記事ID135246のサムネイル画像

【輝き復活床の保護にも】床ワックス人気のおすすめランキング10選

新しい床に塗布すれば新しいままの状態が長続きし、年数の経った床に塗布すれば輝きが復活して艶がでる床ワックス。名前は知っているけれど、使ったことある方はどれくらいいるでしょうか。そこで今回は、たくさん種類がある床ワックスをランキング形式で紹介致します。

床ワックスの効果と機能の魅力

近年、和室で畳よりもリビングがありフローリングで過ごす家が多くなってきました。そこで気になってくるのが床のフローリングです。新居の時には綺麗なのはもちろんですが、その輝きは継続していますか。

 

初めにしっかりとワックスを塗布していれば床の艶が維持できているでしょうが、ワックスを塗っていないようであれば、傷が出来ていたり、傷が目立っている部分があるかもしれません。

 

そこで、今回はたくさんあって選びたい時に選べない床ワックスについて機能、耐久年数、価格を元にランキングを形式で床ワックスについて紹介をしていきます。

床ワックスの選び方

床ワックスを塗布する際には、まずは床の材質でワックスを選びます。フローリングの場合はフローリング対応の床ワックスを選んでください。クッションフロアの場合はフローリング対応のワックスで問題なく出来ることが多いですが、確認をすることをおすすめします。

床の材質で選ぶ

まず、床にワックスを塗布しようとした場合に床の材質を確認します。ほとんどの場合フローリングですが、稀にクッションフロアの場合があります。床材は他には畳があります。畳の場合はワックスを掛けられません。

 

他にも、洋室で多いのが、元からカーペットが敷かれている場合があります。カーペットにもワックスは掛けられないので、張り替えるかカーペットクリーナーを使用してください。ワックスをかける場合の床の材質は、大きく分けてフローリング、クッションフロアの2種類です。

 

他にも、床の材質でタイルの場合や石の場合があります。どちらに対してもワックス自体をかけることは可能です。専用のワックスを選んで塗布するようにしてください。

フローリング

ほとんどの場合が床がフローリングの場合にワックスを塗布しようと考えるか思います。しかし、見た目はほとんど変わらないために、実際に触って確かめてください。フローリングの場合は、木材を加工した製品か天然木をそのまま使用しています。

 

触ってみて反発しない場合や新品であれば木の匂いがします。最近では、ワックス不要の床材のあります。そのフローリングの抗菌や特殊加工の効果を発揮できない場合がありますので注意が必要です。

 

わからない場合は建築会社や説明書を確認してください。フローリング対応のワックスは種類は多いので、お好きな機能のあるワックスを選ぶのがおすすめです。

クッションフロア

CFと略されることの多い床の材質です。見た目はフローリングのようですが、ビニール素材を使用していて、防水性も高く水周りの場所で使用されることが多いです。必ず、ワックスを塗布したほうが良いというわけではないですが、ワックスを塗布すれば綺麗な状態が長く続きます。

 

新品の時にワックスを塗布せずにしばらく経ってくると痛みが出てきたり、黒ずみが出てきます。そういう時には、綺麗に汚れを落としてからワックスを塗布すると新品のような見た目に戻ります。

石床

一見、ワックスを掛けなくても良いように思いますが、専用のワックスが出ているくらい、ワックスを石床に塗布している方は多いです。初めて塗布する場合は、2回塗布して馴染めせてください。

 

石床の場所は特に玄関先が多いかと思いますが、泥や汚れが付きにくくなり、お手入れをするのが楽になります。他にも、時間が経過すると劣化するかと思いますが、石床用のワックスを塗布することにより、石の模様がくっきりとよみがえり、新品のような輝きを取り戻します。

 

玄関が綺麗になると家全体が綺麗になったように感じますので、おすすめです。

機能で選ぶ

床にワックスを塗布するのにも、目的があります。見栄えをよくするのか、傷を目立たなくするのか、滑りにくくしたいかなどの理由があります。正しく選ばないと効果が逆になってしまうものもありますので、注意しましょう。

光沢ワックス

新品の床に対しては、輝きや艶を持続させるのに効果を発揮し、時間が経って痛んだ床に対しては傷を隠して綺麗に見せることが出来るワックスです。輝きが出るので、床に滑り止め効果をしないようにしてください。見た目で選ぶならおすすめの機能です。

 

耐久性も合わせて効果を持っているワックスが多いため、長い期間ワックスの効果が欲しい場合にも光沢機能を持ったワックスを選びましょう。

防水ワックス

キッチン周りや洗面台、脱衣場などの水が近くの場所にある際には、防水ワックスをおすすめします。通常のワックスの上に水が垂れると、白っぽくなってしまいます。しかし、防水ワックスを使えば完全に水を弾きますので拭き取りやすくなります。

 

もし気付かずにしばらく放置してしまっていた場合は、白くなっている場合があります。そんな時でも焦らずにちゃんと水気だけを拭いて、床を乾燥させてください。強くこするとワックスが剥げてしまいますので、お気をつけください。

滑り止めワックス

主に室内でペットを飼っている方に向けてのワックスとなっています。大切なペットが転んで怪我をしない為や床を爪で傷つけたくない方へおすすめです。それ以外にも、足が不自由な場合は滑ると危ないので、人も転倒する危険性がある場合には、滑り止めワックスがおすすめです。

 

主に室内ペットがいる場合を対象に販売していることが多く、多少の防水機能も兼ねていることがあります。

ワックスシート

ワックスの場合は、自分で床にワックスの液をまいて、均等に床に塗らないといけませんが初めての人にはその作業は難しいことでしょう。そこで、お手軽にできるのがワックスシートです。シートにワックスが含まれており、サッと拭くだけでワックスを床に塗ることができます。

 

ワックスを塗るのに自信がない方や、こまめにお掃除をするような方におすすめです。こちらのワックスシートで定期的に掃除をすると綺麗な床を保つことが出来ます。

耐久年数で選ぶ

ワックスには耐久年数があります。メーカーが発表しているものもあれば、単に耐久用のワックスとしているだけのものがあります。ここでは、どれくらい期間が違うものがあるのか、紹介致します。

1年未満

ほとんどの場合、3ヶ月以上ワックスの効果が持続します。最短で3ヶ月以上の効果は期待できますが、メーカーを見てあまりにも短すぎるようであれば、ワックスの効果もあるのかどうか疑った方が良いかもしれません。

 

メリットとしては、価格がお安くなっています。お試し用として1度ワックスを塗布してみるというのも良いです。試す場合は、部屋の全体に塗らずに、わかりにくい場所に少し塗布してみましょう。

1年以上

そこまで価格が安いのでなければ、ほとんどの場合のワックスで1年程度の効果が持続します。しかし、耐久年数が長いほど、慣れていない方にとっては、ワックスを塗布するのが難しくなります。初めてワックスを塗布する場合は、簡単に塗布できるのか確認をしてください。

 

耐久年数が多いほど、ワックスの伸びが悪く、塗布することが難しくなるのです。初めてワックスを床に塗布するのであれば、最初は耐久年数の短いワックスの方が良いかもしれません。

内容量で選ぶ

ワックスの入っている容器の大きさは大きく分けて4種類があります。それぞれ使用する面積によって変わります。いざワックスを塗布していて足りないなんてことにはならないようにしましょう。

500ml

1部屋程度であれば500mlの量を購入しても量としては十分足ります。500mlで約30畳分床にワックスを塗布出来るので、1部屋であれば2度塗りを行ったり、しばらくしてワックスの効果が薄れてきたら、再度床にワックスをかけることができる量が入っています。

 

まずは1部屋ワックスを塗布してみたい方や、廊下にワックスを塗布する方、追加でワックスを購入したい方におすすめです。

1000ml以上

ある程度の数の部屋を塗布する場合は1000mlの量を購入しましょう。メーカーとして500mlで約畳30畳分としているので、60畳くらい塗布することができます。単純に計算して家一軒はワックスをかけることが出来ます。

 

1000ml以上となると、4Lの容器や、18Lのペール缶で売られて場合もありますが、本格的にハウスクリーニングをする以外ではそこまでワックスが必要にはなりません。しかし、ワックスによっては4Lの量でないとメーカーから出ていない場合もあります。

 

そのような場合は、一度で使い切れず、残ったワックスを保管をすることになります。しっかりと密封して固まらないように保管しましょう。

床ワックス人気のおすすめランキング10選

第10位

リンレイ

フローリング専用ワックス 500ml

価格:722円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワーアップして帰ってきた

約7.700種類ものフローリング材を研究し完成したワックスがパワーアップして帰ってきました。このままでも効果が保証されているのにも関わらず、更に改良を重ねたフローリング専用のワックスです。

 

フローリングにワックスを塗布するのであれば、ワックスを選ぶのに困っている方はこちらがおすすめです。床暖房を使っているフローリングにも安心して塗布することが出来ます。光沢ワックスとなっているので、塗って、広げて、乾かすだけで効果がわかります。

 

フローリングに艶を出し、傷や汚れから床を守りたい方におすすめです。

床の材質フローリング機能光沢ワックス
耐久年数1年
第9位

アサヒペン(Asahipen)

ペットと暮らす床用高級樹脂ワックス

価格:738円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人にもペットにも優しいフローリングになります

専用のスポンジが付属しているので、綺麗に簡単に塗布することが出来ます。通常のワックスを塗布して、ペットが滑ると関節や腱を痛めることがあります。最悪の場合、骨折や脱臼をすることもあるので、大切なペットを守りたい方にはおすすめです。

 

もちろん、ペットだけでなく小さい子供や高齢の方のスリップを軽減し、転倒を予防することも出来ます。そして、滑りにくいだけでなく、防水機能もあります。万が一、ペットがおしっこをしてしまったり、水をこぼすとワックスの表面が白くなってしまいます。

 

防水機能があるので、そのような心配をすることなく安心して床に塗布することが出来ます。他にも、抗菌剤を含んでいて清潔も保ちます。

床の材質フローリング機能滑り止めワックス
耐久年数6ヶ月
第8位

リンレイ

オール

価格:300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格のワックスです

コスパ最高のワックスなので、初めてワックスを床に塗布する方にもおすすめです。お手頃価格ですが、機能も申し分なく、傷や汚れから床を守り、美しいツヤを保つことが出来ます。500ml入っていますので、30畳分も使えます。

 

使用方法も簡単で、床に塗布して乾かすだけでピカピカの艶のある床になります。椅子や机を引きずっても傷が付きにくく、汚れも付きにくいのでまだワックスを塗布していない床に気軽にワックスをかけることが出来るので、おすすめです。

床の材質フローリング、クッションフロア機能光沢ワックス
耐久年数6ヶ月
第7位

RINREI(リンレイ)

滑り止め床用コーティング剤

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

獣医師もおすすめする室内ペットの為のワックスです

室内にペットを飼っている方は床が傷が付いてしまっているか、ワックスを塗布してありペットが床を滑ってしまっているのを見たことがあると思います。そんな時におすすめなのが、滑り止めワックスとなります。

 

大切なペットを怪我から守るためにも、床を傷から守るためにも塗布することをおすすめします。ペットを飼っているので、ワックスの成分の心配かと思いますが、舐めても安心となっています。他にも嬉しい機能として、抗菌作用もあります。

 

ペットだけでなく、小さいお子様がいる家庭にも、高齢な方がいる家庭にもこちらの滑り止めワックスを塗布することで床で歩いても滑りにくく、転倒防止の効果もあります。

床の材質フローリング機能滑り止めワックス
耐久性6ヶ月
第6位

リンレイ

オールワックスシート 4枚

価格:374円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

拭くだけで簡単にワックスがけが出来ます

塗るだけで簡単にワックスを塗布することのできるワックスシートとなっています。持っているワイパーに付けるだけで、立ったまま簡単にワックスがけを行うことが出来ます。特殊シートには、ワックスが詰まった3層構造となっています。

 

作業も簡単で10分で乾燥しますので、他のワックスの半分以下の時間で作業を終えることが出来ます。簡単な上に、樹脂ワックスで床をキズや汚れから守り、明るい艶を出すことが出来ます。時間がない方やとりあえず床にワックスを塗布したい方におすすめです。

床の材質フローリング、クッションフロア機能ワックスシート
耐久年数4ヶ月
第5位

シーバイエス

耐久王エボリューション

価格:8,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油性のヒールマークが付きにくいワックスです

特徴としては、乾燥性が高く作業時間の短縮が出来ます。空き室でなく、生活している部屋にワックスをかけるのに嬉しい特徴となっています。耐久性能も、耐久王というだけであり、塗布するだけで床に強靭な皮膜を形成することが出来ます。

 

耐久性能もありますが、塗布した後も剥離性が高いのが特徴です。違うワックスを塗布する場合に、ワックスを剥離する作業を行わなくてはなりませんが、剥離作業の負担軽減に貢献できるワックスとなっています。初心者だけでなく、清掃業者にもおすすめです。

 

とにかく、ワックスに耐久性能が欲しい方におすすめです。

床の材質クッションフロア、フローリング機能光沢ワックス
耐久年数-
第4位

ペンギンワックス

プログロス 光沢プラス

価格:8,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で光沢ワックスを利用出来ます

知る人ぞ知る、ペンギンワックスです。塗布しやすい樹脂ワックスとなっていますので、場所を選ばずにワックスを塗布する事が出来ます。とりあえず、塗りやすく、価格も抑えた床用のワックスが欲しい方はおすすめです。

床の材質フローリング機能光沢ワックス
耐久年数-
第3位

シーバイエス

光沢王エボリューション 樹脂ワックス

価格:8,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感のあるフロアにしたい方におすすめです

何度も塗って光沢を出す方法もありますが、こちらは1度ワックスを塗布すれば光沢を出す事が出来ます。1度塗布してさらに光沢が欲しい方は2度塗りをすると、床が反射するほどの光沢を得る事が出来ます。床が綺麗だと部屋全体が綺麗に感じます。

 

とにかく、床に光沢が欲しいという方におすすめです。

床の材質クッションフロア、フローリング機能光沢ワックス
耐久年数-
第2位

リンレイ

防水タフコート

価格:3,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水廻りの床におすすめです

防水ポリマー配合で水を弾きやすくなっています。水廻りに通常のワックスを塗布すると、耐水性がないために膜が白っぽくなってしまい、せっかく綺麗にワックスを塗布しても台無しになってしまいます。

 

そんな心配がいらないのが防水タフコートです。防水機能だけでなく、艶も出すことができますので、床の綺麗にできます。キッチン周りの床だけでなく、トイレや浴室にも使えます。床が綺麗だと部屋が綺麗に見えますのでおすすめです。

 

今までワックスを塗布したことがあるけど、水をこぼして何度も塗り直した経験がある方はもちろん、そんな経験したくない方にもおすすめです。

床の材質フローリング機能防水ワックス
耐久年数1年
第1位

リンレイ

ウルトラタフコート

価格:3,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

艶も耐久性もあるコーティングワックスです

アクリルとウレタンの2種類のハイブリッドワックスで強靭な皮膜を形成することが出来ます。その耐久性もリンレイの中で最高級となっていて、ワックスの耐久年数は2年となっています。アクリルの特徴の透明性と、ウレタンの特徴の強靭な塗膜性を兼ね備えた最高級なワックスとなります。

 

ワックスには効果の特徴が3つあり、保護効果、艶効果、お掃除楽々効果があります。どの効果も嬉しい効果となっていて、保護効果のあるお陰で新品の床にも傷が付きにくくなりいつまでも綺麗な状態を維持できます。

 

艶効果は見た目の美しさを綺麗に保つことができます。1番嬉しいのは、お掃除楽々効果により、床に汚れが付きにくくなることかもしれません。固く絞った雑巾で拭くだけですぐに汚れが落ちます。

床の材質フローリング機能光沢ワックス
耐久年数2年

床ワックスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4927360の画像

    リンレイ

  • 2
    アイテムID:4927359の画像

    リンレイ

  • 3
    アイテムID:4927358の画像

    シーバイエス

  • 4
    アイテムID:4927357の画像

    ペンギンワックス

  • 5
    アイテムID:4927356の画像

    シーバイエス

  • 6
    アイテムID:4927355の画像

    リンレイ

  • 7
    アイテムID:4927354の画像

    RINREI(リンレイ)

  • 8
    アイテムID:4927353の画像

    リンレイ

  • 9
    アイテムID:4927352の画像

    アサヒペン(Asahipen)

  • 10
    アイテムID:4927351の画像

    リンレイ

  • 商品名
  • ウルトラタフコート
  • 防水タフコート
  • 光沢王エボリューション 樹脂ワックス
  • プログロス 光沢プラス
  • 耐久王エボリューション
  • オールワックスシート 4枚
  • 滑り止め床用コーティング剤
  • オール
  • ペットと暮らす床用高級樹脂ワックス
  • フローリング専用ワックス 500ml
  • 特徴
  • 艶も耐久性もあるコーティングワックスです
  • 水廻りの床におすすめです
  • 高級感のあるフロアにしたい方におすすめです
  • 低価格で光沢ワックスを利用出来ます
  • 油性のヒールマークが付きにくいワックスです
  • 拭くだけで簡単にワックスがけが出来ます
  • 獣医師もおすすめする室内ペットの為のワックスです
  • お手頃価格のワックスです
  • 人にもペットにも優しいフローリングになります
  • パワーアップして帰ってきた
  • 価格
  • 3020円(税込)
  • 3490円(税込)
  • 8700円(税込)
  • 8790円(税込)
  • 8150円(税込)
  • 374円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 300円(税込)
  • 738円(税込)
  • 722円(税込)
  • 床の材質
  • フローリング
  • フローリング
  • クッションフロア、フローリング
  • フローリング
  • クッションフロア、フローリング
  • フローリング、クッションフロア
  • フローリング
  • フローリング、クッションフロア
  • フローリング
  • フローリング
  • 機能
  • 光沢ワックス
  • 防水ワックス
  • 光沢ワックス
  • 光沢ワックス
  • 光沢ワックス
  • ワックスシート
  • 滑り止めワックス
  • 光沢ワックス
  • 滑り止めワックス
  • 光沢ワックス
  • 耐久年数
  • 2年
  • 1年
  • -
  • -
  • -
  • 4ヶ月
  • 6ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年

まとめ

いかがでしたでしょうか。床ワックスをしたことがある方も、これから行おうとしていた方もお気に入りになる床ワックスは見つかりましたか。たくさんの種類がありますが、ポイントを抑えて床ワックスを選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ