記事ID135174のサムネイル画像

主婦に人気の泡立て器のランキング10選【お菓子作りにもおすすめ】

泡立て器は食材を泡立てる時に使用する調理器具ですが最近では腕が疲れにくい製品も販売されており人気になっています。泡立てるだけではなく食材を混ぜ合わせる場合にも使用できるので使い勝手が良いです。今回は泡立て器の種類やおすすめの選び方を紹介します。

泡立て器は食材に合わせて種類を選ぶのがベスト

泡立て器は種類によって混ぜやすい食材や混ぜ合わせるスピードなど特徴の違いが大きく生まれる調理グッズです。そのため自分がよく使用する食材などに合わせて泡立て器のサイズや種類を選ぶと間違いがありません。

 

下記でも紹介しますが素材にはステンレスやシリコンを使用している商品が多くお手入れのしやすさなども変わってきます。また泡立て作業というのは思っている以上に力のいる作業で長時間になりやすい作業の1つでもあります。

 

泡立て器のサイズや重量によっては腕が疲れやすいことにもなるので自分が使っていて混ぜやすいかどうかも選ぶ上での大切なポイントになります。腕の力は個人によって違うので自分が使いやすいサイズ・重量の泡立て器をしっかりと選びましょう。

泡立て器の選び方

泡立て器は先端の形状の違いによって複数の種類に分類することができます。それぞれに特徴があるので自分が使いやすいと感じる種類を購入するのがおすすめです。

泡立て器の種類から選ぶ

泡立て器は形状や仕様の違いで複数の種類に分類することが出来ます。それぞれ泡立ちのスピードやキメの細かさなどの仕上がりが違うので自分好みの種類を選びましょう。

ノーマルタイプから選ぶ

形状がノーマルタイプの泡立て器は曲がったワイヤーが根元の部分で収束している形状をしており泡立て器としてだけではなく種類によっては混ぜ合わせる用途にも使用ができるので非常に使い勝手が良いです。

 

サイズや重量によって使い心地は大きく変わるので形状がノーマルでもしっかり自分に合う商品かどうかを見極める必要があります。最も一般的な形状で流通量も多いのでよく見かけるタイプもこのノーマルタイプです。

スプリングタイプから選ぶ

スプリングタイプの泡立て器は半自動泡立て器とも呼ばれており上から下に押し下げる行動と逆に押し上げる行動をすることで先端部分が回転して泡立ててくれる腕が疲れにくい人気のタイプとなっています。

 

上下に運動させるだけで泡立てが可能となっているので小さな子供でも使用しやすいのが特徴ですが自分の手で泡立てるよりも時間がかかりやすいです。ハンドミキサーなどの電動タイプを使用するほどでもない場合に重宝します。

コイルタイプから選ぶ

コイルタイプは先端の形状がコイルのような形状をしているのが特徴でより細かい気泡を泡立てる際に取り込むことができるのでキメの細かい泡を仕上げることができます。泡立てるスピードが早いことも特徴です。

 

ただし重い食材の泡立てには向いていないとされておりサラサラしたような食材を混ぜる場合に使用されることが多いのが特徴で、1度に泡立てることができる量も少量となっているので使用する場所が限られやすいのがデメリットです。

電動タイプ

電動タイプは主にコーヒー用のミルクを泡立てる製品に多く採用されており先端がコイルのような形状をしている製品が多く販売されています。電源は主に乾電池を使用している場合が多く製品の中に乾電池を入れて使用します。

 

主にミルク用として販売されていますが少量なら卵や卵白のような素材を泡立てる場合にも使用することが可能で使い勝手が良いです。ただし商品の種類によっては音が気になる泡立て器もあるので電動泡立て器を購入前には音の大きさもチェックするのがおすすめです。

泡立て器の素材から選ぶ

泡立て器のワイヤー部分には大きく分けて3つの素材が使用されている場合が多いです。向いている食材なども変わってくるので自分にピッタリな素材の泡立て器を購入しましょう。

プラスチックから選ぶ

プラスチック素材は他の素材と比較しても非常に軽量なことが特徴の1つです。そのため長時間の作業でも腕が疲れにくく小さな子供でも扱いやすい人気の素材です。カラフルな商品も多くデザインも可愛い製品が多いのも人気の理由です。

 

ただし耐久力はあまりなく耐熱性もあまりないことから使用できる場面は限られてしまうので扱いには注意が必要です。リーズナブルな製品も多いので試しに使ってみたい方は最初にプラスチック素材の泡立て器で試してみるのもおすすめです。

シリコンから選ぶ

シリコンを使用した泡立て器には2つの種類が販売されておりワイヤー自体はステンレスでシリコンのコーティングがされた製品とワイヤーの素材自体がシリコンの製品です。コーティングされている場合は使用していると剥がれてしまう可能性もあります。

 

そのため心配なら素材からシリコンを使用している製品がおすすめです。シリコンは柔らかいのでボウルやお椀などを傷つけることなく混ぜ合わせたりすることが可能です。また使用していても音が鳴りにくいので静かに作業が可能です。

ステンレスから選ぶ

泡立て器の素材として最も多く流通しており人気が高いのはステンレスです。ステンレスは耐久力が高くお手入れが楽なことがメリットです。また見た目に高級感もあるので他のキッチン用品との相性も良いです。

 

柔らかい食材から硬い食材まで幅広く使用が可能で簡単に煮沸消毒なども可能な点がおすすめのポイントです。ただし重量があるので人によっては使いにくいと感じることもあります。またボウルやお椀を傷つけてしまうこともあるので扱いには注意が必要です。

用途に合ったワイヤーから選ぶ

ワイヤーの太さや本数などによって泡の仕上がりが大きく変わってくるので自分がどういった用途で使用するかによってワイヤーを選ぶのも大事なポイントです。

泡立てメインなら細く数の多いワイヤーから選ぶ

主に泡立て器として使用するならワイヤーは太すぎずワイヤーの数が多い製品を選ぶのがおすすめです。製品によってはワイヤーの数が12本のものから24本の泡立て器まであります。おすすめはワイヤーの数が24本の製品で泡のキメ細かさが全く違います。

混ぜ合わせメインなら太く頑丈なワイヤーから選ぶ

泡立てるのではなく食材を混ぜ合わせることをメインに使用する場合はワイヤーが太い頑丈な泡立て器がおすすめです。混ぜ合わせる食材によっては重くなることもあるので太くて頑丈なワイヤーでないと泡立て器が負けてしまうことになります。

持ち手の素材や握りやすさから選ぶ

泡立て器は先端部分のワイヤーに注目しがちですが混ぜたり泡立てる際は思っている以上に力が必要で持ち手の部分が握りやすいかどうかも重要なポイントです。持ち手の部分のみ樹脂などを使用している製品も多く自分が握りやすい素材を使用している泡立て器を選びましょう。

 

迷ったらオールステンレスの泡立て器がおすすめですがステンレスの場合は油などが付着してしまうと非常に滑りやすくなってしまうので注意が必要です。

人気の泡立て器のランキング10選

ここから人気の泡立て器をランキング形式で紹介します。泡立て器はお菓子作りや料理に重宝する調理器具ですが種類や形状によっては使いづらいと感じる場合もあるので用途に合わせた製品をしっかり選ぶようにしましょう。

第10位

柳宗理

泡立て

価格:1,292円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先端部のワイヤー数が他と違う

持ち手の部分の素材にエラストマー樹脂を使用しているので滑りにくく握りやすい泡立て器です。持ち手以外の素材にはステンレスを使用しているので耐久性が高く衛生的に使用ができるのも人気の理由です。

 

他の泡立て器と比較しても先端部分のワイヤー数が違うので効率的に泡を立てることができます。また見た目にも違いが生まれ繊細な美しさを出しているのでデザイン性が良く長く愛用しても飽きがくることもありません。

 

重量も0.10kgしかないので長時間の料理でも腕が疲れにくいのもおすすめのポイントでワイヤー部分は柔らかい設計になっているので洗う時にワイヤーの間にスポンジが入りやすくお手入れしやすいです。

サイズ30.0(H)×8.0(W)×8.0(D)cm重量0.10kg
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材エラストマー樹脂
第9位

Aning

泡立て器

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドルが取り外し可能で手入れしやすい

こちらの商品はスプリング式になっているので上から下に押し付けるように使用すると反時計回りに、押し上げると時計回りに回転するので腕をグルグル回す必要がなく疲れにくい便利な泡立て器です。

 

本体の先端上部は丸くなっているのでボウルやお椀を傷つけることなく使用が可能でハンドル部分の品質は高く耐久性もあります。またハンドルは取り外しが可能なので隅々までお手入れすることが可能なので清潔に使う事ができるのもおすすめのポイントです。

 

半自動タイプなので乾電池などは必要なく音も鳴らないので静かに料理をすることが可能で使用する時間を選ぶこともありません。値段もリーズナブルなのでスプリング式を試してみたい方にもおすすめできる人気の商品です。

サイズ29.5×6×6 cm重量97g
素材ステンレス種類スプリングタイプ
持ち手の素材ステンレス
第8位

ティファール(T-fal)

泡立て器 インジニオ K21417

価格:675円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食器洗い機での使用が可能

世界的にも有名なメーカーであるティファール社製の泡立て器なので品質に信頼があり安心して使用ができる商品です。シリコーンを素材にしているのでボウルやお椀などを傷つける心配がなく使用ができます。

 

持ち手にはABS樹脂を使用しているので滑りにくく手にフィットしやすいので使いやすいです。重量も100g以下の75gしかないので長時間使用していても疲れにくいこともおすすめのポイントです。

 

色移りなどもしにくいので長く愛用できるだけでなく食器洗い機に対応しているのでお手入れが楽なことも人気の理由の1つです。シリコーンは230℃の高い耐熱温度になっているので安心して使用ができます。

サイズ幅7.5×奥行7.5×高さ29.2cm重量0.075kg
素材シリコーン樹脂(耐熱温度230度)種類ノーマルタイプ
持ち手の素材ABS樹脂/ステンレス
第7位

マトファー

ホイッパー BHI03302

価格:2,783円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

25cmの小さいサイズ

サイズが25cmとなっており一般的な泡立て器よりも小型になっているので女性でも使いやすい人気の商品です。素材にステンレスを採用しているのでお手入れが楽で見た目にも高級感があるのも人気の理由です。

 

重量も僅か75gしかないのもおすすめのポイントで持ち手の素材がステンレスではないので握りやすいです。持ち手部分の長さは10cmとなっているので使いやすい上に洗浄機にも対応しています。

 

耐久力もありレビューでも長くお菓子作りを続けるならぜひ持っておきたい一品です。との声や使いやすくお菓子を作る際に気が付くと手に取っています。との声もあり非常に高い人気を得ている泡立て器です。

サイズφ60×250mm ハンドル:100mm重量75g
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材
第6位

ナガオ(Nagao)

燕三条 泡立て

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

24本の線材でしっかり泡立てる

線材が24本もあるので非常にキメの細かい泡立てが可能となっている商品です。そのためいつものお菓子作りや料理がより一層楽しく感じられ、キメの細かい泡立てだけではなく泡を立てるまでの時間も早くなるので料理の時短にも繋がります。

 

持ち手部分と線材の繋ぎ目は溶接されているので洗浄中に持ち手へ水漏れすることもなく耐久力も高いこともおすすめのポイントです。プロ仕様のオールステンレスで見た目にも高級感があります。

 

レビューでも作りが頑丈でバターにも負けないので使いやすいです。との声も挙がっています。サイズが25、30、35cmと販売されているので使用する用途に合わせやすいことや値段がリーズナブルなこともあり大人気の泡立て器です。

サイズ250xφ約60mm重量110g
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材ステンレス
第5位

貝印(Kai Corporation)

ドレッシング マドラー DH-7114

価格:380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドレッシングやソース作りに最適なミニサイズ

全長が約22cmと小型なドレッシング用マドラーです。ドレッシング作りやソース作りに便利でオールステンレスで耐久力も高くお手入れも楽なので非常に使いやすい人気の商品となっています。

 

ドレッシング用のマドラーですが一般的な泡立て器としても使用が可能でサイズが小型なので大きい食材などには使用できませんが少量の泡立てや混ぜ物には非常に便利でソースやドレッシング以外にディップ作りに最適です。

 

重量も僅か22gしかなく本体の先端の逆側にはリングがついているので引っ掛けて保管することも可能となっています。そのため保管場所に困ることが無く使いたい時にすぐ使えることもおすすめのポイントです。

サイズ21.5×3.7×3.7cm重量22g
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材ステンレス
第4位

ヨシカワ

栗原はるみ ミニ泡立 HK10210

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フック掛け用のリング付きで使いやすい

本体の後部側にフック掛け用のリングが付属しているので保管する場所に困ることがない使いやすい泡立て器です。本体の全長も約20cmとコンパクトになっているので少量の泡立てなどにも重宝します。

 

本体が小さいのでドレッシングやソース作りにも最適でオールステンレスなこともあり手入れが非常に楽なこともおすすめのポイントです。値段もリーズナブルなのでお試しに使用してみたい方にもおすすめの商品です。

 

レビューでも中サイズのこちらの商品は大きいサイズの泡立て器よりも使用する頻度が多いぐらい活躍しています。との声や柄の部分に穴がないので洗っていてもお手入れが楽で使いやすいです。との声が挙がっており人気になっています。

サイズ全長19.8cm、全幅3.6cm重量20g
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材ステンレス
第3位

下村企販

泡立て器 27539

価格:814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作りが丈夫なのでポテトマッシャーとしても使用可能

プロ仕様のオールステンレス製で見えた目にも高級感があるだけでなくお手入れも楽で長く衛生的に使用ができる人気の泡立て器です。線材の数は24本もあるのでキメ細かい泡立てが可能で料理やお菓子作りが楽しく感じます。

 

本体の作りは非常に頑丈なので泡立て以外にもポテトマッシャーとしても使用が可能で使い勝手が良いです。重量が105gとなっており少し重く感じますが使用していると手に馴染みやすく重さが丁度良く感じられます。

 

値段がリーズナブルでレビューでも値段以上に使いやすく気に入ってます。との声やシンプルで洗いやすいので様々な料理に使用しています。との声もあり使いやすさやデザインから高い人気を得ています。

サイズ(約)径6.5×長25.5cm重量105g
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材ステンレス
第2位

パール金属(PEARL METAL)

泡立て D-4709

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールステンレスで清潔に使える

重量が僅か70gしかないので長く使用していても腕が疲れにくいので人気のある泡立て器です。シンプルなデザインとオールステンレス製であることから手入れが楽なことも人気の理由でサイズも21cmと使い勝手が良いです。

 

サイズは他にも25、30、35cmのサイズが販売されているので料理などに合わせて複数購入するのもおすすめです。持ち手の後部にはリングがついているので引っ掛けて保管することも可能で保管場所に困ることもありません。

 

レビューでも値段以上に丈夫で力も入れやすいので使いやすいです。との声や見た目はシンプルですが泡立ちが良いので気に入ってます。との声もあり使いやすさなどの観点から高い人気を得ています。

サイズ(約)幅50×全長225mm重量70g
素材ステンレス種類ノーマルタイプ
持ち手の素材ステンレス
第1位

Sedhoom

ミルク泡立て器

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動の泡立て器でミルクなどにも便利

こちらの商品はコーヒーに使用するミルクなどを泡立てるための泡立て器で電動になっているため腕が疲れたりすることがない人気の商品です。ミルク用ではありますが少量ならば他の食材の泡立て器としても使用が可能です。

 

先端が特殊な形状をしており先端とハンドル部分は分解が可能なのでお手入れの際に非常に便利です。また電動ですが音がうるさいと感じることはなく時間などを気にせず使用することができるのもおすすめのポイントです。

 

パワーは強くしっかりと泡立てることが可能で家庭で簡単にお店のようなカフェラテが楽しめるので非常に人気のある商品です。レビューでも手入れが簡単で使いやすくワンランク上のティータイムが楽しめます。との声が挙がっています。

サイズ重量
素材ステンレス種類電動タイプ
持ち手の素材ステンレス

泡立て器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4924267の画像

    Sedhoom

  • 2
    アイテムID:4924264の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 3
    アイテムID:4924260の画像

    下村企販

  • 4
    アイテムID:4924248の画像

    ヨシカワ

  • 5
    アイテムID:4924239の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 6
    アイテムID:4924226の画像

    ナガオ(Nagao)

  • 7
    アイテムID:4924218の画像

    マトファー

  • 8
    アイテムID:4924210の画像

    ティファール(T-fal)

  • 9
    アイテムID:4924199の画像

    Aning

  • 10
    アイテムID:4924192の画像

    柳宗理

  • 商品名
  • ミルク泡立て器
  • 泡立て D-4709
  • 泡立て器 27539
  • 栗原はるみ ミニ泡立 HK10210
  • ドレッシング マドラー DH-7114
  • 燕三条 泡立て
  • ホイッパー BHI03302
  • 泡立て器 インジニオ K21417
  • 泡立て器
  • 泡立て
  • 特徴
  • 電動の泡立て器でミルクなどにも便利
  • オールステンレスで清潔に使える
  • 作りが丈夫なのでポテトマッシャーとしても使用可能
  • フック掛け用のリング付きで使いやすい
  • ドレッシングやソース作りに最適なミニサイズ
  • 24本の線材でしっかり泡立てる
  • 25cmの小さいサイズ
  • 食器洗い機での使用が可能
  • ハンドルが取り外し可能で手入れしやすい
  • 先端部のワイヤー数が他と違う
  • 価格
  • 1499円(税込)
  • 702円(税込)
  • 814円(税込)
  • 648円(税込)
  • 380円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 2783円(税込)
  • 675円(税込)
  • 950円(税込)
  • 1292円(税込)
  • サイズ
  • (約)幅50×全長225mm
  • (約)径6.5×長25.5cm
  • 全長19.8cm、全幅3.6cm
  • 21.5×3.7×3.7cm
  • 250xφ約60mm
  • φ60×250mm ハンドル:100mm
  • 幅7.5×奥行7.5×高さ29.2cm
  • 29.5×6×6 cm
  • 30.0(H)×8.0(W)×8.0(D)cm
  • 重量
  • 70g
  • 105g
  • 20g
  • 22g
  • 110g
  • 75g
  • 0.075kg
  • 97g
  • 0.10kg
  • 素材
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • シリコーン樹脂(耐熱温度230度)
  • ステンレス
  • ステンレス
  • 種類
  • 電動タイプ
  • ノーマルタイプ
  • ノーマルタイプ
  • ノーマルタイプ
  • ノーマルタイプ
  • ノーマルタイプ
  • ノーマルタイプ
  • ノーマルタイプ
  • スプリングタイプ
  • ノーマルタイプ
  • 持ち手の素材
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ABS樹脂/ステンレス
  • ステンレス
  • エラストマー樹脂

まとめ

泡立て作業は思っている以上に腕に負担かかってしまうので自分が使いやすいと感じるサイズの泡立て器をしっかり探すことをおすすめします。その上で料理に最適なワイヤーの太さやワイヤーの数の製品を選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ