記事ID135085のサムネイル画像

【運動大切】キャットタワーのおすすめ人気商品ランキング10選

キャットタワーは、猫にとって居場所確保やリラックスにも大切なアイテムです。最近のキャットタワーは、一匹用や二匹以上の多頭用、おしゃれなインテリアのようなものまで非常に多くの種類があります。そこで今回は、キャットタワーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

この記事を監修したクリエイター

キャットシッター

治田真由子

1998年からキャットシッターを始める。著書に「猫が教えてくれた幸せレッスン」(文芸社)、雑誌や書籍で猫の健康や食事に関する執筆も行う。舞台俳優の夫、4頭の猫と暮らす。活動エリアは小田急線沿線。キャットシッターはるたのオリジナル手作りおもちゃ「ねこのけりぐるみDr.Kelly」販売中。

キャットタワーを設置して、運動をさせてあげましょう。

猫といえば、高い所が好きなイメージがあると思います。猫の祖先は、木の上で生活していたということもあって、高い所が好きな動物です。ですが、家庭で飼われている猫は、高い場所に登る機会があまりありませんよね。

そこでキャットタワーを設置してあげることで、本能を取り戻すだけでなく、必要な運動も行うことができます。さらに、高い場所から全体を見渡せることもあり、安心感にも繋がるので、キャットタワーを設置することは、とても大切なことでもあります。

そこで今回は、おすすめのキャットタワーをご紹介します。ただ、猫は登るのは得意ですが、降りるのは苦手なので、安全性が高いものを選んであげましょう。また、高さのあるキャットタワーを設置することで、筋肉の衰えも防止することができます。

キャットタワーの選び方

キャットタワーのタイプで選ぶ

キャットシッター

治田真由子

キャットタワーの役割は、上下運動と爪とぎです。タワーは背が高いのもから低いもの、段差のあるものなど様々で「突っ張り型」と「据え置き型」があります。

猫は高い場所を好む動物です。理由は周囲の状況を確認しやすく外敵からも守られるからです。家猫も人目線より高い位置の方が落ちつけるようです。猫の習性を理解し、快適な居住空間を提供してあげることが猫の健康と幸せに繋がります。

また爪とぎは本能的な習性なので止めさせるよりも猫が好む爪とぎの材質を見つけて、気持ちよく研いでもらえれば、人も猫もハッピーです。上下運動と爪とぎができるキャットタワーは猫にとって遊び場所にもくつろぎ場所にもなる必須アイテムと言えます。

突っ張り型は一番上まで登るとかなりの高さになります。猫にとって家の中で一番高い場所から見下ろせるのはこの上ない幸せですし、一人になりたい時は、この場所があれば安心できます。

据え置き型は、台座の厚さがあり柱(ポール)が太いタイプならかなりの安定性があります。どちらのタイプもベストな設置場所はリビングの陽当たりのいい場所です。窓際だと外の様子も見られ退屈しません。戸建なら庭が見える場所に設置してあげましょう。

据え置きタイプを選ぶ

据え置きタイプのキャットタワーは、作りが丈夫で、安定性が高い特徴があります。置くだけで設置することができるので、手軽に使用できおすすめです。また、移動が手軽に行えるので、お手入れもしやすく、一番扱いやすいタイプとなっています。

 

ただし、自分で組み立てなければならない商品が多いので、できる限り家族や友人などに手伝ってもらいましょう。この据え置きタイプはあらゆるメリットがあるものの、注意点がいくつかあります。それは、安定性です。

 

例えば、底が薄いものや柱の本数が少ないものでは、安定感がなく、乗った際に倒れてしまうことがあるので注意しましょう。安定感を高める場合は、ずっしりと重たいものを選ぶことをおすすめします。

突っ張りタイプを選ぶ

突っ張りタイプのキャットタワーは、高さがある商品が多いので、上下運動を効果的に行うことができます。また、柱を天井に密着されることで、安定感もあり安全です。さらに、天井まで届くほど高くできるため、猫の木登り本能を満たせるのができます。

 

ただし、突っ張りが緩むと倒れてしまうことがあるので、定期的なメンテナンスを行う必要があります。

 

安全性をこまめにチェックする必要があるので、少し手間がかかるというデメリットがあります。また、天井に穴を開けなければならない商品もあるので、賃貸の方は特に注意しながら選びましょう。このタイプは軽くて倒れやすいため、小型の猫におすすめです。

素材で選ぶ

素材によっても良い点・悪い点があるので、それらを踏まえて選ぶと良いでしょう。ただし、簡易的なものは壊れやすいので、コストがかかりやすくなるので注意しましょう。

布製を選ぶ

布製であれば、パイル地・フェルト地で覆われたタイプのキャットタワーがあります。これらは、適度に爪が食い込むため、スムーズに登ることが可能です。また、滑り止め機能も果たせるので、落下を防止でき安全性も高くなっています。

 

肌触りも良いので、猫も気持ちよく使ってくれるでしょう。ただし、汚れがついたり、粗相をしてしまった際は、すぐに拭き取らないと染みこんでしまうことがあるので注意しましょう。

 

布だけを取り外すといったことはできないので、汚れてしまうと洗うことができません、なので、どうしても気になる方は、部分的に購入できるタイプの商品を選ぶと安心です。

木・段ボールを選ぶ

木製のキャットタワーであれば、お手入れを楽にできるのでおすすめです。また、優しいデザインも商品が多いので、お部屋の雰囲気を壊さず、猫の落ち着けるスペースを確保できます。

 

ただし、よじ登ったり、ポールで爪を研いだりはできないものが多いので、タワーとは別に爪とぎなどを用意してあげる必要があります。

 

一方段ボールのキャットタワーは、組み立てが簡単で、軽いので移動も楽に行えます。また、段ボール好きの猫も多いので、気に入ってくれる可能性も高く、損はありません。ただし、強度がなく、爪とぎをしてしまうとカスが出てしまうので、掃除が必要になります。

安全性で選ぶ

安全性が高いと、猫も人も安心して使用できるので、緊急時のことも想定して選びましょう。

耐震性が備わったものを選ぶ

急な地震が来た際でも、倒れないようにするために、耐震性にも力を入れて選びましょう。キャットタワーは多くの商品が大型なものなので倒れてしまうと、窒息してしまう可能性があります。しっかりと万が一のことも考えて選びましょう。

 

例えば、商品自体が事故粘着性を持つものであれば、しっかりと耐震性を持ち、大きな揺れでも耐えることができます。

 

また、耐震マットなどを活用することで、地震対策だけでなく、猫が乗り降りする時の安全材料にもなるので、必ず常備しておきましょう。マット以外にも、天井へしっかりと固定できるものを選んだり、設置場所にも工夫しましょう。

パーツの形状で選ぶ

キャットタワーは数多くの商品が販売されていますが、商品によって形状が異なります。なので、より安全性の高いものをお探しの方は、角が丸いものを選ぶのことをおすすめします。

 

角が丸いと、ぶつかった際に怪我をしてしまうリスクを下げることができるので、特に小さなお子さんがいるご家庭では、形状にも注目して選んでみましょう。

 

角が尖っているタイプのキャットタワーを選ぶ場合は、場合に応じて角を丸くするなど、工夫を施すと安全性を高めることができます。ただ、手間がかかるので、あらかじめ角が丸いものを選ぶと間違いありません。

飼い猫の性質で選ぶ

キャットシッター

治田真由子

多くの猫は室内だけで暮らしています。そしてほとんどの時間は寝て過ごします。まして退屈だと眠り過ぎる傾向になります。退屈は無気力、ストレス、食欲過剰や減退になったり、多頭だとテリトリーなどでケンカが増えることもあります。

若く元気で運動が好きなら、高さがありジャンプできるステップ台があるタイプ、シニアなら段差が低く、登り降りがスムーズにでき階段付きなら自分のペースで使えます。大型猫には広いスペースや大きなベッド付き、多頭ならハウスや寝床が沢山あり高さのあるものがお奨めです。

タワーの上に寝床がついている場合は、縁の付いたタイプを選ぶと落下防止になります。猫はしっかり体を丸めて、何時間も眠るので、そのあとでからだを伸ばす必要があります。

ポールに麻縄が巻いてあり、長さが75センチ位あると猫が充分にからだを伸ばせます。タワーの購入で確認したいのが重量制限です。特に多頭の場合は飼っている猫の合計体重とタワーの重量制限を確認しましょう。

爪とぎの有無で選ぶ

猫にとって爪とぎは、地面をしっかりと蹴って走るためにも、爪は重要な働きをしてくれるので、爪とぎをする必要があります。さらに、肉球の間などの臭腺から出る自分のニオイをつけることができるので、縄張りであるということを示唆することにも繋がります。

 

また、爪とぎをすることで、ストレス解消や、安心感を得ることができるのです。なので、こういった習性を損なわないためにも、家の中でも爪とぎ用のスペースを用意する必要があります。

 

キャットタワーに爪とぎ機能が付いていれば、快適に過ごすことができます。ただし、木製のものなど商品によってや爪とぎがついていないものがあるので、その場合は、爪とぎ専用の商品を別に用意してあげましょう。

年齢で選ぶ

キャットタワーには、大型のものから、小型のものまでサイズも様々な商品が販売されています。また、猫の年齢によって、最適なキャットタワーの高さが異なるので、年齢に合わせて選びましょう。

 

1〜6歳程度の猫は活発なので、なるべく高さのあるキャットタワーを選ぶと良いでしょう。さらに、多頭飼いされている方は、通路がいくつもあるタイプがおすすめです。子猫などのまだ体が十分に発達していない猫であれば、低めのキャットタワーを用意してあげましょう。

 

シニア猫にも、低めのもので、スロープがあるものや、くつろげるスペースが多く、ゆとりのあるものがおすすめです。

デザイン・価格・手入れのしやすさで選ぶ

デザインや価格に惑わされず選ぶことで、安全で適したものを選択できます。また、パーツにも注意を払うことで、出費を抑えられたり、手入れが楽になったり、猫をより楽しませられたりすることが可能です。

デザインで選ぶ

キャットタワーはメーカーによって、サイズやデザインも様々です。なので、機能性を配慮した上で、お部屋に合うデザインのものを選びましょう。同じ商品でもカラーバリエーションが豊富なので、お部屋との相性も考えて選ぶことで、圧迫感を感じさせず、スムーズに設置することが可能です。

 

また、しっかりとキャットタワーが設置できるスペースがあるかも重要です。あまりゆとりがない場合は、スリムなデザインものもなど、その場に適したものを選ぶと良いでしょう。ただし、安全性が低いとかなり危険になるので、ロコミなども参考にして選びましょう。

価格で選ぶ

サイズによってお値段が異なるキャットタワーは、価格も重要です。あまり安いものでは、安定性がなく危険性も多いので注意しましょう。ただ、高いものを購入しても、猫が気に入ってくれなければ意味がありません。

 

なので、万が一のことも考えて、機能性が高く手軽に購入できるものから試してみましょう。また、アフターサービスが充実しているものであれば、安心してお買い求めいただけます。

 

周りの方と商品が被りたくない方であれば、オーダーすると良いでしょう。ただし、他の商品に比べてコストがかかるので、予算との兼ね合いで選びましょう。

手入れのしやすさで選ぶ

キャットシッター

治田真由子

キャットタワーの途中にハウスやハンモック、おもちゃやトンネルなどがついている物があります。気に入ってる猫が多いですが、特に高い位置にハウスがあるとお掃除がしにくく汚れやすくなります。ハウスは手が届きやすく、掃除のしやすい高さにあるか確認しましょう。

またどうしても爪とぎをするポールが偏ってしまいがちです。パーツごとの買い替えができると慣れ親しんだタワーをそのまま使えるメリットがあります。

キャットシッターharutaさんのおすすめキャットタワー

Mau (マウ)

マウ (Mau) Mauタワー プロムナード 〔mt-016〕

価格:16,500円(税込)

公式サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飼い主にも猫にも優しい、専門家おすすめキャットタワー

キャットシッター

治田真由子

キャットタワーの一番大事なことは、「安全性」です。ぐらつきや使いにくさがあれば猫は気に入ってくれません。

キャットタワー専門店Mauのキャットタワーは猫目線で作られていて、安全性と遊び易さにこだわった丁寧な仕上がりです。 ステップ台も若い猫や老猫に対応した高さや角度の工夫がされ、爪とぎ用の柱(ポール)は、強度の高い素材を使用しています。

突っ張り型から据え置き型まで種類も豊富なので、猫の年齢やお部屋の広さに合わせて選べます。 部分交換のパーツは爪とぎポールの他にハウスや寝床などもあり、部分交換だけなので猫が気に入ったタワーを継続して使えます。衛生的でしかも経済的です。

また集成材、接着剤に関しても、日本・ヨーロッパのホルムアルデヒド基準をクリアしていますので安心です。なかでも一押しタワーは「プロムナード」。90センチもある長い爪とぎポールが特徴です。頂上のベッドも広々していて、シンプルなデザインでお部屋に溶け込みます。

サイズ55×55×159cmカラーオフホワイト

キャットタワーのおすすめランキング10選

第10位

petique

キャットタワー

価格:8,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人にも猫にも優しく、軽量なので移動がスムーズの行えます。

このキャットタワーは、段ボールでできていて、欧州科学機関ECHAの安全性基準の認定を受けています。品質も高いので、安心してお使いいただけます。

 

ダンボールを圧縮して作られているため、非常に頑丈で長く使用できます。また、組み立て、解体は簡単に行うことができるので、女性の方でも扱いやすくおすすめです。

 

ゆとりがあるので、伸び伸びと使用できるといったロコミが挙がっていました。人にもペットにも無害な素材を採用し、環境にも優しくなっています。 非常に軽いので、移動も楽々です。

 

サイズ53x30x70cmカラーナチュラル
第9位

REMEX

Cキャットタワー W-RT022

価格:19,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなり重たいですが、頑丈で倒れにくくなっています。

多頭飼いも対応していて大型ハウスが魅力のキャットタワーです。人間用家具レベルの高密度のMDF木材を使用しているので、頑丈で倒れにくく安心です。

 

サイザル麻には純白にするような強い漂白剤を使用していません。また、突っ張りタイプなので、天井にしっかりと密着されることで、安定感が増します。

 

かなり重たいものの、重さがハンデにならず安全性に繋がるといったロコミが挙がっていました。かなり重量があるので、緊急時にも倒れにくくおすすめです。

サイズ61×51×228~268cm カラーオフホワイト
第8位

NEOLEAD

キャットタワー nl-pje01dg

価格:14,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

嫌な臭いを抑えているので、すぐに使用できます。

1段の高さを28.5cmに抑えていることで、子猫や筋力の弱い子でも楽に登れる設計となっています。下段に2段を6本脚にし、板材の素材をパーティクルボードからMDFに変更することによって、さらに強度を向上させています。

 

また、独立した柱を無くしていることで、柱が折れる心配もありません。 国際規格の卓球台にも使用される丈夫なMDFを使用しているので、確かな品質の高さを保証します。

 

約30分程度で組み立てられ、かなり頑丈な作りになっているといったロコミが挙がっていました。特有の臭いも少ないので、届いたその日にすぐに使用できます。

サイズ680×600×1850mmカラーダークグレー
第7位

ペティオ

キャットタワー W24998

価格:7,981円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

出っ張りが一切ないので、端っこにも設置できます。

心地良い場所になることをサポートするキャットタワーで、見た目からも楽しめます。背面に出っ張りがないので、壁ぎわに設置しやすく、インテリアにもマッチするおすすめの商品です。

 

滑り止めマットは取外して洗濯可能なので、いつでも清潔な状態を保てます。 ベッドも入る猫がくつろげる空間を設けることで、リラックス効果をさらに高めることができます。

 

リビングに設置しても違和感なく、使わない際は家具としても再利用できるといったロコミが挙がっていました。様々な使い方ができるので、購入しても無駄になりません。

サイズ45×52×107cm カラーダークブラウン
第6位

Mau

キャットタワー mt-008

価格:11,963円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い基準をクリアし、高い評価を得ている商品です。

全体を丸いフォルムにすることで、圧迫感を感じさせず、コンパクトな形状となっています。また、高い位置に家がついているので、猫も満足していただけます。優しいオフホワイトカラーで、お部屋の雰囲気を壊しません。

 

一番上のステップは、裏面にも生地が貼ってあり、見た目にも配慮されています。明るいカラーなので、お部屋全体に華やかさを与えてくれます。また、真っ白ではありませんので、汚れも比較的目立ちにくくなっています。

 

インテリアの邪魔をせず、おしゃれで可愛いといったロコミが挙がっていました。日本とヨーロッパのホルムアルデヒド対策の程度を表す基準において、等級1をクリアしている高品質のキャットタワーです。

サイズ50×50×234cm カラーオフホワイト
第5位

OSJ

キャットタワー TX015971/2

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多頭飼いに最適な大きめサイズとなっています。

185cmもの高さがあるキャットタワーで、上下運動を思う存分楽しめます。また、上り下りがやすい階段付きで、子猫やシニア猫にも最適です。狭い所が大好きな猫のために、あらゆる工夫がされています。

 

さらに、10ヶ所以上の爪とぎできる麻紐の支柱を設置し、爪とぎを効率良くすることが可能です。場所を問わないので、ストレスフリーです。

 

見栄えが良く、抜群の安定感を誇っているといったロコミが挙がっていました。2~4匹の多頭飼いに最適なサイズで、爽やかな色合いがお部屋全体に溶け込みます。

サイズ181×159×41cmカラーブルー
第4位

SONGMICS

キャットタワー NPCT68G

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

説明書が分かりやすく、初めて使用される方にもおすすめです。

子猫に最適のキャットタワーで、約67cmの高さはコンパクトで、どこでも自由に設置することが可能です。思う存分ガリガリできる爪とぎポールが3本設置されているので、ストレス解消にも繋がります。

 

展望台には、ウレタンフォームを詰め込んでいることで、柔らかい手触りで小さい子猫も安心して使用できます。また、高さがあまりないので、落下などの心配もありません。

 

ハンモック好きなので、のんびりしてくれるといったロコミが挙がっていました。専用の取扱説明書に詳しく詳細が書かれているので、組み立ても簡単に行えます。

サイズ45.5×45.5×67cmカラーグレー
第3位

ボンビアルコン

キャットタワー 

価格:18,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スエード素材で滑りにくく、限られたスペースに設置できます。

場所を取らない都会的なデザインで、新感覚のキャットタワーとなっています。ジョイントしてネジ止めだけでなので、簡単に組み立てができます。

 

奥行きが少なく、スペースを取らないので、あまりスペースが取れないご家庭にもおすすめです。また、棚板やハンモックは上下左右お好みの位置に取り付けが可能なので、猫に合わせてセッティングできます。

 

クオリティーが高く、しっかりとした作りで安定しているといったロコミが挙がっていました。表面はスエード仕様になっているので、落ちにくく安心して使用できます。

サイズ650×370×2280~2730mmカラーブラウン
第2位

アイリスオーヤマ

キャットタワー ZJS-09016-1

価格:9,436円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

猫のことを第一に考え、安心感を得られるデザインです。

の隠れ家にピッタリのキャットタワーとなってます。ポールで爪とぎができるので、ストレス解消にも効果的です。お部屋のコーナーに設置できるスリムなデザインなので、お部屋の邪魔になりません。

 

見晴らしの良い台座は、家族全体の様子も見れるので、猫にとっても安心できるスポットになります。また、2本のポールでしっかりと天井に突っ張れるので、強度が高く安心して使用できます。

 

コスパがかなり良く、猫たちも気に入ってくれるといったロコミが挙がっていました。ステップが段々に付いているので、ジャンプしやすく、楽しく使用できます。さらに、小さめの丸穴通路は、狭い場所が好きな猫にぴったりです。

サイズ223×78×54cm カラーベーシュ
第1位

FEANDREA

キャットタワー NPCT86M

価格:7,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる安全対策で、万が一の際にも備えれます。

見晴らしのよい高台が備わり、安心できる隠れ家で快適に過ごせます。このキャットタワーには、10ヶ所以上の爪とぎポールが付いているので、いつでもどこでも気軽に爪とぎが行えます。

 

くつろげるハンモックも付いているので、リラックスをこれ1台で得られます。また、力学的原理に基づいた安定なデザインで、揺れても安定し転倒防止用の帯が付いているので、万が一の際にも安心です。

 

組み立ても簡単で、安全性も高いといったロコミが挙がっていました。爽やかな色合いとふわふわな触感で、インテリアとしてもお部屋に馴染みます。猫が登り降りしやすいように設計し、お手入れも楽ですよ。

サイズ154×50×50cmカラーベージュ

良質なキャットタワーを設置して、飼い猫の満足度を高めよう

今回は、おすすめのキャットタワーをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。飼い猫にとって運動不足が問題となってきているので、キャットタワーを設置してあげて、運動不足を解消しましょう。また、安全性が高いものであれば、怪我もしにくくおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ