記事ID135439のサムネイル画像

サクッと切断できる!ケーブルカッターのおすすめ人気ランキング7選

ケーブルを切断するのに使うケーブルカッター。電動式だったり、ラチェット式だったりと色々な種類があるケーブルカッター。どれにしようかと迷っている方のためにおすすめケーブルカッターを人気ランキング形式でご紹介いたします!ぜひ参考にしてください!

ケーブルカッターのおすすめ人気ランキングベスト3

銅線ケーブルを切断するためには必要不可欠なのがケーブルカッターです。ゴミ出し時にコードの切断を要求される地域にお住まいの方や、お仕事で必要な方など、初めて購入する際は何を買ったらいいか分かりませんよね。価格帯も幅広く、とても高価なものもあるので、安いと性能が不安になってしまうかもしれません。

 

 

種類としてはハンディタイプラチェット式電動タイプの3種類に分けることができます。一般的に、ハンディタイプが最も安く、電動タイプは高額です。もちろん、性能や使い勝手がそれぞれ異なってきます。家庭用でたまにしか使わないのか、仕事で今後頻繁に使うことになるのか、それによっても選び方が変わります。

 

購入の際には、必ず切断能力を確認しましょう。これは、どの太さのケーブルまで切断できるかを表す指標です。φmm(直径)またはmm2(断面積)で表記されています。切断したいケーブルよりもこの数値が大きいものを選ばないと、ケーブルカッターも役割を果たしてくれません。

 

今回は、数あるケーブルカッターの中から、特におすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ご自身の使い方も照らし合わせながら、購入の参考にしてみてください。

3位:クニペックス ケーブルカッター

クニペックス ケーブルカッター

価格:7,863円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊工具鋼をオイル焼入れした切れ味バツグンのブレード採用

ハンディタイプで誰でも扱えるケーブルカッターですが、性能は本格的です。ブレードは焼き入れ・焼き戻し処理済みで硬度・強靭性を高められています。

特徴はその切断能力の高さ。ペンチのようなハンディタイプでありながら、先端側の刃で力を加えた後に根本側の刃で切断する、という2段階の切断をすることによって、直径20mmまでの太いケーブルに対応することができます。アルミ線の切断も可能です。

 

お仕事で必要な方向けといえます。

 
切断能力20φmm/70mm2ハンディタイプ
重さ324g

2位:マーベル ケーブルカッター 小型軽量タイプ

マーベル ケーブルカッター 小型軽量タイプ

価格:3,688円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高周波焼入れを施した切れ味鋭いブレード

こちらも切れ味が鋭く、使いやすいケーブルカッターです。切断能力は 13.6φmmで、特に専門的な用途で使用するのでない限り、これは十分な太さと言えます。第一種電気工事士試験でもこれで対応できます。同じマーベルから出ているケーブルカッターではME-60とME-60Sがありますが、60Sの方はワンハンドで15.5φmmまで切断可能な製品です。仕事などで必要な場合は検討してみてください。

切断能力13.6φmm/60mm2ハンディタイプ
重さ390g

1位:フジ矢 ケーブルハンディカッター

フジ矢 ケーブルハンディカッター

価格:2,163円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の焼入れ加工を施したブレードを採用

フジ矢は日本のペンチ・ニッパーメーカーとしてトップを行く、老舗企業です。フジ矢のケーブルカッターも切断能力は申し分なく、切れ味がとてもいいと評判です。ケーブルカッターは基本的に銅線以外には使えない道具ですが、こちらの製品は銅線だけでなくVCT線(ビニールキャブタイヤケーブル)、ゴムやウレタンの切断にも利用可能とされています。

切断能力13.6φmm/60mm2ハンディタイプ
重さ465g

その他のおすすめケーブルカッター4選

ここまで、おすすめのケーブルカッターを3点紹介してきました。使いやすいハンディタイプのみになってしまいましたが、他にもラチェット式ケーブルカッターや電動タイプのものなどおすすめの商品はいくつかあります。上で紹介しきれなかったものから、4点選んで紹介するので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

SK11 ハンディケーブルカッター

SK11 ハンディケーブルカッター

価格:2,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で家庭用にも最適

コストパフォーマンスの良い安価なケーブルカッターです。十分な太さの銅線を切ることができ、それほど頻繁には使わないという家庭用にもおすすめの商品です。ゴムやウレタンの切断にも利用できます。もう一回り小さい製品は切断能力11.4φmm/38mm2で、これで十分という方も多いはずです。あまり高級なものでなくてもいい、という方は検討してみてください。

切断能力13.6φmm/60mm2ハンディタイプ

WUXING HARDWARE TOOL FACTORY ラチェット・ケーブル・カッター

WUXING HARDWARE TOOL FACTORY ラチェット・ケーブル・カッター

価格:3,010円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラチェット式でありながら軽量化モデル

詳しい切断能力の表記はありませんが、240mm2まで切断可能とされているラチェット式のケーブルカッターです。口コミを見ると38mm2は難なく切断できるという声が多くなっています。ラチェット式カッターは少ない力で強い力をかけられるような機構を採用したものです。ハンディタイプのものより高額なものが多いですが、こちらは値段も手が出しやすくなっています。

 

お仕事で使うが、あまりお金はかけたくない方におすすめです。

切断能力240mm2ラチェット式

泉精器製作所 泉充電式ケーブルカッター

泉精器製作所 泉充電式ケーブルカッター

価格:109,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で扱いやすい電動ケーブルカッター

こちらはプロ向けの製品です。切断能力はCV線での表記となりますが、直径で表記すると46φmmまでとなっています。さすがにこれだけの製品が必要になるということは一般家庭ではないはずです。プロ向けとして注目したいのは重量となります。2.1kgという軽さは電動式としては非常に軽いほうといえます。長時間の作業にも向いた製品といえるでしょう。

150mm2電動タイプ
重さ2.1kg

電動油圧式充電ケーブルカッター

電動油圧式充電ケーブルカッター

価格:159,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油圧式の絶大な切断パワー

強力な切断能力を持つ充電式のケーブルカッターです。こちらもプロ向けの製品です。ストラップ付なので肩にかけて作業することができます。切断ヘッドの回転機能や切断パワーの調節機能、手元を照らすLEDライトなど作業を効率よく進めるための機能が様々に搭載されています。
 
また予備バッテリーが付属しており、電池を交換すれば長時間の作業も可能です。
 
切断能力85φmm電動タイプ
重さ約6.7kg

ケーブルカッターの売れ筋ランキングをチェック

参考までに、ケーブルカッターの売れ筋ランキングを紹介します。こちらもよろしければご覧になってみてください。

まとめ

ここまで、ケーブルカッターのおすすめ商品を7点紹介してきました。ご自身の用途に合った製品を探してみてください。

 

ケーブルカッターは主に銅線を切るための道具です。特に家庭用で使われる場合は、細くても針金やピアノ線などは切れない場合もあることに十分注意してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ