記事ID135103のサムネイル画像

【実は種類が豊富】人気のボディタオルおすすめランキング10選

みなさんにはお気に入りのボディタオルがあるでしょうか?ボディタオルと一言でいっても、さまざまな個性を持った商品が販売されているのです。ここではボディタオルのおすすめの選び方や、おすすめのボディタオルをランキング形式で紹介していきます。

ボディタオルは種類が豊富!

ボディタオルにも、さまざまな素材やデザイン、特徴を持った商品が数多く販売されています。使いやすいボディタオル、お気に入りになるボディタオルというのは、人それぞれで大きく異なってくるのです。

 

ボディタオルを選ぶ際は、実際を見て選ぶのが一番おすすめではありますが、現在は膨大な種類を揃えるネット通販での購入が主流になっています。ボディタオルも例外ではなく、ネット通販であれば数多くの商品をチェックすることが可能なのです。

 

ここでは、「おすすめ度」「使いやすさ」「デザイン」を基準に、ボディタオルのランキングを作成しました。ボディタオルを選びに悩んでいる場合、ランキングが少しでも参考になれば幸いです。

ボディタオルの選び方

ここからは、ボディタオルを選ぶ際のポイントについて紹介していきます。好みや用途によって、選ぶべきボディタオルは異なります。自分の求めるボディタオルは、どのような商品なのかを明確にして選んでいきましょう。

素材で選ぶ

ボディタオルを選ぶ際に、使用されている素材を重視して選んでみるのもよいですね。使用されている素材によって、そのボディタオルの特徴や肌触りは大きく異なってくるのです。購入前に、しっかりと素材のチェックをしていきましょう。

綿(コットン)

綿(コットン)はあまり生地に詳しくない人でも、一度は耳にしたことのある名前ではないでしょうか。コットンはさまざまな衣類に使用されており、もっともポピュラーな天然素材といえるでしょう。また、コットンにも数多くの種類が存在しています。

 

コットン生地は、比較的丈夫で柔らかく、肌に優しいのが特徴となっています。また、非常に吸水性に優れているのも、大きなポイントとなるでしょう。

コットンに比べてザラザラとした手触りが特徴で、シャツ等の衣類にも数多く使用されている天然素材が「麻」になります。通気性の良さから、夏場に活躍する素材としても知られていますね。

 

天然素材の麻を使用したボディタオルは、ガシガシとした硬めの肌触りが特徴になります。天然素材の中では比較的泡立ちやすく、乾くのにかかる時間も早いので、何かと扱いやすく便利な素材ですね。

さらさらとした滑らかな肌触りが特徴の、絹のボディタオルも人気がありますね。他の素材と比べると、泡立ちが良い方ではないですが、商品や使い方次第でその点は解決できるでしょう。

 

軽くて優しい肌触りのボディタオルを探しているのであれば、絹が使用された商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ポリ乳酸

トウモロコシやジャガイモなどが原料になった、人間の肌にも環境にもやさしいポリ乳酸も要チェック素材です。泡立ちの良さ、そして肌触りの良さが特徴となっています。子供から大人まで、どんな人でも使いやすいタイプのボディタオルでしょう。

合成繊維

ナイロンやポリエステルなど、合成繊維が使用されたボディタオルも数多く販売されています。合成繊維は、衣類など幅広い商品に使用されているので、聞き馴染みがある人がほとんどではないでしょうか。

 

カラーバリエーションが豊富な商品が多いという特徴がありますね。また、泡立ちに優れたボディタオルが多い傾向もあります。多くの商品が肌触りで賛否が分かれるところなので、一度試してみることをおすすめします。

肌触りで選ぶ

ボディタオルに触ったときの、肌触りの好みは人それぞれです。柔らかい触り心地の商品があれば、ガシガシした硬めのボディタオルも販売されています。用途によっても、向き不向きがあるので、ネット通販を利用する場合は特にチェックしていきましょう。

柔らかい肌触りを選ぶ

使用される素材によって柔らかさというものは異なりますが、同じ素材であっても柔らかさは違います。硬めの生地のボディタオルが苦手な人も、決して少なくはないので、そういった場合は柔らかい肌触りの商品をチェックしてきましょう。

 

ネット通販を利用するのであれば、ボディタオルの生地の硬さというのは、なかなか感じ取ることは困難ですね。もし可能であれば、店頭で実物を触って購入することをおすすめします。

 

しかし、現実には難しい場合が多いので、ネット通販を利用する場合はレビューや商品説明をしっかり確認して選ぶようにしましょう。

硬い触り心地で選ぶ

ガシガシとしっかりした洗い心地が好みであれば、硬めの生地のボディタオルを選んでいきましょう。肌に適度な刺激を与えられる、硬めのボディタオルを探している人も多いのではないでしょうか。

 

ただし肌が弱い人は、硬めのボディタオルを使う際に注意が必要となってくるでしょう。使う人の肌質にも合わせながら、ボディタオルを選んでいけると良いですね。

サイズで選ぶ

ボディタオルは商品によってサイズ感はさまざまで、用途によってサイズ選びをすることが重要になります。子供用のボディタオルなのか大人用なのかでも、適したタオルのサイズというのは違ってくるのです。

 

どのような用途で使用するボディタオルなのかを明確にしておくと、サイズ選びに悩むこともなくなるでしょう。

泡立ちで選ぶ

ボディタオルを選ぶ際に、「泡立ちの良さ」「泡のきめ細やかさ」を重視するという人も多いのではないでしょうか。泡立ちや泡のきめ細やかさは商品によって当然異なってきます。商品説明や素材、レビュー等をチェックして、泡立ちの良さで選んでみましょう。

速乾性で選ぶ

乾きやすいボディタオルというのは、雑菌繁殖等を軽減してくれてタオルを清潔に使い続けられるのが大きな特徴でしょう。濡れた状態でほったらかしていると、場合によってはカビができてしまう可能性もあるのです。

 

多少扱いが雑でも問題ないので、非常に扱いやすいタオルだといえるでしょう。

デザインで選ぶ

ボディタオルにも、さまざまなデザインの商品が販売されています。お気に入りとなるような商品は、案外デザインが気に入っているというパターンが多いのではないでしょうか。ボディタオルを選ぶ際に、デザイン重視で選んでみるのも一つの方法なのです。

ボディタオル本体・パッケージのデザインで選ぶ

ボディタオル本体のデザイン、パッケージのデザインに注目して、商品を選んでいくのも一つの方法なのです。実際使っていく際の使い心地や肌触りには、ボディタオル本体やパッケージのデザインが大きく影響してくることはありません。

 

特にパッケージデザインというのは、贈り物でない限りボディタオルの使いやすさには関係してこないでしょう。しかし、どのボディタオルを購入しようか悩んでしまうのであれば、デザインの好みで選択してしまうのも面白いでしょう。

 

性能や素材はもちろん、デザインにも目を向けてみることをおすすめします。

カラーリングで選ぶ

ボディタオル本体・パッケージのデザインと同様に、ボディタオルの使いやすさ等には直接関係してきませんが、好みのカラーリングの商品を選ぶというのもおすすめです。単純に好みのカラーリングというのは、視界に入るだけで気分を上げてくれることがあるのです。

 

カラーバリエーションが豊富なボディタオルであれば、なおさら自分好みのカラーリングを選択できますよね。カラーリングにも注目しながら、ボディタオルを探していきましょう。

タオルタイプ以外も要チェック

身体を洗う際に便利なのは、なにもボディタオルだけではありません。背中にも届きやすいブラシ形状の商品や、手で握りやすく泡立ちいも優れるスポンジタイプの商品など、さまざまな形状のものが販売されています。

 

ボディタオルが一番無難に使いやすい印象ですが、用途によって他の形状の商品もチェックしてみてください。

ボディタオルのおすすめランキング

第10位

キクロン

アワスター

価格:328円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に泡立つ

キクロンの独自製法による立体織りにより、非常に優れた泡立ちを体感することができるボディタオルになります。シャンプーやせっけんなどを、少ない量でもしっかりと泡立たせることが可能な商品なのです。

 

さらに、きめの細かい泡をつくることができ、何かと便利なアイテムですね。生地は柔らかい中にもコシが感じられ、シャリシャリした触り心地が特徴となっています。とにかく泡立ちにこだわってボディタオルを選びたい場合は、チェックしてみてほしい商品になります。

 

 

素材ナイロン100%サイズ(約)280×1000mm
重量38g原産国日本
特徴極細繊維使用
第9位

ノーブランド

こりこりタオル 今治産 ボディータオル

価格:600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こりこりと使いやすいタオル

日本一のタオルの産地である愛媛県今治市で、こだわりを持ってつくられたボディタオルになります。こりこりとした触り心地が特徴で、程よい刺激を与えてくれます。しっかりと泡立ちにも満足できるボディタオルとなることでしょう。

 

カラーは気成色で、素朴な雰囲気が感じられる一枚に仕上げられています。また、パッケージデザインが昔ながらなデザインなのも魅力的ですね。こりこりタオルを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

素材(こり棒)麻50%・コットン50%、(基布)コットン100%サイズ約25×95cm
重量約50g原産国日本
特徴愛媛県今治産タオル
第8位

亀の子束子西尾商店

麻タオル

価格:1,371円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

麻のシャリっと感

100年以上続く亀の子束子より、シャリっとした硬めの触り心地が特徴の、麻100%で作成されたボディタオルになります。また、水切れも良く、乾きが比較的早いのも注目すべきポイントになるでしょう。

 

パッケージに「かため」と記載されていますが、生地の硬さによって適度な刺激を加えることができるのは、血行促進にもつながってくるのです。硬めの触り心地で、適度に刺激を与えられるボディタオルが好みの人は、こちらの商品は要チェックな一枚となるでしょう。

 

 

素材サイズ34×100cm
重量0.07kg原産国日本
特徴刺激強めの「かため」
第7位

オーエ

あわゆきナイロンタオル

価格:302円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

きめ細やかな泡をつくる

極細の66ナイロン繊維が採用され、きめの細かい泡立ちを実現した「AWAYUKI(アワユキ)」になります。柔らかい肌触りのナイロンタオルに仕上げられており、幅広い層の人に使いやすい一枚ではないでしょうか。

 

また、柔らかさがありながらも、比較的乾きやすいのはうれしいポイントになるでしょう。柔らかい肌触りで、泡立ちの良いボディタオルを探している人は、一度この「AWAYUKI(アワユキ)」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

素材ナイロン100%サイズ幅28×長さ100cm
重量0.038kg原産国日本
特徴超やわらか
第6位

ハッピーシルク

シルクボディータオル

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぐんまシルクを使用したボディタオル

人間の肌に有効な物質とされるセリシンを、落とすことなく糸に固着させているシルク100%のボディタオルになります。このボディタオルを使うたびに、セリシンがお肌を保湿して滑らかさを引き出してくれるのです。

 

美意識の高いような人には非常に好まれている商品でしょう。群馬県のブランドシルク「ぐんま200」という繭を使用した群馬製のシルクを採用しており、国産の安心感の高さも人気のポイントになっているのでしょう。

 

また、防腐剤やホルマリンを使うことなく作られており、幅広い層の人にとって安心感のあるボディタオルに仕上げられているのです。

素材純国産シルク100%サイズ25cm×100cm
重量-原産国日本
特徴セリシンを落とさず固着したままのシルクボディ
第5位

オリム

価格:901円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性に優しい一枚

なめらかコットンを使用した、柔らかい肌触りが特徴の「女性のためのボディータオル」になります。タオルの産地として名高い愛媛県今治産のタオルで、非常に質の高い仕上がりなのも人気のポイントとなっているのです。

 

非常にシンプルな見た目で、温泉などでも使いやすいデザインではあるでしょう。デリケートなお肌を優しく洗いあげるボディータオルで、まさに「女性のためのボディータオル 」という商品に仕上げられています

 

ネーミングにあるように、女性で柔らかい肌触りのボディータオルを探しているという人にはおすすめの商品ですね。ぜひ一度、試しに使用してみてはいかがでしょうか。

素材コットン100%サイズ約25×95cm
重量約44g原産国日本
特徴愛媛県今治産タオル
第4位

ブルーム

なめらかホイップ ボディタオル

価格:1,330円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

泡立ちの良いボディタオル2枚セット

ポリ乳酸100%でつくられたカラーバリエーション豊富なボディタオルになります。こちらは2枚セットの商品で、サーモンピンク、グリーン、ブルー、ラベンダ、アイボリー、5つのカラーリングから選択することができます。

 

また、別カラーの組み合わせで購入することも可能となっていますね。しっかりときめ細やかな泡がつくれて、泡立ちを重視してボディタオルを選ぶ人も満足できる仕上がりになっています。

 

豊富なカラーバリエーションから、自分好みのカラーリングを選択してみてください。

素材ポリ乳酸100%サイズ約20cm×100cm
重量約45g原産国日本
特徴豊富なカラーバリエーション
第3位

オリム

炭のタオル ボディタオル

価格:600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紀州備長炭を使用

まず最初に「炭のタオル」という、インパクトのあるネーミングが目をひきますね。シャリっとした肌触りと泡立ちの良さが特徴の、紀州備長炭が入ったボディタオルになります。紀州備長炭は高級木炭として知られており、消臭剤や調湿剤、浄化剤として使用されているのです。

 

また、タオルの産地として知られている愛媛県今治産のタオルなのも、注目すべき特徴といえるでしょう。肌触りは柔らかすぎず、ガシガシ感も強くない、程よい触り心地が人気のポイントになっていますね。

素材コットン97%、レーヨン3%サイズ約26×100cm
重量約45g原産国日本
特徴紀州備長炭100%配合
第2位

ゼンミ

トウモロコシ生まれのやさしいボディータオル

価格:519円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

やさしい肌触りのボディタオル

やわらかい肌触りが魅力的な「トウモロコシ生まれのやさしいボディータオル」になります。トウモロコシのデンプンを原料にした天然由来の極細繊維で、泡立ちの良さを感じられるボディタオルに仕上げられています。

 

カラーバリエーションは、パープル、ピンク、ブルーの3色展開で、自分好みのカラーリングを選ぶことができます。化学繊維などのボディタオルがしっくりこないという人は、植物由来の「ポリ乳酸」のボディタオルを一度試してみてはいかがでしょうか。

素材ポリ乳酸サイズ約100×23cm
重量-原産国日本
特徴トウモロコシのデンプンが原料
第1位

まかないこすめ

和紙タオル

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和紙をざっくりと編み込んだボディタオル

針葉樹を原料にした和紙を、手編み風にざっくりと編み込んだ「和紙タオル」になります。パッケージデザインの可愛らしさも魅力の一つで、贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか。こちらの商品は、タオルの表と裏で網目が違い、肌触りが異なっています。

 

ガシガシとして刺激を感じられる側、もう一方は比較的柔らかい肌触りが特徴になっており、状況に応じて使い分けることが可能なのです。和紙タオルは肌に優しく、泡立ちが良いのも人気のポイントとなっています。

 

使い始めは、生地が少々硬く感じられるかもしれませんが、使っていくとどんどん柔らかく馴染んでくれるでしょう。どんな人にでも使いやすい「和紙タオル」、和紙でできたタオルというだけでも興味をそそられる人も多いのではないでしょうか。

素材ループ/指定外繊維(和紙)、グランド/コットン100%サイズ(幅X奥行X高さ) : 25×2×100
重量-原産国日本
特徴和紙を編み込んだ浴用タオル

ボディタオルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4922038の画像

    まかないこすめ

  • 2
    アイテムID:4922056の画像

    ゼンミ

  • 3
    アイテムID:4922042の画像

    オリム

  • 4
    アイテムID:4922012の画像

    ブルーム

  • 5
    アイテムID:4922064の画像

    オリム

  • 6
    アイテムID:4922044の画像

    ハッピーシルク

  • 7
    アイテムID:4921993の画像

    オーエ

  • 8
    アイテムID:4922036の画像

    亀の子束子西尾商店

  • 9
    アイテムID:4921976の画像

    ノーブランド

  • 10
    アイテムID:4922073の画像

    キクロン

  • 商品名
  • 和紙タオル
  • トウモロコシ生まれのやさしいボディータオル
  • 炭のタオル ボディタオル
  • なめらかホイップ ボディタオル
  • シルクボディータオル
  • あわゆきナイロンタオル
  • 麻タオル
  • こりこりタオル 今治産 ボディータオル
  • アワスター
  • 特徴
  • 和紙をざっくりと編み込んだボディタオル
  • やさしい肌触りのボディタオル
  • 紀州備長炭を使用
  • 泡立ちの良いボディタオル2枚セット
  • 女性に優しい一枚
  • ぐんまシルクを使用したボディタオル
  • きめ細やかな泡をつくる
  • 麻のシャリっと感
  • こりこりと使いやすいタオル
  • 簡単に泡立つ
  • 価格
  • 880円(税込)
  • 519円(税込)
  • 600円(税込)
  • 1330円(税込)
  • 901円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 302円(税込)
  • 1371円(税込)
  • 600円(税込)
  • 328円(税込)
  • 素材
  • ループ/指定外繊維(和紙)、グランド/コットン100%
  • ポリ乳酸
  • コットン97%、レーヨン3%
  • ポリ乳酸100%
  • コットン100%
  • 純国産シルク100%
  • ナイロン100%
  • (こり棒)麻50%・コットン50%、(基布)コットン100%
  • ナイロン100%
  • サイズ
  • (幅X奥行X高さ) : 25×2×100
  • 約100×23cm
  • 約26×100cm
  • 約20cm×100cm
  • 約25×95cm
  • 25cm×100cm
  • 幅28×長さ100cm
  • 34×100cm
  • 約25×95cm
  • (約)280×1000mm
  • 重量
  • -
  • -
  • 約45g
  • 約45g
  • 約44g
  • -
  • 0.038kg
  • 0.07kg
  • 約50g
  • 38g
  • 原産国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 特徴
  • 和紙を編み込んだ浴用タオル
  • トウモロコシのデンプンが原料
  • 紀州備長炭100%配合
  • 豊富なカラーバリエーション
  • 愛媛県今治産タオル
  • セリシンを落とさず固着したままのシルクボディ
  • 超やわらか
  • 刺激強めの「かため」
  • 愛媛県今治産タオル
  • 極細繊維使用

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここではボディタオルの選び方や、おすすめのボディタオルをランキング形式で紹介してきました。ランキングで紹介してきた通り、ボディタオルにもさまざまな個性を持った商品が販売されているのです。

 

数あるボディタオルの中から、自分好みの商品を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ