記事ID135209のサムネイル画像

【北京鍋・広東鍋】中華鍋のおすすめ人気ランキング10選【鉄製・チタン製】

中華鍋の購入を検討しているものの、どんな中華鍋がおすすめなのか分からない方も多いのではないでしょうか。素材や形状で様々なタイプに分かれます。この記事では中華鍋のおすすめをランキング形式でまとめましたのでぜひ参考にして頂ければ幸いです。

お気に入りの中華鍋で料理をより楽しく

中華鍋はフライパンを大きくしたような調理器具で店舗・家庭での中華料理専用として使われるイメージですが、実は蒸し料理・揚げ料理・燻製など幅広い調理に対応できる万能アイテムです。一つあれば色んな料理が作れるので品質にはこだわりたいアイテムですね。

 

本格的な中華料理はもちろん定番の和風料理やイタリアン、フレンチ料理なども作ることができます。大は小を兼ねると言われるように色んな用途に使えます。あまり凝ったものを作らない一人暮らしの方などは中華鍋が一つあれば料理に関しては十分と言えるでしょう。

 

とはいえ大きすぎて扱いにくいと感じる方にもおすすめできる小さめのタイプもあります。また軽量なチタン製やIH対応モデル、焦げ付きにくいフッ素コーティング仕様など改良型のラインナップも豊富なので、自分に合った中華鍋をより探しやすくなっています。

中華鍋の選び方

中華鍋にはいろんな形状・素材・メーカーがあります。どんな中華鍋を購入したらよいか迷われてる方に向けて、選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

本体の形状で選ぶ

中華鍋と聞くと大きめのフライパンと想像する方もいらっしゃるでしょう。実は中華鍋の形は2種類あり、どちらも一長一短なのでご自身の料理のスタイルにあったものを選びましょう。

北京鍋

フライパンのように鍋部分に一本のハンドルがついた形状です。中華鍋と聞いてこのタイプを想像する方が多いのではないでしょうか。広東鍋に比べて底が深く、傾斜が急になっているのが特徴です。中華鍋の容量を備えながらフライパンのように扱えるのがメリットです。

 

ハンドルがついているため片手で食材を混ぜることができ、少量の食材での調理もしやすくなっています。ただし食材が多い場合は片手で返すのは少し力仕事になってきます。揚げ物などに求められるコンロ上での安定感は、ハンドルが無く左右対称の広東鍋には劣ります。

 

とはいえフライパンの扱いに慣れた方が初めて中華鍋を購入する際はやはり北京鍋が使いやすいでしょう。最近ではハンドルの反対側に小さな取っ手がついた、北京&広東を合体したようなタイプも販売されているので迷われた方はそのような形状も良いかも知れません。

広東鍋

広東鍋はハンドルが無く、両側に持ち手が付いているのが特徴です。本格的な中華料理屋で使われているイメージですね。北京鍋に比べて底が浅いので食材に素早く火を通すことが出来る上に、左右対称に作られているのでコンロの上でも鍋が安定するのがメリットです。

 

また直径が大きく調理面積が広いため食材の量が多い時にも向いています。食材を混ぜるときは取っ手を掴んでシーソーのように揺するので、最初の内は思うようにいかないかもしれません。プロのように上手に返せるようになるにはある程度の練習が必要です。

 

また北京鍋と違って取っ手にグリップが付いていないものが殆どですので、熱伝導率の高い広東鍋を使う際は火傷しないように注意しましょう。

本体の素材で選ぶ

中華鍋の形だけでなく、どんな素材が使われているかも重要ですね。中華鍋の価格の違いは使われている金属の差とほぼいえるでしょう。

スチール製

中華鍋の素材として「鉄」は最もスタンダードです。熱伝導率が高いので強火で温めれば鍋全体に熱が回り、食材をムラなく加熱することが出来ます。短時間で火を通すことができるので食材の栄養分・水分を逃がさず、メリハリの利いた調理が出来るのがポイントです。

 

また鍋本体からにじみ出る鉄分を自然に摂取できますし、油馴染みが良いので使えば使う程に焦げ付きにくくなりユーザーのクセが染みついていくのが鉄製ならではの楽しみです。価格も安価ですが、他の素材に比べると重量がありサビやすいという弱点もあります。

 

また熱の伝わりが良いので、なるべく持ち手にグリップがついているものを選ぶと良いでしょう。料理の仕上がりにこだわるのであれば中華鍋はやはり鉄製がおすすめです。

チタン製

チタンは鉄に比べると重量が2/3ほどなので、腕や手首への負担が軽減できます。使っていても疲れない軽量の中華鍋をお探しの方におすすめできます。また錆に強く耐火性能も高いので少々雑に扱っても問題なく、長期にわたって使っていけるのがチタン製の良いところです。

 

しかし鉄製に比べると油馴染みが悪く、熱伝導率も低いので上手く扱わないと焼きムラができてしまうこともあります。それに加えて頑丈なチタンは加工が難しく、高度な技術が必要なため商品が高価になってしまうデメリットがあります。

 

チタン製の中華鍋をお求めの方は最低でも1万円の予算は見ておいた方がよいでしょう。とはいえ軽量で劣化しにくい中華鍋はとても魅力的です。シルバーのデザインもかっこよく料理にも身が入りそうですね。

多層合金製

アルミやステンレスなどをメイン素材とした多重構造の中華鍋は、熱伝導率の高いアルミをステンレスでコーティングすることにより加熱のムラを極力無くすことができます。古くから親しまれてきた鉄鍋と違いこちらは比較的新しいタイプの中華鍋です。

 

アルミがベースとなっているためスチールと比べて軽くて取り回しが良いので、長時間使っていても疲れません。ですがその分価格が高く、熱伝導率・耐久性も鉄製のシンプルな中華鍋に劣るのがデメリットです。

 

鍋の表面にノンスティック(焦げ付き防止)加工が施されているものが多く、少量の油でも滑らかにしっかり加熱でき使用後の汚れも付きにくいです。しかしそれは油を馴染ませる鉄製と真逆の特性であるため、どちらを選ぶかは料理へのこだわり次第といえるでしょう。

持ち手のタイプで選ぶ

北京鍋を購入するときは持ち手部分に注目しましょう。デザイン的な好みもありますが、できるだけ握りやすいものを選ぶことが重量です。

グリップなしタイプ

持ち手の部分が本体と同じ素材でできたこちらのタイプは、手で握ってもぐらつきにくく安定感があります。また持ち手まで金属製で統一された単純な構造なので長期間使っても故障しにくく、長持ちするのがメリットと言えます。

 

他の素材を使わず金属のみで製造された、素材感あふれるシンプルな外観が良いと感じるかたもいるでしょう。本格的な中華料理店で使われているような味気ないデザインがこのタイプの魅力でもあります。

 

しかし本体部分と完全につながっているため、鍋を熱した際には持ち手まで熱が伝わり高温になってしまう場合があります。触れないほど熱くなってしまうのであれば鍋掴みなどを用意する必要があります。

グリップありタイプ

こちらはグリップなしタイプとは違って持ち手に熱を通しにくいカバーやグリップが標準装備されており、鍋を熱しても問題なく素手で持ち手を握れるようになっています。天然木など熱伝導率が低い素材が使われているモデルは見た目をオシャレで使いやすいですね。

 

お求めやすい大手メーカーや量販店・百貨店などではこのタイプをよく見かけますね。鍋掴みやミトンを使うのが煩わしいと感じる方はグリップのあるものを選びましょう。ただし持ち手のカバーは外付けなので長期間使っているとグラつきや遊びが生じてくる場合があります。

 

そのまま使い続けるのは危険ですのでハンドルカバーを交換するか、本体ごと買い替える必要があります。持ち手が故障することを想定して取り替え可能なモデルやスペアハンドルが付属しているものもあるので、そういった中華鍋を購入すると良いでしょう。」

メーカーで選ぶ

調理器具専門の老舗メーカーとして有名な地場企業をいくつか挙げていきます。職人が丹精を込めて作り上げたこだわりの中華鍋をお求めの方におすすめです。

山田工業所

山田工業所は神奈川県横浜市に所在する、主に業務用の鉄製調理器具メーカーです。料理人の愛用者も多いことで有名です。一つ一つの製品がプレス機ではなくハンマー機で叩いて作られており、プレス機では出せない独特な打ち出し感は多くのプロに支持されています。

 

職人の目視で確認しながら約5000回の叩き上げで成型された中華鍋は、絶妙な凹凸仕様になっており油馴染みの良さと高い熱伝導率を誇っています。職人のこだわりと手作業の跡が見て取れる中華鍋は、使うほどにユーザーのクセが染みつき黒々とした光沢を放ちます。

 

安定性のある平底タイプが主流であり、ある程度中華鍋の扱いに慣れた方に向いています。鉄を打ってそのまま仕上げたような素材感と存在感があふれる外観に魅力を感じるファンや職人の道具としての風格に惹かれる料理人も多いです。

サミット工業

サミット工業は新潟県の燕市に本拠地を置く老舗のメーカーです。新潟県燕市は金属加工業のさかんな地域で、サミット工業はそこで70年以上も調理器具の製造を営んでいる有名な企業です。素材の加工から鍋の形成、出荷まで全て自社工場で一貫生産しているのが特徴です。

 

中華鍋・揚げ鍋・フライパンなどの鉄鍋は、サミット工業の創業当初から守ってきた独自の技術を使って一つ一つ丹精込めて作られています。鉄鍋は油馴染みが良く、加熱時には鉄鍋から食材に鉄イオン(二価鉄)が付着するため鉄分を効率よく吸収できます。

 

地元新潟県のユーザーからも、慣れれば短時間で調理・手入れができるので重宝しているとその品質は高く評価されています。鉄鍋と共に家庭の味を代々伝えていきたい方におすすめできるメーカーです。

リバーライト

リバーライトは千葉県白井市に本拠地を置く、主に家庭用のフライパンなどの調理器具メーカーです。一般市民に親しまれている鉄製の調理器具を古くから提案し続けており、ユーザーのライフスタイルを向上させ人生を豊かにする道具作りをコンセプトにしています。

 

中華鍋やフライパンに詳しくない一般の方向けに製造しているので、ご使用前の空焚き・適切な使用方法・メンテナンスの仕方まで事細かに解説された説明書が同封されています。これなら同社の商品を初めて購入される方も安心して使うことが出来ますね。

 

交換用のパーツの供給体制や使い方のアドバイスなどアフターサービスも充実しています。劣化しやすい木製のグリップ交換もユーザー自身で出来るように、頑丈かつ簡単に設計されています。長期間に渡って付き合っていけるような工夫が随所になされています。

中華鍋の人気ランキング10選

第10位

和平フレイズ

鉄製北京鍋 味道 AD-656

価格:1,657円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お求めやすい本格モデル

プロレベルの高火力と高頻度の使用にも耐えうる強度を持った、業務使用を想定した鉄製北京鍋です。もちろん一般家庭でもご使用いただけます。黒革鋼板を採用しているため赤さびに強く、クリアコーティングによって劣化を防ぎ美しい光沢に仕上がっています。

 

一見普通の中華鍋ですが、熱の伝わり・火のまわりが良い形状で、熱を良く吸収する黒色と様々な工夫が施されています。表面が多孔質のため油が馴染みやすいのも嬉しいですね。

サイズ27cm重量850g
第9位

遠藤商事

プレス北京鍋 APK12027

価格:1,443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本製のこだわり柄木柄

プレス製法によって造られた鉄製の業務用北京鍋です。取っ手には手に馴染む木柄が施されているため、本体の熱を遮ると共に使う程に手に馴染み料理をより楽しいものにしてくれます。業務用と銘打っていますが、もちろん一般家庭でもご使用いただけます。

 

安価ですが作りがしっかりしているとレビューでも好評です。グリップも付いているのではじめて中華鍋を購入される方にもおすすめできる商品です。

サイズ27cm重量1000g
第8位

ナガオ

サミット工業 鉄なべ流 北京鍋

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑固なまでに鉄なべ主義

調理器具ブランドとして有名なサミット工業からの、IH対応業務用中華鍋です。炒め物で重要な高火力と短時間での調理を実現できるよう、熱吸収と保温性に優れた「鉄」を使うことにこだわったメーカーです。業務用ですがもちろん一般家庭でも使えます。

 

近年で主流となっているIHにも対応し、使用前の空焚きも不要なので実用性の高い商品となっています。価格も控え目な上に軽くて使いやすいとレビューでも好評です。

サイズ24cm重量730g
第7位

山田工業所

中華両手鍋

価格:2,063円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

打出し製法の広東鍋

一つ一つの中華鍋をハンマーで叩き上げて製造している、老舗メーカーからの鉄製広東鍋です。機械と手作業によって作っているため微細な傷や溶接跡があったり、個別商品ごとに細かな違いがありますが、それがハンドメイドの良さでもあります。

 

飲食店向けの業務用中華鍋ですが、もちろん一般家庭でもご使用いただけます。独自の打ち出し製法により鉄の分子が細かくなるので、熱の伝導や油の滑りが良いのが特徴です。購入当初から使い込んでいるような味のある中華鍋です。

サイズ30cm重量930g
第6位

パール金属

中華鍋 珍珠生活 GP-1517

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高火力料理も難なくこなす

確かな品質を備えたやや大きめの鉄製北京鍋です。高温に強く高火力の炒め物や揚げ物にも十分対応します。熱の伝わりがよいので、強火かつ短時間でサッと火を通す料理に向いています。油馴染みが良く、使うほどにユーザーのクセが染み込んでいきます。

 

丹精に作られた日本製の中華鍋で、料理の幅を広げたい方におすすすめです。持ち手も木製のグリップがついているため使いやすく初心者の方にも推奨できます。

サイズ33cm重量1200g
第5位

山田工業所(Yamada Kougyoujyo)

打出片手中華鍋

価格:3,888円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

打ち出し製法の北京鍋

中華鍋のメーカーとしてプロ・アマ問わず幅広い層から支持を得ている山田工業所の鉄製北京鍋です。取っ手にグリップのないタイプで素材感溢れる外観が魅力的です。同社のハンマー打ち出し製法により、熱伝導と油馴染みに優れています。

 

本体からハンドルまで一枚の鉄板から加工されているためつなぎ目がなく、非常に頑丈な作りとなっています。炒め物がシャキッと仕上がるとレビューでも好評です。ご使用前は空焚きが必要なタイプなのでご注意ください。

サイズ30cm重量980g
第4位

山田工業所

中華片手鍋

価格:4,930円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木製グリップ付きの打出し鉄鍋

プレスによる大量成型ではなく、一つ一つをハンマーで叩き上げて製造している山田工業所の木製グリップ付き鉄製中華鍋です。打出し製法のため完成品はわずかに形状の差異がありますが、それも職人によるハンドメイドならではの良さと言えるでしょう。

 

熱が伝わりやすい鉄製ですが木製の持ち手があるのでご家庭で使う方にもおすすめできます。ご使用前には空焚きが必要なのでご注意ください。きちんとメンテナンスさえすれば長く付きあえる商品です。

サイズ30cm重量1040g
第3位

リバーライト

極ジャパン

価格:7,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

錆びにくくお手入れラクラク

調理器具メーカーとして幅広いユーザーから支持されているリバーライトの人気シリーズ「極」の鉄製中華鍋です。鉄の大きな弱点であるサビの問題を克服している極シリーズは、他の鉄製中華鍋に比べて管理面で圧倒的なアドバンテージがあると言えます。

 

さらにポイントとして持ち手の反対側にも取っ手が付いているため、広東鍋のように使うことも可能です。鉄分を摂取しながら本格的な中華料理や揚げ物などにも使っていただける優れものです。

サイズ30cm重量1530g
第2位

イービーエム(EBM)

純チタン中華片手鍋

価格:18,182円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で錆びにくいチタン製

シンプルでメタリックなデザインが美しいこちらは、中華鍋でも高級モデルとされるチタン製の北京鍋です。とにかく軽いので腕や肩の負担は間違いなく軽減されるでしょう。特に中華鍋を振るっていることの多いプロの料理家の方におすすめします。

 

もちろん一般家庭の方にもおすすめできます。錆びにくくて頑丈なチタン製ですが鉄製に比べて熱の伝わりが悪いという弱点もあります。油も馴染みにくいのですが、油汚れが付着し難いということでもあるので欠点とも言い切れません。

サイズ36cm重量900g
第1位

CRISTEL

ノンスティック中華鍋 WOKT28QE

価格:32,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IHでも使える3層構造

内面にノンスティック(フッ素樹脂)加工を施している中華鍋で、焦げ付きにくく少量の油でも調理ができるのが特徴です。油の量が少ないため料理がヘルシーに仕上がる上に、汚れが付きにくく日々のお手入れに手間が掛からないのもメリットと言えます。

 

鍋全体がアルミの両面をステンレスで挟んだ3層構造になっており、鍋肌まで熱がしっかり伝わるよう設計されています。お値段は張りますが、チャーハンなどの炒め物や揚げ物がシャキッと作れますのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

サイズ28cm重量1320g

中華鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4926287の画像

    CRISTEL

  • 2
    アイテムID:4926276の画像

    イービーエム(EBM)

  • 3
    アイテムID:4926274の画像

    リバーライト

  • 4
    アイテムID:4926261の画像

    山田工業所

  • 5
    アイテムID:4926244の画像

    山田工業所(Yamada Kougyoujyo)

  • 6
    アイテムID:4926233の画像

    パール金属

  • 7
    アイテムID:4926215の画像

    山田工業所

  • 8
    アイテムID:4926206の画像

    ナガオ

  • 9
    アイテムID:4926203の画像

    遠藤商事

  • 10
    アイテムID:4926199の画像

    和平フレイズ

  • 商品名
  • ノンスティック中華鍋 WOKT28QE
  • 純チタン中華片手鍋
  • 極ジャパン
  • 中華片手鍋
  • 打出片手中華鍋
  • 中華鍋 珍珠生活 GP-1517
  • 中華両手鍋
  • サミット工業 鉄なべ流 北京鍋
  • プレス北京鍋 APK12027
  • 鉄製北京鍋 味道 AD-656
  • 特徴
  • IHでも使える3層構造
  • 軽量で錆びにくいチタン製
  • 錆びにくくお手入れラクラク
  • 木製グリップ付きの打出し鉄鍋
  • 打ち出し製法の北京鍋
  • 高火力料理も難なくこなす
  • 打出し製法の広東鍋
  • 頑固なまでに鉄なべ主義
  • 日本製のこだわり柄木柄
  • お求めやすい本格モデル
  • 価格
  • 32300円(税込)
  • 18182円(税込)
  • 7380円(税込)
  • 4930円(税込)
  • 3888円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2063円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 1443円(税込)
  • 1657円(税込)
  • サイズ
  • 28cm
  • 36cm
  • 30cm
  • 30cm
  • 30cm
  • 33cm
  • 30cm
  • 24cm
  • 27cm
  • 27cm
  • 重量
  • 1320g
  • 900g
  • 1530g
  • 1040g
  • 980g
  • 1200g
  • 930g
  • 730g
  • 1000g
  • 850g

まとめ

いかがでしたでしょうか。中華鍋はネットショッピングでもいろいろな商品が揃っていますが、購入前にできれば実物の質感や重さ、握り心地などを確認できるとベストでしょう。この記事があなたの中華鍋選びの参考になれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ