記事ID135491のサムネイル画像

おしゃれにも仕事でも使える!整髪料のおすすめ人気ランキング7選

仕事に行く時カッチリセットするのはもちろん、お出かけやデートの時もおしゃれにセットするという方いますよね。整髪料にはたくさんの種類があってどれを選べば良いか迷うという方もいるのではないでしょうか。そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気整髪料をご紹介致します!

整髪料の役割

整髪料は自分ごのみの髪型にセットする際や、セットした髪型をそのままの形で保つ際にとても重宝しますよね。ヘアースタイリング剤とも呼ばれ、髪型の種類が増えるほどに、整髪料の種類も増えてきています。

 

髪に直接塗りこみボリュームをもたせたり、逆に膨らんでしまった髪を大人しくさせるなど、その効果も多岐にわたります。お気に入りの髪を1日保てれば、お出掛けも楽しくなりますね!

 

そんな整髪料にスポットを当てておすすめの商品を紹介していこうと思います。整髪料には様々な種類があるので、選び方についてもいくつかまとめていますので購入する際の参考にしてみて下さい。

整髪料の選び方ポイント2つ

皆さんは普段、整髪料を購入する際に何を基準にして購入していますか。意外と何も考えずに購入している人も少なくないと思います。整髪料の種類や特徴、使用する際のメリットについてなど、どんな方におすすめなのかご紹介していきますので参考にしてみてください。

ポイント①:タイプを確認

それではまず、整髪料のタイプ別についての紹介です。整髪料はタイプによって使用方法、使用用量も変わってきます。まずは、タイプ別にどういった特徴があるのかをご説明していきますね。

ワックス

ワックスは他の整髪料と比べ、性質の異なる種々のタイプの製品が存在するため、一概に整髪料としての特性は表しにくいです。整髪力や固定力の強いものから弱いもの、艶を付けるものや乾いた仕上がりになるものまで種類が豊富にあります。

ワックスは髪質や毛量の違いによって選ぶべきタイプが分かれていて「ファイバー・タイプ」「ドライ・タイプ」「クリーム・タイプ」「スプレー・タイプ」のように様々なタイプのものががあります。

ワックスを選ぶ際には、髪の硬い方は固め、髪の柔らかい方は柔らかめのワックスを使うのがポイントです。硬い髪の方が柔らかいワックスを使っても、毛束感を出すことはできません。逆に柔らかい髪の人が硬いワックスを使うと、髪がガピガピになってしまいます。

ムース

ムースは泡状の整髪料で水分量が多く含まれているタイプの整髪料です。仕上がりのイメージでサラサラ系、ウェット系、ハード系など、多くの種類が存在します。男性は短髪の方が多いので、しっかり固めてセットするタイプが人気です。

パーマなどの髪型に自然な膨らみをもたせたい場合や、ロングヘアーに空気を含んだ自然な髪型を表現したい場合などにもおすすめです。髪をしっかり固めるものもありますので、表現したい髪形に合わせて使用しましょう。

髪をいたわるトリートメント効果があるものも販売されています。また、手にも髪にもベタつかず、無香料・無着色・ノンオイリーのものもあり、髪に優しい整髪料といえるでしょう。髪をしっかり乾かしてから使用しないと効果を発揮しませんので、ご注意ください。

ジェル

ジェルは濡れたような質感でパリッと髪をかためてくれるタイプの整髪料です。くせ毛で髪が広がりやすい方には、ボリュームを抑える効果があり、髪をツヤやかに見せてくれます。タオルドライしただけの状態でも使うことができます。

整えた髪を、一日中そのままの形でしっかりと保持したいという方におすすめです。髪をしっかりとつまんで立たせたい方や、束感を長持ちさせてい方、オールバックの髪型の方にむいています。

濡れたような質感を髪に与えてくれる流整髪料なので、つけすぎには注意してください。初めは、少ないと感じるくらいの量からつけてみて、足りないと思ったら足していくことをおすすめします。

ミスト

ヘアミストは水のような整髪料で、寝癖直しを目的としたスプレータイプ、ジェルのようなとろみのあるタイプ、ヘアリキッドと呼ばれるツヤを出せるものなど、様々なものがあります。全体的にさらっとした使用感で、ボリュームダウンを目的としたものが多いです。

ミストタイプは、整えた髪型を崩したくない際に、最後の仕上げとしても使用されます。霧状で髪全体に馴染みますので、アップにした髪や、ヘアレンジした髪を崩したくない方にもおすすめします。

ヘアアレンジをする際には他のタイプの整髪料と、併用するるのもおすすめです。せっかく整えた髪を風などで崩れてしまうと、悲しいですよね。ですので、ミストタイプの整髪料を使用した後は、できるだけ髪に触らないようにしましょう。

ポマードタイプ

粘り気の強い油で、ヘアスタイルを固めてキープしてくれます。男らしいツヤが出るのも特徴です。ワックスにはないツヤ感と、ジェルのようにカチカチに固まない柔らかいセット力が魅力で、今再び注目を浴びています。

リーゼントスタイル、オールバックスタイルに適し、強い固定力と艶のある仕上がりが特徴的です。ヘアジェル、ヘアスプレーとは違い、整髪料が乾いて固定するのではなく、髪と髪を油で接着させて固定する為、濡れたような仕上がりになります。

バーバー系ヘアスタイルは珍しいものではなくなったため、いかに自分にあったポマードをうまく使いこなすかが重要になっています。当然ながら同じポマードでもメーカーやアイテムによって成分や整髪力、香りに大きな違いがあるので自分の好みを探してみてください。

グリースタイプ

グリースはワックスよりも水分量の多い水溶性です。指で触れるとトロっとした感触で、髪が濡れているようなウェット感、ツヤ感を出せるのが特徴です。 ジェルのようにハードに固まらないので、ヘアスタイルが崩れてもさっと直せます。

同じ半固形の整髪剤であるポマードは主成分が油ですが、グリースは油分が少な目になっています。グリースの濡れ感がよく似合うのは、タイトでトラッドなショートヘア。洗髪後に軽くドライヤーをかけ、半乾きの髪にグリースをつけると自然な濡れ感を演出できます。

ツーブロックや七三のように短めで分け目のあるスタイルでは、爽やかな印象になるでしょう。外出先でセットし直せるので、清潔感が大切なビジネスマンのヘアには欠かせません。ソフトモヒカンも、ツヤが出てトップがきれいに見えるのでおすすめです。

ヘアオイル

ヘアオイルはトリートメントやヘアセットの際に使用されるヘアケア剤です。ヘアオイルのベースとなるオイルには大きく分けて植物性が使用されているものと鉱物性が使用されているものがあります。

植物性ヘアオイルの代表的なものは椿油やオリーブオイル、ホホバオイルなどです。植物から採ったオイルをベースとしており、純度が100パーセントのものもあります。植物性ヘアオイルは天然由来の成分なので髪や頭皮にやさしい使用感です。

鉱物性ヘアオイルは植物性でないもののほとんどを指します。髪の手触りを良くしたり、髪を外部からの刺激から保護したりするための成分が加えられています。そのため植物性ヘアオイルに比べて使用感の良さが追求されており、より一層なめらかな髪を実感できます。

ポイント②:目的を確認

続いては、どのように整髪料を使用すれば良いのかについて、ご説明します。髪にボリュームをもたせたい、スッキリとまとめたいなど、色んな使い方がありますよね。その中でも、整髪料を使用するにあたって代表的なものをご紹介します。

髪にボリュームを出したい

軟髪の方は、なかなか髪にボリュームをもたせるのが難しいですよね。ボリュームを持たせてもすぐに崩れてしまうなどの悩みを持っている人も少なくないでしょう。そんな方には、ムースタイプの整髪料の使用がおすすめです。

 

五百円玉くらいの量を手にとり、軽く手に馴染ませてから髪全体に広げていきます。その際に、少し上から髪を持ち上げるように馴染ませていきますと、空気を含んだふわっとした髪型を表現できます。

 

ボリュームを持たせた髪が崩れてしまうのを防いでくれるのがミストタイプの整髪料です。とくに軟毛の方は髪が落ち着いてしまいがちですので、維持したい場合はミストタイプのものを仕上げにかけましょう。

全体的に落ち着かせたい

剛毛の方は、何かと髪が広がってしまいもっさりしてしまうのが悩みのタネですよね。ですので、髪全体のボリュームを抑えつつ、しっかりと艶が出せるワックスのクリームタイプの整髪料がおすすめです。

 

小豆1粒程度の量を手にとり、しっかりと手に馴染ませていきます。手に馴染んで白い筋がなくなりましたら、髪全体にワックスをとかすようしてに広げていきましょう。膨らんでしまう部分は、手のひらで軽くおさえると、落ち着いた髪形を表現できますよ

 

クリームタイプのワックスを使用してボリュームを抑えようと頑張ってみても、どうしても抑えられずもっさりするという方は、一度美容院に行って髪を軽くすいてもらうのが一番良いかもしれません。

 

 

髪をまとめたい

髪を個性的に立たせてボリュームをまたせたい方や、ショートヘアでまとまりをもたせたい方には、ジェルタイプの整髪料をおすすめします。特に、クセ毛に悩まされているという方には良いですね。

 

ジェルタイプはしっかりと固まりますので、小豆1粒程度の量を手にとり、しっかりと手に馴染ませていきます。手に馴染んできたら、毛先をねじるようにして立たせると、自然な仕上がりになります。

 

ショートヘアの方は、髪の表面を下からすくい上げるようにして全体につけてください。その際に手に馴染んだ整髪料を髪においてくる感覚ですくい上げてください。そうすることで、髪が広がりすぎず、まとまってくれますよ。

整髪料のおすすめ人気ランキング10選

それではここからはおすすめの整髪料ランキング10選をご紹介していきたいと思います。人気の高い理由やご意見の多かったものをご紹介していきます。整髪料を購入される際にご参考にしていただけると幸いです。

第10位

GATSBY

WAXムービングラバースパイキーエッジ

価格:543円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濡れても安心

メンズ向けの商品で適度に艶があり、髪型もしっかりと保持してくれます。アクアフローラルの香りで強すぎず、ほのかに香る微香性です。剛毛の方でもしっかりと固めてくれますので、髪をしっかりと立たせたい方におすすめです。

 

整髪料は水に弱い印象がありますが、こちらの商品は雨に濡れてもしっかりと保持してくれるのがで雨の日でも安心して出かけることができます。値段もお手軽ですので初めて整髪料を買うといった人にもおすすめです。

 

レビューを参考にすると、キープ力に関しては多数の方が申し分ないといった評価をしていました。しかし、こちらの商品を使い始めたから髪を染める時の浸透性が低下したという指摘もありました。

原産国日本サイズ81mm×81mm×78mm
容量80g
第9位

ピース ワックスライン

フリーズキープワックス

価格:1,182円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗い落とし楽々

軟毛の方にも使いやすく、一日しっかりと髪型を保持してくれます。クリームタイプの整髪料ですが、手についた分はハンドソープで簡単に落ちます。シャンプーで2度洗いする必要がないのは嬉しいですね。

 

さりげない艶を出してくれるのでやりすぎ感が出ないのと、べたつきませんので初心者の方にも扱いやすい商品になっています。アクアカシスの香りで、すっとした中にも甘くほのかに香ります。

 

レビューを参考にすると、手にしっかり馴染み、乾くのも早くいので短時間でさっとセットができるといったレビューが目立ちました。ただ、少しニオイがきつすぎるといった点を指摘されている方もみられました。

原産国日本サイズ70×70×70(mm)
容量80g
第8位

UEVO

デザインキューブドライワックス

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群のキープ力

こちらの商品は、キープ力があることと、ボリューム感を出すのにとても良い商品です。艶が出ませんので、とても自然な仕上がりになります。特に軟毛の方におすすめします。 青リンゴのような爽やかな香りがします。

 

しっかりキープしてくれる分、落とす際にはシャンプーを2回するようにして流し、髪の毛に整髪料が残らないようにしましょう。髪の傷みにつながりますパーマをかけている方にもおすすめします。

 

レビューを参考にすると、ニオイやベタつきがないのに、とてもセットがしやすいと好評でした。また、容器のデザインがとても可愛いと好評でした。さらに洗い流すのにもあまり苦労しないとのことです。

原産国日本サイズ6.5cm×6.5cm×7.3cm
容量80g
第7位
<>
アイテムID:5049312の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5049312の画像1枚目
  • アイテムID:5049312の画像2枚目

GATSBY

ジェルウォーター

価格:464円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハードなセットに

ゴワつきなく、水感覚でお使い頂けます。しなやか感があり、さらに強力なセットが簡単にできます。とてもハードなタイプなので男性の短髪の方におすすめで、しっかり固めてセットすることができます。

 

髪をいたわるトリートメント成分も配合されていて髪の傷みを防いでくれます。また、手にも髪にもベタつかず、髪に優しい整髪料といえるでしょう。髪をしっかり乾かしてから使用しないと効果を発揮しませんので、ご注意ください。

 

レビューを参考にすると、強力なセット力でボリュームを出すことも終えることも簡単にできる素晴らしい商品というレビューが目立ちました。さらに強力なセット力にも関わらず、シャンプーで簡単に落ちるのでとても使いやすそうな整髪料です。

生産国中国サイズ7.4cm×4.6cm×4.6cm
容量200ml
第6位

ナンバースリー デューサー ハードワックス

価格:906円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持続力と速乾性に特化

メンズ向けの整髪料です。汗をかいてしまって髪が崩れてしまうのがお悩みの方などにおすすめします。手のひらで伸ばしやすく、乾きも早いのでお出掛けの際にすぐセットしたい方にも良いですね。

 

やわらかい、ローズフローラルベリーの甘い香りで強すぎず弱すぎずちょうど良い程度の匂いになっています。 こちらも落とす際には、シャンプーを2回使用してしっかりと洗い落とすようにしましょう。

 

レビューを参考にすると、しっかりと束感も与えられ、さらにキープ力も抜群だといったレビューがたくさん寄せられていました。また、キープ力が夜まで続くというのも強みの1つでしょう。

原産国日本サイズ7cm×7cm×5cm
容量80g
第5位

アリミノ

スパイス ハードワックス

価格:1,116円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シュートなどで動きをさらに強調したい際の使用に適しています。セット力が強力で手直しが自由に効きます。乾いた状態で必要な所だけつまんだり、ねじったりしてしてかたちづけます。

 

他社製品のワックスに比べて硬くなりにくいので、手のひらにしっかりと広がりやすく、髪になじませやすいワックスです。その結果、自分の理想のセットの実現をサポートしてくれるでしょう。

 

レビューを参考にすると、青リンゴのような香りでニオイも気に入っているとのレビューが目立ちました。さらに、セット力にさまざまな種類があるようなので自分の髪、やりたいセットに合わせて選んでみてください。

生産国日本サイズ7.3cm×7.3cm×6.0cm
容量100ml
第4位

阪本高生堂

阪本高生堂クールグリース

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセ毛でお悩みの方に

メンズ、レディース共に使用することができます。剛毛、多毛、クセ毛など髪質にお悩みの方にぜひおすすめしたい商品です。馴染みやすいのに加えて、シャンプーですぐに落ちるのもおすすめポイントです。

 

ライムの爽やかな香りを感じることができます。適度な艶めきを出し、髪のパサつきを抑えてくれます。しかし、水溶性ですので、雨にはご注意ください。容量が多いので、長く使えるのも嬉しいですね。

 

レビューを参考にすると、ホールド感はそこまでないがムレ感はバッチリで、乾いてもガチガチにもならないしヌメヌメにもならないといったレビューがありました。こちらの整髪料はオールバックのアタにおすすめです。

原産国日本サイズ7.6x7.6x6.4cm
容量210g
第3位

モルトベーネ

ロレッタ ハードゼリー

価格:1,782円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お値段以上

どんなスタイルも即キープし、リスタイリングも可能なベタつかないウォーターベースのスタイリングゼリーです。ハチミツエキスとローヤルゼリーエキス配合で輝くツヤとハードなセット力で挑戦的な スタイルを創り出してくれます。

 

セット力は抜群でしっかりと一日中セットを保ってくれます。さらに、水溶性のワックスなので一度のシャンプーでちゃんと洗い流すことができ、嫌なベタつきが残ったり気になったりすることはありません。

 

レビューを参考にすると、長年使用している、色々試してみたけどこの商品が一番などといったレビューが目立地ました。しかし、少し高めの値段設定なのでコスぽが悪いといったレビューも目立ちましたが、逆に値段以上と評価しているレビュも少なくなかった印象です。

生産国日本サイズ
容量599ml
第2位

MILBON

ミルボンニゼルドレシアコレクションジェリー

価格:1,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

艶やかに、しっとりまとまる

容器にポンプがついており、ポンプを押すと白いクリーム状で出てきます。さらっとした質感です。髪につけると濡れたような艶めきを与えてくれ、トップからの軽やかな動きを与えてくれます。

 

寝起きにサッとつける程度でも、程良く決まるので、朝の忙しい時間にとても嬉しいですね。ワンプッシュで毛先につけると、ふわっとまとまります。フルーティーな、少し甘めの香りです。

 

レビューを参考にすると、他社の製品と比べてウェット感がとても長持ちしてくれるというレビューが目立ちました。さらに、やはり朝の時間がない際にはとても優秀だというレビューも目立ちました。

 

原産国日本サイズ48×48×176mm
容量168g
第1位

BABLO

ポマード

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リピーター多数のポマード

バブロポマードは、ジェルのようにバリバリに固まらないし、白い粉も出ません。それなのにキープ力は強く、一度スタイリングした後の再セットも自由自在にできます。ヘアワックスやジェルでは味わえない、新たな使用感を堪能できます。

 

バブロポマードはポマードの柔らかさやなじみやすさが追求されたいます。ノビが非常に良く、ベタつきがないのもバブロポマードの特徴です。整髪料特有の髪の毛や頭皮への不快感を全く感じさせません。

 

レビューを参考にすると、ツヤ感、ホールド性がともに抜群であるといったレビューがとても多かったです。ポマードと言われれば少し身構えてしまうかもしれませんがこれを試しに挑戦してみてはいかがでしょうか。

生産国日本サイズ
容量130ml

整髪料の売れ筋ランキングをチェック

参考までに整髪料の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。最近ではメンズ、レディース問わず多種多様の整髪料が販売されています。整髪料を選ぶ前に、まず自分の髪質についてしっかりと把握しておくと、購入するにも迷わないで良いですね。初めは誰しも解らないことですので、不安な方は美容師さんに思いきって聞いてみましょう。きっと、お気に入りの整髪料が見つかると思いますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ