記事ID135300のサムネイル画像

【綺麗にスッキリ】トイレブラシのおすすめ人気商品ランキング10選

毎日使用するトイレですが、汚れが付いたままだと不快になりますよね。また、その汚れが菌や臭いの原因ともなるので、こまめに掃除する必要があります。そこで今回は、おすすめのトイレブラシをご紹介します。しっかりと掃除して、綺麗に保ちましょう。

トイレブラシで掃除して、毎日快適にトイレを使用しましょう。

毎日使用するトイレですが、皆さんはどんなアイテムで掃除していますか。近年色々な商品が販売されていますが、トイレブラシにも、あらゆる便利なタイプのものが登場しています。おしゃれなものも多いので、この機会に新しいものを探してみましょう。

トイレブラシは、トイレ掃除の必須道具であるので、常に常備しておく必要があります。ケース付きの実用的なものから、シンプルなものまであるので、比較的選びやすく、自分の気に入った商品が見つかりやすいでしょう。

そこで今回は、おすすめのトイレブラシをランキング形式にてご紹介します。使用後はそのまま流せたりと、かなり便利な商品もあるので、この記事を参考しにて選んでみましょう。利便性に優れていると、毎日のお手入れも少しは楽になりますよ。

トイレブラシの選び方

タイプで選ぶ

ご家庭のトイレに合ったものを選ぶことで、よりお掃除が手軽に行えます。といっても、保管スペースは必要になるので、きちんとスペースを空けておきましょう。

スポンジタイプを選ぶ

スポンジタイプであれば、柔らかいので便器に傷をつけにくいといったメリットがあります。また、汚れを拭き取って落とすので、掃除中の水ハネも、ブラシタイプに比べて少なく済みます。

 

特にコーティングが施されてる便器は、ブラシタイプではコーティングを剥がしてしまうことがあるので、このタイプを使用しましょう。

 

ただし、スポンジは吸水性が良く、スポンジを直接的に絞ることができないので、水切りをするのが難しいデメリットがあります。なので、ブラシをこまめに乾かして衛生的に保つ必要があるので注意しましょう。

ブラシタイプを選ぶ

一般的に使用されているトイレブラシは、このブラシタイプになります。植毛されているブラシの毛でゴシゴシと掃除ができるので、頑固な汚れも落とすことができ、お掃除の手間も省けます。

 

ただし、あまりに強くこすりすぎると、便器が傷がつきやすくなるので注意しましょう。このタイプのものは、水切れが良いので、トイレブラシを保管するケースも衛生的に保つことが可能です。

 

もし便器をあまり傷つけたくない場合は、落ちにくい汚れのみに使用し、スポンジタイプと併用することで、便器にも優しく快適にお掃除が行えます。

使い捨てタイプを選ぶ

使い捨てタイプは、使用後にそのまま捨てることができるので、とても衛生的です。掃除の度にブラシヘッドを取り替えるだけなので、簡単に使用できます。また、使ったブラシを保管しておく必要がないので、トイレを常に綺麗な状態に保つことができます。

 

ただし、コストがかかりやすくなるので注意しましょう。使い捨てといっても、ブラシの持ち手の部分は置いておく必要があるので、保管場所を確保しておくと便利です。

 

商品によって、トイレ用の洗剤を含んだものもあるので、かなり便利です。また、ワンタッチで設置できるものがほとんどなので、できる限り手に触れたくない方は、この使い捨てタイプが最適です。

形状で選ぶ

ブラシの形状によって、細かな部分に届かない場合もあるので、複数用意しておくと便利です。また、持ち手部分の形状もこだわることで、手が小さな方でもストレスなくお掃除できます。

ブラシの形状で選ぶ

トイレブラシのブラシは、商品によって、様々な形状をしています。ただ、便器に入りづらく上手く洗えないと、トイレブラシを使用している意味がなくなってしまいます。トイレで一番汚れがたまりやすい場所は、便器の縁裏になります。

 

ですが、縁裏を掃除するには、先が曲がっているタイプのトイレブラシが必要になります。特にスポンジタイプを使用されている方は、細かな部分を上手く入らないことが多いので、先が曲がりっているものを用意しておきましょう。

 

また、毛足が短いタイプであれば、毛先が潰れることもなく、長く使用できます。ブラシの形状によって、お掃除のしやすさが異なるので、用途に合わせて用意しておくとかなり便利です。

持ち手部分の形状で選ぶ

トイレブラシの持ち手部分は、商品によって形状が様々なので、手にフィットするものを選ぶと良いでしょう。実際に試せるようであれば、持ってみて自分の手の大きさに合うかを確かめてみましょう。

 

もし通販などで購入する場合は、ロコミなども参考にして選ぶことで、掴みやすくお掃除もスムーズに行えます。トイレブラシは、基本的にスマートで細身の持ち手になっている商品が多いですが、中には構造上少し平べったくなっているものもあります。

 

この形状のものは、手が小さい方にとっては、握りづらく力を入れすぎると痛くなることもあるので、細さや滑りにくさも重視しておくと良いでしょう。

利便性で選ぶ

ケースがセットになっているものであれば、そのまま設置し、掃除後もサッと収納できるので便利です。また、底が抜けるタイプや、ブラシが底につかないものであれば、より衛生的に保てます。

ケース付きを選ぶ

トイレブラシは単品で売られていることが多いですが、ケース付きの商品もいくつかあります。便座を掃除した後に、専用のケースに入れておけるので、収納スペースを省くことができます。ケースがないと、地べたに置くことになるので、より不衛生になってしまいます。

 

また、次使用する時に取りづらいといった難点があります。それらを改善するためにも、ケースが付いているものを選ぶことで、スムーズにお掃除が行えます。もし気に入っているブラシがあるようであれば、トイレブラシ専用のケースを別途で用意しましょう。

 

一緒のメーカーでなくても、すっぽりと収まるものもあります。お手入れをスムーズに、快適に行うためにも、ブラシ専用のケースを用意しておくと良いでしょう。

丸洗い可能なものを選ぶ

ブラシタイプの商品には、ケースの底にブラシが付かないようになっているタイプがあります。このようになっていれば、たとえ水をしっかり切っても、ブラシを収納する際に残ってしまった水分がブラシケースに溜まってしまうことを避けることができます。

 

そのため、ブラシを衛生的に保つことができます。実はこの溜まった水分から雑菌が繁殖することが多いので、そのまま放置しておくと不衛生になるので注意しましょう。

 

なので、できる限り衛生的に保ちたい場合は、ブラシがケースの底に着かないものを選ぶと良いでしょう。また、ケースの底が外れて丸洗いできるものであれば、ケースもブラシももっと衛生的に保つことができるのでおすすめです。

除菌方法で選ぶ

ブラシを清潔に保つには、定期的な洗浄と乾かすことが大切です。

洗浄方法で選ぶ

便座を掃除したブラシですが、そのままケースに収納していませんか。そのままだと、ブラシに菌や汚れが付いたままなので、定期的にブラシ自体を掃除してあげる必要があります。効果的な方法として、クエン酸や漂白剤に付ける方法があります。

 

クエン酸は、除菌成分が含まれているので、水回りの水垢にも効果があるとされています。 また、尿石などのアルカリ性の汚れには、クエン酸などの酸性の薬剤が効果的です。また、漂白剤は、一番除菌力が高く、特に塩素系の漂白剤で洗うことで、強い殺菌効果を発揮します。

 

ただし、塩素系漂白剤は、酸性の薬剤と混ぜると有毒ガスを発生させてしまうので注意しましょう。必ず単品で使用し、ゴム手袋やマスクの着用を行い、十分な換気をしましょう。また、洗う頻度はトイレ掃除を行う頻度によって異なりますが、1~2週間に1回程度がベストです。

乾かし方で選ぶ

いざブラシを洗浄しても、濡れたままでは逆に菌を寄せ付けてしまうので注意しましょう。洗浄した後も便座を掃除した同様に、水滴が垂れない程度に乾いたら、風通しを行いましょう。

 

日当たりの良い所でよく乾かすことで、さらに菌の増殖を抑えることができます。乾いた状態では、菌が繁殖しにくくなるので安心です。もし乾かすのが難しいようであれば、ブラシを洗浄した際でも問題ありません。

 

ただし、その際はケースにも菌が付いている状態なので、ケースも一緒に洗浄し、しっかりと乾かしましょう。

トイレブラシのおすすめランキング10選

第10位

オーエ

トイレブラシ no.80470

価格:495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノズルの洗浄に最適で、使い捨てで便利です。

挟んで洗った後は、捨てるだけなので手軽に扱え便利でおすすめのトイレブラシです。スポンジの形状が、洗浄ノズルにフィットし、洗いやすく汚れをしっかり落とせます。また、コンパクトなので細かな部分を広範囲に渡って効率良くお掃除できます。


クリーナーは使い捨てなので清潔・衛生的です。着脱も簡単なので、難しい操作は必要ありません。また、裏側もサッと洗えるので綺麗な状態を保てます。細かな部分もお手入れしやすく、洗い残しがありません。

 

小さめなので扱いやすく、細かな部分用として便利といったロコミが挙がっていました。ノズル専用のトイレブラシで、その他の届きにくい部分のお掃除にも適しています。

サイズ235×105×30mm タイプスポンジ・使い捨て
付属品本体・スポンジ
第9位

Island chief

トイレブラシ KN-79

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全面的に綺麗にでき、見た目も可愛くおしゃれな空間にしてくれます。

厚めで硬めの360度植毛ブラシヘッドなので、全ての便器の表面を広範囲に掃除ができます。ブラシは、丸形なので細かい汚れはもちろん、排水部分の掃除をするのにも向いています。

 

収納ケースと一体型になったスッキリとしたデザインで、いつでも快適にお掃除が行えます。見た目も可愛く、見栄えも良いのでおすすめです。衛生的で清潔感のある空間を演出します。

 

おしゃれで、急にお客さんが来ても安心といったロコミが挙がっていました。臭いも発しにくいので、安心して使用できます。硬めのブラシになっているので、頑固な汚れもスッキリと落とせます。

サイズ14×38cmタイプブラシ
付属品本体・ケース
第8位

ヨコズナクリエーション

トイレブラシ

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水はねの心配もなく、ブラシも早く乾きます。

磁石内蔵でクリーナーを清潔に収納できます。そこにブラシが付かないので、素早く乾きます。また、クリーナーのブラシ部には、水だけで汚れを落とすことができるフレッシュクリーナーを使用しているので、洗剤が不要です。


何本もの繊維をより合わせたブラシと、繊維のもつ特殊断面形状で、汚れを綺麗に落としますさらに、防汚加工がされたコーティング便器を傷つけにくく、縁裏汚れも洗いやすい形状となっています。

 

スタイリッシュなデザインで、おしゃれで快適に使えるといったロコミが挙がっていました。ブラシの毛にはウェーブ加工を施してあるので、気になる水はねも抑えてくれます。

サイズ13x9x39cm タイプブラシ
付属品本体・ケース
第7位

サンコー

トイレブラシ BF-97

価格:636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりと手にフィットし、扱いやすいです。

スタイリッシュで柔らかいスポンジタイプのブラシです。傷が付きにくいので、安心してトイレ掃除が行えます。長さもあるので、奥までしっかりと届きます。

 

水切れも良く、ソフトタッチで、コーディングされている便器にも最適です。持ち手はスリムで小さな手でも握りやすいように設計されています。

 

使い勝手が良く、優しいタッチでも十分汚れが落ちるといったロコミが挙がっていました。専用の洗剤を使用することで、さらに綺麗に汚れを除去します。

サイズ8×39cm タイプスポンジ
付属品本体
第6位

マーナ

トイレブラシ W071W

価格:1,609円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底にブラシが付かづ、水はけも抜群です。

このトイレブラシは、縁の裏側が洗えるかーブ付きなので、使いやすく便利です。収納ケースは、コンパクトで場所を取らないシンプルなフォルムで、スマートに設置できます。

 

シンプルなホワイトカラーのデザインで、色々なテイストのトイレにピッタリです。収納時には、ブラシがケース底に触れず、乾燥に優れていて、収納もスムーズです。

 

特徴あるブラシの形状で、お掃除が楽に行えるといったロコミが挙がっていました。排水口までしっかり届くので、洗い残しがありません。

サイズ437×100×130mmタイプブラシ
付属品本体・ケース
第5位

サンコー

トイレブラシ BL-93

価格:1,419円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗剤が不要なので、とても手軽にお掃除できます。

便器のフチ裏や水たまりの奥が洗いやすく、水がはねにくいので便利です。収納できるケース付きで、別途で用意する手間も省けます。このトイレブラシは、しっかりと汚れを落としつつ、コーティングされた便器にも傷をつけてしまう心配がありません。


クリーナー部分が繊維の束状のため洗いやすく、便利でおすすめの商品です。また、異形断面糸を使用しているので、水だけでもスッキリと汚れを落とします。

 

洗剤が不要なので、コストを削減できるといったロコミが挙がってました。何本ものエステル繊維をより合わせているので、適度な剛性・弾性とコシで素早く汚れを除去します。

サイズ44.5×12×12cm タイプブラシ
付属品本体・ケース
第4位

オーエ

トイレブラシ QQQトイレブラシケ-BR

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかり奥まで届く形状で、見えない部分も綺麗にできます。

トイレに飾れるトイレブラシで、おしゃれなブラウンカラーで、あらゆるトイレとの相性が抜群です。スマートにブラシを収納できるスリムなケース付きで、スムーズにお掃除が行えます。

 

便器の隅も洗いやすい全面植毛の形状で、隅々まで綺麗にできます。また、奥までしっかり洗えるコンパクトなブラシを採用し、見えない部分の汚れも落とすことが可能です。

 

水切りもしやすく、スマートなので邪魔にならないといったロコミが挙がってました。背が高くシンプルなケースに収納しておけるので、隠さなくても見た目がスッキリです。

サイズ36.5×8.8×8.8cm タイプブラシ
付属品本体・ケース
第3位

ジョンソン

トイレブラシ 

価格:1,028円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらかじめ洗剤が付いているので、そのままお使いいただけます。

ブラシには特殊不織布とでこぼこ加工を採用していることで、しっかり拭けて、汚れを落とせます。また、弓形カーブ形状でふち裏にもしっかり届きます。見えない所も綺麗にすることが可能です。

 

掃除後のブラシはワンタッチで簡単に取り外しできるので、ブラシ部分に触る必要がありません。スポンジ自体に、濃縮洗剤付きで、別に洗剤を用意する必要もなく。そのままお使いいただけます。

 

ワンタッチで交換でき、手間がかからないといったロコミが挙がってました。青の洗浄成分でしっかり汚れを落とし、緑のイオンのコートで1週間汚れを防ぎます。洗浄効果が長く続き、コスパも最高です。

 

サイズ127×50×261mm タイプスポンジ・使い捨て
付属品本体・取っ手
第2位

マーナ

トイレブラシ W078W

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底にブラシが触れないので、菌の増殖を抑えます。

このトイレブラシは、通常のブラシ加え、ミニブラシが付いているので、隅々まで洗えます。排水口まで洗え、さらにフチ裏の奥まで届くミニブラシで、便器の全てもこれ1つでお手入れが完了します。

 

また、ブラシを2本収納できるスリムな収納ケース付きで、置き場所に困りません。2本のブラシは、底に触れないのでより清潔に保てます。ケースは半開タイプで、乾きも早くおすすめのトイレブラシです。

 

おしゃれでスリムなので、置き場所に困らないといったロコミが挙がってました。細かな部分のメンテナンスに使えるので、よりトイレを清潔に保ちたい方は、このトイレブラシを使用してみましょう。

サイズ430×114×129mm タイプブラシ
付属品本体・ケーズ・ミニブラシ
第1位

3M

トイレブラシ T-557+3HC

価格:811円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い捨てタイプなので、とても衛生的です。

かきとり力のある特殊形状スポンジが、フチ裏にフィットするので、隅々まで綺麗に掃除するこことが可能です。また、毎回取り替えられるので衛生的です。


洗剤付のスポンジとなっているので、わざわざ洗剤を付ける必要がありません。これだけで楽にお掃除が行えます。便利なセット商品なので、届いたその日にすぐに使用できます。

 

硬さが丁度良く、手軽にお掃除が行えるといったロコミが挙がってました。使用後は捨てるだけなので、手を汚さずサッとお手入れが行えます。

サイズ9.0×20.0×8.0cm タイプスポンジ・使い捨て
付属品本体・取っ手

トイレブラシのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4930314の画像

    3M

  • 2
    アイテムID:4930317の画像

    マーナ

  • 3
    アイテムID:4930326の画像

    ジョンソン

  • 4
    アイテムID:4930328の画像

    オーエ

  • 5
    アイテムID:4930330の画像

    サンコー

  • 6
    アイテムID:4930333の画像

    マーナ

  • 7
    アイテムID:4930339の画像

    サンコー

  • 8
    アイテムID:4930343の画像

    ヨコズナクリエーション

  • 9
    アイテムID:4930354の画像

    Island chief

  • 10
    アイテムID:4930357の画像

    オーエ

  • 商品名
  • トイレブラシ T-557+3HC
  • トイレブラシ W078W
  • トイレブラシ 
  • トイレブラシ QQQトイレブラシケ-BR
  • トイレブラシ BL-93
  • トイレブラシ W071W
  • トイレブラシ BF-97
  • トイレブラシ
  • トイレブラシ KN-79
  • トイレブラシ no.80470
  • 特徴
  • 使い捨てタイプなので、とても衛生的です。
  • 底にブラシが触れないので、菌の増殖を抑えます。
  • あらかじめ洗剤が付いているので、そのままお使いいただけます。
  • しっかり奥まで届く形状で、見えない部分も綺麗にできます。
  • 洗剤が不要なので、とても手軽にお掃除できます。
  • 底にブラシが付かづ、水はけも抜群です。
  • しっかりと手にフィットし、扱いやすいです。
  • 水はねの心配もなく、ブラシも早く乾きます。
  • 全面的に綺麗にでき、見た目も可愛くおしゃれな空間にしてくれます。
  • ノズルの洗浄に最適で、使い捨てで便利です。
  • 価格
  • 811円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 1028円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 1419円(税込)
  • 1609円(税込)
  • 636円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 495円(税込)
  • サイズ
  • 9.0×20.0×8.0cm
  • 430×114×129mm
  • 127×50×261mm
  • 36.5×8.8×8.8cm
  • 44.5×12×12cm
  • 437×100×130mm
  • 8×39cm
  • 13x9x39cm
  • 14×38cm
  • 235×105×30mm
  • タイプ
  • スポンジ・使い捨て
  • ブラシ
  • スポンジ・使い捨て
  • ブラシ
  • ブラシ
  • ブラシ
  • スポンジ
  • ブラシ
  • ブラシ
  • スポンジ・使い捨て
  • 付属品
  • 本体・取っ手
  • 本体・ケーズ・ミニブラシ
  • 本体・取っ手
  • 本体・ケース
  • 本体・ケース
  • 本体・ケース
  • 本体
  • 本体・ケース
  • 本体・ケース
  • 本体・スポンジ

まとめ

今回は、おすすめのトイレブラシをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。以外にも、おしゃれな商品が多く販売されています。また、機能性にも注目して選ぶことで、より快適に、楽しくお掃除が行えます。家事を楽にするためにも、活用してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ