記事ID135094のサムネイル画像

【ヘルシー調理】人気スチームオーブンレンジのおすすめランキング10選

最近、調理家電売り場でよく見かけるようになった、スチームオーブンレンジ。時短料理やヘルシー調理に活躍するとあって、人気が高まっています。購入を検討している方のために、選び方やおすすめのメーカー、商品をランキング形式でまとめました。

水蒸気の力でしっとりジューシーに調理できるスチームオーブンレンジ

スチームオーブンレンジとは、その名の通りスチーム=蒸気の力を利用して加熱をする調理家電です。通常のオーブンレンジの「焼く」「煮る」という機能に加えて「蒸す」という調理ができるのが特徴です。

 

また、高温の蒸気によって加熱するため食材が乾燥することがなく、中の水分や栄養分をぎゅっと閉じ込めた状態でしっとりと仕上げることができます

 

一般的に、スチームオーブンレンジにはオーブンレンジの機能がありますが、マイクロ波で食材を加熱する電子レンジの機能は、ついているものとついていないものがあります。

 

スチームオーブンレンジの選び方

現在、家電量販店の調理家電売り場には、多くのスチームオーブンレンジが並んでいます。メーカーや商品によってスペックはさまざまなので、選ぶ際には自分が重視するポイントを絞って比較検討するとよいでしょう。

スチーム方式で選ぶ

スチームオーブンレンジの種類としてまず知っておきたいのは、スチームの出し方による違いです。呼び方はさまざまなものがありますが、製品の形状からわかりやすいのは「角皿スチーム方式」「タンク式スチーム方式」です。

 

角皿スチーム方式は「簡易スチーム方式」、タンク式スチーム方式は「過熱水蒸気式」と呼ばれることもあります。

 

どちらもスチームオーブンレンジですが、性能や対応可能なメニューが異なるので、まずはここをチェックしましょう。

角皿スチーム式

角皿スチーム方式は、庫内の底面に水を張った角皿をセットし、高周波の電磁波やヒーターで加熱してスチームを発生させる仕組みです。

 

仕組み自体は単純なので価格が比較的安く、手入れもしやすいというメリットがある反面、一気に高温のスチームを作り出すことはできないため、スチーム自体の力が弱いといえます。

 

簡単な調理しかしないという方や、電子レンジよりは少し高性能なものを求めているという方には向いているでしょう。

タンク式

タンク式は、加熱庫の外側にあるタンクに水を入れておき、加熱時にタンク内の水を沸騰させて「過熱水蒸気」と呼ばれる高温のスチームを発生させる仕組みです。

 

一般的な水蒸気の温度は水が沸騰する100℃ですが、過熱水蒸気の温度は300℃以上にもなります。高温のため食材に触れてもすぐに蒸発し、水っぽくなることはありません。

 

調理時間が短くて済み、ラップなしで温めができたり、スチームによって油を落としてヘルシーな調理ができたりするなど、機能面が充実しています。

 

角皿式に比べるとタンクがある分サイズが大きくなり、価格も高めですが、料理の幅を広げたいという方におすすめです。

庫内構造で選ぶ

スチームオーブンレンジを選ぶ際には、庫内の構造もポイントです。ターンテーブル上に食材や容器を載せて回転させ、全体的に加熱するものと、ターンテーブルのないフラットなタイプがあります。

庫内フラット

庫内がフラットになっているタイプは、四角い庫内をくまなく使えるのがメリット。大皿の料理も別容器に移すことなく温められるので手間がかかりません。

 

庫内フラットなものは、ネットやトレイなどが付属し、2段で調理できるものもあります。

 

庫内を丸々使える方が幅が広がるので、選べる場合は庫内フラットなタイプがおすすめです。

ターンテーブル

従来の電子レンジによくある、庫内中央の回転軸に耐熱素材のターンテーブルを乗せ、回転させながら加熱することでムラなく火を通すタイプ。ターンテーブルに乗せても、回転するときに角に引っかかってしまうということがあります。

センサー方式で選ぶ

スチームオーブンレンジには、食材の加熱に必要な温度や火力を把握するためのセンサーがついています。食材の状態を正確に検知することで、最適な温度、時間で加熱することができます。

 

上位機種の中には、複数のセンサーを搭載しているものもあります。

重量センサー

庫内の底面やターンテーブルの機構に設置され、食材の総重量や加熱前・加熱後の重量差を測定します。従来の電子レンジにも搭載されている機能ですが、重量のある食器に入れると重量差を検知しづらい場合があります。

赤外線センサー

加熱した食品から出る赤外線の量によって庫内空間の温度を測定し、加熱時間を管理します。ラップした状態でも感知できるので温めの際に便利です。オーブン、グリル機能を使用時に使用します。

湿度センサー

加熱によって発生した水蒸気量を感知し、温度や加熱時間を管理します。スチームオーブンレンジの場合はラップなしであたためられるのがメリットですが、ラップがかかっていると水蒸気を感知しないため、加熱しすぎてしまうことがあります。

メーカーで選ぶ

スチームオーブンレンジは、国内メーカーを中心にさまざまなメーカーが発売しています。

 

初めてスチームオーブンレンジを購入する場合は、信頼できるメーカーや好きなメーカーから選んでみるのもよいでしょう。

パナソニック

日本を代表する電機メーカー、パナソニックは、「脱家電メーカー」「くらしアップデート業」を標榜し、生活家電分野においてはIoT(Internet of Things)を積極的に取り入れています。

 

時短家事を可能にする高機能家電を多く発売しており、スチームオーブンレンジでも2品同時あたためやスピードスチームなど、時短を意識した機能を搭載している商品があります。

 

もちろん、料理の仕上がりもさすがのクオリティ。早く、便利に、おいしい料理が楽しめます。

東芝

東芝の特徴は、オーブンの火力にあります。短時間で余熱が完了し、最高温度は業界随一の350℃。特に上位機種では石窯を模したドーム型の庫内で、高温でパンやピザを一気に焼き上げることができます。

 

さらに、スチームの温度を35~95℃の5℃刻みで自在に設定できる機種もあり、こだわり派も満足のいく本格設計です。

 

また、比較的コンパクトな製品が多いので、スペースの限られているマンションやアパートでも設置しやすいといえます。

シャープ

シャープは、スチームオーブンレンジの先駆けともいえる存在です。スチームオーブンレンジは、油を落としてヘルシーに調理する機能が特徴です。

 

上位機種の「ヘルシオ」は、ヒーター加熱を使用せず、過熱水蒸気のみで調理をする「ウォーターオーブン」という名称で販売されており、他社製品と一線を画しています。

 

シャープによれば、過熱水蒸気を用いた調理は、通常のスチームに比べて栄養素が保たれ、かつカロリーカットと減塩調理が可能です。スチームオーブンレンジでヘルシー料理にチャレンジしたい方におすすめです。

日立製作所

日立では、他社同様に高機能のスチームオーブンレンジを発売していますが、全体的に価格がリーズナブルといえます。

 

特徴は、独自の重量センサーと赤外線センサー。庫内に入れた食材の重量と温度を精密に計測することで、最適な温度で加熱しおいしい料理をつくりあげます。

 

上位機種は業界で初めて、餃子を焼く機能やパンを全自動で焼き上げる機能などを搭載。多彩なオートメニューが魅力です。

 

また、ハイレベルな電子レンジ機能を搭載している機種も多く、スチーム調理だけでなくレンジのあたため機能も多く使いたいという方に向いています。

アイリスオーヤマ

家電メーカーの中でも、低価格で知られるアイリスオーヤマ。しかしながら白物家電最大手にも劣らない、独自の特徴を備えています。それが、解凍機能です。

 

冷凍した肉や魚を専用容器に入れてスチームで加熱すると、流水で解凍したような自然なおいしさを引き出すことができます。手ごろな価格で、スチーム調理を始めてみたいという方におすすめです。

価格帯で選ぶ

スチームオーブンレンジを購入する際、もちろん気になるのが価格です。リーズナブルなものからハイエンドモデルまでそろっているので、予算に合わせて検討しましょう。

リーズナブルモデル(1~2万円台)

リーズナブルなものでは、1万円台~2万円台の機種があります。この価格帯のモデルは、多くが角皿スチーム方式です。庫内サイズは18L~28L程度とコンパクトなものがほとんどです。

 

減塩調理やグリル機能、オーブンの最高温度などに限りがあり、1台であれもこれもしたいという方には物足りないかもしれませんが、手持ちの電子レンジを買い替えるタイミングで、ワンランク上のものを試してみたいという方には十分です。

スタンダードモデル(3~6万円台)

現在販売されているスチームオーブンレンジでは、3~6万円台の価格帯がボリュームゾーンになります。加熱方式は角皿スチーム式、タンク式どちらもあり、メーカーやサイズもさまざまです。

 

この価格帯だと、ヘルシオやビストロといった旗艦ラインナップの入門モデルも検討することができます。テレビCMなどで聞いたことのある商品名は、安心につながるという方もいるでしょう。

 

高級機には手が出ないけれど、ある程度の機能を求めたいという場合、コストと機能のバランスがもっともすぐれているグループです。

ハイグレードモデル(7万円台~)

スチームオーブンレンジは、高級モデルや最新型では店頭販売価格が10万円以上になるものもあります。いわゆる大手国内メーカーのハイエンドモデルで、サイズ、機能、ともに最高級を誇ります。

 

スチーム調理だけでなく、低温調理や庫内の冷却機能、パンづくりの専用メニューなど、多彩な機能で料理の幅を広げてくれます。料理が好きでスチームオーブンレンジの機能を最大限に活用したいなら、この価格帯の商品を検討するのもよいでしょう。

サイズで選ぶ

実際に購入する際には、設置場所もネックになります。コンパクトなキッチンにも収まる小型のものから、4人~6人分の料理を一度に調理できる大型のものまで、サイズはさまざまです。設置する場所に合わせて考えましょう。

 

スチームオーブンレンジのサイズは、一般的に「庫内容量」で表示されます。これは、扉を開けて食材を入れる加熱庫の容量です。一度に調理できる容量として、サイズの目安となっています。製品の寸法は別途記載されているので、そちらを確認してください。

小型(~20L)

庫内容量が20Lまでの小型のものは、主に1人暮らしの方に適しています。外寸が横幅50㎝、奥行40㎝、高さ35㎝程度のものが多く、キッチンまわりのスペースが限られているアパートやマンションなどでも設置することができるのでおすすめです。

 

小型な機種の中にも高機能な商品があるので、小型=低スペックと思わずに自分に合った機種を選びましょう。

中型(20~30L)

20~30Lの中型は、外寸はそれほど小型モデルと変わりませんが、奥行の寸法がやや大きくなります。また、25L以上のものになると、庫内が2段に仕切られており、同時に異なる料理を作ることができるものが多いです。

大型(30L~)

30L以上の大型機種では、4人~6人分の料理を一度に調理できたり、大皿をそのまま入れられるというメリットがあります。大型タイプだと奥行きが40cm以上のものあり、設置場所に注意が必要です。購入の際には、必ず寸法を測ってから購入しましょう。

スチームオーブンレンジのおすすめ10選

第10位

シャープ(SHARP)

過熱水蒸気オーブンレンジ RE-V100A-B

価格:39,819円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリプルセンサーで、無駄なくかしこくあたためる

赤外線、絶対湿度、温度の3つのセンサーで無駄なく加熱。連続調理も可能です。ダイヤルボタンや見やすい液晶でどなたにも使いやすい大容量モデルで、30秒あたためのボタンは2回押せば1分あたためになるなど、使い勝手を考慮した設計。デザイン性も高く、室内照明もあるので加熱時に庫内が見えやすいという点も人気。

庫内容量31Lサイズ49×43.5×39cm
本体重量18㎏消費電力1460W(レンジ)
第9位

東芝(TOSHIBA)

簡易スチームオーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-SD70-W

価格:25,878円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイドな26L&フラットな角皿スチーム

赤外線センサーを搭載し、食材の温度を精密に感知。お好みの温度設定でもあたためが可能です。ABCクッキングスタジオのオリジナルレシピを含む143レシピを掲載。キッチンのスペースを無駄なく使える背面ピッタリ設計&開口部は39㎝とワイドタイプで大皿も入り出し入れしやすい形状です。

庫内容量26Lサイズ48x35x39cm
本体重量14kg消費電力1000W
第8位

米の蔵

スチームオーブンレンジ 24L MO-FS2403

価格:26,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒーター加熱+スチームカップで誰でも手軽にヘルシー調理

9種類の自動あたためメニューと、11種類の自動調理メニューを搭載。スタートボタンを押すだけの簡単操作で、家族みんなが使いやすい設計。オーブン、グリル、レンジの1台3役をこなします。スチームカップを使えば、余分な油と塩分をカットしたヘルシー調理も。プレートやカップなどの付属品は丸洗いできて衛生的。

庫内容量24Lサイズ51.3×40.3×33.2㎝
本体重量14.5kg消費電力1450W

メニューを選んでスタートボタンを押すだけの簡単操作で、家族みんなが使いやすい。スチームカップを使えば、余分な油と塩分をカットしたヘルシー調理も。プレートやカップなどの付属品は丸洗いできて衛生的。

メニューを選んでスタートボタンを押すだけの簡単操作で、家族みんなが使いやすい。スチームカップを使えば、余分な油と塩分をカットしたヘルシー調理も。プレートやカップなどの付属品は丸洗いできて衛生的。

メニューを選んでスタートボタンを押すだけの簡単操作で、家族みんなが使いやすい。スチームカップを使えば、余分な油と塩分をカットしたヘルシー調理も。プレートやカップなどの付属品は丸洗いできて衛生的。

第7位

シャープ(SHARP)

ヘルシオ 30L 2段調理タイプ AX-XW500-W

価格:78,595円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ独自のAIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」搭載のスマート家電

独自のAIが、無線LANで接続するスマートスピーカーを通して家族と会話しながら好みを学習・分析し、メニューを提案。音声対話もできるので、両手がふさがっているときにも便利。スマートスピーカーでリビングから献立の相談をするなど、まさに次世代型のスマート家電といえます。

庫内容量30Lサイズ49×43×42cm
本体重量25㎏消費電力1460W(レンジ)
第6位

PCボンバー 楽天市場店

ヘルシオ AX-CA400-R

価格:44,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1人暮らしにもおすすめな18Lのコンパクトタイプ

奥行40㎝のコンパクト設計ながら、「焼き」「蒸し」を一度にでき、複数の食材を同時に調理可能。たっぷりの過熱水蒸気で、総菜や肉まんもしっとり作り立てのようなあたたかさに。冷凍した肉や魚も、水分が出ずおいしいまま解凍できると好評です。お手入れも簡単で初めての方におすすめ。

庫内容量18Lサイズ49×40×34.5cm
本体重量17㎏消費電力1460W
第5位

パナソニック(Panasonic)

3つ星 ビストロ NE-BS1500-K

価格:89,607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界最小のコンパクト設計

「チタンコートグリル皿」とマイクロ波制御で火力がアップ。時短料理に最適です。 大型タイプでは業界最小のコンパクト設計。カフェスイーツやお酒のつまみを作れるコースもあります。価格帯としてはハイエンドモデルですが、使用のたびに電気代が表示され、省エネ設計なことから、ランニングコストが削減できるとの声も。

庫内容量30Lサイズ49x37x43cm
本体重量19.6 kg消費電力1400W(オーブン)
第4位

シャープ(SHARP)

過熱水蒸気 オーブンレンジ 23L RE-SS8-XW

価格:21,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スチームカップで簡単にヘルシー調理。レンジあたためも手軽で簡単

スチーム加熱+レンジ加熱の「スチームdeレンチン」を搭載。4人分のおかずを一度に作る「5分おかず」や、具材とご飯を同時に温める「3分どんぶり」など、手軽なメニューが豊富で1人暮らしの方にもおすすめです。過熱水蒸気式でフラットタイプ、この容量でこの価格はお買い得といえるでしょう。

庫内容量23Lサイズ50×38×34.5cm
本体重量13kg消費電力1460W(レンジ)
第3位

日立(HITACHI)

日立 スチームオーブンレンジ  ヘルシーシェフ 22L MRO-TS7 R

価格:25,051円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量のあたためも、過熱水蒸気調理も任せられるスタンダードモデル

100℃以上に温めた過熱水蒸気によるスチーム調理で、ヘルシーなメニューが手軽に作れます。500W/600Wを手動で切り替えられる簡単レンジボタンや少人数用のオート調理ができるので、一度にたくさん調理したいときも、少量を手軽にあたためたいときも、どちらも活躍します。特に、自動温め機能は手軽で使いやすく温めムラもないと好評価です。

庫内容量 22Lサイズ48.3×34.0×42.7㎝
本体重量14kg消費電力1450W
第2位

シャープ(SHARP)

過熱水蒸気 オーブンレンジ 2段調理 31L RE-SS10-XW

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スチーム調理+2段熱風コンベクションでどんな料理にも対応

過熱水蒸気によるスチーム調理に加え、熱風が庫内にいきわたりローストチキンなどを焼きムラなく仕上げられる「2段熱風コンベクション」。「好みの温度あたため」を使えば、設定した温度に的確に加熱できます。価格と機能のバランスがとれたモデルで、お手軽調理から本格料理、パンやお菓子づくりにもおすすめ。

庫内容量31Lサイズ49×44.5×37cm
本体重量17㎏消費電力1460W(オーブン)
第1位

日立(HITACHI)

スチームオーブンレンジ 31L 過熱水蒸気 MRO-TS8 R

価格:27,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格が嬉しい本格スチームオーブンレンジ

庫内底面3か所に設けた重量で、重さをはかって火加減を調節。温めムラもなく、無駄なく賢く加熱できます。スチームによってシュウマイや肉まんもふっくらほかほかに。揚げ物はサクッと温まります。テーブルプレートは外して丸洗いできるほか、庫内は汚れの落ちやすいシリコン系塗装。クッキングガイドは全レシピをスマートフォンでチェックできます。

庫内容量31Lサイズ48.7×36.5×43.0㎝
本体重量16.5kg消費電力1400W

スチームオーブンレンジのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4924191の画像

    日立(HITACHI)

  • 2
    アイテムID:4924183の画像

    シャープ(SHARP)

  • 3
    アイテムID:4924130の画像

    日立(HITACHI)

  • 4
    アイテムID:4924098の画像

    シャープ(SHARP)

  • 5
    アイテムID:4924083の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:4923924の画像

    PCボンバー 楽天市場店

  • 7
    アイテムID:4923910の画像

    シャープ(SHARP)

  • 8
    アイテムID:4923901の画像

    米の蔵

  • 9
    アイテムID:4923883の画像

    東芝(TOSHIBA)

  • 10
    アイテムID:4923872の画像

    シャープ(SHARP)

  • 商品名
  • スチームオーブンレンジ 31L 過熱水蒸気 MRO-TS8 R
  • 過熱水蒸気 オーブンレンジ 2段調理 31L RE-SS10-XW
  • 日立 スチームオーブンレンジ  ヘルシーシェフ 22L MRO-TS7 R
  • 過熱水蒸気 オーブンレンジ 23L RE-SS8-XW
  • 3つ星 ビストロ NE-BS1500-K
  • ヘルシオ AX-CA400-R
  • ヘルシオ 30L 2段調理タイプ AX-XW500-W
  • スチームオーブンレンジ 24L MO-FS2403
  • 簡易スチームオーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-SD70-W
  • 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-V100A-B
  • 特徴
  • お手頃価格が嬉しい本格スチームオーブンレンジ
  • スチーム調理+2段熱風コンベクションでどんな料理にも対応
  • 少量のあたためも、過熱水蒸気調理も任せられるスタンダードモデル
  • スチームカップで簡単にヘルシー調理。レンジあたためも手軽で簡単
  • 業界最小のコンパクト設計
  • 1人暮らしにもおすすめな18Lのコンパクトタイプ
  • シャープ独自のAIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」搭載のスマート家電
  • ヒーター加熱+スチームカップで誰でも手軽にヘルシー調理
  • ワイドな26L&フラットな角皿スチーム
  • トリプルセンサーで、無駄なくかしこくあたためる
  • 価格
  • 27800円(税込)
  • 29800円(税込)
  • 25051円(税込)
  • 21800円(税込)
  • 89607円(税込)
  • 44200円(税込)
  • 78595円(税込)
  • 26784円(税込)
  • 25878円(税込)
  • 39819円(税込)
  • 庫内容量
  • 31L
  • 31L
  • 22L
  • 23L
  • 30L
  • 18L
  • 30L
  • 24L
  • 26L
  • 31L
  • サイズ
  • 48.7×36.5×43.0㎝
  • 49×44.5×37cm
  • 48.3×34.0×42.7㎝
  • 50×38×34.5cm
  • 49x37x43cm
  • 49×40×34.5cm
  • 49×43×42cm
  • 51.3×40.3×33.2㎝
  • 48x35x39cm
  • 49×43.5×39cm
  • 本体重量
  • 16.5kg
  • 17㎏
  • 14kg
  • 13kg
  • 19.6 kg
  • 17㎏
  • 25㎏
  • 14.5kg
  • 14kg
  • 18㎏
  • 消費電力
  • 1400W
  • 1460W(オーブン)
  • 1450W
  • 1460W(レンジ)
  • 1400W(オーブン)
  • 1460W
  • 1460W(レンジ)
  • 1450W
  • 1000W
  • 1460W(レンジ)

まとめ

ここまで、スチームオーブンレンジの選び方やおすすめをご紹介してきました。いかがでしたか?機能や価格など、作りたい料理やライフスタイルによって選ぶ基準はさまざまですよね。購入する際は、何を重視するかをよく検討し、自分に合った商品を選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ