記事ID135072のサムネイル画像

【冬が待ち遠しくなる】スノーボード板のおすすめ人気ランキング10選

ウインタースポーツの定番で人気上昇中の「スノーボード」。スノーボード板がほしい、と思っても意外といろんなメーカーから多彩な板がリリースされていて、どれ選んでいいかわからない。そんな方にスノーボード板のおすすめの選び方と商品をご紹介します。

スノーボードはレンタルでもできる

冬のシーズンになると、友人や先輩・サークル仲間とスノーボードを楽しみにゲレンデに足を運ぶ人も多いでしょう。その中でも、特に初心者の方はスノーボードの板やウェアなどスノーボードを楽しむうえで必要な道具一式を持っている人は少ないはず。

 

そのため、せっかく友人に誘われても、スノーボードの道具は高くて自分にはできないスポーツだと思うかもしれません。ですが実は、ゲレンデではスノーボード・スキーの道具一式のレンタルサービスをしているところも多いので、初心者の方はむしろ歓迎です。

 

ですので、初めての方は自分専用のスノーボード道具一式を購入しようとせず、まずはレンタルでスノーボードを楽しむことをおすすめします。そして、スノーボードというスポーツが自分に合うようであれば、この記事でスノーボード板の選び方やおすすめ商品を確認してください。

スノーボード板の選び方

スノーボード板といっても、非常に多彩なデザインのものがリリースされているので、初めて購入を検討している方は迷うでしょう。ここでは、それぞれのスノーボード板がどんな人におすすめかなのか説明しますので、自分の体格や目指すスタイルを念頭に置きながらご一読ください。

サイズで選ぶ

身長や足のサイズによって適切なスノーボード板の長さや幅が違いますので、自分に体に合ったスノーボードはどんなものなのかしっかり頭に入れておきましょう。

身長に適した長さ

スノーボード板の長さは、身長180前後の方なら「身長-20cm」・身長170cm前後の方なら「身長-15cm」・身長150cm前後の方なら「身長‐10cm」を目安に選びましょう。スノーボード板を垂直にして、だいたい顎から鼻の高さになるものがおすすめ。

 

あくまで目安なので、自分のスタイルによって長さを変えるのもありでしょう。例えば、とにかくスピードを求めている人には少し長めのスノーボード板がおすすめになりますが、スピードは控えめでしっかりとしたコントロールを重視するなら少し短めがおすすめです。

 

また、ある程度スポーツを経験していて脚力に自信がある人なら口より少し高いものを、脚力にまだ自信のない初心者の方は口より少し短いものを選ぶとよいでしょう。いろんな観点からスノーボード板の長さを考察できるのでぜひ参考にしてください。

 

 

靴のサイズに適した板の幅

一般的にスノーボード板の幅は、ノーズ(前方)・テール(後方)・ウエスト(真ん中)と部位によって異なります。この前提で、おすすめのスノーボード板の幅というのは、ウエスト部分の幅がブーツのサイズより約1cmぐらい狭いもの。

 

ただ、注意することは自分の足が他人より大きかったり小さかったりする場合です。例えば、自分の足がほかの人より大きい人が適切な長さのスノーボード板を使っても、板の幅が狭すぎて扱いにくいといったことがあります。

 

そのため、メーカーによって同じ長さでも幅が広いスノーボード板を販売していたりします。身長のわりに自分の足の大きさは特殊だ、という人は、自分の足に合ったメーカーを探すことをおすすめします。

フレックスで選ぶ

スノーボード板によってフレックス(硬さ)が異なります。初心者の方にとってスノーボード板のフレックスは選ぶうえで重要なポイントなので、しっかり見てきましょう。

初心者や女性には柔らかい板

初心者や女性の方はどちらかというと、まだ脚力がついていないことが多いのでフレックス(しなりとも言います)の柔らかいスノーボード板をおすすめします。後ほど解説しますが、初心者や女性の方でもチャレンジしやすいグラトリなどは柔らかいほうが有利。

 

また、ゲレンデをスピードに乗って滑走するフリーライディングに際しても、初めのうちはコントロールのききやすいものがよいでしょう。硬いスノーボード板だとスピードは出せますが操作性に欠けるので転倒でのケガのリスクも高まります。

脚力に自信がある人は硬い板

フレックスの硬い板の特徴は、スピードに乗った時でも安定感のある滑りができるということです。また、板のそりやねじれが起きにくいため、エッジのきいたターンができます。また、反発力が強いため、大きなオーリーやノーリーに挑戦したい人にもおすすめ。

 

ただ、フレックスの柔らかいものと比べて、操作するために必要な力は段違いなので、はじめたてのかたにはあまりおすすめできません。スノーボードに慣れ、必要な筋力がついてきた方におすすめします。

滑走スタイルで選ぶ

スノーボーダーの滑走スタイルには大きく分けて「フリーライディング・グラトリ・バックカントリー・パークスタイル」の4つ。それぞれのスタイルに合ったスノーボード板をご紹介していきます。

幅広い滑りのフリーライディング向け

フリーライディングは、まさにターンを刻みながらゲレンデを自由に滑走するスタイルのことです。初心者の方はターンをするときエッジが立てることができず、気持ちよく一本の線を描くようなターン跡を作ることが難しいです。

 

しっかりエッジを立てて滑ることができれば、スピードにも乗って非常に気持ちいい滑走になります。そんなフリーライディングを目指す方には、短すぎず柔らかさを持つキャンパータイプのスノーボード板(W字の板)がおすすめになります。

 

 

ちょっとしたテクニック「グラトリ向け」

グラトリ(グラウンドトリック)はフリーライディングと違って、基本的にはロースピードで緩やかな斜面にてスピンやスライドなどの技を楽しむスタイルのことを言います。デビューしたての初心者の方でも簡単にチャレンジすることができます。

 

そして、そんなグラトリに挑戦してみたい、という方にはロッカータイプ(裏面U字)のスノーボード板がおすすめ。さらに、ノーズとテールの長さが同じのツインチップのものであれば、なお良しです。

 

 

パウダースノー好きのバックカントリー向け

非常になめらかでふわふわした雪質(パウダースノー)の上を滑るのが、バックカントリースタイルの特徴です。雪質がふわふわしているため、しっかりコントロールできなければ、スノーボード板(特にノーズ部分)が雪に沈ンでしまうこともあります。

 

しかし、重心をテール部分に持っていくよう意識を持つと、自然と雲の上に浮かんでいるような浮遊感を楽しむことができます。そして、そんなバックカントリーが好き、という方には、パウダー専用のスノーボード板がおすすめ雪に突き刺さらないよう、ノーズが太めのものを選びましょう。

 

キッカーで大技を決めるパークスタイル向け

パークスタイルの魅力は何といっても、なかなか初心者には挑戦しずらいキッカーやレールを使っての大技にあります。もちろん、初心者でもチャレンジしやすいキッカーを設置しているゲレンデも中にはあります。

 

初心者の方はまずはそういった小さなアイテムを利用して技の基本的な動作を習得しましょう。そして、そんなかっこいいパークスタイルを目指す方には、ツインチップのスノーボード板をおすすめ。また、ジブなら柔らかいもの、ジャンプなら硬めのものを選ぶようにしましょう。

板の種類で選ぶ

スノーボード板には「フリースタイル・ジブグラトリ・フリーライド」の3つの種類があります。それぞれの特徴もスノーボード板選びに活用してみてください。

フリースタイル用

一般的なスノーボード板になります。幅広い滑り方ができるので、とくにこだわりがなければ初心者の方はこの種類のスノーボード板を選ぶことをおすすめします。他の種類のスノーボード板と比べても癖が少ないので当たり外れが少ないかもしれません。

 

もちろん、このスタイルに該当するスノーボード板だとジャンプや回転系の技ができないわけではありません。なのでとくに深く考えていない方・目指したいスタイルがまだ確立していない方はとにかくこの種類のスノーボード板で問題ないでしょう。

ジブ・グラトリ用

ジブ・グラトリ用のスノーボード板の特徴は、太くてフレックスが柔らかいということ。ですので、レールやパイプなどのアイテムを使ったトリックに挑戦したいという方におすすめの種類です。ただ、板によってクセが違うので、あらかじめ板の特性などを確認してから選びましょう。

 

レールやパイプの上でのトリックに慣れていない初心者の方にはあまりおすすめできないタイプです。ですが、「それでもこれがいい」という方は、じっくり時間をかけ、使いこなせるようになったうえでチャレンジするようにしましょう。

フリーライド用

ハイスピードの滑走を目指すならフリーライド用のスノーボード板がおすすめになります。スピード特化型のスノーボード板なので、「ジブ・グラトリ」のようなアイテムを使ったトリック・大技には向いていないのでご注意を

 

初心者の方でも、「アイテムを使ったスタイルは苦手だけど、早く滑ることには抵抗がない」という方もいるでしょう。そんな方は、ぜひフリーライドで気持ちのいい滑走をしてみましょう。

スノーボード板のおすすめ人気ランキング10選

第10位

RICE28

リブレ レディース

価格:81,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由度の高さが売りのリブレ

トリックの練習がしたい、という女性やジュニア向けのモデル。滑りやすさや軽さ・回しやすさなどどんな動きでも初心者に意識付けをしてくれるので、始めたての方はこれ1つ持っておいても損はないのではないでしょうか。

 

また、カラーバリエーションが豊富・非常にシンプルなデザインになっているので、その点であまり個性を出すのはちょっと恥ずかしい、といった控えめの方にとってはうれしいポイントです。むしろスタイリッシュでかっこいいと感じる人もいるかもしれません。

長さ136/138/140/142/144/147cm
種類ジブ・グラトリ
第9位

Burton(バートン)

スノーボード板 メンズ PROCESS FLYING V

価格:29,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あのマークマクモリスが愛用するトゥルーツインボード

バートンからダブルキャンパースノーボード板がランクイン。ダブルキャンパーは初心者にとっては少し足がバタつきやすいので、ある程度経験を積んで脚力を持っている人におすすめ。浮遊感のある滑走が楽しめます。

 

また、コントロールの難しいフラット違い、雪との接地面が少ないのでより正確な滑走ができるのもメリット。中級者から上級者で、比較的どんな地形でも楽しみたい人はこれを使ってみるのもありではないでしょうか。

長さ155cm25.1cm
種類
第8位

CAPITA

ULTRAFEAR JAPAN LTD

価格:51,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャピタの日本限定モデル

次世代のハイブリッドキャンパーを採用し、パークスタイルにとって扱いやすいスノーボード板を実現。また、オーリーなど反発力の必要な技に対応するため、ノーズからテールまでチタンプレートを搭載しています。

 

さらにレールやパイプなどのアイテムにあたる時の衝撃を吸収するため、サイドウォールにコルク・ケプラー素材を採用。初心者には少し早い気もしますが、将来的にパークスタイルを極めようとするならありかもしれません。

長さ147/149/151/153/155/157cm
種類
第7位

NOVEMBER

スノーボード アーティスト GREEN フォローズ限定

価格:75,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノベンバーの進化し続ける中核モデル

ノベンバーからフリースタイルの中でもオールラウンドな能力が求められるスロープスタイル対応モデルのスノーボード。独自開発の強化リボンW25によって、そのしなやかさに反して強い反発力と軽快なターンを可能にしています。

 

また、ノーズ・テールが沈みにくい構造なので柔らかいパウダー系の雪質でも非常に高い滑走性能を発揮することができます。ジャンプ系・回転系・スピード系など幅広いスタイルに対応したスノーボード板が欲しい人には、まさにピッタリです。

 

長さ150/152/154
種類フリースタイル
第6位

Burton(バートン)

スノーボード板 レディース・ウィメンズ FEATHER

価格:16,682円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

基本をマスターしたい女子に

超定番メーカー「バートン」からレディース向けスノーボード板がランクイン。裏面は赤を基調に・表面はカラフルにと女子らしいかわいらしさのあるデザインが好みの方におすすめ。フレックスが柔らかいといった特性から初心者にとってもとっつきやすくなっています。

 

また、フラット(比較的平ら)形状なので雪との接地面が多いので、少しコントロールするのが難しいですが安定感のある滑りができます。コスト面では女性でも手の出しやすいお値段に。これからスノーボードを始めようとする女子はぜひこれで基本をマスターしましょう。

長さ140cm23cm(ウエスト)
種類
第5位

サロモン(SALOMON)

スノーボード板 メンズ HUCK KNIFE

価格:32,456円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリーライディングにピッタリのスノーボード

サロモンからメンズ向けスノーボード板がランクイン。フレックスミディアムのキャンパーデザインが採用され、フリーライディングを楽しむ方にとって魅力的なスノーボードになっています。また、カーボン素材を使用し、スピードのある滑りでの反応性を追求。

 

さらに、ボードの表面も波立っているために体重移動やスナップもさせやすい構造になっています。ワックスの浸透力も優れているため、快適な滑り心地と品質をバランシングさせることができる点もうれしいポイント。

長さ148/152/155/155W/158/158W
種類フリースタイル
第4位

ヨネックス

ボード板 19 シマーク MG DBL

価格:140,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスピードがお好きな人にはこれ

ヨネックスからスノーボード板がランクイン。ハイスピードできれいなカービングターンを刻みたいといった人におすすめの板です。また、素材にはトヨタ自動車グループ開発の「ゴムメタル」を採用し、従来の金属では不可能だった低弾性・強高度を実現

 

金属で強度が高いのにゴムのようなしなやかさを持つことで、滑走時のコントロール性や安定性を両立させることができます。そのため、コスト面で割と強気の値段になっているので、お金に余裕がある人で真新しい素材に興味のあるスノーボーダーの人は一度使用してみてはいかがでしょうか。

長さ150・156・160cm24.4・25・25.5cm
種類
第3位

サロモン(SALOMON)

スノーボード板 レディース WONDER

価格:45,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールラウンドならこのスノーボード板で決まり

サロモンからレディース向けスノーボード板がランクイン。オールラウンドタイプですが、フレックスがミディアムと少し硬めのデザインなので、経験者の女性に扱いやすいスノーボード板になっています。

 

スピード滑走時の操作性やグラトリ時の反発性・衝撃吸収性に優れているので、いろんなスタイルで遊びたい女子におすすめ。また、万が一破損や不具合が発生してもメーカー2年保証とアフターフォローも充実しているので気兼ねなく一度手に取ってみてください。

長さ139/143/146/150
種類オールラウンド
第2位

OGASAKA

スノーボード CT

価格:79,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OGASAKA の中で群を抜いて人気のモデル

大人気モデルのオガサカのCTがランクイン。初心者におすすめのラウンドノーズ・テール・のフリースタイル用スノーボード板になっています。特徴はなんといってもフレックスのしなりの良さにあります。

 

踏み込んだだけで自分の目指す方向に転換しやすいうえに、ターンの際のボードのずれを抑えてくれるエッジのグリップ力も魅力的。このように操作性や安定感に優れたスノーボード板なので初心者にとどまらず、幅広いスノーボーダーにおすすめすることができます。

長さ150~161cm
種類フリースタイル
第1位

NEVER SUMMER(ネバーサマー)

18-19 FUNSLINGER(ファンスリンガー) 153

価格:95,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネバーサマーのノウハウを凝縮して開発されたスノーボード

ネバーサマー独自の技術を惜しげもなく詰め込んで開発されたフリースタイルスノーボード板。特徴的なのはツインチップであるにもかかわらず、トゥとヒールのサイドカーブが非対称になっているところでしょう。

 

こういった点においても、ネバーサマーの独自のノウハウが詰め込まれていることがうかがえます。安定性のみならず、反発力も兼ね備えたこのスノーボード板でパークスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

長さ153cm25cm(ウエスト)
種類フリースタイル

スノーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4921746の画像

    NEVER SUMMER(ネバーサマー)

  • 2
    アイテムID:4921694の画像

    OGASAKA

  • 3
    アイテムID:4921823の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 4
    アイテムID:4921829の画像

    ヨネックス

  • 5
    アイテムID:4921888の画像

    サロモン(SALOMON)

  • 6
    アイテムID:4921903の画像

    Burton(バートン)

  • 7
    アイテムID:4922136の画像

    NOVEMBER

  • 8
    アイテムID:4922145の画像

    CAPITA

  • 9
    アイテムID:4922148の画像

    Burton(バートン)

  • 10
    アイテムID:4922153の画像

    RICE28

  • 商品名
  • 18-19 FUNSLINGER(ファンスリンガー) 153
  • スノーボード CT
  • スノーボード板 レディース WONDER
  • ボード板 19 シマーク MG DBL
  • スノーボード板 メンズ HUCK KNIFE
  • スノーボード板 レディース・ウィメンズ FEATHER
  • スノーボード アーティスト GREEN フォローズ限定
  • ULTRAFEAR JAPAN LTD
  • スノーボード板 メンズ PROCESS FLYING V
  • リブレ レディース
  • 特徴
  • ネバーサマーのノウハウを凝縮して開発されたスノーボード
  • OGASAKA の中で群を抜いて人気のモデル
  • オールラウンドならこのスノーボード板で決まり
  • ハイスピードがお好きな人にはこれ
  • フリーライディングにピッタリのスノーボード
  • 基本をマスターしたい女子に
  • ノベンバーの進化し続ける中核モデル
  • キャピタの日本限定モデル
  • あのマークマクモリスが愛用するトゥルーツインボード
  • 自由度の高さが売りのリブレ
  • 価格
  • 95040円(税込)
  • 79700円(税込)
  • 45360円(税込)
  • 140400円(税込)
  • 32456円(税込)
  • 16682円(税込)
  • 75200円(税込)
  • 51798円(税込)
  • 29990円(税込)
  • 81640円(税込)
  • 長さ
  • 153cm
  • 150~161cm
  • 139/143/146/150
  • 150・156・160cm
  • 148/152/155/155W/158/158W
  • 140cm
  • 150/152/154
  • 147/149/151/153/155/157cm
  • 155cm
  • 136/138/140/142/144/147cm
  • 25cm(ウエスト)
  • 24.4・25・25.5cm
  • 23cm(ウエスト)
  • 25.1cm
  • 種類
  • フリースタイル
  • フリースタイル
  • オールラウンド
  • フリースタイル
  • フリースタイル
  • ジブ・グラトリ

まとめ

いかがだったでしょうか。本当に多彩なスノーボード板があって初心者の方は非常に悩むところでしょう。なので、自分の目指したいスタイルが決まっている方はそれに合ったもの、そうでない方はオールマイティに使えるもの、といった基準で選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ