています。昨今では、こちらの用紙を使用する企業も増えてきていますね。

加工紙

光沢紙光沢を出すため表面加工が施された用紙です。写真の印刷を綺麗に行うことができますが、表面が溶けてしまう可能性がありますのでレーザープリンタでは使用できません。マット紙光沢紙と同様表面に加工を施していますが、つや消しも行ってますのであまり光沢のない用紙です。落ち着いた仕上がりになり、写真用やハガキ用など幅広く使用されています。コート紙表面にコート剤を使用し、大量生産する際にも均一になるよう設定された用紙です。表面は滑らかでつやがあり、写真のような彩度の高いものでも印刷可能で見栄えも良くなります。商業印刷にも用いられていますので、より高い品質を求めたい方におすすめします。

ポイント②:白色度で選ぶ

コピー用紙の白さはどれも同じだとお考えの方も多いかもしれませんが、実は種類によって微妙に異なっています。その用紙の色合いを指したものが「白色度」で0~100%まであります。こちらでその度合いを用紙別にご紹介していきますので、印刷の途中で用紙の色合いが変わってしまう心配をなくしていきましょう。

再生紙:白色度70%程度

環境に配慮したこの用紙は少し低めに感じられるかもしれませんが、古紙を再利用したこちらの用紙ですと白色度は下がってしまいます。しかし主に同じ社内で書類をやり取りする際には、こちらの用紙を採用しているところが多いですね。

普通紙:白色度86%程度

こちらは私達が使用している中でも一般的なものですね。主にコピー用、プリント用として最もよく使用されているのがこちらの用紙です。別名「PPC用紙」や「コピー用紙」とも呼ばれています。

加工紙:80%~83%程度

この用紙は主に写真印刷に使用されています。用紙に光沢をもたせることで彩度を高めたり、光沢を消すことで重厚感のある写真を表現するなどの加工が施されています。また眼精疲労の一因とされている青系の反射光線の量が少なく、目の負担が少ないと言われています。

高白色度の用紙:90%以上

こちらの用紙は、さらに白さを強調した用紙で書類でグラフなどをカラー印刷するのに向いています。かなりの高白色ですから、カラー印刷した際の見栄え良くなります。

ポイント③:厚さ(坪量)で選ぶ

次に、コピー用紙の厚さ(坪量)についてご説明します。坪量は、コピー用紙の1平方メートルの重さを表しています。この量が大きくなればなるほど厚みのある丈夫な紙だと判断することができますので、こちらで用紙ごとの丈夫さを確認していきましょう。

普通紙:60~80g程度

文書のコピーや印刷に用いられています。80g程度の普通紙の場合ですと両面印刷も可能とされていますが、用紙によっても異なりますのでまずは1枚試してから必要枚数を印刷するようにしましょう。

兼用紙:70g程度

カラー印刷とモノクロ印刷のどちらでも使用できる用紙のことで、その坪量は70gのものがあります。カラー印刷をした際はインク種類をその分多く使用しますが、この程度の坪量の用紙ですとコピーした際にも用紙がへたってしまうことが少なくなります。しかし全面カラー印刷をした場合は少々へたってしまうこともありますので、注意しましょう。

薄めの加工紙:52g程度

新聞紙と同じ厚さのものが多く坪量は薄いですがその分カラー印刷などにも適した加工がされています。ですのでカラーの冊子を作成する場合などに適しています。

厚めの加工紙:100~150g程度

主に表紙やグリーティングカードの印刷に適しています。この厚めの加工紙はご自宅用のコピー機で印刷するには難しいですので、主に商業用のコピー機で使用されています。また、印刷業界では用紙重量を表す単位として「連量(kg)」というものがあります。この連とは用紙1000枚に対して用いられます。用紙のサイズが異なるとその重さも変わってきますので、用紙別に重さを比較する場合はかならず同じ大きさの用紙を選ぶようにしましょう。

ポイント④:コピー機と用紙の相性も要確認!

会社やご家庭で使用されているコピー機にも、実はそれぞれの用紙との相性があるのをご存知ですか?その相性の合わない用紙を選んでしまうと印刷をする際に熱や圧力が加わってしまうことで、用紙自体がまるまってしまうなどの不具合が発生する可能性があります。主な原因は「水分」「コシ」「表面電気抵抗」などがありますが、機械によってその管理値も異なっています。ですので、故障を防ぐためにも複合機やコピー機の取り扱い説明書に記載されている「推奨用紙」を選ぶようにしましょう。推奨用紙はそれぞれの機械の特性に考慮して調整されていますので、紙詰まりなどのトラブルも起こりにくくなりますよ。

コピー用紙のおすすめランキングベスト3

それでは様々なコピー用紙の特徴などをご説明した上でぜひご紹介したい、おすすめランキングベスト3のご紹介です。その人気の秘密を口コミと合わせてご紹介しますので、ぜひご覧ください。

3位:伊藤忠紙パルプ コピー用紙 A4 ブランコ

伊藤忠紙パルプ コピー用紙 A4 ブランコ

価格:1,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で高品質

白色度92%の、高白色のコピー用紙です。容量が多いながらもお値段が手頃で、高白色が高級感を出してくれるのも嬉しいですね!坪量も67と一般的な重さですので、薄く感じることもありません。複合機、レーザープリンター、インクジェットプリンターなどの多種にわたるプリンターに対応しているのも良いですね!容器が蓋付きの箱ですので、そのまま保管できます。

 
サイズ32x23.2x22.4cm重量10.4Kg
内容量2500枚

2位:エイピーピー・ジャパン コピー用紙 A4

エイピーピー・ジャパン コピー用紙 A4

価格:1,978円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境に配慮した商品

坪量68gの一般的な重さに、白色度93の高白色のコピー用紙です。両面印刷はにじみが出てしまう可能性がありますので、片面印刷を行うようにしましょう。FAXやインクジェットプリント、レーザープリンターに対応しています。植林木を使用した環境に優しいコピー用紙です。雨の日などの湿度の高い日は紙が引っ付きやすい傾向がありますので、少しバラしてからコピー機に入れることをおすすめします。

 
サイズ32x23x22cm重量11.1Kg
内容量2500枚

1位:コクヨ コピー用紙 A4

コクヨ コピー用紙 A4

価格:525円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長期間の保管も安心

坪量64gの、白色度80%の優しい色合いのコピー用紙です。両面印刷も可能で、PPC複写機や熱転写プリンタなどにも対応しているのが嬉しいですね。また中性紙ですので酸化による用紙の劣化を防いでくれ、長期の保管にも適しています。容量から考えると少し値段の張るものかもしれませんが、それだけの品質を誇っていると言って良いでしょう。容量が多過ぎず、ご自宅用としても丁度良いですね。

 
サイズ30x21.2x4.6cm重量2.06Kg
容量500枚

その他のおすすめコピー用紙4選

今回惜しくもランキングを逃してしまった中でも、おすすめしたいコピー用紙を4つご紹介します。オフィスのあらゆる場合に対応したコピー用紙なども口コミと合わせてご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

Forestway コピー用紙 高白色 A4

Forestway コピー用紙 高白色 A4

価格:1,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まとめ買いにも安心

2500枚の大容量ながらお値段も手頃で、高白色の高級感があり鮮明なコピーが可能です。。蓋付きの箱ですので、まとめ買いの際にも安心です。滑りのある用紙ではありませんので、コピーした際に2枚同時に出てきてしまう不具合なども減らすことができます。お子さんがいるご家庭にも、工作などの際にとても重宝しますね。

 
 
坪量約67g白色度93%
内容量2500枚

アピカ コピー用紙 パーソナルペーパー A4

アピカ コピー用紙 パーソナルペーパー A4

価格:291円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質にこだわった商品

坪量66gの白色度82%で、白く感じすぎないコピー用紙です。オフィスのあらゆる用途に対応したPPC用紙で、用紙から梱包までリサイクル可能な素材を活用しているのが良いですね。ご家庭で多く使用されているのインクジェットプリンタにも対応していますので、様々な場所で重宝します。両面印刷をしますとうっすらと裏面の影が見えてしまう場合がありますが、インクがにじむようなことはありません。

 
サイズ30.5x21.2x2.7cm重量1.01Kg
内容量250枚

エイピーピー・ジャパン コピー用紙 A4

エイピーピー・ジャパン コピー用紙 A4

価格:2,835円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

用紙の厚さにこだわった一品

コピー用紙の中でも白色度が極めて高い98%で、坪量80gの少し密度の高いコピー用紙です。そのため両面印刷をしても裏面に写ることもなく、カラー印刷の際にも高白色を活かした表現をすることが可能です。ですので、より高品質のものを追求している方におすすめします。商品自体はとても良いものなのですが、中には梱包に難があるとの口コミも見られました。

 
サイズ33x27x23cm重量12.9Kg
容量2500枚

プラス コピー用紙 A4

プラス コピー用紙 A4

価格:550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くてもしっかりしている

コピー用紙の中でも白色度が極めて高い98%で、坪量80gの少し密度の高いコピー用紙です。そのため両面印刷をしても裏面に写ることもなく、カラー印刷の際にも高白色を活かした表現をすることが可能です。ですので、より高品質のものを追求している方におすすめします。商品自体はとても良いものなのですが、中には梱包に難があるとの口コミも見られました。

 
サイズ30x21.4x4.8cm重量2Kg
内容量500枚

コピー用紙の売れ筋ランキングをチェック

参考までにコピー用紙の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?コピー用紙は用途に合わせて使い分けることでコストパフォーマンスを良くしたり、印刷したものを更に高品質に引き上げてくれるなど多種多様の使い方ができます。この機会に会社やご家庭で印刷される際、ぜひコピー用紙にもこだわってみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ