記事ID135241のサムネイル画像

【切れ味が全然違う】おすすめの包丁研ぎ人気ランキング10選

包丁を研ぐのは自分でするのは難しくお店で頼む方も多いのではないでしょうか。お店に頼む事もできますが、自分でも簡単に研げる物もあります。今回は、包丁研ぎの選び方やおすすめの物を人気ランキング形式で紹介します。包丁研ぎを購入しようか迷っている方は是非参考にしてみて下さい。

【買った事がない人にはおすすめしたい】包丁研ぎ

料理をしていると、トマトやネギが切りにくいと感じる事もあるのではないでしょうか。そんな時に役に立つのが包丁研ぎですね。スーパーに包丁研ぎ屋さんが来ている事もあり、やってもらうと今までと全然違って切れ味が良くなるので驚く方も多いと思います。

 

包丁研ぎ屋さんに頼む以外にも自分で研ぐ事もできます。簡単に研げる電動タイプや使っているうちに慣れてくる砥石、その時だけ切れたらいい方には簡易的な物など様々な物があります。

 

今回は、包丁研ぎのタイプや自宅でも収納しやすいサイズ、切れ味に関わる素材に注目しておすすめの包丁研ぎを人気ランキング形式で紹介します。包丁の切れ味が悪くなってきている方は参考にしてみて下さい。

 

包丁研ぎの選び方

包丁研ぎにも様々な種類があるので悩んでしまいますよね。どういったポイントで選べば良いのかいくつか挙げてみます。

タイプで選ぶ

包丁研ぎには、電動や砥石、簡易的な物などありそれぞれの魅力を見てみましょう。

簡単な電動タイプ

電動の包丁研ぎは簡単、スピーディーに研ぐ事が出来るのが最大の魅力。研ぎ石を変えなくてもしっかりと研ぐ事ができてラクです。角砥石を使って研ぐのは慣れるまでは思ったような切れ味にならなく、上手くできないと逆に歯を痛めてしまう場合もあります。

 

電動のタイプによっては包丁だけではなくハサミやピーラーなども研げる物があるので1台あれば家の様々な物を使いやすく研げるのでおすすめ。デメリットは、少し価格が高いという事です。

 

ポイントを利用したり、少しでも安い物をインターネットで探したり、お祝いのお返しのカタログなどにある電動の物を頼んでみるのも一つですね。値段は高くても使い勝手が良いので無駄にはならないです。

本格的な砥石タイプ

砥石には荒砥石、中砥石、仕上げ砥石があります。始めに使う荒砥石は大きく欠けた刃先を削り落とす時に使います。中砥石は通常よく使う刃先を出す時、仕上げ砥石は中砥石でできた細かない傷を取るためと小刃止めをする時に使います。

 

初めて砥石使う場合は、中砥石を揃えておけば充分。他にも家庭用に中砥石と荒砥石、中砥石と仕上げ砥石を貼り合わせたコンビ砥石もあるので自分の使いやすそうな物を選びましょう。水につけてから使う物と乾いたまま使える物があります。

 

コンビになっている砥石を使う方がより切れ味を長持ちさせる事ができ、綺麗に砥げます。シャープナーを使わなくても砥石が1つあれば十分包丁のメンテナンスができます。シャープナーよりは収納場所をとりますが、長く使えてしっかり研ぐ事ができます。

簡単に済ませたいコンパクトタイプ

簡単で安くて使える物は100均でも売っていますが100均の物は本当にその時だけと思っておいた方が良いです。他にはシャープナーがありますが、シャープナーは荒砥ぎと仕上げ砥ぎが別口でついていて簡単に砥げる物も多く、砥石を出して準備する手間がないのでラク

 

持ち運びもラクなのでアウトドアなどにもおすすめしたいです。シャープナーの刃が何で出来ているかによって研げる包丁も変わってくるので、購入する前にはどういった素材で作られているのかや使える包丁を確認しましょう。

 

コンパクトに折りたためる物もあり、家庭で使う時にもキッチンに置いていても気にならなく収納場所も少なく済みます。オシャレな物やスタイリッシュなデザインもあるのでインテリアにも馴染みやすいです。

包丁の素材に合わせて包丁研ぎも選ぶ

包丁を購入する時に、その後のメンテナンスも考えて選びましょう。包丁研ぎを頼むのならいいのですが、自分でする場合は包丁の素材に合わない物を選ぶと傷めてしまう場合もあるので注意が必用です。

鋼の包丁

鋼は鉄や炭素、ケイ素、マンガン等が含まれた硬い金属。鋼の包丁は鋭く切れるのですが、錆びやすいので気を付けないといけません。包丁用の鋼は安来鋼という素材が有名で、青紙鋼、白紙鋼等の種類もあります

 

鋼の包丁は定期的に手入れや錆びないようにチェックしましょう。他の素材の包丁に比べて研ぎやすい鋼の包丁は手入れが苦にならない方には長く使い続けられます。鋼の包丁は、硬い素材なので硬い素材を使った砥石が効率よく砥ぐには向いています。

 

やわらかめの砥石の場合、表面が削れやすくなってしまい消耗するのが早いです。鋼の包丁には硬いセラミック系の砥石がおすすめです。

ステンレスの包丁

ステンレスは鋼と同じ金属。鉄が主成分で炭素やクロムといった成分の含有量でステンレスと鋼に分けられます。ステンレスは炭素の量が少ないので錆びにくく耐久性に優れています。全く錆びない訳ではないですが、鋼の包丁よりは錆びにくいです。

 

切れ味は鋼の包丁の方が良いです。最近ではステンレスに少量の炭素うを加えるなどの工夫がされて研ぎやすくなった包丁も出てきています。ステンレス製の包丁におすすめなのはやわらかめの砥石

 

ステンレスは鋼ほど硬くないので一般的に使われている砥石で問題なく使えます。硬い砥石でも砥げるけれど、やわらかめの砥石を使うほうが砥いでいる感覚が分かるのでおすすめです。

セラミックの包丁

セラミックは強度が高く熱に強く軽量なのが特長です。金属ではないので錆びの心配はいらなく、切れ味が長持ちします。しかし、硬くてしなやかさに欠ける素材なので刃こぼれ等を起こしやすいです。

 

こまめに包丁を研げたらいいのですが、セラミック包丁は非常に硬いのでステンレスなどでは砥げません。セラミックの包丁を研ぐ時にはダイヤモンド砥石などが必用。

 

セラミックの包丁もとげる包丁研ぎを使うかセラミックの包丁を購入する時にメンテナンスの事も聞いておきましょう。もし、セラミック包丁が刃欠けした時には自分で砥ぐのは大変です。そんな時は購入したメーカーや専門店に修理してもらう事をおすすめします。

人気のメーカーから選ぶ

包丁研ぎがどれが良いのか分からない方は人気のメーカーから自分の包丁に使える物を選ぶのがおすすめ。おすすめのメーカーをいくつか紹介します。

京セラ

京セラは電子機器メーカーの1つで、キッチンに便利な電動式やセラミック製のロールシャープナーなどの包丁研ぎ等を製造、販売しています。ダイアモンド製のシャープナーがメインで数回引いたら砥ぎ終わるので初めての方でもラク。

 

ダイアモンド以外にもファインシャープナーという音波電動の力で包丁を砥ぐ物もあり簡単に安全に砥げます。価格もリーズナブルな物が多く初めて包丁研ぎを購入する方にはおすすめです。

 

京セラでは包丁の砥直しサービスもしていて1000円で購入した時の切れ味に復活してくれます。無料砥直し券が付いている商品もあるので京セラの商品を購入する時にはそういったサービスも利用してみましょう。

貝印

貝印は包丁や鍋などのキッチン用品、製菓用品、カミソリやビューティーケアツールなどの美容用品などを取扱っていて価格もお手頃な物が多く、揃えやすいメーカーです。オシャレなデザインも多いのでギフトにも喜ばれます。

 

角砥石や面直し用砥石、電動砥石、簡易砥石、砥ぎ棒と種類も豊富で、貝印のマークがオシャレにデザインされていて全体的にシックなイメージ。貝印では包丁研ぎのイベントも開催しています。

 

専門のスタッフが包丁研ぎのコツを分かりやすく教えてくれるので、参加できる方は行ってみるといいですね。そこで使われている包丁研ぎが使いやすい物なら購入してもいいですね。

ヘンケルス

ヘンケルスは、ドイツ生まれの有名刃物メーカー。日本でも使いやすいナイフや包丁などを発売されています。ヘンケルスともこみちがタイアップした包丁も販売されているので、もこみちが使っている包丁と同じ物を使いたい方はヘンケルスの包丁がおすすめです。

 

ヘンケルスの包丁研ぎ器の特徴としては、両面砥石で水をかけるだけで簡単に研げる物や、気になった時にサッと研げるシャープナーです。

 

シャープナーはデザインや色がオシャレな物もあり、お買い得な値段になっている物もあるのでヘンケルスのホームページなどで確認しておくと良いです。台所に置いていても気にならない大きさでオシャレな見た目なのも魅力ですね。

包丁の刃の種類で選ぶ

包丁を砥ぐ時には、その包丁の刃の種類で砥ぎ方が変わります。それぞれ見てみましょう。

両刃包丁

どちらの面も削られている包丁が両刃包丁。刃先の方から包丁を見てみると確認する事ができます。両面に刃がついているので大きな塊肉などを切る事に向いている包丁。両側に刃がついていて薄切りするには不安定なので向いていません。

 

家庭でよく使われている三徳包丁は、菜切り包丁や牛刀包丁の使いやすい部分をミックスした包丁。鋭い刃先やカーブ、真っすぐな刃元が使いやすく三徳包丁や菜切り包丁、牛刀包丁は両刃包丁です。

 

自分の包丁が両刃なのか片刃なのか分からない時には大根などの野菜を切ると分かります。真っすぐ切れていれば両刃で斜めになっていると片刃です。家庭で使う包丁では両刃の物の方が多いです。

片刃包丁

片面にだけ刃の細工がなされている包丁。片刃包丁は主に刺身包丁や出刃包丁です。片刃包丁は片方にしか刃がついていなく硬い物を切る時に真っ直ぐに刃を下ろすとどんどん刃がずれてしまい真っ直ぐに切る事が難しいです。

 

薄切りや柔らかいものを切る時には片刃包丁の刃のない面がまっすぐと降りて刃のある面が食材をめくるように細かい作業も安定して切る事ができます。お刺身を切る時には片刃包丁の方が綺麗に切りやすいです。

 

自宅でお刺身用の魚を柵から切る方は片刃包丁があると切りやすいですね。ですが、その為だけに包丁を用意できないという方は包丁の切り方に注意して刃元から優しく1回で手元に引くように切ると綺麗に切れて味も変わるので試してみては。

おすすめの包丁研ぎ!人気ランキング10選

第10位

京セラ

ロールシャープナー

価格:1,286円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長持ちする優れ物

京セラの水なしで誰でも簡単に研げるシャープナー。研いだ時に手が汚れることもなく、サッと取り出して包丁が研げます。

 

包丁を本体の溝に入れて前後に10回程往復させるだけで、荒研ぎと仕上げ研ぎが一度にできて、潰れてしまった刃も切れにくかった包丁もあっという間に初めのように切れるようになります。

 

セラミックスは研げないですが、ステンレスや鋼、チタンなどの色々な材質の包丁が研げます。口コミでは、月1回30秒程で切れ味が元通りになるようで、包丁のメンテナンスをなるべくラクにスピーディーに済ませたい方にはおすすめです。

タイプシャープナーサイズ158×58×57mm
素材ファインセラミックス
第9位

Chef's Choice (シェフズチョイス)

ハイブリッド式包丁研ぎ器

価格:12,782円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動でラクラク

世界各国で展開するシャープナーブランドのシェフスチョイスの、電動式スロットと手動式スロットを搭載したハイブリッド式包丁研ぎ器。荒研ぎ、中研ぎ、仕上げ研ぎの3段階式で刃こぼれや日常のメンテナンスまで幅広く使えます。

 

荒研ぎスロットと仕上げ研ぎスロットは電動式で、包丁を一定速度で手前に引くだけで簡単にできます。

 

仕上げ研ぎスロットは手動式で滑らかに仕上げることができるので、日常のメンテナンスには電源を入れないで手軽で使えるので便利。研磨材には粗さの異なるダイヤモンドを使いシャープな切れ味を実現します。

タイプ電動サイズ幅22.8×奥行8.2×高さ9.5㎝
素材
第8位

Ehoovis

家庭用・鋼両用石#6000

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくておすすめ

包丁やポケットナイフ、精密工具、ガーデンツールなど様々な物に使える砥石。オイルは不要で高品質な素材で素早く手入れができます。

 

滑り止めシリコンベースが付いているのでしっかり固定して使えて安全。これを使えば野菜やお肉を細かくカットできて料理の腕も上がります。#3000と#6000の両方が使えるので刃物の中砥ぎと仕上砥ができて1台で大活躍

 

家庭に研石は1つは用意しておきたいですよね。口コミではこれを使うと包丁の切れがかなり良くなり料理も美味しくなるとの事で、包丁の切れ味が気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

タイプ置き型砥石サイズ180x60x30mm
素材コランダム
第7位

Ochre

シャープナー

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸くて可愛い

マウス型でコンパクトなシャープナー。収納も簡単に出来るので使わない時には収納スペースが少なくても大丈夫です。底に滑り止めパッドが付いていて、刃を研ぐ時に力が加わったときに滑り落ちるのを防いでくれます。

 

本体をそのまま丸洗いできていつでも清潔。洗った後にはしっかりと乾燥させて下さい。説明書付きで簡単であっという間に痛んだ刃も元通りになります。

 

68gと軽量なのもポイント。口コミでは、フルーツナイフ等も砥げて女性でも簡単にできたようで、砥石を使って包丁を研ぐのが上手くいかなかった方にはおすすめです。

タイプシャープナーサイズ9.5cm×4.5cm
素材
第6位

片岡製作所

ウォーターシャープIII

価格:2,097円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つの研ぎ方ができる

水を入れて使うシャープナー。見た目もスタイリッシュでインテリアとしてキッチンに飾りたくなるデザイン。砥石は3つ付いていて荒砥・中研ぎ・仕上研ぎができるのでしっかり切れ味を復活させてくれます。

 

ハンドル部分は手にぴったりとフィットするような平たい形なので、ずれ落ちる心配もいらなく安全。珍しい水を入れるタイプで、水も簡単に入れる事ができて削りカスも洗い流せるので清潔。研ぐ回数も7回程で負担なく研げるのでラクです。

タイプシャープナーサイズ56x40x212mm
素材
第5位

京セラ

電動ダイヤモンドシャープナー

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動だからラクちん

ガイドスロットに合わせて誰でも簡単に研げる包丁研ぎ。電動パワーとダイヤモンド砥石で素早く簡単に鋭く研げます。押すとON、離すとOFFのスイッチなので安全。動作やバッテリーパワーがすぐに分かるランプ付き。

 

研ぎクズが飛び出しにくい集塵ファン内蔵なので安心です。0.5mm程度のカケであればメンテナンスできます。ステンレスや鋼、セラミックからチタンなどの、色々な材質の包丁が研げて便利です。

 

研石で研ぐのが難しい方には電動タイプでサッと簡単に綺麗に研げるのでおすすめです。コンパクトなので台所の収納スペースが限られていても大丈夫です。

タイプ電動サイズ155×98×73mm
素材ダイヤモンド
第4位

Kennkou

3段階シャープニングシステム

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手袋付きで安全

粗研ぎ、細研ぎ、仕上げ研磨3つの研ぎ方が簡単に出来るシャープナー。人間工学に基づいてデザインしたハンドルで、握りやすく滑りにくいので安全に使えます。4~5回程、押して引いてを数秒繰り返すと切れ味が復活。耐切断性な手袋も付いているので安全に使えます。

 

本体はステンレスと高品質ABSで作られていて耐久性があります。簡単に取り外して水洗いできるので清潔。シェフナイフや包丁、果物ナイフ、キッチンナイフ、斬骨刀、骨抜きナイフ等の色々なナイフに使えます。ハサミと鋸歯状の刃には使わないでください。

 

口コミでは、溝に順番に入れていくだけで簡単に砥げるので、包丁を研ぐ事に慣れていない方にはおすすめの商品です。

タイプシャープナーサイズ23.5x9.6x6.3cm
素材
第3位

貝印(Kai Corporation)

関孫六

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイヤモンド & セラミックシャープナー

ダイアモンドとセラミックの砥石でしっかり磨けるシャープナー。使い方は簡単で、まずはダイヤモンド砥石を使い摩耗した刃先を削り取ります。その後にセラミック砥石でさらに角を薄くすることで切れ味を良くして、仕上げ砥ぎをして刃を滑らかにします。

 

ダイアモンドとセラミックの砥石なので様々な素材の包丁に使えて便利。底に滑り止めのゴムが付いているのでずり落ちる事がなく安全です。研ぐ部分は透明カバーの中に収納できてコンパクトになるので台所の引き出しなどにもラクに収納できます。

 

砥石が1つしかついていない物と比べると段違いの切れ味です。貝印のロゴがオシャレにデザインされていてギフトに選んでも喜ばれます。普段のメンテナンスにはおすすめの商品です。

タイプシャープナーサイズ141×51×55mm
素材ダイヤモンド・セラミック
第2位

京セラ

ダイヤモンドシャープナー

価格:1,428円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使いやすい

手前に弾くだけで簡単に研げるシャープナー。縦方向に研ぐので砥石で研ぐような仕上がりになり、簡単に切れ味を復活できます。ダイヤモンド砥石なので、耐久性に優れていて長い間使う事ができます。

 

バネの力で刃を研ぐ為の力が働く構造になっているので、初めての方も力をいれすぎないで安心して使えます。水や電源がいらなく削りクズもでないです。

 

ステンレスや鋼、セラミックス、チタン等の色々な材質の包丁が研げて便利。水洗いができるので清潔で簡単に手入れができます。

タイプシャープナーサイズ幅5.5×奥行13.6×高さ5cm
素材ダイヤモンド
第1位

シャプトン(Shapton)

刃の黒幕オレンジ

価格:3,851円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中砥 #1000

中砥ですが荒砥がいらないといわれるほど良く研げて荒、中兼用の砥石として便利な#1000の中砥石。様々な包丁やノミ、カマ、ナイフ、刀などに使えるので1つ用意しておくと切れ味が気になった時に使えて便利です。

 

他の砥石と違い使う前に水につけておく必要がないので、研ぎたいタイミングでさサッと使えます。ケースがそのまま砥石固定台になるので使いやすいです。家庭用に包丁研ぎを使う場合には包丁研ぎの台をわざわざ用意しなくていいこうした物だとラク。

 

使ってみると切れ味が全然違い、色々な物を研げるので何を購入するか迷っている方はこれを買っておけば間違いないですね。

タイプ置き型砥石サイズ210×70×15mm
素材

包丁研ぎのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4932674の画像

    シャプトン(Shapton)

  • 2
    アイテムID:4932407の画像

    京セラ

  • 3
    アイテムID:4932400の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 4
    アイテムID:4932411の画像

    Kennkou

  • 5
    アイテムID:4932707の画像

    京セラ

  • 6
    アイテムID:4932688の画像

    片岡製作所

  • 7
    アイテムID:4932414の画像

    Ochre

  • 8
    アイテムID:4929834の画像

    Ehoovis

  • 9
    アイテムID:4929728の画像

    Chef's Choice (シェフズチョイス)

  • 10
    アイテムID:4931113の画像

    京セラ

  • 商品名
  • 刃の黒幕オレンジ
  • ダイヤモンドシャープナー
  • 関孫六
  • 3段階シャープニングシステム
  • 電動ダイヤモンドシャープナー
  • ウォーターシャープIII
  • シャープナー
  • 家庭用・鋼両用石#6000
  • ハイブリッド式包丁研ぎ器
  • ロールシャープナー
  • 特徴
  • 中砥 #1000
  • シンプルで使いやすい
  • ダイヤモンド & セラミックシャープナー
  • 手袋付きで安全
  • 電動だからラクちん
  • 3つの研ぎ方ができる
  • 丸くて可愛い
  • 使いやすくておすすめ
  • 電動でラクラク
  • 長持ちする優れ物
  • 価格
  • 3851円(税込)
  • 1428円(税込)
  • 950円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2097円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 12782円(税込)
  • 1286円(税込)
  • タイプ
  • 置き型砥石
  • シャープナー
  • シャープナー
  • シャープナー
  • 電動
  • シャープナー
  • シャープナー
  • 置き型砥石
  • 電動
  • シャープナー
  • サイズ
  • 210×70×15mm
  • 幅5.5×奥行13.6×高さ5cm
  • 141×51×55mm
  • 23.5x9.6x6.3cm
  • 155×98×73mm
  • 56x40x212mm
  • 9.5cm×4.5cm
  • 180x60x30mm
  • 幅22.8×奥行8.2×高さ9.5㎝
  • 158×58×57mm
  • 素材
  • ダイヤモンド
  • ダイヤモンド・セラミック
  • ダイヤモンド
  • コランダム
  • ファインセラミックス

まとめ

包丁研ぎは料理をする方やアウトドアなどには必需品。包丁を研ぐだけで食材の切れ味が全然違い、料理の美味しさや見た目もレベルアップします。包丁をよく使う方にはこまめにシャープナーでメンテナンスをして、たまに砥石でしっかり手入れするか、メーカーや専門店に頼んでしっかり研いでもらいましょう。それぞれ大きさや重さもバラバラなので、自分が使いやすい物が見つかると良いですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ