記事ID135219のサムネイル画像

【使いやすく綺麗に】人気掃除用コロコロのおすすめランキング10選

衣服やカーペット、フローリングの掃除に役立つコロコロ。そんなコロコロの人気おすすめ商品をランキングにしました。柄の長さや粘着力、コスパなどコロコロのおすすめの選び方も併せてご紹介します。購入の際の参考にしてみてください。

コロコロを使ってお部屋や洋服を綺麗に!

カーペットやフローリング、衣服などに付いたほこりや髪の毛を取ることができる粘着クリーナー。一般的に「コロコロ」と呼ばれている粘着クリーナーは、どのご家庭にもひとつはある便利グッズです。

 

そんな「コロコロ」は、実は株式会社ニトムズが販売した商品名が由来となっています。そのため、ニトムズ以外のメーカーが販売している商品は厳密にはコロコロではなく、粘着クリーナーという分類になります。

 

とはいえ一般的にはどの粘着クリーナーも「コロコロ」と呼ばれているわけですが、今回は多くの種類が販売されているコロコロの中から特におすすめの商品を、ランキングにしてご紹介していきます。購入の際の参考にしてみてください。

コロコロの選び方

まずはコロコロのおすすめの選び方をご紹介します。柄の長さや掃除できるタイプ、便利な機能性などのポイントを比較して最適なコロコロを選んでみてください。

柄の長さで選ぶ

コロコロの柄は手に持って使う「ハンディタイプ」が多いですが、そのほかにも「ロングタイプ」や「ジョイントタイプ」も販売されています。用途に合った長さを選ぶことで便利に使えます。

立ったまま使えるロングタイプ

柄が長いロングタイプは、立ったままフローリングやカーペットの掃除をすることができます。いちいち立ったりしゃがんだりを繰り返す必要がなく、掃除しながらの移動もラクラクです。一回の往復で長い距離を掃除することができるため、広い範囲をコロコロしたい時に便利です。

 

また、天井や高い壁の掃除をする際にもロングタイプは便利です。普段は踏み台が無いと届かない場所でも、ロングタイプのコロコロがあればほこりを取ることができます。

 

一方で、ハンディタイプのように細かな動きがしづらいというデメリットもあります。

座ったまま使えるハンディタイプ

一般的に多く使われているのがハンディタイプのコロコロです。手に持って使う柄の短いコロコロは、近くのカーペットやフローリング、衣服をささっと綺麗にすることができます。すぐ取れる位置に置いておけば手軽に掃除をすることができ、手に持って使うため細かな動きもしやすく、狙ったほこりや髪の毛を綺麗にキャッチすることができます。

 

一方で、一回の往復で狭い範囲しか掃除できないため広い範囲の掃除には向いていません。手軽に小範囲を綺麗にできるのが、ハンディタイプのコロコロの魅力といえます。

長さを変えて使えるジョイントタイプ

柄の部分がジョイント式になっており、用途に合わせて長さを変えられるのがジョイントタイプのコロコロです。ロングタイプ・ハンディタイプのどちらの長さにも変えることができるため、両方の便利なポイントを兼ね備えた万能タイプといえます。

 

高いところや広い範囲を掃除したいときは柄を長くしてロングタイプのように、狭い範囲や細かな動きで掃除したいときは柄を短くしてハンディタイプのように、それぞれ使い分けることができます。唯一の欠点としては、他のタイプよりも少し価格が高くなること。しかしそれを差し引いても、他のタイプにはない便利さがあります。

用途に合わせたタイプを選ぶ

コロコロは用途ごとにいくつかのタイプに分類されています。例えばフローリング用や衣服用、カーペット用など、使用用途に合ったタイプを選ぶことが大切です。

粘着力が弱く床を傷つけないフローリングタイプ

フローリングを掃除する用のコロコロは、他のタイプよりも粘着力が弱くなっているのが特徴です。粘着力が強すぎるコロコロはフローリングにくっついてしまったり、フローリングにべたつきを残してしまうことがあります。そのため、フローリングを掃除する際には必ずフローリングタイプのコロコロを使うようにしましょう。

 

また、粘着力が強力なコロコロをカーペットなど別の場所で使って、粘着力が落ちてきたところでフローリングを掃除しているという方もいるようです。粘着力が強すぎるコロコロの場合は、他の場所で使って粘着力を弱めてからフローリングに使ってあげてください。

ちりやごみをキャッチしてくれるカーペットタイプ

カーペットを掃除するのに適したコロコロは、粘着力が強いのが特徴です。カーペットの奥に紛れ込んだほこりや食べかす、髪の毛などをしっかりと取るためには強い粘着力が必要になります。カーペット全体をしっかりと綺麗にしたい、カーペットの奥に入ったごみを取り除きたい場合は粘着力の強いカーペットタイプのコロコロがおすすめです。

 

反面、カーペットタイプのコロコロは粘着力が強すぎるためフローリングの掃除には適していません。カーペットタイプのコロコロをフローリングに使いたい場合は、粘着力をある程度弱めてから使うことをおすすめします。

衣服のほこりを取れる衣服タイプ

粘着力は他のタイプよりも弱く、衣服を傷つけたり伸ばしたりしないままほこりを取ることができるのが衣服タイプのコロコロです。カーペットのごみを取るなど粘着力が必要な使い方には向いていませんが、衣服のちりやほこりを綺麗に取ることができます。

 

また、衣服タイプのコロコロは粘着力が強すぎないためフローリングの掃除にも使うことができます。衣服のほこりを取った後に残った粘着面でフローリングの掃除をするのもおすすめです。

粘着力やテープの切りやすさで選ぶ

コロコロの機能性で選ぶという選び方も、堅実な選択肢の一つです。粘着力やテープの切りやすさなど、便利な機能を比較して選べば最適なコロコロが見つかるはずです。

粘着力の強いものは細かなほこりも掃除できる

粘着力が強いコロコロは、カーペットなどの奥に入り込んでしまったちりやごみなど、掃除機でもなかなか掃除しづらいものを取ることができます。布団のダニやほこり取りとしても有効で、強力な粘着力が細かなハウスダストまでしっかりと取ってくれます。

 

粘着力が強いコロコロはフローリングなど傷つきやすい場所の掃除には向いていませんが、カーペットや敷布団、壁や天井など強度のあるものや場所には使いやすいです。

斜めカットのテープは切りやすく使いやすい

使い終えたテープを切る際、びりびりに破けてしまったり真っ直ぐに切れなかった経験がある方も多いのではないでしょうか。テープが切りづらいコロコロは、それだけで不便さを感じてしまいます。そんな時は、斜めカット加工が施されたコロコロなど、テープが切りやすい工夫がされた商品がおすすめです。

 

斜めカットのテープは端を持って引っ張るだけで簡単にテープをはがすことができ、手で切る必要もないため必ず綺麗にはがすことができます。このようにテープがはがしやすい商品は、使い終わった際のストレスを軽減してくれる便利なアイテムです。

コスパで選ぶ

コロコロは消耗品ですから、コスパも大切になります。普段から継続して使うものだからこそ、できるだけコストを抑えてお得に使えるものを選ぶことで節約にもつながります。

交換シートが使えるものはコスパが良い

コロコロにコスパを求める場合は、各社共通の交換シートが使える商品がおすすめ。コロコロは本体の価格よりも交換シートの価格の方が安いため、本体のシートが無くなっても交換シートを使って本体を再利用する方がお得です。

 

交換シートは各社共通のサイズで販売されているため、そのサイズに合った商品を選ぶことで低コストで再利用することができます。反対に専用の交換シートを購入しなければならない商品は、少しコストがかかってしまうというデメリットがあります。

洗って繰り返し使えるタイプは究極のコスパ

交換シート以上にコスパが良いのが、洗って繰り返し使えるコロコロです。コロコロといえば使い終えるごとにシートをはがして、次使う時には新しい粘着シートでコロコロする、というものです。しかし繰り返し使えるコロコロは、使用後に水で洗ってあげることでほこりを落とし、シートの交換は不必要という便利でお得な商品なんです。

 

洗って再利用するコロコロは交換用シートを購入する必要もないため、コスパも抜群。本体の価格だけで長期間使うことができます。何度洗っても粘着力が落ちづらい商品を選ぶことで、最高のコスパでコロコロを使うことができます。

コロコロのおすすめランキング10選

第10位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

カーペットクリーナー レギュラー

価格:246円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパも抜群で斜めシートは切りやすい

斜めカットシートを採用しているので、シートを切ることなく綺麗にはがすことができます。切り口を見失うことなく、力を入れずめくることができるので、使用後のストレスもありません。1個当たりのコスパもよく、リーズナブルな価格で購入することができます。

 

本体には60枚シートが付属しているので、買ってそのまま使うことができます。各社共通の交換シートも使うことができるサイズなので、60枚使い終えた後もコスパ良く使うことができます。

 

レビューでも斜めカットのシートの評判がよく、はがす面倒が減ったという声が続出しています。粘着力についても及第点とする方が多く、1枚でカーペット掃除は十分行えるくらいの粘着力と評価されています。

柄の長さハンディタイプカーペット
各社共通シート使用コスパ1回2.48円
第9位

アズマ工業

カーペットクリーナー ぱたぱた粘着ローラー

価格:719円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納に便利なカバー付き粘着ローラー

コロコロを収納する際に使うケースが、本体と一体化した商品です。柄の部分にケースが付属しており、使用時にはローラーの上にあげてたたむことができます。使い終えたら、あげたケースを元にもどすことで収納することが可能。ケースをたたんだ状態では自立もするので、置き場所にも困りません。

 

各社共通の交換シートも使用できるサイズで、カーペットを掃除するには十分な粘着力もあります。レビューでも軒並み高評価で、ケースから取りだすというひと手間が省けるだけで掃除のやる気が上がるという声も多くなっています。

柄の長さハンディタイプカーペット
各社共通シート使用コスパ1回8.9円
第8位

セトクラフト

コロペタ ワイド

価格:2,916円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動物の柄がかわいらしい粘着クリーナー

天然木で作られた、動物の形をした柄がかわいらしい商品です。キリンの他にはフラミンゴやネコ・サルがあり、全部で4種類の動物の中から選ぶことができます。天然木を使っているので木目も自然で、ほっこりとした気分になります。

 

パッケージの箱も付属しているので、お子さんやご友人へのプレゼントとしても人気の商品です。各社共通交換シートにも対応したサイズなので、コスパも抜群。かわいらしいデザインのコロコロをお求めの方は、ぜひ試してみてください。

柄の長さハンディタイプカーペット
各社共通シート使用コスパ-
第7位

ニトムズ(Nitoms)

コロコロ ハイグレードSC S

価格:537円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コロコロの本家であり機能性抜群の商品

株式会社ニトムズから販売されている、コロコロの本家本元の商品です。スカットカットという独自の技術を採用しており、シートに入ったオレンジラインを目安に真っ直ぐ綺麗にカットすることができます。さらにはシートに矢印が印刷されており、逆方向に転がしてシートがめくれてしまうことも防止しています。

 

粘着部分にも「スパイクドット粘着」技術が使われており、生地を傷めずのり残りも少ないままで繊維の奥のほこりまでしっかりとキャッチすることができます。出し入れが簡単なワンタッチケースも付属しているため、収納もしやすいです。

 

レビューでは小さめのサイズや、カーペット用として十分すぎるほどの粘着力が高い評価を得ています。

柄の長さハンディタイプカーペット
各社共通シート使用コスパ1回16.7円
第6位

ニトムズ(Nitoms)

コロコロ フロアクリン ジョイント柄

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジョイントで柄の長さを変えられる万能コロコロ

ハンディタイプとロングタイプのいいところを兼ね合わせた、ジョイントタイプのコロコロです。強弱のダブル粘着仕様なので、フローリングやカーペットはもちろん畳や壁などあらゆる場所に使うことができます。ジョイントを長くすれば普段は届かないところまで掃除することができ、大掃除でも大活躍間違いなしです。

 

ケースはトレイタイプで出し入れも簡単。ほこりが気になったときにパッと取り出してサッと掃除できます。小さなほこりから消しゴムのかすまで、様々なごみを取ることができると口コミでも評判で、主婦の方からお子さんまで幅広い年代の方が愛用しているようです。

柄の長さジョイントタイプフローリング・カーペット
各社共通シート使用コスパ1回23.3円
第5位

マーナ

fitia コロコロクリーナー

価格:1,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケースからの出し入れが自動で行えるコロコロ

この商品の魅力は何と言ってもケースの機能性です。コロコロ本体をケースから取り出す際、本体の動きに連動してケースの蓋が開く仕組みとなっています。そのためケースにさわる必要がなく、パッと取り出して手軽にコロコロすることができます。しまう時も全自動で、コロコロ本体がケース内に入ると蓋が勝手に閉まる仕組みです。

 

機能性はもちろんデザイン性も高く、グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな四角いデザインはお部屋にも馴染みやすいです。カラーバリエーションもブラック・ピンク・ホワイトの3種類で、男女問わず使いやすい配色になっています。

柄の長さハンディタイプカーペット・ペット
各社共通シート使用コスパ-
第4位

sarasa.com

カーペットクリーナー ホワイト

価格:2,340円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グッドデザイン賞受賞のおしゃれクリーナー

ケースに収納しているときにはまるでコロコロだとはわからない、そんなおしゃれなデザインが人気となっている商品です。グッドデザイン賞も受賞したスタイリッシュなデザインはどんなインテリアにも合いやすく、お部屋の雰囲気を壊さずおしゃれに置いておくことができます。カラーもブラック・ホワイトの使いやすい2色展開です。

 

もちろん魅力なのはデザイン性だけでなく、高い機能性も評価されています。片手でパッと持つことができる構造で、まるでバイクのハンドルのような形状になっているので握りやすく、掃除もしやすいです。粘着力も十分で、カーペットをしっかりと綺麗にすることができます。

 

各社共通の交換シートも使うことができコスパも高いです。レビューでは柄の付き方から衣服に使っても便利という声も上がっています。握りやすく動かしやすい形状なので、衣服のほこり取りとしてもおすすめです。

柄の長さハンディタイプカーペット
各社共通シート使用コスパ1回21.25円
第3位

MOMOS

繰り返し使える粘着式コロコロクリーナー

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水洗いで何度も使える最強コスパクリーナー

使用後に水でサッと洗うだけで何度も繰り返し使うことができる、コスパ最強のコロコロです。粘着部分が水洗い可能なので、毛やほこりを取った後に洗ってあげることで粘着力は元通り。汚れがひどい場合でも石鹸で洗うことで、粘着力を戻すことができます。

 

大クリーナー・中クリーナー・小クリーナーの3点セットなので、用途に合わせて使い分けることができます。大クリーナーは柄が伸縮できるのでロングタイプのコロコロとしても使うことができ、中クリーナーは手軽に使えるハンディタイプとして、小クリーナーは毛玉取りとして活用できます。

 

レビューでは繰り返し使えることへの高評価がありつつ、一度洗ったら乾くまで使うことができないというデメリットを気にする声もあがっています。頻繁にコロコロを使用しない、あるいは究極のコスパをお求めの方におすすめの商品です。

柄の長さジョイントタイプ万能
各社共通シート使用-コスパ-
第2位

コジット

洗って繰り返しつかえる マジックゲルローラー

価格:1,782円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粘着力は強いのに洗って何度も使えるローラー

カーペットからフローリングまで幅広い場所に使うことができる、万能粘着クリーナーです。水洗いすることで何度も使用することができる粘着ゲルを素材としており、シートをはがしたり交換したりする必要なく継続して使うことができます。

 

粘着ゲルは乾いた状態では強力な粘着力を発揮し、水にぬれると粘着力が無くなりゴミやほこりを落としやすくなります。そのため、何度洗っても粘着力を落とさず使い続けることができます。さらにはゲル素材はフローリングやカーペットの細かな隙間まで入り込むことができるので、隙間のほこりやごみもしっかりキャッチすることができます。

柄の長さハンディタイプ万能
各社共通シート使用-コスパ-
第1位

山善(YAMAZEN)

ドリームコロコン ハンディタイプ

価格:1,467円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

12000回の強度試験もクリアした高品質クリーナー

粘着ローラー部分にポリウレタンを使用しており、水洗いすることで何度も使用することができる便利なクリーナーです。ハンディタイプなのでどんな場所にも使いやすく、カーペットやフローリングはもちろん車のシートや衣服、網戸にも使うことができます。

 

12000回の強度試験をクリアしていて耐久性はお墨付き。職場でも自宅でも、気になった部分を手軽に繰り返しお掃除することができます。粘着力も水洗いで落ちることはなく、乾かせば元に戻るとレビューでも評価されています。

 

交換シートを購入する必要もないためコスパも良く、エコなおすすめ商品です。

柄の長さハンディタイプ万能
各社共通シート使用-コスパ-

コロコロのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4928335の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 2
    アイテムID:4928337の画像

    コジット

  • 3
    アイテムID:4928339の画像

    MOMOS

  • 4
    アイテムID:4928346の画像

    sarasa.com

  • 5
    アイテムID:4928353の画像

    マーナ

  • 6
    アイテムID:4928365の画像

    ニトムズ(Nitoms)

  • 7
    アイテムID:4928369の画像

    ニトムズ(Nitoms)

  • 8
    アイテムID:4928387の画像

    セトクラフト

  • 9
    アイテムID:4928393の画像

    アズマ工業

  • 10
    アイテムID:4928476の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • ドリームコロコン ハンディタイプ
  • 洗って繰り返しつかえる マジックゲルローラー
  • 繰り返し使える粘着式コロコロクリーナー
  • カーペットクリーナー ホワイト
  • fitia コロコロクリーナー
  • コロコロ フロアクリン ジョイント柄
  • コロコロ ハイグレードSC S
  • コロペタ ワイド
  • カーペットクリーナー ぱたぱた粘着ローラー
  • カーペットクリーナー レギュラー
  • 特徴
  • 12000回の強度試験もクリアした高品質クリーナー
  • 粘着力は強いのに洗って何度も使えるローラー
  • 水洗いで何度も使える最強コスパクリーナー
  • グッドデザイン賞受賞のおしゃれクリーナー
  • ケースからの出し入れが自動で行えるコロコロ
  • ジョイントで柄の長さを変えられる万能コロコロ
  • コロコロの本家であり機能性抜群の商品
  • 動物の柄がかわいらしい粘着クリーナー
  • 収納に便利なカバー付き粘着ローラー
  • コスパも抜群で斜めシートは切りやすい
  • 価格
  • 1467円(税込)
  • 1782円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 2340円(税込)
  • 1780円(税込)
  • 700円(税込)
  • 537円(税込)
  • 2916円(税込)
  • 719円(税込)
  • 246円(税込)
  • 柄の長さ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ジョイント
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ジョイント
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • タイプ
  • 万能
  • 万能
  • 万能
  • カーペット
  • カーペット・ペット
  • フローリング・カーペット
  • カーペット
  • カーペット
  • カーペット
  • カーペット
  • 各社共通シート使用
  • -
  • -
  • -
  • コスパ
  • -
  • -
  • -
  • 1回21.25円
  • -
  • 1回23.3円
  • 1回16.7円
  • -
  • 1回8.9円
  • 1回2.48円

まとめ

今回はコロコロのおすすめ商品をランキングにしてご紹介しました。どの商品も使いやすく、コスパも良い商品となっています。コロコロは部屋を掃除する上で欠かせないアイテムですから、使いやすく便利なものを購入することが大切です。柄の長さや用途タイプに合わせて、最適のコロコロを購入してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ