記事ID135337のサムネイル画像

【あると便利】おすすめはこれ カメラ愛好家に人気のストロボ10選

写真撮影をするなら、やはり綺麗に撮りたいものではないでしょうか。光を当てたりすることで、写真もより素敵に写すことができるものです。そこで、カメラにストロボをプラスするのも一案となります。今回はおすすめのストロボを紹介しましょう。

ストロボとフラッシュは同じ

フラッシュというと、写真撮影の際に良く聞く言葉かもしれません。フラッシュは写真を撮る時に使われる照明装置であり、強い光が発せられます。このフラッシュがストロボのことも指すのです。

 

コンパクトデジタルカメラもしくは初心者用の一眼レフのカメラなら、大体はストロボ機能は付いていると考えられます。ただ、光が当てられるのが正面からのみとなるとか、本格的なストロボに比べて光量が劣るといったことがあるでしょう。

 

そのため、備え付けのストロボは簡易的な役割のみ果たすと考えるのが自然です。もしも一眼レフで色々なシーンにおいて本格的な撮影をしたいなら、外付けのストロボを準備することが賢明となります。

ストロボの選び方

続いて、ストロボの選び方について見ていきましょう。ストロボを選ぶにしても、どういった点に着目すれば良いのかが分からないという方もいるかもしれません。そこで、ストロボを選ぶ際の大事なところを探っていきます。ストロボを購入する時の参考にしてみてください。

電源供給の仕方で選ぶ

バッテリーがなければ、ストロボは動きません。電源の供給が必要になるのです。ストロボを使うなら、どういった電源供給になっているのかも知っておかなければいけません。では、ストロボにはどういった電源供給の方法があるのでしょうか。

乾電池式を選ぶ

通常のストロボの電源供給は乾電池式のものが多くなっていますが、単3電池タイプであればアルカリ乾電池でも問題ありませんし、ニッケル水素電池なら繰り返して充電ができるためにエコノミーになっています。

リチウムイオンバッテリーを選ぶ

ストロボの売れている機種になると、リチウムイオンバッテリーのものもありますが、それだと幾らか高めの値段になっています。リチウムイオンバッテリーであれば、メリットとして繰り返し充電ができますし次のフラッシュが発光されるまでの時間も、早くなっています。

 

さらに、ストロボの外部バッテリーにケーブルを使ってつなぐことが可能なタイプもあるでしょう。ストロボをどの程度の頻度で使うかや、撮影の頻度によって乾電池式にするかリチウムイオンバッテリーのものにするか選択をするのもポイントです。

生産地で選ぶ

ストロボを選ぶなら、生産地つまり国産か外国産かという選択肢もあります。国産の方が安心というイメージもあるかもしれませんが、生産地ではどの様に選ぶのが大事なのでしょうか。見ていきましょう。

国産を選ぶ

製品というと、様々な物で日本製は安全・安心であるというイメージを持っている方も多いでしょう。ソニーやキャノン、ニコンといった国産の純正は使っていてい安心できる面があると考えられます。それでも、こうしたメーカーの純正品というのは高くなっているのもあり、もっとリーズナブルで質も良い製品がないものかと悩む方もいるかもしれません。

 

それなら、ニッシンというメーカーのストロボを使用するのも一案です。国産であり品質も十分ですので、純正はなかなか手がでなくても国産を使いたい方はニッシンもおすすめとなります。

中国製を選ぶ

中国のメーカーで販売されているストロボもあります。中国メーカーのストロボをある程度リーズナブルなのですが、性能としてもGodoxやYongnuoに関しては問題が全くありませんし、世界でも販売されていて人気となっているのです。

 

それにGodoxやYongnuoといったメーカーは、ワイヤレス送信機も製品としてラインナップにありますので、拡張する面でも優れています。Godoxの電池式であるGN60やワイヤレス、ハイスピードシンクロ機能が付いた、TTL対応であればTT685でマニュアルならおすすめはTT600です。

 

日本正規代理店ということで、ケンコープロフェッショナルイメージング株式会社が輸入販売しているGodox製品については、技適マークがしっかりと付いているので、安全性があります。

機能で選ぶ

ストロボにも色々な機能が付いています。ストロボを選ぶなら、その様々な機能を吟味して選択したいものではないでしょうか。ストロボの機能には、どういったものがあるのかを見ていきましょう。そして、ストロボ選びの参考にしてみてください。

自動調光TTL機能付きを選ぶ

オートストロボをTTLと呼び、それ以外はマニュアルストロボになり自身で全て調整しなければいけません。TTLは自動調光機能を指しレンズを通過した光をカメラの中にある調光センサーによって計測して、レンズの焦点距離に加えF値等によりストロボの光を自動で設定してくれるため、初心者の方にもうってつけです。

 

ニコンではi-TTL、キャノンの場合はE-TTLのようにメーカー次第で名称も異なるのも特徴です。慣れるまではオートストロボのTTLを使うのがおすすめとなっています。

 

ガイドナンバーを重視し選ぶ

ガイドナンバーというのは、要するにストロボの光の強さを指し数値が大きければ、それだけ光量が強くなり遠くの被写体にもストロボの光を当てられます。一眼レフカメラの内臓ストロボだと多くが12程度のガイドナンバーとなっているでしょう。

 

簡単な目安は、『ガイドナンバー÷レンズのF値=光の届く距離(m)』で計算が可能です。ストロボを選ぶなら、スペックに表記されているガイドナンバーの最大値が40あるなら光量も十分であると考えられます。

バウンス角度を重視し選ぶ

バウンスは、撮影でフラッシュの光を天井や壁に反射させる方法であり、被写体に当たる光を和らげることができ、背景に強い影ができるのを抑えられるのです。カメラにストロボを直に装着し、光を天井もしくは壁にバウンスをするとしたら、重要ポイントはストロボの発行面を上下左右に自在に動かせる点になります。

 

ストロボの多くは上下90度は動かせるものの、左右は固定となってしまう製品もあるので回転できる範囲がどの程度かをチェックして選ぶのも大事です。

 

 

ワイヤレス対応を選ぶ

ストロボをカメラから話してリモート発光させることや、ストロボを複数用いて多灯ライティングをするなら、ワイヤレスに対応しているストロボがおすすめです。ワイヤレスになっている機種は、受信機能が内蔵になっているためにフラッシュトリガーという送信機があるなら、手軽にリモート発光ができます。

いずれストロボを幾つも使うことになるかもしれないなら、ワイヤレス対応なら後から楽ですしリーズナブルに済むでしょう。

ハイスピードシンクロ機能付きを選ぶ

一般的なストロボを使う時のシャッタースピードの上限は1/200から1/250となっています。それ以上のスピードを出すための機能が、ハイスピードシンクロです。ハイスピードシンクロが使われるのは、日中の野外においてストロボ発光をさせる日中シンクロという撮影の手法となります。

 

昼の間に野外ポートレート撮影をしたいのなら、ハイスピードシンクロの機能があれば利便性があるものの、NDフィルターを付け上限のシャッタースピードに落とす手段もあるでしょう。それに、カメラ自体もハイスピードシンクロに対応していなければいけないので、ニコンの中級機種以上となるモデルならオートFPの設定が可能です。

ストロボの人気ランキング10選

第10位

GODOX

Thinklite TT600

価格:7,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光量がたっぷりなのがカギ

GODOXは写真のためのライティング機材メーカーになっていて、90年代に設立となっています。これまでは海外を主としていたものの、この頃では日本への流通も増加傾向にあるのも特徴です。

 

こちらのストロボは、光量がたっぷりとあるのがポイントとなっています。ガイドナンバーが60なのもあり、対応可能なシーンも多くあると考えられるでしょう。これまでに光量があれば、中望遠から望遠レンズでポートレート撮影をするとしてちょっと距離を離して使ったとしても、きちんと光を被写体まで届けられます。

 

自動発光には非対応となっているため、全部マニュアルでの光量調整になるものの、GODOXから販売されているワイヤレスフラッシュトリガーを用いれば、手軽に複数のフラッシュを光らせられるので中級者以上の方に特におすすめです。

ガイドナンバー58自動調光対応なし
第9位

オリンパス

フラッシュ ミラーレス一眼用

価格:25,247円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OLYMPUSの純正なのがポイント

このストロボは、OLYMPUSの純正のフラッシュです。ガイドナンバーが50までありますので、光量もたっぷりですしフラッシュとは別けてLEDライトが搭載されています。そのため、低輝度の際や逆光になっている時に動画撮影するのをサポートしてくれるでしょう。

 

要するに、静止画だけでなく動画の撮影にも活躍してくれる優れものなのです。フラッシュのチャージ速度が以前の2.4倍ほどに高められたので、連続でシャッターを切るとしてもチャージ時間により撮影のリズムが乱れることはないと考えられます。

 

それに、OLYMPUSの純正ですのでOLYMPUSのカメラとも抜群の相性です。また、ワイヤレス発光は別売りのアイテムを使えば簡単設定ができます。

ガイドナンバー50自動調光対応あり
第8位

パナソニック

フラッシュライト ルミックス用

価格:21,839円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動調光が可能

ワイヤレスでのリモート発光もできる、自動調光が可能となっている外部フラッシュです。最大でGN36の発光ができるでしょう。LEDライトも搭載であり、動画を撮る時もさらに便利になっています。

 

ワイドパネルが搭載されていて、広角16ミリレンズの画角がカバーされているのです。発光部分を垂直方向に97度、水平方向に360度回転するので、バウンス撮影ができるのもポイントになります。

 

人混みなどで使用する際には、人とぶつかった場合に壊れてしまう危険性もあるため、混雑が予想されるイベント等で使用するなら、注意が必要です。

ガイドナンバー36(ISO100時)、12(ISO100、ワイドパネル使用時)自動調光対応記載なし
第7位

YONGNUO

YN560 III Speedlight

価格:6,555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光量がたっぷりでお得

Yongnuoというと、あまり聞きなれないメーカーかもしれません。しかしカメラに関するライトでは、注目株のメーカーなのです。Yongnuoはコストパフォーマンスの高さが特徴になります。一般的なメーカーの純正品であれば考えられないようなリーズナブルさで入手できるため、Yongnuo自体に初めてストロボを購入しようとしている方の味方となってくれるでしょう。

 

このストロボも、ガイドナンバー58という光量を出せる上にリーズナブルなので、大変にお買い得な製品となっています。自動調光やハイスピードシンクロ機能がありませんので、使う場所などは限定される可能性はあるものの、これからストロボを覚えたい方やストロボのスペアが欲しい方などにはおすすめです。

ガイドナンバー58自動調光対応なし
第6位

NEEWER

フラッシュ・スピードライト

価格:3,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ向きの面もあるストロボ

NEEWERは中国のライティング機材を扱うメーカーです。安価な点や性能の良さでシェアを拡大しているメーカーでもあります。こちらのストロボは、機能に関しては自動発光がなくマニュアルの設定で発光させるしかないため、プロに向いている点もありますが、慣れるにつれて自動調光を使わないという方も少なくないので、最終的にはさして不便なことはないでしょう。

 

ガイドナンバーについては38となっているので、スタジオでのポートレートの撮影もしくは物撮りをする際に適しているかもしれません。

ガイドナンバー38自動調光対応なし
第5位

ニコン

フラッシュ スピードライト SB-700

価格:36,607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーフィルターなどが標準装備

コンパクトなカメラフラッシュだと、発光の設定をするためのディスプレイがないことがあります。ニコンのフラッシュスピードライトだと、見やすさのある液晶ディスプレイが搭載となっているのです。

 

よって、設定になれていない方であっても、不安になる必要はありません。基本的な機能については、自動調光やワイヤレスリモート発光等を容易にすることが可能なため、撮影の際の利便性も申し分ないでしょう。

 

撮影の場面に応じ、スタンダード配光や中央部重点配光それに均質配光と配光タイプを変更できるのも魅力です。カラーフィルターやソフトケースが標準で付属になっているのも、見逃せないポイントとなります。

ガイドナンバー28,38自動調光対応あり
第4位

キヤノン

スピードライト 430EX 3-RT

価格:30,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンデジにもマッチするストロボ

フラッシュライトは一眼レフなどでのみ対応しているのが通常ですが、こちらの製品だとキャノンの『PowerShot』というコンパクトデジカメにも装着できます。PowerShotの全機種に対応しているわけではないのですが、コンパクトデジカメだと光量の強くない内臓ストロボで光を当てることが多いので、対応している機種があるのは大変に便利です。

 

それにディスプレイが背面に搭載されているので、操作が大変に分かりやすくなっています。よって、初心者の方であっても安心して使用できると考えられます。

ガイドナンバー43自動調光対応あり
第3位

Neewer

ストロボ・フラッシュTT680

価格:6,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイコスパで自動調光機能も搭載

NEEWERのシリーズは、中国系のストロボで人気を博しています。リーズナブルですし光量もあるため、愛用しているユーザーも多いのです。ただNEEWERでは、ストロボ側で光量を調節してくれない点で初心者には向かない製品が少なくなかったでしょう。

 

キャノンだけに限るものの、この製品においては自動調光機能が搭載になっています。ガイドナンバーは光量もたっぷりで58ありますし、上下左右と首振りの可動域が広いので、キャノンのカメラに使うなら使用感が純正と同等となると考えられます。

ガイドナンバー58自動調光対応キャノンのみあり
第2位

ニッシンジャパン株式会社

デジタル i40

価格:23,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトだけど大光量

ストロボのガイドナンバーの値が大きいものを選ぶとなると、ライトのサイズそのものも大きくなることも多いです。カメラ本体やレンズ、諸々のアクセサリーを持ち歩くのであれば、ストロボは小さめな物を選びたい方も少なくないかもしれません。

 

この製品は、で一般的なストロボよりも大きさがコンパクトです。それでも、機能まで縮小されているわけではないでしょう。『マニュアルズーム機構』という手動で照射角が設定できる機能や、動画の撮影にも活躍するLEDビデオライトも搭載されています。動画の撮影をサポートしてくれるうえに、近い距離ではモデルライトとしても使えるのです。

ガイドナンバー40自動調光対応記載なし
第1位

Nissin

デジタル Di700A

価格:50,403円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すぐにワイヤレス発光ができるセット商品もある

ニッシンは、古くからあるストロボに特化した日本メーカーです。そのこともあり、カメラメーカーよりも便利な機能もしくは新しい機能を早く導入しているので、利便性があり操作性も良い製品が揃っています。

 

こちらの製品は、ストロボに加えてワイヤレス発光のためのアクセサリーもセットになっているの商品もあるのがポイントです。よって、正面より被写体に光を当てる使い方をする他にも、ストロボの位置を自在に変えて表現の仕方のレパートリーを増加させられます。

ガイドナンバー54自動調光対応あり

ストロボのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4945738の画像

    Nissin

  • 2
    アイテムID:4945720の画像

    ニッシンジャパン株式会社

  • 3
    アイテムID:4945699の画像

    Neewer

  • 4
    アイテムID:4945697の画像

    キヤノン

  • 5
    アイテムID:4945695の画像

    ニコン

  • 6
    アイテムID:4937066の画像

    NEEWER

  • 7
    アイテムID:4935407の画像

    YONGNUO

  • 8
    アイテムID:4935399の画像

    パナソニック

  • 9
    アイテムID:4935377の画像

    オリンパス

  • 10
    アイテムID:4935371の画像

    GODOX

  • 商品名
  • デジタル Di700A
  • デジタル i40
  • ストロボ・フラッシュTT680
  • スピードライト 430EX 3-RT
  • フラッシュ スピードライト SB-700
  • フラッシュ・スピードライト
  • YN560 III Speedlight
  • フラッシュライト ルミックス用
  • フラッシュ ミラーレス一眼用
  • Thinklite TT600
  • 特徴
  • すぐにワイヤレス発光ができるセット商品もある
  • コンパクトだけど大光量
  • ハイコスパで自動調光機能も搭載
  • コンデジにもマッチするストロボ
  • カラーフィルターなどが標準装備
  • プロ向きの面もあるストロボ
  • 光量がたっぷりでお得
  • 自動調光が可能
  • OLYMPUSの純正なのがポイント
  • 光量がたっぷりなのがカギ
  • 価格
  • 50403円(税込)
  • 23300円(税込)
  • 6099円(税込)
  • 30000円(税込)
  • 36607円(税込)
  • 3199円(税込)
  • 6555円(税込)
  • 21839円(税込)
  • 25247円(税込)
  • 7200円(税込)
  • ガイドナンバー
  • 54
  • 40
  • 58
  • 43
  • 28,38
  • 38
  • 58
  • 36(ISO100時)、12(ISO100、ワイドパネル使用時)
  • 50
  • 58
  • 自動調光対応
  • あり
  • 記載なし
  • キャノンのみあり
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし
  • 記載なし
  • あり
  • なし

まとめ

カメラで撮影するなら、光を当てて綺麗に撮りたいものでしょう。そんなときに大活躍してくれるのが、ストロボなのです。ストロボを選ぶなら、乾電池式を選ぶかリチウムイオンバッテリーを選ぶかという選択肢もあります。

 

それに、国産のメーカーにするか中国のメーカーの製品を使うかという選び方もあるのです。それ以外だと、機能が充実しているかも大きなポイントになると考えられます。例えば自動調光に対応しているか、光量の大きいガイドナンバーの値の高い製品か、ハイスピードシンクロ機能が付いているかなど、様々に選び方があるのです。

 

あなたがどういった点を重視するかによって、ストロボを選んでみつのも一案となります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ