記事ID135477のサムネイル画像

【2019年最新版】野菜ジュースのおすすめ人気ランキング16選

野菜不足が気になるけど、なかなか野菜を摂取できないという方におすすめな野菜ジュース。今回は、無添加の商品からダイエットに嬉しい糖質オフの商品など、様々なニーズの野菜ジュースを紹介していきます。野菜ジュースのレシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

野菜ジュースの効果

一日に必要とされている野菜の摂取量は350gですが、忙しい現代人や一人暮らし、また外食する方には難しいのが現実です。そこで手軽に野菜を摂ることができるのが野菜ジュース。コンビニやスーパー薬局で買うことができて、手作りする方もいるのではないでしょうか。

 

野菜ジュースを飲むことで期待できる効果として、まず一番は足りない栄養素を補えるということでしょう。もちろん本物の野菜を摂取するに越したことはないのですが、350gを摂取するのはなかなか困難。しかも、同じ野菜ばかりでは栄養も偏ってしまうので、必要な栄養素をピンポイントで補えることが野菜ジュースのメリットです。

 

また、野菜ジュースには食物繊維が豊富に含まれているので、便通がよくなりダイエット効果も期待できます。最近では「ジュースクレンジング」というダイエット法もあり、食べ過ぎた翌日は一日野菜ジュースで過ごすというダイエットもあります。一日食べないのはキツイ…という方でも、朝食や夜を野菜ジュースに置き換えるだけで高いダイエット効果が期待できます。

野菜ジュースの選び方ポイント4つ

数多くある野菜ジュースの中から、ご自分に合った野菜ジュースを選ぶために、確認したいポイントを4つにまとめました。この4つを確認した上で、自分にぴったりな野菜ジュースを探してみてください。

ポイント①:飲みやすさの確認

まず野菜ジュースには果汁が加えられたタイプ野菜汁のみのタイプがあります。野菜汁のみですと野菜特有の青臭さを感じやすいでしょう。果汁が加えられたタイプですと、子供にも飲みやすく野菜嫌いの子供でも手軽に野菜を摂取できるでしょう。

 

人参ベースのジュースは、野菜汁のみのタイプの中では比較的甘く酸味が少ないです。トマトベースのジュースは、酸味の効いた味がします。自分の好みに合ったベースの種類の野菜ジュースを選ぶといいでしょう。

ポイント②:紙パック・缶・ペットボトルなどのタイプ別の確認

野菜ジュースは様々な容器で販売されています。毎日の習慣に野菜ジュースを飲みたいなら、手軽なのは紙パック入りのものです。1人暮らしの方に紙パックはおすすめです。缶入りタイプは、最も賞味期限が長く設定されています。非常用の飲料として自宅に常備しておいてもいいでしょう。またご家族が多く野菜ジュースの消費が多いご家庭ならペットボトルの大容量のものを選ぶことをおすすめします。

 

  • 1人暮らし:紙パック
  • 大家族:ペットボトル

ポイント③:摂りたい栄養素の確認

野菜ジュースを飲まれる方は普段の食生活で不足している栄養を野菜ジュースで補う方がほとんどだと思います。野菜の成分によってそれぞれ現れてくる効果が違います。自分に不足している野菜の成分がメインに含まれている野菜ジュースを選ぶといいでしょう。なので、栄養成分表示で野菜ジュースに含まれる主要な栄養素の種類や量はしっかり確認しておきましょう!

 

  1. 健康な肌や髪づくりに役立つ:βカロテンやリコピン
  2. ナトリウムの排出を助け、むくみ防止に効果的なカリウムや、丈夫な歯や骨の生成に役立つ:カルシウムカリウム・カルシウムなどのミネラル類
  3. 秘気味で悩んでいる方:食物繊維が豊富なゴボウなど

ポイント④:添加物の確認

野菜ジュースの香料・人工甘味料・着色料などの添加物の確認をしておきましょう。飲みやすい野菜ジュースには塩分や糖分が多く含まれていることもあります。塩分や糖分の取りすぎは生活習慣病にもつながってくるので、毎日飲むのであれば野菜汁本来の野菜ジュースを選ぶといいでしょう。購入される前には添加物の確認をしましょう。

【2019年最新版】野菜ジュースのおすすめ人気ランキング16選

第16位

ハウスウェルネスフーズ

PERFECT VITAMIN 1日分のビタミン グレープフルーツ味

価格:4,423円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一日に必要な全てのビタミンをこの一本で網羅!

ハウスウェルネスフーズの『1日分のビタミン』は、全13種類のビタミンを含み、一日に必要とされるビタミンを摂取できます。ビタミンCをはじめ、A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、ナイアシンなど豊富なビタミン群。一本190gでそのすべてを網羅しているので手軽に栄養補給できます。

 

グレープフルーツ味なのでおいしくすっきり飲むことができます。甘すぎずすっぱすぎることもないので毎日おいしく続けることができます。ビタミン群は美容はもちろん疲労軽減にも効果的なので、日々の疲れを感じている方におすすめです。

 

また、缶だけでなくゼリータイプも販売されています。フレーバーはマスカットやピーチなどあり、飽きることなく続けられるのも嬉しい点。コンビニでも売っているので、コンビニで試してみておいしかったらまとめ買い、でも良いかもしれません。

容量190g×30本カロリー71kcal(一缶/190g当たり)
第15位

カゴメ

食物繊維たっぷり青汁カルシウムプラス

価格:3,673円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

若者からシニアまで幅広くおすすめ!おいしく飲める青汁

カゴメ『食物繊維たっぷり青汁カルシウムプラス』はその名の通り食物繊維が豊富。コップ一杯(180ml)あたりに4.2gの食物繊維が入っているので、お通じを良くしたい方におすすめ。特にシニア世代に不足しがちなカルシウムも入っているので、ご年配の方にも続けていただける野菜ジュースです。

 

青汁というと青っぽくて飲みにくい、というイメージがありますが、この野菜ジュースは甘みがあってゴクゴク飲めるので、お子様でも飲みやすいです。ほうれんそう・人参・ケール・プチヴェールなどの野菜をベースに、りんご・レモンも入った野菜ジュースです。

 

鉄分、ビタミンCも入っているので貧血気味の方や、鉄分が不足しがちな女性におすすめ。ペットボトルタイプなので毎日続けやすいものポイントです。青汁を始めたい方には特におすすめの野菜ジュースです。

容量720ml×15本カロリー58kcal(コップ一杯180mllあたり)
第14位

カゴメ

野菜生活 幼児用りんご味

価格:2,091円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お子さまがおいしく飲める!砂糖不使用なので安心の野菜ジュース

100ml×3パックのお子様ようの野菜ジュース。りんご味なので小さな子供でも嫌がらずに飲めることはもちろん、砂糖不使用なので安心して飲ませることができます。

 

トマトベースの味でリンゴが加えられていますが、甘ったるくなくスッキリした味わいです。使用している野菜はすべて国産です。にんじん、トマト、ほうれん草、かぼちゃなど、幼児に必要な一食分の野菜を詰め込んでいます

 

お子さまの健康を考えると、なるべく野菜を使った料理を作ってあげたいですが、それってなかなか難しいですよね。朝・昼・夜、間食のどこかでこの野菜ジュースを一本あげれば一食分を補うことができます。

容量(100ml×3本パック)×12個カロリー38kcal(1本/100mlあたり)
第13位

キッコーマン飲料(デルモンテ)

リコピンリッチベジタブル

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚トマトでリコピン摂取!料理にも使える!

デルモンテ『リコピンリッチベジタブル』は、濃厚な完熟トマトがおいしく味わえるトマトジュース。トマトに入ったリコピンを余すところなく接種できます。ドロドロ感があってトマト好きにはたまらない野菜ジュースです。

 

特にダイエット目的の方におすすめなのがこのトマトジュース。一杯あたり66kcalと低カロリーで、料理にも使えます。電子レンジでコンソメと混ぜてチンするだけでおいしいスープの完成です。

 

リコピンは美白効果も高いため、白い肌を目指している方にもおすすめです。また、トマトに含まれるカリウムが余分な水分を排出してくれるため、むくみ改善にもつながります。ダイエット目的や美容目的で野菜ジュースを摂取したい方におすすめのジュースです。

容量900g×12本カロリー66kcal(コップ一杯/200ml当たり)
第12位

コカ・コーラ

ミニッツ メイド おいしいフルーツ青汁

価格:5,918円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おいしくごくごく!新定番の野菜ジュース

コカ・コーラ社の『ミニッツ メイド おいしいフルーツ青汁』。ミニッツメイドといえばペットボトルで販売されているフルーツジュースの印象がありますが、青汁も出ています。甘みがあっておいしく、子どもでもごくごく飲める野菜ジュースです

 

使用している果物・野菜は、りんご、白ぶどう、オレンジ、ケール。農薬・化学肥料を使っていないので、安心して飲み続けることができます。果汁100%なので子供でもゴクゴクおいしく飲めます

 

食物繊維が豊富で家族で飲める野菜ジュース。まとめ買いして家族みんなで健康になりましょう。

容量190g×30本カロリー91kcal(1本/190gあたり)
第11位

カゴメ

食事と一緒に飲むサラダ

価格:1,262円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1本で1/2日分の野菜を摂取!低カロリーなのも嬉しい野菜ジュース

『飲むサラダ』という斬新な商品名がインパクトのある野菜ジュース。まるでサラダを食べるのと同じように一日に必要な1/2の野菜を摂取できます。食事にこれをプラスするだけで、かなりの栄養素を補えます。

 

リコピン、β-カロテンが入っており、食塩・砂糖・香料・保存料は使用してしません。一本当たり45kcalとかなり低カロリーなのでダイエット目的の方にもおすすめ。いつもの食事に+するだけで手軽に野菜が撮れちゃう野菜ジュースです。

容量195g×15本カロリー45kcal(1本/195gあたり)
第10位

伊藤園

充実野菜 緑の野菜ミックス

価格:2,358円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緑黄色野菜がピンポイントで補える!充実野菜

伊藤園の『充実野菜』は、人参を主体としたミックス・人参とブルーベリーを主体とした野菜×ブルーベリーがありますが、こちらは緑の葉野菜を主体としています。ホウレンソウやモロヘイヤ、ケールなどの緑野菜にリンゴなどの果実を加えて、スッキリとした味わいで楽しめる野菜ジュースです。

 

緑の野菜は鉄分を補うことができます。貧血がちな方や鉄分が不足しがちな女性の方におすすめの野菜ジュースです。お子さまでも飲みやすい味わいなので、家族みんなで楽しめるのも嬉しい点です。

 

ペットボトルタイプの他に、紙パックタイプのものも売っています。コンビニでも手軽に買えるので、野菜不足を感じている人におすすめの商品です。

容量930g×12本カロリー69kcal(コップ一杯/180ml当たり)
第9位

カゴメ

野菜生活100Smoothie

価格:1,753円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかくおいしい!飲みやすい!野菜スムージー

カゴメ『野菜生活100Smoothie』は、今やコンビニでよく見かける野菜スムージーです。「グリーンスムージー」「Wベリー&ヨーグルト」「豆乳バナナ」など商品展開も豊富で、女性に人気のスムージーです。

 

食物繊維が豊富で腹持ちが良いため、ダイエット中の方にはおすすめ。特に「置き換えダイエット」におすすめです。味もいろんな種類があるので飽きることなく楽しめます。

 

ただ、甘くて飲みやすい分糖質が高いものもあるので、糖質制限中の方は成分表の糖質に注意してください。

容量250g×12本カロリー94kcal(1本/250gあたり)
第8位

カゴメ

野菜ジュース 糖質オフ

価格:1,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一本21kcal!糖質オフなのにおいしい野菜ジュース

カゴメの野菜ジュースの中でも群を抜いて低カロリーの野菜ジュース。カロリーだけでなく糖質も低いので、常日頃からカロリーに気を付けている方、糖質制限中の方にもおすすめです

 

低カロリーの秘密は葉野菜を多く使用していること。はくさいやセロリ、ほうれん草などの野菜を使用し、野菜は15種類使用。糖質低めで健康的な野菜ジュースを作り上げました。

 

食物繊維が豊富で、不足しがちな野菜を補ってくれます。糖質オフなので甘みはあまりなく、その点ではお子さまには飲みにくいかもしれませんが、スッキリしているので逆に甘いのが苦手な方にはおすすめです。

容量200ml×24本カロリー21kcal(1本/200mlあたり)
第7位

カゴメ

トマトジュース 食塩無添加

価格:1,689円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

血圧が高めの方に、ダイエットにおすすめの野菜ジュース

カゴメ『トマトジュース 食塩無添加』は、パッケージにも書かれている通り血圧が高めの方におすすめの野菜ジュースです。配合されたGABAが血圧を下げてくれます。血中コレステロールを下げてくれる機能も付いています。

 

低カロリーで糖質も低いため、ダイエット中の方でも飲み続けやすいです。ただ、糖質が低い分トマトの風味が強いので、トマト嫌いの方には合わないかもしれません。それでも、トマトが苦手じゃない方にはおいしく飲んでもらうことができる野菜ジュースです。

 

コンビニでもよく見かける商品なので、一度試してみてください。美容目的の方、健康目的の方共におすすめのジュースです。

容量200ml×24本カロリー40kcal(1本/200mlあたり)
第6位

キリンビバレッジ

小岩井 無添加野菜 31種の野菜100%

価格:1,690円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無添加だから安心、野菜100%で本来の甘みを楽しめる

ジュースでおなじみ小岩井農場『無添加野菜 31種の野菜100%』。トマト・にんじん・セロリなど31種類の野菜を使用し、すべて無添加なので安心して飲み続けることができます。香料、砂糖、保存料も無使用なので、素材のおいしさを味わえます。

 

100mlあたり25kcalと低カロリーで、1本に換算すると47.5kcal。190gなので飲みやすいです。しかも、アレルギー物質を含む「特定原材料等」の27品目は使っていません

 

野菜の旨味がたっぷり味わえる野菜ジュースです。料理にも使うことができて、アレンジレシピはHPに乗っているので飽きることなく楽しめます。料理だけでなくデザートづくりにもアレンジできる万能です。

容量190g×30本カロリー25Kcal(100ml当たり)
第5位

カゴメ野菜一日これ一本超濃縮カルシウム

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コレ1本で1日に必要な野菜350gが凝縮

『カゴメ 野菜一日これ一本超濃縮 カルシウム』は青汁ミックスですがベースはトマト味なので美味しく飲める野菜ジュースです。量は125mlと一度に飲みやすいサイズですし、このサイズで1日に必要な野菜350gが凝縮されているのです。

 

またこのカゴメの野菜ジュースの特徴はカルシウムに特化した野菜ジュースという点です。カルシウムだけではなくカリウムもしっかりと含まれているので、成長期のお子さんは勿論としてカルシウムとカリウムを一緒に摂取することで高血圧の予防効果があると言えます。健康に気にしている人にもぜひ、おすすめしたい野菜ジュースです。

内容量125ml×24本カロリー59Kcal(1本/125ml当たり)
第4位

カゴメ野菜生活100オリジナル

価格:1,736円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供の野菜嫌い克服の第一歩に

生の野菜ジュースを自分で作った場合、野菜独特の青臭さが出てしまいがちです。大人であればそれも自然の恵みでありおいしさなのだと思えますが、子供からすると癖があってとても飲みにくく、そもそも苦手な野菜がさらに苦手なりかねません。

 

この野菜ジュースは甘みも感じられてのど越しもすっきりしていてとても飲みやすいです。カゴメのHPによると、野菜嫌いの子供の86%が美味しいと回答したとあり、子供の野菜嫌い克服の決め手になること間違いなし!

内容量200ml×24本カロリー64Kcal/(1パック/200ml当たり)
第3位

カゴメ野菜一日これ一本

価格:1,736円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野菜不足の人にこれ一本で野菜を補給!

1日に必要な350gの野菜がこれ一本で摂れてしまいます。普段、コンビニでのお弁当が多い方は野菜を気軽に摂るのは大変です。サラダを食べても350gの野菜を摂ることはなかなかできないですよね。そんな時に野菜1日これ1本を飲めば1日に必要な野菜をすぐに摂ることができます。 普段、炭水化物が多い食生活の人なら食事の前に野菜1日これ1本を飲めば急激な血糖値の上昇を妨げられます。要領も少ないので鞄に持ち歩くのにも便利。鞄に1本だけではなく2本や3本持っていても邪魔になりません。お腹がすいたときに飲むと意外と腹持ちが良いのでダイエットをするのにも良いですよ。

内容量200ml×24本カロリー69Kcal/(1本/200ml当たり)
第2位

伊藤園ビタミン野菜

価格:1,653円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1日のビタミンをこの1本で

黄色の紙パックの野菜ジュースで、ビタミンが12種類入っていて、1日のビタミンをこの1本でとることができます。野菜の汁と果物の汁が半分ずつ入っています。野菜は主ににんじんを始め20種類以上入っていますが、果物の味が強く、野菜ジュース特有の臭みが全然ありません

 

オレンジやりんごの味が強く、とても飲みやすいです。レモンも入っているせいか、口に残る感じがなくすっきりします。また、葉酸がかなり含まれているので、女性から注目されています。

 

ビタミンCが1000mg配合されており、他のビタミン群も網羅しています。コンビニでも比較的手に入りやすいので、野菜不足が気になる方は手軽に補給することができます。

内容量200ml×24本カロリー75Kcal/(1本/200ml当たり)
第1位

サンスター

緑でサラナ

価格:5,940円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

累計2億本突破!!好きな食事を続けながら健康対策をしたいという方必見!

「最近年齢を重ねて好きなものを食べる時も健康を気にしないといけない」のは多くの方々の悩みの種です。「緑でサラナ」はこの悩み解決を手助けしてくれる心強い商品です。

「緑でサラナ」は野菜のチカラSMCSで国から特定保健用食品(通称トクホ)に認定

SMCSによって肝臓で処理されるコレステロール量が増加し、排出を促すことで血中コレステロールを低下させます。

この技術を用いてトクホの認定を受けているのは「緑のサラナ」だけ!野菜が苦手な方にも飲みやすい味で、野菜不足の悩みも同時に解消してくれますよ(8種の青野菜と2種の果物をブレンド)!

多くの方が愛飲しており、累計販売本数は2億本を突破!

 

送料無料で定価の10%OFFで購入できるチャンス!

効果を実感してみたい方、ぜひ一度お試しください!

内容量160g×30缶カロリー52kcal/1缶


野菜ジュースのレシピを大公開

野菜ジュースは飲むだけでなくアレンジして料理に使うこともできます。最も手軽なのは野菜スープ。レンジでチンしてコンソメを加え、パセリなど彩を添えるだけで簡単においしい野菜スープが出来上がります。特に、トマトジュースを使うとつくりやすいので、忙しい朝でも5分程度で健康的に楽しめます。

 

また、パスタのソースとして活用しているレシピもあります。豚や合いびき肉と玉ねぎを炒めたら、そこに野菜ジュースを加えて煮込みます。砂糖やコンソメを入れるとより濃い口になっておいしくなります。

 

また、野菜ジュースをカレーの隠し味として使うと、カレーの甘みが増しコクがアップします。料理として野菜ジュースを購入する場合は、ペットボトルで、なるべく濃いめのものが良いでしょう。特にトマトジュースは代用が効くのでおすすめです。

野菜ジュースの売れ筋ランキングをチェック

参考までに野菜ジュースの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?野菜ジュースを購入する際には以下の点に注目してみましょう。飲みやすさの確認紙パック・缶・ペットボトルなどのタイプ別の確認摂りたい栄養素の確認添加物の確認野菜ジュースはついパッケージにつられて購入してしまいがちですが、自分に不足している成分を知りしっかりと原材料にも目を通すようにしましょう。この記事を参考にして頂き、野菜ジュースで毎日を健康にしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ