記事ID135345のサムネイル画像

人気の保冷バッグおすすめランキング10選【食材を冷たく守る】

暑い季節になると、食べ物や飲み物を持ち歩く場合は、保冷バッグに入れないと傷んだり溶けたりしてしまいます。保冷バッグに入れておけば、安全においしく食べられるし、冷たい飲み物をいつでも飲むことができます。そこで今回は、おすすめの保冷バッグを紹介します。

保冷バッグで食べ物やドリンクを守ろう

暑い季節になると、バーベキューやキャンプなど、外に出て楽しく過ごすイベント事も増えますね。そんな時気になるのが、食べ物や飲み物の持ち運びです。暑いとせっかくの食材やお弁当が傷んでしまいますし、冷たい飲み物もぬるくなってしまいます。

 

そんなとき保冷バッグがあれば、日差しが強く気温が高い日でも、食べ物や飲み物を暑さから守ってくれます。暑くて喉が渇いたときでも、保冷バッグから取り出せばいつでも冷たいドリンクを飲むことができますよ。イベント事以外にも、スーパーでの買い物や毎日のお弁当にも便利に使えます。

 

まさに暑い季節の必需品と言えるでしょう。保冷バッグには大きさや種類などいくつかあるので、何個か持って使い分けるとより便利になります。

保冷バッグの選び方

保冷バッグには、種類や大きさ、デザインなどさまざまな選ぶ条件があります。毎日の普段使いにするかイベント事用にするか、自分が何を入れるかなど、目的によっても変わってきます。一つに絞らず使い分けすると便利なので、自分が使いたいシーンを思い浮かべながら探してみましょう。

種類から選ぶ

保冷バッグの種類は、大きく分けて3つあります。これは自分が普段持ち歩いているバッグや、自分の持ちやすいと思っている形状から選ぶといいでしょう。中には一つで二種類の形状にできるバッグもあります。

トートバッグタイプ

トートバッグは手提げがついているものの事なので、一般的によく見る種類のバッグになります。手で掴んで持ってもいいですし、ひじから掛けて使ったりもできます。大きいバッグになると、肩から掛ける事もできます。

 

小さいランチバッグタイプの保冷バッグから、大きい大容量の保冷バッグにもトートタイプになっていることが多いです。自分で好きなように持てるし、見た目は普通のバッグのようにしか見えないものもあるので、普段使いはもちろんイベント事にもおすすめです。

ショルダーバッグタイプ

ショルダータイプの保冷バッグは、肩からかけたい人におすすめです。そのまま肩にかけるか、斜め掛けにするかの2種類の使い方があります。小さい保冷バッグにはショルダーベルトがついていない事が多く、大きくて容量が多い、荷物が重くなるバッグについていることが多いです。

 

なで肩の人の場合だとずれ落ちてきてしまうかもしれないので、斜め掛けがおすすめです。斜め掛けにすると、両手も使いやすいです。中には手提げとショルダーベルト両方が付いているものもあり、トートバッグとしてもショルダーバッグとしても両方使える保冷バッグもあります。

リュックタイプ

たくさんの食べ物や飲み物を入れると、バッグはどんどん重くなっていきます。重くなれば重くなるだけ負担になりますが、背負えば多少軽く感じます。リュックタイプの保冷バッグは、たくさん重いものを入れる人や、普段からリュックを使い慣れている人などにおすすめです。

 

また、両手が自由になるので、リュックを背負った上でもさらに荷物を持つこともできます。そのため、持つ荷物の量が多い人にもおすすめです。普段使いというよりは、家族や仲間などの大人数でのイベント事に向いている保冷バッグです。

サイズや容量から選ぶ

中に何を入れたいか、どれくらいの量を入れたいかによって、サイズや容量が決まってきます。また、使う頻度や目的からも決まってくるので、いつ何を入れて使いたいかを考えながら探してみましょう。

小さいサイズ

お弁当や水筒を入れて、毎日使いたいと思っている方は、4Lくらいの小さいサイズの保冷バッグがおすすめです。小さいと、そのまま通勤バッグに入れる事もできます。お弁当を入れて使いたい場合は、容量だけではなくお弁当箱のサイズと保冷バッグのマチの大きさも確認するといいでしょう。

 

平べったく面積のあるお弁当箱の場合は、保冷バッグによっては入れずらいかもしれません。また、ペットボトルや水筒なども一緒に入れたい場合は、マチ以外に高さも確認しておくといいでしょう。普段使いにしたい場合は、普段使っているアイテムが入るかどうかのサイズ確認も大事です。

大きいサイズ

スポーツ観戦やキャンプ、バーベキューなど、大人数が集まる場合はたくさんの食べ物や飲み物を入れる必要があるので、大容量の保冷バッグがおすすめです。20Lや30Lなど大きさは色々ありますが、集まる人数や入れる量によって決めるといいでしょう。

 

大は小を兼ねるといいますが、大容量の保冷バッグにたくさん詰めすぎると、当然ですが重くなります。そんな時は、キャリーで運べるようスリットが入っているタイプを使うと便利です。イベント事以外にも、スーパーのまとめ買いでたくさん食材を買った時などは、かごにぴったり入る大容量タイプの保冷バッグを使うと便利です。

保冷力から選ぶ

保冷バッグは保冷を目的にしているので、どれくらい保冷力があるのかも気になるところです。素材や作りに工夫をして保冷力を上げている保冷バッグも多いので、チェックしておきましょう。

断熱素材を使っており層が多い

断熱素材に厚みがあり、層が多いと保冷力が高いです。ポリエチレンやポリエステル素材を使い、4層だったり5層だったりするものは、冷たさを保つ力が強くなります。さらに、漏れ防止ライナーや防湿機能のあるものだと、さらに便利で使いやすくなります。

 

断熱素材や層に関しては、商品説明欄から分かります。また、厚みや保冷力に関しては口コミやレビュー欄からも確認できるので、暑い場所に行ったり長時間バッグに入れて使う方や、とにかく保冷力が高いものを求める方は、確認してみるといいでしょう。

保冷剤を入れる場所がある

蓋の裏側やバッグの内側などにメッシュポケットがついた保冷バッグがあります。このメッシュポケット部分に保冷剤を入れると、保冷バッグの中が冷たくなるので保冷力がアップします。

 

もちろん保冷剤以外にも、割りばしだったりおしぼりだったりと色々なものを入れる事ができるので、便利です。直接保冷剤を保冷バッグの中に入れるのもいいですが、持ち運びをしているうちに保冷剤の位置がずれて寄ってしまったりするので、メッシュポケットを使った方が保冷力を上げるには効果的です。

機能から選ぶ

保冷バッグには作りや素材によって、それぞれ機能があるものもあります。自分はこう使いたいから、こういった機能があった方がいいな、と思うものがあるかもしれません。参考にしてみて下さい。

折りたたみ

保冷バッグは布やアルミなどの柔らかい素材でできているので、大抵の場合は折りたたむ事ができます。そんな折りたたみができる保冷バッグの中には、ゴムバンドが付いているものやファスナーによってコンパクトにできるものもあります。

 

たたむだけなら自分で輪ゴムなどを用意しなければ広がったりしてしまうかもしれませんが、最初からゴムバンドがついているものならばそれだけでコンパクトに畳んで収納することができます。小さく折りたたみができる保冷バッグが欲しい場合は、ゴムバンド付きのものがおすすめです。

洗える

保冷バッグは食べ物や飲み物を入れるので、清潔なものを使いたいものです。保冷バッグの中には手洗いが可能だったり、中のインナー部分を取り外して洗うことができるものもあります。

 

うっかり汚してしまった時にきれいにできるように、洗えるものを選ぶのもおすすめです。汚さないか気になる場合は、スーパーのビニール袋などに入れてそのまま保冷バッグに入れるのもひとつの手です。

 

取り出し口

保冷バッグの取り出し口は、ファスナータイプのものが多いです。しかし中には、巾着状になっているものもあります。自分が普段から使っているタイプや使いやすいと思っている取り出し口の保冷バッグがおすすめです。

 

ファスナータイプの場合は、ダブルファスナーになっていると好きなところから開けられるので便利です。また、荷物を出し入れするのとは別に、必要な分だけ取り出せるように小さな取り出し口があるタイプもあります。これは大きく開ける必要が無いので、余計な冷気がもれずに冷たさを保てるので非常に便利です。

デザインから選ぶ

保冷バッグは持ち歩くものなので、自分はもちろん周りにも見えるものになります。そのため、デザインにも気を遣いたいところです。使う場面や使い方を考えて、デザインも決めましょう。

シンプルなデザイン

シンプルなものはかっこいいし、どこに持っていてもなじみます。スポーツ観戦やキャンプなど、イベント事にもぴったりです。男の子のいる家庭のピクニックやバーベキューでのイベント事にもおすすめです。

 

シルバーなどは太陽光を反射するので、デザインがかっこいいだけではなく、保冷力がアップする効果もあります。見た目だけではなくデザインが効果につながるものもあるので、そういった面からデザインを決めるのもおすすめです。

柄やキャラクター入りのデザイン

自分が使うものなので、柄やキャラクター入りの自分のお気に入りの保冷バッグを使うのもおすすめです。柄やキャラクター入りなら、他の人と間違える心配もないし、大きいものなら遠くに置いていても一目で自分のものと分かります。

 

特にランチバッグなど毎日使うものは、自分のお気に入りのデザインのものを使うと気分が上がるのでおすすめです。汚れた時のために、替えとしていくつかお気に入りのデザインの保冷バッグを揃えておくのもいいでしょう。

保冷バッグの人気おすすめランキング10選

第10位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

保冷バッグ M-1856

価格:725円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロゴとファスナー引き手の印字がかっこいい

カジュアルなシルバーのトート型保冷バッグです。4Lなので暑い季節の買い物にも使えますし、お弁当やドリンクを入れてのランチバッグにも使えるサイズです。350mlの缶なら6本、500mlのペットボトルなら横にすれば5本入ります。

 

一見シンプルなデザインに見えますが、バッグ中央についているロゴと、ファスナーの引き手の部分に英字でメーカー名が印字されているところがかっこいいです。バッグが安定するように底には中敷きもついています。

容量4L種類トート
第9位

AO Coolers(エーオークーラー)

キャンパスソフトクーラー 24パック

価格:13,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5層構造で保冷力抜群

こちらは生地が5層になっており、断熱材が平均の保冷バッグの厚みより3倍もある1.9cmとなっているので、保冷力が抜群の保冷バッグです。ショルダーストラップは取り外し可能で、サイドのバックルを外すとトート型にもなるので、背の高いものも収納できます。

 

バックルを留めるとボックス型になって安定します。ペットボトルは500mlが20本、2Lが4本収納できるサイズです。カラーはチャコールやネイビーといった他の色や、個性的な柄のモッシーオークなどがあります。ブランドロゴもワッペンで大きくついているので、目立ってかっこいいです。

容量22.7L 種類トート、ショルダー
第8位

サーモス(THERMOS)

保冷ランチバッグ RDU-0043G

価格:1,236円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毎日のお弁当と水筒入れにおすすめ

生地も作りもしっかりしていて、保冷力もばっちりの保冷バッグです。かわいらしく持ちやすいデザインなので、毎日のお弁当と水筒を入れて持ち運ぶのにおすすめです。内側にメッシュのポケットもあり、そこに保冷剤をいれれば保冷力がアップします。

 

500mlのペットボトルも、横にすれば入ります。たくさん中に物を入れても、ジッパーで閉めれば外からは見えません。手洗いも可能なので、汚れたら洗って清潔に使う事ができます。外ポケットもついているので、ドレッシングやお箸なども入れられます。カラーも4色あるので、好みのデザインを選べます。

容量約4L種類トート
第7位

SPICE(スパイス)

バカンスクーラー SFVG1307

価格:2,117円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本物のかごみたいでかわいい

スーパーのかごにぴったり入る、本物のかごみたいでかわいいデザインの保冷バッグです。上部は巾着のように紐でキュッと結ぶタイプです。外側には、ポケットがひとつついているので、買い物メモなどのちょっとした小物や自転車の鍵などを入れておけます。

 

頑丈なつくりなので、たくさんものを入れても大丈夫です。大容量なので、スーパーへの買い出しでレジバッグとして使ったり、ピクニックや運動会でのお弁当入れとしてもおすすめです。口コミでは、デザインがかわいいと周りに言われていた方がたくさんいました。

容量種類トート
第6位

コールマン(Coleman)

クーラーボックス 2000022238

価格:3,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さな取り出し口つき

こちらは、バーベキューやピクニックなど、日帰りのレジャーに適したエクストリームシリーズの保冷バッグです。折りたたむとコンパクトになるので、車の中に常備しておくのもおすすめです。500mlのペットボトルなら22本、2Lのペットボトルなら6本入れることができます。

 

蓋の内側にメッシュポケットがあるので、保冷剤や割りばしなどを入れることができます。外側にもメッシュポケットがあります。蓋全体を開けなくても、小さな取り出し口があるので余計な冷気がもれずに冷たさを保ってくれます。

容量25L種類トート、ショルダー
第5位

コールマン(Coleman)

デイリークーラー 2000027235

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性的なデザインがかわいい

こちらは個性的でかわいいデザインの保冷バッグなので、レジャーシートなどの上に置いておいても、遠くからでも一目で分かります。350mlのペットボトルなら40本、2Lのペットボトルなら6本入ります。丈夫でしっかりした作りになっているので、満タンに入れても大丈夫です。

 

ファスナーはダブルジッパーになっているので、好きなところから開けることができます。運動会などのイベントや、スーパーへの買い出しなどの日常使いにも使用できます。中敷きを取り外すことができるので、汚れたら丸洗いできます。使わない時は、横についているマジックテープを使えばコンパクトに折りたたむこともできます。

容量30L種類トート、ショルダー
第4位

サーモス(THERMOS)

保冷ショッピングバッグ RED-022 BL

価格:1,465円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マチを閉じれば薄型トートバッグに

こちらは、ポリエステルやポリウレタンなどの4層の断熱構造になっている保冷バッグです。2Lペットボトルなら立てた状態で8本入れられます。500mlのペットボトルなら25本、350mlの缶なら45缶入れることができます。

 

マチを閉じてボタンで留めたら、薄型のトートバッグのようになります。ファスナー付きの大きなフロントポケットがあるので、大きめのメモ帳や手帳、スマホなどを入れることができます。開閉部はダブルジッパーになっており、大きく開くので出し入れしやすいです。

容量約22L種類トート
第3位

ロゴス(LOGOS)

ハイパー氷点下クーラー 81670070

価格:6,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃に強いからビン類を入れても安心

こちらは、畳むと平べったいスーツケースのように薄くなる保冷バッグです。太陽の光を反射するメタルシルバーカラーになっています。専用保冷剤である「氷点下パック」を併用すると、アイスクリームを最大で約13時間冷やす事ができます。もちろん一般の保冷剤も使用できます。

 

350mlの缶なら16本、ペットボトル500mlなら12本入れることができます。衝撃に強いシェルプロテクト構造なので、ビン類も入れられます。一番内側のインナーカバーはマジックテープで固定されているので、汚れたら取り外して洗う事もできます。

容量12L種類ショルダー
第2位

サーモス(THERMOS)

買い物カゴ用バッグ REJ-025BL

価格:1,966円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジッパーで閉めるタイプのレジカゴをお探しの方におすすめ

レジカゴ用の保冷バッグは巾着タイプが多いですが、こちらはジッパータイプとなっています。ダブルジッパーなので、好きなところから開け閉めできます。底板付きでしっかりしており、手くるみもついているので持ちやすいです。断熱構造が5層にもなっているので、保冷力もばっちりです。

 

内側にはメッシュポケットがついているので、保冷剤などを入れられます。レジカゴに直接セットする事ができます。牛乳パックなら15本、2Lペットボトルなら6本入れることができます。折りたたむとスリムになるので、収納にも便利です。サイドにも持ち手が付いているので、かごから取り出すのも簡単です。

容量約25L種類トート
第1位

サーモス(THERMOS)

ソフトクーラー REF-020BL

価格:1,904円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonでベストセラー1位を獲得

こちらは、Amazonのランチバッグやファッション雑貨で1位を獲得した、ベストセラーの保冷バッグです。500mlペットボトルなら19本、2Lペットボトルなら6本入ります。5層の断熱素材なので保冷力が高いです。

 

ゴムバンドがついているので、コンパクトに畳むことができます。背面のスリットにキャリーカートの持ち手を通して、キャリーカートに乗せて簡単に運ぶこともできます。蓋の内側にはメッシュポケットがついているので、保冷剤などを入れる事もできます。外側にもファスナー付きポケットが付いているので、スマホなどを入れる事ができます。

 

容量20L種類ショルダー

保冷バッグのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4934631の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 2
    アイテムID:4934359の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 3
    アイテムID:4934371の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 4
    アイテムID:4934447の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 5
    アイテムID:4934334の画像

    コールマン(Coleman)

  • 6
    アイテムID:4934301の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:4934290の画像

    SPICE(スパイス)

  • 8
    アイテムID:4934247の画像

    サーモス(THERMOS)

  • 9
    アイテムID:4934215の画像

    AO Coolers(エーオークーラー)

  • 10
    アイテムID:4934208の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • ソフトクーラー REF-020BL
  • 買い物カゴ用バッグ REJ-025BL
  • ハイパー氷点下クーラー 81670070
  • 保冷ショッピングバッグ RED-022 BL
  • デイリークーラー 2000027235
  • クーラーボックス 2000022238
  • バカンスクーラー SFVG1307
  • 保冷ランチバッグ RDU-0043G
  • キャンパスソフトクーラー 24パック
  • 保冷バッグ M-1856
  • 特徴
  • Amazonでベストセラー1位を獲得
  • ジッパーで閉めるタイプのレジカゴをお探しの方におすすめ
  • 衝撃に強いからビン類を入れても安心
  • マチを閉じれば薄型トートバッグに
  • 個性的なデザインがかわいい
  • 小さな取り出し口つき
  • 本物のかごみたいでかわいい
  • 毎日のお弁当と水筒入れにおすすめ
  • 5層構造で保冷力抜群
  • ロゴとファスナー引き手の印字がかっこいい
  • 価格
  • 1904円(税込)
  • 1966円(税込)
  • 6700円(税込)
  • 1465円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 3078円(税込)
  • 2117円(税込)
  • 1236円(税込)
  • 13500円(税込)
  • 725円(税込)
  • 容量
  • 20L
  • 約25L
  • 12L
  • 約22L
  • 30L
  • 25L
  • 約4L
  • 22.7L
  • 4L
  • 種類
  • ショルダー
  • トート
  • ショルダー
  • トート
  • トート、ショルダー
  • トート、ショルダー
  • トート
  • トート
  • トート、ショルダー
  • トート

まとめ

暑い季節を楽しく快適に過ごす為に、保冷バッグはもはやマストアイテムです。暑い時期は気温がとても高くなるので、コンビニで買った飲み物もあっという間にぬるくなってしまいます。保冷バッグはコンパクトに折りたためるものがたくさんあるので、ぜひ一枚持ち歩きしておいてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ