記事ID135441のサムネイル画像

優雅なティータイムにおすすめ!ティーポット人気ランキング7選

ちょっと一息つきたいティータイム、お気に入りのティーポットで紅茶を入れればいつも以上に優雅な時間を過ごせますよね。そんなティーポットには、どんな種類があるのかご存知ですか?今回は悩める皆さんにおすすめのティーポットをご紹介致します!

ティーポットはどんな役割をするの?

紅茶を淹れるのにポットや直接ティカップに入れて手軽に使えるティーバッグがあります。しかしティリーフで淹れた紅茶のほうが香りが高く美味しく感じるものが多いものです。ティーポットはティーリーフ(茶葉)を使って紅茶を淹れる時に使うポットです。ポットにお湯を入れた時にティリーフが揺れて葉が大きく開くことによって味が抽出され、美味しい紅茶が出来上がります。ティーポットのお湯の中で茶葉が充分に揺れて葉が開く状態のことをジャンピングと言います。充分にジャンピングできた紅茶は、香りが高くコクがあり、たいへん味わい深いものです。茶葉がジャンピングするために、抽出用には丸い形状のポットが良いと言われています。

紅茶を淹れるのにポットや直接ティカップに入れて手軽に使えるティーバッグがあります。しかしティリーフで淹れた紅茶のほうが香りが高く美味しく感じるものが多いものです。ティーポットはティーリーフ(茶葉)を使って紅茶を淹れる時に使うポットです。ポットにお湯を入れた時にティリーフが揺れて葉が大きく開くことによって味が抽出され、美味しい紅茶が出来上がります

 

ティーポットのお湯の中で茶葉が充分に揺れて葉が開く状態のことをジャンピングと言います。充分にジャンピングできた紅茶は、香りが高くコクがあり、たいへん味わい深いものです。茶葉がジャンピングするために、抽出用には丸い形状のポットが良いと言われています。

初心者にはガラス製がおすすめ!

紅茶を淹れるお水は、酸素を十分に含んだ軟水が適しています。硬水が多いヨーロッパなどではペットボトルの水を使いますが、日本の水は軟水のためペットボトルの水を使わずに水道水で充分に美味しい紅茶を飲むことができます。普通の水道水で澄み切った良い色と香りを引き出せますから、紅茶好きの方にとっては良い環境と言えるでしょう。

 

折角の良い環境ですから、美味しい紅茶を淹れることができるティーポットを選んで紅茶ライフを楽しまれて下さい。お湯を注いでから紅茶が充分に美味しさを抽出するまでほんの数分間ですが、綺麗な紅茶の色とジャンピングを目視できるガラス製のティーポットをお勧めします。

ティーポットの選び方ポイント4つ

紅茶は香りとコク、そして色合いの3つを楽しみます。美味しい紅茶は気分を落ち着かせ、時には疲れが取れるたと感じるようなリラックス効果があります。紅茶を淹れるのはそれほど難しいことではなく、初心者の方も最初から美味しく淹れることができます。

 

美味しい紅茶を淹れるために適したティーポットを選んで下さい。素材・形状・サイズ・機能性の4つのポイントを確認してティーポットを準備しておくと、失敗することなく簡単に美味しい紅茶を淹れることができますので参考にされて下さいね。

ポイント①:どのような素材か確認

紅茶は酸素が入った水を沸騰させた直後のお湯を使います。100℃の温度に耐え、お茶の味に影響を与えない材質のものを選ばなければなりません。大きくわけてガラス製・陶器・磁器の3種類になります。鉄製のポットは紅茶のタンニンが反応してお茶の色を黒くしてしまいますから紅茶向きではありません。

見た目も楽しめるガラス製

透明なガラスの中で茶葉が揺れながら開いていく様子を目で見て楽しめます。徐々に濃くなっていく色を見ながら紅茶をティーカップに注ぐタイミングがわかりいやすいという利点もあります。必ず耐熱ガラスという表記を確認してくださいね。ガラスのティーポットは見た目も良く、使わない時もお部屋に置けばお洒落なアイテムです。

保湿性の優れた陶器

陶器は温かいお茶を楽しむにはぴったりの素材です。吸湿性が高いため口当たりのよい半面、味や香りが染み込みやすいので、違うお茶を淹れると香りや味が混じってしまいます。耐熱性と保温性に優れているので、特定の茶葉を決めて使うにはよい素材です。

色々な茶葉を楽しめる磁器

磁器のポットは日本茶・中国茶・紅茶と毎回違う種類のお茶を淹れても香りや味が混じってしまうことがありません。透明ではないので中に入れたお茶の色を見ることができません。それ以外は、1つですべてのお茶に使うことができるので便利な上に、色や柄もたくさんありますので選ぶのも楽しいものです。

ポイント②:対流しやすい形状の確認

紅茶は茶葉がどれだけジャンピングするかによって味が違ってしまいます。ティーポットは素材の他に形状が味に影響しますのでよく確認して選んで下さい。

丸形やスクエアー型

全体にふっくらと丸い形が丸形、四角い形がスクエアー型です。丸形のほうが香りが自然に対流するので魅力があります。スクエアー型は縦に長くそれだけお洒落なデザインのものが多くなりますが底の角部分が洗い難いと言えます。どちらも充分な容量があり、抽出に重要なジャンピングを重視したものが多いのが特徴です。

筒型

底の部分が平らになっており、縦に長い形状のものです。持ちては片手で持てるもの、ハンドル式のもの、またハンドルが取り外せるものがあります。デザイン重視でジャンピングはそれほど期待できませんが、いろいろな素材のものがあり、和風・洋風どちらのお部屋にも合うティーポットが見つかります。

特殊型

スタイリッシュなデザインのものが多く、選ぶのが楽しいティポットが多いのが特徴です。ジャンピングを終えた茶葉をポットの上部から下に押して抽出するフレンチプレス式のもの、可愛いデザインで1人用のティーポットとお揃いのティーカップとを重ねて収容できるものなどがあります。中には茶葉のジャンピングを重視していないものもあるので慎重に選んでください。

ポイント③:必要なサイズの確認

ティーポットを選ぶ際は必ずサイズの確認をして下さいね。大は小を兼ねるからと大き目のものを選んだほうが安心とは言えません。美味しい紅茶はジャンピングに左右されるので、ポットに入れたお湯の中で茶葉が充分に余裕を持って開けるスペースが必要ですが、ティーポットが大きすぎると内部のお湯の水位が低くなり、茶葉がジャンピングできなくなります。茶葉が動けるスペースが狭くなると十分な味と香りがでなくなります。1人用なら150cc2人用なら300cc3~4人用なら400~500cc を目安に選んで下さい。まだ同時にティーポットの注ぎ口も確認してください。本体のどの位置に注ぎ口が付いているのか、水切れは良いのかなどもチェックポイントです。注ぎ口に茶漉しが付いているタイプは目詰まりの原因になりますから、茶漉し部分が取り外せるものをお勧めします。

ティーポットを選ぶ際は必ずサイズの確認をして下さいね。大は小を兼ねるからと大き目のものを選んだほうが安心とは言えません。

 

美味しい紅茶はジャンピングに左右されるので、ポットに入れたお湯の中で茶葉が充分に余裕を持って開けるスペースが必要ですが、ティーポットが大きすぎると内部のお湯の水位が低くなり、茶葉がジャンピングできなくなります。茶葉が動けるスペースが狭くなると十分な味と香りがでなくなります。

 

  • 1人用なら150cc
  • 2人用なら300cc
  • 3~4人用なら400~500cc を目安に選んで下さい。
 
まだ同時にティーポットの注ぎ口も確認してください。本体のどの位置に注ぎ口が付いているのか、水切れは良いのかなどもチェックポイントです。注ぎ口に茶漉しが付いているタイプは目詰まりの原因になりますから、茶漉し部分が取り外せるものをお勧めします。

ポイント④:機能性の確認

美味しい紅茶を淹れるにはティーポットをいつも清潔な状態にしておく必要があります。茶渋が残らないように洗いやすいものを選びましょう。どのようなものが使いやすいのか、洗いやすいのか、次のことを確認して選んで下さい。

耐熱性を確認する

美味しい紅茶を淹れるために沸騰直後のお湯を使うので、耐熱性を確認してください。電子レンジ対応のポットもありますが、その場合は持ち手部分も対応しているのか確認する必要があります。対応していなければ簡単に取り外せるかも大事なチェックポイントです。

口径が広いものを選ぶ

ポットの中を洗う時、ポットの蓋を乗せる部分の口径が狭いと手が届き難かったり、専用の道具を使ったりとなにかと面倒です。口径が広いと茶葉を捨てる時も簡単ですし、手が入り易いものをお勧めします。

網の形を選ぶ

ティーポット本体の内部に複数の小さな穴が開いているもの、穴ではなく網を貼っているもの、取り外し出来る網籠が付いているもの等があります。特に網の形は重要で、それにより使い勝手が違ってしまいます。本体に穴が開いているもの、網がついているものは茶葉のジャンピングを邪魔しないという良いところがありますが、詰まりの原因や内部に水が残りやすくなります。

 

取り外せる網籠は、茶葉がジャンピングするスペースが限られるため他の2つと比べると抽出力が弱めになります。しかし内部を簡単に洗えることや、ティーバを使う時は網籠を外して使えることから人気があります。洗いやすいという点では1番のお勧めとなります。

ティーポットのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは実際にどのようなティーポットが選ばれているのか、売れ筋の人気ベスト3をご紹介します。好みの色や形、ライフスタイルに合わせたティーポットが見つかるといいですね。

3位:仔犬印エルム型ティーポットスチール

仔犬印エルム型ティーポットスチール

価格:5,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールステンレスのお洒落なエルム型ティーポット!

蓋のツマミ部分を含めてオールステンレス製のティーポットは、抽出力が強いため陶器製のポットより短い時間で淹れることができます。味の強さを出すのに適しているので、茶葉によっては陶器製やガラス製のポットでは充分に引き出せない味もステンレス製のポットで出せる場合があります。

 

逆に雑味が強く出過ぎてしまう紅茶もありますので、ステンレス製のポットに合った茶葉を選んで下さい。

メーカー本間製作所サイズ2人用
本体重量381g

2位:E-PRANCE ティーポット

E-PRANCE ティーポット

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

茶漉し付きの丸い宮廷風ティーポット!

茶葉がジャンピングするのに最適な丸型で、持ち手部分のエレガントなカーブが高級感を出しています。素材は耐熱シリコーンゴムガラスで、直火・電子レンジ等急激な温度差の使用にも安全に対応できる優れものです。取り外しできる茶漉しは耐久性に富む304ステンレスを採用しています。

 

容量が800mlなのでホームパーティなどにも活躍することでしょう。食器洗い機にも対応でお手入れが簡単な理想的なティーポットです。

メーカーE-PRANCEサイズ800ml
本体重量408g

1位:ハリオ リーフティーポット

ハリオ リーフティーポット

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きく深い茶漉しに拘ったティーポットはお茶の色合いが楽しめます!

大きく深い茶漉しに拘ったハリオのティーポットは、茶葉がゆったりとジャンピングするため、美味しい紅茶を淹れる理想的なティポットです。薄いガラスは抽出中の茶葉の様子を眺めていられるので、待ち時間も楽しく過ごせます。耐熱ガラス製で電子レンジにも使え、ホットでもアイスでも両方に使っていただけます。

 

注ぎ口は水切りが良く、全体のシルエットは紅茶だけでなく日本茶や中国茶を淹れても似合うシンプルエレガントなデザインになっています。

メーカーHARIO(ハリオ)サイズ2杯用
本体重量299g

その他のおすすめティーポット4選

おすすめ人気ランキングベスト3でご紹介できなかったティーポット以外にも、優れたティーポットがたくさんあります。そのなかから特におすすめしたい商品を4つ選んでみました。こちらも是非チェックしてご参考にされて下さい。

Home Time ティーポット

Home Time ティーポット

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいたハンドルグリップが使いやすい耐熱ガラスのティーポット!

下に広い安定したデザインで、茶葉が広がり抽出していく様子を眺めることができます。-30℃から150の温度差にも耐えられる耐熱ガラスは、簡単に取り外せる蓋とフィルタを外せば電子レンジにも使えます。口径部も広く内部を簡単に洗えるので清潔に保てる設計になっています。

 

人間工学に基づいた握りやすいハンドルグリップで快適に紅茶を注ぐことができます。

メーカーHomeTimeサイズStyle2
本体重量308g

イワキ 耐熱ガラスジャンピングティーポット

イワキ 耐熱ガラスジャンピングティーポット

価格:1,466円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

茶葉がジャンピングするのに最高の丸形デザインです!

茶漉しが蓋に内臓されいてるので、茶葉のジャンピングを邪魔するものがなく、丸形の理想的なデザインで美味しい紅茶を淹れることができます。抽出過程も見ることが出来るガラス製のティーポットは、注ぎ口も大きく注ぎやすくなっています。蓋の裏に内臓されている茶漉し部分は取り外して洗えます。
 
 
耐熱ガラス製の本体は、毎回違うお茶を淹れても香りが混じることはありません。いろんなシーンでお茶を楽しめることになるでしょう。
 
メーカーiwaki内容量640milliliters
本体重量318g

ロンドンポタリー ティーポット

ロンドンポタリー ティーポット

価格:4,536円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紅茶の本場ロンドンのめーかーが作る炻器(せっき)製のティーポット!

少しアイボリーがかった炻器(せっき)製のティーポットは、陶器の風合いと吸湿性のない磁器の特性の両方を持っています。低めの温度で焼きあげるため色の発色が良く、陶器より軽いのが特徴です。簡単に取り出せる茶漉し付きで洗いやすい設計となっています。

 

炻器独特の風合いは、温かい紅茶と同じようにほっと和むティータイムになることでしょう。

メーカーロンドンポタリーアイボリー
本体重量390g

曙産業 クリアティーポット

アイテムID:4936098の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:4936098の画像1枚目

曙産業 クリアティーポット

価格:1,296円(税込)

楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

割れにくく耐熱性のあるトライタン樹脂製のクリアーポット!

注ぎ口が大きく水キレの良さが特徴の透明なティーポットは、まるでガラス製のようです。茶葉のジャンピングを邪魔しない大きなストレーナは、口径部も大きく取り出しやすくなっています。110℃の高温まで耐えることができ、食器洗い機にも対応している優れものです。

 

熱いお茶が入っていても持ち手は熱くならず安心して注げます。

メーカー曙産業サイズ108×150×125mm
材質 PET(耐熱温度110℃/耐冷温度-20℃)内容量480ml

ティーポットの売れ筋ランキングをチェック

参考までにティーポットの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

美味しい紅茶を淹れるには、酸素を含んだ高温のお湯でいれる、ティーポットの内部で茶葉がジャンピングできるスペースが必要、綺麗な色に仕上げるにはティーポットの素材が大切等が挙げられますが、それを確認すれば初心者でも淹れることができます。

 

味わいのある香り高い紅茶を飲むと、癒されてストレスが軽減されます。お家で簡単に美味しい紅茶を楽しむためにご自分の好みのティーポットを見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ