記事ID135160のサムネイル画像

【肌に優しい】フィリップスシェーバーの人気おすすめランキング10選

フィリップスのシェーバーは肌に優しい電気シェーバーとして有名ですが、どのモデルがおすすめか分からない方も多いのではないでしょうか。フィリップスシェーバーのおすすめをランキング形式でまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

フィリップスシェーバーで優しくシェービング

男性の身だしなみアイテムとして欠かせない物の一つに髭剃り(シェーバー)が挙げられますね。深剃りはできませんが肌への負担が少なく短時間で髭剃りができる電気シェーバーと、その逆の特徴をもつT字カミソリの2種類がありどちらを使うかは人によって好みの別れる所です。

 

さらにその電気シェーバーのメーカーとして日本で高いシェアを誇っているのがパナソニック(日本)、ブラウン(ドイツ)、フィリップス(オランダ)の3社です。そしてフィリップスのシェーバーはその3社のうち最も剃りが浅く肌に優しいという特徴を持っています。

 

つまり髭剃りにおいて肌を労わることを最重要視するなら、フィリップシェーバーを使うのが一番良いということになります。他にもフィリップスシェーバーは「自動研磨システム」を搭載しており、剃刃のメンテナンスが必要ないという点が電気シェーバーとして非常に優秀です。

フィリップスシェーバーの選び方

フィリップスのシェーバーはスペックごとにシリーズが別れており、性能も個別商品で異なってきます。選び方が分からない方に向けてその基準となる例を以下にいくつか挙げていきます。

ハイスペックモデルを選ぶ

家電製品は常に進化していくものです。その時々でそのメーカーのテクノロジーを最大限に活かしたモデルにこだわるという方におすすめのシリーズを紹介します。

9000シリーズ

9000シリーズはフィリップスシェーバーの現行モデルの中では最上位機種です。フィリップスの最大の持ち味である肌への優しさはもちろん、深剃りも高いレベルで実現しています。皮膚への低負担と滑らかな剃り心地を両立した理想的な電動シェーバと言えるでしょう。

 

回転速度を変更できるモデルであれば、肌へのストレスを考えながら自分にあった強さで髭剃りが可能です。刃の枚数やヘッド部分の可動域も8方向と広く全般的に他シリーズより高い水準を誇っており、毎日のシェービングをより短時間かつ快適なものにしてくれます。

 

オプションパーツや自動洗浄、ワイヤレス充電などの機能も充実しているのでメンテナンスの手間が殆ど掛からないのも嬉しいポイントですね。フィリップスの技術を最大限に集約したモデルをお求めの方はこの9000シリーズをおすすめします。

7000シリーズ

9000シリーズが深剃り性能にある程度重きを置いたラインナップであるのに対して、こちらの7000シリーズは「肌への優しさ」を徹底的に追求しています。皮膚科医も認証済みで、あらゆる髭剃りのなかでもっとも皮膚へのダメージが少ないといっても過言では無いでしょう。

 

7000シリーズの最大の特徴は、金属部分の表面に施されたビーズコーティングによって剃刃と肌との接触を軽減している「スキンコンフォートリング」機能を備えているところにあります。敏感肌でシェービング後に肌が負けたり突っ張ったりする方にぜひおすすめします。

 

鋭く適切な角度でヒゲをカットする剃刃と多方向に可動するヘッドで、皮膚への負荷を抑えながらも深剃りもできる設計になっています。9000シリーズと比較してより肌に優しいモデルとをお求めの方はこちらのシリーズを検討してみてはいかがでしょうか。

個別機能で選ぶ

製品の全体的なスペックよりも、シェービングを行う具体的なシチュエーションで活躍する機能を持った製品に絞るという選び方も良いですね。

急速充電対応モデル

電動シェーバーは短時間かつ手元を汚さず簡単に髭剃りができる非常に優れたアイテムですね。ただし一つ気を付けなければならないのが充電の問題です。常にバッテリーを満たしておける状態であるなら問題ありませんが、いざ使うときになって充電が切れていては困りますね。

 

特に髭剃りをする際はあまり時間に余裕のないときが多いですから、そんなときに電動シェーバーが動かないとなると非常にストレスを感じます。ですが急速充電かつ給電しながら使用可能な交流式であればバッテリー残量を気にせずいつでも使えるので安心ですね。

 

フィリップスのシェーバーでも、数は少ないですが充電しながら使えるモデルはあります。バッテリーを気にせずに、必要な時に確実に使えるシェーバーをお探しの方におすすめします。

ウェットシェービング対応モデル

シェービングの際にジェルなどで湿らせてからヒゲを剃る方や、ヒゲが柔らかくなる入浴中に済ませる方は多いでしょう。便利な電動シェーバーでそのようなウェットシェービングができればヒゲ剃りがぐっと楽になるのですが、電動シェーバーを水に濡らすのは基本的にNGです。

 

ですが中には防水性が極めて高く、ウェットシェービングに対応しているモデルはフィリップスにもあります。「アクアタッチシリーズ」は低価格ながら高い耐水性を備えており、水洗いはもちろん、シャワーを浴びながらシェービングも可能となっています。

 

他にも9000/7000/5000シリーズの現行モデルならウェットシェービングに対応しているモデルもありますので、よく商品のスペックを確認しましょう。またいくら防水仕様といってもやはり通電を伴う製品ですので、過度な浸水には十分気を付けて使用したいですね。

自動洗浄機能付きモデル

頻繁に新品と取り替える使い捨てT字カミソリなどと違って、電動シェーバーは衛生状態を気にしなければなりませんね。基本的には同じ刃を長期間装着し、使い続けるわけですから常に綺麗な状態にしておきたいものです。

 

往復刃と違って複雑な回転刃構造であるフィリップスシェーバーなら、なおさらメンテナンスは重要です。多くの新型モデルで分解可能かつ水洗いが出来るといっても、毎回使った後に手作業で分解洗浄し乾燥させるのは少し面倒ですね。

 

そこでおすすめなのが自動洗浄機能付きのモデルです。比較的高価なモデルに限られますが、専用のドックにシェーバーを差し込むだけで洗浄・乾燥・充電を自動で行ってくれます。ユーザーが手で洗う必要はなく、常に清潔な状態で使えるので非常に優秀な機能です。

コスパで選ぶ

ハイスペックな最新型よりは、お求めやすい価格で性能が優れているモデルをお探しの方やフィリップスの回転式剃刃を試してみたい方におすすめのシリーズを紹介します。

5000シリーズ

5000シリーズはフィリップスシェーバーのエントリーモデルという位置づけです。9000シリーズの深剃り感や7000シリーズのソフト感には劣るものの、フィリップスの優れた技術が集約されており普段使いには十分なパフォーマンスを発揮してくれます。

 

ほとんどのモデルが水洗い可能でメンテナンスしやすく、5方向に可動するヘッドで様々な長さのヒゲも剃り残すことなくカットします。商品数も多く価格もお求めやすくなっているので、自分にあったモデルを見つけやすいのが嬉しいですね。

 

フィリップスシェーバーの品質の高さを十分実感して頂けるシリーズですので、コストパフォーマンスを重視したい方にもおすすめできます。

1000シリーズ

1000シリーズは、5000シリーズよりさらに安価なラインナップです。フィリップス独自の肌に優しいシェービング感を保ちながら、機能をシンプルにすることで価格を抑えることを可能にしたモデルです。

 

低価格とはいえ自動研磨される回転式剃刃はもちろんのことウェットシェービング&水洗いにも対応しており、日常で使う分には十分な性能を備えていると言えます。ただし商品の数自体はそれほど多くないので、良いモデルを見つけるのに少し苦労するかもしれません。

 

これまで往復刃タイプを使っていてフィリップスの回転刃が肌に合うか試してみたい方や、肌に優しい電動シェーバーをとにかく安価で購入したいという方におすすめです。

オプションパーツセット

一つの本体にヒゲソリ用の刃はもちろん、髪の毛やその他の体毛をカットできるアタッチメントがセットになっているタイプです。せっかく優れた性能を持つ製品なのにヒゲ剃りだけで終わらせるのはもったいないという方におすすめできます。

 

トリマーや洗顔ブラシなどが付属されており一台で何役もこなすことが可能です。様々なムダ毛処理用のツールを一つにまとめられるので便利ですね。一家に一台あれば、ご家族一人一人の用途に応じて使いまわせるので費用対効果も抜群です。

 

幅広い目的に使用でき、皆で共有できる電動シェーバーをお探しの方に推奨できます。

フィリップスシェーバーの人気ランキング10選

第10位

Philips(フィリップス)

ポータブルシェーバー PQ209/17

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな電池式

コンパクトな外観が可愛らしいこちらは、乾電池式の携帯型シェーバーです。本体重量は141gと軽量で持ち運びに便利なポーチも付属しているので出張や旅行の際に重宝します。電池式なので、海外のコンセント規格を気にしなくていいのは嬉しいですね。

 

ヘッドの回転部分が二か所なので慣れないうちはシェービングに時間が掛かるかも知れません。肌にあたる面積の狭さと駆動パワーの観点から普段使いにはやや不向きなタイプです。

 

充電式電池を使えば実質的に充電式シェーバーとして使えるので、どうしてもコンパクトな充電式シェーバーが欲しい方はそのような使い方も一つの方法ですね。

重量141g連続使用時間60分
刃の枚数30ウェット剃り不可
電源電池式
第9位

フィリップス

シェーバー S1031/04

価格:3,864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた安価モデル

3方向に可動するフレキシブルヘッドと自動研磨設計になっているコンフォート刃が組み合わさり、毛を引っ張ることなく快適に深く剃ることができます。剃刀のオイル差しも不要なのでメンテナンスフリーで使いやすいシェーバーとなっています。

 

防水性も優れており水洗いが出来るのはもちろん、ウェットシェービングや入浴中の髭剃りも可能なので重宝しているとレビューでも好評です。人間工学に基づいた握りやすいグリップもフィリップスならではのこだわりを感じますね。

 

フィリップスのベーシックな機能を備えながらも低価格を実現しているこのモデルはお買い得と言えるでしょう。フィリップスシェーバーを試してみたい方にもおすすめです。

重量176g連続使用時間40分
刃の枚数45ウェット剃り可能
電源充電式
第8位

PHILIPS(フィリップス)

アクアタッチ AT791/16

価格:4,557円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お風呂シェービング可能

ジェルやフォームなどを利用し、濡らした状態でのシェービングに適したモデルです。水深1mに30分浸けても性能に悪影響が出ないほどの耐水性を備えたモデルですので、水洗いはもちろん入浴中に使用することも可能です。

 

シェービングの感触も肌を包み込むようでよく出来ているとレビューでも好評です。もちろんドライシェービングも可能で普段使いとしても申し分ないスペックで、価格も控え目なのでお買い得モデルといえるでしょう。

 

フィリップスシェーバーを試してみたい方にも推奨できる商品です。

重量174g連続使用時間40分
刃の枚数45ウェット剃り可能
電源充電式
第7位

Philips(フィリップス)

パワータッチ PT764/14

価格:5,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電しながら使える交流式

フィリップスシェーバーのモデルの中では数少ない、コンセントに繋いだままでも作動するタイプです。朝の忙しい時のバッテリー切れが心配な方におすすめできます。LEDランプが搭載されており、バッテリー状況一目でわかるのも嬉しいですね。

 

ウェットシェービング向きの商品ではありませんが、水洗いが可能なので濡らした状態での髭剃りもできます。短時間で深剃りはできませんが、肌に優しく運転音が静かな上に低価格とレビューでも好評です。

重量174g連続使用時間45分
刃の枚数45ウェット剃り可能
電源充電式
第6位

PHILIPS(フィリップス)

5000シリーズ S5050/05

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お風呂シェービング可能な27枚刃

肌への優しさと深剃りを兼ね備えた5000シリーズのエントリーモデルです。ソフトな曲線を描いた3つのヘッドがフェイスラインを包み込むように密着し、コンフォートカット刃が最適な角度で滑り込むことで肌にダメージを与えずヒゲをカットします。

 

ドライシェービングはもちろん、水洗いも可能で入浴中のシェービングも可能なので様々なシーンで活躍します。肌が弱く通常の剃刀が使えないという方もこちらの商品で快適に剃れるようになったとレビューでも好評です。

 

フィリップスシェーバーの中でもお求めやすい価格のシリーズですので、スキンケアを重視する方にはぜひ検討いただきたいモデルです。

重量173g連続使用時間30分
刃の枚数27ウェット剃り可能
電源充電式
第5位

PHILIPS(フィリップス)

マルチグルーミングキット MG7720/15

価格:6,727円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒゲもムダ毛もこれ一つで

ミニシェーバーからトリマー・コームまで13個のアタッチメントが付属したグルーミングキットです。デュアルカット技術を用いた刃を搭載しておりヒゲやムダ毛を鋭くカットしてくれます。オイル差しも不要なのでメンテナンスフリーなのが嬉しいですね。

 

本体は水洗いが出来るくらいの防水性を備えていますので、使用できるシーンは幅広く普段の生活でも重宝します。これ一台で髪の毛・ヒゲ・ムダ毛の処理ができるとレビューでも好評です。

 

頭からつま先まで自由にスタイリングできるのでおすすめです。

重量154 g連続使用時間120分
刃の枚数2ウェット剃り可能
電源充電式
第4位

PHILIPS(フィリップス)

5000シリーズ S5211/12

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリマー付きのエントリーモデル

5方向に可動するフレックスヘッドでフェイスラインに密着してマルチプレシジョン刃で傾いたヒゲを起こしてカットするので、肌へ負荷を掛けず素早く深剃りが出来る性能に仕上がっています。自動研磨システムで常に最大の切れ味を維持しています。

 

ドライシェービングはもちろん、フォームやジェルを使ってのウェットシェービングや入浴中の髭剃りも可能なのが嬉しいですね。複雑な構造ながら簡単に分解出来て水洗い可能なので、常に清潔な状態で使用できます。

 

敏感肌で普通の剃刀に負けてしまうという方にもおすすめできる電動シェーバーです。

重量172g連続使用時間40分
刃の枚数27ウェット剃り可能
電源充電式
第3位

PHILIPS(フィリップス)

7000シリーズ S7561/12

価格:15,835円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に優しい72枚刃

肌に優しい剃り味のフィリップスシェーバーの中でも、特に肌を労わった7000シリーズのモデルです。お値段は少々高くなりますがそのソフトなシェービング感は皮膚科医も認めるほどで、敏感肌の方に最適なシェーバーとなっています。

 

フィリップスシェーバーの特徴でもある丸形エッジの表面に施された微細なビーズコーティングが皮膚との摩擦を軽減し、よりスムーズな肌当たりを実現しています。5方向可動のフレックスヘッドがフェイスラインに密着して剃り残しを防ぎます。

 

深剃りはできないと銘打っているものの剃った部分はツルツルに仕上がっており、敏感肌の方でもシェービングが楽しくなったとレビューでも好評です。

重量164g連続使用時間50分
刃の枚数72ウェット剃り可能
電源充電式
第2位

PHILIPS(フィリップス)

9000シリーズ S9186A/12

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かつてない密着性と深剃り感

フィリップスシェーバーの中でもハイエンドモデルの位置づけにある9000シリーズのモデルです。72枚(24*3ヘッド)の精密なV字型内刃が毎分2300回転し、ヒゲを引き上げてから次の刃でカットすることにより短時間での深剃りを可能にしています。

 

ヘッドは8方向に可動しながら輪郭を検知する構造になっており、フェイスラインに密着するので剃り残しを大幅に減らすことが出来ます。肌をなでるようにヘッドを滑らせるだけで、ヒゲの剃り残しも肌のダメージも残さないシェーバーです。

 

フィリップスの旧型タイプと比べても明らかに品質が向上しているとレビューでも好評です。フィリップスのテクノロジーを最大限に体験したい方におすすめします。

重量167g連続使用時間60分
刃の枚数72ウェット剃り可能
電源充電式
第1位

PHILIPS(フィリップス)

9000シリーズ S9732A/33

価格:28,217円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動洗浄可能なハイエンドモデル

8方向可動ヘッドが肌に密着し、V字型の内刃と外刃がしっかりヒゲを捉えて素早くカットするので肌にダメージが残りません。またユーザーの肌質やヒゲの太さに合わせて駆動パワーを変更できるパーソナルコンフォート設定は9000シリーズ限定の機能です。

 

また充電用ドックには99.9%の雑菌を除去する「洗浄充電器スマートクリーン」機能がついており、ボタン操作のみで充電・洗浄・乾燥・潤滑化のメンテナンスを自動で行ってくれます。スタイラーとブラシのアタッチメント付属も嬉しいですね。

 

肌に優しく深剃りが出来る上に、とにかく電気機器として頑丈に出来ているとレビューでも好評です。ハイスペックモデルだけあってお値段も高いですが、フィリップスの最新技術が詰め込まれた製品ですのでおすすめです。

重量169g連続使用時間60分
刃の枚数72ウェット剃り可能
電源充電式

フィリップスシェーバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4924082の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 2
    アイテムID:4924057の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 3
    アイテムID:4924036の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 4
    アイテムID:4924016の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 5
    アイテムID:4923994の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 6
    アイテムID:4923972の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 7
    アイテムID:4923949の画像

    Philips(フィリップス)

  • 8
    アイテムID:4923937の画像

    PHILIPS(フィリップス)

  • 9
    アイテムID:4923928の画像

    フィリップス

  • 10
    アイテムID:4923909の画像

    Philips(フィリップス)

  • 商品名
  • 9000シリーズ S9732A/33
  • 9000シリーズ S9186A/12
  • 7000シリーズ S7561/12
  • 5000シリーズ S5211/12
  • マルチグルーミングキット MG7720/15
  • 5000シリーズ S5050/05
  • パワータッチ PT764/14
  • アクアタッチ AT791/16
  • シェーバー S1031/04
  • ポータブルシェーバー PQ209/17
  • 特徴
  • 自動洗浄可能なハイエンドモデル
  • かつてない密着性と深剃り感
  • 肌に優しい72枚刃
  • トリマー付きのエントリーモデル
  • ヒゲもムダ毛もこれ一つで
  • お風呂シェービング可能な27枚刃
  • 充電しながら使える交流式
  • お風呂シェービング可能
  • コスパに優れた安価モデル
  • コンパクトな電池式
  • 価格
  • 28217円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 15835円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 6727円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 5700円(税込)
  • 4557円(税込)
  • 3864円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 重量
  • 169g
  • 167g
  • 164g
  • 172g
  • 154 g
  • 173g
  • 174g
  • 174g
  • 176g
  • 141g
  • 連続使用時間
  • 60分
  • 60分
  • 50分
  • 40分
  • 120分
  • 30分
  • 45分
  • 40分
  • 40分
  • 60分
  • 刃の枚数
  • 72
  • 72
  • 72
  • 27
  • 2
  • 27
  • 45
  • 45
  • 45
  • 30
  • ウェット剃り
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 不可
  • 電源
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 電池式

まとめ

いかがでしたでしょうか。フィリップスシェーバーは長く付き合える製品なので、ネットで色々と調べることも大事ですが店舗で実機を確認することをおすすめします。この記事がフィリップスシェーバー選びのヒントになれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ