記事ID135385のサムネイル画像

【美味しくヘルシー】スチームオーブンレンジおすすめランキング10選

水蒸気の力を利用してヘルシーな料理を簡単に作れるスチームオーブンレンジは、近年注目を集めています。現在では、本格的な料理ができる多機能なモデルから、小型のモデルまで多様に販売されています。そこで、今回はおすすめのスチームオーブンレンジ10選をご紹介します。

スチームオーブンレンジで美味しくヘルシーに

スチームオーブンレンジは、レンジ庫内に水蒸気を発生させて食材の乾燥を防ぎながら、食材を美味しく調理する家電です。食材の内部までしっかりと加熱できるのが特徴です。

 

一般的なオーブンレンジは、ヒーターの熱を使って調理するので表面をパリッと焼くことができるのがメリットです。しかし、食材が乾燥しやすく肉や魚の脂を内部に閉じ込めてしまう点がデメリットと言えます。

 

これに対し、スチームオーブンレンジはスチームや過熱水蒸気で、食材の乾燥を防ぎながら調理できます。食材が乾燥することなくしっとりと、内部はふんわり仕上がるのが特徴です。また、魚や肉の脂を適度に落としたヘルシー料理ができるのも魅力です。

 

スチームオーブンレンジの選び方

ここでは、スチームオーブンレンジを購入したいけど、色んな製品があって、どれを選べば良いか分からないという方に向けて選び方のポイントを紹介します。スチームレンジを選ぶ際には、いくつか確認しておきたいポイントがありますので見ていきましょう。

加熱方式で選ぶ

スチームオーブンレンジで水を使った加熱方式は、「スチーム」と「加熱水蒸気」の2種類あります。大きな違いは水を使って焼くことができるかどうかです。その点にも注目して選ぶと良いでしょう。

簡易スチーム式

簡易スチーム式は、発生させたスチームで食材の温めと蒸し料理が可能なタイプです。特に温めと蒸すだけの機能に特化したタイプなので、機能がシンプルで比較的安い価格で購入できるのが特徴です。

 

ですから、予算に限りがある方や簡単な料理しかしない方であれば、簡易スチーム式のスチームオーブンレンジでも良いでしょう。

過熱水蒸気式

加熱水蒸気式は、通常のオーブンに比べて熱風がパワフルです。過熱した高音のヒーターを放出するため、温めや蒸す料理だけでなく「食材を焼く」こともできるのが特徴です。食材の外側はふっくらと内側はしっとりと、食材の脂を落としたヘルシー調理ができるのが最大の魅力です。

 

ヒーターを使って焼く一般的なオーブンよりも、余計な油分や塩分を取り除き、失われがちな栄養素を維持しながら調理できるというメリットがあります。 

 

通常より価格は高めですが、ヘルシーな調理が手軽にできるので根強い人気があります。お菓子作り、肉料理にこだわりたい方は、食材をしっとりと仕上げる過熱水蒸気式のスチームオーブンレンジがおすすめです。

スチームの発生方法で選ぶ

スチームオーブンレンジは、スチームの発生方式に違いがあります。スチームの発生方式には、角皿式水タンク式がありますが、それぞれ特徴を知ることで、より自分に合った商品を選びやすくなります。

角皿式

角皿式は、角皿に水を入れ、庫内を加熱してスチームを発生させる仕組みです。丸洗いできるため手入れが楽で、比較的お手頃価格のモデルが多くラインナップされています。初めて購入する方におすすめです。

 

ただ、角皿スチームで発生させるスチームは、弱いことが多く大量のスチームや効果的なスチームは発生しにくいと言われています。

タンク式

タンク式は、専用の水タンクに水を入れ、タンク内で水を沸騰させることで水が蒸発しスチームが発生する仕組みです。 カセット式とも呼ばれることがあり、高温の過熱水蒸気を出すことができます。

 

スチームが強力であり、スチームを利用した加熱のメリットを大いに受けられるのはタンク式です。特に、トーストや蒸し料理に使いたいのであれば、充分なスチームが出るタンク式がしっとり仕上がりおすすめです。

容量で選ぶ

スチームオーブンレンジの容量は、一度に調理する量を参考に決めとよいでしょう。小さすぎると数回繰り返して使うことになりますし、大きすぎると電力を無駄に使うことになりますので、その点にも注目して選びましょう。

一人暮らしにおすすめ20L前後

一人暮らしの方や、メインの料理以外の単品のおかずなどにしか使用しないのであれば、これくらいの大きさで十分足りるのではないでしょうか。この容量タイプなら、省スペースで置くこともできるので、あまりキッチンのスペースを使いたくない方にもおすすめです。

二人分におすすめ25L

2人分程度の調理に向いているのが25L前後の容量のスチームオーブンレンジです。このタイプは各メーカーもメインで販売している容量のタイプなので、ご自分のお好みの商品を見つけやすいのではないでしょうか。また、付属機能などによっても価格が変わります。

メインのおかずを作るのにおすすめ30L前後

スチームオーブンレンジの中では大型に属する容量です。家族が3人以上、または主にメインのおかずを作るのに使うのであれば、これぐらいの容量があるタイプがおすすめです。

 

機能も充実しているモデルが多いので、不要な機能が付いていないタイプを選ぶことで価格を抑えることも可能です。容量が多い分、本体が大きいので、置くスペースに余裕があるご家庭の方が使い勝手が良いでしょう。

センサーで選ぶ

スチームオーブンレンジには、いろいろな種類のセンサーが搭載されています。できるだけ精度の高いセンサーが使われているスチームレンジを選ぶのがおすすめです。上位機種では、複数のセンサーを搭載しているものもあります。

赤外線センサー

赤外線センサーは、調理している食品から発せられる赤外線を察知して調理を判断するという仕組みです。誤差が少ないセンサーと言われています。

 

赤外線センサーは食品の温度そのものを検知することができるので、食品の重量や蒸気量などの曖昧な要素ではなく、「自動あたため」の場合でも丁度良い温度まで温めてくれる点が特徴です。

 

どのセンサーが搭載されているスチームオーブンレンジを選ぶか迷った場合は、まず、赤外線センサーを選んでおくのが良いでしょう。

温度センサー

温度センサーと聞くと、一番正確に温度を正確に測定してくれるのではないかと期待してしまうかもしれませんが、ここでいう温度とは食品ではなく、スチームレンジ庫内の温度を指します。

 

スチームレンジは、食品の温度よりも先に庫内の温度が上昇する性質があるので、温度センサーでは正確な判断ができないこともあります。

湿度センサー

湿度センサーは、、調理している食品の湿度を感知するセンサーです。食品を温めることにより発生する水蒸気で調理の判断をします。そのため、食品に蓋をしていたり、ラップをかけていたりすると正しく判断できないことがあります。

 

また、水分をあまり含んでいない食品を加熱する場合は、必要以上に加熱時間が伸びてしまう可能性があります。

重量センサー

食品が温まることによって、水蒸気が発生しますが、その重量の変化を感知することで調理の判断をするのが重量センサーの仕組みです。しかし、容器と食品の重さを分けて判断することができないため、誤差が出る場合があります。

 

レンジ機能での加熱は、食材の重さが分かることで加熱時間が決まります。「解凍」や「あたためオート」などのオートメニューではセンサーで検出した重さから演算した加熱時間で加熱することによって適温に仕上げることができます。

 

重量センサーは、一番簡単な測定方法のセンサーなので、リーズナブルな機種にも搭載されていることが多いセンサーです。

 

人気のメーカーで選ぶ

スチームオーブンレンジは、様々なメーカーが発売しています。初めてスチームオーブンレンジを購入する場合は、好きなメーカーや人気のメーカーから選んでみるのもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックのスチームオーブンレンジは、オーブンとグリルの火力が自慢です。特にグリル機能を進化させ時短調理を可能にした「ビストロ」シリーズが人気で、高反射のチタンコートグリル皿を採用し、ヒーターの温度上昇を早めることで、短時間での調理を可能としています。

 

ハイエンドモデルでは、「スピードスチーム機構」を搭載して、きめ細かい蒸気で庫内を満たすことで多彩なメニューをおいしく、早く仕上げられるのが魅力です。

東芝

東芝のスチームオーブンレンジは、高温で一気に焼き上げる「石窯ドーム」シリーズが人気です。ハイエンドモデルでは、約350℃の超高温で加熱ムラなく美味しく仕上げる「熱風オーブン」機能を搭載しています。パンを美味しく焼けると、とても人気があります。

 

また、モデルによってスチームの方式やオーブンの温度を変えているのもポイントです。ラインナップが豊富なのでご自分が望むタイプを選びやすいのが魅力です。また、比較的コンパクトな製品が多いので、スペースの限られているマンションなどでも設置しやすいといえます。

シャープ(SHARP)

スチームオーブンレンジの先駆けともいえる存在のシャープ。特にウォーターオーブン「ヘルシオ」が有名です。

 

一般的なスチームオーブンレンジは、過熱水蒸気とヒーターなどを組み合わせた加熱調理法がメインですが、ヘルシオは一貫して加熱水蒸気だけで調理するのが最大の特徴です。そのことを他社と区別するために、シャープは「ウォーターオーブン」と呼んでいます。

 

さまざまな料理をおいしく、ヘルシーに仕上げられるのがポイント。また、ヘルシオシリーズだけでなく、過熱水蒸気オーブンレンジや簡易オーブンレンジも手掛けています。

日立製作所

日立のスチームオーブンレンジは、電子レンジとしての基本性能が高いという特徴があります。また、全体的に価格がリーズナブルで購入しやすいとも言えます。多彩なオートメニューも魅力。

 

人気の「ヘルシーシェフ」は、食材の重量と温度を計って火加減する「Wスキャン」を搭載しています。加熱のパワーと時間を自動でコントロールし、レンジ・オーブン・グリル・スチーム・過熱水蒸気を組み合わせておいしくヘルシーに仕上げることができます。

スチームオーブンレンジおすすめランキング10選

第10位

パナソニック

スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS605

価格:35,815円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

炭火の直火焼きのような焼き上がりが魅力

NE-BS605」は、スタンダードタイプのモデルです。ロールパンや惣菜パンなどを、外はこんがり、中もしっかりあたためる「パンのあたため」機能を搭載。ドライフルーツなどのこだわりメニューに適した「低温オーブン」機能で、幅広いメニューに対応します。

 

また、「ビストログリル皿」は遠赤ヒーターとビストログリル皿で上下から加熱するので裏返す手間がいりません。炭火の直火焼きのように、肉や魚をこんがりと焼きたい方におすすめの機種です。

 

スチーム機能は、過熱水蒸気を利用できるのは、一部のメニューのみという点で、やや物足りなさがあります。ですが、ノンフライ料理で、唐揚げやなどには対応できますのであまり凝った料理を作らない方は、シンプルなこちらの機種がおすすめです。

内容量26L外形寸法幅500×高さ347×奥行400mm
加熱方式過熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク式
センサースイングサーチ赤外線
第9位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

スチームオーブンレンジ MS-2402

価格:21,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的なコスパの好さが自慢

アイリスオーヤマのMS-2402 は、水タンク式で2万円前後と、他社と比較して圧倒的なコスパの良さが魅力の1台です。水タンク式スチームを採用する機種としては非常にお手頃価格で、気軽に試せるため、初めての方でも入門用に最適の機種ではないでしょうか。

 

ただし、レンジ出力とセンサーが弱いことや、トーストが焼けないといった点がデメリットです。こういった点が他のモデルとの価格差であると言えるでしょう。ただ、この機能でこの価格は口コミでの満足度も非常に高い人気の機種です。

 

内容量24L外形寸法幅511x高さ332x奥行403 mm
加熱方式過熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク式
センサー赤外線センサー
第8位

日立

スチームオーブンレンジ MRO-VW1

価格:46,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立の最高級機。業界屈指の電子レンジ機能が魅力

「MRO-VW1」 は、日立の最高級機です。日立は比較的安価なメーカーで、特に電子レンジの機能が高いのが特徴です。週末には凝った料理もするけれど、平日は冷凍食品などの利用頻度が多いご家庭などは、電子レンジ機能が優秀なこちらの機種はおすすめです。

 

オーブン機能では立ち上がり時間の速さが魅力です。オーブンのパワーでは、オーブンの火力が自慢の東芝には劣りますが、ダブル高速ヒーターを採用し、200度までの立ち上げりは東芝よりも10秒早い、4分50秒です。

 

グリル機能は、上火にそこそこの火力があるため、高級機としの標準的な能力は期待できます。また、食品の分量に合わせて火加減をコントロールする「Wスキャン調理」機能も搭載。ゆとりがあるフラットな庫内で、手入れがしやすい仕様も魅力です。

内容量30L外形寸法幅447×奥行449×高さ375mm
加熱方式過熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク式
センサートリプル重量/8眼赤外線/ 温度
第7位

東芝

スチームオーブンレンジ ER-SD7000

価格:88,031円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界最高レベルの350℃熱風の2段オーブン

「ER-RD7000」は、石窯ドームシリーズのプレミアムモデルであり、東芝の最上位機種です。オーブン機能がとても優秀で、350度の高火力で素早く加熱する「石窯ドーム」構造により、食材の旨味や水分をギュッと閉じ込め、おいしく仕上げます。

 

初心者でも通常4時間程度かかるフランスパンが約1時間で作れるという「お手軽パン」メニューも人気。食品や庫内の温度を広範囲に検知する「高精度トリプルセンサー」や、加熱ムラを抑えて加熱する「大型アンテナ」を搭載しています。

 

高火力で高機能、とにかく強力なオーブン機能が魅力の1台です。パンやお菓子作りを楽しむ料理好きから好評を得ている石窯シリーズですが、ER-SD7000は時短や省手間の機能がブラッシュアップされ、料理初心者の方でもより使いやすいモデルへと生まれ変わっています。

内容量30L外形寸法幅498×奥行399×高さ396mm
加熱方式過熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク式
センサー高精度トリプル赤外線
第6位

パナソニック(Panasonic)

ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS905

価格:63,102円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能ながら業界最小の設置スペースモデル

「NE-BS904」は、パナソニックのビストロシリーズの中位機です。「チタンコートグリル皿」と「新マイクロ波制御」により上火と下火のW火力アップを実現しています。30Lタイプでも業界最小の設置スペースで、高さ45cmに入るコンパクト設計で2段調理も可能です。

 

上位機種(BS1500)と同じく64眼スピードセンサー、チタンコートグリル皿を採用しており、基本性能は上位機種と同じと考えてよいでしょう。相違点はカラー液晶が採用されていない点と、自動メニュー数が少ない点が挙げれます。

 

時短で焼き上げる「グリル機能」のほか、食品の分量などを見分けて、あたためたり解凍する「レンジ機能」、蒸し器いらずの「スチーム機能」なども備えています。

 

 

内容量30L外形寸法幅494x高さ370x奥行435 mm
加熱方式過熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク式
センサー高詳細64眼赤外線
第5位

シャープ(SHARP)

スチームオーブン ヘルシオAX-CA400

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで手軽に使える高性能機種

シャープの「ヘルシオAX-CA400」は、コンパクトサイズで手軽に使える1段調理のウォーターオーブンレンジです。なおこちらの機種には新モデルがありますが、本体色が白に変更になった他は、基本性能面で進化はありませんので、価格で決めてよいでしょう。

 

スチーム加熱は、本格的な水タンク式のウォーターオーブンで、水蒸気のみで完全に加熱します。加熱水蒸気だけで加熱する方式のため250度の温度を時間制限なしでキープできます。カロリーオフ調理減塩調理もでき、加熱水蒸気を利用する料理を重視する方に特におすすめです。

 

デザインもコンパクトで、機能も充実、コスパにも優れた人気機種です。「ウォーターオーブンで調理すると野菜や肉が、ジューシーで中までしっかりと焼けて本当に美味しい」など口コミでも大好評の1台です。

内容量18L外形寸法幅490x高さ345x奥行400 mm
加熱方式加熱水蒸気スチーム水タンク式
センサー温度センサー
第4位

シャープ(SHARP)

ヘルシオ AX-XW500

価格:81,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最先端の技術を詰め込んだハイグレードモデル

2段調理が可能な、ヘルシオシリーズハイグレードモデルです。30Lと大容量なので、大人数の料理を作るのにも最適です。過熱水蒸気は熱量が多いので、肉や魚などの焼き物料理も、こんがりおいしく焼き上げます。

 

AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」機能を搭載しているのもポイント。音声対話による操作や献立相談が可能。家族の好みを学習し、おすすめメニューも提案してくれます。まるで、心を持っているように成長する、AIを使った新しいサービスです。

 

そのほか、ボタンを押せば最適な調理方法で仕上げてくれる「まかせて調理」機能が搭載されているため、初心者の方でも簡単に調理できます。機械が苦手な方でも使いこなせる機能性に優れたスチームオーブンレンジです。

内容量30L外形寸法幅490×奥行435×高さ385mm
加熱方式加熱水蒸気スチーム水タンク式
センサー赤外線センサー・絶対湿度センサー・温度センサー
第3位

日立(HITACHI)

スチームオーブンレンジ MRO-TS8

価格:27,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘルシーなノンフライ調理と電子レンジ機能が魅力

MRO-TS8は、日立のヘルシーシェフ中位機です。100度以上に高めた過熱水蒸気やレンジ・オーブン・グリルの加熱方法の組み合わせにより、ノンフライのヘルシーメニューが作れると好評。庫内容量も31Lとかなり広々と使えるモデルです。

 

また、電子レンジ機能はこの機種の一番のおすすめポイントです。他社に見られる赤外線センサーと温度センサーに加えて、日立は3つの重量センサーを搭載しています。3つの重量センサーが、複数の食品を一緒に温める際も適切な温度に設定してくれます。

 

自動加熱時の過熱むらや、温め不足が殆んどありません。特にレンジの温め機能は普段多用する部分ですから、重視したい方にはぜひおすすめしたい機種です。価格も比較的お手頃で、高性能の人気機種です。

 

 

 

内容量31L外形寸法幅487x高さ365x奥行430 mm
加熱方式過熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク式
センサー温度・赤外線・トリプル重量
第2位

東芝

スチームオーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD8

価格:45,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遠赤効果が期待できるコンパクトな石窯オーブン

ER-SD80は、「石窯ドーム」のシリーズの人気製品です。小型サイズですので、一人暮らしの方にもおすすめです。加熱方式はパナソニックや日立と同じで、加熱水蒸気とヒーターを併用するタイプです。過熱水蒸気による「減油効果」についても、期待できるでしょう。

 

また、スチーム調理における温度設定については、35度~100度まで5度刻みで温度設定が可能です。ビタミンなどを熱で消失させずに調理できるためヘルシーな料理ができるのが魅力です。

 

オーブン機能が最大の魅力。石窯オーブンという名の通り、石窯を模した庫内で遠赤外線でふっくらと焼くことができます。コンパクトな石窯オーブンを求めている方におすすめの1台です。

内容量26L外形寸法幅480x高さ348x奥行400 mm
加熱方式加熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク
センサー赤外線・温度センサー
第1位

パナソニック(Panasonic)

3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS1500

価格:90,101円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

進化したグリル機能が充実

グリル性能が進化し、さらに時短調理が可能になったパナソニックの「ビストロ」。チタンコートグリル皿や3Dアンテナで調理時間を短縮できるグリル機能のほか、食品を瞬時に測定し分量などを見分け、あたため・解凍するレンジ機能も充実です。

 

特にグリル皿でいろいろ焼けるのが魅力です。口コミでも好評で「グリル皿でサンマを3匹同時に焼けることに感動」との声も。グリル皿の中央に卵を置くだけで、温泉卵やゆで卵が殻つきのまま完成します。

 

2品を1度に作る「合わせ技」機能も秀逸。自動メニューの「お手入れ」を押すだけで簡単お手入れできるのもポイントです。高密度で広範囲のヒーターを搭載しているので、時短調理をしたい方やグリル料理が多いご家庭におすすめです。

 

内容量30L外形寸法 幅494x高さ370x奥行435 mm
加熱方式加熱水蒸気とヒーターを併用スチーム水タンク
センサー高精細・64眼スピードセンサー

スチームオーブンレンジのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4934234の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:4935020の画像

    東芝

  • 3
    アイテムID:4934308の画像

    日立(HITACHI)

  • 4
    アイテムID:4934206の画像

    シャープ(SHARP)

  • 5
    アイテムID:4934410の画像

    シャープ(SHARP)

  • 6
    アイテムID:4934772の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 7
    アイテムID:4934616の画像

    東芝

  • 8
    アイテムID:4934695の画像

    日立

  • 9
    アイテムID:4934767の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 10
    アイテムID:4934727の画像

    パナソニック

  • 商品名
  • 3つ星ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS1500
  • スチームオーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD8
  • スチームオーブンレンジ MRO-TS8
  • ヘルシオ AX-XW500
  • スチームオーブン ヘルシオAX-CA400
  • ビストロ スチームオーブンレンジ NE-BS905
  • スチームオーブンレンジ ER-SD7000
  • スチームオーブンレンジ MRO-VW1
  • スチームオーブンレンジ MS-2402
  • スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS605
  • 特徴
  • 進化したグリル機能が充実
  • 遠赤効果が期待できるコンパクトな石窯オーブン
  • ヘルシーなノンフライ調理と電子レンジ機能が魅力
  • 最先端の技術を詰め込んだハイグレードモデル
  • コンパクトで手軽に使える高性能機種
  • 高機能ながら業界最小の設置スペースモデル
  • 業界最高レベルの350℃熱風の2段オーブン
  • 日立の最高級機。業界屈指の電子レンジ機能が魅力
  • 圧倒的なコスパの好さが自慢
  • 炭火の直火焼きのような焼き上がりが魅力
  • 価格
  • 90101円(税込)
  • 45800円(税込)
  • 27000円(税込)
  • 81500円(税込)
  • 37800円(税込)
  • 63102円(税込)
  • 88031円(税込)
  • 46240円(税込)
  • 21400円(税込)
  • 35815円(税込)
  • 内容量
  • 30L
  • 26L
  • 31L
  • 30L
  • 18L
  • 30L
  • 30L
  • 30L
  • 24L
  • 26L
  • 外形寸法
  • 幅494x高さ370x奥行435 mm
  • 幅480x高さ348x奥行400 mm
  • 幅487x高さ365x奥行430 mm
  • 幅490×奥行435×高さ385mm
  • 幅490x高さ345x奥行400 mm
  • 幅494x高さ370x奥行435 mm
  • 幅498×奥行399×高さ396mm
  • 幅447×奥行449×高さ375mm
  • 幅511x高さ332x奥行403 mm
  • 幅500×高さ347×奥行400mm
  • 加熱方式
  • 加熱水蒸気とヒーターを併用
  • 加熱水蒸気とヒーターを併用
  • 過熱水蒸気とヒーターを併用
  • 加熱水蒸気
  • 加熱水蒸気
  • 過熱水蒸気とヒーターを併用
  • 過熱水蒸気とヒーターを併用
  • 過熱水蒸気とヒーターを併用
  • 過熱水蒸気とヒーターを併用
  • 過熱水蒸気とヒーターを併用
  • スチーム
  • 水タンク
  • 水タンク
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • 水タンク式
  • センサー
  • 高精細・64眼スピードセンサー
  • 赤外線・温度センサー
  • 温度・赤外線・トリプル重量
  • 赤外線センサー・絶対湿度センサー・温度センサー
  • 温度センサー
  • 高詳細64眼赤外線
  • 高精度トリプル赤外線
  • トリプル重量/8眼赤外線/ 温度
  • 赤外線センサー
  • スイングサーチ赤外線

まとめ

おすすめのスチームオーブンレンジ10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?今回ランキングで紹介した以外にも様々な魅力的な機種があります。ライフスタイルや作りたい料理などご自分に合った商品を選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ