記事ID135355のサムネイル画像

【毎日の運動に】人気ウォーキングシューズのおすすめランキング10選

日々のウォーキングを日課にしている方も多いですが、疲れない靴やおしゃれな靴を選ぶのは簡単ではありません。ここでは、人気ブランドからメンズ、レディース共におすすめなウォーキングシューズを選び方のポイントを解説しながらランキング10選で紹介します。

意外と知らないウォーキングシューズの特徴

日々のウォーキングや旅行の際など、広い範囲で長距離を歩く場合に便利なのがウォーキングシューズです。軽く柔軟性がありトレーニングに向いているランニングシューズとは違い、歩きやすさと安定性を重視した構造になっているため、足にかかる負荷を減らすことができる魅力があります。

 

しかし、ウォーキングシューズを選ぶ際、種類の多さから自分の足に合う物を見つけるのが難しと感じる人も多く、歩きやすく耐久性の高い素材で作らてた靴やおしゃれでファッション性の高い靴など、それぞれに特徴や使い心地の違いがあるのです。

 

ここでは、基本的なランニングシューズの特徴を選び方のポイントとして解説し、メンズとレディース両方で人気のあるメーカーやブランドの商品などをおすすめの人気ウォーキングシューズランキング10選という形式でまとめ紹介していきます。

ウォーキングシューズの選び方

選び方のポイントは、ウォーキングシューズの特徴や強みを知っておくことにあります。基本的なことですが大切なので購入する際には参考にしてみてください。

ランニングシューズとウォーキングシューズの違いで選ぶ

ランニングシューズはスポーツに特化した機能が多いため、軽量で履きやすく足を動かしやすくなっています。しかし、耐久性のある素材のクッション性や歩く際の体重移動を考慮した衝撃緩和のような設計にはなっておらず、足の動かし方や体の姿勢の違いなどから余計な負担を増やすこともあるのです。

 

靴底に安定性がありクッション性も高い、ある程度の重量があって頑丈な作りになっている、つま先までしっかりとゆとりがあり通気性も高いなど、ウォーキングシューズの特徴を把握しておきましょう。

 

また、ウォーキングシューズは素材に合皮が使用されていることがほとんどです。これは、ランニングシューズよりも耐久性や防水性に優れているからで、メッシュ素材のように雨の日に履きにくいということもないのです。

足のサイズに注意して選ぶ

サイズ感はとても重要で、おすすめの目安はつま先に親指が入るくらい約10mmほどのゆとりがあるサイズです。また、厚手の靴下を使っているかたはもう少し余裕を持ち約15mmほどゆとりがあると良いです。ただ、20mm以上つま先にゆとりができると歩きづらくなるので注意しましょう。

店頭でサイズを測るときの注意点

幅のサイズは大きすぎたり足に当たりすぎる窮屈な物は選ばないようにして、ぴったりなサイズ感のある物が疲れにくくおすすめです。つま先や横幅などは、実際にお店で試し履きすると分かりやすく、左右の足の微妙な違いなどもインソールで調整してもらうのが良いでしょう。

 

特に、座った際にかかとを合わせつま先のフィット感や余裕があるかなどをチェックしましょう。また、足首が窮屈でなく自由になっていることも大切で、足が靴にぶつかっていて痛いなどの違和感を感じないようにサイズを合わせるのがおすすめです。

 

靴の表記もチェックしておく

靴幅の表記は足の幅を表しており、親指の根本と小指の根本の最も膨らんでいる部分を測った長さになります。この長さはワイズといい、Eから4Eまでの表記で表します。幅が広いほど数字が増えていき、高機能なウォーキングシューズは幅広モデルで3.5E~4Eが多くなっています。

 

靴幅が狭いと歩いている時の痛みに繋がるので、自分の足の幅をしっかりと測ってから選ぶのがおすすめです。

シーンにあったデザインで選ぶ

ウォーキングシューズは運動以外だけでなく通勤にも使用する人が多いです。多くの靴はウォーキングに適したデザインをしていますが、仕事で使う場合はオフィスに合ったデザインの靴を選ぶことが大切です。

 

特に、レディース用のウォーキングシューズは靴というよりもパンプスのようなデザインの物もあるので、一見ウォーキングシューズに見えないデザイン性の高い物を選ぶと幅広く活用できておすすめです。

 

また、外出時に長時間歩く際にも使えるおしゃれでカジュアルなデザインなど、近年はデザイン性にこだわった商品が多く発売されるようになっています。デザインが良いとウォーキングシューズを飽きずに長く楽しく履くことができるので、使用するシーンごとに選ぶと良いでしょう。

機能性で選ぶ

足への負担が少なく疲れにくいウォーキングシューズには、歩く力を効率的に伝えるための機能やストレスなく歩くための機能などが備わっています。長時間履いている物だからこそ、できるだけ疲れや痛みを感じないものを選ぶことが大切です。

安定性が疲れにくさにつながる

足にかかる衝撃を緩和する動作のことをプロネーションといいます。これは着地の際に足が左右どちらかに倒れる動作なのですが、倒れすぎると歩き方にブレが発生し疲れやすくなるのです。

 

靴のカウンター部分がしっかりしていると足が外側や内側に倒れこむ回数を減らし安定させることができ、足より踵の部分が小さい靴を選ぶことでカウンターによる効果を大きく感じられます。靴の内側にクッション材があり、外側は硬くしっかりした靴でフィットするものがおすすめです。

靴底の耐久性が歩く衝撃を和らげる

ウォーキングでは靴底が地面と接する際に衝撃によって消耗してしまいます。靴底の中心は踵によるブレーキとつま先による加速をうまく合わせる役目を担っており、靴底がしっかりしていないと歩く際に余計な力を入れたり上手く進めないということにつながるのです。

 

地面を捉えるグリップの力が安定していて、靴底の耐久性もあるウォーキングシューズは摩擦による劣化を防ぎ、長時間の徒歩でもしっかりと足の力を伝えて快適に歩くことができます。過度な負担をかけないためには、耐摩耗ラバーが採用されている物を選ぶのがおすすめです。

ブランド、メーカーで選ぶ

長く支持され人気を得ているブランド・メーカーの商品はメンズ、レディース共に購入する人が多く、初めて購入する場合や新しい物を探している人など様々な目的に合った選び方ができるのでおすすめです。

ニューバランス

ニューバランスのウォーキングシューズは履き心地の良さと耐久性の高さが特徴です。実際に履いている人の中には長距離のウォーキングに使用しているという方が多く、クッションがしっかりしているため足の痛みを感じにくいと言われています。

 

中でも普通のウォーキングシューズより少し大きめに作られた4Eシューズには高機能のソールが採用されていて、長時間歩いても疲れにくいクッション性の高さと足へのちょうど良いフィット感、幅に余裕があるので窮屈な感じもしないなど人気があります。

アシックス

アシックスのウォーキングシューズは、メンズからレディースまで年齢を問わず様々なシーンで履ける靴が多く、素材やデザインにこだわった豊富なラインナップが特徴です。機能重視の人、おしゃれに履きたい人の両方におすすめで、プライベートでもビジネスでも合わせやすいのも魅力です。

 

また、性別や年齢ごとの足の特徴や悩み、不安を解消できる靴の研究がされていて、今の自分に合ったウォーキングシューズを見つけやすいのもポイントです。店舗だけでなくオンラインショップでも取り扱っている商品が多いのでじっくりと選んで購入できます。

ミズノ

ミズノのウォーキングシューズは、ミズノウェーブと呼ばれる安定性とクッション性の2つの機能を高いレベルで両立させた独自の構造で作られており、足だけでなくひざや腰への負担も軽減できる機能が採用されています。

 

また、柔らかくてもグラつかず履きやすい物が多く、ちょっとした散歩から長距離を歩く旅行まで自由に楽に履けるのが魅力です。デザインも洗練されたビジネスモデルから大人向けのおしゃれなカジュアルまで幅広く、持っていると使用できるシーンも多いでしょう。

ヨネックス

ヨネックスのウォーキングシューズはパワークッションと呼ばれる独自の衝撃吸収素材を使って作られており、歩くパフォーマンスを最大限にできる力強いフットワークと長時間歩いても疲れにくい履き心地を両立しています。

 

そのため、歩いた時の衝撃を吸収し、反発力を前に進むエネルギーに変えることで足への負担を軽減しています。足の出し方もスムーズになるので、足の痛みを意識しない自然な歩き方ができるようになるでしょう。

リーボック

高い機能性と優れたデザイン性が両立されていることで長く支持されているリーボックは、国内でもスニーカーを中心にとても人気のあるブランドとして知られています。長年の独自研究に裏打ちされた確かな技術力が評判で、スポーツからライフスタイルまでラインナップも豊富に揃っています。

 

ウォーキングシューズでは長時間の使用に適したイージートーンが有名で、ソールにはバランスボールのように空気が流動するバランスポッドが搭載されています。着地の衝撃を和らげ履き心地も良い、プライベートで履くだけでフィットネス効果もあるなど機能性が人気です。

おすすめウォーキングシューズの人気ランキング10選

第10位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

ウォーキングシューズ WW880

価格:11,666円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足元がスタイリッシュに見えるデザイン性の高いレディースモデル

こちらは、クッション性と安定性に定評のあるミッドソールに、足元がスタイリッシュに見える洗練されたフォルムを合わせた女性に人気のウォーキングシューズです。デザイン性が高く評価されていて、定番の色から季節ごとの新色まで人気があります。

 

おしゃれ履きにもウォーキング用にも使えますし、履き心地も良いためプレゼントに選ぶ方も多いです。元が幅広なので、いつもの靴と同じサイズでぴったり履けるのも良い点です。歩いていて急に痛みを感じたり靴擦れを起こしたりという心配もすくないのでおすすめです。

 

ブランドニューバランス素材合皮
靴幅2Eワイズ
第9位

パワークッション ウォーキングシューズ SHW-MC30W

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨネックスの中でもトップクラスの幅広モデル

ヨネックスのパワークッションは、衝撃吸収と反発弾性の相反した2つのクッション性を持っている優れものです。こちらは歴代のモデルの中では一番の幅広設計になっており、標準の靴よりも甲周りに余裕が広くあるので楽に履けると評価されています。

 

また、伸縮性も高く柔らかいストレッチ素材が使われているので、足がすんなりと入るソフトな感覚がとても快適です。ソールも濡れた地面でしっかりグリップを発揮してくれますし、インソールのクッション性も良いので高い履き心地を実感できるでしょう。

ブランドヨネックス素材人工皮革
靴幅3.5E
第8位

asics walking

ウォーキング ペダラ

価格:22,356円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソール構造にこだわった幅広ウォーキングシューズ

ペダラはソール構造にこだわって作られているのが特徴で、軽く高反発な素材がミッドソールに使われています。また、歩く際のねじれを抑制し安定性を高くするための機能も搭載されていて、天然皮革には撥水加工もされているので長時間歩くのに向いています。

 

ビジネス用にもおすすめで、履き心地や耐久性の高さはもちろん、デザインやシルエットも人気を得ています。革の柔らかさも評判で、通勤時の足の負担も少ないためおすすめです。慣れてくると快適さをきちんと感じられるので、リピートする方が多い傾向にあります。

ブランドアシックス素材天然皮革
靴幅4E
第7位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

ウォーキングシューズ MW363

価格:6,313円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウォーキングだけでなくプライベート履きにもおすすめ

こちらはメンズに人気のウォーキングシューズで、足裏全体の心地よさと歩きやすさを備えた高いクッション性が特徴です。クッション素材には着地時の衝撃を吸収し歩く際の力に反発させる性能があり、クッション性能の持続力を向上させる改良もされています。

 

 

4Eタイプの中ではつま先が少し狭くなっていますが、履いている内に足に馴染んでくるので楽に履くことができます。毎日のウォーキングや通勤時など、デザイン性が高く幅広く使えるのも魅力です。

ブランドニューバランス素材合否
靴幅4E
第6位

Reebok Classic

ウォーキングシューズ RAINWALKER ダッシュ

価格:12,087円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーボックを代表するロングセラー商品

こちらはリーボックを代表するウォーキングシューズである「レインウォーカー」です。ゆったりと履ける4Eの幅広仕様に、歩く際にアウトソールに入った空気が足の動きに合わせて流動することで足の痛みや疲れを軽減してくれる設計がされています。

 

撥水加工がされているので雨の日に履くのにも問題なく、靴底の厚さや履いた時の柔らかさやフィット感など高く評価されています。足幅が広い人向きに設計になっているので、横幅にも余裕がり窮屈に感じることも少ないでしょう。

ブランドリーボック素材天然皮革
靴幅4E
第5位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

ウォーキングシューズ MW880G

価格:10,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨の日でも気軽に履ける機能性に注目

こちらはニューバランスの中でもメンズに人気のあるフィットネスウォーキングシューズで、軽く耐久性があり履き心地の良いクッション性が魅力です。踵部などには耐摩耗性に優れた素材が使われており、より長く履けるようになっています。

 

また、雨に強い素材が採用されているのでプライベートで履くのにとても便利で、服に合わせやすい落ち着いたデザインも評判です。4Eサイズで楽に履けるのでウォーキングの歩きやすさも抜群です。

ブランドニューバランス素材メッシュ
靴幅4E
第4位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

ウォーキングシューズ MW685 CUSH+

価格:7,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽く履けて撥水性に優れたアップデートモデル

超軽量と撥水性が特徴のこちらのウォーキングシューズは、踵部に反射材が搭載されているなど夜間での視認性も高く足元にシックな印象を与えてくれます。黒を基調とした全3色が4Eサイズで販売されていて、ソールにはストレッチ素材が採用されているので履き心地にも定評があります。

 

実際に購入された方からも軽さと柔らかさが評判で、クッション性も高いので長距離でも軽快に歩けると評価されています。サイズは少し大きめが丁度良いとされていて、ファスナーも付いているので履きやすくて便利です。

ブランドニューバランス素材合成皮革
靴幅4E
第3位

MIZUNO

ウォーキングシューズ LD40 IV

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い力で負担なく歩けるのが魅力

快適な履き心地と歩きやすさが追求されているこちらのウォーキングシューズは、無駄な力を入れず少ない力で強く楽に歩けるのが特徴です。足を入れる際のフィット感とクッション性の高さ、歩き出しから着地までの安定性のサポートなど高い技術力を感じられます。

 

また、スムーズな体重移動ができるように改良もされていて、履き口がゆるやかなのでくるぶしへの痛みもより少なくなっています。シャープで洗練されたデザインも魅力で、定番のカラーから季節に合わせたおしゃれなカラーまで幅広く揃っています。

ブランドミズノ素材天然皮革
靴幅3E
第2位

YONEX

パワークッションLC30 SHWLC30

価格:10,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた機能性が人気

こちらのウォーキングシューズはコスパの良さが最大の魅力で、高い耐久性と歩く際のブレを抑えた安定性の高さも特徴です。サイズは4.5Eですが足元がすっきりと見えるスマートなワイドタイプで、軽くやわらかな履き心地が高く支持されています。

 

ソールには地面との設置面積を15%拡大した設計がされており、着地時のグリップ性や耐摩耗性も高いので長く履くことができます。安定した歩き方をサポートしてくれるのでプライベートからビジネスまで幅広く使えますし、愛用されている方も多いのでおすすめです。

ブランドヨネックス素材合成皮革
靴幅3.5E
第1位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

ウォーキングシューズ MW880

価格:9,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メンズにおすすめなウォーキングの最上級モデル

ニューバランスの中でも特に人気があるのがこちらのモデルで、抜群の履き心地と軽さ確実に衝撃を吸収するクッション性の高さなどが備わっています。耐久性や耐摩耗性にも安定感があり、優れた素材が使われていることで長く履けるように設計されているのです。

 

ウォーキング用にはいつもより余裕のある大きめのサイズを、ビジネス用には引き締まって見える標準のサイズを、自分の好みやシーンに合った選びかったができるのもおすすめです。評価されいる通りの歩きやすさがあるので、疲れにくい楽な履き心地を感じられるでしょう。

ブランドニューバランス素材スエード
靴幅4E

ウォーキングシューズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4949641の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 2
    アイテムID:4949644の画像

    YONEX

  • 3
    アイテムID:4949651の画像

    MIZUNO

  • 4
    アイテムID:4949657の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 5
    アイテムID:4949660の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 6
    アイテムID:4949661の画像

    Reebok Classic

  • 7
    アイテムID:4949662の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 8
    アイテムID:4949663の画像

    asics walking

  • 9
    アイテムID:4949682の画像

  • 10
    アイテムID:4949666の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 商品名
  • ウォーキングシューズ MW880
  • パワークッションLC30 SHWLC30
  • ウォーキングシューズ LD40 IV
  • ウォーキングシューズ MW685 CUSH+
  • ウォーキングシューズ MW880G
  • ウォーキングシューズ RAINWALKER ダッシュ
  • ウォーキングシューズ MW363
  • ウォーキング ペダラ
  • パワークッション ウォーキングシューズ SHW-MC30W
  • ウォーキングシューズ WW880
  • 特徴
  • メンズにおすすめなウォーキングの最上級モデル
  • コスパに優れた機能性が人気
  • 軽い力で負担なく歩けるのが魅力
  • 軽く履けて撥水性に優れたアップデートモデル
  • 雨の日でも気軽に履ける機能性に注目
  • リーボックを代表するロングセラー商品
  • ウォーキングだけでなくプライベート履きにもおすすめ
  • ソール構造にこだわった幅広ウォーキングシューズ
  • ヨネックスの中でもトップクラスの幅広モデル
  • 足元がスタイリッシュに見えるデザイン性の高いレディースモデル
  • 価格
  • 9299円(税込)
  • 10380円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 7690円(税込)
  • 10940円(税込)
  • 12087円(税込)
  • 6313円(税込)
  • 22356円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 11666円(税込)
  • ブランド
  • ニューバランス
  • ヨネックス
  • ミズノ
  • ニューバランス
  • ニューバランス
  • リーボック
  • ニューバランス
  • アシックス
  • ヨネックス
  • ニューバランス
  • 素材
  • スエード
  • 合成皮革
  • 天然皮革
  • 合成皮革
  • メッシュ
  • 天然皮革
  • 合否
  • 天然皮革
  • 人工皮革
  • 合皮
  • 靴幅
  • 4E
  • 3.5E
  • 3E
  • 4E
  • 4E
  • 4E
  • 4E
  • 4E
  • 3.5E
  • 2Eワイズ

まとめ

ここまでおすすめのウォーキングシューズを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ウォーキングシューズはプライベートやビジネスで使える物も多く、デザインもおしゃれなので様々なシーンで活用できます。現在購入を考えている方は、ぜひ今回紹介したランキングを参考にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ