記事ID135388のサムネイル画像

【初心者からプロまで】シュノーケルマスクおすすめ人気ランキング10選

シュノーケリングは、水面や浅瀬を遊泳するマリンスポーツです。息継ぎなしで呼吸をするためのパイプ「シュノーケル」を咥え、専用のマスクを装着することで、水中の景色を楽しむことができます。今回はシュノーケルマスクに焦点を当てて、選び方やおすすめの商品をご紹介します。

シュノーケリングはマスクが大事!

シュノーケリングとは、シュノーケルと呼ばれるパイプ状の呼吸器を付けて行うマリンスポーツです。浅瀬で楽しめ、息継ぎも必要ないため、泳ぎが苦手な人や小さなお子様でも楽しめることが特徴です。

 

老若男女を問わず気軽にできるシュノーケリングですが、アイテム選びに一工夫加えることで、より快適なシュノーケリングを楽しむことができます。中でも重要なのがシュノーケルマスク。海中の景色を楽しむためには、水中がはっきりと見えるものを使いたいですよね。

 

ということで今回は、おすすめのシュノーケルマスクをご紹介いたします。選び方のポイントもいくつかご紹介いたしますので、どのシュノーケルマスクを選べばいいのかわからない方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

シュノーケルマスクの選び方

一口に「シュノーケルマスク」といっても、実はさまざまな種類が存在します。それぞれの特徴、メリットやデメリットをよく理解したうえで、自分に合ったシュノーケルマスクを選びましょう。

レンズの種類で選ぶ

シュノーケルマスクには、「一眼タイプ」と「二眼タイプ」の二種類があります。

一眼タイプ

一眼タイプのマスクは、レンズの中央に仕切りがないため、二眼タイプのマスクよりも広い視界で水中を楽しむことができます。ただし内容積が大きいため、マスクの中に入った海水を水中で出すマスククリアが、初心者の方にとっては少し難しいかもしれません。

 

とはいえ、このマスククリアの問題は、慣れればそれほど気になりません。さらに最近では、内容積を小さくした一眼マスクも登場していますので、広い視界を優先したい初心者の方は、そのあたりも調べてみるといいかもしれません。

 

ちなみに近視用や老眼用レンズとの交換ができないため、視力の悪い方にはあまりおすすめできません。コンタクトレンズをつけてシュノーケリングマスクをつけるのであれば、マスク内に水が入ってくる可能性もあるので、使い捨てコンタクトレンズの使用をおすすめいたします。

二眼タイプ

二眼タイプのマスクは、中央に仕切りがあり、左右のレンズが独立しています。そのため視野の広さは一眼タイプより狭くなりますが、近視用や老眼用のレンズに取り替えることができ、視力の悪い方でも水中の景色をしっかりと楽しむことができます。

 

また、基本的には一眼タイプよりも内容積が小さいため、マスククリアが簡単にできることも特徴です。少ない息の量でマスククリアができるので、肺活量の少ない女性や年配の方は、こちらのタイプの方が安心できるかもしれません。

 

ちなみにラインナップが一眼タイプより豊富で、デザインやカラーの選択肢が充実しています。ただし、一眼タイプのデザインを好む方もいるので、そのあたりのこだわりは個人にお任せいたします。

スカートの色で選ぶ

シュノーケルマスクの「スカート」とは、マスクの直接顔に触れる部分のことです。
大きく分けて「透明タイプ」と「着色タイプ」があり、それぞれに特徴があります。

透明タイプ

スカート部分が透明のタイプは、外から光が入ってくるため、視界が明るいことが最大の特徴です。また、表情が読み取りやすいため、着色タイプよりも写真映りがよくなるというメリットがあります。

 

ちなみに相手とのコミュニケーションが取り易いため、インストラクターが初心者の方に着用してほしいのも、こちらの透明タイプだそうです。ですのでシュノーケリングの教室などに参加される方は、こちらのタイプを使用された方がいいかもしれません。

 

ただし透明なため、長く使用していると黄ばんでくるというデメリットがあります。原因は太陽光のため、野外スポーツであるシュノーケリングでは、黄ばみを完全に防ぐことは難しいです。黄ばみがどうしても気になる方は、着色タイプのマスクをおすすめします。

着色タイプ

スカート部分が着色されているタイプ(ブラックが多いですね。)は、透明タイプと比べて、外からの光が遮断されるという特徴があります。そのため透明タイプよりも視界が暗くなるのですが、実はこれには意外なメリットがあります。

 

そのメリットとは、水中写真が撮りやすいことです。余分な光を遮ることができるので、水中でカメラ等のファインダーを覗いた時に、視界が明瞭になるのです。ですので水中で写真を撮りたい方は、こちらの着色タイプ、特に黒色のものをおすすめします。

 

デメリットとしては、シリコンゴムを純粋な状態で使用している透明タイプとは違い、着色のための不純物が混ざっているため、耐久性が落ちているという点があげられます。とはいえ普段使いをする分には、それほど問題ではないでしょう。

ブランドで選ぶ

さまざまな会社がシュノーケルマスクを販売しているため、有名ブランドからマスク選ぶというのも一つの方法です。今回は、数あるブランドの中でも大手の三つをご紹介いたします。

ReefTourer(リーフツアラー)

ReefTourer(リーフツアラー)は、株式会社タバタが手掛けるシュノーケリング専門のブランドです。タバタは、世界中のダイバーから高い評価を得ている国内ブランド「TUSA」で有名な会社です。

 

大人から子供まで、海や川遊びを楽しむためのアイテムを幅広く展開し、その出荷数は国内トップシェアを誇ります。安全性と耐久性、使いやすさはどれも高水準で、シュノーケリングアイテムのメーカーといえば、真っ先に名前が挙がる会社です。

 

余談ですが、リーフツアラーの公式サイトでは、製品情報のほかに、シュノーケリングスポットやWEB講座など、シュノーケリングに関する情報がわかりやすく掲載されています。これからシュノーケリングを始めるという方は、ぜひ見ておいた方がいいサイトです。

AQA(エーキューエー)

AQA(エーキューエー)は、老舗マリンスポーツメーカーである株式会社キヌガワが手掛ける、シュノーケリング関連製品を取り扱う国内ブランドです。安全で快適性の高い製品を展開しています。

 

「もっと手軽に、もっと安全に、マリンスポーツを多くの人に楽しんでもらいたい。」をコンセプトにした製品は、リーズナブルな価格帯でありながら、高い性能と耐久性を誇り、シンプルで使いやすいデザインは幅広い世代に愛されています。

 

専門知識を持つスタッフの方が、製品の使用方法や保管方法などの各種お問い合わせに丁寧に対応してくださる「お客様相談室」も用意されていたりと、サポート体制も充実しています。

Hele i Waho(ヘレイワホ)

Hele i Waho(ヘレイワホ)は、「人と海を繋げたい」という想いから生まれたマリンスポーツのブランドです。日本の会社で、ダイビングやシュノーケリングに魅了されたインストラクターの方がクリエイターも手掛けています。

 

ちなみに「ヘレイワホ」とは、「外に遊びに行こう!」を意味するハワイのローカルランゲージです。ヘレイワホの製品は基本的に、ハワイからインスピレーションを受けて制作されていることも大きな特徴です。

 

マリンスポーツに関するアイテムが幅広く展開されていますが、中でもウェットスーツの評価が特に高いことで有名です。シュノーケリングは、基本的には水着の上にウェットスーツを着て行うので、ここでウェットスーツをチェックしておいてもいいかもしれません。

デザインで選ぶ

同じ機能を持つシュノーケルマスクであれば、やはりデザインが好みのシュノーケルマスクに心惹かれるのではないでしょうか。フレームの形やカラーリングなど、各メーカーが独自の幅広いデザインを展開しています。

 

顔の半分を覆うのですから、当然フレームの形や色味によって、マスク装着時の印象はガラリと変わります。 実際に試着したり、装着時の様子をイメージして選ぶことも、重要なポイントです。

 

自分の求めるレンズやスカートのタイプ、素材が決まった後は、デザインが好みのものや、自分に似合うデザインのタイプを選択してみるのもいいかもしれません。シュノーケリングは、ファッションも楽しむことができるのです。

シュノーケルマスクの人気ランキング10選

第10位

QSEKCH

QSEKCH シュノーケルマスク フルフェイス型

価格:2,520円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新感覚のマスク

近年話題となっている、フルフェイス型のシュノーケルマスクです。顔全体を覆うマスクとスノーケルが一体となっており、マウスピースを咥える必要がない、新しい感覚のシュノーケルマスクとなっています。

 

通常のスノーケルの場合、水中では口呼吸しかできませんが、このタイプは鼻呼吸ができることが最大の特徴です。シュノーケリング界の常識を打ち破った、まさに画期的なマスクといえるでしょう。

 

従来のシュノーケルマスクとは性能もデザインも大きく異なるため、好みがわかれる商品となっていますが、相性の良い人方や新しいものが好きな方にはおすすめの商品となっています。

ブラックレンズタイプ一眼(フルフェイス)
第9位

MaiGoo-JP〔メーカー直営店〕

Cevapro K2 シュノーケルマスク

価格:7,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気を最大限取り込める

シュノーケリングの口呼吸に抵抗がある方は、こちらのマスクをためしてみてはいかがでしょうか。見た目だけで強烈なインパクトを放っているこちらのシュノーケルマスクは、なんと吸気口と排気口が別々になっているのです。

 

通常のフルフェイス型マスクにはない、2つのドライトップとシュノーケルが装備され、外からの空気は吸気バルブを通して鼻へ送りこまれ、吐き出された息は、マスク内のツイン排気バルブから迅速に外へ排出されます。

 

この独自の構造により、口からも鼻からも、まるで地上にいる時と同じ感覚で呼吸をすることが可能です。逆流防止弁も付いているため、吐いた二酸化炭素が鼻部分の空間へ逆流することもなく、新鮮な空気がマスク内を循環します。

ブラックレンズタイプ一眼(フルフェイス)
第8位

コンポジット

FIELDOOR ダイビングマスク

価格:3,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなバイカラー

アウトドア用品を手がけるFIELDOORから販売されているシュノーケルマスクです。強化ガラスが使用されたレンズや、肌に優しく、顔にフィットしやすいシリコン素材のスカートなど、人気のシュノーケルマスクに求められている要素がしっかりと押さえられています。

 

フィンもついている3点セットでありながら、値段がリーズナブルな点も嬉しいポイントですね。マスクとシュノーケル、フィンの3つがあれば、簡易的なシュノーケリングができるといわれています。

 

クリアとブラックのバイカラーであるためデザイン性も高いです。おしゃれにこだわりながらも手早くシュノーケリングセットが揃えられるので、デザインが好みの方にはおすすめのセットとなっています。

クリア、ブラックレンズタイプ一眼
第7位

bluewayjp

Zenoplige シュノーケルセット

価格:4,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GoProに対応

こちらもフィンがそろった3点セットの商品ですが、マスクにGoProカメラを取り付けられるマウントがついているという特徴があります。GoProを使用すれば、通常のシュノーケリングをよりアクティブなものへ進化させることが可能です。

 

スカートの素材には、ソフトなタッチで肌にも優しいシリコンゴムが使用されています。臭いもなく、フィット感にも優れているため、シュノーケリングの最中に水が入ってくることを防ぎます。

 

曇り止め加工がしっかりとされているため、レビューでは視界がクリアと評価されています。また、デザインに高級感があるというレビュー評価もあるため、高級感を求める方には、おすすめのセットとなっています。

ブラックレンズタイプ二眼
第6位

リーフツアラー(REEF TOURER)

リーフツアラー シュノーケリング3点セット

価格:3,674円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いコストパフォーマンス

シュノーケリングアイテムの最大手国内メーカー、リーフツアラーから販売されている3点セットです。さらに付属のバッグは、厚手のビニール素材で底がメッシュになっているので、洗った道具をそのまま入れる、持ち運びに便利なものとなっています。

 

これだけでシュノーケリングを始めることができるセットであるにもかかわらず、この価格設定は破格です。驚きの安さといえます。それでいて、シュノーケルマスクに求められる要素はしっかりと満たしています。

 

まず、マスクレンズには耐久度の高いテンパードガラスが使用されています。スカート素材も、肌に優しく、顔にフィットしやすいシリコン素材が使われており、「マスクの中に水が入ってこない」とレビューで高く評価されています。

ブラックレンズタイプ一眼
第5位

bluewayjp

Zenoplige シュノーケルセット

価格:2,350円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い使用が可能

こちらのマスクは、シュノーケリングはもちろんのこと、スキンダイビングやダイビングにも問題なく使えることを謳っている、高耐久で高品質なシュノーケルマスクとなっています。

 

その理由は、マスクレンズにあります。自動車のサイドウインドウにも使用されている、焼き入れ強化がされた割れにくいガラスを使用しているのです。さらに、たとえ割れた場合でも、破片が鋭角にならない安全設計です。

 

曇り止め加工もされているため視界もクリアで、視界の良さを評価するレビューが目立ちます。シリコン素材で付け心地も良く、ストラップでの調整が簡単な点も、嬉しいポイントです。

ブルーレンズタイプ一眼
第4位

PenTon

PenTon シュノーケルセット

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的防曇

とにかく曇り止めに力を入れているシュノーケルマスクです。最新の防曇技術処理が施されているため、クリアな視界を最大限に保つことが可能です。レビューでもその「曇らなさ」が絶賛されており、効果の高さを読み取ることができます。

 

抗UV効果、耐衝撃性、耐久性にも優れており、安全な使用が可能です。スカートの素材はシリコンを使用しているため、肌にやさしく、フィット感に優れている点も、高い評価を得ています。

 

ちなみに、セットとして耳栓と鼻栓もついています。無くてもシュノーケリングは可能ではありますが、どちらもあったら嬉しい便利なアイテムです。初心者の方にとっては特におすすめのポイントです。

ブラックレンズタイプ一眼
第3位

Chamsaler

Chamsaler goproダイビングマスク

価格:3,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超広角設計

このマスクの最大の特徴は、超広角設計の、ワイドビューシュノーケルマスクということです。とにかく視界が広い上に、GoProを取り付けることのできるマウントも付いています。そのためレビューでは、視界の良さを評価する投稿が目立ちます。

 

強化ガラスで作られたレンズに、曇り止め、水止め性能がある点も、視界を妨げることのない重要なポイントです。視界の広さを求める方には、特におすすめのセットとなっています。

 

スカートの素材にもやわらかいシリコンゴムが使用されているため、しっかりとしたフィット感も嬉しいポイントです。また、シリコンゴムは肌にも優しく、アレルギー防止にも繋がることが謳われています。

クリア、ブラックレンズタイプ二眼
第2位

HIKING

HIKING シュノーケルセット

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人から子供まで使用可能

海外の最新デザインを使用した、独特なデザインのシュノーケルマスクです。マスクのデザインで周りとの差をつけたい方は、こちらのマスクはいかがでしょうか。もちろんデザインだけでなく、広い視界と、曇り止め機能、UVカット機能も備えています。

 

デザインでもなかなかインパクトのあるマスクですが、もう一つの面白い特徴は、最大頭囲42cmまで調整できるストラップの長さです。幅広い調整が可能なため、大人から子供まで使用することのできるシュノーケルマスクとなっています。

 

また、驚くべきは、投稿されているレビューがほとんど高評価であるという点です。低評価は一つもありません。レビューによると、とにかくマスクの中に水が入らないそうで、そのあたりも人気の高さに繋がっているようです。

ブルーレンズタイプ二眼
第1位

Flycreat

Flycreat シュノーケルセット 大人用

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアな視界と抜群のフィット感

こちらのマスクは、amazonの売れ筋ランキング、シュノーケル部門でも第1位を獲得している人気商品です。マスクのレンズは強化ガラスを使用することで高い耐久力を持ち、飛散防止加工もされているため、非常に安全なつくりになっています。

 

また、曇り止め性能が高く、「視界が非常にクリア」という口コミが数多く見受けられます。シリコンゴムを使用したスカート部分は、フィット感はもちろんのこと、鼻の部分もしっかりとカバーすることで、鼻からの浸水を防ぎます。

 

水中でありながら自然な呼吸感が実現された、快適なシュノーケルマスクです。シュノーケルマスクに求められる要素が全て詰まっていながら、価格は非常にリーズナブルという点で、幅広い人気を獲得しています。

イエローレンズタイプ一眼

シュノーケルマスクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4937053の画像

    Flycreat

  • 2
    アイテムID:4937124の画像

    HIKING

  • 3
    アイテムID:4938488の画像

    Chamsaler

  • 4
    アイテムID:4937106の画像

    PenTon

  • 5
    アイテムID:4944067の画像

    bluewayjp

  • 6
    アイテムID:4945225の画像

    リーフツアラー(REEF TOURER)

  • 7
    アイテムID:4937092の画像

    bluewayjp

  • 8
    アイテムID:4945305の画像

    コンポジット

  • 9
    アイテムID:4945203の画像

    MaiGoo-JP〔メーカー直営店〕

  • 10
    アイテムID:4945188の画像

    QSEKCH

  • 商品名
  • Flycreat シュノーケルセット 大人用
  • HIKING シュノーケルセット
  • Chamsaler goproダイビングマスク
  • PenTon シュノーケルセット
  • Zenoplige シュノーケルセット
  • リーフツアラー シュノーケリング3点セット
  • Zenoplige シュノーケルセット
  • FIELDOOR ダイビングマスク
  • Cevapro K2 シュノーケルマスク
  • QSEKCH シュノーケルマスク フルフェイス型
  • 特徴
  • クリアな視界と抜群のフィット感
  • 大人から子供まで使用可能
  • 超広角設計
  • 本格的防曇
  • 幅広い使用が可能
  • 高いコストパフォーマンス
  • GoProに対応
  • おしゃれなバイカラー
  • 空気を最大限取り込める
  • 新感覚のマスク
  • 価格
  • 2480円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 3180円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 2350円(税込)
  • 3674円(税込)
  • 4299円(税込)
  • 3900円(税込)
  • 7899円(税込)
  • 2520円(税込)
  • イエロー
  • ブルー
  • クリア、ブラック
  • ブラック
  • ブルー
  • ブラック
  • ブラック
  • クリア、ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • レンズタイプ
  • 一眼
  • 二眼
  • 二眼
  • 一眼
  • 一眼
  • 一眼
  • 二眼
  • 一眼
  • 一眼(フルフェイス)
  • 一眼(フルフェイス)

おすすめの関連商品はこちら

まとめ

さて、今回はシュノーケルマスクの選び方やおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。自分の目的に合わせたシュノーケルマスクを選ぶことで、あなたのシュノーケリングライフはさらに快適なものになるはずです。これからシュノーケリングを始めるという方も、新しいマスクへの買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ