記事ID135436のサムネイル画像

【2019年最新版】犬に優しいグレインフリードッグフードのおすすめ人気ランキング7選

大切な愛犬の健康を考えると一番大事なのがご飯です。グレインフリードッグフードは、胃腸の調子を整えてくれる効果のある、犬に優しいものなんです!種類があって選べないという方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気グレインフリードッグフードをご紹介致します!

ドッグフードの選び方

犬種で選ぶ

小型犬、中型犬・大型犬など犬種によって身体の作りは異なるため、必要となる栄養素も違います。また、大型犬よりも小型犬の方が消費カロリーが高かったりと特徴もあるので、犬種ごとにドッグフードを選ぶ必要があります。

子犬

子犬は母親の母乳で成長しますが、おおよそ3週間くらいたつとドッグフードに興味を持ち始めます。子犬は成人した犬よりもたくさんの栄養を必要とします。骨を成長させるカルシウム、リン、マグネシウムなど。また、高たんぱく質な食事が必要です。

 

加えて、子犬は抵抗力が弱いので、抗酸化物質のビタミン類などが配合されたドッグフードが販売されています。ビタミンやミネラルは良いのですが、着色料や化学保存料が多いものは将来に悪影響を及ぼす可能性があるため、なるべく避けたほうが良いでしょう。

 

子犬はたくさん動くのでたくさんの食事を必要としますが、一度に大量のエサを与えると胃に負担がかかってしま野で、一日3回程度に分けて与えてあげましょう。また、最初のうちはドッグフードをふやかして与えましょう

小型犬

小型犬は口が小さいため、かみ砕きやすい小型の形状のドッグフードをおすすめします。口内病も多いので柔らかいものよりもかみ砕く回数の多いドッグフードが良いでしょう。

 

小型犬は消費するカロリーが多いため、小型犬向けのドッグフードは基本的にカロリーがやや高めにつくられています。そのため、運動不足や食べ過ぎで肥満になりやすい傾向にあります。高たんぱく質なものを選ぶなど、太りすぎないよう注意したものを選びましょう。

 

また、小型犬は食べムラが多いため、肉類が多く含まれたものなどうまみ成分の多いものがおすすめです。犬にもすき好みがあるため買ってみたけど食べてくれない…ということがあるかもしれません。いろんな種類のドッグフードを試してみましょう。

 

 

大型犬

シベリアンハスキーやコーギーなど人気の犬種が多い大型犬。大型犬の体重は平均的に25キロ程度。その体重を支える関節には大きな負担がかかっているため、カルシウムなど骨を育てる栄養素が必要になりますが、大型犬向けのドッグフードはたいてい必要な栄養量が含まれています。

 

また、大型犬は消化器官が小型犬、中型犬よりも弱い傾向にあるため、小型犬向けのドッグフードを与えて、下痢になるということもありえます。食物繊維が豊富なものや、腸内環境を整える成分の入ったものがおすすめです。消化に負担がかからない栄養バランスの取れたドッグフードを与えましょう。

 

大型犬に限った話ではありませんが、犬も老犬になるとかむ力が弱まっていくので、年齢(ライフステージ)によって柔らかいものにドッグフードを買い替えたほうがいいかもしれません。

 

 

生産国で選ぶ

ドッグフードを選ぶとき、安心できる国産にこだわるという方もいるでしょう。けれど、国産にもメリットとデメリットがあり、それは海外産も然りです。国産と海外産の特徴を抑え、我が家のワンちゃんにはどちらが良いのかを知りましょう。

国産

日本国産のドッグフードはコンビニやスーパー、ドラッグストアで手に入り、比較的価格が安い傾向にあります。店舗で直接買うのではなく注文するという方は、国内発送なのですぐに手元に届くというのもメリットの一つです。また日本人向けに作られているので日本語で読めます。

 

デメリットとしては、海外産に比べて安全基準が低いです。日本においてドッグフードは雑貨扱いなので、人間の食べ物ほど安全とはいいきれません。特に添加物に関しては、人の食べ物では禁止されているものが使用されていたりします。

 

もちろん全ての国産ドッグフードが安全度が低いというわけではありませんが、一度手に取って確認してみたほうが良いでしょう。また、国産は穀類(米など)が主成分として使用されているため、ワンちゃんによっては消化器官に負担がかかるかもしれません。国産でもこだわりたいという方は、グレインフリーやプレミアムドッグフードを選んでみると良いでしょう。

海外産

海外産のメリットは日本に比べて安全基準が高いため、人間でも食べられるような高品質なドッグフードが多いです。また、日本は穀類メインですが、海外産は肉メインのものが多く、さらに無添加物のものもあります。すべてが無添加とうわけではありませんが、比較的ワンちゃんの健康を考えた安心安全なものが多いです。

 

デメリットとしては、国産に比べて高価格なことです。上記で説明したように材料にこだわっている商品が多いため、必然的に高価格になってきます。また、酸化しやすい製品が多いこともデメリットの一つでしょう。

 

グレインフリーのドッグフードは海外産が主流なので、今回紹介しているものもイギリス、ドイツ、アメリカなど海外産ばかりです。ですが、国内産でも安心安全な高品質のドッグフードが販売されています。産地はもちろん「無添加」「肉メイン」のものを選ぶと良いでしょう。

ドッグフードのおすすめ人気ランキングベスト3

最近人気のグレインフリードッグフードは、犬が消化吸収しにくい穀物を使わないことで、お腹を優しくサポートしてくれ、食物アレルギーや肥満から守ってくれます。穀物の代わりに何をブレンドするか、メーカーの健康へのこだわりやレシピが重要なポイントになりますので、いろいろ検討して、あなたの愛犬にぴったりなものを選びましょうね。

第3位

グランマ・ルーシーズマカンナ

価格:2,975円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間だって食べられる原材料だから安心安全!

原材料は吟味された食材のみ使用しています。サーモンを主原料にうずら豆と野菜等、ビタミンやミネラルもバランスよく配合していますので栄養的にも申し分ありません。

 

食事の準備はとても簡単です。 商品1カップごとに、温水を1〜2カップを加えて、まぜてから数分(3~5分)待つだけ水分量でフードの硬さを調整できるので、離乳期からシニアまで幅色いライフステージに適応できます。

推奨年齢生後6ヵ月~形状フレーク
450g生産国アメリカ
第2位

グランマ・ルーシーズピュアフォーマンス

価格:2,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒヨコ豆をベースに白身魚の本物志向

ゆっくりと吸収されるヒヨコ豆を主成分にオメガ3を多く含む魚を加えたものです。人間が食べても安心な素材を独自のフリーズドライ製法で加工しているので安全です。

 

商品1カップごとに水かぬるま湯を加えて混ぜ3~5分待つだけで出来上がります。 水分量を変えることでフードの硬さを調整できます。軽量でコンパクト、保存がきくので小分けにして外出時のお食事や有事の際の保存食にもおすすめです。

推奨年齢生後6ヵ月~形状フレーク
450g生産国アメリカ
第1位

リガロ グレインフリー ハイプロテイン

価格:7,776円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豆と肉、ダブルのタンパク質で健康アップ

犬が消化吸収を苦手とする小麦、大麦、トウモロコシ等の穀物類を一切使用していません。従来の穀物の代わりに豆類を使用することで消化吸収をよくしています。

 

主原料となるラム肉はアミノ酸バランスに優れた良質なタンパク質で、高タンパクな食事からは身体づくりに必要な必須アミノ酸を効率よく摂取することができます。 動物性&植物性のダブルのタンパク質が合わさることで栄養バランスも満点で、満腹感を維持する効果があるので、ダイエット中の犬にも最適です。

推奨年齢生後6週目~形状小粒タイプ
3.6kg生産国アメリカ

その他のおすすめドッグフード4選

グレインフリーという考え方にメーカーごとの付加価値を加味したドッグフードがあります。自社キッチンで一貫して製品の品質管理をする「オリジン」や、独自の調理法や予防医学で愛犬を守る「LOTUS」、スーパーフードの栗を加えたアレルギーケア商品「ミニピエモンテ」や愛情たっぷりの手作りレシピが楽しめる「モグワン」まで、おすすめの4選をご紹介します。

LOTUSグレインフリーダックレシピ

価格:4,912円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハスの花をした犬への愛情と思い遣り

ロータスの名前通り「ハスの花」の形をしたドライフードです犬の3大アレルギー源「小麦・大豆・トウモロコシ」およびチキン・ラムの副産物は一切使用していません。

 

ヒューマングレイドな原材料はもちろんのこと、調理法にもこだわり、独自のオーブンベイク製法で高圧高温にさらさず、栄養が吸収されやすい形で残り、成分が凝縮されるよう焼き上げています。 また、腸内で有益な働きをするプロバイオティックス配合で犬を病気から予防してくれるのも心強い付加価値ですね。

推奨年齢全年齢対応形状小粒タイプ
2.72kg生産国カナダ

オリジン オリジナル

価格:5,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すべては自然界の食事を再現するために

オリジンは愛犬家の憧れのブランドのひとつです。厳選した生産者から直接、原材料を仕入れ、自社キッチンで一貫した製造ラインを構築しています。

 

本来、犬や猫が食べていたような自然界の食事を再現するため、最大90%の割合で肉を含む(生肉が3分の2を占める)高タンパクなレシピで作られていますので、犬の食いつきがいいのも頷けます。

推奨年齢全年齢対応形状小粒タイプ
2kg生産国アメリカ

ハッピードッグ スプリーム・ミニピエモンテ

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリア産の栗を使用、好き嫌いの多い愛犬に

世界で初めてスーパーフードの栗をふんだんに使用していることが特徴の嗜好性の高いフードです。

 

ドイツ獣医師が提案するレシピは高タンパク低脂肪でヘルシーな鴨肉と海水魚と組み合わせることで栄養的にも申し分なく、お腹に優しく、腸の調子を整え、健康的な毛艶を維持することに効果的です。アレルギーケアの観点から、穀物・ポテト不使用、グルテンフリーとなっており、食物に敏感な愛犬におすすめです。

推奨年齢成犬~シニア形状小粒タイプ
300g生産国ドイツ

モグワンドッグフード

価格:4,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛情たっぷりのスペシャルレシピに一工夫

高タンパクでグレインフリー、野菜とフルーツたっぷり入れて手作りのようなフードで人気のモグワンですが、そのままでも十分バランスよく栄養がとれるレシピではあるのですが、季節の旬の食材やごほうびトッピングなど「ちょい足し」することで飼い主と愛犬がともに楽しめる食事を目指しています。

 

ほんのひと手間かけると食いつきがさらによくなるかもしれませんね。

推奨年齢生後4ヵ月~形状小粒タイプ
1.8kg生産国イギリス

ドッグフードの売れ筋ランキングをチェック

参考までにドッグフードの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?グレインフリーのドッグフードは近年いろいろなメーカーから続々と新商品が登場し、選択種が増えてきました。フードの内容や製造方法に独自のこだわりがあるものが多く、お値段はやや高めですが、原材料を確認すると必ず納得できます。人気の商品やおすすめ記事を参考にしながら、あなたの愛犬の健康アップにお役立てくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ