記事ID135432のサムネイル画像

優しくしっかり落とす!靴洗い用ブラシのおすすめ人気ランキング7選

雨の日や砂埃などで汚れてしまった靴の汚れを落とすブラシ。お子さんの靴なの頑固な汚れを靴を傷めずに綺麗にしたいですよね。常に新品のような綺麗な靴を履きたい!という方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気靴洗い用ブラシをご紹介致します!

靴洗い用ブラシの選び方ポイント2つ

お出かけ時には必ず必要な靴。汚れているけれど洗うのは面倒だし、洗っても綺麗に落ちないし、生地が傷むかもしれないし・・・ということはありませんか?その原因は、使っているブラシが靴に合っていないからかもしれません

 

靴につく汚れのほとんどが砂やホコリなどの不溶性の汚れで、水にも油にも溶けない性質を持っています。しかも、汚れは靴の繊維の中に入り込んでいるため、溶け出さないこの汚れはブラシでかき出す必要があります

 

また、靴洗い用ブラシさまざまな種類があり、選び方によって汚れの落ち具合が変わったり、靴の生地を傷めてしまう可能性もあります。せっかくのお気に入りの靴ならいつも綺麗にしていたいし長く履き続けたいですよね。そのために、靴の汚れ具合や生地に合うブラシの選び方のポイントを2つご紹介します。ご自分の靴と照らし合わせて確認してみてください。

 

ポイント①:素材を確認

ブラシ部分は靴の汚れを落とし靴の生地に当たる部分になるので、素材は重要なポイントになります。一般的にはナイロンやポリエステルが多く使われていますが、パーム繊維や純天然などというものもあり、各素材にはさまざまな特徴がありますので、一つ一つ確認していきましょう。

ナイロン素材

ナイロンブラシは弾力性があるのが特徴です。あまり力を入れすぎず弾力を生かしながら汚れをかき出すと、綺麗に汚れを落としてくれます。とにかく靴の汚れがひどくて何とか落としたいという場合はおすすめの素材です。

ポリエステル

ポリエステルブラシは毛が丈夫で速乾性が優れているという特徴があります。毛に強度があるのでスニーカーや運動靴・上履きなどの砂泥汚れを、ブラシでゴシゴシ擦り落としたいときに最適な素材です。速乾性があり清潔に保ちやすくゴシゴシと擦っても丈夫ですので、お子様が使っても安心で使いやすくておすすめです。

パーム繊維素材

パーム繊維は昔からある「たわし」に使われている素材です。適度な毛の硬さがあるので、それほど力を入れなくても素早く簡単に汚れをかき出し取り除くことができます。しかし、素材自体に硬さがあり力が強いので、デリケートな生地の靴では生地の繊維を傷めてしまう恐れもあるので不向きです。擦る力加減を考えて使うことをおすすめします。

純天然素材

天然素材100%の純天然素材のブラシは、靴の生地を傷めにくいという特徴があります。生地を傷めずしっかりと汚れを落としてくれるので安心して使うことができる素材です。さらに毛も抜けにくいので長持ちするのも良いですね。何度も買い換えることがない靴や大切な靴など、傷めず長持ちさせたい靴を洗うならこの素材がおすすめです。

ポイント②:サイズを確認

靴の汚れはほとんどが砂やホコリですが、その汚れは靴の色々な場所についてしまっています広い表面部分や内側の狭い部分、隙間に入り込んでいたり溝に挟まっていたりとさまざまです。そうなると1種類のサイズのブラシでは全ての汚れが取りきれないという場合も多いので、ブラシのサイズはしっかりと確認しておきましょう。

 

Wサイズのブラシが付いているものは、太く幅の広いブラシの反対側に狭い部分も洗える細いブラシが付いて1本になったものが多くあります。このようなブラシなら幅広く色々なところを洗うことができるので便利ですね。

 

また、靴底の隙間や溝に入った小石や泥を取る場合は、ヘラの付いている商品なら簡単に取り除くことができて大変便利です。スニーカーや運動靴・上履きを洗うのには、付いていてほしい部分ですよね。

 

合わせて、持ち手部分のグリップサイズにも注意しておきましょう。ブリップのサイズや形状によって握りやすさや洗いやすさも変わってきます。お子様が洗う場合は、小さめのグリップで滑りにくい商品の方が使いやすく安全ですし、靴の内部を洗う場合は角度の付いた形状のグリップの方が奥の方まで入り込み、汚れ部分にしっかりと届き落とすことができますよね。

 

どんな靴を洗うのか、誰が使うのかなども考えて選ぶようにしましょう。

靴洗い用ブラシのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数ある靴洗い用ブラシの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。

 

サイズも形もさまざまありますので、洗う靴に合ったブラシ選びの参考にしてみてください。

3位:ピカピカシューズクリーナー

ピカピカシューズクリーナー

価格:479円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度ブラシで簡単!長めの柄が奥まで入り込んでしっかり洗う!

持ちやすくて力の入れやすい長めの柄付きで、靴の奥のほうまでしっかり洗えるタイプです。柔らかい繊維で、断面が特殊形状なので少量の洗剤でも十分に汚れを落とし、生地を傷めることがありません。360度のブラシ部分で内側部分もピッタリとフィットして汚れを落とします。

 

スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、サンダル、登山靴、上履き、長靴などを洗うのにおすすめです。

 
サイズ幅全長28㎝重量55g
材質柄/ポリプロピレン、毛/ポリエステル、針金/ステンレス

2位:激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシ

激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシ

価格:319円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふさふさ繊維とトゲトゲ部分ですみずみまで綺麗!小石が取れるヘラ付き。

ふさふさとした泡立ちのよい繊維部分と、トゲトゲとした部分のあるブラシです。ふさふさ部分で生地を傷めず汚れを吸着させ優しく洗い、トゲトゲ部分で靴の生地の隙間に入った汚れを細かくかき出し、2つの効果で汚れを落としていきます

 

ブラシ部分はコンパクトなのでお子様の小さな靴の中も綺麗に洗えます。先端部分には靴裏の小石を取るのに便利なヘラ付きです。

サイズ24×5×6cm重量49.9g

1位:aisen靴ヒモ洗い付シューズブラシ

aisen靴ヒモ洗い付シューズブラシ

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーブ柄でラクラク奥まで綺麗!ガンコな汚れもハードミニブラシで簡単!

ヘッド部分は0.045mmの極細ブラシとナイロンブラシが付いていて、カーブした柄が持ちやすく、靴の奥のほうまで簡単に届くようになっています。極細ブラシがデコボコした面の汚れにも対応でき、しっかり弾力のあるナイロンブラシのほうは表面の汚れを落とせるという万能な両ヘッドです。
 
 
ガンコな泥汚れもササッと簡単に落とせて、くつ紐のしごき洗いができるフック穴も付いています。
 
サイズ4.8×2.8×27cm本体重量34g
材質柄/ポリプロピレン、頭/ポリウレタンフォーム,ポリエステル,ナイロン

その他のおすすめ靴洗い用ブラシ4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。

 

商品によって形も特徴もさまざまで、おすすめポイントがたくさんあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

オーエLウオッシュフィットシューズブラシ

オーエLウオッシュフィットシューズブラシ

価格:230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑りにくくて疲れない!手のひらにフィットするブラシ!

手のひらにピッタリとフィットする形状で力が入れやすく滑りにくいタイプです。お子様の小さな手にもフィットして洗いやすくなっています。上下にサイズの違うブラシが付いていて、靴の表面や内部は広い面の部分で、汚れがひどい部分や細かな溝部分などは細かい方でしっかり洗うことができます。

 

適度な硬さの毛なので上履き・運動靴・スニーカー洗いに最適です。

サイズ約幅23×奥行4×高さ2.5cm重量約45g
素材柄/ポリプロピレン,オレフィン系エラストマー、毛/ポリプロピレン

オーエマイランドリー2チビッ子シューズクリーナー

オーエマイランドリー2チビッ子シューズクリーナー

価格:225円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまさまな靴にこれ1本でスッキリ!生地を傷めにくい天然素材ブラシ!

靴の生地を傷めにくい天然素材のブラシです。最適サイズのヘッドは、幼児用のシューズから大人の運動靴までさまさまな靴に使えます。柄は指で押さえる部分がフィットする凹形状になっていて力が入れやすくなっています。

 

靴の内側部分や溝部分の隅ずみまで洗いやすいヘラ&ミニブラシ付きで、靴全体をこれ1本で全て気になる汚れを落とすことができます。

 
材質柄/ポリプロピレン、ブラシ/ポリプロピレン,純植物性繊維重量81.6g

ソニックスクラバー電動シューズブラシ

ソニックスクラバー電動シューズブラシ

価格:1,909円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラクラク簡単!パワフル電動クリーナーで奥までピカピカ!

電動で靴を洗うことのできる電動シューズクリーナーです。毎分8000回の高速反復回転で、ゴシゴシ擦り洗いをしなくても汚れを生地の奥の奥から除去してくれます。電池込みでも約200gの軽量で腕が疲れにくく長く使えますし、防水タイプなので洗剤を使って洗うこともできます。

 

内側用ソフトブラシは角度つきで靴の奥まで洗えて、外側・底部用ブラシは、やや硬めで頑固な汚れも綺麗に落とせます。

 
サイズ幅4×奥行3.5×高さ28.3cm(内側用ソフトブラシセット時)重量218g(内側用ソフトブラシ
単三乾電池4本セット時)素材ABS,TPE,POM,ナイロン

マーナわんぱくシューズブラシ

マーナわんぱくシューズブラシ

価格:350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

W植毛で泡立ち抜群!生地を傷めず細部までかき出す!

洗剤の泡立ち・泡もちがとても良く、生地を傷めにくい両側植毛タイプのブラシです。持ち手の柄の部分は、指ストッパー付いていて力が入れやすく滑りにくくなっています。表面も細部もしっかり洗えるかき出しブラシ付きでガンコな汚れもすっきり洗えます。

 

裏側部分には靴底の砂や小石を落とすのに便利な泥かきが付いています。

サイズ約幅23×奥32×高4.5cm本体重量約27g
材質本体/PP、毛/パキンPP,ナイロン

靴洗い用ブラシの売れ筋ランキングをチェック

参考までに靴洗い用ブラシの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


靴洗い用ブラシには、洗う靴の生地や部分・洗う人によっても最適なブラシが異なります。

 

  • 素材
  • サイズ

 

特徴をしっかりと確認してご自分にピッタリの靴洗い用ブラシを探してみてください。簡単に隅々まで靴を磨いて、綺麗な靴で楽しくお出掛けしましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ